ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「物理演算」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「物理演算」に関する情報が集まったページです。

マインクラフトのプレイ映像……?→実は生成AIが作った“偽動画” OpenAIの「Sora」に驚きの声相次ぐ
米OpenAIが発表した動画生成AI「Sora」がX上で話題になっている。プロンプトで指示するだけで最長1分ほどの動画を作れるAIモデル。ゲーム『Minecraft』を再現した動画」などを公開しているが、そのクオリティーの高さにXでは驚きの声が相次いでいる。(2024/2/16)

IIFES 2024:
リニア搬送システムで運ぶムダを最小化、物理現象再現可能な3Dソフトとの連携も
Rockwell Automation(ロックウェル・オートメーション、以下ロックウェル)は「IIFES 2024」において、軽量物搬送向けリニア搬送システム「MagneMover Lite」などによるデモを披露した。(2024/2/7)

ROSの進化とデジタルツインの可能性(後編):
ROS 2を用いたロボットの実機とシミュレーションによるデジタルツイン連動の実践
ロボットプラットフォームとして知られる「ROS」の需要が高まり続けている。本稿では前後編に分けて、ROSの進化とデジタルツインの可能性について考察する。後編では、ROSのデジタルツイン活用の事例として、ROS 2を実装したロボットの実機とシミュレーションの連動について紹介する(2024/1/22)

大空スバルが「龍が如く5」プレイ → “開発も想定外”のやらかしで進行不能に陥りかけ視聴者爆笑 「SEGAは悪くない」「こんなの初めて見た」
そしてまさかの突破、からのゲームオーバー。(2023/12/20)

「AIが卵より安くなる時代」に向けて:
「Google Gemini」と「Pika」って何がすごいの? ビジネスパーソンに与える“衝撃”を解説
最近発表された「Google Gemini」と「Pika」はビジネスパーソンにとってどのような影響をもたらすのでしょうか。生成AIを日々仕事でゴリゴリ使っている筆者が「AI革命の衝撃はまだ始まったばかりだ」と言う意味とは。(2023/12/13)

製造業DXプロセス別解説(5):
情報とのモノの接点である「生産準備」のデジタル化はどう進めればいいのか
製造業のバリューチェーンを10のプロセスに分け、DXを進める上で起こりがちな課題と解決へのアプローチを紹介する本連載。第5回は、設計という情報とモノをつなぐプロセスである「生産準備」を取り上げる。(2023/11/30)

スイカゲームで確定死と思われていた“ホームラン”をブロックするスーパープレイが話題に 「うますぎw」「きれいな打ち返しで草」
反射神経が求められます。(2023/10/21)

「スイカゲーム」で実際の大きさ比率の“惑星版”を作った結果 オチに「分かっていたのに笑った」「想像以上のスケールw」
サイズ差がすごい。(2023/10/7)

「ポケモンSV」サンドウィッチ151種を実際に調理 「トーフサンド」や「すしふうサンド」まで再現したガチ勢に脱帽
材料に3万円使い、3日間かけて完成。(2023/3/22)

“サンドイッチを作るだけ”で宇宙に到達!? 「ポケモンSV」で話題の「サンドイッチ爆発学」の発展がすごい
宇宙空間で仕上げのピック刺しに挑戦だ。(2023/3/9)

サイコロを同じ投げ方で投げると同じ目が出るのか 物理エンジンでシミュレーションしてみた動画が興味深い
物理エンジンの世界でもちょっとの誤差から大きな変化が生まれています。(2023/2/27)

クボタ、マツダ、SUBARUも採用:
PR:産業界に広がるゲームエンジン活用 デジタルツインでモノづくりのDXを推進
ゲームの統合開発環境として作られたゲームエンジンがDXのカギを握る“デジタルツイン”の実現に活用され始めている。ゲームエンジンが製造業にもたらすインパクトについて、シリコンスタジオに話を聞いた。(2023/2/20)

セミナーレポート:
3Dコラボレーションやデジタルツインを加速する「Omniverse」とは
デル・テクノロジーズ主催セミナー「Workstation Masterclass - デジタルツインはこう攻めろ、最新ソリューションを知る」の講演内容から一部を抜粋し、「NVIDIA Omniverse」の概要や活用事例などを紹介する。(2023/1/25)

