ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「パンデミック」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「パンデミック」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

「HDD」の需要と技術進化【前編】
「20TBのHDD」の量産は遅れる? 「ニアラインHDD」拡大の訳は? HDD市場予測
フラッシュストレージ全盛の今でもHDD市場は話題に事欠かない。注目のニアライン市場の動向とは。16TBから18TB、18TBから20TBへと移行するHDD大容量化の動きは。専門家に2021年の予測を聞く。(2021/3/4)

IT活用で“ニューノーマル”の人事課題をどう解決するか【中編】
「キャリアの不透明さ」が退職理由の5割 電機大手は「AI」で状況をどう変えたか
電機大手Schneider Electricでは、退職者の約半数が「キャリアの不透明さ」を理由に職場を去っていた。キャリアの不透明さを解決し、人材流動性を高めるために、同社が注目した手段がAI技術だ。どう活用したのか。(2021/3/4)

今日のリサーチ:
「幸福感を広めてほしい」 コロナ禍で政府への信頼が低下する一方、ブランドへの期待感が高まる
McCann Worldgroupが「文化と新型コロナウイルスについての真実 第9回調査」の結果を発表。日本の回答者の55%が、パンデミックへの対応から信頼を失った組織や機関として「政府や政治家」を挙げました。(2021/3/3)

「AWS」が支えたコロナ禍の人工呼吸器生産【後編】
人工呼吸器を大増産した医療機器メーカーは「Amazon SageMaker」をどう使ったか
Vyaire Medicalは新型コロナウイルス感染症拡大を機に人工呼吸器の大幅増産を決めた。部品の安定調達や生産時の不良率低減といった課題を解決するために、同社が活用したのがAWSで構築したデータ分析システムだ。(2021/3/3)

「リモート採用」を成功させる12個のヒント【第1回】
人事部門が「リモート採用」を無視できない“切実な理由”
パンデミックをきっかけにテレワークが広がる中、企業は採用活動も対面採用からリモート採用へと移行させ始めた。不慣れなリモート採用に難しさを感じる人事部門も、リモート採用に目を向けざるを得ない理由とは。(2021/3/3)

AI市場はソフトウェアが強い:
2021年はAI市場が成長する、IDCが予測
IDCは2021年2月23日、全世界の人工知能(AI)市場について、予測を発表した。AIソフトウェアやAIハードウェア、AIサービスを含む調査であり、「Worldwide Semiannual Artificial Intelligence Tracker」により詳しい報告をまとめた。(2021/3/2)

米国はもっと投資を:
「苦難の2020年を乗り越えた半導体業界」、SIAのCEO
半導体の売上高はこの苦難の年でも堅調さを維持しているが、われわれ半導体工業会(SIA:Semiconductor Industry Association)は米国の製造ならびに研究に対する投資が極めて決定的な機会を示していると確信している。(2021/3/2)

COVID-19で遠隔医療に切り替えた医療機関【後編】
「遠隔医療4600人体制」を夜通し作業で実現した医療機関の“信念”
医療機関Penn State Healthはパンデミックに対処するために、医療従事者とスタッフ合わせた約4600人を一気に遠隔医療体制に移行させた。同機関が「遠隔医療は、今後の医療戦略を前進させる鍵」と考える理由は。(2021/3/2)

バイデン大統領が大統領令に署名:
米政府、半導体製造強化に370億ドルを投資へ
米国バイデン大統領が2021年2月24日(米国時間)、以前からの予想通り、大統領令に署名した。これにより、370億米ドルの連邦政府投資を行い、半導体の供給不足に対応するための道が開かれることになる。(2021/3/1)

シトリックスが、SASEソリューションを提供開始 企業のSaaS利用を促進
シトリックスは、同社のVDI製品「Citrix Workspace」向けのSASEソリューションを提供する。場所や機器に依存せず、リモートからアプリケーションにアクセスする時のセキュリティ保護を強化できる。(2021/3/1)

日本の「脱ハンコ」は一過性か? アドビ、電子サインに関するグローバル調査を発表
アドビは、電子サインの使用に関するグローバル調査結果を発表した。過去1年間に電子サインを使用したことがある日本、米国、欧州、アジア太平洋地域(APAC)に住む18歳以上の男女4662人を対象にインターネットで実施した。(2021/3/1)

福田昭のストレージ通信(181) アナリストが語る不揮発性メモリの最新動向(8):
3D NANDフラッシュの製造コストを2022年まで予測
今回は3D NANDフラッシュのシリコンダイ製造コストが2020年〜2022年にどのように変化するかを解説する。(2021/3/1)

