ニュース
» 2011年08月10日 17時42分 公開

「Pocket WiFi(GP02)」の最新ソフト公開 動作の安定性を向上

イー・アクセスは、ファーウェイ製のモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi(GP02)」の最新ファームウェアを公開した。microSD装着時の安定性が増すほか、Snow Leopardを搭載したMacにドライバをインストールする際の安定性も向上する。

[平賀洋一,ITmedia]

 イー・アクセスは8月10日、ファーウェイ製のモバイルWi-Fiルーター「Pocket WiFi(GP02)」用のアップデートツールを公開した。本体のファームウェアを最新バージョンに書き換え、microSD装着時の安定性が向上させる。また、Mac OS X Snow Leopard(10.6)搭載PCにドライバをインストールする際の安定性も向上する。

 アップデートツールは、Windows用(約53.2Mバイト)とMac OS X用(約70.8Mバイト)の2つ。端末をUSB接続したPC上でツールを起動すると、端末のファームウエアが書き換えられる。また、本体ファームウェアバージョンが「11.203.11.05.168」と表示される場合は、すでに最新版なのでアップデートの必要はない。

 なお、アップデートを実行することで、ユーザーが設定した内容の一部(3G設定:周波数選択設定/ネットワーク検索設定)が工場出荷時の状態となり、設定が初期化されるので、再設定が必要になる。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう