ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「依存症」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「依存症」に関する情報が集まったページです。

香川県の「ゲーム規制条例」施行から2年 瀬戸内海放送で検証番組 YouTubeでも視聴できるぞ
放送は5月28日。(2022/5/24)

24時間アクセス可能 「ネットカジノ」の依存リスク
山口県阿武町が臨時特別給付金4630万円を誤って1世帯に振り込み、世帯主の男性に返還を求めて提訴した問題で、男性が全額を「ネットカジノ」で使った可能性が浮上した。オンラインカジノは規制が弱く、依存症リスクも懸念されている。(2022/5/18)

香川県「ゲーム対策条例」の違憲裁判、8月末に判決へ
2020年に香川県で制定された「ネット・ゲーム規制条例」を巡る違憲裁判が結審した。判決は8月30日に言い渡される。(2022/5/17)

自分のスマホから:
24時間アクセス可能 「ネットカジノ」の依存リスク
山口県阿武町が463世帯分に相当する新型コロナウイルス対策の臨時特別給付金4630万円を誤って1世帯に振り込み、世帯主の男性(24)に返還を求めて提訴した問題で、男性が全額を「ネットカジノ」で使った可能性が浮上した。(2022/5/17)

セキュリティにも「シフトレフト」を【後編】
「シフトレフト」をうまくいかせるこつは? 「開発者にセキュリティを丸投げ」は駄目
セキュリティの「シフトレフト」を成功に導くためには、セキュリティ担当者とソフトウェア開発者のそれぞれの役割を明確にすることが重要だ。どうすればいいのか。(2022/5/12)

トーンモバイル、5G SA対応の「TONE e22」を約2万円で発売 5G時代の無料試験サービスも
トーンモバイル向けの新型スマートフォン「TONE e22」が6月1日から発売される。トーンモバイルのスマートフォンとして初めて5Gに対応した。5G時代の新しいスマートフォンの活用法を検証する実験型サービス「TONE Labo」を無料で提供する。(2022/5/9)

ギャンブル依存症度をチェックできるゲーム、パチンコ関連企業から登場 ファンタジー世界でカジノの誘惑とバトル
ほのぼのしたビジュアルで、「ギャンブルをもう少し自重していただくことは可能ですか?」とか急に聞かれるのがシュールだしシビア。(2022/5/3)

心配なこと:
子どもにスマホ、いつから持たせた? 「小学生以下」が6割
子どもにスマホをいつから持たせている親が多いのだろうか。未成年の子どもにスマホを持たせている親に、いつから持たせているのかを聞いた。(2022/4/30)

元うたのおにいさん・杉田あきひろ、薬物依存から復帰中の“落とし穴”を反省 「ちゃんと回復してるつもりだった」
杉田さん「『自分は依存症だ』ってことを忘れない」(2022/4/29)

「メタバース」「電子工作」「サーバ管理」を一挙に体験できる“マイクラ”の魅力 そのIT要素を一挙紹介
世界で最も売れたインディーズゲームとも呼ばれる「Minecraft」は、ただの遊びと言うにはIT要素が多い。メタバースや電子工作、サーバ管理などMinecraftで感じられるIT要素を紹介する。(2022/4/29)

セキュリティにも「シフトレフト」を【中編】
「シフトレフト」にソフトウェア開発者が後ろ向きの理由と、前向きにする方法
セキュリティの「シフトレフト」を実現するためには、セキュリティ担当者とソフトウェア開発者の密な連携が鍵を握る。両者間のコミュニケーションを改善する策とは。(2022/4/28)

埼玉県、ゲーム障害の対策強化 相談員育成や啓発
埼玉県がゲーム障害の対策を強化する。アルコール、ギャンブルなどの依存症への対応方針をまとめた「県依存症対策推進計画」にゲーム障害への対策も明記し、専門性を持つ相談員の育成や、依存症に関する知識や予防策の啓発に取り組む。(2022/4/18)

