ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「Palo Alto Networks」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Palo Alto Networks」に関する情報が集まったページです。

この頃、セキュリティ界隈で:
闇市場で売買される不正アクセス権、標的にされる企業とは
サイバーセキュリティ企業のKELAは、サイバー犯罪集団が「理想的な標的」として狙いを定める企業を調査。どのような組織の不正アクセス権を犯罪者が狙うか、傾向を発表した。(2021/9/15)

「クラウドネイティブセキュリティジャパンサーベイ 2021年版」:
「クラウドに戦略的投資をできるかどうか」が国内企業の課題 パロアルトネットワークスがクラウドの活用状況を調査
パロアルトネットワークスは、「クラウドネイティブセキュリティジャパンサーベイ 2021年版」を発表した。それによると国内企業のクラウドに対する投資額は海外企業に比べて少ないことが分かった。(2021/8/10)

「SASE」の3大実装パターン【後編】
SASEの本命は「ネイティブSASE」か? “SD-WANだけ”の製品にはない魅力
GartnerによるSASEの提唱を受けてベンダー各社が生み出したのが「ネイティブSASE」だ。既存製品の寄せ集めとは何が違うのか。(2021/6/16)

「SD-WAN」の注目すべき7つのトレンド【前編】
コロナ禍で「SD-WAN」に起きた進化 注目のリモートアクセス機能とは?
企業のSD-WANに対するニーズは、今後も継続するだろう。これに伴い、ベンダー各社はSD-WANに関連する各種の機能を追加している。今後注目すべき動向を紹介する。(2021/6/11)

Windowsコンテナを標的とした新しいマルウェア「Siloscape」を発見
Windowsコンテナを標的とした新しいマルウェア「Siloscape」が発見された。このマルウェアは1年以上秘密裏に続いている大規模なサイバー攻撃キャンペーンで利用されている可能性が示唆されている。(2021/6/8)

パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー
クラウド時代に最適なSASEソリューション、ユーザー調査で見えたその価値
クラウド移行が進み、リモートワークが急速に普及する中、組織はポイントソリューションの拡張性やアクセスの安全性に懸念を抱いている。そこで注目される、あるSASEソリューションについて、ユーザーへの調査からその価値を探った。(2021/6/11)

これを読めば「SASE」が分かる:
現実的な「SASE実装」を求める企業がまず取り掛かるべき4つのポイントとは?
本連載は、注目のセキュリティトレンドである「SASE」を前後編で解説する。後編ではSASEを実装する上で重要な4つのポイントを紹介し、今後のSASEサービスの展望を予測する。(2021/5/17)

IBMがCloud Pak for SecurityのSaaS版を発表 Zscalerとの提携も
IBMは「IBM Cloud Pak for Security」のSaaS版を発表した。ゼロトラスト構築支援に向けて、セキュリティプロバイダーのZscalerとの提携を明らかにした。併せてゼロトラストのユースケースに関する新たな取り組みも推進する。(2021/5/14)

「サイバーセキュリティ対策」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2021/5/14)

ランサムウェア攻撃の要求金額は前年比の2.7倍以上に 2020年の動向を振り返る
企業のテレワーク導入が進んだことでランサムウェア攻撃の被害はますます増加している。要求金額が高騰しているのに加えて攻撃の高度化も進む。パロアルトの脅威レポートから、2021年のランサムウェアトレンドを紹介する。(2021/5/10)

旭化成、ゼロトラストの実現に向けてSD-WANとSIGを用いた新WAN環境を導入
旭化成は、ネットワンシステムズの協力のもと、社内ネットワーク環境をSD-WANとSIGを用いた新WAN環境で刷新した。インターネットブレークアウトと社内システムへの閉域網通信も併用し、通信逼迫などの課題を解決しつつ、安全性強化とコスト最適化を図った。(2021/4/27)

注目度が高まった「テレワーク」「サプライチェーン」
コロナ禍でCEOが注目した技術トップ5は? 決算報告書のキーワード分析で見る
新型コロナウイルス感染症のパンデミック下で、CEOが注目した技術とは何か。各社のIT戦略の変化とは。米国上場企業約3000社の決算報告書に書かれたキーワードが、パンデミック前後でどう変化したかを基に考察する。(2021/6/22)

パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー
WAN環境の課題を一挙に改善できるSD-WAN、導入企業に実際のメリットを聞いた
複数の拠点を抱える企業にとって、WANの帯域幅不足やコスト増は大きな問題だ。その解決策として期待されるSD-WANは、どれほどの効果があるのだろうか。導入企業を調査したところ、問題解決にとどまらないメリットが見えてきた。(2021/4/19)

パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー
SD-WAN運用の注意点、一貫したセキュリティを実現するための4つのポイント
エンタープライズWANが拡大するのに伴い、トラフィック急増に伴う遅延やコスト増が課題となっている。これを解消するとみられるのが「SD-WAN」だが、その運用においてはセキュリティが軽視される傾向にあるという。(2021/4/19)

最新のエッジ仮想化サービスを主要事例から学ぶ:
PR:Equinixが日本で開始、「エッジ」を簡単に実現する仮想化サービスとは
DXを推進するためにはエンドポイントからデータセンター、クラウドサービスまでをつなぐデータの流れをどう設計するかが重要だ。Equinixが提唱するアーキテクチャとそれをシンプルに実現するための新しいサービスとはどのようなものか。(2021/4/20)

パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー
レガシーSD-WANに現代ニーズとの明らかなギャップ、次世代化の基準は何?
COVID-19の流行拡大によりSD-WANへの関心の高まりに一層拍車が掛かることとなった。ただ、SD-WAN自体は利用され始めて10年近くが経過しており、現在のニーズとのギャップも生じている。その解消につながる次世代SD-WANの要件とは何か。(2021/4/19)

富士通とパロアルトネットワークス、ゼロトラストネットワークで協業 SASE活用の安全なテレワーク環境を提供
ゼロトラストネットワーク事業で協業した富士通とパロアルトネットワークスは、SASEを活用したセキュアなネットワークサービス「Zero Trust Network powered by Prisma Access from Palo Alto Networks」を提供する。国内外の拠点やモバイルユーザーなどをシームレスに接続し、安全なテレワーク環境の整備を支援する。(2021/4/9)

IT基礎英語:
姿を変えるウイルスやマルウェア、“variant”に警戒続く
vary、variety、variation……。変化するものたちにまつわる言葉のお話。(2021/4/5)

ワークロードを可視化して適切に保護
クラウドをサイバー攻撃から守るカギ、DevSecOpsを実現する2つのポイントとは?
DXの推進に伴いクラウドやコンテナの採用が増える一方、設定ミスや、ホストの脆弱性が放置されていることにより、セキュリティリスクが高まっているケースは多い。これを解消するにはDevSecOpsを実現することが不可欠だが、その方法とは?(2021/4/13)

ゼロトラストで守る、ソフトバンクが守る:
PR:「ゼロトラストセキュリティ」はいかにして作られるか?
ゼロトラストは、何らかの製品を入れれば導入できるものではない。何を守り、何を恐れるべきか、企業の姿勢が問われているのだ。(2021/3/31)

ニューノーマル対応、DX推進……激変する企業ICTにセキュリティをビルトイン:
PR:「セキュリティ・バイ・ビジネスデザイン」とは何か
2020年はCOVID-19により、企業セキュリティは大きな変革が求められる一年だった。緊急のテレワーク移行に加え、急速なDX推進に伴うビジネス開発においても、さまざまなセキュリティリスクが顕在化した。増え続ける一方のサイバー攻撃から組織をどう守るか。専門家に聞いた。(2021/3/22)

DockerよりKubernetesの方が効率的
マルウェア「Hildegard」はKubernetesを標的とする大規模な攻撃の前兆か?
Kubernetesクラスタに感染するマルウェアが発見された。侵入されるとKubernetesが管理している多数のコンテナが侵害されるためDocker単体を狙った攻撃よりも事態は深刻だ。(2021/3/18)

ITの知識がなくてもセキュリティやリテラシーを教えられる:
児童や生徒向けのセキュリティ教育プログラムをパロアルトネットワークスが無償提供
パロアルトネットワークスは、サイバーセキュリティの教育プログラム「初めてのサイバーセキュリティ」を教育業務従事者に対して無償で提供する。(2021/3/11)

ブロートウェアの取り除き方【前編】
Windows 10やAndroid、iPhoneの厄介アプリ「ブロートウェア」とは 何が危険か
「ブロートウェア」は長い間デバイスのセキュリティを脅かしてきた。どのような危険性があり、どうすれば見つけ出すことができるのか。(2021/2/25)

クリプトジャッキング型マルウェア「Pro-Ocean」のやっかいな機能改善
以前クリプトジャッキングに使われていたマルウェアが、大幅に機能を強化して戻ってきた。検出を回避しつつ巧妙にマイニングを実施する修正が加えられているという。(2021/2/3)

