ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「PPM」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

トップ企業が実践するガバナンスとマネジメント
「脱・現場主導」で収益の最大化を実現する管理手法を学ぶ
“現場力”を強みにしてきた日本企業の今の課題は現場が見えないことと機動力が欠けていることだ。問題発覚や対処が遅れる負のサイクルを解消する管理手法が注目を集める。(2018/3/26)

Oracle OpenWorld 2015 Report:
オラクル、SaaS「Oracle ERP Cloud」に新機能 適用業務領域を拡充
クラウドERP製品「Oracle ERP Cloud」へ190以上の新機能が追加。適用業務領域も拡張する(2015/10/28)

Computer Weekly製品導入ガイド
プロジェクト管理のツールの選び方
アジャイルとDevOpsのアプローチは、終着点の定まった大型プロジェクトの消滅を意味する。プロジェクト管理はどう変化するのか。(2015/8/28)

Computer Weekly製品導入ガイド
戦略的計画にアジャイルを取り入れる必要性
戦略的計画立案と遂行との間の強力な連携を確立するためには、企業が透明性を高める必要がある。(2015/8/18)

DevOpsベンダ動向まとめ:
DevOpsツールのベンダ動向に探る、実践のヒント
DevOpsに対する関心の高まりとともに、各ベンダが提供している支援ツールも出そろってきた感がある。各ベンダのDevOpsに対する解釈と製品動向からDevOps実践のヒントを探る。(2013/10/18)

DevOps支援ツール紹介【第1回】
DevOps実践の鍵は、テスト工程のパラレル化にあり
ITサービスのリリースサイクルを速めるために、開発と運用が密に連携する「DevOps」という概念が注目を集めている。だが、その実践のためにはさまざまな課題がある。ベンダー各社にDevOps実践の鍵を聞く。(2013/8/23)

ホワイトペーパーレビュー
IT投資計画の策定が分かる3つのホワイトペーパー
大規模、複雑化するIT投資。企業は適切なIT投資の立案と実行、ROI管理などが求められる。IT投資のトレンドやROIを向上させるポイント、開発プロジェクトの管理についてのホワイトペーパーを紹介する。(2012/12/5)

CAがプロジェクト管理の新製品、コラボレーション機能を搭載
チャット機能を使ったコミュニケーションや、ウォーターフォールとアジャイルのハイブリッド開発の管理ができるという。(2012/4/18)

嶋田淑之の「リーダーは眠らない」:
4分の1に縮小したジグソーパズル市場、老舗のサバイバル戦略は?
市場規模がピーク時の約500億円から、2008年にはその4分の1の125億円にまで落ち込んだジグソーパズル業界。業界をリードしてきた老舗はどのように生き残りを図っているのか。やのまんの矢野成一社長に話を聞いた。(2012/2/3)

それゆけ! カナモリさん:
渋谷にB級グルメ村! 「ギン酒場」の戦略を読み解く
たこ焼きチェーン「築地銀だこ」を展開するホットランドが4月下旬、全国各地の料理や地酒を楽しめる「B級グルメ村!ギン酒場」の3号店を渋谷に出店するという。(2011/3/30)

ITエンジニアのための経営戦略入門(7):
事業ポートフォリオは「3つの視点」から考える
ユーザー企業がシステムの設計・開発を依頼するとき、そこには経営的な判断が存在する。顧客の「経営戦略」をとらえたうえでシステムを設計・開発できるITエンジニアになろう。(2011/2/17)

ITエンジニアのための経営戦略入門(2):
フレームワーク――物事を分けて考えよう
ユーザー企業がシステムの設計・開発を依頼するとき、そこには経営的な判断が存在する。顧客の「経営戦略」をとらえたうえでシステムを設計・開発できるITエンジニアになろう。(2010/9/8)

CAがクラウド参入を表明、まずはPPMサービスから
クラウド専門の事業部門を設立し、「IT統制」および「新製品開発」の2分野でサービスを展開する。(2010/7/15)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
改善から革命へ 不可能を可能にする時間管理術!
与えられた時間はみんな同じだが、時間の生み出し方、効率化は「反常識の仕事術」で変えられる。(2010/7/8)

ホワイトペーパーレビュー
プロジェクト管理の課題解決に役立つ3つのホワイトペーパー
分散型開発案件が増加するなど、プロジェクトを取り巻く環境は常に変化し続ける。こうした変化に対応するために必要なこととは何だろうか? 本稿では、プロジェクトの課題解決に関するホワイトペーパーを紹介する。(2010/6/7)

ホワイトペーパー:
プロジェクト・ポートフォリオ・マネジメント(PPM) 選定・評価ガイド
正しい戦略を描き、正しくプロジェクトを実行することによって、戦略的IT投資を成功に導くPPMソリューション。この文書では、戦略的IT投資を成功に導くために担当者が検討すべき5つの事項を紹介する(提供:日本CA)。(2010/5/13)

