ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  M

  • 関連の記事

「Mt.Gox」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Mt.Gox」に関する情報が集まったページです。

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(8)ブロックチェーン(2):
ビットコインの運命 〜異常な価値上昇を求められる“半減期”
「ブロックチェーン」を理解するために「ビットコイン」の解説を続けます。今回の前半はビットコインの“信用”について取り上げます。後半は、ビットコインに組み込まれている「半減期」という仕組みを解説します。これは、“旗取りゲーム”による賞金が、約4年単位で半分になること。ここに人間の力が介在する余地はなく、言ってみればビットコインの“逃れられない運命”なのです。(2020/11/27)

ビットコインはデジタル・ゴールドなのか? マネックス大槻氏に聞く
暗号資産(仮想通貨)の代表例であるビットコインは、しばしば「金」(ゴールド)と 比較される。金が埋蔵量に上限があるように、ビットコインはアルゴリズム的に採掘上限が定められている。さらに、価値を保証する発行体がないというのも、ビットコインと金の共通点だ。しかし、果たしてビットコインはデジタル版の「金」になり得るのか。マネックス証券のチーフアナリスト、大槻奈那氏に聞いた。(2019/11/21)

仮想通貨流出で国内初検挙 「モナコイン」1500万円詐取 18歳少年を書類送検
警視庁が、電子計算機使用詐欺の疑いで18歳少年を書類送検した。仮想通貨「モナコイン」を約1500万円相当だまし取ったとしている。(2019/3/14)

ビットバンクCEOとR3日本統括が話す:
仮想通貨バブルの崩壊を尻目に着々と進化を続けるブロックチェーン 
仮想通貨価格は低迷するが、ブロックチェーン自体を活用した新サービスが広がろうとしている。ブロックチェーンとはいったいなんなのか。そしてブロックチェーンエンジニアに求められる資質とは? ブロックチェーン専門の無料イベントスペース「丸の内バカンス」のオープン記念イベントの講演から。(2018/12/11)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2018年9月版:
仮想通貨取引所の陥落 vs. セキュリティ企業の個人情報収集
2018年9月のセキュリティクラスタは「繰り返される仮想通貨取引所への攻撃」「セキュリティ企業による個人情報の不当な収集」「ドメインが知らないうちに他人の手に渡ってしまった事例」に注目が集まりました。(2018/10/12)

いままでいくらが闇に消えた? 仮想通貨流出事件を振り返る
仮想通貨の歴史上、今まで総額いくら分が流出したのだろうか。Mt.Gox事件からZaifまでを振り返る。(2018/9/26)

仮想通貨への規制を「赤旗法」にしてはならない
コインチェックの巨額仮想通貨盗難事件以来、国内の仮想通貨を巡る規制は厳しくなってきている。しかしその結果、国内のスタートアップやテック企業によるブロックチェーンを使ったイノベーションには重い足かせがかかるようになった。(2018/9/4)

米VC大手a16z、暗号化関連企業支援の3億ドルファンド立ち上げ Mt.Gox事件捜査責任者をパートナーに
シリコンバレーのVC、Andreessen Horowitz(a16z)が暗号化関連技術企業を支援する3億ドルファンド「a16z Crypto」を立ち上げ、担当チームに元司法省検察官でMt.GoxやSilk Road事件の捜査を指揮したキャスリン・ハーン氏をジェネラルパートナーとして迎えた。(2018/6/26)

ICO投資は控えるべき:
ビットコイン、ついに6000ドルを下回る マウントゴックスは民事再生手続き開始
ビットコインは6月22日に6000ドルを下回った。ただ、米CNBCに出演した米投資機関Brian Kelly Capitalのブライアン・ケリーCEO(最高経営責任者)は、1年前の水準が2500ドル前後だったことを考えれば、今の弱気相場はビットコインの終わりを意味するものではないと語った。(2018/6/25)

「Mt.Gox」民事再生決定 破産手続きは中止
「Mt.Gox」が東京地裁から民事再生手続きの開始決定を受けた。破産手続き中だったが、ビットコインの価格が破産時から大きく上昇し、債権者に100%配当が実現できる見通しになったため、破産手続きから民事再生に移行する。(2018/6/25)

DDoS攻撃:
大手仮想通貨取引所Bitfinexにまたサイバー攻撃 ビットコインは下落
香港に拠点を置く世界最大級の仮想通貨取引所Bitfinexが6月5日、サイバー攻撃を受け取引を一時停止した。複数のサーバから大量の処理負荷を与えてサービスを停止させるDDoS(分散型サービス拒否)攻撃を受けたようだ。(2018/6/6)

Selfish Minigによる攻撃:
「モナコイン」攻撃はブロックチェーンの安全神話を揺るがすか
仮想通貨「モナコイン」が最近、5月15日までにロシアの仮想通貨取引所Livecoinで攻撃を受け、1000万円ほどの損失が発生するという事件が起こった。(2018/5/24)