セキュリティにも「シフトレフト」を【前編】
「シフトレフト」とは? ソフトウェア開発“セキュリティ改革”の切り札
ソフトウェア開発の企業はセキュリティの「シフトレフト」の考え方を取り入れれば、効率を上げながら攻撃のリスクを減らせる。シフトレフトとは何か。メリットや課題も含め解説する。(2022/4/14)

世界を「数字」で回してみよう(69)番外編:
「それでもコロナワクチンは怖い」という方と一緒に考えたい、11の臨床課題
EE Times Japanでおなじみの「エバタ・シバタコンビ」が戻ってきました。今回は、「健康上の都合からワクチン接種に対する恐怖心がどうしても消えない」という読者、”K”さんのメールに端を発したものです。そこからシバタ医師が読み取った、コロナ後遺症への対応などを含む、11個のクリニカル・クエスチョン(臨床上の課題)をご紹介します。(2022/4/4)

失われ始めた攻撃者同士の信頼【後編】
ランサムウェア攻撃者に広がる“人間不信” 原因は懸賞金と「いいね」依存症?
ランサムウェア攻撃者の間で、不信感や対立がエスカレートしている。その背景を探ると、実に“人間らしい事情”が見えてきた。それはどのようなことなのか。(2022/4/1)

金融庁の高校生向け「基礎から学べる金融ガイド」が大人にも役立つと話題 家計管理や投資の方法、詐欺対策までカバー
成年年齢の18歳への引き下げを機会に。(2022/3/25)

コストにこだわる米国フードチェーンがD&Iに巨額投資の裏事情
効率と原価を重視したオペレーションを強みとするフードチェーンが相次いでダイバーシティ、イクオリティ、インクルージョンへの投資を発表した。イメージ戦略やマーケティング施策だけでは説明し切れない大規模投資だ。(2022/3/14)

小林麻耶、度重なるブランド品購入への「批判」に反撃 “妹さん悲しんでいます”の声には「性格悪すぎる」
「妹を裏切ることなんて絶対にしない」とも断言。(2022/2/24)

「フルハウス」ステファニー役俳優が婚約を発表「いつもあなたを愛している」 過去には3度の離婚と薬物依存を経験
DJ役キャンディス「おめでとう、シスター」(2022/1/19)

「食後に何をすればいいのか分からなくなった」 タバコをやめるまでを描いた漫画が参考になる
「吸いたくなったときに『吸わない』を選ぶこと」が大事。(2022/1/18)

「勉強ばかりしてないで、ゲームしなさい」 香川県地元紙にゲムトレが全面広告 「ゲームの教育的な側面を知ってほしい」
ゲーム条例を強く推していた四国新聞にあえて出稿。(2021/12/21)

「勉強ばかりしてないで、ゲームしなさい」――四国新聞の広告に反響 背景に香川県の“ゲーム条例”、広告の真意は?
四国新聞の12月20日付の朝刊に掲載された「勉強ばかりしてないで、ゲームしなさい」とする広告がTwitterを中心に話題となっている。広告の出稿元の企業は「ゲームが障害ではなく、教育としての魅力があることを伝えたい」としている。(2021/12/20)

医療技術ニュース:
勝ちが多くても負けが多くても、無謀な賭けにつながることが明らかに
京都大学は、事前に多くのギャンブルに勝った経験の有無が、その後のギャンブル中における感情や、ギャンブルセッション中、無謀な賭けをする時期と関連することを確認した。ギャンブル依存症の効果的な予防法の開発に寄与することが期待される。(2021/11/4)

そのマネジメントは正しいのか:
社員を「子ども」扱い? 野村HD「在宅勤務中も喫煙禁止」の波紋
野村ホールディングスが在宅勤務であっても喫煙禁止とする施策を発表し、波紋を広げた。同社は健康経営の一環として説明するが、果たして効果はあるのだろうか。社員を「子ども」扱いする、安直なマネジメントではないのか。(2021/9/15)

