ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「パンデミック」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「パンデミック」に関する情報が集まったページです。

半導体装置の納品に遅れ:
「半導体不足は2024年まで続く可能性」、Intel CEO
IntelのCEO(最高経営責任者)であるPat Gelsinger氏は、自動車から高性能兵器までさまざまな製品の生産を制限している、2年に及ぶ半導体不足が、2024年いっぱいまで続くことを確信している。(2022/5/27)

フィデリティ・グローバル・ビュー:
“壮大なるチェス盤”の再構築と高まるスタグフレーションリスク
世界の秩序が再定義され、スタグフレーションリスクが高まっています。フィデリティ・インターナショナルの運用チームが4〜6月期に重要になると考える3つのテーマと各資産クラスへの影響についてご紹介します。(2022/5/27)

CIO Dive:
ハネウェルは「Snowflake」でビジネスをどう変えた? データ戦略に迫る
コロナ禍を経て企業のデータ戦略は大きく進んだ。迅速なインサイトを得るために、データプレイブックで学習させたAIや、自動化を取り入れたデータ活用を進める企業も出てきている。データ戦略の現在地を探った。(2022/5/27)

アニメ「犬王」は“怪物”と“音楽”を映画にした 湯浅政明×古川日出男 対談ロングインタビュー
「どろろ」のようなバディものになった理由がある(2022/5/27)

世界7カ国「ハイブリッドワーク」実態調査【後編】
若者の7割が「初出社を考えると夜も眠れない」 オフィス回帰をどう進めるか
コロナ禍に伴うテレワークが長期化して、オフィス回帰を切望する従業員がいる。一方で、入社後はテレワークしかしておらず、初めての出社を不安に思う新人もいる。今後、オフィス回帰を進める上で留意すべき点は。(2022/5/26)

サプライチェーン改革:
パナソニックの“現場最適化”が体験可能に、顧客接点の拠点を刷新
パナソニック コネクトは、B2Bの顧客との接点となるハブ機能として東京・浜離宮の本社内に2019年1月にオープンした「カスタマーエクスペリエンスセンター(CXC)」をリニューアルし報道陣に公開した。2022年度は、今回のリニューアル効果も合わせて約300社の来場を見込む。(2022/5/25)

お外から帰ったら、自分で足を拭くワンコ ウイルスを持ち込まない姿勢に「マナ―を知っている!」と称賛の声【ブラジル】
とても衛生的なワンコです。(2022/5/25)

バーチャルイベントツールが「一味足りない」理由【後編】
バーチャルイベントツールが「生のイベントには程遠い」と感じる理由は?
バーチャルイベントツールは、イベントの臨場感を再現する多彩な機能が特徴だ。そのために全体的な使い勝手が複雑化している欠点もある。改善に向けた業界動向を探る。(2022/5/25)

Gartnerに聞くパンデミック後の人事部門【前編】
“コロナ離職”はパンデミック後も終わらない――Gartnerが言い切る理由
調査会社Gartnerの人事調査責任者は、パンデミックに由来する高い離職率は今後も続くと考えている。その理由と企業にできる対策を聞いた。(2022/5/24)

Intelが仮想ミュージアムをオープン カリフォルニアの博物館を仮想体験
米Intelは5月18日(現地時間)、世界中どこからでも体験できる「Virtual Intel Museum」を開設した。Intelの歴史や製造技術などについて、3Dインタラクティブツアーで学ぶことができる。(2022/5/23)

ビル・ゲイツ氏のスマホは「Galaxy Z Fold3」(「Surface Duo 2」ではなく)
ビル・ゲイツ氏が今使っているスマートフォンはSamsungの「Galaxy Z Fold3」だと、本人が語った。共同創業したMicrosoftの折りたたみ端末「Surface Duo 2」ではなく。RedditのAMAでの回答だ。(2022/5/23)

CIO Dive:
「もうDellに戻ることはない」理由は? ポストコロナのハードウェア購入事情
コロナ禍を経て企業のハードウェア購入動向は大きく変化した。最新のハードウェア動向調査から、IT部門の担当者の負担低減に加え、今の時代に合わせた選定理由が見えてきた。(2022/5/23)