Sunburstに攻撃者特定のヒントか、既存のマルウェアに類似点
Kasperskyは、マルウェア「Sunburst」と「Kazuar」との間に、コードの類似性が複数あることを発見した。同社は、これらのマルウェアのコードに類似点があることから関連性を指摘する。(2021/1/13)

テレワーク時代のWeb分離入門(1):
「仮想デスクトップ一択」ではない――テレワークのVDI代替ソリューションにはどんなものがあるのか
VDI代替ソリューションの分類や、それぞれの仕組み、検討ポイントなどを解説する連載。初回は、主にテレワーク用途で利用できる方式について。(2021/1/8)

TechTarget発 世界のITニュース
Palo Alto、攻撃対象領域管理の専業ベンダーExpanseを約8億ドルで買収へ
Palo Alto Networksは、攻撃対象領域管理を専門とするセキュリティベンダーExpanseを総額約8億ドルで買収すると合意した。Palo Altoが進める買収戦略の一環だ。(2020/11/24)

「アプリケーションセキュリティ」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で25名様にAmazonギフト券3000円分をプレゼント。(2020/11/17)

「クラウドセキュリティ」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で25名様にAmazonギフト券3000円分をプレゼント。(2020/11/17)

特集:withコロナ時代のクラウドセキュリティ最前線(2):
IaaSの設定ミスによる脆弱性を減らす「CSPM」(Cloud Security Posture Management)とは?
主にIaaS利用における「設定ミス」を防ぎ、想定外の事態を起こさないための仕組み「CSPM(Cloud Security Posture Management:クラウドセキュリティ状態管理」)に関心が集まっている。概要や必要性、使いどころ、他のリューションとの違いなどをガートナーのアナリストに聞いた。(2020/11/17)

産業制御システムのセキュリティ:
狙われるIoT/OTデバイス、約5割がIoTデバイスのサイバー攻撃を経験
パロアルトネットワークスは2020年11月4日、国内企業におけるIoT(モノのインターネット)とOT(制御技術)デバイスのサイバーセキュリティ対策の実態を調査した「IoT/OTサイバーセキュリティジャパンサーベイ 2020年版」の調査結果を発表し、IoTセキュリティにおける対策について紹介した。(2020/11/5)

クラウドニュースフラッシュ
IBM Cloudの「大阪リージョン誕生」は何がうれしいのか?
IBMの大阪リージョン開設や国内のパブリッククラウド市場予測、SMBCモビットの「Red Hat OpenShift」導入事例など、クラウドに関する主要なニュースを取り上げる。(2020/10/30)

この頃、セキュリティ界隈で:
進化を続けるマルウェア「Emotet」 怪しく見えないメールも警戒を
姿形を変えていく、やっかいなマルウェア「Emotet」。その実態を紹介する。(2020/10/15)

パロアルトネットワークス株式会社提供Webキャスト
調査で見えたセキュリティオペレーションの現状、「SOAR」は何をどう変える?
情報漏えいの被害が増える中、セキュリティオペレーションの重要性が高まっているが、その多様な機能を予算や人材をかけず網羅することは容易ではない。そこで注目される技術が、自動化によりインシデント対応などを効率化する「SOAR」だ。(2020/10/9)

パロアルトネットワークス株式会社提供Webキャスト
負荷にあえぐセキュリティ運用を改善へ、SOARでサイロ化したデータを統合可能に
ランサムウェア攻撃にビジネスメール詐欺、カード不正利用など、サイバーリスクは数も種類も増え続けている。その対応だけでなく、クラウドやテレワークなどITインフラの拡張がセキュリティ運用の負荷を高めている。抜本的な対策が必要だ。(2020/10/9)

パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー
評価が難しいEDR製品、MITRE ATT&CKテストで見る自社に最適な製品の選定方法
EDR製品は数多く市場に出回っているが、マーケティングを目的とした魅力的な専門用語が飛び交い、競合製品の比較を難しくしている。そこで自社に最適な製品やベンダーを見極め、選定するために役立つ客観的な指標を紹介する。(2021/4/1)

パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー
セキュリティ企業が実施するセキュリティに学ぶ、「SOC導入」を成功させる秘訣
世界規模のセキュリティベンダーでは、市場投入前に自社製品を社内SOCに導入し、実際に運用しているという。この「セキュリティ企業が実施するセキュリティ」の事例から、SOCの構築および更新を成功させるための秘訣を探る。(2021/9/13)

