ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ニート」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ニート」に関する情報が集まったページです。

「見守る」ことは「甘やかさず追いつめない」こと 失業した彼氏の応援方法を考える漫画
楽な方に流されがちな彼にやる気を起こさせる方法とは。(2021/5/24)

小学生×ニートのモラル皆無なお仕事漫画『テンバイヤー金木くん』が悔しいけど面白い 「転売を憎む作者」が描く転売ヤーの姿
転売知識漫画? アンチ転売漫画?(2021/5/18)

猫「どっちも食べたい!」 食いしん坊猫が欲張ったら…… 狙ったゴハンを失う悲劇を描いた漫画が面白い
有り余る食欲。(2021/4/9)

NO MOREスキル詐称:
スキルシート詐欺が起こるメカニズムとエンジニアが取れる対処法
本当は持っていないスキルや経験を“盛って”しまうスキルシート詐欺。未経験や微経験エンジニアを襲う犯罪行為は、なぜなくならないのでしょうか。(2021/3/1)

ガリガリガリクソンが一般女性と結婚 「これからは好感度で食べていきますので」「ざまあみろ、独身共!!」
煽りがすごい。(2021/2/21)

PR:第1回「ebookjapanマンガ大賞」がユーザー投票受付中! ノミネート作からねとらぼ編集部の推しマンガを厳選してみた
ebookjapanが選ぶ「いま最もおすすめしたい20作品」。(2021/1/18)

普段は陽気なワンコが猫に踏まれて態度激変!? 自分の痛みにだけ敏感なワンコの漫画が面白い
人間同士でもありがちなやつ。(2021/1/9)

「万事屋から履歴書が届いたけど採用見送りました」と言えるWebメディアでありたかった
と思ってたらねとらぼにも例の履歴書きたぁぁぁぁ!(2020/11/26)

「女心がわからない」別居中の妻を放置し、不倫元カノと不倫今カノとの二股問題に悩む相談者 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
みんな「彼女」っていうからわからないよ!(2020/11/24)

スピン経済の歩き方:
在宅勤務なら大丈夫でしょ! 「100万人の引きこもり」を活用できるのか
日本には「引きこもりが100万人いる」と言われている。人手不足が叫ばれている中、「過疎地で、引きこもりの方たちを活用しては?」といった声が出ているが、実現するのだろうか。筆者の窪田氏は否定的に考えていて……。(2020/11/17)

「勝手に産んどいて、ちゃんと責任を持って育ててくれ」19歳ニート息子から逃げ続ける相談者と妻の闇 「テレフォン人生相談」先週のハイライト
ヤバイ息子の相談かと思いきや……。(2020/11/16)

「繋がらぬ ネット回線 人づきあい」――関西大、学生が詠んだ「オンライン授業川柳」発表
関西大学が、学生が詠んだ「オンライン授業」がテーマの川柳を発表。「繋がらぬ ネット回線 人づきあい」など全54作品。広報誌に全作品を掲載している。(2020/9/8)

手越祐也、280平米の新居内部を公開 “ニートで2.5倍”の家賃に「マジで仕事頑張んなきゃ!」「タスケテ!」
さらに上を目指すため、この新居に決めたと説明。(2020/7/7)

「オメーも寒いんかいッ」 ゴールデンレトリバーに最適な冷房設定にした結果を描いた漫画が面白い
個体差があるようです。(2020/6/30)

憧れていたはずの同期が社内ニートになっていた…… はんざき朝未『無能の鷹』が社会人に問いかけるもの
「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」第101回は、はんざき朝未先生のお仕事マンガ『無能の鷹』を取り上げます。(2020/6/12)

クセが強いにゃんことワンコ+マイペースなニートの愉快な毎日 漫画「まめきちまめこニートの日常」がにぎやかで楽しい
全員のキャラが濃い!(2020/2/27)

「おそ松さん」六つ子イメージの本格紅茶が飲める! コラボ紅茶店「銀色猫喫茶室」に行ってきた
『艶漢』コラボも実施中。(2020/2/20)

ロスジェネ女子の就職サバイバル:
ブラック企業、セクハラ、解雇、引きこもり……38歳女性に刻まれた「氷河期という呪い」
国などによる支援が始まったロスジェネ。この世代が負った“傷”は、果たしてキャリアや金銭の損失だけか。ブラック企業勤務から一時は引きこもりになった女性の半生から追う。(2020/2/5)

