ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  F

  • 関連の記事

「FinTech」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「FinTech」に関する情報が集まったページです。

よくわかる人工知能の基礎知識:
米軍の教育でもAIが活躍 「アダプティブ・ラーニング」の可能性
現在、教育現場ではどのようなAI活用がされているのか。国内外の事例を紹介する。(2020/2/20)

auカブコム証券・齋藤正勝社長「日本のネット証券は構造を変えるべき」――手数料競争から“資産形成サービス”競争へ
手数料無料化競争の激しいネット証券業界――。auカブコム証券の斎藤正勝社長に単独インタビューを実施し、今後の業界の在り方と戦略を聞いた。聞き手はマネネCEOで経済アナリストの森永康平。(2020/2/20)

新連載・フィンテックの今:
フィンテックは日本の個人投資の起爆剤に? Fintech協会理事の神田潤一氏インタビュー
日本の個人金融資産は1800兆円に上るものの、依然として現預金が占める割合が高く、十分な資金が投資には回っていない。個人の資産形成が十分に進まない現状を、フィンテックがどう変えるのか。Fintech協会理事の神田潤一氏に聞いた。(2020/2/20)

デジタル変革の旗手たち:
3年目の覚悟、実体なきイノベーションからの脱却――みずほフィナンシャルグループ 大久保光伸氏
みずほフィナンシャルグループは、金融APIを公開してスタートアップや異業種とつながり、新たな価値を創出するオープンイノベーションに力を入れてきた。渦中で指揮を執る大久保氏はどのように取り組んできたのか。(2020/2/13)

よくわかる人工知能の基礎知識:
AIとドローンで在庫管理、シフト表を自動作成 知られざる小売業界のAI活用術
接客業務や在庫管理など、小売・サービス業に関する国内外のAI活用事例を紹介する。(2020/2/5)

メルカリ、メルペイ、ドコモが業務提携 ポイントの相互利用や加盟店の共通化など
メルカリ、メルペイ、NTTドコモの3社が業務提携を正式に発表。2020年5月をめどに「メルカリID」と「dアカウント」を連携させ、dポイントをメルカリでの取引で利用可能とする。加盟店開拓も連携し、共同で営業推進を図る。(2020/2/4)

LINE、19年通期は最終赤字468億円 スマホ決済などへの投資かさむ
LINEの2019年12月期(19年1〜12月)通期連結決算は、純損益が468億円の赤字(前期は37億円の赤字)だった。広告など主力事業は好調だったが、「LINE Pay」などへの先行投資がかさみ、利益を圧迫した。(2020/1/29)

よくわかる人工知能の基礎知識:
通信インフラの監視やコーディングも自動化 情報・通信業界のAI活用
情報・通信業界ではどのようにAIが活用されているのか。顧客対応、通信インフラの監視など、さまざまな領域での事例を整理する。(2020/1/21)

マネーフォワードがSaaSビジネスのKPIを開示 19年11月決算
SaaSビジネスでは、顧客ごとに業績を分析するユニットエコノミスクを利用する。いったんユーザーを獲得すれば継続的に売り上げが生まれるSaaSモデルの特性から、企業全体の売り上げやコストというよりも、顧客あたりの、獲得費用、売上高(ARPA)、解約率(チャーンレート)によって事業を評価する仕組みだ。(2020/1/14)

Microsoft Focus:
“MaaS”に“RaaS”に“BaaS”が登場 MSが成果を上げるクラウド推進の体制とは
日本マイクロソフトのインダストリー別専門組織体制は、クラウド事業の推進において重要な役割を担っている。どのような役割で、どのような成果をあげているのだろうか。(2020/1/15)

よくわかる人工知能の基礎知識:
AIは民主主義をアップデートするのか? 統治とテクノロジーの関係
司法・行政・立法機関においてAIはどのように活用されていくのか。世界の事例を基に考える。(2020/1/10)

「オープンソースの投資信託」とは:
オープンソースにも戦略がある、Linux Foundationの2020年
Linux Foundationは特に2019年、一見「バブル」とも受け取れるさまざまな動きを見せた。その裏にある戦略について、2019年12月に東京で開催された「Open Source Forum」で同ファンデーションのエグゼクティブディレクターおよびデベロッパーリレーションズ担当バイスプレジデントが語った。(2020/1/7)