ウィズコロナ時代のテクノロジー:
AI利用を後押しする新たな取り組み その一方で生まれるブラック・ギグワーク
コロナ禍はAI利用を促進する側面があるが、その一方でデジタルシフトによるブラックな仕事も生まれている。(2021/2/28)

「CES 2021」で登場
テレワークが進むPCとは? Elite Folio、ThinkPad X12、Latitude 7320から探る
PC大手のHPとLenovo、Dellは「CES 2021」で、テレワークでの利用を想定したノートPCを披露した。「場所を問わず高い生産性を発揮したい」というテレワーカーのニーズに、各社はどう応えようとしているのか。(2021/2/28)

米国の大寒波:
NXPやInfineonがテキサスの停電で生産を停止
米国の主要なエネルギー供給地域であるテキサス州での突然の寒波が停電を引き起こしたことを受けて、同州にあるSamsung Electronics(以下、Samsung)、NXP Semiconductros(以下、NXP)、Infineon Technologies(以下、Infineon)の工場が操業を停止した。(2021/2/26)

デンマーク発:
1年でユーザー数4倍に! eスポーツプレイヤーを育成する「ゲーマーズクラス」の戦略
デンマーク発の「GamerzClass(ゲーマーズクラス)」は、eスポーツに特化したプレイヤー育成事業を手掛ける。創業3年に満たないスタートアップにもかかわらず、ユーザー数は400%以上に急増している。多くのユーザーを引きつけたのはなぜなのか。同社でCMOを務めるヨナス・ゴスバック氏に戦略を聞いた。(2021/2/26)

Gartner Insights Pickup(196):
2021年のインフラストラクチャ&オペレーションに影響を与える6つのトレンド
今後12〜18カ月にわたり、リモートワークとクラウド移行がインフラのトレンドをけん引し続ける見通しだ。(2021/2/26)

TechTarget発 世界のITニュース
「AI」で小売業者のECシフトを支援 Googleの新クラウドサービスの中身は?
Googleは、AI技術を利用した小売業者向けクラウドサービス3種を発表した。小売業者のECへの移行を支援するという。これらのクラウドサービスで小売業者は何ができるのか。(2021/2/26)

ITリーダーが直面する「DX」の3大課題【後編】
DXリーダーにこそ「傾聴力」が欠かせないシンプルな理由
テレワークが当たり前になり、働き方の常識が大きく変わった。企業はDXを推進する上で、こうした変化を捉えて組織構造やリーダーシップのスタイルを見直す必要がある。どう見直せばよいのか。(2021/2/26)

IT活用で“ニューノーマル”の人事課題をどう解決するか【前編】
「チャットbot」でコロナ禍の人材獲得を効率化 アパレル企業はなぜ成功した?
COVID-19の発生後、人事部門は従業員エクスペリエンスを新たな方法で支援しようとしている。そうした手段の一つがチャットbotだ。人材獲得にチャットbotがどう役立つのか。アパレル企業の事例と共に紹介する。(2021/2/25)

福田昭のストレージ通信(180) アナリストが語る不揮発性メモリの最新動向(7):
3D NANDフラッシュのコスト削減モデル
今回は3D NANDフラッシュのウエハー当たり製造コスト(ウエハーコスト)が世代交代でどのように変わるかを解説する。(2021/2/24)

2021年のDXトレンド予測【後編】
「リアルタイムデータ処理」「MLOps」が2021年のDXに必要な理由
2021年はビジネスそのもののスピードを加速させる技術に注目が集まるだろう。リアルタイムのデータ処理を可能にする技術分野や、機械学習モデル開発の効率化、といったトレンドを探る。(2021/2/24)

COVID-19で遠隔医療に切り替えた医療機関【前編】
「遠隔医療」にコロナ禍で一斉移行した医療機関の“教訓”
米医療機関Norman Regional Health SystemはCOVID-19の危機に直面し「計画通りに医療を提供するには遠隔医療の仕組みが不可欠だ」と判断。約200人の医師を遠隔医療体制に移行させた。その裏側で何が起きていたのか。(2021/2/22)

進化する「Teams」の4大注目要素【前編】
「Teams」のセキュリティを高める「情報バリア」機能とは?
さまざまな機能や特徴を持つ「Microsoft Teams」。その中から、2021年にIT担当者とエンドユーザーが注目しそうな要素を2点紹介する。(2021/2/19)

今日のリサーチ:
「自分の価値観と合わない企業から購入するのをやめた」 回答者の6割――セールスフォース・ドットコム調査
「ステークホルダー資本主義」が期待されています。セールスフォース・ドットコム「コネクテッドカスタマーの最新事情」(第4版)を基に、企業が顧客理解と共感の実現に向けて今すべきことを考察します。(2021/2/18)

