ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「わいせつ事件・情報」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「わいせつ事件・情報」に関する情報が集まったページです。

UUUM、ワタナベマホトとの契約解除 女子高生にわいせつ写真要求は「概ね内容を認めました」
1月21日には結婚を発表したワタナベさん。(2021/1/22)

ディープフェイク動画急増 一般人にも被害の懸念
ディープフェイク動画がインターネット上で増加し、世界中で懸念が高まっている。個人が被害に遭う可能性もあり、警察関係者も危機感を募らせる。SNS各社が対応策を打ち出している他、ディープフェイク動画を検知する研究も進んでいる。(2020/11/24)

女子選手の性的画像ネット拡散 防止へ「盗撮罪」創設も浮上
女性アスリートが競技会場で性的な目的で撮影されたり、わいせつな加工が施された画像が拡散されたりする被害が相次ぎ、JOCが本格的な被害防止対策に乗り出した。法務省でも「盗撮罪」の創設が議論に上がっている。(2020/11/4)

顔認証技術悪用「ディープフェイク」がアジアで増加傾向 一般人にもリスク
AIを悪用した「ディープフェイク」が深刻な社会問題となりつつある。偽のわいせつ動画で名誉毀損の被害に遭うケースや、要人らの架空の動画が政治問題化する事態も起きている。対策としてディープフェイクを見破る技術も開発されている。(2020/10/27)

「怖い」だけでは対処できない新しい潮流:
徳丸氏と振り返る「結局テレワークで何が危なかったのか」インシデントの真因、これからの前提
突然やってきた「強制テレワーク」でセキュリティはどう変わったか。Zoomの安全性はどのくらい「まとも」なのか。テレワークの現状と実際に起こった日本国内でのインデントから何を学べばよいか。セキュリティの専門家、徳丸 浩氏の講演かから、これからのセキュリティの「前提」をアップデートしよう。(2020/10/15)

痴漢被害の実態は学生に伝わっていない――「痴漢抑止バッジ」プロジェクトの次に、クラウドファンディングでアニメ制作プロジェクトを始める理由
なぜアニメで伝えるのか?(2020/10/8)

「後輩からするとうれしい!」 手越祐也、山口達也さんの応援メッセージに感謝 自由奔放キャラを肯定され「自信にもなる」
手越さん「お世話になったことは何があっても消えることではない」。(2020/9/25)

「ヒステリックブルー」元ギタリスト、強制わいせつ致傷容疑で二度目の逮捕 2016年に出所
紅白歌合戦にも出演。(2020/9/23)

『アクタージュ』作画担当・宇佐崎しろさん、連載終了について初のコメント ファンに被害者への配慮求める
ファンに向けたメッセージが公開されました。(2020/8/24)

集英社『アクタージュ』出荷停止が発表 フリマサイトではコミックスの高額出品が急増中
原作者・マツキタツヤさんの逮捕を受けて。(2020/8/17)

漫画『アクタージュ act-age』週刊少年ジャンプ36・37合併号の掲載をもって打ち切り決定 原作者の逮捕受け週刊少年ジャンプ編集部が発表
8月11日発売の「週刊少年ジャンプ36・37合併号」の掲載をもって連載終了に。(2020/8/10)

ジャンプ編集部、『アクタージュ』原作者逮捕の報道にコメント 「重く受け止めております」
事実関係を確認した上で適切に対処するとしています。(2020/8/9)

男性ベビーシッターの一律活動停止に批判の声 ベビーシッター手配サービス「キッズライン」、性犯罪への対応に波紋
キッズラインは内閣府の割引券取扱事業者でもありました。(2020/6/5)

「Zoom」エンドツーエンド暗号化、無料版では提供せず 悪用されればFBIとも連携
Zoomのエリック・ユアンCEOは、エンドツーエンドの暗号化機能について、「無料ユーザーには提供しない」と説明した。(2020/6/4)

接客中にパンツ脱ぐ客も……ハプニングもあるが人気の「Zoomキャバクラ」 店主と嬢の波乱の自粛期間
4月にオープンし、ネットやメディアで話題の「ズムキャバ」。Zoomを使って女性店員がリモート接客するキャバクラだ。変わった性癖の客が現れるハプニングもあるが、新型コロナウイルスの影響で仕事が減った“キャバ嬢”が活躍しているという。創業者のAさんと店員のMayuさん、楓さんに、波乱に満ちた日々のエピソードや売り上げを得る工夫を聞いた。(2020/5/29)