中国政府、未成年のオンラインゲームを週3時間に制限
中国政府は、未成年(18歳未満)のオンラインゲーム規制を強化する。新規制では、平日にはプレイできず、金・土・日と祝日に1時間ずつのみ許される。ゲーム企業は規制のためのシステム構築を義務付けられる。(2021/8/31)

スピン経済の歩き方:
莫大なカネを生む「カジノ」が、日本で“オワコン”になった3つの理由
日本のカジノに逆風が吹いている。菅義偉首相のお膝元で、大本命とされていた「横浜カジノ」が完全消滅しただけでなく、この動きは他の候補地にも広がろうとしている。反カジノ派の声が強くなれば、どうなるのかというと……。(2021/8/31)

中国、18歳未満のゲームを週3時間までに制限 金土日および祝日の20時〜21時のみに
平日(月〜木)はプレイ不可に。(2021/8/30)

「薬を問われ、アル中だと言われ」 西山茉希、“うわさ”ささやかれる痩せ体形に「懸命なもんでご了承願います」
以前から“激痩せ”を指摘されていました。(2021/8/23)

活用法:
B2Bビジネスの現場に「行動経済学」をどう生かすか
行動経済学が注目されているとはいえ、B2Bビジネスの現場、セールスの場面においては、どのように活用すればいいのだろうか。(2021/7/24)

ITmedia エグゼクティブセミナーリポート:
DXの“全社ごと化”によりヘルスケア産業におけるトップイノベーターを目指す――中外製薬 執行役員 デジタル・IT統轄部門長 志済聡子氏
DXを実現する鍵は、トップのリーダーシップ、推進体制の確立、明確なビジョン、取り組みを社内外に発信すること。中外製薬がいかにDXを進めているか具体的に紹介する。(2021/7/14)

自動車業界の1週間を振り返る:
EV時代も新たな雇用を創出、ルノーと日産が強調
さて、今週も自動車業界は電動化の話題が絶えませんでした。まずは、2030年までに電動車の販売比率90%としていたルノーが、同年までにEV(電気自動車)の販売比率を90%にすると発表しました。(2021/7/3)

「香川が、ゲームを取り戻す」――「Sanuki X Game」イベント開催決定 ゲームの楽しさや作る喜びを香川で発信
条例で取り沙汰された「ゲーム依存症」に切り込むトークライブも。(2021/6/17)

脱・紙が多様性の高い組織づくりに:
日本企業は「紙依存症」? 花王グループが試した紙削減と業務ロケーションフリーの効能
社内の紙の業務をなくすのと違い、全国の取引先からの注文や受発注のデジタル化となると関係者との合意形成が難しい。グループ全体のシェアードサービスセンターが取り組む業務改革は経営課題にも大きな効果をもたらした。(2021/5/13)

見えてくる日本行政のシステムへの向き合い方:
日本初の治療用アプリ開発陣が語る、「移り変わることが前提」な開発とは?
CureAppは2020年12月、開発した治療用アプリが日本で初めて保険収載され、同時に処方、販売を開始した。CureAppの開発陣に、治療用アプリの開発と、治療用アプリならではの事情について話を聞いた。(2021/5/18)

「兄弟同然、ぼくの右腕だった」ロバート・ダウニー・Jrのアシスタントが事故死 アベンジャーズから追悼コメント相次ぐ
クリス・エヴァンス「ダウニーへ愛を伝えて」(2021/5/8)

清原和博の元妻・亜希が52歳に、心境を例えた弁当を公開 「これが今の私です。笑」
現在の気持ちをお弁当に例えて伝えています。(2021/4/14)

「またいつか一緒に歌える日を」 横山だいすけ、薬物依存から復帰目指す“うたのおにいさん”杉田あきひろにエール
横山さん「フレーフレーあきひろさん!!」。(2021/3/19)