「GIGAスクール構想対象自治体の約半数がChromebookを選択」とGoogle
Googleが教育者対象のオンラインイベント「Learning with Google」を開催し、「Google for Education」の50以上の新機能を発表した。その中で、日本の文科省によるGIGAスクール構想対象自治体の約半数がChromebookを採用したと語った。(2021/2/18)

意思決定を早くするには:
Gartnerが勧める「9つのハック」、デジタルビジネスを加速させるには
Gartnerはデジタルビジネスの加速を目指す企業のリーダーの指針となる「9つのハック」を紹介した。組織のアジリティ向上のために取るべき3つの行動に役立つハックだ。(2021/2/18)

福田昭のストレージ通信(179) アナリストが語る不揮発性メモリの最新動向(6):
次世代NANDフラッシュは176層とQLCでコストを大幅に削減
今回は、次世代の3D NANDフラッシュについて解説する。次世代3D NANDフラッシュでは、176層の高層化と、QLC(quadruple level cell)方式の多値化が主流になる。(2021/2/18)

Windows Virtual Desktopに最適なシンクライアントの選び方【前編】
Windows Virtual Desktopは「シンクライアント」で使うべき納得の理由
MicrosoftのDaaS「Windows Virtual Desktop」の仮想デスクトップを使うクライアント端末として「シンクライアント」を選ぶメリットとは何なのか。代表的なベンダーと共に説明する。(2021/2/18)

ケタ違いとはこのことか! “バスケの神様”マイケル・ジョーダン、病院建設のため10億円寄付
こういう大人になりたい。(2021/2/17)

主要メーカーのCEOと重役ら:
米半導体企業、大統領に支援を求める書簡を送付
主要な半導体企業のCEOが米国バイデン大統領に対して半導体製造/研究に対する財政的支援を優先するよう強く求める書簡に署名したことを受け、ホワイトハウス報道官のJen Psaki氏は、2021年2月8日の週に行われた記者会見の中で、半導体業界は数週間以内に大統領命令への署名を見込めるはずだと述べた。(2021/2/17)

テレワークに役立つポイントは?
いまさら聞けない「VPN」と「VLAN」の違い “枯れた技術”が再注目の理由は
テレワークが広がる中、「VPN」と「VLAN」の有用性が見直されている。なぜVPNとVLANは共に注目を集めているのか。それぞれの基本と併せて考えてみよう。(2021/2/17)

財務管理で「人間よりロボットやAIを信じる」日本人の割合、世界平均をはるかに上回ると判明
日本オラクルは、お金や財政、予算に対する態度と行動、金融業務や管理に対するAIやロボットの役割と期待に関する調査の結果を発表した。財務管理について「自分以上にロボットやAIを信頼する」と回答した割合は67%に上り、日本の割合はそれを上回ることが分かった。(2021/2/16)

2021年のDXトレンド予測【中編】
DXの加速に「ノーコード/ローコード開発」と「マルチクラウド」が不可欠な理由
システムを最新化し、ビジネスの変革を加速させる上で重要な意味を持つトレンドは幾つかある。その中から「ノーコード/ローコード開発」「マルチクラウド」を解説する。(2021/2/16)

福田昭のストレージ通信(178) アナリストが語る不揮発性メモリの最新動向(5):
中国の3D NANDフラッシュメーカー「YMTC」の現状
今回は、中国の3D NANDフラッシュベンチャーであるYMTC(Yangtze Memory Technologies Co., Ltd.)の現状に関する講演部分を紹介する。(2021/2/15)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
コロナで日経平均が3万円を超えても安易にバブルといえない理由
日経平均株価指数は8日、2万9388円50銭を記録し、バブル期の1990年8月から約30年6カ月ぶりの高値を記録した。しかし、日経平均株価の仕組みからして、最高値である「3万8957円44銭」はいずれは更新されてしかるべきだ。1989年の日経平均と、2021年における日経平均は全く別の指数だからだ。(2021/2/12)

海外医療技術トレンド(68):
SDGsやESGの観点でも注目、COVID-19から「働く人」を守る米国の労働安全衛生管理
本連載第66回で、労働安全衛生管理の観点から、米国の病院における新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対応業務の効率化・IT化を取り上げたが、一般企業の職場でも、同様の課題解決が求められている。(2021/2/12)

「AWS」が支えたコロナ禍の人工呼吸器生産【前編】
「AWS」導入の医療機器メーカー 人工呼吸器を1日6台から750台へ大増産できた訳
人工呼吸器メーカーのVyaire Medicalは、自社のデータを一元管理するシステムを「AWS」で構築した。新型コロナウイルス感染症によって人工呼吸器の需要が急増したときに、このシステムはどう役に立ったのか。(2021/2/12)

