ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

「PowerPC」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「PowerPC」に関する情報が集まったページです。

Adobe、Creative SuiteのPowerPC対応を打ち切り
アドビがCreative SuiteのPowerPC対応を打ち切り。将来バージョンではインストールサポートをせず、Intelプロセッサ搭載Macのみ対応する。(2009/8/13)

組み込み向け半導体最新動向:PowerPCプロセッサ
Appleと別れたPowerPCの次なるパートナー探し
PowerPCといえば、Appleの「Macintosh」を連想する人も多いだろう。AppleがIntelチップへの移行を表明してから早3年。今回はPowerPCの変遷とその現状を紹介する。(2008/12/18)

今日から使えるITトリビア:
WiiやPS3そしてXboxに搭載されているプロセッサは?
Macな友人と世間話をしていたら、彼が一言。「そういえばPowerPCってなくなっちゃったね……」。いえいえPowerPCは健在です。組み込み用途に加え、WiiやPS3、Xboxといった家庭用ゲーム機市場では大活躍なのだ。(2008/7/12)

PS3対応「Yellow Dog Linux」最新版リリース
バージョン6.0はCentOSをベースに、Apple PowerPC G4およびG5、IBM System pにも対応する。(2008/2/6)

IMJ、Mac用USBワンセグチューナー「ON TIME TV for Mac」をG4 Mac対応に――アップデータで対応
IMJは、同社製Mac OS用USBワンセグチューナー「ON TIME TV for Mac」の最新アップデータを公開した。新たにPowerPC G4搭載モデルをサポートする。(2007/3/9)

Appleのセキュリティアップデートで一時不具合発生
PowerPC版Macで「2007-002」のアップデートを適用すると、それ以前のアップデート適用を促されるなどの不具合が指摘された。(2007/2/17)

IBM、新PowerPCとプロセッサコアを発表
IBMが消費電力の低いプロセッサと新プロセッサコアをリリースした。(2006/10/4)

「Mac Pro」「Xserve」がXeon搭載で登場――Intel Macラインアップ完成
「Woodcrest」を搭載したデスクトップマシンとサーバマシンが登場し、AppleのPowerPCからIntelへの移行は7カ月で完了した。(2006/8/8)

Mac OS X対応のYahoo! Messenger、β版公開
Yahoo! Messenger for Mac 3.0(β1)はMax OS X 10.3.9以降に対応し、ユニバーサルバイナリ対応でIntelとPowerPC版のMacで利用できる。(2006/7/1)

Apple抜きの「Power連合」、再結成の狙いは?
かつてはPowerPC連合で協力関係にあったIBMとMotorola。IntelにAppleを奪われたIBMとMotorolaからスピンオフしたFreescaleは、緊密に連携し、新規市場をより積極的に追求するという。(2006/2/7)

Intel乗り換えでMacが狙われる?
ハッカーの一番の標的であるWindowsマシンと同じIntel x86プラットフォームを採用したことで、MacはPowerPC時代よりも狙われやすくなるかもしれない。それには幾つもの要因がある。(2006/1/27)

Macworld Expo 2006:
「4倍速い」MacBook Proと「2倍速い」iMacがIntel Core Duo搭載で登場
AppleにとってPowerPC採用以来のターニングポイントとなる「Pentium Mac」がついに正式発表された。(2006/1/11)

IBM、PowerPC 405コアの仕様を研究用に公開
IBMはマルチコアに関する大学共同研究プロジェクトを通じて寄せられた要望に応え、PowerPC 405プロセッサコアの仕様を公開する。(2005/12/16)

Appleの乗り換えは影響せず――IBM、最新PowerPCを語る
Appleの動きにかかわらず、PowerPCは引き続き「サーバおよび組み込み」を狙うとIBMエンジニアは語り、最新のPowerPC 970MPの性能や機能について詳細を明らかにした。(2005/10/27)

Apple、デュアルコアPower Mac G5、解像度向上のPowerBook G4発表
Appleのハードウェア新製品は、Power Mac G5のデュアルコアPowerPC搭載のハイエンドモデル、そして解像度を20インチCinemaまで高めたPowerBook G4。(2005/10/20)

IBM、PowerPCプロセッサの新製品発表
IBMはデュアルコアと低電圧版、2種類のPowerPCプロセッサ新製品を発表した。(2005/7/9)

IBMがAppleに反論――「PowerPCの消費電力に問題なし」
「PowerPCの消費電力問題がIntel乗り換えの理由」とするAppleのジョブズCEOに対し、「むしろAppleとIBMとの関係の性質が、Appleが採用できるIBMプロセッサのロードマップを制限していた」とIBM幹部は反論している。(2005/7/1)

RedmaticaのLogic向けソフトサンプラーなど全製品がいち早く「Intel Mac」に対応表明
Redmaticaは、PowerPCとIntelの両Macプラッットフォームに製品を対応させると発表した。(2005/6/21)

Opinion:
AppleがIntelに乗り換えた最大の理由は?
Appleの路線転換の理由については多くの意見が飛び交っている。しかし、同社がIntelプロセッサに乗り換えた理由は、IBMやPowerPCとはあまり関係がない。(2005/6/20)

AppleがほしかったのはPentium M、IBMはXboxを選んだ
PowerPCの供給元、IBMはゲーム機に注力、一方のFreescaleは主に組み込み向けと携帯電話向け市場に力を入れている。Appleにはほかに選択肢はなかったのかもしれない。(IDG)(2005/6/8)

Intel乗り換えの動機はPowerPCの消費電力問題――ジョブズ氏が基調講演で説明
「Intelはずば抜けて最強のプロセッサロードマップを持っている」――IntelのオッテリーニCEOを前にジョブズCEOが乗り換えの理由を語った。(IDG)(2005/6/7)

