ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「依存症」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「依存症」に関する情報が集まったページです。

ゲーム規制条例、東京都は追随せず 小池都知事「科学的根拠に基づかない制限は行わない」
香川県には追随しない姿勢を明確化しました。(2021/2/24)

在宅勤務でうつ病「早期受診が大切」 コミュニケーション不足から不安増幅の恐れ
コロナ禍の新しい生活様式で、コミュニケーション不足による不安から睡眠障害になり、うつに陥る人もいるという。「うつのサイン」を見逃さず、早めに医療機関を受診することが何より大切だ。(2021/1/25)

「近づけない、集めない」時代を生き抜く、企業の知恵:
コロナ禍で参加者を3倍まで増やしたhontoのオンライン読書会「ペアドク」に潜入
2019年にスタートした「ペアドク」は、当初は都内のカフェなどで開催していたものの、コロナ禍以前から検討していたオンラインでの開催に踏み切った。すると20年3月の時点では100人程度だったFacebookコミュニティーの参加者を、11月までに300人程度にまで増やせたという。ペアドクが取り上げた ピョートル氏『パラダイムシフト』の回に潜入した。(2021/1/19)

コロナ休校でゲーム依存 新たな日常、広げた溝
コロナ禍による長期休校が不登校の引き金になるケースが生じている。専門家は「休校が何度も延長されて終わりが見えない状況で、ゲーム依存を深めた子供たちが来院するようになった。ゲーム依存と不登校は悪循環のセットになっている」と話す。(2020/12/22)

渡部建、“謝罪が先か復帰が先か”を詰められ滝のような汗 放送前の番組出演は「自分の口からは言えない」の一点張り
騒動から半年、報道陣の前で頭を下げました。(2020/12/3)

人生をリセットしたかった――所持品ゼロの生活をしてみたら、“足りない”のに“満たされた”話
映画に感化されて本当に所持品をゼロにしてしまった女性の話。(2020/12/3)

ニコチン依存症の治療アプリ、“デジタル療法”として初めて保険適用に
CureAppが開発したニコチン依存症の治療用アプリが、12月1日から医療保険の対象になる。ソフトウェアによる治療の医療保険適用は国内初という。(2020/11/11)

テレワーク生活からスマホゲーム依存に 神経系の反応欠乏、さらなる快楽を求め続け
新型コロナの影響でテレワークを始めたことでゲームをする時間が増え、日常生活や体調に支障を来すスマホゲーム依存症になるほどはまってしまう人もいる。症状を自覚し、依存症専門の病院を受診するなどの対応が必要になる。(2020/11/11)

10月のねとらぼKindle漫画ランキングTOP30 1位は伝奇ファンタジーの『峠鬼』
ねとらぼ読者に人気の漫画は……?(2020/10/28)

「モロッコのアクション映画」「フィリピンの低予算B級映画」ってどんな感じ? Amazonプライムで珍しい国の謎映画を観賞しよう
「砂漠のアウトロー」、おすすめです。(2020/10/17)

ぎゃぁぁ! 店の入口で遭遇した「消毒液を飲むおじさん」の実録漫画が下手なホラーより怖い
腰抜かしかねない。(2020/10/15)

強豪大学サッカー部でも……SNSで若者に広がる大麻汚染
SNSの普及で、若者の大麻使用者が増加している。摘発者数は2019年に過去最多となり、20代以下は15年の2.5倍、大学生以下は4〜5倍に増えており、専門家は「健康被害や禁止の理由、使用した際のリスクを納得できるよう説明すべき」と指摘する。(2020/10/9)

香川県のゲーム規制条例、高校生がきょうにも県を提訴へ
「香川県が4月に施行した『ネット・ゲーム依存症対策条例』は違憲」として、同県の高校生が県を相手取り、9月30日に高松地方裁判所へ提訴する見込みだ。(2020/9/30)

人工知能ニュース:
タニタがAWSで開発した、顔認証機能を搭載した立会人不要の飲酒検査システム
AWSは2020年9月8日〜30日、オンラインのユーザーイベント「AWS Summit Online」を開催中だ。その中で、タニタがAWSの画像認識サービス「Amazon Rekognition」を活用して開発した、クラウド機能搭載のアルコール検査システム「ALBLOクラウドサービス」を紹介した。その講演内容を紹介する。(2020/9/25)

アルコール依存症の夫に寄り添う妻の漫画『だらしない夫じゃなくて依存症でした』に注目集まる 厚労省・専門家監修で依存症を描く
愛を持って接するほど重篤化してしまう悪循環。恐ろしい病気です。(2020/9/24)

