ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「駐車場」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「駐車場」に関する情報が集まったページです。

産業動向:
三菱地所リアルエステートサービスがPMOと統合、管理する駐車場台数は5.5万台に
三菱地所リアルエステートサービスが子会社の駐車場綜合研究所と統合し、運営・管理する駐車場台数が、施設型とコイン駐車場合わせて約5万5000台におよぶ新会社が誕生した。(2020/5/13)

ミニカーを踏んで転んだすべての人へ レールトイやミニカーを立体収納できる6段構えラックが便利そう!
立体駐車場みたいに収納できます!(2020/5/7)

フードロス抑制も狙い 新型コロナ 「3密」なしの野菜直売所を駐車場で 東京・関西で新事業スタート
外食自粛で行き場を失った野菜を廃棄する「フードロス」の抑制も狙う。(2020/5/4)

今こそ”ドライブインシアター” クルマに乗ったまま安全に映画体験
新型コロナウイルスの感染拡大による緊急事態宣言で、映画館が営業できない状態が続いている。そんな中、駐車場に設置した大型スクリーンを使ってクルマに乗ったまま映画を観賞する「ドライブインシアター」が脚光を浴びている。(2020/4/17)

駐車場シェア最大手のakippa、成功までの道のり いかに困りごとを解決するか
駐車場を探す人と空き駐車場を貸し出したい人をつなぐサービスを展開するakippaは現在、利用登録者数が約180万人に及ぶ駐車場シェアリング最大手企業だ。成功の理由は、人々の困りごとを解消するような、なくてはならない事業を諦めずに展開したことにあった。(2020/4/6)

太陽光:
国内最大“クルマ1200台分”の駐車場型メガソーラー、両面受光パネルを採用
村田製作所が岡山県瀬戸内市にある事業拠点の駐車場にメガソーラーを建設。1200台の分の駐車場スペースを活用した国内最大級というカーポート型のメガソーラーだ。(2020/3/30)

カーナビタイム、駐車場から目的地までの徒歩ルートを表示可能に
ナビタイムジャパンのカーナビアプリ「カーナビタイム」向けに、2月28日に「車降りたらルート」を提供開始。駐車場のないスポット周辺での駐車場までの車ルートと、駐車場から目的地までの徒歩ルートを表示する。(2020/2/28)

Yahoo!カーナビ、駐車場予約サービス「akippa」で予約が可能に
カーナビアプリ「Yahoo!カーナビ」が、駐車場予約サービス「akippa」と連携。運転する前に「akippa」へ登録されている駐車場を予約しておけるようになる。(2020/2/25)

AIが投資する時代 「FOLIO ROBO PRO」はAIで何を予測するのか
投資におけるAIの活用方法は幅広い。航空写真を使って原油のタンクや駐車場の混み具合をチェックし、需要予測を行うといったものから、SNSやニュースサイトの文章を解析して暴落の前兆を見つけ出すものまでさまざまだ。FOLIOが新しくスタートさせたROBO PROでは、各資産の将来の値上がり率(リターン)の予測にAIを使った。利用したのは、為替予測などで金融機関に幅広く採用されているAlpacaJapanの技術だ。(2020/2/10)

駐車場を埋め尽くす“白い点”の正体は…… アクアマリンふくしまで撮影された大量のウミネコが圧巻
行列のできる駐車場。(2020/2/5)

組み込み採用事例:
百度の自動バレーパーキングプラットフォームに採用されたプログラマブルSoC
Xilinxのオートモーティブ向け「XA Zynq UltraScale+ MPSoC」が、Baiduの自動バレーパーキング「ACU-Advanced」プラットフォームのセンサーフュージョンおよびAIプロセッシング用として採用された。(2020/1/16)

元ZOZO田端信太郎氏、駐車場シェアakippaのアドバイザーなどに就任 SNS・オンラインサロンのノウハウ生かす
元ZOZO執行役員の田端信太郎氏が、akippaのコミュニティアドバイザーと、レバレッジのマーケティング戦略顧問に就任したと発表。(2020/1/6)

六本木恐るべし……! 蒼井そら、駐車場の請求額に「あああああああ」「やらかした」と嘆き
これが東京。(2019/12/13)

