ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「新国立競技場」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「新国立競技場」に関する情報が集まったページです。

VR「東京五輪マラソンコース」東京都が製作、ラン&自転車で大会コース走れるぞぉぉ 「ROUVY」で対応
12月12日にはVRで「大会」も。(2021/12/6)

製造マネジメントニュース:
東京2020大会を彩った「世界最高輝度」のパナソニック製プロジェクター
パナソニック コネクティッドソリューションズ社は、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会において、同社技術や製品がどのように活用されたかを紹介する説明会を開催した。(2021/10/13)

2021年:
米誌タイム「世界の100人」に、日本人は
米誌タイム(電子版)は15日、2021年の「世界で最も影響力のある100人」を発表し、米大リーグ、エンゼルスの大谷翔平選手が選ばれた。(2021/9/16)

方針を示していない企業が58%:
オリンピック期間中、テレワーク実施率に変化は? 1回目の宣言時より減少
パーソル総合研究所は、全国のビジネスパーソン2万人以上を対象としたテレワークの実態調査を実施した。(2021/8/17)

小島よしお、“動くピクトグラム”風の「ピーヤグラム」が謎のハイクオリティーも……本家に再生回数1299万回の差をつけられる
がんばれピーヤグラム!(2021/8/5)

CAEニュース:
シミュレーションで見る東京五輪、アスリートが直面する気温と湿度の影響
エムエスシーソフトウェアは、Hexagon Manufacturing Intelligence事業部のエンジニアが数値流体力学ソフトウェア「Cradle CFD」を使用して、2020年東京オリンピック競技大会の陸上男子1万mにおける気温と湿度の影響をシミュレーションし、アスリートが危険な状況にさらされる可能性があることを示したと発表した。(2021/7/30)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
花火商戦に“異変” 遊べる場所が減り続けていた「家庭用」が息を吹き返したワケ
コロナ禍で打ち上げ花火が苦戦している。一方、家庭用の手持ち花火などは好調だ。「SNS映えする」「近所迷惑にならない」といった現代風の工夫が支持されている。(2021/7/28)

チョコプラ、「動くピクトグラム」を即興で再現 わずか3日でアップされた動画に「動画になるの早すぎ」「驚異の速度」の声
練習時間0分説。(2021/7/27)

世界を読み解くニュース・サロン:
東京五輪は「無事に」終わるのか セキュリティ担当者の懸念と不安
東京オリンピックがいよいよ始まろうとしている。本番を迎えるにあたってゴタゴタが続いたわけだが、これで本当に「終わり」なのか。筆者の山田氏はセキュリティに不安を感じていて……。(2021/7/21)

観客1万人がマスクを着ければ新規感染者は1桁? スパコン「富岳」で五輪観戦をシミュレーション
文部科学省が東京五輪の競技会場である新国立競技場での新型コロナの感染リスクについて、スーパーコンピュータ「富岳」を使ったシミュレーション結果を発表。マスクを着用した観客1万人が競技を観戦した場合の新規感染者は、最悪のケースでも1桁にとどまるという。(2021/7/6)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
オリンピックで「人流」は増加するのか 見落とされている過去の“事実”
合理性を欠く新型コロナウイルス感染症対策に耐え切れない飲食店が続出している。「緊急事態」と「まん防」はいつになったら終わるのか。筆者がそろそろ「正常化に向けた準備を始める時期」と考える理由は?(2021/6/29)

NTT東、東京五輪で報道機関にローカル5G提供 大規模イベントでの実用性を検証
NTT東日本は、東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催時、新国立競技場にローカル5Gネットワークを構築し、報道機関6社に提供すると発表。(2021/6/22)

ファシリティマネジメント フォーラム 2021:
建築事故で損害賠償請求が工事発注者にも及ぶ場合も、リスクを最小限にするには?
建築プロジェクトで昨今、建築偽装問題や事業トラブルなどが頻発していおり、その際にば発注者にも責任とリスクが生じる。リスクを最小にして長期的に損失を減らすには、“プロジェクトマネジメント”が必須となる。ファシリティマネジメント フォーラム 2021の「発注者のための建築プロジェクトマネジメント超入門」と題する講演では、2人の登壇者が弁護士とプロジェクトマネジメント(PM)実務者のそれぞれの立場から、裁判例からみる発注者の責任及びリスクと建築プロジェクトマネジメントの果たす役割を解説した。(2021/5/19)