ビットコインは犯罪の温床?:
「ビットコインは詐欺」 米PayPal元CEOが主張
ビットコインは詐欺だ――米PayPalの元最高経営責任者(CEO)のビル・ハリス氏はrecodeによるインタビューの中で、ビットコインは「史上最高の詐欺」であり「利益を追及した巨大な価格操作スキーム」と酷評した。(2018/4/26)

仮想通貨取引所大手・米Krakenが日本撤退
米仮想通貨取引所大手Krakenが日本撤退。「グローバルな最適化を慎重に検討した上での判断」としている。(2018/4/18)

ウォレットの管理が鍵
ビットコインのセキュリティを確保するには?
ビットコインの価値の着実な上昇に伴い、暗号通貨の取引所やウォレットへのサイバー攻撃も増加してきている。ビットコインのセキュリティを確保する方法を解説する。(2018/3/12)

Mostly Harmless:
コインチェックの問題は、仮想通貨の技術とは切り離して考えるべきだ
仮想通貨の高騰などもあり、注目を集めているコインチェックの流出事件。この事件を語るときに注意すべきは、取引所と通貨システムを分けて考えることです。(2018/2/2)

仮想通貨「NEM」流出、なぜコインチェックが狙われた? ブロックチェーン推進協会の見解
1月26日、仮想通貨取引所「coincheck」が不正アクセスを受け、約580億円相当の仮想通貨「NEM」が流出した。なぜコインチェックが狙われたのか。ブロックチェーン推進協会が見解を示した。(2018/1/30)

「MTGOX」が民事再生へ ビットコイン高騰で資産価値が上昇、負債額上回る
MTGOXが債権者から東京地裁へ民事再生法の適用を申し立てられた。破産手続き中の同社だが、ビットコイン価格の急騰で資産価値が上昇し、負債額を上回ったという。(2017/12/4)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「ブロックチェーン」
仮想通貨の根幹として注目を集める分散型台帳技術「ブロックチェーン(block chain)」。その仕組みと検討が進む適用分野などについて解説します。(2017/2/28)

知らないとマズいトレンドワード:
3分で分かる「ブロックチェーン」最新事情
今年は国内で仮想通貨の法整備が進んだほか、ビットコインを利用できるサービスも続々と増えてきており、その認知度と期待度は加速している。それと同時に注目を集めているのが、仮想通貨を支えている技術「ブロックチェーン」だ。(2016/12/27)

加谷珪一の“いま”が分かるビジネス塾:
加速するフィンテック なぜ銀行の既存ビジネスを破壊するのか
金融(ファイナンス)と技術(テクノロジー)を組み合わせたフィンテック。日本はこの分野では既に周回遅れになっているとも言われるが、徐々に環境は整備されつつある。フィンテックの現状について整理し、今後の展望について考えてみたい。(2016/11/15)

インターネットの第二の波とソーシャルメディアマーケティング:
“FinTech法案”の陰で進む電子マネーの規制緩和に注目
仮想通貨を規制する法改正案が5月25日の参議院本会議で可決・成立。また、FinTech推進に向けて銀行のIT企業への出資規制を緩和する銀行法改正案も可決・成立した中、期待される日本のFinTech展開について考える。(2016/6/15)

ビットコインなど仮想通貨を規制する法改正案が成立
ビットコインなど仮想通貨の取引所を登録制することを盛り込んだ資金決済法などの改正案が参院本会議で可決・成立した。(2016/5/25)

特集:FinTech入門(6):
金融庁はFinTech革命にどう向き合うのか?――新たな決済サービス、キャッシュマネジメントサービス、電子記録債権、XML電文、国際ローバリュー送金、そして規制改正
金融とITの融合によって多様で革新的な金融サービスを生み出す原動力になると期待されるFinTech。FinTechは日本の金融システムに何をもたらそうとしているのか? 1月20日に開催された「BINET倶楽部セミナー」では、金融庁総務企画局企画課で企画官を務める神田潤一氏が「日本におけるFinTechの活性化に向けた金融庁の取り組み」と題して講演を行った。(2016/3/2)

重鎮の話から緩いイベントまで:
ITセキュリティの最先端、Black Hat USA 2014レポート
2014年8月、ラスベガスにてBlack Hat USA 2014が開催された。セキュリティの重鎮による提言とともに、現地での様子をレポートしよう。(2014/8/21)

次世代のお金の主役になるかも? ポスト“ビットコイン”
昨年大きな話題となった暗号通貨であるビットコイン。その地位を狙う、ポスト“ビットコイン”4種類を紹介します。(2014/7/8)

柴犬マークの仮想通貨「Dogecoin」にサイバー攻撃
Dogecoinの保管サービス「Doge Vault」が攻撃を受け、ウォレットの資金が改ざんされた。多くのユーザーが大量のDogecoinを盗まれたと報告しているという。(2014/5/15)

Mt.Goxに20万ビットコインの残高 再スキャンで判明
破たんしたビットコイン取引所・Mt.Goxに約20万ビットコインが残っていたことが再スキャンで確認された。(2014/3/21)

