ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「わいせつ事件・情報」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「わいせつ事件・情報」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

【追記】『なかよし』2作品が原作担当者の女児わいせつで連載終了 講談社「断じて許されない卑劣かつ悪質な行為」
『はらぺこペンギンカフェ』『とむとじぇりー ナナイロ』の2作品。(2021/12/14)

踊るバズワード 〜Behind the Buzzword(16)STEM教育(4):
GIGAスクール構想だけでは足りない、「IT×OT×リーガルマインド」のすすめ
今回は、全国の小中学生に1人1台のコンピュータと高速ネットワークを整備する文部科学省の取り組みである「GIGAスクール構想」と、その課題から、“江端流GIGAスクール構想”を提案してみました。(2021/11/30)

「Hysteric Blue」元メンバー、強制わいせつ未遂で2度目の実刑 前回は懲役12年で2016年出所
前回の逮捕は「Hysteric Blue」解散の原因に。(2021/11/24)

低年齢化するSNS性暴力被害 略取誘拐のツールに
近年、少子化で子供が被害に遭う事件は全体的には減っているが、SNS起因の略取誘拐事件が増加している。識者は「ネット空間への対処が急務」と警鐘を鳴らす。(2021/11/18)

弁護士・佐藤みのり「レッドカードなハラスメント」:
ハラスメント加害者を処分するも、被害者の虚言だった 懲戒解雇を下した企業はどうなる?
ハラスメントの加害者を懲戒解雇して、なんとか解決──と思いきや、実は被害者の嘘であったと発覚。会社は法的責任を負わなければならないのでしょうか。(2021/10/26)

SNSによる児童の性被害を防げ 新潟県警が強化
SNSを通じて児童が性犯罪などに巻き込まれるケースが新潟県内でも増えている。県警はサイバーパトロールを強化するとともに、教員向け研修会を行うなどして歯止めをかけようとしている。(2021/10/19)

「非実在児童ポルノ」めぐる日本共産党の政策紹介ページが議論呼ぶ 「誤った社会的観念を広める」
一定の規制に前向きな内容。(2021/10/18)

「ホイップクリーム」、陸斗の逮捕後にサンミュージック公式から“名前が消える” 短期間での動きに「大手は対応が早い」
あっという間。(2021/10/16)

ベビーシッターが赤ちゃんを激しく揺さぶる動画に物議、派遣元のキッズラインが声明 「シッターは7月で退会済み」
ベビーシッターのマッチングサービスを提供するキッズラインは、同社の派遣ベビーシッターによる問題行為が発覚したと発表した。Twitter上に問題行為が映った動画が投稿されており、「キッズラインのベビーシッターではないか」と指摘する声が挙がっていた。(2021/10/12)

SNSでの性被害 簡単につながる「Z世代」守れ
男子生徒にわいせつな自撮り動画を送信させた小学校教諭が、児童買春・児童ポルノ禁止法違反容疑で書類送検された。SNSが普及した環境で生まれ育った「Z世代」の子供たちはSNSに対する感覚が大きく異なるという前提で、いかに被害を防ぐかという対策を講じるべきだろう。(2021/10/8)

SNSの罠 女子中生になりすました元校長の卑劣メッセージ
大阪府警が3月、児童買春・ポルノ禁止法違反などの容疑で、元小学校長で無職の男を逮捕した事件。男は若い男を装ってSNS上で少女に近づき、わいせつ画像を入手すると今度は少女になりすまして販売したという。(2021/10/5)

追跡用の「電子足輪」切って連続女性殺人 韓国社会に衝撃
韓国で位置追跡装置を内蔵した「電子足輪」を切断して逃走した男が、女性2人を殺害していたことが判明し、社会に衝撃が広がっている。韓国では性犯罪など再犯の恐れが高い前科者に対し、出所後も一定期間電子足輪を装着させる制度を行ってきたが、制度の限界を指摘する声も出ている。(2021/9/2)

バイト感覚の「パパ活」SNSで蔓延 身を削る少女たち
新型コロナウイルス禍で学生のアルバイト収入が落ち込む中、男性から金銭を受け取って飲食に同行したりデートしたりする「パパ活」に手を染める少女が後を絶たない。SNSなどで簡単に相手を探すことができ、短時間で高額が稼げることから安易な気持ちで始めるケースも多いようだ。少女たちの補導に力を入れる大阪府警の捜査員に同行取材した。(2021/8/30)