導入事例:
国立競技場、スキーデータの入退場管理システム採用
国立競技場は、入退場管理システムにスキーデータによる入退場管理ソフトウェア「Handshake.Logic」を採用し、感染リスクを低減しイベント運営・スタッフ配置の効率化・省力化を目指す。(2021/5/7)

「大好きな水泳もできて、誰よりも充実してた」 池江璃花子、8枚の“思い出写真”で前進を続けた2020年を振り返る
本当におつかれさまでした!(2020/12/30)

東京五輪が中止決定? ツイートが話題 組織委「事実は一切ない」
五輪関連の著作がある作家の本間龍氏のIOCが東京五輪中止を決定したとするツイートがTwitter上で注目を集めている。五輪組織委員会は事実関係を否定した。(2020/10/22)

ドワンゴが「第二のN高」2021年開校へ VR空間で学習できる「普通科プレミアム」コースも新設
名前は「S高等学校」。(2020/10/16)

月刊『ムー』の生配信イベント中にUFOが生出現か 「ムー×ミクサ ミステリー調査班 MMMR」第1回配信レポート
月刊『ムー』編集長からは“最強の予言者”に関する情報も……。(2020/9/15)

スピン経済の歩き方:
「コロナでカジノは白紙」の今こそ、IRより“分散型リゾート”が必要な理由
新総理候補の菅氏の地元で進む、カジノを含む統合型リゾート誘致計画が新型コロナなどの影響で暗礁に乗り上げている。巨大ハコモノよりも持続可能性の高い「分散型リゾート」にシフトする好機だ。コロナ時代の宿泊スタイルとして注目される分散型のメリットとは?(2020/9/8)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
ややこしい作業はAI任せの「Luminar 4」が面白い ハデハデ空写真から実用的なフォトレタッチまで
最近、SNSやWeb広告でよく見る「Luminar 4」を買ってみたら、予想以上に面白かった。うたい文句通り、ややこしいテクニックなしでハデハデな写真が作れるし、実用的なフォトレタッチソフトとしても使える。(2020/6/30)

荒廃した東京描く幻想的なイラスト Twitterで人気集める「東京幻想」の作品が書籍化
見慣れたはずの場所なのになぜか懐かしい気持ちになります。(2020/6/1)

スピン経済の歩き方:
「五輪強行」のほうが経済的損失が大きい、3つの理由
世界中で新型コロナウイルスの感染が拡大し、五輪開催を危ぶむ声が強まっている。こうした中でも、「五輪を開催しなければ、経済損失が大変なことになる」という声があるが、本当にそうなのか。筆者の窪田氏は、違う見方をしていて……。(2020/3/17)

パナソニックが考える「2020以降の街づくり」:
パナソニック LS社が東南アジアでハウジング事業を本格化、2030年度に売上450億円を目指す
パナソニック ライフソリューションズ社は、東南アジアでハウジング事業を本格化している。現地における市場の成長度合いに合わせ製品を展開していくとともに、“工業化”“高齢化”“高機能化”をテーマにした商材でパートナー企業を開拓している。2030年度における海外売り上げ目標である1000億円のうち、450億円を東南アジア市場の売り上げが占める。(2020/2/19)

46年ぶりの山手線新駅「高輪ゲートウェイ」はココがすごい 人に話したくなる基礎知識をおさらい
山手線では実に46年ぶり、京浜東北線では19年ぶりとなるJR東日本の新駅「高輪ゲートウェイ」が3月14日に開業します。ロボットの導入や駅ナカ無人店舗が話題ですが、他にも新しい試みがたくさんあります。(2020/2/16)

200台の限定モデルも登場:
新型Let's noteはオリジナルデザイン天板とカスタマイズメニューで攻める
パナソニックは1月15日、モバイルPC「Let's note」シリーズの新製品を発表。同日に製品発表会を開催し、新製品の概要と合わせて、東京2020オリンピック・パラリンピックをイメージした、オリジナルデザイン天板とカスタマイズモデルを訴求した。(2020/1/16)