PR:PCサーバ“爆速”化 DellマシンにNECのスパコンエンジンを挿す
(2023/1/5)

「母親がポケモンにハマったと分かる写真」がほぼゲーム画面 物理演算がすごそうな料理風景が話題に
なお、別にベーコンは積まなかった模様。(2022/12/13)

新作ポケモンの“サンドウィッチ作り”を再現した昼食が人気 具材を落下させてリアル物理演算クッキング
やっぱりゲームのサンド弾け飛び過ぎだと思う。(2022/11/25)

「Blue Carpet Project」でクリエイターを支援するインテル――最新PCを手にしたクリエイターが驚いた理由
「インテル Blue Carpet Project」は、インテルがPCメーカー/パーツベンダーを始めとして、教育機関やクリエイティブカンパニーと連動して、クリエイターを包括的に支援するものだ。3月のスタートから、どのような取り組みがあったのだろうか。(2022/9/15)

エンジニア不足、デジタルツイン構築後のアップデート問題を解消:
PR:産業用メタバースへの一歩、どう踏み出す? 世界的企業3社の事例を見る
急速に広まりつつある「産業用メタバース」だが、日本企業ではエンジニア不足などのためになかなか実用化に至っていない。より効率的な工場運営に向けて日本企業が産業用メタバースを導入するためには何が必要か。世界的企業3社の事例を見てみよう。(2022/8/29)

「可哀想すぎて笑っちゃいました」 「フォールガイズ」での悲壮感があふれる負け方にリプ欄大盛り上がり
ドンックルクルクルクルザパーン。(2022/8/23)

NVIDIAが「Omniverse」を拡張 新USDベースの「Connector」 や開発者向けフレームワークなどをリリース
NVIDIAが、3次元仮想空間再現ソフトウェア「NVIDIA Omniverse」を拡充する。新しい開発者向けのフレームワークやツールなどを公開する他、新しいアプリやプラグインも用意する。(2022/8/10)

うなぎ「ぶえっくしょい!!!!」 突然のくしゃみが止まらないうなぎ、全身が荒ぶっちゃう動きがかわいい
止まらない時ってあるよね。(2022/8/7)

96MBのL3キャッシュは効果あり? AMD 3D V-Cache搭載の「Ryzen 7 5800X3D」の実力をチェック!
AMDのデスクトップPC向けCPU「Ryzen 7 5800X3D」は、独自の「3D V-Cache Technology」を活用してL3キャッシュを従来比で64MB増量したことが特徴だ。条件によっては上位の「Ryzen 9 5900X」を上回るパフォーマンスを発揮するという同CPUの実力を、実際にテストを通してチェックしていこう。(2022/5/20)

“オープニングだけ無駄に壮大”なただのマルバツゲーム「MadRune BadGame」 OPに力を入れすぎたのでCPU戦は無く2人対戦専用
音楽も無駄に荘厳。(2022/5/11)

GTC 2022:
NVIDIAがOmniverseを強化、デジタルツイン用システムやクラウドサービス発表
NVIDIAは、オンライン開催のユーザーイベント「GTC 2022」の基調講演において、3Dデザインコラボレーション/リアルタイムシミュレーション基盤である「NVIDIA Omniverse」に関するいくつかの新しい発表を行った。(2022/3/29)

「本格相撲ゲーム(仮)」がカオス まともに立てないグニャグニャ力士の勝負に「俺の知ってる相撲と違う」
休憩時間中に作っていたゲームがまさかの商品化?(2021/12/29)

VRでROBO-ONEやってみた:
ロボットバトルはメタバースでもやれんのか! VRChatで大会を開催してみた
新型コロナウイルス感染症によりロボット競技会が大きな影響を受ける中、ROBO-ONE Lightの公認機をリモート操縦で戦い合わせるためのシステムを独自に構築した筆者の大塚実氏。しかしこの環境でもさまざまな制限があるということで、注目を集めるメタバース(というかVR)に戦いの舞台を求めた。VRでロボットバトル、どれだけやれんのか!(2021/12/6)