Gartner Insights Pickup(194):
優れたデジタルリーダーの7つの特性
デジタルビジネストランスフォーメーションを成功に導くには、リーダー自らも変わらなければならない。成功するデジタルリーダーに顕著な7つの特性を踏まえ、目指すリーダー像を明確にしよう。(2021/2/12)

ポストコロナの製造業IT戦略(3):
“永遠に不確実”なニューノーマル、未知の世界で何が起こるのか
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)がもたらした「withコロナ」のニューノーマル時代において、製造業にどのような変革が必要となるのかを考える本連載。第3回となる今回は、「ニューノーマル」として描かれるのがどういう世界で、企業としてどう備えるべきかについて解説します。(2021/2/12)

ITリーダーが直面する「DX」の3大課題【中編】
ITリーダーは「DX推進に必要なIT人材がいない」問題をどう解決すればよいのか?
テレワークの普及は人材採用に寄与するとの声があるものの「IT人材不足がビジネスの妨げになっている」と悩む企業はいまだに少なくない。ITリーダーが取り得る現実的な解決策は。(2021/2/12)

Twitter、過去最高の売上高 「iOS 14」のトラッキング申請の影響は「それほど大きくない」
Twitterの2020年10〜12月期決算は、主力の広告が好調で2桁台の増収増益だった。mDAUは26%増と増加率は鈍化したものの1億9200万人と過去最高を更新した。(2021/2/10)

専門家のイロメガネ:
コロナワクチン、有効率90%超えの真の意味
コロナ禍が続く状況で期待されているワクチンだが、不安と期待が入り混じった状態で正確な情報を得られず困っている人も多いだろう。医薬品の開発業界で長く働く薬剤師の立場から、有効率90%のワクチンが本当に救世主になるのか、改めて考えてみたい。(2021/2/9)

福田昭のストレージ通信(177) アナリストが語る不揮発性メモリの最新動向(4):
高層化の継続で、製造コストを爆下げする3D NANDフラッシュ
今回からは、半導体メモリのアナリストであるMark Webb氏の「Flash Memory Technologies and Costs Through 2025(フラッシュメモリの技術とコストを2025年まで展望する)」と題する講演の概要をご紹介する。(2021/2/9)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
コロナ禍のいまリモートコミュニケーションスキルを身につければ一生ものに
新型コロナウイルス禍により、多くの企業がリモートワークを導入しているが、コミュニケーションの不自由さから生産性が低下する企業もある。リモートワークで生産性を向上させる効果的なコミュニケーションを学ぶ。(2021/2/9)

製造業DX推進のカギを握る3D設計(7):
現地現物の3Dデジタルツイン化は製造業の現場に何をもたらすのか
日本の製造業が不確実性の高まる時代を生き抜いていくためには、ITを活用した企業の大変革、すなわち「デジタルトランスフォーメーション(DX)」への取り組みが不可欠だ。本連載では「製造業DX推進のカギを握る3D設計」をテーマに、製造業が進むべき道を提示する。第7回は、製造業のデジタル化の遅れにもつながっている“現地現物”をいかに3Dデジタルツイン化し、設計以降の業務に生かしていくかを紹介する。(2021/2/9)

Boseのサプライチェーン強化【後編】
音響大手Boseがサプライチェーンの混乱時に実践する「危機管理プロセス」とは
音響メーカーBoseは、サプライチェーンの回復力強化のためのシステムを導入し、混乱に素早く対処できるよう備えている。同社は危機の重要度と影響度を3つのレベルに分けている。それはどのようなものか。(2021/2/9)

企業は解雇とどう向き合うべきか【第1回】
その解雇、本当に必要? 踏み切る前に検討したい「再教育」の意義
新型コロナウイルスの流行が招いた経営不振は、企業に従業員の解雇を決断させることがある。ただし解雇は状況打破の唯一の手段ではない。代替策となり得るのが従業員の「再教育」だ。その根拠とは。(2021/2/8)

2021年のDXトレンド予測【前編】
アジャイルが「DX」に貢献する理由 もう単なるソフトウェア開発手法ではない?
ITリーダーがDX実現に向けて求められる役割の中には、企業文化に関係することも含まれるようになる。具体的な役割を理解する上で重要なキーワードが「アジャイル」だ。(2021/2/8)

コロナ禍の人材採用7大トレンド【前編】
「Web面接」「応募者エクスペリエンス」とは? 人材採用の必修キーワード
コロナ禍での働き方の変化は、人事部門の採用活動にも大きな影響を与えた。こうした変化の中で人事部門が注目すべきトレンドとは何か。主要なトレンドの中から「Web面接」「応募者エクスペリエンス」を紹介する。(2021/2/5)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。