「沢山のものを失ったけれど」 高知東生、薬物逮捕で得た「人生で本当に大切なもの」明かす
2016年6月に覚せい剤取締法と大麻取締法違反の疑いで逮捕。(2020/9/11)

剛力彩芽、事務所退所後の再出発は主演3作品から 「ショートショート フィルムフェスティバル & アジア」でクリエイター支援
別所哲也さんが代表を務める映画祭で再出発。(2020/9/8)

会話が成り立つ……だと…… ドリュー・バリモア、「E.T.」当時の自分にインタビューしてしまう
キャメロン・ディアスも「待って!」と反応。(2020/7/31)

医療ITニュースフラッシュ
調剤薬局が「オンライン服薬指導」に踏み切れない“想定外”の理由とは
新型コロナウイルス感染症の拡大防止策として、要件が緩和されたオンライン診療やオンライン服薬指導。実際にはどの程度広がっているのか。関連する新たな製品・サービスは。医療ITの注目ニュースをお届けする。(2020/7/31)

KDDIが「スマホ依存」の研究スタート 脳科学とAIで依存予防アプリ開発へ
KDDIが、スマートフォンの長時間使用をやめられない「スマホ依存」に関する研究を始めたと発表した。脳科学やAI技術を活用して研究を行い、依存症の改善や予防に役立つアプリの実用化を目指す。(2020/7/10)

映画「MOTHER マザー」レビュー 長澤まさみが共感度ゼロな毒親になる、もはや実写版『連ちゃんパパ』な暗黒映画
「MOTHER マザー」は長澤まさみが共感度ゼロの毒親になってしまう、もはや実写版連ちゃんパパと呼んでも差し支えない“暗黒映画”だった。(2020/7/4)

香川県のゲーム規制条例、高校生が“違憲”と県を提訴へ クラウドファンディングで資金調達を完了
香川県の「ネット・ゲーム依存症対策条例」を巡り、同県の高校生が、条例は違憲として県を提訴するための資金をクラウドファンディングで調達完了したと明らかにした。9月に提訴する予定。(2020/7/1)

「香川県ゲーム条例」違憲訴訟に向けたクラウドファンディング、目標金額の500万円集まる
7月1日の時点で約510万円が支援されています。(2020/7/1)

0.5歩先の未来を作る医療IT
「オンライン診療」普及を後押し 2020年度診療報酬改定の必修ポイント
2020年度の診療報酬改定ではオンライン診療の要件が緩和されるなど、医療機関のIT活用に影響するポイントが幾つかあります。押さえておくべき主要なポイントをまとめました。(2020/6/23)

香川のローカル局、「ネット・ゲーム規制条例」の検証番組を放送 YouTubeでも配信
香川県で子どものネット・ゲーム使用を制限する「ネット・ゲーム依存症対策条例」の検証番組を、瀬戸内海放送(KSB)が6月27日に放送する。YouTubeでも番組を配信し、条例や番組への意見をTwitterで募集する。(2020/6/24)

香川県のゲーム規制条例を検証する番組、瀬戸内海放送とYouTubeで放送 Twitterで意見募集
KSBで6月27日10時30分に放送後、同日21時にYouTubeへ配信。(2020/6/22)

「香川県ゲーム条例」反対署名活動を行っていた高校生が違憲訴訟に向けクラウドファンディングを開始 目標金額は500万円
記事執筆時点で支援総額約180万円が集まりました。(2020/6/22)

香川ゲーム条例、見直し求める“陳情書”を高松市の男性が提出 陳情に込めた思いを聞いた
陳情書を提出した、きしもとみつひろさんに、今回のアクションの狙いを聞きました。(2020/6/23)

ネット激震の「邪悪」な主人公はこうして生まれた 『連ちゃんパパ』作者・ありま猛インタビュー
『連ちゃんパパ』のモデルはあの人だった……!(2020/6/14)

コロナ禍のカジノ事情「国内編」:
汚職とコロナ禍で後ずれ カジノ誘致を再考すべき、これだけの理由
安倍晋三政権が鳴り物入りで誘致を目指していたカジノを含む統合型リゾート(IR)の実現が、コロナ危機の長期化により遠のきそうだ。(2020/6/12)

医療技術ニュース:
禁煙治療用スマホアプリの長期的な禁煙継続効果を確認
慶應義塾大学とCureAppは、ニコチン依存症に対する治療用アプリの大規模多施設ランダム化比較対照試験を実施し、長期的な禁煙継続効果があることを明らかにした。(2020/6/11)

「廃止する理由がない」 香川県、弁護士会のネット・ゲーム規制条例反対声明に反論
香川県議会は、ネット・ゲーム依存症対策条例の廃止を求める香川県弁護士会の声明について「廃止する理由がない」とする見方を示した。(2020/6/3)

