ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

  • 関連の記事

「FinTech」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「FinTech」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

後編:
「事故を起こさせない」保険の正体 事故発生率を18%低減する、あいおいニッセイの試み
保険はもう「事故が起こった後のもの」ではない。事故を未然に防ぐ保険を提供する――という新たな潮流の中、業界をリードするプレイヤーとして注目を集めるのが、あいおいニッセイ同和損保だ。「事故を起こさせない」の正体は?(2024/4/1)

前編:
事故21%減 あいおいニッセイ「安全運転」をサポートするアプリ、提供の狙いは?
あいおいニッセイ同和損害保険は1月、これまで自動車保険などの契約者向けに提供していた4つのアプリを統合した。これは「安全運転」をサポートするアプリで、閲覧者は事故頻度が21%低い。(2024/4/1)

4年でシェア1位:
サイバーの“お化け事業” スマホ競輪「WINTICKET」の強さに迫る
ひっそりと隠れているサイバーエージェントのお化け事業が、スマホ競輪の「WINTICKET」。何が優位性になり、類まれな事業成長を実現できたのでしょうか。(2024/3/29)

「ポイント経済圏」定点観測:
三井住友カードのクレカ投信積立で“大改悪” 5大ポイント経済圏の最新動向
企業が発行するポイントが消費活動に欠かせないものになってきた。多くのユーザーが「ポイ活」にチカラを入れているようだが、企業側はどのような囲い込みを図っているのか。最新動向をまとめてみた。(2024/3/29)

デジタル変革の旗手たち:
銀行が成功事例を共有? 脱・内向きに取り組む金融データ活用推進協会
「内向き」や「閉鎖的」との印象が強い日本の金融業界にも変化の兆しがある。AIやデータの活用を推進すべく、業界横断で成功事例を共有し、隠れた人材を発掘する取り組みが始まっている。銀行、業界団体、議員秘書、デジタル庁職員という異色の経歴を持ち、金融データ活用推進協会の設立に中心的な役割を担った岡田拓郎代表理事にITmediaエグゼクティブ プロデューサーの浅井英二が話を聞いた。(2024/3/18)

実践事例に学ぶDXの知恵【第4回】
なぜあの会社はうまくいったのか? DX実践企業3社が捨てた“業界の常識”
DXとデジタル化は根本的に違うものだ。利益をもたらすDXにはどのような特徴があるのか。3つの事例から、ポイントを考察する。(2024/2/23)

ITエンジニアが集まる世界の10大都市【後編】
ITエンジニアのキャリアと年収が伸びそうな「急成長の都市」はここだ
ITエンジニアの需要は世界中で高まり続けている。給与が上がるキャリア形成を考える場合、「どのような技術を身に付けるか」とともに「どの都市で働くか」も考慮したい。成長株の都市を紹介する。(2024/2/17)

ITエンジニアが集まる世界の10大都市【前編】
「第二のシリコンバレー」はどこだ イケてる高額年収エンジニアが働く都市5選
ITエンジニアとしてのキャリア形成を考えた時、業務内容や給与だけでなく「どの都市で働くか」も重要なポイントになる可能性がある。世界中のITエンジニアが熱視線を送る、IT産業が活況な5都市を紹介する。(2024/2/10)

ARR50億円超のBill One 「インボイス特需」後、次の一手は
Sansanが提供する請求書受領サービス「Bill One」の勢いがすさまじい。「インボイス特需」は一服したように見えるが、実態はどうなのだろうか。事業責任者に聞いた。(2024/2/5)

AWSの新しいシンクライアント【中編】
AWSの新しい「シンクライアント」はまるでFire TV Cube 仕事に使えるか?
AWSは新しいシンクライアント「Amazon WorkSpaces Thin Client」を発表した。同シンクライアントを業務に利用するのは現実的な選択なのか。スペックを踏まえて詳しく説明する。(2023/12/29)

「ID情報をマスクする」「アクセス許可の原則に従う」など:
FinTechでも現実に近いデータでテストしたい――データへのアクセスとセキュリティのバランスを取る方法6選
ソフトウェアテストでは実データの利用が役に立つとしても、実データのセキュリティとプライバシーを侵害しないよう注意しなければならない。本稿では、FinTechのソフトウェアテストを行う場合に中核とすべき6つの方針について説明する。(2023/12/28)

