ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ポップカルチャー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ポップカルチャー」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

ミラノのファッションショー、モデルのTシャツにどーんと「このあと塾」 Twitterで大受けのスタイル、デザイナーに話を聞いた
シュールすぎる組み合わせ。(2021/10/4)

若者に「今を肯定してほしい」 渋谷直角、90年代カルチャー描く最新作『世界の夜は僕のもの』で伝えたかった願い
「『自分がもっと変われるんじゃないか』と感じていたころの気持ちを刺激したい」(2021/9/30)

アイドルプロデューサーの「敗北、信念、復活、成功」【後編】:
4年連続の赤字だったアイドルフェス 「@JAM」の仕掛け人は、いかにして黒字化させたのか?
ポップカルチャーフェス「@JAM」の総合プロデューサーを務める橋元恵一さんに、当初は赤字続きだったフェスをいかにして黒字化させたのかを聞いた。(2021/9/23)

アイドルプロデューサーの「敗北、信念、復活、成功」【中編】:
500人の組織から数人の部署へ突然の異動 「@JAM」仕掛け人は、いかにして日本有数のアイドルフェスを作ったのか
ポップカルチャーフェス「@JAM」の総合プロデューサーの橋元恵一さんは、絢香、ケツメイシ、山崎まさよし国内を代表するアーティストに関わり、波に乗っていた。しかし42歳の時に異動を命じられ、門外漢のアイドル業界に飛び込むことになる。そこからいかにして、有数のアイドルフェスを作り上げてきたかを聞いた。(2021/9/7)

ジャーナリスト数土直志 激動のアニメビジネスを斬る:
「MANGA Plus」は日本の切り札になるのか?   「少年ジャンプ+」編集部の挑戦
日本の漫画ビジネスを巡る状況が、大きく変わろうとしている。一つは作品をデジタルで届ける流通・販売の変化、もう一つは世界で日本漫画が読まれるグローバル化だ。詳しく見てみると……。(2021/9/2)

マイケル・J・フォックス、まるで“バック・トゥ・ザ・フューチャー4”なドクとマーティの2ショット公開でファン胸熱
マーティ60歳、ドク82歳、ずっと続く友情。(2021/8/24)

アイドルプロデューサーの「敗北、信念、復活、成功」【前編】:
アイドルフェス「@JAM」仕掛け人に聞く「思い切って捨てる」覚悟
コロナで禍で奮闘しているのがポップカルチャーフェス「@JAM」の総合プロデューサーの橋元恵一さんだ。橋元さんはソニーミュージックグループに在籍し、絢香さん、ケツメイシ、山崎まさよしさんなどのビジュアルプロデュースを務めた。橋元さんが42歳まで取り組んできたビジュアルプロデュースの舞台裏を聞いた。(2021/8/21)

カプコンのゲームIP戦略に変化 「バイオハザード」に“身長280cm美女”が出る背景
カプコンが発売した「バイオハザード ヴィレッジ」「モンスターハンターライズ」。いずれも人気シリーズの最新作だが、これまでの作品とは違いがある。2作の特徴を基に、カプコンのゲームIP戦略の変化を読み解く。(2021/6/7)

Tinder、毎週金曜日に始まる48時間限定の新体験型コンテンツ「Vibes」スタート 狙いは?
「Tinder」を運営する米Match Groupは新体験型コンテンツ「Vibes(バイブス)」の提供を開始すると発表した。6月4日から4週連続で、毎週金曜日に48時間限定で実施。同じ「バイブス(相手に対して直感的に感じるフィーリング)」の人との新たな出会いや会話のきっかけを提供して顧客満足度を高めることが狙い。(2021/6/1)

バーチャル原宿 25日に出現
商業施設などとの連携によるECショップを開設するとともに、キャラクターなどに代表される新しいポップカルチャーを国内外に発信する。(2021/5/11)

「どうぶつの森」、米博物館の「ビデオゲームの殿堂」入り
任天堂のゲーム「どうぶつの森」(英語では「Animal Crossing」)シリーズが、「世界のビデオゲームの殿堂」入りした。他に、「Microsoft Flight Simulator」「StarCraft」「Where in the World Is Carmen Sandiego?」が選ばれた。(2021/5/7)

世界を読み解くニュース・サロン:
タイム誌初の「世界の企業100選」 日本企業は入ったのか?
米国のタイム誌がビジネスパーソン必見の特集を組んでいた。特集名は「世界でもっとも影響力のある100社」。どんな企業が選ばれていたのか、日本の企業は……?(2021/5/6)

「AI」「RPA」は仕事を奪うか【前編】
「AIは人の仕事を奪う」があり得ない“これだけの理由”
人工知能(AI)技術は何を実現し、何を実現しないのか。その認識は必ずしも正しい形で広がっているとは言えない。実際のところはどうなのか。特に労働者に対するAI技術の影響を専門家に聞いた。(2021/4/9)