HR市場は2023年に2504億円へ拡大 ただし個人情報に関する問題も浮き彫りに
HR市場は2019年に1000億円を超え、前年比130%の約1199億円と大幅に増加。今後も「HR × Fintech」や「HR × Insur Tech」のサービスが増えてくると推測される。(2019/12/27)

動画の世紀:
普及する「AIカメラ」 動画はAIが見てくれる時代に
AIの進化によって、監視カメラで判断するのは人ではなくなりつつある。(2019/12/27)

今オトクなキャッシュレス決済が一目瞭然、Zaimの「オトクカレンダー」が便利
各社のアプリや公式サイトでキャンペーン情報をチェックして、オトクな決済方法を選ぶというのはそれだけで労力がかかるもの。そんな悩みを解決するサービスを、FintechベンチャーのZaimが公開している。(2019/12/24)

Zaimが1日で作った“見やすいキャッシュレス還元マップ”が経産省公認に
Zaimは、同社が1日で非公式に開発した「キャッシュレス還元マップ」が経済産業省の公認サービスになったと発表した。(2019/12/23)

よくわかる人工知能の基礎知識:
私たちの命と健康はどう守られる? 医療界のAI活用例
医療業界における国内外のAI活用事例を紹介。予防、診断、アフターケアの3つに活用例を整理した。(2019/12/23)

FinTechを読み解く:
「シリコンバレー・イズ・カミング」から始まったフィンテック マネーフォワード瀧氏に聞く
すっかり日本でも定着したフィンテック(FinTech)という言葉。これは、どのようにして始まり、どんな文脈の中で動いているのか。金融庁の「フィンテック・ベンチャーに関する有識者会議」メンバーでもある、マネーフォワードの瀧俊雄取締役に、フィンテックの潮流を聞いた。(2019/12/17)

よくわかる人工知能の基礎知識:
AIが瞬時に株取引、為替暴落の危険も 金融業界で進むAIの取り組み
他業界に比べてAI導入が進む金融業界。自動株取引や不正検知など、実際のAI活用事例を紹介する。(2019/12/13)

金融機関の「DX」が基幹系にも:
2021年創業の「みんなの銀行」 勘定系をクラウドネイティブでゼロから構築
地方銀行グループが設立する新銀行がパブリッククラウドを前提としたクラウドネイティブな実装のシステムを採用する。FinTech系企業の参入障壁を解消する動きが進む中、既存の地銀でも軽快にIT戦略を実装できる環境の整備に本腰を入れる。(2019/12/12)

PR:「守りが堅い地銀」が「攻めのデータ会社」に脱皮するまで──山口フィナンシャルグループの変革者たちの挑戦
(2019/12/16)

Microsoft Focus:
北國銀行が勘定系システムをクラウド化 SLA99.999%の可用性は実現できるのか?
北國銀行は、クラウド環境におけるフルバンキングシステム「BankVision on Azure」を2021年夏までに導入すると発表した。この事例に注目すべき3つのポイントとは。(2019/12/3)

フィンテックへの取り組み、コスト削減に向かう国内、顧客体験向上を狙う海外
2014年くらいから意識され始めた金融におけるテクノロジー活用であるフィンテック(FinTech)。しかし、海外に比べて国内では取り組みに違いがあるようだ。KPMGコンサルティングの調査から。(2019/12/2)

国内民間企業IT市場規模は12兆9180億円:
2019年度のIT投資は順調、でも2020年度以降は反動がくる? 矢野経済研究所
矢野経済研究所は2019年度の国内民間企業のIT投資実態と今後の動向に関する調査結果を発表した。2020年度以降は「伸びの反動」を受けると慎重に見ており、緩やかな成長を見込む。(2019/12/2)

動画の世紀:
アポロ計画は失敗していた? 脅威を増すディープフェイク・ビデオ
ディープ・フェイクは次の段階に入ったようで、企業が被害を受けるケースも出ている。(2019/11/29)

金融庁 金融レポート2019を読み解く 金融デジタライゼーションは実戦段階
金融庁が毎年8月に公開する「金融レポート」。金融行政の施政方針を表す重要なレポートだ。これを、特にFinTechの観点からどう読み解くか。(2019/11/25)

