ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「モスバーガー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「モスバーガー」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

モスバーガー、世界最強クラスの唐辛子を使った激辛バーガー発売 ハラペーニョの約300倍辛い
7月中旬まで販売予定です。(2019/5/23)

モスバーガーが「AIセルフレジ」の実証実験 無人レジが音声認識で店員のように接客
関内店で2月15日〜27日の期間限定で実施。(2019/2/14)

声で注文するセルフレジ モスバーガーが実証実験
モスフードサービスが、音声操作で注文できる無人レジの実証実験を2月15日から27日に「モスバーガー関内店」で実施する。(2019/2/13)

モスバーガーがセルフレジ導入 都内と関西の7店舗から
モスバーガーがセミセルフレジを導入する。会計時間を短縮し、昼時などのレジ回転数を高める狙い。(2018/11/6)

「ポイントカードの持ちすぎ」解消へ 紙のスタンプを電子化、CCCとパナソニック
CCCマーケティングとパナソニックが「電子スタンプ」を共同開発。商店街の店舗などのスタンプを電子化し、スマホアプリで記録・管理できるようにする。(2018/11/5)

FC店に補償も:
モスが最終赤字転落へ 売り上げ減、食中毒事故が追い打ち
モスフードサービスが通期業績予想を下方修正。純損益が8億円の赤字に転落する見込み。食中毒が起き、客足が遠のいたフランチャイズ店に9億6100万円の営業補償を実施し、引当金を特別損失として計上するため。(2018/10/29)

モスバーガーが謝罪、韓国店舗のトレイマットに「日本産の食材使っていない」の表記
(2018/10/13)

「野菜をもう一重覆う」など防止策強化:
モスバーガー、9月以降は食中毒被害なしも感染経路は「いまだ不明」
モスフードサービスが、食中毒事件の経過と再発防止策を改めて発表。9月中旬以降は顧客からの新たな体調不良の申し出はないという。野菜の運搬方法や社内研修のカリキュラムを変更し、再発防止を図っていく。(2018/10/3)

28人が「O121」感染:
モスフードサービスが年初来安値 「モスバーガー」で食中毒多発を嫌気
9月18日の東京株式市場で、モスフードサービス(東証1部)の株価が急落。前営業日比223円安の2730円を付け、年初来安値を更新した。8月に店舗を利用した28人の顧客が、腸管出血性大腸菌「O121」に相次いで感染していた。(2018/9/18)

食中毒が発生した「モスバーガー」に行政処分 茅野沖田店が3日間の営業停止
3日間の営業停止処分となります。(2018/9/17)

9月16日から3日間:
長野県茅野市の「モスバーガー」店舗に営業停止処分 食中毒の発生現場と断定
野県茅野市の「モスバーガー」店舗に3日間の営業停止処分。2人の顧客が「O121」に感染したと断定されたため。今後は再発防止策を講じていくという。(2018/9/16)

「モスバーガー」利用者28人に食中毒症状 本部から納入した食材が病因となった可能性
謝罪と同時に再発防止策を発表しています。(2018/9/15)

3日間の営業停止に:
長野県のモスバーガーで食中毒、4人が「O121」感染 「お客さまに直接おわびしたい」
長野県上田市内の「モスバーガー」で食中毒事故が発生。8月20日に同店舗を利用した4人の客が、腸管出血性大腸菌O121に感染した。同店舗は9月10日から3日間の営業停止処分が課された。(2018/9/10)

モスバーガーで通訳デバイス「POCKETALK」の実証実験 店舗への本格導入を検討
ソースネクストは、音声翻訳デバイス「POCKETALK」を使った実証実験を、「モスバーガー」などの飲食店4店舗で開始した。モスフードサービスは実験を通じて通訳デバイスの実用性や有効性を検証し、店舗への本格導入を検討する。(2018/7/12)

串カツ田中、ココスに続く:
サイゼリヤの「全面禁煙化」始動 7月から約300店舗で
サイゼリヤが、7月21日から全面禁煙化を段階的に始める。全国のショッピングセンターに入居する275店舗と、京都府内の全21店舗の全席を禁煙とする。2019年9月までに全店舗に広げる計画。(2018/6/20)

健康志向のチェーン目指す:
モスバーガー、全店舗を「禁煙」に 20年までに店舗改装
モスフードサービスが、2020年3月末までに同チェーンの全店舗を全面禁煙化する方針を決めたと明らかにした。顧客とスタッフの健康面に配慮したためという。現時点では約700店舗で喫煙が可能だが、順次改装し禁煙席のみとする。(2018/3/30)