車載半導体:
スマートフォンがクルマの鍵になる、車載超広帯域無線ICを発表
NXP Semiconductorsは、スマートフォンを車の鍵として使える新しい車載超広帯域無線IC「NCJ29D5」を発表した。同無線技術を搭載することで、ハンズフリーでのドア開閉やエンジン始動、リモートパーキングなどが可能になる。(2019/12/2)

岐阜県の世界遺産「白川郷」で火災 駐車場にある2棟の小屋に被害、延焼は確認されず
Twitterには火災の目撃情報が多数投稿されています。(2019/11/4)

高精度地図がなくても自動運転 屋内駐車場で無人自動バレー駐車も 三菱電機が新型コンセプトカー
三菱電機が自動運転技術を搭載した実証実験車「xAUTO」(エックスオート)の新技術を東京モーターショーで公開する。(2019/10/21)

東京モーターショー2019:
パナソニックが深層学習カメラでバレーパーキング、トヨタ「LQ」で採用
パナソニックは2019年10月11日、自動バレーパーキングシステムと大型AR HUD(拡張現実ヘッドアップディスプレイ)を開発したと発表した。開発技術はトヨタ自動車が「第46回東京モーターショー2019」(一般公開日:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)において披露するコンセプトカー「LQ」に搭載される。(2019/10/14)

SOMPOホールディングス、駐車場シェア参入 akippaを関連会社化 駐車場・会員獲得を共同で推進
SOMPOホールディングスがakippaを関連会社化し、駐車場シェアリングサービスに参入。今後は損害保険ジャパン日本興亜を含めた3社で、駐車場の新規開拓と会員獲得を進める。駐車場シェアリングに特化した保険商品の提供も検討する。(2019/10/3)

Tesla、車載アプリをVer.10にアップデート 車を呼び寄せる「Come to Me」ボタンなど
Teslaが車載アプリの大幅アップデート「Ver. 10.1」をリリースした。予告通りNetflix、YouTube、Huluをサポートした他、モバイルアプリの「Come to Me」ボタンをタップすると駐車場などから車が自動運転で近くまで来る「Smart Summon」機能も追加された。(2019/9/27)

【写真47枚】日本でもキター マツダ、立駐対応サイズの新型SUV「CX-30」発表 239万円から
立体駐車場に入れるサイズ、CX-5クラスのゆとり車内。(2019/9/20)

検査・維持管理:
機械式立体駐車場での危険な状況をリアルタイムで監視
大日本印刷は、画像カメラに写り込んだ注意すべき人物や物体をリアルタイムで表示する、機械式立体駐車場向けシステムを開発した。「DNPセキュア監視サービス」の1つとして、2019年12月に提供を開始する。(2019/9/9)

自動運転技術:
簡単操作で最低限の切り返し、ダイハツの駐車支援機能が目指したこと
ダイハツ工業が2019年7月に発売した軽自動車「タント」の新モデルは、駐車時のステアリング操作をアシストする「スマートパノラマパーキングアシスト」がメーカーオプションで設定されている。従来のシステムからハードウェアを大きく変更せずにコストを抑え、簡単な操作で、なおかつ少ない切り替えしで駐車を完了させることを目指した。(2019/8/22)

監視カメラと連動、危険物をリアルタイムで警告 駐車場向け新システム
大日本印刷は、機械式立体駐車場向けのセキュリティシステムを開発した。監視カメラの映像を解析して注意すべき人物や物体の動きをリアルタイムで捉え、追跡表示する。(2019/8/21)

動体の動きが途中で止まっても継続して追跡:
監視カメラの映像を解析して危険物をリアルタイム警告 大日本印刷が開発
大日本印刷は、監視カメラの映像を解析して注意すべき人物や物体の動きをリアルタイムに捉えて追跡表示する、機械式立体駐車場向けのセキュリティシステムを開発した。(2019/8/21)