吉田沙保里、土屋太鳳、渡辺直美が新国立競技場のトラックを世界で初めて走る 「嬉しくて夢のようなファーストラン」
ほかのゲストランナー、2020人の一般公募ランナーも走りました。(2019/12/21)

プロジェクト:
三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア開業、日本文化や歴史をデザインに反映
三井不動産は2020年度までに、ホテル事業の運営客室数を1万室に増やすことを目標に掲げている。オリンピック開催後、インバウンド需要がさらに活性化することを見込み、豊富な客室数を保有することで、需要を取り込み、持続的な事業拡大を図っていく考えだ。2019年11月22日には、三井ガーデンホテルのブランド“プレミアシリーズ”の新ホテルとして「三井ガーデンホテル神宮外苑の杜プレミア」をオープンする。(2019/11/15)

嵐が解禁したSNSまとめ Twitterは100万フォロワーに迫る勢い、情報過多にファン「え、ちょっと待って」とうれしい悲鳴
活動休止の2020年末に向けて盛り上がってきました。(2019/11/3)

阿部寛「まだ結婚できない男」53歳になった桑野は相変わらず面倒くさかった1話 今後の人生を一緒に送る相手は吉田羊?
毒舌は減ったが、気持ち悪い行動は増えた。(2019/10/15)

東京五輪中の5日間を“混雑回避休業”に 会場近くの企業インテグレートが全社一斉休業を発表
東京体育館と新国立競技場が近接、混雑回避のため。(2019/7/22)

首都高4カ所の入口封鎖 7月24日、26日に「東京オリンピック」見据えた規制テストを実施 料金所レーン制限も
選手らの輸送をスムーズに行うための交通量調整計画をテストする目的。(2019/7/23)

「お! あの中銀カプセルタワー行くの!?!?」 日本交通が夏休みキッズ向け「都内の名建築巡りタクシーツアー」実施
建築萌えっ子(大人も)集まれ〜。夏休みの自由研究はコレ一発でOKかも。(2019/7/8)

「どんどん綺麗さが増してますね」 50歳を迎えたKABA.ちゃん、小川菜摘に誕生日を祝われた写真に反響
どこからどう見てもキレイなお姉さんになったKABA.ちゃん。(2019/6/19)

東京五輪聖火リレーのルート概要発表 約1万人が全国857市区町村を121日間かけて巡る
聖火リレーのスタートまで300日。(2019/6/1)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
「月28日勤務」「危険な環境」 東京五輪の建設現場に根付く“恐怖の文化”
2020年東京五輪の競技会場などの建設現場における「過酷な労働環境」を指摘する報告書が公表された。そこに記された「culture of fear(恐怖の文化)」という言葉が象徴するように、日本では非人間的な働き方が“当たり前”になっているのではないか。(2019/5/24)

さくら、衛星データ基盤「Tellus」に「つばめ」の撮影画像を追加 新宿エリアを定点観測
さくらインターネットが、JAXAの人工衛星「つばめ」が撮影した画像を「Tellus」に追加。新宿エリアを4月2日〜5月10日の午後4時半ごろに毎日撮影したもので、新国立競技場の建設工事の進捗状況などを確認できる。撮影高度は約270キロで、他の人工衛星よりも低いため、高い解像度を実現している。(2019/5/15)

どんな設計思想なのか:
ホンダの本社ビルに秘められた“本田宗一郎伝説”の謎を追う
ホンダの創業者である本田宗一郎氏は本社ビルの設計に関与していた。どのような願いを込めてどんなデザインにしていたのか。社内に伝わる“本田宗一郎伝説”の謎を追う。(2019/5/5)

ロボット開発ニュース:
東京オリパラでロボット導入、トヨタは車いすサポート、パナソニックは腰を守る
東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は2019年3月15日、大会ビジョンである「史上最もイノベーティブで世界にポジティブな改革をもたらす大会」に向けた取り組みとして、ロボットプロジェクトを発表した。第1弾として、車いす席の観戦をサポートするトヨタ自動車の「HSR」「DSR」と、重量物を運ぶ運営作業スタッフの負担を軽減するパナソニック子会社ATOUNのパワーアシストスーツ「ATOUN MODEL Y」を会場で導入することを明らかにした。(2019/3/19)