混ぜると青→紫→ピンクに色が変化するドリンク モスバーガー「ラベンダーレモネード」を3月27日から全国発売
酸性のものを加えることで色が変化する「バタフライピー」というハーブをブレンド。(2018/3/25)

飯テロだ! ドット絵で描かれたご飯がかわいくておいしそうで胃袋に大ダメージ
おなかが減っちゃう。(2018/3/25)

訪日外国人も便利に支払い:
モスバーガー、クレジットカード払いが可能に 銀聯などに対応
モスフードサービスは3月14日から、「モスバーガー」(全国1344店舗)でクレジットカードによる決済に対応する。(2018/3/13)

モスバーガーでカード決済可能に iDにも対応へ
全国の「モスバーガー」1344店舗で3月14日から、クレジットカード決済に対応する。今後「iD」決済にも対応する予定だ。(2018/3/13)

CM楽曲が偶然一致したマックとモス、Twitterで掛け合い発生 「両社が組んだらバーガー界に敵はいない」
最強コンビ。(2018/3/2)

スピン経済の歩き方:
モスバーガーが「創業以来の絶不調」である、もうひとつの理由
業界第2位のモスバーガーが苦戦している。「創業以来2度目の絶不調」とも言われ、あれが悪い、これが悪いとさまざまな敗因が取り沙汰されている。どれも納得のいく話であるが、筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしている。それは……。(2018/1/16)

MVNOに聞く:
「月額700円でも元が取れる」 IIJmioでコンテンツ取り放題サービスを導入した理由
IIJが、「IIJmio」向けに「取り放題.jp&グルメギフト得々オプション」を開始。約110のコンテンツが取り放題になるほか、グルメギフトも毎月もらえる。月額700円はオプションサービスでは高めだが、なぜIIJはこのサービスの提供を決めたのか。(2017/12/5)

12月8日に「厚木店」オープン:
復活目指す「ドムドム」、新体制下で初の新規出店
ハンバーガーチェーン「ドムドムハンバーガー」が、新店舗「厚木店」(神奈川県厚木市)をオープンする。レンブラントホールディングスの傘下に入って以降、新規出店は初めて。(2017/12/5)

ブランドイメージの回復へ:
新生ドムドム、「お好み焼きバーガー」18年ぶり復活
ドムドムハンバーガーが、販売休止していた「お好み焼きバーガー」「バターコーン」と新メニューの「ビッグドムバーガー」を販売開始した。(2017/9/1)

マクドナルド、「Suica」で決済可能に 8月から
対応電子マネーに「nanaco」「Suica」「PASMO」などを追加する。(2017/7/25)

「モス」「テリヤキ」のソースも改良:
モスバーガー、10年ぶりバンズ変更 全粒粉で健康志向
モスバーガーが、7月11日からバーガー商品で使用するバンズを変更する。通常の小麦粉よりも栄養を多く含む「全粒粉」を生地に使用し、顧客の健康志向に対応する。(2017/7/5)

モスバーガー、「Suica」「PASMO」などで決済可能に
モスバーガーで、Suica、PASMOなどでの決済が可能に。(2017/7/3)

糖質制限を意識:
モスバーガー、肉を肉で挟む「にくにくにくバーガー」販売
モスバーガーが「にくにくにくバーガー」を期間限定販売。「モスライスバーガー焼肉」のライス部分をパティに変え、チキンとレタスを挟んだ“肉尽くし”のメニュー。(2017/6/21)

「ルーモス」唱えるとライト点く ハリポタの呪文がAndroidで使えると話題に iOS勢「某ハンバーガー店出てくる」
全3種の魔法が使えるよ、Androidならね!(2017/6/14)

最古のハンバーガーチェーン:
ハンバーガーの「ドムドム」、ダイエーが事業売却
ダイエー傘下のオレンジフードコートが、“日本最古のチェーン”として知られる「ドムドムハンバーガ―」をレンブラントホールディングスに売却することが分かった。(2017/5/18)

5月から50店が短縮営業:
モスバーガー、オーナー判断で営業時間を短縮可能に
モスフードサービスは、モスバーガーの営業時間を店舗の運営状況に合わせて短縮可能にする。(2017/4/27)

5分で知る最近のモバイルデータ通信事情:
大容量プランだけで大丈夫? ドコモの「ウルトラシェアパック50」だけでなるべくやり過ごした結果
普段は「WiMAX 2+」を含む複数キャリアの回線を併用している筆者。そこに現れた大手キャリアの大容量プラン。外出先で使う通信回線を減らすに足るものなのか、実際にNTTドコモの「ウルトラシェアパック50」を契約した上で、WiMAX 2+ルーターを極力使わずにひと月を過ごしてみました。(2016/11/29)