ひろゆき流「ギスギスした職場」を生き抜くメンタル術【中編】:
ひろゆき流「転職の裏ワザ」――履歴書の書き方、自己アピールの方法
鋼のメンタル王・ひろゆきが教える、いつでもどこでもマイペースを貫く、逆転の思考法! 職場で「他人を攻撃する迷惑な人」と賢く距離を取り、スルーする方法について3回にわたってお届けする。第2回目は履歴書の書き方、自己アピールの方法について。(2020/1/22)

コミカライズを自ら提案、Kindleで配信。月に84万円売れました──ナカシマ723さんに聞く「だから今、やるしかないんです」
「魔王を倒すために算段をつけて、なにを準備していくか」。同じように現実も攻略すべきもの。漫画家の今を感じさせる、ナカシマ723さんのインタビュー。(2019/12/20)

「なんでUUUMは漫画チャンネルを作ったの?」 UUUM社長に話を聞いてみたらガチの漫画オタクだった件
「みなさんが来る前にも漫画を読んでました(笑)」(2019/12/8)

創作意欲と仕事の関係ってこういうことかも? やる気を「液体」と考える理論に共感が集まる
モチベーションを維持する助けになるかも。(2019/9/24)

「君のiPhoneは0円で交換できるってワケだ」 吹き替え映画みたいなノリのApple店員を描いた漫画がじわじわくる
覚悟はいいかい……?(2019/9/24)

元保育士が描く子どもたちとの笑いと涙の日々 Twitterで人気のコミックエッセイ『実録 保育士でこ先生』書籍化
Twitterで人気のでこ先生が単行本に。(2019/9/13)

スピン経済の歩き方:
「賃金上げたら日本は滅びるおじさん」の言っていることは、本当か
「最低賃金の引き上げ」問題をめぐって、議論がヒートアップしている。「日本の低賃金にメスを入れるべき」という声がある一方で、「世紀の愚策」などと猛烈に難癖をつけている人たちも。この問題、どちらに説得力があるのかというと……。(2019/8/6)

「あくびですがなにか?」 叱られた猫ちゃんが見せた「あくびのフェイント」が反則的なかわいさ
極めて巧みなフェイントでした……めちゃかわいい。(2019/8/6)

心をえぐる専門学校生の実態 Twitterの力で打ち切りから復活した漫画『専門学校JK Ctrl+Z』単行本化
連載打ち切りになった漫画が、Twitterで話題になったことで新シリーズとして復活。単行本化されました。(2019/7/29)

岐路に立つ日本社会:
“移民”解禁で仕事を奪われる「プアー・ジャパニーズ」は出現するか
4月から外国人労働力の受け入れが拡大。事実上の“移民解禁”とも言える流れに。将来、日本人の仕事が奪われることになる?(2019/5/29)

「人類には早すぎた」 人工生命観察プロジェクト「ARTILIFE」が私たちに問いかけるもの
ドワンゴの人工生命観察プロジェクト「ARTILIFE」をプレイして記者が感じたことをまとめてみた。(2019/5/17)

「人生の8割をもっていかれる」 “猫に飼われる覚悟”を決めた猫マスターの猫を飼うのをすすめない理由が面白い
“覚悟”のある猫好きのための楽しい1冊です。(2019/4/9)

岩下の新生姜が「えいがのおそ松さん」とコラボ 全力でコラボしてる感が熱い
岩下食品、もとい岩下食品社員Aさんの熱量がパない。(2019/2/27)

“ゴールデンレトリバーは優しい”はウソ……? 猫からオモチャをそっと奪うワンコに「じわじわくる」「助けたのかも」
さり気なさがすごい。(2019/2/10)

お金の力で幸せになりたい――「フルートが吹けるわたし」を夢見て、17万円のフルートを買った日
フルートが吹けるようになったら、きっと。(2019/2/2)

世界を「数字」で回してみよう(55) 働き方改革(14):
ブラック企業の作り方
今回取り上げるのは「ブラック企業」です。特にここ数年、企業の規模や有名無名に関係なく、“ブラック企業の実態”が報道でも取り上げられていますが、そもそもなぜ「ブラック企業」が存在してしまうのでしょうか。そして、ブラック企業を撲滅することはできるのでしょうか。(2019/1/30)

世界を「数字」で回してみよう(54) 働き方改革(13):
政府の地雷? 「若者人材育成」から読み解くひきこもり問題
今回のテーマは「働き方改革」の「若者人材育成」です。「若者人材育成」をよく読み解いてみると、その根っこには、深刻な“ひきこもり”問題が存在していることが分かります。(2018/12/28)