頭脳放談:
第264回 新型コロナと戦争が気付かせた「半導体は国家なり」
Intelが開催したイベント「Intel VISION」のキーノートスピーチを聞いて、「半導体は国家なり」という言葉が浮かんできた。いまや半導体がなければ、給湯器もクルマも動かない。新型コロナウイルスや戦争によって半導体のサプライチェーンが混乱し、製品の供給に支障が出て、そのことに気付かされた人も多いのではないだろうか。(2022/5/23)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
ドイツから〜コロナ規制から解き放たれたリアル展示会の姿
3年ぶりのリアル開催となったPCIM Europe 2022に行ってきました。(2022/5/20)

Teamsに「Operator Connect」がもたらすもの【前編】
「Teamsで電話」をもっと身近にする「Operator Connect Accelerator」とは?
Microsoftは「Teams」で利用可能な電話サービスを充実させようとしている。その肝となるのが、通信事業者向け支援プログラム「Operator Connect Accelerator」だ。その中身は。(2022/5/20)

PCベンダー“コロナバブル”後の生き残り策【後編】
DellとAppleのPC出荷は“コロナバブル”後になぜ伸びたのか?
成長に陰りが見えるPC市場において、堅調な出荷台数を維持するPCベンダーがある。それがDell TechnologiesとAppleだ。両社は何をしたのか。(2022/5/20)

PR:「24時間、戦え――ません」! 変わる日本の労働観と今必要な「新しい就業管理」体制を勤怠管理のプロに聞く
働き方が大きく変わる中で、企業もまた、かつて常態化していたハードワークを見直すべき段階にきている。リモートワークとオフィスワークが混在するハイブリッドワークが推奨される今、顔が見えない従業員の勤怠管理をどう「健全に」保てばいいのか? 勤怠管理システム開発を続けて35年、クロノスに聞いた。(2022/5/20)

世界7カ国「ハイブリッドワーク」実態調査【中編】
「ハイブリッドワーク」に疲れや孤独を感じる従業員 企業に何ができるか
従業員にとってのメリットばかりが語られがちな「ハイブリッドワーク」だが、デメリットを感じる従業員もいる。こうした不満に対して、企業が支援できることは。調査結果を元に考察する。(2022/5/19)

Restaurant Dive:
米国最大手スーパーの新事業は小規模レストランのボトルネックを解消するか?
米国最大手のスーパーマーケットチェーンのKrogerは、小規模な独立系レストラン経営者向けにセット価格と柔軟な配送オプションを備えた配達サービスを提供する。(2022/5/18)

Marketing Dive:
Amazonの「ブランド広告力」が調査で判明、GoogleとFacebookを圧倒する理由は?
大手ECサイトの広告媒体としての価値がますます高まっている。リテールメディアへの広告支出を調査したMediaRadarの分析によると、AmazonやWalmart、Targetなどが絶好調だ。(2022/5/18)

PR:インテル×日本HPが思い描くビジネスノートPCの近未来像 本田雅一氏が両社に聞く
(2022/5/23)

理想的な「オンライン授業」のつくり方【前編】
「オンライン教育」を“コロナ対策”で終わらせようとしていないか?
インターネットを使った「オンライン教育」の導入が広まりつつある。一方で、その効果的な実施には壁もある。存在する壁の正体と、解決方法を探る。(2022/5/16)

PCベンダー“コロナバブル”後の生き残り策【前編】
PCはコロナバブル後も活況なのに「低スペックPC」が“売れない”?
調査会社IDCによると、2022年第1四半期の世界PC出荷台数は前年同期比5%減となった。販売自体は好調なものの、コロナ禍による急成長に終止符が打たれた形だ。PC市場はどうなっているのか。(2022/5/14)

世界7カ国「ハイブリッドワーク」実態調査【前編】
調査が示す「テレワークとオフィスワークの共存がこれからも続く理由」
「ハイブリッドワーク」は今後も続く――Web会議デバイスベンダーが世界7カ国のハイブリッドワーカーを対象とした調査でこのような結論を出した。テレワークとオフィスワークの組み合わせが支持される理由は。(2022/5/13)

混乱の時代を乗り切るためのサプライチェーン改善策【後編】
“脱オフショア”がコロナ禍で進む? サプライチェーンリスクを減らす「次の一手」は
社会情勢が不安定な状況でサプライチェーンにダメージを受けた企業が、調達品の供給源や製造拠点の移動を検討するのは自然な流れだ。こうした動向は今後加速するのか。IDCに聞いた。(2022/5/12)

オンプレミス「新主役」 HCIの利点は?
“運用しやすいオンプレミス”を夢から現実へ「HCI」という選択肢
クラウドサービスの普及とともにオンプレミスのインフラの良さが再認識され、システムによって両方をうまく使い分ける動きがある。特に注目されているのは「ハイパーコンバージドインフラ」(HCI)だ。HCIの利点は何か。(2022/5/18)

