ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ぺんてる」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ぺんてる」に関する情報が集まったページです。

「会議とかでありがたい」「イベントのメモにも良い」とTwitterで話題に ぺんてるの静音ボールペンの仕組みを聞いてみた
使ってみたい……!(2022/4/6)

静音油性ボールペン「Calme(カルム)」:
ぺんてる、“ノック音”を66%低減したボールペン発売 「音ハラ」意識を持つミレニアル世代に訴求
ぺんてるが、“ノック音”を低減させた静音油性ボールペンシリーズ「Calme(カルム)」を12月15日に発売する。(2021/11/26)

分かりにくいけれど面白いモノたち:
大人のボールペンは300円台で 低重心・スタビライザー機構を備えた三菱鉛筆「ユニボールワンF」の凄さ
100円のボールペンに飽き足りない、高機能な使い心地を求めるユーザーが増えているという。そんな中投入された330円の製品がすごいのだ。(2021/10/30)

技術者のための資料作成とプレゼン講座(1):
相手に合わせた資料構成とモジュール化
どんなに素晴らしい内容の発表でも、それが読み手や聞き手にうまく伝わらなければ意味がない。本連載では、技術者の皆さんを対象に、相手に伝わる発表内容の構成や資料の表現方法などについて伝授する。第1回のテーマは「相手に合わせた資料構成とモジュール化」だ。(2021/7/7)

「350円でプロ仕様」 学生が普段使いできる製図用シャープペン ぺんてるが発売
ぺんてるが製図用シャープペン「PG-METAL350」を発表した。学生が普段使いできる「少し良いシャープペン」を目指した。(2021/5/12)

ぺんてる公式、毛先がぼさぼさになった古い筆ペンを復活させる方法を伝授 「黙っていれば新しいのが売れたのに」とその姿勢に感謝の声
12月は1年でもっとも筆ペンが売れるシーズンです。(2020/12/6)

ぺんてるの絵の具や筆洗バケツも! 懐かしい画材が精巧なミニチュアフィギュアになって登場
芸術の秋ですし。(2020/10/14)

またカチカチできる! ぺんてる、サイドノック式シャープペン「ピアニッシモ」を数量限定で限定復刻
ノック式シャープペンの発売60周年を記念した製品の第一弾として復刻します。(2020/8/18)

「盗み食いをしていたピカチュウを捕まえました」 粘土で作った“手のひらサイズのピカチュウ”がほお袋パンパンでかわいい
なんてかわいいお顔……!(2020/7/26)

「純喫茶ぺんてる」のフラットペンケースが付録付きムックに登場 レトロかわいいクリームソーダ柄にときめきが止まらない
文具イベント「文具女子博2019」で大人気だったデザインがペンケースに!(2020/6/26)

日本最大級の文具イベント「文具女子博」 文具好き必見の限定・先行アイテムをレポートします
「文具コミケ」みたいな盛り上がり。(2019/12/13)

電話やメールが届くと震える:
スマホに届いた通知や着信を確認できる「スマートボールペン」、キングジムが6月発売
キングジムがスマートフォンと連携して使うスマートボールペン「インフォ」を6月14日に発売する。スマホに届いた電話やメール、SNSなどの通知を、バイブレーション、LEDライト、小型ディスプレイで確認できる。(2019/5/15)

KATEがなぜコスプレに注目? 宇垣アナ起用も話題の「THE COSPLAY MAKEUP」について聞いてみた
このコスプレ展開も続けていってほしい……!(2019/5/10)

スピン経済の歩き方:
なぜ「翔んで埼玉」はセーフで、「ちょうどいいブス」はアウトなのか
「自虐」を前面に押し出すことで、世間の関心を集める「自虐マーケティング」が盛り上がっている。「じゃあ、ウチもさっそくやってみよう」と思いたったマーケティング担当者がいるかもしれないが、気をつけていただきたいことがある。それは「地雷」があることだ。(2019/3/26)

キングジムの中の人(妹)がTwitter卒業 「このアカウントで、皆さんと同じ時間を共有できたことを誇りに思います」
最後までおつかれさまでした!(2019/3/8)

ぺんてる修正液のキャップはペン先の掃除に使えるのか! 公式Twitterも知らなかったデザインの秘密
キャップ先端の溝にペン先を入れてぐりぐり。(2019/1/31)