PR:のんさんが演じた「かわいげのあるクズ」にほっこり 赤いジャージだらけの「ミライさん」イッキ見イベント
のんさんが「今まで演じた役の中で一番クズ」だというLINE NEWS初の連続ドラマ「ミライさん」。イッキ見イベントを体験してきました。(2018/10/19)

教えて! キラキラお兄さん:
文系エンジニアですが、ハッカーになれますか?
セキュリティ会社起業、ファイル共有ソフト「Winny」の暗号解読成功、政府の「情報保全システムに関する有識者会議」メンバー、「CTFチャレンジジャパン」初代王者――華々しい経歴をほこる“ホワイトハッカー”杉浦隆幸さんは、20代で創業し17年たった会社を去った後、新しい取り組みを始めた――。(2018/9/14)

司書メイドの同人誌レビューノート:
かわいさの中にちょっとの「陰」 きつね&たぬきのほんわか不思議なマンガがクセになる面白さ
化かされたと思って読んでみて。(2018/9/2)

「3か月」の使い方で人生は変わる:
「理想ドリブン」で考える――世の中に新しい価値を生み出す秘訣
「クラウド会計ソフト freee」を開発するとき、創業メンバーは「専門知識がないから難しい」などとはは考えず、開発するうえでの理想的な状態を考えたという。新しい価値を世の中に生み出すとき、鍵となるのは、経験ベースや現実ベースではなく、理想ベースで考えてみること。そのために必要なマインドセットとは。(2018/8/9)

ニートがたった2年で一人前のITコンサルに なぜ、クラウドネイティブはあえて「IT素人」を雇うのか
人手不足に悩むIT企業が優秀な人材探しに躍起になる中、あえて「IT業界未経験者」を雇って一人前のITコンサルに育てている企業がある。いったいどんな人材育成をしているのか。(2018/6/1)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
登山家・栗城史多さんを「無謀な死」に追い込んだ、取り巻きの罪
登山家の栗城史多さんがエベレスト登頂に挑戦したものの、下山中に死亡した。「ニートのアルピニスト」として売り出し、多くの若者から支持を集めていたが、登山家としての“実力”はどうだったのか。無謀な死に追い込まれた背景を検証すると……。(2018/5/25)

「編集の赤字は無視」「OKが出た後に内容を変える」 型破りすぎるマンガ『このかけがえのない地獄』の作り方
作者のアッチあいとは何者なのか。その一端が分かる!?(2018/5/20)

「あの時負けていれば」――人生を賭けた一局、夢が終わった後に続くもの
人生にイフはない。ただ問うことだけが許される。(2018/2/16)

かわいいは心のATフィールドを取り払う 「バーチャルのじゃロリ狐娘YouTuberおじさん」独占インタビュー(後編)
前編に続き、「バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん」こと「ねこます」氏のインタビューをお届けします。(2018/1/11)

なぜオッサンはかわいいに憧れるのか 「バーチャルのじゃロリ狐娘YouTuberおじさん」独占インタビュー(前編)
バーチャルYouTuberが脚光を浴びる中、昨年末にわかに知名度を上げた「バーチャルのじゃロリ狐娘Youtuberおじさん」こと「ねこます」氏にインタビューしました。(2018/1/10)

「人生にゆとりを生み出す 知の整理術」:
元日本一のニートが伝授する「頑張らずにうまくやる方法」
「頑張っていないのに、自分よりもうまくいっている」……そんな人はもしかしたら「頑張らなくてもうまくやる方法論」を確立しているのかもしれない。「元日本一のニート」が伝授する「勉強法」とは?(2017/12/22)

ブラック企業大賞にノミネートされた企業って、その後どうなるんです? 運営委員会に聞いてみた
「弊社もノミネートされたらいいのに」と思っている人もいそうですが……。(2017/12/17)

「1人で6時間で作った」 Twitterで匿名質問「Peing」人気、月間2億PV超えへ
Twitterユーザーが匿名で質問を受け付けられるサービス「Peing」が流行している。開発したのは26歳の個人開発者・せせりさん。わずか6時間で作ったという。(2017/12/11)

【画像:26枚】東京コミコン「おそ松さん」の原画展示がスゴイ! “しこ松”から“悪魔一松”まで全原画一気見!
松クラスタのツボを押さえたラインアップはサイコー!(2017/12/3)

越境ECのキモはコンテンツ:
中国人の心をつかむクリエイティブとは? インフルエンサー「山下くん」の仕掛け人が語る
越境ECはビジネスの成長に向けた重要課題。中国市場に食い込むためのヒントをコンテンツの視点から探る。(2017/12/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。