香川県議会、「ゲーム条例」香川弁護士会からの要求に回答 廃止をする「理由ない」
香川県議会が声明を公開しました。(2020/6/3)

新型コロナでゲームのプレイ時間はどう変わった? ゲームプレイ時間に関する調査結果発表、香川県の条例施行後の動向も
(2020/5/29)

香川県10代のゲームプレイ時間、ネット・ゲーム規制条例施行後はどうなった? 利用状況が明らかに
香川県の10代のゲームプレイ時間は、ネット・ゲーム依存症対策条例が可決されてから落ち込んだものの、政府の非常事態宣言発令後はそれまで以上に伸びているとする調査結果を、調査会社が発表した。(2020/5/29)

香川県弁護士会、ゲーム条例廃止求める声明 「立法事実を欠く」「憲法侵害のおそれ」
「到底、看過できない」と強く批判しています。(2020/5/26)

香川県弁護士会、ネット・ゲーム規制条例の廃止求め声明 「根拠が十分でない」「憲法や条約に反する」
香川県弁護士会は、香川県議会が定めた「ネット・ゲーム依存症対策条例」の廃止を求める声明を公表した。条例は制定の根拠が十分ではなく、憲法や「子どもの権利条約」にも反する部分があるとしている。(2020/5/25)

大館市のネット・ゲーム規制条例、一時策定凍結へ 香川県の違憲訴訟受け「経緯見守りたい」
今後は香川県の訴訟の状況も見つつ検討していくとのこと。(2020/5/21)

香川ゲーム条例、専門家に聞くパブコメの問題点 「公開性や透明性に疑問」「香川県の民主主義が問われている」
千葉大学大学院社会科学研究院の横田明美准教授に聞きました。(2020/5/17)

“香川県ゲーム条例”は違憲か 反対署名活動を行っていた高校生が提訴へ
(2020/5/15)

香川ゲーム条例、一部議員が「検証委員会」設置を求めて申し入れ 制定プロセスにおける“疑惑”検証のため
パブコメの“水増し”疑惑をはじめ、さまざまな批判が寄せられていました。(2020/4/28)

香川ゲーム条例、パブコメ原本を入手 賛成意見「大半が同じ日に投稿」「不自然な日本語」――あらためて見えた“異常”内容
パブコメ原本もスキャンして別途公開しています。(2020/4/25)

香川ゲーム条例、パブコメ原本(約4000ページ)を公開します
これまで原本は一部の議員と、開示請求を行った一部メディアにしか公開されていませんでした。(2020/4/25)

田口淳之介、中田敦彦とコラボ対談で“禁断トーク” 結婚については「夢の一つ」 「近いうちに考えたい」
所属していたジャニーズ事務所についても語っています。(2020/4/17)

香川ゲーム条例、「(パブコメは)賛成多数だから採決しては」と発言したのは誰だったのか
“大量の賛成票”はこのための布石だった?(2020/4/16)

ゲーム条例パブコメ、同一IPアドレスからの送信が多数? 原本公開で“工作疑惑”広がる → 香川県議会に見解を聞いた
賛成意見の多くが「192.168.7.21」から送られていたことで物議を醸していました。(2020/4/14)

香川県、ネット・ゲーム規制条例のパブコメを地元メディアに全件公開 記載IPアドレスに疑問の声も
香川県議会が「ネット・ゲーム依存症対策条例」に対するパブリックコメントの全意見を、地元メディアに開示した。資料に記載されたIPアドレスを巡り、一部で「県議会内部から複数の意見が送られたのではないか」と疑問の声が上がっている。(2020/4/14)

スマホ依存症なので煙草みたいなスマホケースを作りました → 「例の注意書き」に何の効果もなかったことが判明……
作者「この注意書きに何の効果もないことが分かりました」……そりゃあね。(2020/4/4)

Gartner Insights Pickup(152):
Gartnerの「2020年以降に向けた重要な戦略的展望」に見る「人、テクノロジー、ビジネス」の今後
AIから仮想通貨、オンラインショッピングまで、技術はわれわれの生活やビジネスの在り方、そして人間とその能力に対する捉え方を変えつつある。CIO(最高情報責任者)やITリーダーは、この変化する世界への自社の対応をサポートする必要がある。(2020/4/3)

ついに「香川県民お断り」のサービスが現れ「こうするしかない」「差別を助長するのでは」と賛否 運営者に意図を聞いた
4月1日から施行された「ネット・ゲーム依存症対策条例」への対策として。(2020/4/2)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。