ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「合格」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「合格」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

教職員支援機構、台風の影響で「小学校教員資格認定試験第2次試験」を全員合格に 異例の決定に戸惑いも
延期という選択肢はなかったのか……。(2019/10/13)

もうけ話、合格マニュアル……情報商材相次ぐトラブル 業者「野放し」か
副業や投資、ギャンブルといった金もうけから、異性にもてる方法や大学合格マニュアルまで、あらゆる情報を提供するとしてインターネット上で販売されている情報商材。中でも高額収入をうたう商材をめぐっては、宣伝のように稼ぐことができないうえ、追加で金を要求されるなどのトラブルが多発している。(2019/9/27)

アイマス声優の小松昌平、高IQ団体「MENSA」に合格 先輩会員の小岩井ことりもすぐに反応
ドヤ顔したくもなる。(2019/9/17)

技術やマーケティングの支援を受けられる:
Python認定インテグレーター制度が11月開始、Pythonエンジニアの育成企業を認定
Pythonエンジニア育成推進協会はPython認定インテグレーター制度を開始する。「Python3エンジニア認定基礎試験」の合格者を育成している企業を認定する制度で、Pythonに関する技術支援やマーケティング支援を実施する。(2019/9/17)

ビシェイ F340X1、F340X2、F340Y2:
高温高湿対応のEMI抑制用フィルムコンデンサー
ビシェイ・インターテクノロジーは、電磁干渉抑制用のフィルムコンデンサー「F340X1」「F340X2」「F340Y2」を発表した。高温高湿バイアス試験に合格しており、厳しい環境下で使用できる。RoHSや難燃性UL94規格V-0にも準拠している。(2019/9/13)

キャリアニュース:
ディープラーニングのG検定2019 #2の結果発表――合格者3672人、合格率は71.4%
日本ディープラーニング協会が、ジェネラリスト検定「JDLA Deep Learning for GENERAL 2019 #2」の結果を発表した。ディープラーニングを事業に生かすための知識を有しているかを検定するもので、受験者5143人のうち、3672人が合格した。(2019/7/25)

司法予備試験の問題、AIが“6割”的中 「合格ラインと同水準」
AIを使い、司法予備試験の問題の約60%を的中させたと、ベンチャー企業のサイトビジットが発表した。「合格ラインと同水準」という。(2019/5/20)

早慶に計10人合格、不登校経験者が前向きに――設立3年「N高」の実力
通信制高校「N高等学校」が間もなく開校3周年を迎える。これを記念した会見に、ドワンゴの新社長の夏野剛氏らが登壇。現在の生徒数や卒業生の進路などを語った。(2019/3/28)

キャリアニュース:
ディープラーニングの技能認定試験──第2回は245名が合格、合格率は63.3%
日本ディープラーニング協会が、ディープラーニングを実装するエンジニアの技能認定試験「E資格」の結果を発表。第2回試験は245名が合格した。受験者の年代は20代が最も多く、業種はソフトウェア業が最多で30.2%を占めた。(2019/3/14)

市立船橋高校が謝罪 合格通知と不合格通知を逆にして送付
作成マニュアルが周知徹底されていなかったことが原因。(2019/2/21)

IT用語解説系マンガ:食べ超(156):
エドテック導入でお掃除ロボも東大合格
オオカミに育てられた私も、エドテック導入環境で学び、蛸と話せるようになりました。※皆さんご存じかとは思いますが、本作はフィクションです。(2019/2/6)

「世界で初めて」:
京大、ロームなどの無線機がWi-SUN FAN認証を取得
京都大学と日新システムズ、ロームの3者は2019年2月4日、共同で開発したIoT(モノのインターネット)向け無線機が、Wi-SUNアライアンスが行った無線通信規格「Wi-SUN FAN(Field Area Network)」の認証試験に合格し、認証を取得したと発表した。3者は、「Wi-SUN FANの認証取得は世界で初めて」としている。(2019/2/5)

ファーウェイが声明 「製品に余計なものが見つかった」報道は「事実無根」と否定
ファーウェイ・ジャパンが12月14日、「製品のセキュリティ上の懸念に関する根拠のない報道について」と題したプレスリリースを発表した。「製品に余計なものが見つかった」とする報道は「事実無根」と否定。日本の製品は厳格な試験に合格していると反論した。(2018/12/15)

関東第一高等学校・横山北斗教諭の挑戦【後編】
東京大学の合格経験から見えた、教育にITを使うメリットと課題は?
ある現役教員がITを活用した受験勉強に挑戦し、見事、東京大学合格を果たした。その教員の話から、受験勉強や普段の学習にITを活用するメリットは何か、そこから教育はどう変わるべきかを探る。(2018/10/22)

