ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「Nanya Technology」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

南亜科技

JHICCの“二の舞”は避けたい:
中国で誕生したDRAMメーカー、ChangXinの野心
ChangXin Memory(以下、ChangXin)は、「中国で唯一のDRAMメーカー」として自社の独自性を公式に主張している。中国は、Yangtze Memory Technology(YMTC)が進めるNAND型フラッシュメモリの製造とGigaDeviceが設計するNOR型フラッシュメモリに加え、国産のメモリデバイスの製造計画を誇っているが、こうした成果よりもさらに大きな野心を抱いている。(2019/12/9)

湯之上隆のナノフォーカス(17):
大赤字計上の東芝メモリ、台湾Lite-onのSSD事業買収で弱点克服へ
東芝メモリは2019年8月30日に、台湾Lite-on Technology(ライトン テクノロジー/以下、Lite-on)のSSD事業を1億6500万米ドル(約173億円)で買収すると発表した。この買収が東芝メモリの業績を向上させる可能性について、メモリメーカー各社の営業損益を比較しつつ考察する。(2019/9/9)

メモリ開発強化を急ぐ:
中国 紫光集団がDRAM事業設立へ
中国の国有企業であるTsinghua Unigroup(清華紫光集団)が、新しいDRAM企業を設立した。中国は、米国との貿易摩擦が続く中、半導体技術の国外依存度を少しでも下げようとしている。(2019/7/4)

応用範囲の拡大で需要が増加:
2017Q2のDRAM世界売上高、過去最高の165億ドルに
2017年第2四半期(4〜6月期)のDRAM世界売上高が、過去最高の165億米ドル以上となった。DRAMeXchangeの予測によると、DRAMの販売価格は2017年の残りの期間、引き続き上昇し続けるという。(2017/8/23)

日本メーカーも狙われている:
特許係争の危機にさらされる半導体企業
激しい合併買収の波が押し寄せている半導体業界では、これまで以上に多くの半導体メーカーが“パテント・トロール(特許トロール)”のターゲットとして狙われるという、予期せぬ事態が生じている。(2017/3/31)

この10年で起こったこと、次の10年で起こること(11):
初代ファミコンとクラシックミニのチップ解剖で見えた“半導体の1/3世紀”
家庭用テレビゲーム機「任天堂ファミリーコンピュータ」の発売からおおよそ“1/3世紀”を経た2016年11月にその復刻版といえる「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」が発売された。今回は、この2つの“ファミコン”をチップまで分解して、1/3世紀という時を経て、半導体はどう変わったのかを見ていく。(2016/12/20)

40億ドルで株式取得:
Micron、Inoteraを完全子会社化
Micron Technologyが、Inotera Memoriesの全株式を40億米ドルで取得する。Micronはもともと約33%のInotera株を保有していたが、今回、残りの67%も取得することとなった。(2015/12/17)

バラして見ずにはいられない:
“自称”iPad 2に潜む“驚がくの真実”を分解して知る
え、これがiPad 2なんですか? iPad 2って言い張るんですね? いいんですか? 分解すればすぐに分かりますよ。分解しないでも分かりますが。(2013/12/4)

メモリ/ストレージ技術:
DRAM各社のプロセスを比較、さらなる微細化は可能か
DRAMは、幾度となく「微細化はもう限界」だと言われてきた。だが、メーカー各社は2Xnmや1Xnm世代のDRAMの実現に向けて試行錯誤を繰り返し、成果を出し始めているという。(2013/6/14)

買い替える必要なんてない:
PR:中古PCだからこそ高品質なSSDを!「M5 Pro Xtreme」でノートPCを再生しよう
最高クラスの性能と企業レベルの品質で上級ユーザーから高い評価を得ているPlextorブランドのSSD「M5 Pro Xtreme」シリーズ。これさえあれば、型落ちノートPCも爆速マシンに生まれ変わる!!(2013/4/25)

ファームウェアでも性能が変わるというが:
Marvell「88SS9187」でどこまで速く?──PLEXTOR「M5 Pro」を試す
速度と機能で多くのユーザーが支持するPLEXTORのSSDに、新コントローラを採用したシリーズが登場。新しいファームウェアと合わせて、その実力を検証する。(2012/9/7)

ビジネスニュース:
エルピーダ買収戦の行方は? アナリストが分析
日本のDRAM業界では地位を確立しているとはいえ、エルピーダは今なお巨額の赤字を抱えており、その企業価値は定かではない。それにもかかわらず、買収戦が続いている。現時点での最有力候補は、やはりMicronのようだ。(2012/4/17)

ビジネスニュース:
SIAが半導体生産キャパシティの報告書発行を休止
半導体の生産能力に関する報告書(SICAS)の発行が休止となる。ファウンドリ大手のTSMCやUMCがSICASプログラムから脱退したことが、主な原因だと考えられる。(2012/3/6)

エルピーダ、会社更生法の適用申請 負債4480億円
DRAM専業メーカーのエルピーダメモリが会社更生法の適用を東京地裁に申請。昨年末時点の負債総額は4818億円。(2012/2/27)