対応に差:
新NISA目前、クレカ各社「月10万円積み立て」実現に意欲 法令が壁に
年間120万円の積み立てが可能になる新NISA。ネット証券各社は、クレジットカードの積み立て上限額を月10万円に引き上げたいところだ。しかし容易に引き上げられない事情もある。(2023/12/26)

“増え過ぎたSaaS”が招くリスクと解決策【第4回】
“SaaSのサイロ化”を解消する「コンポーザブルアーキテクチャ」とは?
企業が複数のSaaSを利用するとき、データの保管場所や管理手法がばらばらになればデータ活用は簡単ではなくなる。こうした課題を解消するために、市場にはどのような製品が登場しているのか。(2023/12/11)

無料化の波:
JCB、一般カードを“年会費無料”に 「JCBカード S」投入のワケ
ジェーシービーは12月5日、「JCBカード S」の発行を開始した。従来の一般カードでかかっていた年会費1375円を無料としたのが大きな特徴だ。そんなカードを投入したワケとは。(2023/12/5)

“増え過ぎたSaaS”が招くリスクと解決策【第3回】
「SaaS」データを連携させる方法とは? なぜ“API必須”なのか
企業が業務のために複数のSaaSを利用することは当たり前になった。こうした状況で問題となるのは、SaaSやオンプレミスシステム間のデータ連携だ。データの相互運用性を保つ方法とは。(2023/12/4)

“増え過ぎたSaaS”が招くリスクと解決策【第2回】
FinTech企業が「役に立たないデータ」を使い倒せるようになった方法とは
複数のSaaSを利用していると、データ連携に掛かる時間やコストが増大する可能性がある。こうした問題を解決し、データ活用を容易にする方法とは。決済システムベンダーのVitesse PSPの事例を基に説明する。(2023/11/27)

北國銀行が新勘定系システムをAzureとGoogle Cloudのデュアル構成で構築、「単一クラウドへの依存はITガバナンス上許されない」
北國銀行は新たなバンキングシステムの開発を進めている。新システムはMicrosoft AzureとGoogle Cloudの2つのクラウドで動かす。なぜ同行は新システムを開発するのか。なぜ2つのクラウドでシステムを構築するのか。(2023/11/20)

Payments Dive:
広がるオープンバンキングへの期待 消費者と金融機関に与える影響
オープンバンキングは「消費者の権利強化」を中心に語られることが多いが、金融機関にとってのメリットも見逃してはならない。それぞれへの影響とは。(2023/11/13)

AIを味方に付けるための視点【中編】
生成AIの影響を受けやすい「9職種」 仕事はどう変わる?
生成AIなどのAI技術の台頭によって人の仕事はどう変わるのか。特に影響を受けやすいと考えられる「9つの職種」と、具体的にどのような業務で生成AIが使われるのかを紹介する。(2023/11/5)

異例:
NECが「資産運用」サービス開始 あえて金融に乗り出すワケ
NECが資産運用サービスに乗り出す。NECが資産運用? と思った人もいるだろう。NECは資産運用サービスを提供することで何を目指しているのか。また、資産運用業界は今どんな状況にあるのかきいた。(2023/10/16)

新NISA迫る:
PayPay証券、最後発からどう巻き返す? 投資初心者との「最強のタッチポイント」生かす
2024年から始まる新NISAを巡り、証券会社の動きが慌ただしくなってきた。最後発からの追い上げとなるのがPayPay経済圏に属するPayPay証券だ。新NISAを機に、どのように巻き返す戦略を考えているのか。PayPay証券の番所健児社長に聞いた。(2023/10/13)

新NISA控え:
ドコモ、マネックスと資本業務提携 金融事業乗り出しに“出遅れ感”も?
(2023/10/5)

メインフレームと生成AI【後編】
「COBOL」のプログラムを「Java」に高速変換 IBMの一押しツールとは
メインフレームで稼働する「COBOL」のプログラムを「Java」に移行する際、生成AIの活用が効果的だとIBMは説明する。具体的にはどういったツールを使うことになるのか。事例と共に紹介する。(2023/10/5)

Retail Dive:
オムニチャネルのお手本? 「1年間で100万人の顧客を獲得」した実践例を紹介
コロナ禍を機に、小売業界ではオムニチャネルの取り組みが拡大している。これまでIT活用のイメージが薄かったペット業界も例外ではないようだ。他業界との提携やアプリの刷新で顧客を増やした企業の実践例を紹介する。(2023/9/29)