パワーを溜めて駒を吹っ飛ばす物理演算将棋ゲーム「超将棋」がリリース初日から人気呼ぶ カオスなプレイ動画続々
駒の扱いがデリケートで、ゴルフゲームのような感覚も。(2021/11/10)

物理演算でグニャングニャンな「普通のネコ」の乱闘ゲームがクセになる ネコは液体だからこれくらい普通!
ニャーニャー言ってかわいい。(2021/8/30)

仮想環境を使ったクラウド時代の組み込み開発のススメ(4):
クラウドネイティブで実現する、シミュレーションと実機テストのボーダーレス開発
IoT/クラウドロボティクス時代のシステム開発を加速化する仮想環境の活用について解説する本連載。第4回は、前回紹介した「クラウドネイティブ」の考え方に基づき、製品開発の課題になっている、シミュレーション環境と実機テストの間にあるギャップを埋める方法を紹介する。(2021/8/30)

メカ設計ニュース:
「NVIDIA Omniverse」が大規模拡張、BlenderやAdobeとの統合を実施
NVIDIAは、メタバースの基盤となるシミュレーション、コラボレーションプラットフォーム「NVIDIA Omniverse」の大規模拡張を発表した。BlenderやAdobeとの統合が実施され、数百万人のユーザーに同プラットフォームが開かれる。(2021/8/26)

仮想環境を使ったクラウド時代の組み込み開発のススメ(2):
日本の伝統を受け継ぐ仮想環境「箱庭」でIoTシステムの統合開発を加速する
IoT/クラウドロボティクス時代のシステム開発を加速化する仮想環境の活用について解説する本連載。第2回は、IT分野と組み込み分野の相克を乗り越えて、IoTのシステム開発/サービス構築をスムーズに進めるための「箱庭」を紹介する。(2021/6/28)

“ソーセージをぶるんぶるんぶつけて戦う”怪ゲーに続編が登場 負けるとソーセージにされて食われる
ストーリー性が追加されてしまった。(2021/5/31)

動きに貼り付く映像技術「ダイナミックプロジェクションマッピング」の変遷
これまで何度か紹介してきたダイナミックプロジェクションマッピング技術。その変遷をまとめた。(2021/3/31)

ROSを使ってロスなくロボット開発(後編):
ROSとフォトリアルなシミュレーター「Isaac Sim」を連携させる
ロボットの開発に広く利用されるようになっているロボット開発プラットフォーム「ROS(Robot Operating System)」の活用について解説する本連載。今回は、「ROSとシミュレーターの組み合わせ事例」をテーマに、ROSとフォトリアルなシミュレーター「Isaac Sim」の連携について具体的な手法を紹介する。(2021/3/24)

PR:AI処理で「100万円スパコン」使ってみた GPUからの移行は手間? 対話AIベンチャーが手応え明かす
(2021/3/2)

ROSを使ってロスなくロボット開発(中編):
ROSとシミュレーターの連携が生み出す新たな可能性
ロボットの開発に広く利用されるようになっているロボット開発プラットフォーム「ROS(Robot Operating System)」の活用について解説する本連載。今回は、「ROSの活用シーンとしてのシミュレーターとの連携」をテーマに、ロボット開発におけるシミュレーターの重要性や、ROSと連携可能なシミュレーターなどについて解説する。(2021/2/25)

フラグシップとエントリーの実力はいかに? 「Ryzen 9 5950X」「Ryzen 5 5600X」をベンチマークテストでチェック
Zen 3アーキテクチャを使ったデスクトップ向けの「Ryzen 5000プロセッサ」が人気を博している。その最上位モデルである「Ryzen 9 5950X」と、エントリーモデルである「Ryzen 5 5600X」の実力をベンチマークテストを通してチェックしてみよう。(2021/2/24)

iOS音楽アプリプロデューサーがM1 Macを使ってみたら:
M1 Mac、演算パワーを生かしたい物理モデリング音源なら万全か?
M1 Macに有利と思われる物理モデリング音源を試してみた。(2021/2/10)