鈴木淳也のモバイル決済業界地図:
ヤフー×LINE、経営統合でこれから決済業界に起こること
ヤフーとLINEの経営統合で気になるのが、2社が提供しているモバイル決済の動きだ。PayPayとLINE Payが今回の事業統合で1つにまとまることはないだろう――というのが筆者の考えだ。こう考える理由の1つに、両者の統合後の姿が原時点で全く想像できない点が挙げられる。(2019/11/21)

今後1年間の変化にも言及:
ヤフーとLINEが経営統合 その“切実な動機”と法人向けサービスへの影響は?
ZホールディングスとLINEは、2019年12月をめどに、法的拘束力のある資本提携に関する最終契約の締結を目指す。マーケティング事業や集客、新規事業開発などで、経営統合による相乗効果を図るというが、競合関係にあるサービスや、多数の自治体や企業に展開するサービスの行方はどうなるのか。(2019/11/19)

ヤフーとLINE、経営統合へ 記者会見の一問一答まとめ
ZホールディングスとLINEが、経営統合について基本合意。記者会見の質疑応答の模様をリアルタイムでお伝えする。(2019/11/18)

ヤフーとLINEの経営統合が正式発表 「世界をリードするAIテックカンパニー」目指す
11月18日、ヤフーの親会社であるZホールディングスとLINEが経営統合することを正式に発表した。マーケティング事業、集客、Fintech事業、新規事業におけるシナジー効果を両社は期待する。「日本・アジアから世界をリードするAIテックカンパニー」を目指すとしている。(2019/11/18)

ヤフーとLINE、経営統合で基本合意 正式発表
ヤフーの親会社ZホールディングスとLINEが、経営統合について基本合意したと発表した。(2019/11/18)

よくわかる人工知能の基礎知識:
キホンから分かる製造業のAI事例 検査・検品に“AI研究員”も
ビジネスに役立つAIの基礎知識について分かりやすく解説する連載。今回は、製造業のAI導入状況や、活用事例を紹介する。(2019/11/18)

ソフト企業が7割弱を占める:
北米で最も成長著しい企業は? Deloitteが発表
Deloitteは、北米の急成長企業について年間ランキングを発表した。成長が著しいのはソフトウェアだった。ランク入りした500社のうち非上場企業をみると、その48%は、自社をSaaS企業またはエンタープライズソフトウェア企業と認識しており、12%はFinTech企業と認識していた。(2019/11/15)

ものになるモノ、ならないモノ(84):
「真のP2Pを実現した完全な水平分散型社会」を目指すNeukindの未来は、Libraか? Winnyか?
2018年8月創業のブロックチェーン関連のスタートアップ「Neukind」は「ブロックチェーンの本質を追究し、そこにどのようなビジネスモデルを構築できるのかを模索している」という。その真意を探った。(2019/11/15)

DXに向けて刷新が必要なのは「システムだけ」ではない:
PR:マルチクラウド環境における運用管理の課題と解決方法
デジタルトランスフォーメーション(DX)の潮流が高まる中、多くの企業がマルチクラウド環境の活用に乗り出している。だが、DX実践で求められるビジネス展開のスピードアップや柔軟性の向上は、インフラを刷新しただけで実現できるものではない。クラウド特有の運用手法を取り入れ、既存のオンプレミス環境と適切に融合させなければ、ビジネスの成果につなげることは難しい。現行のシステム運用を行いながら、DXに貢献するためには、運用管理をどのように刷新したらよいのだろうか。野村総合研究所に話を聞いた。(2019/11/28)

「誰でも保険会社」になれる 証券に続き保険もプラットフォームへ
証券は大手の証券会社が売り、保険は保険会社が売るーー。そんな形が崩れ始めるかもしれない。FintechベンチャーのFinatextホールディングスが次に「プラットフォーム化」を進めるのは保険だ。あいおいニッセイ同和損害保険との業務提携を行い、保険にも異業種が低コストで参入できる仕組みを作り上げる。(2019/11/13)

2023年の国内IT支出額は29兆円規模へ 金融・運輸を中心に平均1.9%増で成長――ガートナー予測
ガートナー ジャパンの予測によると、日本のIT支出は、消費税増税対応やOSのサポート終了対応などが後押しし、2023年まで年平均1.9%増で推移して29兆円に達する。業種別では、特に金融、運輸での高い成長率が見込まれるという。(2019/11/11)