デジタル・イエスタデイワンスモア計画:
AirDropの先駆的技術だった「TransferJet」の現在と未来 超高速近距離通信の変遷
TransferJetって終わった技術だと思っていたら、後継技術も出ているのでした。(2021/8/25)

法律事務所ZeLoに聞く!ハラスメントQ&A:
OB・OG訪問で女子学生に「2人きりになろう」 勤務時間外でも“就活セクハラ”として処分すべき?
OB・OG訪問アプリを使って女子就活生と会った男性社員が、「2人きりになれるところに行かないか」と発言したようです。勤務時間外でも「就活セクハラ」にあたると考え、処分は可能でしょうか?(2021/8/11)

自分の声が500円でAIボイスに? 音声読み上げソフト「CoeFont CLOUD」の品質を動画でチェック
AIベンチャーのYellstonが公開したクラウドサービス「CoeFont CLOUD」を記者が体験してみた。作業時間十数分、コスト500円で自分の声をAI音声読み上げソフトにできる。(2021/7/20)

今泉佑唯、第1子出産を報告 子どもへのネガティブ意見には「本当に悲しくなります」 今後は子育て発信の予定なし
今泉さん「今後子供のことを一切発信していく予定はございません」(2021/7/7)

キッズラインで再び不祥事 シッターが利用者宅で窃盗
キッズラインは6月24日、シッターの1人が利用者宅で窃盗をする事件が発生したと発表した。窃盗が発生したのは6月23日で、利用者宅での保育サポート中だったという。(2021/6/24)

河合薫の「社会を蝕む“ジジイの壁”」:
特権階級? 「勝ち組的トンデモ発想」が生む、就活セクハラの闇
近鉄グループHDの採用担当者による、就活を利用した不適切行為が明らかになった。調査によると、就活などでセクハラを経験した人は約4人に1人。なぜ、このような行為がなくならないのか。(2021/6/11)

元「アイドリング!!!」遠藤舞さん、自称芸能プロデューサーのわいせつ犯に怒り 自身もDM受け取った過去
「フリーランスの皆さんは少しでも疑わしい点があれば警戒すべき」(2021/5/19)

LINE社員の“サクラ”投稿は「事実」 オープンチャットの一部を会社主導で運営 方針見直しへ
LINEのグループ会社「LINE Fukuoka」の社員が運営業務の一環として「OpenChat」(オープンチャット)に別人格で“サクラ”投稿をしていたと、週刊文春が4月22日に報じた。LINEは事実関係について認め、運用方針を見直すとしている。(2021/4/23)

はてなと集英社がWeb漫画の投稿サービス 広告や有料配信でマネタイズ可 収入の65〜80%を作者に還元
はてなと集英社が、Web漫画を投稿・閲覧できるサービス「マンガノ」を始めた。漫画を有料配信する、広告を設定して公開するなど、作者がさまざまな方法で作品をマネタイズできる点が特徴という。(2021/4/21)

元YouTuber・ワタナベマホト、児童ポルノ法違反容疑で逮捕 第1子妊娠中の今泉佑唯に「不憫でならない」「産まれてくる子供がかわいそう」
約2週間前にYouTuber引退を報告したばかりでした。(2021/3/17)

ワタナベマホトが“けじめ”、YouTuberを引退 事件被害者に謝罪も「大変な苦痛を与えてしまった」
2020年11月末の一連の事件を受け。(2021/3/2)

本人から申し出:
わいせつ行為の疑いで逮捕されたアルペンの創業者が代表取締役会長を辞任 「職責を十分に果たせない」
逮捕されたアルペンの創業者が代表取締役会長を辞任した。本人から「取締役としての職責を十分に果たすことができないため、取締役を辞任したい」と申し出があったという。(2021/2/12)

Oculus、審査なしでVRアプリを販売できるサービス 非公式ストアとも連携
Oculusが、「Oculus Quest」用アプリを「Oculus Store」外で配信できるサービス「App Lab」を始めた。開発者は有料・無料を問わず、専用サイトから配布用ページを生成できる。(2021/2/3)

「UUUM」解雇のワタナベマホト、YouTubeチャンネル停止処分で“泣きっ面に蜂”状態
結婚発表から1週間で状況が大きく暗転。(2021/1/27)

UUUM、ワタナベマホトとの契約解除 女子高生にわいせつ写真要求は「概ね内容を認めました」
1月21日には結婚を発表したワタナベさん。(2021/1/22)