歴史ある米私立大学、コロナとランサムウェア攻撃の影響で閉校
イリノイ州のリンカーンカレッジは、5月13日に157年の歴史を閉じる。新型コロナのパンデミックに昨年12月のランサムウェア攻撃が追い打ちをかけた。(2022/5/10)

ネットワーク管理者の採用面接を成功に導く質問回答例【第1回】
優れたネットワーク管理者を採用するために面接官が聞くべき“あの質問”
優れたネットワーク管理者は、自己研さんに力を入れている可能性がある。採用面接でそれを確認するためにはどのような質問を投げ掛ければよいのか。(2022/5/10)

これからの「Web会議」運用のいろは【第2回】
「使い方が分からないWeb会議用機器」が会議室に現れたら危険信号
オフィスの会議室に新しいWeb会議用機器を導入しても、操作や設定が難しいと社内普及は進まない。オフィスワーカーもテレワーカーも平等にWeb会議を利用できるよう、運用管理で気を付けるポイントは。(2022/5/10)

Xilinx買収や旺盛な需要が後押し:
AMDの2022年売上高、前年比60%増と予測
AMDは、サーバ向けプロセッサの需要が力強く伸びていることや、FPGAメーカーXilinxを買収したことなどが後押しとなり、2022年の年間売上高が60%増加する見込みであることを明らかにした。(2022/5/9)

「Microsoft Teams」×「Cortana」で会議改革か
TeamsのWeb会議を快適にしたいなら「Cortana」を使うべし?
オフィス出勤再開の動きを受け、Microsoftが「Microsoft Teams」のさらなる利用促進策として打ち出したのが、音声認識技術「Cortana」との連携だ。TeamsとCortanaの組み合わせは、会議をどう変えるのか。(2022/5/9)

パンデミックで高まるNaaSへの関心【後編】
「NaaS」という用語は知っていても、その意味を知らない企業の現実
企業はNaaSに関心を寄せている。従来のネットワークの運用しにくさを変える可能性があるからだ。ただし企業の理解は表面的なところにとどまっている。その実態とは。(2022/5/9)

金沢「ちょい弁当(焼肉丼)」(864円):
天国と地獄? 北陸新幹線金沢開業からコロナ禍の7年間、老舗駅弁店の8代目はどう見たのか? 金沢駅弁・大友楼
北陸新幹線開業→東京五輪開催の流れで金沢は世界の観光客でも潤う“はず”でした。しかしコロナ禍で……。まるで天国と地獄、金沢の老舗駅弁店は何を感じているのかを聞きました。(2022/5/8)

医療分野に勝機を見るAmazon【後編】
Amazonが遠隔医療市場で勝てる理由と、それでも苦戦する理由
医療サービス「Amazon Care」により、遠隔医療と対面診療のハイブリッドモデルを推進するAmazon.com。遠隔医療市場で優位に立てるとの見方がある一方、他の業界と同じ考えではうまくいかないとの見方もある。(2022/5/6)

ウィズコロナ時代のテクノロジー:
AIで「パニック買い」を乗り越える 繰り返される“買いだめの歴史”に終止符を 
新型コロナウイルスによるパンデミックは当初、パニックと呼べるほどの反応が人々の間で見られた。その代表的な例に「パニック買い」と呼ばれる、買いだめや買い占めが起きる現象がある。これに対して、AIを使ってを抑制しようとする動きが、世界中で進んでいる。(2022/5/2)

本格普及期を迎えた「無線WAN」【後編】
急速発展する「無線WAN」に企業が関心を寄せる理由
テレワークの普及、5GやSDNなどのネットワーク技術の台頭が「無線WAN」の発展を促している。企業にとって無線WANとは何を意味するのか。なぜ企業は無線WANに関心を寄せるのか。(2022/5/2)

今日のリサーチ:
イベントワクワク割、「評価しない」が6割――紀尾井町戦略研究所調査
緊急事態宣言のない大型連休が3年ぶりに始まりました。しかし、人々の意識・行動が変わるかというと……?(2022/4/29)

Amazon決算は増収減益 数年ぶりの赤字に
Amazonの1〜3月期決算は売り上げは7%増だったが38億ドル以上の純損失となった。投資先のRivianの株価下落の影響もあるが、主力のネット通販の売上高が3%減になった。AWSは2桁台の増収だ。(2022/4/29)