世界を読み解くニュース・サロン:
「鬼滅の刃」は世界で通用するのか
『鬼滅の刃』が大ヒットしている。その人気は国境を越えて、アジアだけでなく、欧米でも注目を集めるかもしれない。それにしても、なぜ外国人にこの映画が受けているのか。その秘密を探ったところ……。(2021/3/4)

オタクの老後:
「男性の老人キャラはいい役が多い」 60歳でコスプレデビューした“亀仙人”から学ぶ、いつまでも趣味と人生を楽しむ方法
アニメや漫画の老人キャラ、言われてみればいい役ばかり!(2021/3/27)

狂気の読書会を書籍化した『闇の自己啓発』、発売翌日に重版決定 既存の自己啓発に対する防衛術を語る
noteで人気の読書会記事が本になりました。(2021/1/22)

「ラーメンWalker」のラーメン店が所沢にオープン決定 全国の名店が集まる最新ラーメンの発信地に
11月6日、埼玉県所沢市ところざわサクラタウンにグランドオープン。(2020/10/25)

客室すべてがアニメやゲーム作品とのコラボルーム! 埼玉県所沢市に「EJアニメホテル」がオープン 10月1日から
KADOKAWAによる体験型ホテルです。(2020/8/4)

「俺はガンダムで行く!」で公式アカウントたちがガンダムで行き過ぎた 「レディ・プレイヤー1」の地上波放送に合わせて歴代ガンダムが参戦
メカゴジラがかわいそう……。(2020/7/4)

「日本スゴイ」では勝てない:
日本の中高年はなぜいまだに韓国を“格下”に見てしまうのか
世代間でイメージが大きく違う国、韓国。特に中高年だと古い印象が強いケースも。国際ビジネスに必要な「ライバルの真の姿」を知るには。(2020/5/22)

「AKIRA」を今見るべき「3つ」の理由 大友克洋の予言者ぶりをあらためて考える
「AKIRA」をこの世に送り出した大友克洋は、あらためて予言者である。(2020/4/12)

南米最大級のアニメイベント:
地球の裏側でもクールジャパン! “ブラジル版コミケ”「アニメフレンズ」の正体とは
2019年で17回目を数える南米最大級のアニメイベント「Anime Friends(アニメフレンズ)」――。10万人を超える来場者があり、日本のアニメグッズの販売や、アニメ・特撮ソングの歌手を招いてのライブ、コスプレコンテストなどが開かれる。ブラジルの運営企業「MARU.Division」のCEO、ジエゴ・ハゴーニャ氏を直撃した。(2020/4/8)

“今日俺”、エイプリルフールに本気出し過ぎ 「シャイニング」「遊星からの物体X」など名作映画のオマージュを次々発表
公式のやる気がすごい。(2020/4/1)

Spotify、スポーツPodcastのRingerを買収 「MAUの16%がPodcastを利用」
Podcastに注力するSpotifyが、スポーツPodcastのThe Ringerを買収する。同社は第4四半期決算発表で、MAUの16%がPodcastを利用し、総再生時間は昨年より200%増加したと語った。(2020/2/6)

ガンダムカフェ秋葉原店、7月にリニューアル 店舗規模を4倍に
「GUNDAM Cafe 秋葉原店」が7月にリニューアルオープンする。規模を約4倍に拡大し、さまざまな施策を展開する予定。リニューアルに伴い、既存店は3月23日から一時休業する。(2020/1/28)

ジャーナリスト数土直志 激動のアニメビジネスを斬る:
アトムにナウシカ……マンガ・アニメ原画が海外で1枚3500万円の落札も――文化資料の流出どう防ぐ
海外で日本マンガ・アニメ原画が高額取引されるように。オークションで手塚治虫が1枚3500万円で落札の例も。日本文化の貴重な資料流出、どう防ぐか?(2019/12/5)

愛も完成度もSUGEEEE! 東京コミコン2019コスプレイヤーさんを激写してきた2
すごいクオリティーだ……!(2019/11/26)

東京コミコン2019:
ヒーローもヴィランもみんな最高! 東京コミコン2019のコスプレイヤーさんを激写してきた
(2019/11/25)

円谷プロがマーベルとタッグを組んだ! 2020年にウルトラマンのコミックを出版
マーベル版ウルトラマンはどのように描かれるのか。(2019/11/23)

東京コミコン2019:
「東京コミコン2019」開幕! オープニングセレモニー鏡開きでクリヘムが構えた“ムジョルニア”にファン歓喜
なんというファンサービスよ……!(2019/11/22)