情報マネジメント用語辞典:
マーケットシェア(まーけっとしぇあ)
market share / 市場占有率 / 市場占拠率(2009/12/8)

ALMベンダーの動向を探る:第3回 日本IBM
IBMが推進する“分散型開発でのALMソリューション”
オフショア開発など複数拠点における開発プロジェクトが行われている現在、その開発生産性を向上させる環境の構築が重要となる。今回は、分散型開発にも対応するIBMのALMソリューションを紹介する。(2009/11/11)

プロジェクト管理も“タイムライン”――ポートフォリオ管理もできる「Project 2010」
ポートフォリオ管理機能を新たに搭載した、マイクロソフトのプロジェクト管理ソフト「Project 2010」。複数のガントチャートを1つの大きなタイムラインとして表示する「タイムラインビュー」機能も備えている。(2009/11/9)

藤沢烈の3秒で読めるブックレビュー:
『マッキンゼー現代の経営戦略』――6つの戦略フレームワーク
絶版後、数万円で取り引きされていた経営書、それが『マッキンゼー現代の経営戦略』だ。大前研一率いるマッキンゼーが、40社の経営者を集めて行なったセミナーをまとめたもので、戦略構築の基本を知るために外せない1冊である。(2009/10/16)

使っているのは5社中1社
3分の1はMS Projectユーザー――SMBにおけるPPMツール利用の実態
TechTargetの調査の結果、8割のSMBがPPMソフトを使っていなかった一方、ハイエンドなツールを使いこなしている企業もあった。(2009/8/12)

ALMベンダーの動向を探る:第1回 セレナソフトウェア
開発手法に依存しないリポジトリ構築でプロセスの最適化を目指す
アプリケーション開発の効率化は企業の競争優位性を左右するのか? 本連載ではALM製品の提供ベンダーを取材し、市場の現状や今後の動向などを探る。今回はセレナソフトウェアを取り上げる。(2009/8/7)

ITガバナンスとPPMの教訓
失敗から学ぶPPMの現実的なアプローチ
わたしが失敗から学んだ教訓は、IT族というのは物事を何でも複雑にし過ぎてしまいがちだが、それは良くないということだ。(2009/7/31)

それゆけ!カナモリさん:
千葉などで愛される「マックスコーヒー」……なぜ全国で販売するのか?
とにかく甘く、ほぼ無名ともいえる「マックスコーヒー」。これまで千葉と茨城県民を中心に愛されてきたが、なぜこのタイミングで販売エリアを拡大するのだろうか?(2009/3/4)

システム管理もクラウドに:
CA、SaaSの世界への正式参加を表明
CAはこれまで非公式に提供してきたSaaS製品の販売拡大に向け、IT管理/ガバナンスポートフォリオ全般を網羅したパッケージを発表。4年ほど前から一部のサーバベースのデータ管理製品のホステッド版を開発している。(2008/11/18)

ホワイトペーパー:
プロジェクトの可視化を段階的に実現する「CA Clarity PPM」
企業の組織特性や業務プロセスにより、プロジェクト・ポートフォリオ・マネジメント実践のアプローチは様々。必要な機能から順次導入できる「CA Clarity PPM」のモジュール構成を簡単に説明する(提供:日本CA)。(2008/9/30)

PPMソリューション「CA Clarity PPM」
IT部門をプロフィットセンターに変身させるITガバナンス力
企業におけるIT投資の5割以上は既存システムの保守運用に充てられている。そのような現状で、果たしてIT部門は自社のITの「すべて」を本当に把握できているだろうか?(2008/9/25)

IT投資の意思決定を最適化せよ
経営とITをひも付けるITガバナンス
経営層とITマネジャーは、新規開発/運用保守にかかわらず「IT投資が自社の経営戦略と合致しているか」がいつでも見えていなければならない。日本ITガバナンス協会事務局長へのインタビュー記事や、ベンダー各社のITガバナンス関連コンテンツを一挙掲載。(2008/9/25)

ミドルが経営を変える:
【第4回】ミドルがトップに「モノ申す」べき
ビジネス現場の最前線で働くミドルは、企業経営のための知識やノウハウを幅広く身に付けている。もしもトップが誠実さを欠けば、引導を渡すのはそのミドルたちだ。(2008/8/20)

サービスセントリックな企業ITを目指す:
日本HP、ITILv3準拠のプロジェクト管理ソフトウェアをリリース
日本HPはITILv3ベースのプロジェクト管理ソフトウェアでユーザー企業のビジネス部門とIT部門のギャップ解消を目指すという。(2008/7/29)

NEWS
日本HP、人材配置や投資を最適化するITプロジェクト管理ソフト
ビジネスプロセスを作業要求のリクエスト単位で管理する「HP Project and Portfolio Management 7.5」を発売。MS Office Projectとの基本的なデータ連携も可能だ。(2008/7/29)

IBM、プロジェクト管理ソフトメーカーを買収
(2004/10/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。