ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「物理演算」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「物理演算」に関する情報が集まったページです。

ニンニクヤサイマシマシカラメ! 全力のCGで描かれた二郎のラーメンが本物よりおいしそうな予感
そのままCMに使えそう。(2019/3/26)

週末珍ゲー紀行:
江戸の町民に大人気! ふんどし一丁で大空を舞うジェットパック消火アクションゲーム「Otokomizu〜漢水〜」
アイアンマン(ふんどし)。(2019/3/10)

マリオの屍を超えてゆけッ 自分の死体を踏み台にゴールを目指すアクションゲームが面白くも考えさせられる
「マリオが常に大量の死を含んでいるゲームであることを可視化してみせている」。(2019/3/7)

住宅・ビル・施設Week 2018:
VR×ザブトンで地震を体感、ビルの揺れを可視化するシステムも出展
白山工業は「第3回 スマートビルディングEXPO」で、専用の“ザブトン”に座り、VRヘッドマウントディスプレイ(HMD)を装着すると、地震の揺れをリアルに体験できる「地震ザブトン×VR」の他、地震発生時のビルの揺れを可視化する低・中層にも対応したビル管理システムを展示した。(2018/12/19)

なぜスマホを落とすといつも画面から落ちてしまうのか?
落としても割れない持ち方を考えた。(2018/11/30)

お尻ジュースで空を飛ぶ……! 裸マントの男がホッピングで宇宙を救ういろいろとアウトなゲームが配信へ
ハンマーを振り回す生活の次はホッピングで飛ぶ生活かな……?(2018/11/3)

紅茶をキメた紳士たちの自爆特攻 最速のパンジャンドラムを決める「P1グランプリ」をティータイムにどうぞ
天国のネビル・シュートさんもきっとお喜び。(2018/10/1)

ロボット開発ニュース:
統合ロボットシミュレーター向けプラグインのランタイムライセンスを発売
ブイエムシーは、統合ロボットシミュレーター「Choreonoid」向けのAGX Dynamicsプラグイン動作用のランタイムライセンスの販売を開始する。同社と産総研の共同研究によって開発された。(2018/8/8)

「穴になる」というコンセプトが酷似 人気沸騰中のゲーム「Hole.io」にインディーゲーム開発者から“アイデアを盗られた”と嘆きの声
「Donut County」と「Hole.io」のコンセプトが酷似している。(2018/6/27)

Rhinoceros:
McNeelアジア、Windows版「Rhino 6」を日本市場向けにリリース
McNeelアジアは、3次元CADソフトウェア「Rhinoceros」のWindows版(Windows版Rhino 6)を日本市場でリリースした。(2018/4/3)

CADニュース:
3D CAD「Rhino 6」のWindows版、日本で発売
McNeelアジアは、3次元CADソフトウェア「Rhinoceros」のWindows版(Windows版Rhino 6)を日本でリリースした。ビジュアルプログラミング言語「Grasshopper」をはじめ、プレゼンテーションツールなどが改良され、表示速度も向上している。(2018/3/22)

トイレットペーパーを何回巻いたら、地球一周分の長さになるのか
どう考えても、一生お尻がふける量。(2018/3/9)

滑り台で、ジェットコースターのように垂直ループすることは可能なのか?
巨大滑り台で加速すれば何とかなるか……?(2018/3/4)

どれくらいの威力で豆まきしたら、“物理的に”鬼が倒せるのか
そんな装備(豆)で大丈夫か……?(2018/2/22)

セーラー服おじさんや犬面人が大爆走 英国製“なんちゃってジャパン”的ゲーム「Nippon Marathon」が不思議と魅力的
奇っ怪なビジュアルの割には作り込まれていて、アップデート次第で化けそうな予感。(2018/2/19)

「アキラ100%さんがポロリしないお盆の回転速度」ってどれくらい? 物理エンジンで検証してみた
ギリギリセーフで済むギリギリの速度は?(2018/2/15)

ドラゴン呼び出すのなら神の領域に行くしかないじゃん 漫画『GREAT OLD〜ドラゴンの創り方〜』が熱い
知に限界があると考えるか、乗り超える覚悟があるか、それが問題だ。(2018/2/8)

「マトリックス避け」を現実世界でやるとどうなるの?
後ろに倒れ込むように銃弾を避けるアレ。(2018/2/13)

雨のときは「歩く」「走る」のどちらが、ぬれにくいの? 同じかと思いきやまったく違う結果に
時折耳にする疑問ですが、正解は?(2018/1/31)