消費トレンドから見る企業戦略の読み解き方:
シェイクシャックは日本で「第二のスタバ」になれるのか?
昨年11月に日本初上陸したニューヨークの人気ハンバーガーショップ「シェイクシャック」が国内出店を加速させている。本国でもいまだ行列ができるシェイクシャックの強さとは一体何だろうか?(2016/8/31)

加谷珪一の“いま”が分かるビジネス塾:
モスとマックの業績が急回復 それでも安心できない両社共通の悩みとは?
このところ、モスフードサービスとマクドナルドの業績が急拡大している。その理由とは? この流れは今後も続くの? 経済評論家、加谷珪一が解説する。(2016/7/14)

モスフードサービス、夏の新メニューを期間限定で販売
モスフードサービスは、新商品「バーベキューモスバーガー」と「リッチモスチーズバーガー」を販売する。(2016/6/16)

3月4日オープン:
高級バーガー「カールスジュニア」が1号店に秋葉原を選んだわけ
米国カリフォルニア発のハンバーガーチェーン「カールスジュニア」が3月4日に日本1号店をオープンする。場所は、海外飲食ブランドの出店ラッシュが続く表参道〜渋谷エリアではなく秋葉原だった。(2016/3/3)

モスバーガー、ホットコーヒーの2杯目を100円に 当日中OK
モスバーガーでホットコーヒー(250円)の2杯目を100円に。(2016/2/24)

モスがパスタ店に進出 新業態「ミアクッチーナ」1号店、尼崎に
モスバーガーを展開するモスフードサービスがパスタ専門店「mia cucina」1号店をあまがさきキューズモールにオープンする。(2016/2/4)

モスライスバーガー「焼肉」が復活 ホットチキンバーガーも
復活要望の声が多かった「モスライスバーガー『焼肉』」と「ホットチキンバーガー」が復活する。(2016/1/25)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「間違いだらけのビジネス戦略」が読み解く2015年のビジネス・シーン
家電小売りのガリバー ヤマダ電機が、昨年までの不調から一転して好調な業績になった理由はどこにあるか。それは、経営戦略の転換である。(2015/11/19)

マクドナルドは復活することができるのか
ハンバーガー業界に次々と新興勢力が登場している。迎え撃つ既存勢力もふと気がつくと強大なリーダー企業・マクドナルドの迷走によって相対的にポジションが変化して優位なポジションを占めている。そうなってくると、一層厳しくなるのがマクドナルドの復活だ。(2015/11/18)

水曜インタビュー劇場(カレー公演):
なぜ「ココイチ」の味は“普通”なのに、トップを独走しているのか
「カレーハウスCoCo壱番屋」(ココイチ)を運営している壱番屋の業績が好調である。市場をみると、ココイチの店舗数は1000店を超えているのに、2位のゴーゴーカレーは80店ほど。なぜココイチはここまで「独走」しているのか。同社の取締役に聞いたところ……。(2015/11/11)

これ絶対おいしいやつだ! お酒や本格コーヒーも楽しめる「大人のモスバーガー」千駄ヶ谷にオープン
その名も「MOS CLASSIC」。(2015/11/7)

新店舗“大人のモスバーガー”オープンへ お酒とワンランク上のハンバーガーを提供
ワンランク上のハンバーガーと酒を楽しめる新型店舗「MOS CLASSIC」が東京・千駄ヶ谷にオープンする。(2015/11/6)

水曜インタビュー劇場(カレー公演):
業績好調! カレーの「ココイチ」に、人が集まるワケ
「カレーハウスCoCo壱番屋」(ココイチ)を運営している壱番屋の業績が好調である。最大の理由は「既存店の売り上げ」が伸びていることだが、さらに調べていくと意外な事実が!?  それは……。(2015/11/4)

マクドナルドを利用している人が大幅減、マイボイスコム調べ
使用期限切れの鶏肉を提供した問題の余波などで、日本マクドナルドホールディングスの業績が低迷しているが、マクドナルドを利用している人はどのくらい減少しているのだろうか。マイボイスコム調べ。(2015/10/5)

トマト好きにはたまりません! モスバーガーからバンズの代わりにトマトで具材を挟んだ新バーガー登場
大崎店限定ですよ!(2015/7/28)

バンズの代わりにトマト丸ごと1個で挟んだハンバーガー登場 モス大崎店限定で
バンズの代わりに大きなトマト丸ごと1個で挟んだハンバーガーがモスバーガー大崎店に登場。(2015/7/28)

モスフード、熊本に農業生産法人を設立 トマトの安定調達目指す
「モスバーガー」を展開するモスフードサービスが5社目となる農業生産法人を設立した。原材料となる生鮮野菜の安定的な調達が目的。(2015/5/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。