「SASE」普及期へ【後編】
SASEの構成要素を寄せ集めた“なんちゃってSASE”が危険な理由
「SASE」はセキュリティとネットワークのさまざまな製品機能を集約した、新たな製品分野だ。個別の製品を組み合わせて、SASEと同様の機能を実現することも可能だが、避けるべきだと専門家は語る。それはなぜなのか。(2020/9/8)

他山の石:
「急遽テレワーク導入」に落とし穴 国内約40社が被害「VPN不正アクセス事件」が他人事とは限らない理由
8月下旬に「パルセキュア社のVPN製品の脆弱性を突かれて、認証情報などが盗まれてしまい、ネット上で公開された」という事件がメディアを賑わせた。この一件にはいくつか他山の石にしたいポイントがある。(2020/9/8)

マルウェアが激増、人材は不足……セキュリティ業界で「AI×機械学習」が注目される背景
AIや機械学習を活用したセキュリティ対策が注目を浴びて久しい。初めて登場したのは10年ほど前だが、2020年に入ってからもなお、業界のトレンドとなっている。人手によるセキュリティ対策や、従来型のセキュリティソリューションによる対応では足りない理由を、最近の攻撃動向を踏まえながら解説する。(2020/8/6)

「SASE」とは何か【前編】
「SASE」とは? CASBやZTNAを包含したクラウド、IoT時代の新製品
Gartnerが新たに提唱するネットワークとセキュリティ運用の製品分野が「SASE」だ。SASEはなぜ必要であり、どのようなものなのか。(2020/7/8)

パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー
脅威インテリジェンス機能を統合、SOCの課題を解決する「拡張型SOAR」とは?
サイバー攻撃の対象領域が拡大するとともに、SOCチームの負担が増加し、健全なセキュリティ体制の維持が困難となりつつある。そのような中で、注目され始めたのが脅威インテリジェンスプラットフォームを統合した拡張型SOARだ。(2021/9/13)

パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー
ユースケースから見極める、セキュリティオーケストレーションのメリットとは
現代企業が抱えるセキュリティ面の課題を解決する手法として注目を集めている「セキュリティオーケストレーション」。その基本的な概念から主要なユースケースまで、導入検討に際して知っておきたいポイントを詳しく解説する。(2021/4/19)

パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー
セキュリティオペレーションを高度化、調査で見えた「SOAR」活用の現状とは?
クラウドやテレワークの普及によりIT環境が複雑化する中、セキュリティ担当者の運用負荷は日に日に増している。そうした中で注目されているのが、セキュリティオペレーションの自動化/高度化を実現する「SOAR」の活用だ。(2021/4/19)

パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー
SOCの課題から分かる最適なSOARプラットフォーム、機械学習の活用がカギに
セキュリティの自動化を実現するSOARは、SOCのインシデント対応を変えると期待されるが、地理的環境、成熟度、運用範囲が多様なSOCにおいて同じ効果を発揮できるとは限らない。そこでポイントとなるのが機械学習テクノロジーだ。(2021/4/19)

パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー
働き方改革とBCP対策を実現するテレワーク、必要なセキュリティ対策を徹底解説
企業と従業員の双方にメリットをもたらす働き方として、多くの企業で取り組みが進むテレワーク。実現に必要なITリソースを紹介するとともに、関連するサイバーリスクとセキュリティの優先事項について解説する。(2020/7/7)

パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー
クラウド時代の包括的セキュリティ対策として注目、SASEソリューションの効果
ITの進化により、従来のセキュリティ対策では安全性の担保が難しくなっている。そこで注目されているのが、クラウドやモバイルの安全・快適な活用を支援するSASE(Secure Access Service Edge)ソリューションだ。(2020/7/7)

パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー
暗号化のリスクを最小化、SSL復号のための「10のベストプラクティス」とは?
個人情報の送受信に不可欠な「暗号化」だが、トラフィックの可視性の欠如を悪用したサイバー攻撃も増えている。そこで対策として取り入れたい「SSL復号」のアプローチについて、メリットや導入のためのベストプラクティスを紹介する。(2020/7/7)

パロアルトネットワークス株式会社提供ホワイトペーパー
脅威レポートで確認する、IoTセキュリティの現状とリスク管理の最適解とは
企業や医療機関で利用されるIoTデバイスの数は増加し続けている。これにより革新的なアプローチやサービスが生まれる一方で、セキュリティ上のリスクも問題化してきている。そこでIoT脅威の現状と適切なリスク管理方法について解説する。(2020/7/7)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。