【なんて読む?】今日の難読漢字「吋」
ヒント:イ○○(2020/4/28)

【なんて読む?】今日の難読漢字「外郎」
ヒント:う○○○(2020/4/26)

【なんて読む?】今日の難読漢字「海狸」(海の生物ではない生き物の和名)
(2020/4/24)

【なんて読む?】今日の難読漢字「蕊」
ヒント:○べ(2020/4/22)

IT基礎英語:
テレワークの敵、「爆撃犯」は逮捕も 横行するZoom-bombing
Zoomに爆弾を落とす行為が頻発しており、逮捕者も出ている。(2020/4/20)

【なんて読む?】今日の難読漢字「出会す」
当たり前だけど「であうす」ではない。(2020/4/20)

【なんて読む?】今日の難読漢字「閂」
ヒント:見たまんま(2020/4/18)

【なんて読む?】今日の難読漢字「頓珍漢」
てか、漢字で書けたのか。(2020/4/14)

【なんて読む?】今日の難読漢字「候」
気候の「候」で見掛ける漢字(2020/4/12)

【なんて読む?】今日の難読漢字「褻」(平仮名1文字で読むと?)
猥褻(わいせつの)の「褻」(2020/4/10)

PR:自画撮り被害から守る「TONEカメラ」搭載 子どものスマホデビューはトーンモバイルが安心
中学生と高校生を中心に、スマホの「自画撮り被害」に遭うケースが増えていることをご存じだろうか。SNSで知り合った相手にだまされたり脅されたりして、子どもがポルノ画像を送付してしまうというもの。この自画撮り被害を防ぐスマホを提供しているのが、トーンモバイルだ。(2020/4/8)

7pay、宅ふぁいる便の不正アクセスなど:
マカフィーが2019年の10大セキュリティ事件を発表 第1位は?
マカフィーは2019年の10大セキュリティ事件を発表した。バーコード決済サービス「7pay」への不正アクセスや、ファーウェイ製機器の締め出し、Webサービスへの不正アクセスやSNSでのセキュリティ問題などがランクインした。(2019/12/25)

Google ドライブにエロ画像を入れたら削除された? 「怖い」「検閲か」と不安広がる → Google「人による確認はしていない」
Googleによると「自動システムによるスキャンで乱用を示すシグナルを検出」しているとのこと。(2019/11/19)

「AirDrop痴漢」に終止符 iOS 13でAirDropの仕様が変更 許可するまで画像が表示されないように
プレビューが表示されなくなりました。(2019/10/10)

Yahoo!の元従業員、わいせつ画像探してユーザーのアカウントに不正アクセス
Yahoo!の元従業員が狙ったのは主に若い女性のアカウントだった。Yahoo!の他にもiCloudやFacebook、Gmail、Dropboxなどのアカウントに不正アクセスしたことを認めている。(2019/10/2)

アイドルグループ「天使突抜ニ読ミ」、メンバーが強制わいせつ致傷被害 「非常に遺憾」「断固として戦う所存です」
防犯対策を強化し、今後も活動を続けていくとしています。(2019/9/18)

ITはみ出しコラム:
LINEとFacebookにみるグループ悪用対策の難しさ
LINEが友だち以外ともトークできる「OpenChat」機能を始めました。原則的に実名で参加するFacebookグループでもいろいろ問題が起きているのに、匿名にできるOpenChatはどうなることやら……。と思ったら、やはり不適切な投稿が問題になっています。(2019/8/25)

LINE「OpenChat」が正式スタート 運営「ガイドライン違反は強制退会」も、違反書き込み相次ぐ
違反の書き込みが(2019/8/20)

LINE「OpenChat」で「出会い募集」相次ぐ 運営元「強制退会、利用停止など行う」
LINEが「OpenChat」について、交際相手を募集する投稿などの違反行為を禁止。違反者には、投稿の削除や強制退会、サービスの利用停止などの措置を行うという。(2019/8/20)

世界を読み解くニュース・サロン:
「表現の自由」を企業がどこまで守るか 8chan、愛知芸術祭に見るリスクと責任
愛知県・国際芸術祭の展示中止問題で「表現の自由」を巡る議論が盛り上がっている。米国でもネット掲示板「8chan」が一時停止に追い込まれた。企業の事業や自治体のイベントにも、表現の自由を巡るリスクが隠れている。どのように扱うべきだろうか。(2019/8/8)