摩擦がなければビリヤードは一発で全て入るのか?
みんな一度は考えるやつ。(2018/1/24)

紙を何回折ったら宇宙に到達するのか?
100メートル四方の巨大コピー用紙でシミュレーション。(2018/1/17)

時速何キロでスーパーボールをバウンドさせたら、スカイツリーを越えられるか?
人間の肩でもいける?(2018/1/10)

ロボット開発ニュース:
「World Robot Summit 2018」の競技用に採用されたロボットシミュレーター
ブイエムシーは、産業技術総合研究所との共同開発による統合ロボットシミュレーター「Choreonoid」が「World Robot Summit 2018」の競技用シミュレーターとして使用されると発表した。(2017/12/5)

モバクソ畑でつかまえて:
「中毒性が異常」「どう森を超える神ゲー」――無名のフリーゲーム「どうぶつタワーバトル」がなぜか突然流行りはじめた4つの理由
動物を落として交互に積み上げていく、それだけのゲームがなぜ突然流行?(2017/12/3)

FPGAの4大メリットを理解すると見える「この先」:
PR:FPGAが、なぜ「サービスを変え、ビジネスを変え、社会も変える」と期待されるのか
ITの力を駆使して企業競争力を高める「デジタルエコノミー時代」の波に乗れなければ、「この先、生き残れない」と叫ばれる。この時代にビジネスの大きな躍進を図る企業が注目しているテクノロジーの1つが「FPGA」だ。なぜFPGAなのか。FPGAは私たちに「どんなメリット」をもたらすのか。そして、なぜ「今後必須のテクノロジー」と叫ばれるのか。本稿では、私たち技術者への理解とともに、私たちが「経営層へ正しく説く」ために必要となる、FPGAがもたらす本当の「鍵」を探った。(2017/11/1)

Adobe MAX 2017:
アドビ、AIを使った「11の新技術」を発表 未来のAdobe製品に搭載される可能性も
11の新技術を、デモ動画を交えてレポートする。(2017/10/24)

なぜその人選 のび太に蟻の能力を与えて行列ができる仕組みを解説した動画がためになるけど大変キモい
突然二足歩行になるのやめろ。(2017/9/23)

機能美にうっとり:
モジュールで拡張できるコンパクトでスタイリッシュなPC「HP Elite Slice」を試す
「できるだけ小さく、機能は豊富なPCを」というニーズに対し、HPは「モジュール式」で拡張できるミニPCという答えを出した。デザインにこだわりつつ、性能面やセキュリティ面でも妥協していない。(2017/8/11)

クルマの未来はIoT:
クルマ1台のモデリングに6カ月 サーキット風景も徹底再現する「グランツーリスモ」の“やりすぎる”こだわり 山内社長に聞く
そこには、開発陣がこだわる“やりすぎ”なものづくりがあった。「業務用グランツーリスモ」構想も。(2017/7/31)

PR:VRコンテンツの開発コストを大幅に下げる画期的サービス「NEUTRANS」が生まれた理由
会議や対面販売など、VR(バーチャル・リアリティ)のビジネス導入を加速させるSynamonの「NEUTRANS」。その開発現場を取材した。(2017/6/7)

「燃えプロ」の「バントでホームラン」は剛速球に当てれば実現できる? 物理エンジンでざっくり検証した結果……
「ドカベン」の岩鬼じゃないとたぶん無理。(2017/6/6)

鼻毛で歩いて鼻息でジャンプ! 鼻が冒険するアクションゲーム「Nose Goes」がマジ鼻毛(ゲー)
ゲームデザイン自体は硬派で難しそうなあたりがたまりません。(2017/5/30)

地獄かよ! パンイチおじさんの群れを食い止めるタワーディフェンスゲームが見苦しいけど面白そう
物理演算に則って吹っ飛んでいくおじさんの姿は必見。(2017/5/30)

重なった振り子が途中から一気にバラバラに……! 三重振り子を100個同時にゆらしたシミュレーション動画がすごいカオス
カオスな振り子運動が100個でよりカオスな見た目に。(2017/5/26)

「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」プロトタイプ版をベースにしたファンゲーム開発中。昔の2Dスタイルで描く自由な大地
「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」が2Dだったら……。(2017/4/30)

