ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「Pocket WiFi(GP01)」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Pocket WiFi(GP01)」に関する情報が集まったページです。

Y!mobileの1.7GHz帯3Gサービス、1月末で提供終了
Y!mobileは2月1日午前0時をもって、同社の1.7GHz帯の3G通信サービスの提供を終了した。これにより、1.7GHz帯を使用する音声、パケットサービスの提供も終わり、対象となるプランの契約は自動で解除されるという。(2018/2/1)

ソフトバンク、2017年度以降にLTEサービスを拡大 3Gサービスを一部縮小・終了へ
ソフトバンクは、1.5GHz帯でのLTEサービスを開始する。また、1.7GHz帯においてLTEサービスを拡大する。これらの周波数帯では、3Gサービスの提供を終了する。(2015/12/11)

7日間3980円でレンタルできる「WiFiルーター&タブレット 7日間お得セットキャンペーン」
エクスモバイルが提供している国内向けスマホ・タブレット端末のレンタルサービスで、期間限定の「WiFiルーター&タブレット 7日間お得セットキャンペーン」がスタート。(2014/4/22)

人力名刺リーダー「KYBER SmartCardBox」、Pocket WiFiとセット販売
オーリッドとイー・アクセスは、9月10日にクラウド型名刺リーダー「KYBER SmartCardBox」とモバイルルータのセット販売を開始する。(2012/9/7)

イー・モバLTEサービスの実力は?──「@nifty EMOBILE LTE定額にねんプラン」で試す
都心部では「意外に入るし、かなり速いぞ」とモバイルユーザーに驚かれているというイー・アクセスのLTEサービス。今回はニフティのLTE MVNOサービス「@nifty EMOBILE LTE定額にねんプラン」を用い、2012年4月末時点の実速度と料金プランを検証した。(2012/5/7)

実動9時間でLTEハンドオーバー性能も上々:
初号機なのにかなり優秀ですよ──EMOBILE LTE対応ルータ「Pocket WiFi LTE(GL01P)」検証
2012年、新世代のデータ通信サービスが続々始まっている。今回はイー・アクセスのLTEサービス“EMOBILE LTE”対応のポータブルータ第1弾「Pocket WiFi LTE GL01P」の使い勝手をじっくりチェックする。(2012/4/13)

ビックカメラ、イー・モバイルの通信サービスを提供――無料の公衆無線LANサービスも
ビックカメラが12月1日から、イー・モバイルのMVNOとして通信サービスをビックカメラ全店で提供する。下り最大42Mbps、上り最大5.8Mbpsの通信サービスを利用できるほか、特典も用意する。(2011/11/30)

月々3000円台前半でモバイルWi-Fiルーターが持てる 「@nifty EMOBILE G4」は買い得なのか?
ニフティが9月1日から、イー・アクセスの「EMOBILE G4」を利用したサービスを提供開始した。9月30日までは、新規に契約すると月々3000円台の前半で最新のモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi(GP02)」が利用できるキャンペーンも実施している。このコストパフォーマンスの高さを検証してみた。(2011/9/13)

イー・アクセス、「GALAPAGOS A01SH」購入者向けに電子書籍の無料キャンペーンを実施
8月30日に発売されたイー・モバイルのタブレット「GALAPAGOS A01SH」の購入と同時にイー・モバイルのデータ通信サービスに契約したユーザーを対象としたキャンペーンが実施される。(2011/8/30)

「Pocket WiFi(GP02)」の最新ソフト公開 動作の安定性を向上
イー・アクセスは、ファーウェイ製のモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi(GP02)」の最新ファームウェアを公開した。microSD装着時の安定性が増すほか、Snow Leopardを搭載したMacにドライバをインストールする際の安定性も向上する。(2011/8/10)

ビジネスマン向けのタブレット、イー・アクセスとシャープが提供
イー・アクセスは、シャープ製のタブレット端末「GALAPAGOS(A01SH)」を発売する。ビジネスユースからプライベートユースまでに対応した多彩な機能が特徴。(2011/8/3)

シャープのAndroid 3.2搭載“瞬速手のひらタブレット”はイー・モバイルから登場
シャープのGALAPAGOSブランドから、5.5型、10.8型に続く7型のタブレットが発表された。Android 3.2を搭載した同製品は、イー・モバイルから8月下旬に発売予定だ。(2011/8/3)