ビジネスニュース 業界動向:
Micronとエルピーダ、提携すればDRAM業界は再編へ
Samsungがトップをひた走るDRAM業界だが、Micronとエルピーダの提携が実現すれば、そのSamsungを脅かす存在となるだろう。(2012/2/17)

エルピーダ、NanyaをDRAM特許侵害で提訴
エルピーダがDRAM関連特許を侵害されたとして、Nanya製DRAMの米国への輸入差し止めを求めてITCに提訴。(2011/11/16)

ビジネスニュース 業界動向:
EUが下した制裁の内容が明らかに、DRAMメーカー9社に計4億米ドルの制裁金
(2010/5/20)

清水洋介の「日々是相場」朝刊:
連休明けの買戻しや決算期待から大幅高
(2010/1/20)

イマドキのイタモノ:
“DX10.1対応”統合型チップセット「AMD 785G」の意外なお得度
根強い人気の「AMD 780G」に後継モデルが登場した。型番ではAMD 790GXの下位モデルとなるが、ASUSの「M4A785TD-V EVO」で意外な実力を発揮するようだ。(2009/8/4)

独DRAMメーカーQimondaが破産申請
Qimondaは破産申請の理由として、DRAM価格の下落による打撃を挙げている。(2009/1/26)

富士通、NanyaとのDRAM特許紛争で和解
富士通のDRAM特許を台湾Nanyaが侵害したとして争っていた問題で、両社が和解した。(2008/9/3)

Rambus、DRAM特許訴訟で白星
「Rambusが標準策定の際に不正行為を行った」とするHynix、Micron、Nanyaの主張は受け入れられなかった。(2008/3/27)

MicronとNanya、DRAMの共同開発を検討する覚書を締結
MicronとNanyaが、50ナノメートル以下の技術に重点を置いたDRAM開発で提携する。(2008/3/5)

富士通、ナンヤ製品の輸入差し止め申請 DRAM訴訟勝訴を受け
富士通は、日本ナンヤ・テクノロジーのDRAM製品の輸入差し止めを東京税関に申請した。DRAM訴訟勝訴を受けた措置。(2007/8/31)

Core 2 Duo搭載可能な静音BTXスリムPC──HP Compaq Business Desktop dc5700 SF/CT
企業向けデスクトップPCとして登場した「HP Compaq Business Desktop dc5700 SF/CT」は最新チップセットを搭載してCore 2 Duoに対応しながらも、さらなる低価格化を実現した。(2006/12/19)

NY州もメモリメーカーに損害賠償訴訟
DRAM価格操作事件でカリフォルニア州に続きニューヨーク州も、メモリメーカーを相手取って損害賠償を求める訴訟を起こした。(2006/7/15)

DRAM価格操作事件で34州がメモリメーカー7社を提訴
米カリフォルニア州など34州が、エルピーダメモリやNEC Electronics Americaなど7社を独禁法違反で提訴すると表明。訴状では被告に責任が認められた損害額の3倍の支払いを求めている。(2006/7/14)

Rambus特許侵害でHynixに3億690万ドルの賠償命令
Rambusの発表によれば、陪審評決で特許10件の侵害が認定され、Hynixが米国内で販売したメモリ製品に関連して3億690万ドルの損害賠償をRambusに支払うよう命じられた。(2006/4/25)

DDR2が今年不振だった理由とは
今年主流になるとみなされていたDDR2は、ゲーム機や携帯には搭載されたものの、PCでは普及しなかった。その理由とは?(IDG)(2005/11/2)

富士通、日本ナンヤ・テクノロジーを特許侵害で提訴
RambusからDDR2メモリの特許侵害で訴えられているNanyaが、DRAM特許侵害で富士通から提訴された。(IDG)(2005/8/23)

Rambus、DRAMカルテルの証拠提出命令を勝ち取る
Rambus対Hynixの特許侵害訴訟で、裁判所はHynixに対し、DRAMメーカー各社による秘密のカルテルの詳細を明らかにしているとされる文書の提出を命じた。(IDG)(2005/2/24)

Rambus、メモリ特許訴訟をDDR2に拡大
(2005/1/26)

リンクス、Nanya製メモリ販売開始
リンクスは、Nanya製ブランド製品「Elixirメモリー」の販売を発表した。(2005/1/11)

ルネサス、Nanya製メモリの輸入販売差し止め求め仮処分申し立て
自作PCユーザーにはおなじみ、Nanya製メモリの輸入販売差し止めを求める仮処分をルネサスが申し立てた。原因は特許紛争。(2004/10/13)

Intelなど、DDR2やFB-DIMM推進のフォーラム設立
オンラインコミュニティー「Memory Implementers Forum」はDDR2やFB-DIMMなどの最新主要メモリ技術を推進。加盟企業がプラン、技術文書、販促用カタログ、最新ニュースなどを共有する中心的な場になるという。(2004/2/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。