車両走行可能な高出力振動発電ユニットを開発、竹中工務店
竹中工務店は車両走行可能な振動発電ユニットをセイリツ工業、湘南メタルテックと共同開発し、「サンエー浦添西海岸 PARCO CITY」の屋内駐車場に初導入したと発表した。(2019/7/22)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
大ヒットの予感 マツダCX-30
Mazda3をベースにしたSUV、CX-30。CX-3はクーペ型SUVでパーソナルユース、CX-30はファミリー層に向けた商品だ。大人4人をしっかり乗せ、ある程度のラゲッジ積載量を備えつつ、タワーパーキングに入れられるコンパクトSUVという、ラインアップ上の隙間を埋めた。(2019/7/17)

クルマの駐車場に旅客機が停まってる!? 墜落事故が相次いだ「ボーイング737」運用禁止で修理工場がキャパオーバー
空港の駐機場を借りるも限界突破(2019/6/28)

そんなバナナ(小声) 「スーパーの駐車場でやべぇクルマが停まってた」どうみてもバナナな謎のクルマが目撃され話題に
めっちゃバナナバナナしてる……!(2019/6/16)

「私の城へようこそ」貴族の親子ごっこを仕掛けてくる母の実録漫画 愉快な様子に「楽しそう」「本当に好き」
領地は駐車場。(2019/6/14)

BMW・ベンツに“無料”で乗れる「0円マイカー」始動 条件は「レンタカーの管理」
DeNA SOMPO Mobilityが、個人間カーシェアサービス「Anyca」で「0円マイカー」のオーナー募集を始めた。駐車場を提供したり、レンタカーを管理したりすると高級車を無料で使える。(2019/5/16)

5000台の痛車を撮り続けた男が語る 外国人観光客も訪れる「聖地」秋葉原UDX駐車場がマジで愛されるワケ
撮り続けて8年、約5000台の痛車を撮影してきた担当者にインタビューしました。(2019/5/26)

落ちそうで落ちない奇跡のバランス 高級車「レクサス」が立体駐車場から転落しかける珍事故が話題に
バランスが絶妙すぎる。(2019/4/16)

BIM:
熊本大×大和ハウスが共同研究、2020年の運用を目指すRevit上で“仮設住宅”の配置計画を自動化
熊本大学と大和ハウス工業、大和リースは2019年4月10日、応急仮設住宅の早期提供を目指した共同研究の契約を締結した。研究では、BIMソフトウェア「Revit」上で、応急仮設住宅の配置計画を立てる際に、住戸や駐車場を自動配置するプログラムを開発。従来は、1週間を要していた工程が数時間に短縮されるという。(2019/4/12)

パーキング管理に革命を起こすロボット 空港の広大な駐車場を全自動で管理する「Stan」がすごい
大きなスーパーや郊外型商業施設でも活躍してくれそう。(2019/4/4)

「広島駅」で高さ100mの新駅ビル計画が本格始動、2025年の開業を目指す
JR西日本、JR西日本不動産開発、中国SC開発、ジェイアール西日本ホテルの4社は、「広島駅ビルの建替え計画を本格的に始動させる。地上20階建て、高さ100m(メートル)の新駅ビルの内部には商業エリア、ホテルエリア、駐車場エリアを収容し、広島の象徴である路面電車の乗り換え口も設置して、新たなにぎわいの創出を図る。開業は2025年春の予定。(2019/3/22)

リテールテックJAPAN2019:
「セルフ注文端末」にもスマホ決済の波 店舗の省人化やインバウンド対策に
セルフ注文端末にも“キャッシュレス”の波が到来しつつある。リテールテックJAPAN2019ではキャッシュレス決済に対応したセルフ注文端末を多数展示。主な用途は飲食店やフードコートだが、遊園地や駐車場での利用を想定しているところもある。(2019/3/8)

リテールテックJAPAN2019:
自販機でもコード決済が可能に【訂正あり】
自動販売機でもコード決済の波が来るかもしれない。FinGoが販売するマルチ決済端末「UNO PLUS」は、飲料自販機、コインランドリー、駐車場精算機、券売機、コインロッカーなどへ設置可能。コード決済対応の自販機が増えれば、ユーザーの利便性はさらに上がりそうだ。(2019/3/5)