IT業界で活躍する女性のロールモデル【第8回】
教育分野やスタートアップで活躍――IT業界の“殿堂入り”した女性
英Computer WeeklyはIT業界で活躍する女性を毎年表彰している。その中で殿堂入りを果たした人物の活躍はどのようなものなのか。政府やグローバル企業で働く女性を紹介する。(2023/9/27)

CEOに突撃:
「クレカ積み立て」月額上限5万→10万円に拡大 tsumiki証券“異例の一手”の真意
これまで“クレカ積立”は各社横並びで月間5万円が上限だったが、tsumiki証券は業界で初めて月間10万円まで拡大する。なぜ各社ともに月間5万円が上限だったのか。また月間10万円に増加することの意味はどこにあるのか。tsumiki証券の青木正久CEOに聞いた。(2023/9/26)

アジアと5Gの未来【中編】
アジア市場を“1兆ドル”に導く「モバイル通信の本命」はこれだ
GSMAの調査によれば、アジア太平洋地域8カ国のモバイル通信市場の規模は2032年に1兆ドルに迫る勢いだ。なぜこれほどまでに成長するのか。(2023/9/13)

真っ向勝負か、戦いを避けるか:
株の売買手数料、ついに「無料」時代へ 最大手SBI証券「ゼロ革命」で揺れる各社
ネット証券首位のSBI証券と第2位の楽天証券は、10月以降、いずれも国内株式取引の手数料を完全無料化する。その背景には何があるのか、無料化後何が起きるのかを探っていこう。(2023/9/6)

フェナーゴ調べ:
マネロン対策で重要な「KYC」 日本の銀行はどこまで遅れているか
マネーロンダリングへの対策は世界的な急務だ。しかし、日本の金融機関のマネロン対策は遅れている。アイルランドのFintech企業フェナーゴは日本の金融機関の実態を調査した。(2023/8/31)

新連載「スタートアップの突破口」:
「経産省も本気だな」  国が総力あげる「スタートアップ大胆支援策」の最前線
国が総力あげる「スタートアップ大胆支援策」。経済産業省 スタートアップ創出推進室総括企画調整官 南知果氏に、M&Aへの税制優遇などの具体的な中身を聞いた。(2023/8/25)

コストを削減して開発スピードを向上
クラウド移行を成功させた企業が重視した、クラウドサービスの3つの要件とは
既存のクラウドサービスから別のクラウドサービスに移行する際には、入念に計画と準備をする必要がある。“クラウド乗り換え”に成功したFinTech企業の取り組みから、クラウドサービスに求めたい3つの要件を考察する。(2023/9/6)

CIO Dive:
銀行の経営陣は「ITを分かっちゃいない」 その弊害とは?
銀行業界の取締役会にはITの知識やIT関連の経歴を持つ役員が他業界に比べて少ない。他業界よりもITへの理解が低い経営陣がもたらす弊害とは。(2023/8/14)

メルカリ、売上と純利益が過去最高 GMVは1兆円規模に 生成AIやLLM「年内に何らかの実装」
メルカリが10日に発表した2023年度6月期連結決算は、売上高が前年同期比17%増の1720億円、純利益は130億円の黒字といずれも過去最高を記録した。(2023/8/10)

案件を探すフリーランスが増加:
「JavaScript」や「PHP」の需要が引き続き高い ギークスが2023年4〜6月の案件倍率を発表
ギークスは、2023年4〜6月の案件倍率をまとめた「ITフリーランス案件倍率レポート」を発表した。フルテレワークやハイブリッドワークでの参画を受け入れる企業は、ITフリーランスからの人気が高い傾向にある。(2023/8/9)

マネフォ決算、Fintechサービスが2年で売上高3.4倍 24年11月期のEBITDA黒字化にも死角なし
マネーフォワードの業績が好調だ。売上高もSaaS ARRも期初見通しの上限レンジを超え、年間計画を上方修正した。また、次の事業の柱として期待するFintechサービスが急成長。2年で売上高3.4倍になっている。(2023/7/19)

PR:「生成AI」の“真価”を引き出すには? プロンプト公開!――活用方法と注意点を編集部が解説
(2023/7/24)

「重たい」を払拭する組織改革とモダナイズの提案を推進――NEC 金融ソリューション事業部門長 岩井孝夫氏
FinTech企業の登場や顧客体験のニーズの変化を前に、金融機関のIT施策にも変化が見られる。この春、NECの金融ソリューション事業部門のリーダーに就任した岩井氏はこの状況をどう見ているのだろうか。(2023/6/30)