ETロボコン2020:
ETロボコンも初のオンライン開催に、シミュレーター活用で見えた新たな可能性〜ETロボコン2020チャンピオンシップ大会〜
コロナ禍の中で2020年のETロボコンも、パシフィコ横浜でのリアル大会の開催を見送り、シミュレーターを活用した完全オンライン開催となった。19回目にして初となったオンライン大会で、従来の競技をどこまで再現できたのだろうか。(2021/2/1)

プログラミングを3D空間で ソニー子会社が4月から提供 物理演算シミュレーターも搭載
ロボット・プログラミング学習キット「KOOV」を手掛けるソニー・グローバルエデュケーションが子どもたちが3D空間でのプログラミングできるサービスを4月に始めると発表。シミュレーターで現実空間にいるかのような環境でプログラミングが学べるという。(2021/1/29)

PS5難民に朗報(?) PS5を購入した気分が体験できるゲーム「PS5 Simulator」が無料公開
通販で届いた箱の開封から楽しめ(苦しめ)ます。(2020/11/17)

人気ゲーム「フォートナイト」、PS5とXbox Series X/Sにネイティブ対応 PS5版は独自機能も
PS5、Xbox X/S発売初日からダウンロードし、プレイできる。(2020/11/4)

PR:ベンチマークテストはどうあるべきか?──インテルが「実体験」を重視する理由
CPUの進化/性能向上に合わせて、それを数値化して分かりやすく示すベンチマークテストも時代に応じて変化を続けてきた。現在のベンチマークテストでは何が行われているのか、その種類や中身を分かりやすく解説をすると共に、ユーザーにとって大切なものは何かについて考える。(2020/9/24)

仕事もゲームも任せられるか? レノボ「Legion 550Pi」で確かめた
レノボ・ジャパンが2020年5月に発表したゲーミングノートPC「Legion 550Pi」。最新のIntel第10世代Core i7-10750HとGeForce RTX 2060のGPUを備えたモデルの実力を探ってみた。(2020/9/8)

3DEXPERIENCE CONFERENCE JAPAN 2020 ONLINE:
三菱自動車が取り組んだ床下空力騒音解析、“弱点”を解決した道筋
ダッソー・システムズは、オンラインイベント「3DEXPERIENCE CONFERENCE JAPAN 2020 ONLINE」を開催。その中でカテゴリーセッションとして、三菱自動車工業 第一車両技術開発本部 機能実験部 空力技術開発の奥津泰彦氏が登壇し「PowerFLOWとwave6を活用した自動車床下空力騒音の伝達メカニズム解明」をテーマに、床下空力騒音解析の数値計算手法と計算結果などを紹介した。(2020/8/18)

メンテナンス・レジリエンス OSAKA 2020:
建設向けシミュレーションソフト「AGX Dynamics」がUnityに対応
スウェーデンのAlgory Simulation ABは、建機の開発や工事前に現場でのワークフローを確認するのに役立つ建設向けシミュレーションソフト「AGX Dynamics」のUnity用プラグイン「AGX DYNAMICS for Unity」をリリースした。(2020/8/5)

Innovative Tech:
揺らして遊べるプロジェクションマッピング 東北大が開発
物理シミュレーションを加えた、高度なプロジェクションマッピングが登場。(2020/7/22)

短期連載「X1 Carbon(Gen 8)と私」第2回:
「ThinkPad X1 Carbon」は3年間でどれだけ進化した? 2020年モデルと2017年モデルを比較する
レノボのフラグシップノートPC「ThinkPad X1 Carbon」に第8世代モデルが登場。その“ほぼ最上位”構成を数回に分けてレビューしていく。今回は、3世代前の“ほぼ最上位”構成とベンチマークテストで性能を比べていく。(2020/6/26)

鶏・玉ねぎ・卵→親子丼がドーン! 3DCGで作られた「丼スロット」が一家に1台欲しいレベルで画期的 でもハズレもあるから気をつけて……
お昼に何食べようか迷ったら絶対使う。(2020/1/16)

PR:ITリテラシー低めの女子大生、はじめてのプログラミングを学ぶ
知識ゼロの女子大生がゆる〜くプログラミングを学びます。(2019/9/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。