新連載・古田拓也「今更聞けない金融ビジネスの基礎」:
資産運用“素人レベル”の地銀、SBI「25億出資」の勝算とは
地方銀行はもうダメだ――。まことしやかにささやかれている「地銀はもうダメ」論だが、どこがそれほどダメなのかを確認し、それでも地銀との提携を推進するSBIグループの狙いは何かを探っていきたい。(2019/11/8)

政府官公庁/地方自治体の成長率はマイナス:
2023年国内IT支出は年平均1.9%増の29兆円 ガートナーが予測を発表
ガートナー ジャパンの、国内のIT支出に関する予測によると、2018年から2023年までの年平均成長率は全体で1.9%。2023年の支出額は約29兆円。年平均成長率が最も高い業種は金融で2.4%増と予測する。(2019/11/8)

freee、12月にマザーズ上場へ 東証が承認
東京証券取引所が、freeeのマザーズ上場を承認した。上場予定日は12月17日。(2019/11/7)

初めてのセールスイネーブルメント:
なぜ今、セールスイネーブルメントが必要なのか
進化するSalesTechの中でも特に注目されている「セールスイネーブルメント」について解説します。(2019/11/7)

よくわかる人工知能の基礎知識:
いま知っておきたいAI活用事例――内定辞退予測、退職予測から、RPA連携の可能性まで
ビジネスに役立つAIの基礎知識について分かりやすく解説する連載。「内定者辞退予測」やRPAとAIの連携など、今話題のAI活用事例を紹介する。(2019/11/6)

新連載・古田拓也「今更聞けない金融ビジネスの基礎」:
日本国債に“元本割れリスク”? 財務省は「元本割れなし」主張
財務省のページには、日本国債は「元本割れなし」。一方で販売する銀行のページには、「元本割れとなるリスクがある」。結局国債は元本割れするのかしないのか?(2019/11/1)

業務を効率化するITツールの最新事情:
Microsoftとのコラボで注目 Steelcaseが目指す新しい仕事場の形
世界的なオフィス家具メーカー、Steelcaseが考える新しいオフィスの形とは?(2019/10/31)

新連載・古田拓也「今更聞けない金融ビジネスの基礎」:
政府の”キャッシュレス推進”ウラの狙い 改善したい“不名誉すぎる”実態とは?
消費税増税からまもなく1カ月を迎え、キャッシュレスへの関心の高まりが顕在化してきた。政府が”身銭を切って”までキャッシュレス決済を推進するのは、異例とも思われる措置だ。その背景を理解するには、巷(ちまた)で言及されているような「インバウンド需要」や「脱税防止」以外にも押さえておかなければならない重要なポイントがある。それは、アンチ・マネーロンダリングだ。(2019/10/25)

よくわかる人工知能の基礎知識:
自動運転はいつ普及する? いま実現している技術と課題を整理する
ビジネスに役立つAIの基礎知識について分かりやすく解説する連載。今回のテーマは「自動運転」について。(2019/10/23)

特集:マイクロサービス入門(2):
マイクロサービスが注目される理由 導入検討に向けて気を付けるべきポイント
特集「マイクロサービス入門」第2回目は、マイクロサービスが注目される背景と、企業がこれからマイクロサービスの導入を検討するに当たって、考えておくべきポイントをオイシックス・ラ・大地で技術顧問を務める寺田佳央氏が解説します。(2019/10/18)

外部とのコラボを加速:
ドンキ運営会社が「マシュマロ構想」を発表 マーケティングで“脱・自前主義”
ドンキの運営会社が「マシュマロ構想」を発表。デジタルマーケティングの推進や外部のスタートアップとの協業を加速させる。“脱・自前主義”で新たな成長ステージへの移行を狙う。(2019/10/17)

よくわかる人工知能の基礎知識:
AI記者、AI小説家、そしてAI作曲家も――創作する人工知能を支える技術
ビジネスに役立つAIの基礎知識について分かりやすく解説する連載。今回のテーマは「コンテンツ生成」について。(2019/10/7)

自分の家計簿、公開できる? お金のユーザー会が人気の理由
家計簿ソフト「マネーフォワードME」と、株取引アプリ「STREAM」の利用者が集まったユーザー会では、匿名の場もあって、自分の具体的な収入や、支出内訳となる家計簿を公開し合っていた。Instagramでも、家計簿公開の投稿が増えている。お金について話すことの価値とは?(2019/10/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。