関東第一高等学校・横山北斗教諭の挑戦【前編】
東京大学にIT活用で合格した現役教員 受験に活用したアプリとは?
教育分野のIT活用が広がらない要因の一つに、「受験にITが有効かどうか分からない」といった意見がある。本当にそうなのか。ITを活用した受験勉強に挑んだ、ある現役教員に話を聞いた。(2018/10/15)

道路管理×センシング:
リコーが開発した道路状態を計測するAIシステム、性能確認試験に“ステレオカメラ”で初合格
リコーはステレオカメラとAI技術を組み合わせ、一般車両で道路の舗装状況を計測するシステムを開発した。公共の路面性状調査業務を受託する際に必要となる土木研究センターの性能確認試験に、このほど合格した。(2018/9/11)

4年前の「AIがチューリングテスト合格」騒動は何だったのか
2014年に、チューリングテストで初の合格者が出たと話題になった。しかし、このテストによって人工知能は知能を持つといえるのか。チューリングが意図したテストの内容とは。(2018/7/26)

人工知能ニュース:
日本ディープラーニング協会がG検定合格者の会を開催、コミュニティー設立へ
日本ディープラーニング協会は2018年7月4日、東京都内で「G検定」合格者の会を開催した。2017年12月と2018年6月に試験を行ったG検定の合格者1959人のうち約180人が参加。成績優秀者を表彰するとともに、G検定合格者によるコミュニティーを設立する方針を明らかにした。(2018/7/5)

Marvell:
Marvellの車載イーサネットPHY、JASPARの準拠認定を取得
Marvell Semiconductorは同社1000BASE-T1準拠車載イーサネットPHY「88Q2112」が、日本の車載ソフトウェア標準化団体であるJASPAR(Japan Automotive Software Platform and Architecture)の適合試験に合格したと発表した。(2018/6/27)

組み込み開発ニュース:
車載イーサネットPHYが国内車載ソフトウェア標準化団体の準拠認定を取得
Marvell Semiconductorは、1000BASE-T1準拠の車載イーサネットPHY「88Q2112」が、日本の車載ソフトウェア標準化団体であるJASPARの適合試験に合格したと発表した。(2018/6/12)

あるある探検隊のネタにありそう「西川くんだけ落とされる」 レギュラーの気絶する方、吉本坂46不合格
審査で張り切り砕け散る。ハイ! ハイ! ハイハイハイ!(2018/5/2)

パラメーターの補正値も簡単入力:
EMI/EMCテストの一発合格をサポート
テクトロニクスは、EMI(電磁妨害)/EMC(電磁両立性)コンプライアンステストに合格するための時間や費用を大幅に削減することができるオールインワンソリューション「EMCVu」を発表した。(2018/3/26)

「不合格です」ロンブー淳、青学受験突破ならず
サクラチル。学部別入試に望み託す。(2018/2/17)

からかい上手の佐々木さん 「ユーキャン」で勉強する佐々木希が、勉強が手に付かなくなるかわいさ
見事合格したようです。(2018/1/23)

「ITパスポート試験」83歳が合格 最年長記録更新
IT国家試験の「ITパスポート試験」に83歳が合格し、最年長記録を更新した。(2018/1/18)

中学受験のリアルを描く漫画『二月の勝者』 第一志望校に絶対合格させる塾講師は神様か悪魔か?
「君達が合格できたのは、父親の『経済力』。そして、母親の『狂気』。」(2018/1/14)

大阪大が昨年の入試で出題と採点ミス 30人の追加合格者を発表
3度目の間違い指摘で判明。(2018/1/6)

「亀田興毅に勝ったら1000万円」に挑戦したYouTuber・ジョーがボクシングのプロテスト合格
必殺技はクロスカウンターかな?(2017/9/27)

IT国家試験「ITパスポート試験」に9歳が合格
これまでの最年少記録「10歳」を更新。(2017/8/16)

「ITパスポート試験」9歳が合格 最年少記録更新
7月の「ITパスポート試験」に9歳が2人合格。これまでの最年少は10歳で、最年少記録を更新した。(2017/8/15)

5万回以上の折り曲げに耐える充電ケーブル「超タフストロングケーブル」
オウルテックは、同社の「ストロングケーブル」シリーズの上位モデルとなる充電ケーブル「超タフストロングケーブル」シリーズを8月中旬に発売する。ユーザーの声をもとに改良を加え、5万回以上の折り曲げ試験に合格する耐久性能を実現した。(2017/7/27)

あのフリーメイスンがコーヒー事業に進出!? 「フリーメイスン・コーヒー」爆誕
日本フリーメイスンのパースト・グランド・マスターたちが審査し、合格した厳選のコーヒーです。(2017/5/24)