“デジタル化の波”なんのその:
“アナログ返り”が起きている 大盛り上がりの「文具女子博」で感じた業界の熱
文房具の展示即売会「文具女子博」(12月14日〜16日)がスタート。各社の展示ブースは女性客でにぎわいっており、会計だけで3時間待ちの状態に。“デジタル化の波”が押し寄せているが、業界はまだまだ盛り上がる――と感じさせられた。(2018/12/14)

自動で芯が出てくる:
「1本3000円」のシャープペンをヒット商品にした、“近寄りがたさ”
ぺんてるが2017年に発売した高級シャープペンシル「オレンズネロ」。1本3000円という価格でも、幅広い層に受け入れられ、ヒット商品になった。何が多くの人の心をつかんだのか。企画担当者の取り組みに迫った。(2018/8/22)

「誰か反応してよ大喜利」がTwitterで突如流行 無反応から一転リプ大爆発 企業アカウントも参戦
例えば「スター・ウォーズどれから見ればいい?」と言わせ、「時系列順に1から」「製作順に45612378」などと反応が来るまでを書く遊び。(2018/4/11)

水とお湯で、注いだときの音が違う科学的な理由
不思議と聞き分けられる。(2018/3/26)

筆ペン1本で生み出す超絶ライブドローイング! キム・ジョンギの武者バットマンに東京コミコン会場どよめく
【ノーカット動画あり】下書きなしで生み出される超絶技巧をご覧ください。(2017/12/2)

「『黒ひげ危機一発』は飛ばせば勝ちというルールだった」など Twitterで「実は最初はそうじゃなかったこと」が話題に
あんなトリビアやこんなトリビア。(2017/11/7)

2017年内提供予定:
ぺんてるが“落書きVR”を開発中 なぜ?
文房具大手のぺんてるが、デジタルコンテンツを手がけるアルファコードと共同で“落書き”体験ができるVRコンテンツの開発を進めている。一体なぜなのだろうか?(2017/7/5)

ロングセラー商品:
ぺんてるのサインペン “書きやすさ”の理由
昔から変わらず使われ続けているサインペン。世界で初めて開発したのが、文具メーカーの「ぺんてる」だ。シンプルでありながら、ロングセラー商品に育てることができた理由はなんだろうか。(2017/4/24)

これが本当の「肌色」 世界各国の子供の肌の色を集めた色鉛筆セットがステキ
みんな違ってみんな良い。(2017/4/23)

芯が折れない「オレンズ」も搭載:
自動で芯が出続けるシャープペンシル ぺんてるが発売
ぺんてるがシャープペンシルの新製品「オレンズネロ」を発表。(2017/2/15)

文房具をイメージした楽しいフードとドリンクがたくさん! ぺんてるの落書きカフェバーに行ってきた
店内壁も床も、天井以外ぜーんぶ落書きし放題!(2017/2/4)

その書き損じ、消えるよ こすっても消えない油性マーカー汚れを落とす方法になるほどの嵐
検索:お前を消す方法。(2017/2/1)

ぺんてるの落書きカフェバーが帰ってくる! “夜のらくがき”も楽しめる「GINZA RAKUGAKI Cafe & Bar by Pentel」がオープン
期間限定でさまざまなイベントやワークショップが開催されます。(2017/1/11)

おしゃれだニャ 猫の模様を幾何学的にアレンジしたジェルボールペンが登場!
三毛やハチワレ、キジトラ模様。(2016/8/10)

12色×12セットが1つになったシェア前提の色えんぴつボリュームパックが便利そう
1人で使うとしたら最悪それぞれ11本ずつなくしてもなんとかなる計算。(2016/7/6)

毛並みまで再現! イケメンゴリラをシャープペン1本で描き上げる動画がすごすぎる
イラストレーターの正体は後日公開されます。(2016/2/11)

お気に入りのボールペンを決める「OKB48総選挙」で筆箱のセンターを狙うのは……?
キミのボールペン愛が試される時が来た!(2015/11/1)

手や指で直接塗るから安全性を重視しました ぺんてるから「ゆびえのぐ」全8色が発売
容器にはアレルギー情報を表示。(2015/9/12)