停止中のビットコイン取引所Mt.GoxのWebサイトに残高確認欄
ユーザー名とパスワードを入力すると残高が表示されるが、全額が再生債権として認められるとは限らないというただし書き付きだ。(2014/3/18)

PC USER 週間ベスト10:
依然高い人気の「VAIO Pro」(2014年3月10日〜3月16日)
今回のアクセスランキングは、モバイルノートやタブレット、新型SSDのレビュー、11acルータやNASの購入ガイド、ビットコインの解説など、幅広い記事が並びました。(2014/3/17)

伊吹太歩の時事日想:
タダ飯を食べたかった「ドリアン・ナカモト」――ビットコイン、悲しき大誤報
世界中で最もホットな話題の1つとなった「ビットコイン」。考案者とみられる人物を特定したというニューズウィーク誌のスクープ記事から、「誰でも分かるビットコイン騒動」を読み解く。(2014/3/13)

Mt.Goxの顧客情報をハッカーが売り払う? 「消してほしいなら1人0.25ビットコイン払え」
破たんしたビットコイン取引所Mt.Goxの顧客データベースを売り払うという告知がネット上に投稿されている。消してほしい顧客は1人0.25ビットコイン支払え、という。(2014/3/12)

信用できる? できない?:
ビットコインの仕組みとMt.Goxの事件――仮想通貨に未来はあるか
一連のビットコイン事件は何が問題なのか。分かりやすくまとめてみた。(2014/3/12)

Mt.GoxのCEOのブログをハッカーが乗っ取り、“残高情報”などを投稿
民事再生を申し立てたビットコイン取引所、Mt.GoxのCEOの個人ブログが乗っ取られ、残高情報や関連するデータベースファイルが投稿された。同社は85万ビットコインが消失したと発表したが、この投稿によると残高は95万ビットコインだったという。(2014/3/10)

ビットコイン銀行にサイバー攻撃、「預金」盗まれ閉鎖
Flexcoinが提供するビットコイン用オンラインストレージの「ホットウォレット」に預けられていた896ビットコインが全て盗まれたという。(2014/3/5)

破たんしたMt.Goxのソースコードや銀行との会話音声がネット上に流出
破たんしたビットコイン取引所、Mt.Goxのシステムのソースコードや、経営者と日本の銀行関係者との会話とみられる音声がネット上に投稿されていることが分かった。(2014/3/4)

Weekly Access Top10:
ビットコインはどこへ消えた? 「Mt.Gox」という名前の由来は意外に……
いろいろ解説記事を読みましたが、どういう仕組みなのかを理解するのがまず難しい……!(2014/3/3)

民事再生手続き中のMt.Goxが渋谷にコールセンターを設置
民事再生手続き中のビットコイン取引所、Mt.GoxのWebサイトに、コールセンター設置の告知が日本語と英語で掲載された。(2014/3/3)

Mt.Goxに何が? ビットコイン攻撃やマルウェア増加に警鐘
Mt.Goxのビットコイン盗難は、以前から指摘されていたプロトコルの問題を利用されたとの情報も。ユーザーのビットコインを狙うマルウェアも急増しているという。(2014/3/3)

Mt.Goxが民事再生を申請 「ビットコインがなくなり迷惑かけた」とCEO
世界最大規模のビットコイン取引所「Mt.Gox」が民事再生を申請。サイバー攻撃を受け、ユーザーが預けていたビットコインほぼすべてがなくなっていることが判明したという。(2014/2/28)

ビットコイン取引所「Mt.Gox」民事再生申し立て 負債約65億円
マルク・カルプレスCEOが記者会見。(2014/2/28)

ビットコイン取引停止のMt.Goxを日米政府が調査 「解決に取り組んでいる」とCEO
ビットコイン取引停止中のMt.Goxを日米政府当局が調査する中、同社CEOがWebサイトに署名入りで「問題解決に取り組んでいる」というメッセージを掲載した。(2014/2/27)

ビットコイン取引所Mt.Goxが取引停止を発表 利用者に不安広がる
預けたビットコインはどうなってしまうのか。(2014/2/26)

ビットコインのMt.Goxがアクセス不能──大手6社が共同声明
2月7日から引き出しを停止していた東京のビットコイン取引所、Mt.GoxのWebサイトがアクセスできなくなっている。米Coinbase他5社は24日、これはMt.Gox1社の問題で、ビットコイン産業は安全だという共同声明を発表した。【UPDATE】(2014/2/25)

ビットコイン引き出し停止中のMt.Gox、再開計画を説明
2月7日から引き出しを停止しているビットコイン取引所のMt.Goxが、引き出し再開に向けた計画について説明した。(2014/2/18)

ビットコイン有力取引所にDoS攻撃 引き出し停止に
ビットコインの有力取引所の1つ・スロベニアのBitstampがDoS攻撃を受け、システムに不具合が起きたとして引き出しを停止した。(2014/2/12)

Bitcoin Walletが突破される恐れ、Androidに起因する問題が影響
Androidの乱数生成機能に起因する問題によって、Bitcoinの財布が突破されてしまう恐れがあるという。(2013/8/13)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。