現実となった「Intelスイッチ」、一部アナリストは疑問視
ジョブズ氏が実機でIntel版Tigerをデモしてみせたにもかかわらず、PowerPCからIntelへの移行をリスキーだとするアナリストもいる。(IDG)(2005/6/7)

Apple、Intelプロセッサ採用を正式発表
「次の10年はIntel技術に託す」とスティーブ・ジョブズ氏は宣言した。PowerPCからIntel Architectureへの大転換は、開発キット配布を始める今日からスタートし、2007年末までには全ラインの移行を完了するという。(2005/6/7)

Intelチャンドラシーカ副社長、PowerPCとの競合とAppleへの売り込みを語る
WWDCでIntel採用を発表すると予想されるApple。渦中のIntel幹部にAppleとの交渉について聞いた。(IDG)(2005/6/6)

Magi's View:
AppleがIntelを交渉の材料にするわけ
AppleがIntel製チップに乗り換えるというニュースは、素のPowerPCよりCellプロセッサのほうがIBM社内の優先度が高いことに対するAppleの苛立ちの表れとわたしは見ている。(2005/5/30)

フリースケール・セミコンダクタが仙台デザインセンターを公開
フリースケール・セミコンダクタ・ジャパンの半導体設計開発拠点「仙台デザイン研究開発センター」が公開され、同社が注力するMEMSセンサーやPowerPCベースのSoC製品について説明された。(2005/5/9)

Fedora Core 4 test1が公開、インストーラが文字化け?
Fedora Projectは「Fedora Core 4 test1」を公開した。i386、x86_64、PowerPCに対応したほか、GCC4やXenなどが採用されている。(2005/3/17)

Cellプロセッサは9個のコアを持つ
PS3に搭載されるCellプロセッサは、64ビットPowerPCプロセッサコア1基と8基の処理コアで構成される。4.5GHz以上で動作可能だが、最終的なクロック周波数は決まっていない。(IDG)(2005/2/8)

UNIX USER2005年2月号特別企画より転載:
NetBSD/PowerPCで動く二足歩行ロボット――Speecys(スピーシーズ)ロボットキットとは?
NetBSDベースのOS、CPUとしてPowerPCを採用した二足歩行ロボットSpeecys(スピーシーズ)。その組み立てキットの受注がいよいよ始まった。そこで本稿では、発送直前にうかがった最新のspeecysと、その舞台裏を詳細に報告しよう。(2005/1/18)

アップル、1月29日からMac miniを国内販売
アップルのMac mini、国内販売は1月29日から。1.25GHzのPowerPC G4プロセッサ搭載、40GバイトのHDD内蔵の低価格モデルは、価格5万8590円。(2005/1/12)

富士ゼロックスPS、PowerPC G3/600MHzを採用し、カラー出力35PPMを実現する高速カラーレーザープリンタ
富士ゼロックスPSは、高画質カラーレーザープリンタ「DocuPrint」シリーズの新製品4機種を、2005年1月18日より順次発売する。(2004/12/13)

アミュレット、「Yellow Dog Linux 4.0 Japanese Box Set」発売
アミュレットは、PowerMacintoshシリーズおよびPowerPC搭載マシン上で動作するFedora Core2をベースとしたLinuxディストリビューションの国内向けパッケージを発表した。(2004/11/1)

Freescale、デュアルコア版PowerPCを発表
(2004/9/29)

PowerPC G5に対応した最新版「Virtual PC for Mac 7」シリーズを発売――マイクロソフト
マイクロソフトは、「Microsoft Virtual PC for Mac Version 7」シリーズを10月8日より順次発売する。(2004/8/30)

UNIX USER2004年9月号より転載:
Xserve G5、PowerPC G5を搭載した1Uサーバー
Xserve G5は、Appleが提供する1Uサイズのサーバー製品で、この製品が3代目となる。最新のPowerPC G5/2GHzを搭載し、バス周りを整え、処理能力を向上させた。(2004/8/7)

MJソフト、Power Mac G4用デュアルG4/1.25GHz搭載アップグレードカードを発売
MJソフトは、PowerPC G4(PPC 7455)/1.25GHzを2基搭載したPower Mac G4用CPUアップグレードカード「G-Celerator M-Series Dual 1.25GHz」を7月下旬に発売する。価格は8万6490円(税込み)。(2004/7/22)

全モデルに64ビットPowerPC G5デュアル搭載――アップル、新Power Mac G5発表
アップルコンピュータは、全モデルに64ビットPowerPC G5をデュアル搭載する、新Power Mac G5シリーズを発表した。6月10日より順次発売する。(2004/6/9)

アップル、PowerBook G4新シリーズを発表
アップルコンピュータは4月19日、PowerPC G4 1.5GHz、AirMac Extremeを搭載した「PowerBook G4」の新モデルを発表した。(2004/4/19)

IBM、PowerPC 400シリーズをAMCCに売却
AMCCは組み込み用プロセッサPowerPC 400シリーズの知的所有権と関連資産をIBMから買収。IBMは現在AMCCに製品を供給しており、今後もAMCC向けにPowerPC製品の製造を継続する。AMCCは、IBMのCMOSプロセスとSoC設計技術が利用可能になる。(2004/4/14)

アップル、Xserve G5を発表
アップルコンピュータは1月7日、PowerPC G5ベースのサーバ「Xserve G5」を発表した。3月下旬発売。(2004/1/8)

頭脳放談:
第9回 銅配線にまつわるエトセトラ
微細化も限界といわれ続けているが、新素材や新プロセスの登場によって壁は打ち破られている。今回はAthlonやPowerPCが採用して話題の銅配線にまつわる話をしよう。(2001/1/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。