ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「駐車場」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「駐車場」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

ひえぇぇぇ! 米スーパーの駐車場に1万5000匹のミツバチ襲来、クルマを占拠 養蜂家の消防士が保護
ミツバチたちは地元の消防隊員によって保護されました。(2021/4/7)

クラクションを鳴らしていたのはまさかの“猫” トラック運転手が早朝の駐車場で目撃した光景が笑える
猫「朝だニャーン」。(2021/3/21)

親子3人が乗ったポルシェ・マカン、立体駐車場の壁を突き破る ロシア・モスクワのショッピングモールで起きた事故が危機一髪すぎる
壁側に組まれたフレームが丈夫で良かった……!(2021/3/18)

二階堂ふみ、車内放置された犬に心痛める「何日も放置、、、完全に虐待です」→現在は無事保護
高円寺の駐車場でトイプードルと柴犬が車内放置されていた件について言及しています。(2021/3/14)

積極的に協力:
コロナワクチン接種会場はイオンのお店や駐車場 イオン、自治体との協議状況を発表
新型コロナウイルスのワクチン接種が進められている。イオンは自社グループの店舗や駐車場を接種会場として提供する。自治体と進めている協議の状況を発表した。(2021/3/3)

廃PETリサイクルの高耐久アスファルト改質剤をウエルシアが初採用
花王が開発したアスファルト改質剤「ニュートラック 5000」を、ウエルシア薬局が新店舗の駐車場舗装に採用した。同製品は、耐久性を高めるだけでなく、マイクロプラスチックの発生を抑え、美観も向上するという。(2021/3/1)

都立公園、駐車場と運動施設を閉鎖 27日から 「広域利用を抑制する」
東京都公園協会は2月27日から3月7日まで都立公園の駐車場と運動施設を緊急閉鎖すると発表した。新型コロナウイルス感染症対策の一環。(2021/2/25)

【追記】イオン駐車場で見つけたノリノリ警備員 元気良く楽しげにジャンピング誘導!
【追記あり】(2021/2/19)

キャンピングカーを「個室オフィス」に 駐車場でリモートワーク
キャンピングカーを“個室のオフィス”として提供する企画がスタート。第1弾として、立川市内の月極駐車場にキャンピングカーを設置。個室のオフィス空間として提供する。(2021/1/27)

LiDARを使った駐車場管理システム ロック板やゲートバー不要に
LiDARを使った駐車場向けのシステムが登場。車両が駐車した場所や時間をセンサーが検知することで、従来のコインパーキングのようなロック板やゲートバーの設置が不要になるという。(2021/1/21)

問い合わせ急増:
空いてる「月極駐車場」を探す“面倒”を解決! 新サービスが注目されている理由
空いている月極駐車場を探して契約するのは意外に大変。その手間を省くサービスが伸びている。どのような経緯で生まれたのか。(2020/12/18)

AIが立体駐車場の待ち時間を予測 駐車場内のカメラ画像を解析 渋滞緩和目指す
住商アーバン開発が運営する複合商業施設「テラスモール松戸」(千葉県松戸市)に、立体駐車場の待ち時間をAIが予測するシステム「入出庫時間表示サービス」が導入された。待ち時間を可視化し、交通渋滞の解消を目指す。(2020/12/10)

マクドナルドの駐車場にいた子猫 やさしい人に保護されて家族の一員に
楽しく暮らしてね。(2020/11/29)

トランプ大統領の弁護団がなぜか造園業者の駐車場で記者会見→会場がVRChatで再現され盛大にいじられる
高級ホテルで会見するはずだった……?(2020/11/10)

製品動向:
設計事務所が事業性に基づいた「土地の価値」を診断する無料サービス開始
一級建築士事務所studio dodiciは、土地の本当の価値を診断する無料サービスを提供開始する。駐車場や中古ビルなどの土地の最大の価値を知りたい地主を対象とした無料診査や建築企画を行う。(2020/10/19)

自動運転技術:
PR:アイシン精機の自動駐車技術を支えるCG技術とは?
アイシン精機とシリコンスタジオがCEDEC2020に登壇。次世代自動運転システムの開発において必要になった「駐車場のシミュレーター」をどのように開発したのか、両社のメンバーが語った。(2020/10/19)

精算機「料金は47万円です」 2時間の駐車でなぜ高額請求?コインパーキングに原因と対処法聞いた
駐車場のシステムについて管理会社に聞いてみました。(2020/10/9)

プロジェクト:
コワーキングスペースを備えた賃貸マンションブランドを設立、三菱地所レジデンス
三菱地所レジデンスは2020年9月1日、1階にコワーキングスペースを併設した賃貸マンション「The Parkhabio SOHO 大手町」の開発に着手した。コワーキングスペースは、建設地の内神田一丁目周辺地区で、2020年4月に施行された「都市再生駐車施設の配置計画制度」を活用し、駐車場の附置義務が緩和され別用途で利用可能になったスペースを使用している。同地区内で同制度を適用した初の新築事例だという。(2020/9/17)

