ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「大塚愛」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「大塚愛」に関する情報が集まったページです。

「空耳ソング」の自動生成プログラムが開発中 きっかけは「さくらんぼ」を野球選手名だけで歌う替え歌
現状でも「地上の星」を国名だけで自動生成する試みが、ある程度形になっています。(2019/2/7)

RIP SLYME、公式サイトが10月末で閉鎖へ 突然の報告にファンからは心配の声「解散だけはやめて」
2018年2月に公式通販サイトの閉鎖も発表されていました。(2018/10/30)

DA PUMP「U.S.A.」を山下達郎風にカバーする勇者あらわる タイムズスクエアのごとく交差するルーツ
ヘッドフォンorイヤフォン推奨。お題の大胆さとは裏腹の繊細なコーラスワークをご堪能あれ。(2018/8/31)

エイベックス、「音声AR」で新事業 位置情報とコンテンツを連動
音声ARコンテンツを開発する新事業をエイベックスが始めた。(2018/5/10)

いとこのお兄さんかな? 川谷絵音とアンゴラ村長の2ショットから圧倒的身内感が漂う
似て……なくもないな。(2017/12/4)

大阪環状線全19駅が発車メロディでつながる 「夢想花」や「ヨーデル食べ放題」「酒と泪と男と女」など
大阪城公園駅は法螺貝。いっちょ大坂の陣でもやろか。(2015/3/17)

「けいおん!」や初音ミク曲に合わせてシンクロ 俺たち、鈴鹿高専ウォーターボーイズ
鈴鹿工業高等専門学校のウォーターボーイズが、初音ミク曲やアニメ「けいおん!」のオープニング曲に合わせてシンクロナイズドスイミングを披露しています。体のキレ、一糸乱れぬ演技がすごい!(2011/11/11)

異性受けする音楽はコレ
(2009/8/12)

レコ協チャート:
着うたフルダウンロードランキング(4月8日〜4月14日)
毎週水曜日から翌火曜日までの1週間に、データ提供会社5社からダウンロードされた着うたフルの数を集計した「着うたフルダウンロードランキング」。はたしてケータイユーザーならではの傾向はあるのだろうか。(2009/4/17)

レコ協、「着うたフル」の週間ランキング発表スタート
レコード協会は、「着うたフル」の週間ダウンロードランキング公表を始めた。「着うた」の月間ランキングは廃止する。(2009/4/10)

「徹底的に争う」とJASRAC加藤理事長 排除命令、YouTubeやニコ動に影響は
JASRACは公取委と徹底的に争う構え。加藤理事長は会見で、語気を強めながら公取委への不服をあらわにした。YouTubeやニコ動と結んでいる包括契約には影響はなさそうだ。(2009/2/27)

日本レコード協会、違法ケータイ向け音楽配信の防止キャンペーン
(2008/10/9)

ニコニコ動画でイーライセンス管理楽曲の利用が可能に
ニワンゴとイーライセンスが楽曲利用許諾契約を結んだ。イーライセンスが管理する大塚愛さん、浜崎あゆみさんらの楽曲を演奏したり歌った動画をニコニコ動画で公開できる。(2008/9/1)

イーライセンス、YouTubeに利用許諾 あゆ・倖田來未の一部楽曲、投稿可能に
イーライセンスがYouTubeに包括利用許諾。JRCに次いで2例目となる。大塚愛さんの「恋愛写真」、倖田來未さんの「愛のうた」、浜崎あゆみさんの「GUILTY」などの演奏動画を合法的に投稿できる。(2008/5/20)

財務で読む気になる数字:
“浜崎あゆみ依存”解消で「健全になった」、音楽ビジネスの特殊性
レコード会社のエイベックス経営陣は“稼ぎ頭”でもある浜崎あゆみのCD売上が減少しても、なぜか「健全になった」と胸を張った。この不可解な言動の裏には、売上拡大よりも大きな課題を抱えていたのだ。(2008/4/21)

PCは宇多田、着うた・着うたフルはGReeeeNが1位 07年音楽配信ランキング発表
レコ協が07年の有料音楽配信ランキングを公表。PC向け1位は宇多田ヒカル、着うた・着うたフルはGReeeeNがトップ。CMで話題になった「アクエリオン」が健闘。(2008/3/21)

Google検索ランキング、「初音ミク」が著名人3位に
Googleの2007年国内キーワード検索ランキングで、エンタメ作品2位に「ひぐらしのなく頃に」、3位には「らき☆すた」が、著名人3位に「初音ミク」が入った。(2007/12/19)