「合格」スマホで証明 数学検定の「デジタル合格証」発行開始
スマホ画面で「合格」を証明できる「デジタル合格証」が、「数学検定」合格者向けに発行される。(2017/5/16)

「データベーススペシャリスト試験」戦略的学習のススメ(1):
「データベーススペシャリスト試験」戦略的学習のススメ
あの“津崎さん”も保有する難関資格「データベーススペシャリスト」。この「データベーススペシャリスト試験」は同じパターンの出題が多いために、過去問題をたくさん解くことが合格の早道です。本企画では、午前/午後試験対策のための「基礎知識」を抜粋してお届けします。初回は、「データベーススペシャリスト試験の基礎」を解説します。(2017/4/18)

「合格祈願にお守りちょうだい」 りんながなかなかの神対応
(2017/2/23)

北海道では雪道の「すべり止め」に砂をまく!! 砂が合格祈願のお守りにもなる?
“謎のボックス”には、砂が入った袋が収納されています。(2017/2/12)

重要なのは敷設工事のトータルコストの低減
光ケーブル配線敷設で測定ミスや不合格ゼロを目指す投資効果UPの秘訣とは?
急増するデータトラフィックに対応すべく、高速伝送に対応するネットワークインフラの整備は急務。しかし、そのためには光ケーブルの適切な敷設と正しい認証試験が必須だ。(2016/12/15)

偽物のApple充電器、99%が安全テストに不合格 イギリスの非営利団体が調査結果を発表
命の危険もあるので信頼できる製品を。(2016/12/3)

「ロボットは東大に入れるか」成果報告会(3):
「AIの性能を上げている場合ではない」──東ロボくん開発者が危機感を募らせる、AIに勝てない中高生の読解力
東大合格を断念したAI「東ロボくん」。2016年は理系数学で偏差値76.2を記録したが、問題文の意味を理解しないAIに8割近い高校生はなぜ勝てなかったのか。NIIの新井教授が語った。(2016/11/21)

「ロボットは東大に入れるか」成果報告会(1):
“東大断念”も「近未来AIとしての結果に驚き」──人工頭脳「東ロボくん」、今年は535大学が合格圏内に
大学入試問題でAIの進化を測る「ロボットは東大に入れるか」プロジェクトが2016年の成果を報告。昨年を大きく上回る成績を記録したという。(2016/11/14)

韓国の「アイマス」実写ドラマ、PV公開 オーディション一次合格者が出演
19人の一次合格者が2チームに分かれて制作。(2016/6/6)

初実施の情報セキュリティマネジメント試験、受験者と合格者の傾向は?
IPAが4月に初めて実施した「情報セキュリティマネジメント試験」では合格者の平均年齢が「基本情報技術者試験」よりも10歳以上高かった。(2016/5/16)

合格が祝えないGoogle翻訳さん「Sakura fence」
(2016/5/13)

マイクロチップ・テクノロジー RN2483:
LoRa無線モジュールがLoRa Allianceの認証取得
マイクロチップ・テクノロジーは、同社のLoRa無線モジュール「RN2483」が、LoRa AllianceのLoRaWAN認証プログラムに合格したと発表した。(2016/1/21)

JR西、受験生に「すべり止めの砂」無料配布 SL用の砂を利用
JR西日本が、受験生の合格を祈願して「すべり止めの砂」を無料でプレゼントする。(2016/1/5)

東大合格に特化した全寮制の「N塾」設立、カドカワ×坪田塾
カドカワと個別指導塾を運営するビビッドは10日、東京大学の合格に特化した「N塾」を2016年4月に設立すると発表した。(2015/12/11)

東大受験に特化「N塾」、カドカワが開校 川上社長「1年で東大合格者を出す」
カドカワと個別指導塾「坪田塾」は、東京大学志望者を対象に全寮制の「N塾」を開校する。(2015/12/10)

合格のご利益ありそう! 太宰府の梅を使ったカルビー「ポテトチップス」、受験生の応援で限定発売
あの「学問の神様」で有名な大宰府の梅を……!(2015/11/26)

人工知能「東ロボくん」、センター試験模試で「偏差値57.8」 数学と世界史は偏差値60超え
東大合格を目指す人工知能「東ロボ」くんが、大学入試センター試験模試で偏差値57.8を記録。数学と世界史の計3科目を偏差値60を超える好成績を収めた。(2015/11/16)

「ロボットは東大に入れるか」 2021年の東大合格を目指す人工知能「東ロボ」がセンター試験模試で偏差値57.8の好成績
得意科目・苦手科目もしっかりあるようです。(2015/11/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。