どうかしているゲームの世界:
「moon」だけじゃないラブデリックの名作、「UFO -A day in the life-」を今こそレスキューしてほしい
「moon」に続くラブデリック第2作として1999年に発売されました。(2019/10/9)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「サンリオピューロランド」の来場者数が5年で約2倍 現地で見えてきた“勝因”とは
屋内型テーマパーク「サンリオピューロランド」の売り上げが伸びている。来場者数も5年でほぼ倍になった。再成長している秘密を現地で探った。(2019/8/20)

映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」レビュー ゲームを、フィクションを、人生をここまで愚弄する作品を私は他に知らない
ネタバレレビューです。(2019/8/10)

歌姫「初音ミク」の人気強し ヨーロッパで見かけたガチすぎる「痛車」レポート、欧州を駆け巡る強者との出会いも
ヨーロッパのオタクイベントを取材したときにみかけた痛車を紹介。(2019/8/9)

「予告だけで鳥肌」 トム・クルーズ主演「トップガン」続編の予告が公開、前作を上回る迫力にファン大興奮
「トップガン」を映画館で見られる日が来るとは。(2019/7/19)

Netflix「ストレンジャー・シングス」4日間で世界4070万世帯視聴と発表 同社オリジナル作品で過去最高記録
すごい。(2019/7/9)

バーチャルYouTuberによる24時間生放送イベント「Vtuber24h TV」が実施決定
東名阪のZeppを会場としたリアル会場連動型イベント。(2019/7/3)

想定市場は275億円、海賊版の抑止にも 電子マンガの海外展開を支援する企業 「めちゃコミ」と「Renta!」2社が共同設立
海外向けに翻訳された正規の電子版を増やすことで、海賊版の抑止にもつなげるとのこと。(2019/5/29)

2019年のビデオゲームの殿堂に「ソリティア」や「スーパーマリオカート」
「コロッサル・ケーブ・アドベンチャー」「モータルコンバット」も。(2019/5/5)

デザイン専門誌『MdN』が3月に休刊へ 創刊から29年 今後はWebメディアとして展開
特集で「制服」「神社」「乃木坂46」「おそ松さん」「ポプテピピック」など、クリエイター業界向けにとどまらない企画性で話題を生んでいました。(2019/1/10)

「最悪なパスワード」2018年版ランキング発表 トップ2は6年連続で「123456」「password」 「donald」も人気
いいかげん気をつけようよ人類!(2018/12/14)

その恋は成就するのか 「ファンタスティック・ビースト」クイニー&ジェイコブが語る“選択の価値”
気さくなダンとおちゃめなアリソン。(2018/11/30)

「ボンズ20周年記念展」、東京アニメセンターで10月から開催 「ハガレン」「ヒロアカ」など貴重な資料を展示
Part1は10月26日〜11月26日、Part2は11月14日〜11月25日と、企画内容を入れ替えて開催。(2018/9/29)

「eスポーツの急な盛り上がり」に戸惑いと混乱 現役プロゲーマーらが本音で議論
都内で開催されたイベントで、現役のプロゲーマーなどゲーム関係者らが、日本のeスポーツの現状や課題、今後の展望について議論した。現場からは「eスポーツの急速な盛り上がりに戸惑っている」という声も聞かれた。(2018/8/21)

トイザらスのマスコット「ジェフリー」がプロレスに出場 “Amazonの箱”で殴られ失格する事態に
あっけなく撃沈。(2018/7/24)

映画「ブリグズビー・ベア」とマーク・ハミルが教えてくれるフィクションとの付き合い方
フィクションの力を示した傑作。(2018/6/30)

民泊の普及目指すAirbnb、パートナーと“地域性”生かす宿作り推進 「日本独自の進化を遂げると思っている」
民泊を“解禁”する住宅宿泊事業法の施行を控え、Airbnbは国内のパートナー企業と新組織「Airbnb Partners」を設立すると発表した。今後は地域性を生かした宿の提供など「日本らしい形」でサービス拡大を目指す。(2018/6/14)

米博物館の「ビデオゲームの殿堂」に「ファイナルファンタジーVII」など選ばれる
「トゥームレイダー」なども選ばれています。(2018/5/6)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「昭和の喫茶店」が廃れる一方で「ルノアール」が好調な理由
低価格が武器のコーヒーチェーンが伸びる一方で、昔ながらの「昭和の喫茶店」が次々と閉店を余儀なくされている。喫茶店としては割高な料金でゆったりと過ごせる椅子やテーブルが特徴の「喫茶室ルノアール」が好調だというが、その理由とは?(2018/4/24)

「お気に入りは金田バイク」 スピルバーグ監督、13年ぶりの来日で日本カルチャーへの愛を語る
この日を待ってた!(2018/4/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。