Yahoo!検索年間ランキング、1位「mixi」・2位「YouTube」
Yahoo!JAPANの07年検索ランキングは、1位が昨年と変わらず「mixi」。2位には「2ちゃんねる」を抑えて「YouTube」が入った。「脳内メーカー」「ニコニコ動画」も上位にランクイン。(2007/11/30)

あの「ホームスター」に限定“大塚愛モデル”
セガトイズは、家庭用プラネタリウム「ホームスター」シリーズの新作として、「ホームスター(HOMESTAR)大塚 愛のプラネタリウム」を3月31日に発売する。(2007/2/23)

Googleの国内検索ランキングに入った人名は
グーグルは、2006年の検索ランキングを発表した。総合ランキングは「地図」「翻訳」など一般名詞が上位に並ぶが、人名もランクインしている。(2006/12/20)

iTunes年間ランキング、トップは宇多田とモーツァルト
iTunes Storeの年間ダウンロードランキングが発表され、シングルトップは宇多田ヒカル「Keep Tryin'」。(2006/12/20)

Yahoo!検索年間ランキング、2chがmixiにトップ明け渡す
ブログ人気急上昇ワードには「山本圭一」や「スプー」も。モバイル検索では2chがトップだった。(2006/12/1)

レコ協、8月度音楽配信チャートを発表
日本レコード協会が、携帯電話向けを含めた音楽配信の2006年8月度ダウンロードランキングと、配信開始日から集計日までのダウンロード数に応じたゴールドなどの認定を発表した。(2006/9/20)

ドワンゴとニワンゴ、「a-nation'06」連動企画を実施
(2006/8/1)

「トウシバ犬」と遊べる東芝の携帯情報サイト
東芝製携帯情報サイト「Toshiba User Club Site」で、「トウシバ犬」と遊べるゲームコンテンツや大塚愛さんや倖田來未さんの壁紙提供、CMメイキング動画の配信などが行われている。(2006/7/24)

ワイヤレスジャパン2006:
さわって確かめられるau&ボーダフォンの音楽ケータイ新モデルを用意──東芝ブース
東芝ブースでは、CMキャラクターに起用する大塚愛さん、倖田來未さんのポスターが目立つ、かなり華やかなブースだ。W44Tや705Tなどの同社が推す音楽ケータイ新モデルや、バーコード&ブログを用いた新たな情報検索サービス、そしてさりげなく「トウシバ犬」もアピールする。(2006/7/20)

Yahoo!検索ランキング、「2ちゃんねる」が1位を明け渡す
Yahoo!JAPANの2006年上半期検索ランキングで、長らく年間1位の座にあった「2ちゃんねる」が2位に後退。1位は急速に普及する新サービスの名前だ。(2006/7/13)

応募で当たる、もらえる──au夏モデルの購入特典をチェック
auの端末メーカー各社が、さまざまな購入者特典を用意したキャンペーンを実施している。どんなプレゼントがもらえるのだろうか。購入済みの人も検討中の人も要チェック。(2006/7/12)

抽選でヘッドフォンや1GバイトminiSDが当たる──「W44T」のキャンペーン
東芝が、1Gバイトの内蔵メモリを搭載した「W44T」のプレゼントキャンペーンを実施中だ。抽選でヘッドフォンや1Gバイトメモリが当たる。(2006/7/5)

大塚愛も「エキサイトしてます!」 ポータル初のミュージックフェス
エキサイトのミュージックフェスが週末に開かれた。大塚愛や一青窈、スキマスイッチなど10組が、代々木体育館で“エキサイト”した。(2006/7/3)

携帯販売ランキング(6月19日〜6月25日):
大塚&倖田 vs. ウォークマン──今夏、音楽ケータイ戦争も勃発
902iS発売ラッシュもひと段落したドコモ、今週新機種の登場がなかったボーダフォンに対し、今回の集計からいよいよ新機種発売ラッシュを迎えるKDDIが熱くなってくる。期待の本命「ウォークマンケータイ W42S」は果たして何位になったのか。(2006/6/30)

大塚愛の新曲「ユメクイ」の着うた・着メロを先行配信
「music.jp」を運営するエムティーアイは、大塚愛主演映画『東京フレンズ』の主題歌「ユメクイ」の着うた・着信メロディを22日まで独占配信する。(2006/6/19)

エキサイトがミュージックフェス
音楽サイト「エキサイトミュージック」が主催するミュージックフェスを7月に開催。大塚愛や一青窈、久保田利伸などが参加する。(2006/5/1)