安全システム:
ダイハツ「トール」に新型ステカメと電動パーキングブレーキ、一部改良で
ダイハツ工業は2020年9月15日、小型乗用車「トール」をマイナーチェンジして発売したと発表した。兄弟車であるトヨタ自動車の「ルーミー」も同日から販売を開始する。なお、トヨタではルーミーをトヨタ店とトヨタカローラ店で、兄弟車の「タンク」をトヨペット店とネッツ店で取り扱ってきたが、ルーミーに一本化される。(2020/9/16)

あの「タイムズパーキング」がカプセルトイに 駐車料金看板、「満空表示」看板など全5種類
「満」「空」表示が光る〜。ジオラマにもよさそう♪(2020/8/26)

衛星データとAIで、駐車場用スペース自動検出 さくらインターネットとakippaなど協力
衛星データとAIによる画像認証を活用し、駐車場用のスペースを自動検出するためのプログラムを、さくらインターネットと、AIコンサルティングのRidge-i (リッジアイ)、駐車場予約アプリのakippaが共同で開発中だ。(2020/8/5)

駐車場で2匹の猫さまがシンクロポーズ 車止めを枕にくつろぐスタイルがかわいい
あふれるホテル感。(2020/7/30)

Walmart、全米160店舗の駐車場をドライブインシアターに
米小売り大手のWalmartが、全米160店舗の駐車場でドライブインシアターを仮設する。新型コロナ対策で映画館に行けない家族も、大画面で映画を楽しめる。(2020/7/3)

NXP MIFARE DESFire EV3 IC:
非接触型スマートサービス向けセキュアIC
NXPセミコンダクターズは、非接触型スマートサービス向けの「MIFARE DESFire EV3 IC」を発表した。動作距離の延長や、トランザクション速度の向上により、駐車場での決済やオフィスの入退出用途に、高速で安全な非接触型システムを提供する。(2020/6/19)

マクドナルド、携帯で注文し駐車場で受け取る新サービス「パーク&ゴー」開始 乗り降りのひと手間を楽に
家族連れや高齢者にうれしい。(2020/6/15)

感染予防意識を高めながら興行するアイデア 懐かしのドライブインシアターが復活、東京タワー駐車場で上映
クルマに乗ったまま映画を楽しめます。(2020/6/12)

産業動向:
三菱地所リアルエステートサービスがPMOと統合、管理する駐車場台数は5.5万台に
三菱地所リアルエステートサービスが子会社の駐車場綜合研究所と統合し、運営・管理する駐車場台数が、施設型とコイン駐車場合わせて約5万5000台におよぶ新会社が誕生した。(2020/5/13)

ミニカーを踏んで転んだすべての人へ レールトイやミニカーを立体収納できる6段構えラックが便利そう!
立体駐車場みたいに収納できます!(2020/5/7)

太陽光:
国内最大“クルマ1200台分”の駐車場型メガソーラー、両面受光パネルを採用
村田製作所が岡山県瀬戸内市にある事業拠点の駐車場にメガソーラーを建設。1200台の分の駐車場スペースを活用した国内最大級というカーポート型のメガソーラーだ。(2020/3/30)

カーナビタイム、駐車場から目的地までの徒歩ルートを表示可能に
ナビタイムジャパンのカーナビアプリ「カーナビタイム」向けに、2月28日に「車降りたらルート」を提供開始。駐車場のないスポット周辺での駐車場までの車ルートと、駐車場から目的地までの徒歩ルートを表示する。(2020/2/28)

Yahoo!カーナビ、駐車場予約サービス「akippa」で予約が可能に
カーナビアプリ「Yahoo!カーナビ」が、駐車場予約サービス「akippa」と連携。運転する前に「akippa」へ登録されている駐車場を予約しておけるようになる。(2020/2/25)

AIが投資する時代 「FOLIO ROBO PRO」はAIで何を予測するのか
投資におけるAIの活用方法は幅広い。航空写真を使って原油のタンクや駐車場の混み具合をチェックし、需要予測を行うといったものから、SNSやニュースサイトの文章を解析して暴落の前兆を見つけ出すものまでさまざまだ。FOLIOが新しくスタートさせたROBO PROでは、各資産の将来の値上がり率(リターン)の予測にAIを使った。利用したのは、為替予測などで金融機関に幅広く採用されているAlpacaJapanの技術だ。(2020/2/10)

駐車場を埋め尽くす“白い点”の正体は…… アクアマリンふくしまで撮影された大量のウミネコが圧巻
行列のできる駐車場。(2020/2/5)

組み込み採用事例:
百度の自動バレーパーキングプラットフォームに採用されたプログラマブルSoC
Xilinxのオートモーティブ向け「XA Zynq UltraScale+ MPSoC」が、Baiduの自動バレーパーキング「ACU-Advanced」プラットフォームのセンサーフュージョンおよびAIプロセッシング用として採用された。(2020/1/16)

元ZOZO田端信太郎氏、駐車場シェアakippaのアドバイザーなどに就任 SNS・オンラインサロンのノウハウ生かす
元ZOZO執行役員の田端信太郎氏が、akippaのコミュニティアドバイザーと、レバレッジのマーケティング戦略顧問に就任したと発表。(2020/1/6)