イー・アクセス、「Pocket WiFi(GP02)」のオンライン販売を一時停止
下り最大42Mbpsの高速通信に対応したイー・モバイルの「Pocket WiFi(GP02)」が品薄状態となっている。イー・アクセスはオンラインストアでの同モデルの受付を一時停止した。(2011/7/29)

下り最大42Mbpsの「Pocket WiFi(GP02)」、7月28日発売
下り最大42Mbpsの高速通信に対応したイー・モバイルの「Pocket WiFi(GP02)」が、7月28日から販売される。(2011/7/25)

イー・モバイル、「Pocket WiFi(GP01)」のアップデートツールを提供
イー・モバイルのモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi(GP01)」に、国際ローミング機能を追加するアップデートツールが公開された。(2011/7/20)

ソフトバンクが15カ月連続トップも、各社夏モデル投入で純増シェアに変化――2011年6月契約数
TCA(電気通信事業者協会)が2011年6月末時点での携帯電話・PHS契約数を発表した。純増数トップはソフトバンクモバイルで、2010年4月以降15カ月連続。しかし各社の夏モデルが出そろったことで、純増シェアに微妙な変化も出てきている。(2011/7/7)

「Pocket WiFi(D25HW)」の出荷台数が100万台を突破
ファーウェイ・ジャパンは、イー・モバイルに供給しているモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi(D25HW)」の出荷台数が100万台を突破したことを明らかにした。(2011/6/15)

写真と動画で見る、「42Mサービス版Pocket WiFi」「7型タブレットA01HW」
42Mサービス対応の新型Pocket WiFiとイー・モバイル初のタブレット「A01HW」はどんな形状か。実動チェックはソフトウェア部分の開発段階につき“まだやめてくれ”と言われたが……、サイズ感やデザインを写真と動画でチェックする。(2011/6/15)

ソフトバンク、MNPで過去2番目の転入数 ウィルコムは400万契約まで回復――2011年5月契約数
TCA(電気通信事業者協会)が2011年5月末時点での携帯電話・PHS契約数を発表した。春商戦が一段落し、夏モデルの発売が本格化する直前の狭間期に、各キャリアの明暗が分かれた。(2011/6/7)

携帯電話の契約者数が1億2000万件を突破――2011年4月契約数
TCA(電気通信事業者協会)が2011年4月末時点での携帯電話・PHS契約数を発表した。純増トップは、13カ月連続で20万契約以上を維持しているソフトバンクモバイル。ほか3社も純増となり、携帯電話の契約者数は1億2000万件を突破した。(2011/5/11)

Pocket WiFi向け大容量バッテリーの発売も延期:
イー・アクセス、EMOBILE通信サービスの支援措置を延長
イー・アクセスが、震災に伴う支援措置の実施期間を延長する。また、「Pocket WiFi(GP01/D25HW)」向け大容量バッテリーの発売も延期する。(2011/4/26)

3年ぶりの月間130万超 各社大幅純増の春商戦――2011年3月契約数
TCA(電気通信事業者協会)が2011年3月末時点での携帯電話・PHS契約数を発表した。新生活を控えた春商戦に各キャリアとも純増となり、ソフトバンクモバイル、ドコモはそれぞれ40万件以上の大幅純増となった。(2011/4/7)

3月中購入で、7時間大容量バッテリーがもらえる:
最大21Mbps通信対応の「Pocket WiFi(GP01)」フォトレビュー
カタチはほぼ一緒だが「より高速」に。21Mbps通信対応のPocket WiFi上位版「Pocket WiFi(GP01)」の使い勝手や通信速度を簡易チェックする。(2011/3/10)

春商戦へ向けて新規契約が増加、PHSも純増に――2011年2月契約数
TCA(電気通信事業者協会)が発表した2011年2月末時点での携帯電話・PHS契約数は1億2191万1800件。前月比で0.6%の増加となっている。3月の春商戦へ向けて各社とも純増を増やしており、純減が続いていたウィルコムのPHSも純増に転じた。(2011/3/7)

「Pocket WiFi」に下り最大21Mbps対応の上位モデル
イー・モバイル「Pocket WiFi」の新製品として、下り最大21Mbps(HSPA+)に対応した「GP01」が登場。(2011/3/4)

イー・モバイル、下り最大21Mbpsに対応した「Pocket WiFi(GP01)」発売
「Pocket WiFi(D25HW)」の上位モデルとなる「Pocket WiFi(GP01)」が登場。小型サイズを維持しながら、より高速の下り最大21Mbpsに対応するほか、連続待機時間や操作性も向上している。(2011/3/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。