モビリティサービス:
2030年の相乗り型ライドシェア市場は2017年比187倍に、ドライバー不足と高齢化で
富士経済は2019年2月22日、日本国内の自動車関連シェアサービスの市場予測を発表した。2030年には、相乗り型のライドシェアの市場規模が2017年比187.1倍の131億円に拡大する見通しだ。駐車場シェアリングは利便性が評価されて浸透し、同68.4倍の1094億円に市場拡大すると見込む。この他、カーシェアリングの2030年の市場は同9倍の260億円に成長するとしている。(2019/2/26)

都市部の駐車場不足を解決か?:
ドライバーの“入札”で路上駐車料金を調整するアルゴリズム、テルアビブ大が開発
イスラエルのテルアビブ大学は、世界の都市で問題になっている駐車場不足に焦点を当てた研究を発表した。路上に駐車する際、ドライバーの“入札”に役立つ駐車アルゴリズムが、問題を解消する可能性があるという。(2019/1/16)

車載情報機器:
コンテンツサービスと統合した車載情報機器基盤、駐車場検索や支払いにも対応
ACCESSは、車載インフォテインメントプラットフォームとコンテンツストリーミングサービスを組み合わせた、OEM企業向けWhite Label(ホワイトレーベル)ソリューション「ACCESS Twine for Car」の最新版を発表した。音声、動画OTTストリーミング機能をはじめ、駐車場検索や料金支払いなど、統合型の車載向けインフォテインメントを提供する。(2019/1/4)

大丸札幌店、“IoT×AI”で飲食店、トイレ、授乳室などの混雑状況をリアルタイム表示――NTT東日本とバカンが技術提供
大丸松坂屋百貨店の札幌店(大丸札幌店)は、IoTとAIを活用して、レストランやカフェ、トイレ、授乳室、駐車場などの館内施設の利用状況をサイネージやスマホアプリにリアルタイムで表示するシステムを導入した。バカンの空席情報サービス「VACAN」などを活用する。(2018/11/30)

自動運転技術:
バレーパーキングで駐車場はもうかるか、「自分でやる方が早い」は超えられるか
日本自動車研究所(JARI)は2018年11月13日、東京都内で自動バレーパーキングの機能実証実験を実施した。(2018/11/14)

なんでこんなところに!? 道の駅の駐車場に「新幹線」 福島で目撃された珍しい光景がネット上で話題に
駅は駅だけど……ナンデ!? (2018/11/10)

ヤフー、AIでドラレコ映像を解析 ガソリン価格や駐車場の満空情報、行列のできる店をナビに反映 実証実験スタート
交通状況だけでなく、行列のできるレストランなどを認識して地域情報に反映する使い方も。(2018/10/15)

iOSマップ、駐車場情報が拡充
iOSのマップで、日本でもParkopediaの駐車場情報が表示されるようになった。(2018/10/1)

IT活用:
スマートメーターの通信システムで遠隔ガス検診、駐車所の予約管理も
北陸電力、東洋ガスメーター、日本エレクトロニクス・サービスは、スマートメーターの通信システムを活用した実証実験を開始。ガスの遠隔検針や駐車場の予約管理サービスへの活用を検証する。(2018/9/18)

部品の強度不足:
SUBARU「レガシィ」12万台リコール パーキングブレーキが作動しない恐れ
SUBARUは「レガシィ」の電動パーキングブレーキに問題が見つかったとして、計12万6230台をリコール。(2018/9/13)

思いっきり愛車を乗り回したい! それならば「バイク練習場」シェアします カーシェア・駐車場シェアのアース・カーが開始
まずは「袖ケ浦フォレスト・レースウェイ」の一画を借りられる。(2018/8/29)

ねぶた期間に「1時間5000円」のコインパーキング 3万円以上払った利用者も 運営元が報告
提携ホテルの利用者を優先するためと説明しています。(2018/8/14)

省スペース・高収容設計の機械式駐車場、パーク24に導入
駐車場運営の最大手パーク24が建設を進める東京・品川区西五反田の本社ビルに、技研製作所の地下駐車場「エコパーク」が採用された。エコパークは、平置式に比べて省スペースで済み、工期短縮や運用コストの削減なども期待できるエコ駐車場だ。(2018/7/17)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。