よくわかる人工知能の基礎知識:
「リベンジポルノ」にもAI 新技術との正しい距離感は? 各国のAI政策と規制のいま
ビジネスに役立つAIの基礎知識について分かりやすく解説する連載。今回のテーマは各国のAI政策と規制について。(2019/7/18)

「お悔やみ欄を見て連絡」「故人が違法物を所有」と金銭を要求する手紙 受取人が注意喚起
お悔やみ欄を見て無差別に送付?(2019/7/4)

校内暴力があっても労災が使えない“学校の事なかれ主義” 現役教師が語る「ブラック職場としての学校」
生徒にケガをさせられても、校長のポケットマネーで“何も無かったことに”。(2019/8/8)

Twitter連携サービス「TwiGaTen」を自宅で運営しただけで家宅捜索? 神奈川県警と本人を取材
「TwiGaTen」の運営者が突然家宅捜索を受けたと告白。(2019/6/25)

権利は国民の不断の努力によって保持しなければならない:
被告弁護人と高木浩光氏は何と闘ったのか、そしてエンジニアは警察に逮捕されたらどう闘えばいいのか(Coinhive事件解説 前編)
Coinhive、Wizard Bible、ブラクラ補導――ウイルス作成罪をめぐる摘発が相次ぐ昨今、エンジニアはどのように自身の身を守るべきか、そもそもウイルス作成罪をどのように解釈し、適用すべきか。Coinhive事件の被告人弁護を担当した平野弁護士と証人として証言した高木浩光氏が詳しく解説した。(2019/6/13)

ブラック企業から自分を守れ!:
「おまえの家族皆殺し」――“極限のパワハラ・セクハラ”にどう立ち向かうか
日本で初めてパワハラやセクハラ規制の強化策を盛り込んだ法律が、通常国会で成立する見通しとなった。法律などを使っていかにして自分の身を守るのか? ベテランジャーナリストが解説する。(2019/5/28)

木口亜矢、2018年夏から保育士に転身していた 同年5月には夫の逮捕を経験、「元気そう」とファン安堵
美人先生の誕生。(2019/4/19)

就活生と社会人つなぐアプリ「VISITS OB」 大手ゼネコン社員が悪用して逮捕された件にコメント
一部サービスの制限などの対応を発表。(2019/2/22)

iPhoneの機能を悪用した“AirDrop痴漢” 被害にあった人の体験談漫画に反響
被害を受けたら警察に相談を。(2019/2/10)

TumblrのiOSアプリ、App Storeで復活 「一部の特定コンテンツがTumblrでご覧いただけなくなりました」
児童ポルノ掲載でAppleのアプリストアから削除されていたTumblrが復帰した。バージョン12.2のアップデートには、わいせつコンテンツ禁止の新ガイドラインも含まれる。(2018/12/14)

男性はスポーツ、女性は芸能:
アンケートで選ぶ18年版「重大ニュース」ランキング 2位はゴーン会長逮捕、1位は……
調査会社マクロミルは12月6日、2018年の重大ニュースに関する調査結果を発表。2位は「日産自動車カルロス・ゴーン会長逮捕。報酬約50億円過少申告の疑い」だった。1位は……(2018/12/6)

「Tumblr」に裸の少女の動画を投稿 25歳地方公務員が児童ポルノ禁止法で逮捕
容疑者は「公然陳列していたわけではない」と供述しています【追記修正しました】。(2018/12/6)

「エロマンガ表現史」著者に直撃:
エロ漫画の「研究本」はなぜ有害図書にされたのか 「わいせつ」の意味を問う
エロ漫画の表現の研究本「エロマンガ表現史」が有害図書に指定された。著者は「有害とは何か」について議論が行われてこなかったと指摘する。(2018/11/2)

山田孝之、まさかのAV監督になる Netflix「全裸監督」が制作決定
質問は受け付けません。さようなら。ビューティフォー。アメイジング。アイムエンペラー。(2018/10/25)

スピン経済の歩き方:
“変態セブン”が生まれた背景に、地獄のドミナント戦略
栃木県内にあるセブン-イレブンの店舗が話題になっている。オーナー店長が破天荒すぎる言動を繰り返していて、その動画が公開されたのだ。この問題は「オーナーとエリアマネージャーを叩いて終了」で終わりそうだが、筆者の窪田氏はちょっと違う見方をしている。それは……。(2018/9/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。