Software-Definedの実践を設計思想から掘り下げる
ワークロード混在を前提とした戦略的な物理環境整備の手法
クラウドネイティブなアーキテクチャを考えるとき、物理環境を蚊帳の外に置いていては真の統合運用は実現しない。ではクラウドの思想を物理環境に適用する方法とは?(2017/4/28)

「コナンくんが蹴ったやかんは時速1900キロ以上」 名探偵コナンの探偵道具を検証したら危険すぎた
コナンくんを逮捕するべき。(2017/4/12)

IT用語解説系マンガ:食べ超(113):
物理演算エンジンでタスク崩壊を眺めるセラピー
プロジェクトは、まず時速100キロで壁にぶつけてみましょう。(2017/4/12)

ゲームの「敵」キャラで分かる「人工知能」の作り方(2):
SwiftのGameplayKitでAIに追いかける、避ける、逃げる処理を追加するには
iPhone向け鬼ごっこアプリを作りながら人工知能(AI)について学んでいく連載。今回は、SwiftのGameplayKitでAIの敵キャラに、追いかける、避ける、逃げる処理を追加する方法を解説する。(2017/4/3)

若手力士が時間を巻き戻しながらパズルを解く 癒し系どすこいアドベンチャー「Sumoman」Steam配信開始
主人公は時間を巻き戻す能力を持つ若手の力士。(2017/3/30)

ドラえもんがタケコプターで飛ぶのに必要な風速を物理エンジンで検証 → 街を丸ごと破壊できそうな威力に
「数トンもある物体がどこからともなく降ってくる」レベルの竜巻より凶悪。(2017/3/26)

「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」熾烈なクリア競争 半裸のリンク達がハイラルを駆け抜ける
RTAに適したゲームとなっているため、競争が過熱。(2017/3/14)

ガレキを使ってオブジェクトを切り裂け ゲームフリークの2D物理パズルアクション「GIGA WRECKER」正式リリース
物理演算を使ったパズルありのユニークな2D作品。(2017/2/9)

最高のピンボールゲームを作りたい → よし、まずは実機からだ!(20年前) 壮大すぎる開発経緯を持つピンボールゲームがSteamで配信開始
出発点がまずおかしい(褒め言葉)。(2016/12/29)

ホワイトペーパー:
「ゲームをやらないから必要ない」という人こそチェックしたい「GPU仮想化」
GPU仮想化は、グラフィックス処理の負荷が高いアプリケーションでないと意味がないと考えてしまいがちだが、Microsoft OfficeやWebブラウザしか使わない部署のスタッフにもメリットがある。ベンダー間の競争激化を背景に、その導入のハードルが急速に下がりつつある。(2016/12/28)

TechFactory 人気記事TOP10【2016年10月版】:
「Nintendo Switch」採用のカスタムTegraに思いを巡らせる
TechFactoryオリジナル記事コンテンツの人気ランキングTOP10をご紹介。今回は、2017年3月発売予定の任天堂の新型ゲーム機「Nintendo Switch」に関する記事が堂々の第1位に! 記事では、NVIDIAのSoC「Tegra」の歴史をひもときながら、Nintendo Switchに搭載されたカスタムTegraについて考察しています。(2016/11/10)

特選プレミアムコンテンツガイド
「ゲームをやらないから必要ない」という人こそチェックしたい「GPU仮想化」
GPU仮想化は、グラフィックス処理の負荷が高いアプリケーションでないと意味がないと考えてしまいがちだが、Microsoft OfficeやWebブラウザしか使わない部署のスタッフにもメリットがある。(2016/11/4)

Nintendo Switch:
Tegraの歴史から、Nintendo Switchの「カスタムTegra」を予想する
任天堂の新ゲーム機「Nintendo Switch」には、NVIDIAのSoC「Tegra」がカスタマイズされ搭載されている。Tegraの歴史をひもとき、搭載カスタマイズSoCに思いを巡らせる。(2016/10/22)

VMwareで対応するLinuxはごく一部
LinuxデスクトップをVDIで利用、“Windows不要論”が加速する?
仮想環境導入におけるコストを抑制するためにLinuxの仮想デスクトップを導入するケースが増えている。しかし、使い慣れているWindowsのデスクトップと使い勝手が全て同じとはいえないようだ。(2016/8/18)

Polarisの狙いは?:
AMDの最新GPU「Radeon RX 480」まとめ
2枚構成なら500ドル以下の価格で“競合ハイエンド”を上回るという「Radeon RX 480」が発売。ミドルレンジでGPU市場のイニシアチブを奪還できるのか?(2016/6/29)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。