東京五輪、車いす客をロボットが支援 「驚き」より「実用性」アピール
東京オリンピック・パラリンピックの競技会場で、車いすの観客をトヨタの生活支援ロボットがサポート。注文した飲食物などを席まで届けるという。(2019/3/15)

ファシリティマネジメント フォーラム2019:
“Society 5.0”時代のビル管理のセキュリティには何が必要か?東京五輪でサイバー攻撃にさらされるビルシステム
サイバーセキュリティという概念がIoT×AIの技術進歩に伴い、最近注目を集めている。ビルシステムも同様に、国内でも国際的なイベントの開催に伴い、スタジアムや各種施設がサイバー攻撃の標的とされることが懸念されている。しかし、ビル管理には特有のヒトやモノ、ビル管理などの課題は多い。ビル管理のセキュリティ対策はどうすべきか、NTTセキュリティとグループで取り組みを進めているNTTファシリティーズの講演から読み解く。(2019/3/4)

支柱の組立・解体が1日で完了する大型仮設支保工「T-CAPS」、“新国立競技場”の屋根架設工事に適用
大成建設は、大空間屋根工事や大型橋桁工事で使用される仮設支保工に、建築工事で汎用的に使用されているタワークレーン支柱を活用した大型仮設支保工「T-CAPS(Taisei-Climbing Adjustable Post System)」を開発した。現在、施工中の「新国立競技場整備事業 屋根鉄骨架設工事」に適用されているという。(2019/2/12)

隈研吾氏が手掛ける「新歌舞伎座」のデザインを継承したブライダルホテル
冠婚葬祭業のベルコは、大阪市中央区難波の新歌舞伎座跡地に、なんば駅直結の「ホテルロイヤルクラシック大阪」の出店を計画している。設計は建築家・隈研吾氏が手掛け、“ミナミの顔”である新歌舞伎座の意匠を継承したデザイン。(2018/9/4)

PR:隈研吾建築都市設計事務所の挑戦を支えるスキャナー一体の複合機「HP DesignJet T830 MFP A1モデル」
(2018/8/31)

2泊で7〜60万円:
1000室の豪華客船が「ホテル」に JTBが横浜で初、五輪限定で
JTBは、2020年の東京オリンピック期間中に大型クルーズ船を宿泊施設として活用する。利用するのは米Princess Cruisesの「サン・プリンセス」。試合のパブリックビューイングなどのイベントも適宜開催する。(2018/6/25)

月刊乗り鉄話題(2018年6月版):
盛り上がってきました「品川新駅大喜利」 そもそも駅名ってどんな言葉が選ばれる?
新品川、南田町、港南、品田、芝浜……。落語由来の駅名があってもいいじゃない。(2018/6/19)

選手に大歓声が届くように:
東京オリンピック、マラソンと競歩コースが決定 銀座、東京タワーなど名所を巡る
東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会は5月31日、国際陸上競技連盟の承認を得て東京2020オリンピックにおけるマラソンと競歩のコースを決定したと発表した。(2018/5/31)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」GW特別編:
JRの“大回り乗車”で房総半島1周 海を眺めて名物駅弁を食べる
JRの大都市近郊区間のみを利用する場合の「特例」を利用して、大回り乗車を楽しむ旅。今回は房総半島方面に向かう「海編」。(2018/5/2)

隈研吾建築都市設計事務所、HPの3Dプリンタでファブリックのオブジェ製作
DMM.makeは、日本HP初の3Dプリンタ「HP Jet Fusion 3D」のサポートサービスを開始する。2018年4月25日に行われたビジネスユーザー向け説明会では、3Dプリンタの可能性を示唆する講演もあり、隈研吾建築都市設計事務所でのオブジェのパーツ製作が事例として紹介された。(2018/5/1)

さよならPHS。往年の名機「京ぽん」をいま使ってみた 11万画素のカメラで写す、2018年の東京
PHSは2018年3月31日に新規受付を終了します。(2018/3/31)

「パソコンが2000年をカウントできない」 50年の歴史を追体験できる「人生ゲームタイムスリップ」
タカラトミーは、「人生ゲーム」の発売50周年を記念して「人生ゲームタイムスリップ」を3月末に発売する。コンセプトは、「家族みんなでニッポンの50年を人生体験する」(同社)。(2018/3/15)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。