成長企業の“Okta活用術” ディー・エヌ・エーとメルカリが語る実体験
ディー・エヌ・エーとメルカリは企業成長に伴い、従業員数や利用するツールの数が急速に拡大する中で、IDaaS製品「Okta」をどのように活用してきたのか。両社が実体験を基にした運用のポイントを語った。(2023/6/16)

請求QUICKは、なぜID従量課金を廃止するのか? 「SaaSではなく金融で儲ける」
SBIビジネス・ソリューションズは、請求書管理SaaS「請求QUICK」のID数従量課金を7月から撤廃すると発表した。これにより、中小企業はほぼ無料で、インボイス制度に対応した請求書管理サービスを利用できるようになる。(2023/6/7)

Payments Dive:
「Text to Pay」に小売業界が注目する理由 北米で躍進する老舗FinTech企業Fiserv
老舗FinTeh企業のFiservが「Text to Pay」を発表した。リッチな支払いアプリが全盛のいま、なぜテキストデータを使った決済が注目を集めるのだろうか。(2023/6/5)

アナリストの“眼”で世界をのぞく:
電子国家エストニア 世界で最も多くスタートアップを生み出す小国の「本気」
電子政府をはじめとするデジタル関連施策で注目を集めるエストニア。なぜ人口130万人の小国にもかかわらず、世界で最も多くスタートアップを生み出すに至ったのか。実際に同国を訪れた筆者が現地で見たものとは。(2023/5/26)

金融機関とFinTech【後編】
Accentureが取り組む「FinTech」の普及
住宅金融組合Nationwide Building Societyのクラウド移行を支援するAccenture。同社が支援する、決済システム刷新の取り組みを紹介する。(2023/5/16)

北欧のネクストイノベーション「Climate Fintech」に迫る旅:
ESG投資に続く「インパクト投資」 環境・社会への影響を正しく「見える化」する北欧企業が活躍
ESG投資に続いて注目を集めているグリーン投資がある。「インパクト投資」と呼ばれ、投資先が生み出す社会的・環境的な価値を最大化することで、社会課題の解決に貢献するとともに適切な金融リターンを追求するのが目的だ。インパクト投資のすそ野を広げようと奮闘している北欧企業を紹介する。(2023/5/15)

リーダーに聞くCCoE活動の実際:
スーパーエンジニアでなくても自力でCoE組織は構築できる――セゾン情報システムズの場合
システム内製化を進めるに当たってはナレッジを集約するCoEないしCCoEを組織して挑むことも増えてきた。だがその取り組み方は各社各様であり、自社リソースや人材のポテンシャルによっても取り組み方が異なる。人手不足を嘆く向きもあるが、自薦を基に社内人材だけでCoE組織を作り上げ、成果を上げつつある企業もある。(2023/5/18)

PR:金融業界のDX阻む“体質”にメス 現場主導の改革をローコードで後押し IBM×マイクロソフトがかなえる業務効率化
(2023/4/19)

金融機関とFinTech【前編】
広がる電子決済 「次の決済システム」として英住宅金融組合が目指すのは?
決済システムをクラウドサービスに移行すると発表した英国の住宅金融組合Nationwide Building Society。この取り組みの背景にあるのは、決済市場における“ある動向”だ。(2023/4/25)

マネフォ、再び決算上振れ 家計簿ソフトMEの課金ユーザーは急増
マネーフォワードが発表した第1四半期決算は、SaaS ARRが前年同期から42%増加して182.8億円となった。連結売上高は67.9億円、EBITDAは当初の12〜17億円の赤字予想から上振れして7億円の赤字となった。「順調な滑り出しができた」と辻庸介社長。(2023/4/14)

Payments Dive:
シリコンバレーバンクの危機で分かったペイメント系スタートアップの明暗
スタートアップが頼りにしていた金融機関の破たんはペイメント系スタートアップ企業の経営にも大きな影を落とした。一方でこれを商機と見る企業もある。(2023/4/4)

メルカリ、ビットコイン取引に参入 売上金やポイントで購入可能
メルカリは3月9日、メルカリアプリ内でビットコインの売買ができる新サービスの提供を開始した。売上金や残高、ポイントなどで1円からビットコインが売買できる。(2023/3/9)

銀行が取り組む「CX」【前編】
これからの銀行に「CX」が不可欠な理由
銀行業界が今後生き残るためには、「CX」(顧客体験価値)の向上が不可欠だ。その理由は何で、銀行は具体的にどのような取り組みをすればいいのか。オーストラリアの銀行CommBankの事例を基に紹介する。(2023/3/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。