落書きし放題のカフェバー再び ぺんてるの「GINZA RAKUGAKI Cafe & Bar by Pentel」オープン
今年のテーマは美術館。(2015/9/6)

ぺんてる、スマホ対応蛍光ペン「アンキスナップ」がPFU製「SnapLite」に対応
ぺんてるは、スマートフォン用暗記シートを作れる蛍光ペン「アンキスナップ」用アプリのバージョンアップを発表。新たにPFU製「SnapLite」に対応した。(2015/5/20)

思い出は心と写真の中に:
ぺんてる×キヤノン、お別れする校舎にペイントして写真に残す「校舎の思い出プロジェクト」実施
ぺんてるとキヤノンが3月13日、建て替えられる校舎との思い出づくりを支援する「校舎の思い出プロジェクト」を埼玉・川口市と東京・江戸川区の小学校で実施する。(2015/3/11)

折れない自信のキャンペーン:
この芯、折れません! ぺんてる「芯が折れたら返金キャンペーン」実施
細い芯でも折れないシャープペンシル「オレンズ」。0.2ミリの新色と0.3ミリバージョンが発売されるのに合わせて、ぺんてるは折れない自信を見せる「芯が折れたら返金キャンペーン」を開始した。(2015/1/13)

シャーペン業界の「芯が折れない」競争が新ステージに ぺんてる「芯が折れたら返金」キャンペーンを開始
ちょっとやそっとじゃ折れそうにない。(2015/1/13)

「うたプリ」がカスタマイズペンとコラボ! 限定モデルを来年2月に発売
オシャレです。(2014/12/10)

教えて! 絵師さん:
独学の日本画で描く妖怪の世界――アマヤギ堂さん
妖怪や動物の妖しげな世界を描いた日本画で、独特の存在感を放つアマヤギ堂さん。お気に入りの作品は「特にないです」と話す理由は……?(2014/10/6)

ぺんてる、iOS用の暗記アプリ「アンキスナップ」がEvernoteに対応
ぺんてるは、同社製となる暗記アプリ「アンキスナップ」のアップデートを発表。新たにEvernoteへの保存をサポートした。(2014/9/8)

ソフトニック:
かつて試験勉強の相棒だった赤&緑の暗記シートがアプリに!  忙しい社会人の勉強をバックアップ――「AnkiSnap」
「AnkiSnap」は、暗記勉強に役立つ学習アプリです。専用マーカーでなぞったところを撮影すると、アプリ上ではマスクがかかった状態で表示されます。(2014/8/14)

「pixiv」でぺんてる公式キャラ「ペペ&ルル」のイラストコンテスト開催
ぺんてるの公式キャラクター「ペペ&ルル」のイラストコンテストが「pixiv」で始まった。(2014/8/4)

今選びたいおすすめ暗記学習用グッズ5選
学生時代にお世話になった暗記学習用ッズも、ここ数年はスマホ連携文具の登場などによって飛躍的に便利になった。今おすすめしたい暗記グッズを紹介する。(2014/7/14)

「狙って消したい」人へ――用途別消しゴム5選
普段何気なく使っているものだからこそ、ちょっとした使い心地の違いが大きく感じられる消しゴム。個性が光る5種類を選んでみた。(2014/7/11)

取り壊される校舎を巨大キャンバスに 最後の思い出づくり、ぺんてるとキヤノンMJがサポート
児童が壁などに描いた絵をポスターにしたり、製作過程をフォトブックで残したりします。(2014/6/23)

App Town 写真/ビデオ:
ぺんてる、専用カードに描いたイラストが動き出すARアプリ「KakutoAR」リリース
スマートフォン/タブレットをかざすと、専用カードに描いたイラストが動き出すARアプリ「KakutoAR」がリリースされた。カードは期間限定のカフェバーでコースターとして配布する。(2014/6/3)

自由にラクガキできるカフェバーが銀座にオープン 料理もカクテルもパレットから飛び出してきたみたい
そこは、メルヘンのくにでした。(2014/5/26)

今選びたい、おすすめ「スマホ連携文具」7選
近年注目を集めているスマホ連携文具。今選ぶべきおすすめの7製品を紹介する。(2014/3/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。