「怖い」だけでは対処できない新しい潮流:
徳丸氏と振り返る「結局テレワークで何が危なかったのか」インシデントの真因、これからの前提
突然やってきた「強制テレワーク」でセキュリティはどう変わったか。Zoomの安全性はどのくらい「まとも」なのか。テレワークの現状と実際に起こった日本国内でのインデントから何を学べばよいか。セキュリティの専門家、徳丸 浩氏の講演かから、これからのセキュリティの「前提」をアップデートしよう。(2020/10/15)

痴漢被害の実態は学生に伝わっていない――「痴漢抑止バッジ」プロジェクトの次に、クラウドファンディングでアニメ制作プロジェクトを始める理由
なぜアニメで伝えるのか?(2020/10/8)

「後輩からするとうれしい!」 手越祐也、山口達也さんの応援メッセージに感謝 自由奔放キャラを肯定され「自信にもなる」
手越さん「お世話になったことは何があっても消えることではない」。(2020/9/25)

「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で二度目の逮捕 2016年に出所
紅白歌合戦にも出演。(2020/9/23)

『アクタージュ』作画担当・宇佐崎しろさん、連載終了について初のコメント ファンに被害者への配慮求める
ファンに向けたメッセージが公開されました。(2020/8/24)

集英社『アクタージュ』出荷停止が発表 フリマサイトではコミックスの高額出品が急増中
原作者・マツキタツヤさんの逮捕を受けて。(2020/8/17)

漫画『アクタージュ act-age』週刊少年ジャンプ36・37合併号の掲載をもって打ち切り決定 原作者の逮捕受け週刊少年ジャンプ編集部が発表
8月11日発売の「週刊少年ジャンプ36・37合併号」の掲載をもって連載終了に。(2020/8/10)

ジャンプ編集部、『アクタージュ』原作者逮捕の報道にコメント 「重く受け止めております」
事実関係を確認した上で適切に対処するとしています。(2020/8/9)

男性ベビーシッターの一律活動停止に批判の声 ベビーシッター手配サービス「キッズライン」、性犯罪への対応に波紋
キッズラインは内閣府の割引券取扱事業者でもありました。(2020/6/5)

「Zoom」エンドツーエンド暗号化、無料版では提供せず 悪用されればFBIとも連携
Zoomのエリック・ユアンCEOは、エンドツーエンドの暗号化機能について、「無料ユーザーには提供しない」と説明した。(2020/6/4)

接客中にパンツ脱ぐ客も……ハプニングもあるが人気の「Zoomキャバクラ」 店主と嬢の波乱の自粛期間
4月にオープンし、ネットやメディアで話題の「ズムキャバ」。Zoomを使って女性店員がリモート接客するキャバクラだ。変わった性癖の客が現れるハプニングもあるが、新型コロナウイルスの影響で仕事が減った“キャバ嬢”が活躍しているという。創業者のAさんと店員のMayuさん、楓さんに、波乱に満ちた日々のエピソードや売り上げを得る工夫を聞いた。(2020/5/29)

【なんて読む?】今日の難読漢字「吋」
ヒント:イ○○(2020/4/28)

【なんて読む?】今日の難読漢字「外郎」
ヒント:う○○○(2020/4/26)

【なんて読む?】今日の難読漢字「海狸」(海の生物ではない生き物の和名)
(2020/4/24)

【なんて読む?】今日の難読漢字「蕊」
ヒント:○べ(2020/4/22)

IT基礎英語:
テレワークの敵、「爆撃犯」は逮捕も 横行するZoom-bombing
Zoomに爆弾を落とす行為が頻発しており、逮捕者も出ている。(2020/4/20)

【なんて読む?】今日の難読漢字「出会す」
当たり前だけど「であうす」ではない。(2020/4/20)

【なんて読む?】今日の難読漢字「閂」
ヒント:見たまんま(2020/4/18)

【なんて読む?】今日の難読漢字「頓珍漢」
てか、漢字で書けたのか。(2020/4/14)

【なんて読む?】今日の難読漢字「候」
気候の「候」で見掛ける漢字(2020/4/12)

【なんて読む?】今日の難読漢字「褻」(平仮名1文字で読むと?)
猥褻(わいせつの)の「褻」(2020/4/10)

PR:自画撮り被害から守る「TONEカメラ」搭載 子どものスマホデビューはトーンモバイルが安心
中学生と高校生を中心に、スマホの「自画撮り被害」に遭うケースが増えていることをご存じだろうか。SNSで知り合った相手にだまされたり脅されたりして、子どもがポルノ画像を送付してしまうというもの。この自画撮り被害を防ぐスマホを提供しているのが、トーンモバイルだ。(2020/4/8)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。