第1回インフラマネジメントテクノロジーコンテスト:
橋の点検でキャラが強くなるスマホゲームの企画が最優秀賞
インフラマネジメントテクノロジーコンテスト実行委員会は、主催する「第1回インフラマネジメントテクノロジーコンテスト」で徳山工業高等専門学校のチーム「わくわくピーナッツ」が「協働促進」部門でエントリーした企画「ICT+スマホゲームによる気付けばインフラメンテ依存症!?」が最優秀賞を受賞したことを発表した。(2021/3/17)

医療技術ニュース:
アルコール摂取量が増大する脳内メカニズムを解明
東北大学は、ショウジョウバエモデルにおいて、アルコールを反復摂取すると報酬伝達物質であるドーパミン受容体の量が増えること、またドーパミン受容体の増大がさらなるアルコール摂取を促進することを発見した。(2021/3/16)

「ホーム・アローン」マコーレー・カルキン、新作ホラー初カット公開 面影残る容姿に「大人ケビンが殺人鬼になった話じゃないよね?」
「アメリカン・ホラー・ストーリー」シーズン10に参加。(2021/3/11)

医療業界の「HCI」導入事例【前編】
コロナ禍で施設拡大が頓挫、窮地の医療機関をNutanixの「HCI」はどう救ったのか
米医療機関Delaware Valley Community Healthは、施設拡大に取り組む最中にCOVID-19の危機に直面し、計画変更を余儀なくされた。ピンチを乗り越える鍵はNutanixのHCIだったという。HCIがもたらしたメリットとは。(2021/3/9)

ゲーム規制条例、東京都は追随せず 小池都知事「科学的根拠に基づかない制限は行わない」
香川県には追随しない姿勢を明確化しました。(2021/2/24)

「近づけない、集めない」時代を生き抜く、企業の知恵:
コロナ禍で参加者を3倍まで増やしたhontoのオンライン読書会「ペアドク」に潜入
2019年にスタートした「ペアドク」は、当初は都内のカフェなどで開催していたものの、コロナ禍以前から検討していたオンラインでの開催に踏み切った。すると20年3月の時点では100人程度だったFacebookコミュニティーの参加者を、11月までに300人程度にまで増やせたという。ペアドクが取り上げた ピョートル氏『パラダイムシフト』の回に潜入した。(2021/1/19)

渡部建、“謝罪が先か復帰が先か”を詰められ滝のような汗 放送前の番組出演は「自分の口からは言えない」の一点張り
騒動から半年、報道陣の前で頭を下げました。(2020/12/3)

人生をリセットしたかった――所持品ゼロの生活をしてみたら、“足りない”のに“満たされた”話
映画に感化されて本当に所持品をゼロにしてしまった女性の話。(2020/12/3)

ニコチン依存症の治療アプリ、“デジタル療法”として初めて保険適用に
CureAppが開発したニコチン依存症の治療用アプリが、12月1日から医療保険の対象になる。ソフトウェアによる治療の医療保険適用は国内初という。(2020/11/11)

10月のねとらぼKindle漫画ランキングTOP30 1位は伝奇ファンタジーの『峠鬼』
ねとらぼ読者に人気の漫画は……?(2020/10/28)

「モロッコのアクション映画」「フィリピンの低予算B級映画」ってどんな感じ? Amazonプライムで珍しい国の謎映画を観賞しよう
「砂漠のアウトロー」、おすすめです。(2020/10/17)

ぎゃぁぁ! 店の入口で遭遇した「消毒液を飲むおじさん」の実録漫画が下手なホラーより怖い
腰抜かしかねない。(2020/10/15)

香川県のゲーム規制条例、高校生がきょうにも県を提訴へ
「香川県が4月に施行した『ネット・ゲーム依存症対策条例』は違憲」として、同県の高校生が県を相手取り、9月30日に高松地方裁判所へ提訴する見込みだ。(2020/9/30)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。