フィデリティ・グローバル・ビュー:
金利ショックで膨れ上がる債務コストー最大の影響は日本ー
金融引き締め政策はすでに膨れ上がった債務返済コストを一段と増やす恐れがあり、インフレとの戦いのために利上げを実施しようとしている中央銀行が巻き添えを食ってしまう危険性があります。(2022/4/28)

混乱の時代を乗り切るためのサプライチェーン改善策【中編】
有事に適応できる企業、できない企業の違い 「レジリエンス」を高める秘策は
予測が困難な時代は「いかに状況に適応できるか」が重要な鍵を握る。サプライチェーンのレジリエンスを高め、不慮の事態が生じてもいち早くビジネスを立て直すための考え方について、IDCに聞いた。(2022/4/28)

Alphabet決算は増収減益、クラウドは好調もYouTube広告が鈍化
Googleを傘下に持つAlphabetの1〜3月期決算は、増収減益でアナリスト予測を下回った。クラウドは好調だったが、YouTube広告が鈍化した。設備投資や研究開発コストも増加した。(2022/4/27)

CIO Dive:
世はSaaS大活用時代 米国アナリストが語る「将来伸びるITツール」
パンデミックから2年を経て、企業のSaaS利用はますます進んでいる。SaaSは迅速に導入できることがメリットである半面、支出管理が困難なことからITリーダーの間では製品選定に慎重な向きもある。まずはどのITツールから導入を始めるべきか。(2022/4/27)

PPACの改善を加速:
「ムーアの法則」減速への打開策? ヘテロジニアス設計
半導体業界では現在、IoT(モノのインターネット)やビッグデータ、AI(人工知能)などによる新しい成長の波が押し寄せている。しかし、半導体イノベーションの必要性がこれまで以上に高まっているにもかかわらず、従来型のムーアの法則の2D(2次元)微細化は、減速の一途にある。(2022/4/25)

Forresterが予測する「これからのB2Bマーケティング」【後編】
コロナ禍で「フリーランスのマーケター」が大人気に?
B2B(企業間取引)マーケティングは、今後どう動くのか。Forrester Researchのアナリストに、マーケターの雇用市場におけるトレンドを聞いた。(2022/4/25)

パンデミックで高まるNaaSへの関心【前編】
なぜ9割もの企業が「NaaS」に魅力を感じるのか?
IT部門の意思決定者は、ネットワークをサブスクリプション型で利用する「NaaS」に大きな関心を寄せている。調査で明らかになった、既存ネットワークの問題とは。(2022/4/25)

遊んで学べる「Experiments with Google」(第6回):
観光地でペンギンとダンス? AIで環境音を生成? コロナ禍のいま行きたい“バーチャル世界旅行”をご案内
ちょっと変わった“バーチャル世界旅行”をできるWebサービスを紹介する。観光地にペンギンを連れていったり、無音のストリートビューにAIで音を付けたりと、ユニークなコンテンツの裏側にあるテクノロジーにも迫る。(2022/4/23)

SAP ERPユーザーFender「ギター爆売れ」の裏側で決行した「たった3日のERPクラウドリフト」
コロナ禍は在宅趣味に関わる市場にも大きな影響を与えた。2020年に過去最高のギター販売台数を記録したギターメーカーFenderはこの状況に対応すべく、たった3日でSAP ERPをクラウドにリプレースした。(2022/4/22)

これからの「Web会議」運用のいろは【第1回】
会議室のリニューアル前に「なぜ会議室が必要か」を議論すべき理由
これからオフィスの会議室をリニューアルするなら、まず「オフィスの会議室で達成したいことは何か」の定義が必要だと専門家は説く。その理由は。(2022/4/25)

NEWS
「ひとり情シス」「ゼロ情シス」が約6割 中堅・中小企業が抱えるDXの課題とは
デル・テクノロジーズは、中堅・中小企業を対象にしたIT投資動向調査の結果を発表した。中堅・中小企業がデジタルトランスフォーメーション(DX)を進める際の大きな課題とは。(2022/4/22)

混乱の時代を乗り切るためのサプライチェーン改善策【前編】
「1円でも安く」から「1秒でも早く」へ コロナ禍で変わるサプライチェーン
コロナ禍やウクライナ侵攻など、突発的で予測できない事案によって世界中のサプライチェーンが混乱している。刻々と変わる状況の中、回復力のあるサプライチェーンを構築するには、どのような転換が必要なのか。(2022/4/21)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。