六本木恐るべし……! 蒼井そら、駐車場の請求額に「あああああああ」「やらかした」と嘆き
これが東京。(2019/12/13)

車載半導体:
スマートフォンがクルマの鍵になる、車載超広帯域無線ICを発表
NXP Semiconductorsは、スマートフォンを車の鍵として使える新しい車載超広帯域無線IC「NCJ29D5」を発表した。同無線技術を搭載することで、ハンズフリーでのドア開閉やエンジン始動、リモートパーキングなどが可能になる。(2019/12/2)

岐阜県の世界遺産「白川郷」で火災 駐車場にある2棟の小屋に被害、延焼は確認されず
Twitterには火災の目撃情報が多数投稿されています。(2019/11/4)

高精度地図がなくても自動運転 屋内駐車場で無人自動バレー駐車も 三菱電機が新型コンセプトカー
三菱電機が自動運転技術を搭載した実証実験車「xAUTO」(エックスオート)の新技術を東京モーターショーで公開する。(2019/10/21)

東京モーターショー2019:
パナソニックが深層学習カメラでバレーパーキング、トヨタ「LQ」で採用
パナソニックは2019年10月11日、自動バレーパーキングシステムと大型AR HUD(拡張現実ヘッドアップディスプレイ)を開発したと発表した。開発技術はトヨタ自動車が「第46回東京モーターショー2019」(一般公開日:2019年10月24日〜11月4日、東京ビッグサイト他)において披露するコンセプトカー「LQ」に搭載される。(2019/10/14)

SOMPOホールディングス、駐車場シェア参入 akippaを関連会社化 駐車場・会員獲得を共同で推進
SOMPOホールディングスがakippaを関連会社化し、駐車場シェアリングサービスに参入。今後は損害保険ジャパン日本興亜を含めた3社で、駐車場の新規開拓と会員獲得を進める。駐車場シェアリングに特化した保険商品の提供も検討する。(2019/10/3)

Tesla、車載アプリをVer.10にアップデート 車を呼び寄せる「Come to Me」ボタンなど
Teslaが車載アプリの大幅アップデート「Ver. 10.1」をリリースした。予告通りNetflix、YouTube、Huluをサポートした他、モバイルアプリの「Come to Me」ボタンをタップすると駐車場などから車が自動運転で近くまで来る「Smart Summon」機能も追加された。(2019/9/27)

【写真47枚】日本でもキター マツダ、立駐対応サイズの新型SUV「CX-30」発表 239万円から
立体駐車場に入れるサイズ、CX-5クラスのゆとり車内。(2019/9/20)

検査・維持管理:
機械式立体駐車場での危険な状況をリアルタイムで監視
大日本印刷は、画像カメラに写り込んだ注意すべき人物や物体をリアルタイムで表示する、機械式立体駐車場向けシステムを開発した。「DNPセキュア監視サービス」の1つとして、2019年12月に提供を開始する。(2019/9/9)

自動運転技術:
簡単操作で最低限の切り返し、ダイハツの駐車支援機能が目指したこと
ダイハツ工業が2019年7月に発売した軽自動車「タント」の新モデルは、駐車時のステアリング操作をアシストする「スマートパノラマパーキングアシスト」がメーカーオプションで設定されている。従来のシステムからハードウェアを大きく変更せずにコストを抑え、簡単な操作で、なおかつ少ない切り替えしで駐車を完了させることを目指した。(2019/8/22)

監視カメラと連動、危険物をリアルタイムで警告 駐車場向け新システム
大日本印刷は、機械式立体駐車場向けのセキュリティシステムを開発した。監視カメラの映像を解析して注意すべき人物や物体の動きをリアルタイムで捉え、追跡表示する。(2019/8/21)

動体の動きが途中で止まっても継続して追跡:
監視カメラの映像を解析して危険物をリアルタイム警告 大日本印刷が開発
大日本印刷は、監視カメラの映像を解析して注意すべき人物や物体の動きをリアルタイムに捉えて追跡表示する、機械式立体駐車場向けのセキュリティシステムを開発した。(2019/8/21)

車両走行可能な高出力振動発電ユニットを開発、竹中工務店
竹中工務店は車両走行可能な振動発電ユニットをセイリツ工業、湘南メタルテックと共同開発し、「サンエー浦添西海岸 PARCO CITY」の屋内駐車場に初導入したと発表した。(2019/7/22)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
大ヒットの予感 マツダCX-30
Mazda3をベースにしたSUV、CX-30。CX-3はクーペ型SUVでパーソナルユース、CX-30はファミリー層に向けた商品だ。大人4人をしっかり乗せ、ある程度のラゲッジ積載量を備えつつ、タワーパーキングに入れられるコンパクトSUVという、ラインアップ上の隙間を埋めた。(2019/7/17)

クルマの駐車場に旅客機が停まってる!? 墜落事故が相次いだ「ボーイング737」運用禁止で修理工場がキャパオーバー
空港の駐機場を借りるも限界突破(2019/6/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。