大塚愛の着うたフル3曲あげます──東芝が「W41T」のキャンペーン
東芝がHDD携帯「W41T」のキャンペーンを実施中。W41T購入者に大塚愛の着うたフルを3曲プレゼントするほか、抽選で大塚愛のコンサートチケットが当たる。(2006/3/1)

PR:IT戦士、W41Tと愛を語る
これは、IT戦士・岡田有花が、東芝のHDD携帯「W41T」と出会い、真実の愛に目覚めるまでの、甘くせつないラブストーリーである。(2006/2/24)

PR:「携帯で音楽生活」をお手伝いします──「Play-T」by 東芝
ボーダフォンの「803T」、auのHDDケータイ「W41T」と、「音楽ケータイ」を続々開発している東芝が、「携帯で音楽生活」を楽しむための情報発信サイト「Play-T」を立ち上げた。その中身をご紹介しよう。(2006/2/10)

東芝、音楽ケータイ情報サイト「Play-T」を一新
東芝が、HDD携帯「W41T」の発売に先駆けて音楽携帯情報サイト「Play-T」を一新。プロデューサー、今井了介氏の対談コーナーや、プレゼントキャンペーン情報を追加した。(2006/2/7)

レビュー:
「完全PCレス」は実現するか――長瀬産業「HMP-100」
この年末、人気のポータブルプレーヤーに「PCレス」をうたう製品が登場した。ダイレクトエンコーディングなどでアナログ入力した楽曲情報が検索可能な「MusicID」機能を備えた長瀬産業の「HMP-100」だ。携帯電話と連係することで最新楽曲にも対応する。(2005/12/13)

着メロ年間ランク、「マイアヒ」を抑えトップは……
ギガネットワークスカンパニーは「2005年度年間着信メロディランキング」を発表した。のまネコ問題で話題の「恋のマイアヒ」を抑えトップに立ったのは?(2005/12/8)

やっぱり今年も「2ちゃんねる」 Yahoo!検索ランキング
Yahoo!JAPANの2005年検索ワードランキングが発表された。今年も総合トップはやっぱり「2ちゃんねる」だった。(2005/12/1)

「大合奏!バンドブラザーズ」追加曲カートリッジの収録曲が発表――9月26日発売決定
(2005/8/23)

ビデオクリップ着モーション専門サイト「PRISMIX. TV」
(2004/12/20)

着うたの年間トップ・アーティストは誰?
平井堅、大塚愛も人気だが、それら人気アーティストの楽曲をおさえてトップに立ったのは……(2004/12/16)

“ひと味”違うランキング―― Mora、総合年間ダウンロード・ランキングを発表
Moraは、今年4月からのダウンロード数を集計、アーティスト順でベスト100にまとめた「発表!Mora年間トップ100」を公開した。(2004/12/10)

アマゾン、国内新譜CDを最大20%オフにて販売開始
Amazon.co.jpは、人気の国内盤新譜CDを、定価の最大20%オフにて販売するディスカウントを開始した。DVDとのセット商品は再販制度の適用外になることを利用しての販売だ。(2004/12/7)

今年も1位は「2ちゃんねる」 Yahoo!暫定版検索ランキング
ヤフーは、1月1日〜11月10日のデータを集計した「Yahoo! JAPAN 2004年暫定版 検索キーワードランキング」を発表した。(2004/12/1)

「着うたフル」開始〜1曲105円から420円
ほぼ、1曲105円だった「着うた」に対して、1曲まるまるを配信する「着うたフル」の価格はどれくらいか。サイトおよびアーティストによって、大きく差が開いた。(2004/11/22)

特集:私的複製はどこへいく?
対談 小寺信良×津田大介(2)――音楽ファンとレコード会社の“思い”は、なぜすれ違うのか
CCCDの導入、輸入権問題と、最近の音楽業界は、ユーザーの反発を買う行動を繰り返している。音楽ファンが求めるものと、レコード会社が目指すものは、どうしてこうもすれ違うのだろうか。今回は“すれ違い”の根本に何があるのか、2人に議論してもらった。(2004/11/5)

人気TVドラマが影響した女性芸能人ランキング〜グーグルの検索キーワードから
グーグルが7月度の検索キーワード統計を発表した。今月の人気検索キーワードは、女性芸能人ランキングの変動に注目した紹介が行われた。(2004/8/18)

AII、ビデオクリップを1曲から購入できる「PRISMIX.TV-AII Edition-」開始
エー・アイ・アイ(AII)は、エイベックス所属アーティストのビデオクリップを配信する「PRISMIX.TV-AII Edition-」の提供を6月25日(金)に開始した。(2004/6/25)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。