ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「プロジェクトマネジャー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

心はバグだらけだにゃあ:
お悩みその30 私のコードを他人が理解できない(28歳 男性 サーバサイドエンジニア)
「Command-R+」対「GPT-4o」対「Gemini 1.5 pro」の、お悩みデバッグ頂上決戦ファイッ!(2024/6/17)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
ビジネスに変革をもたらすビジネスアナリシス、その知識体系とBA人材に必要なものとは
DXが叫ばれる現代。DXを実践するために求められるのが、「ビジネス戦略を実現し、課題を解決する」ためのビジネスアナリシスだ。ビジネスアナリシスとは、どのようなものなのだろうか?(2024/6/11)

NTT、グループ統一「AI憲章」規定 AI最高責任者・AIガバナンス室設置
NTTは、AI活用をめぐり、グループと社員が心がけておくべき基本的な方針をまとめた「AI憲章「NTTグループAI憲章」を制定した。(2024/6/10)

「シリーズ 企業革新」日立編:
日立の「1兆円買収」が加速させた日本企業のDX 顧客との「真の協創」へ
日立が再成長を果たした裏側に迫る連載の第5回は、GlobalLogic Japanのデジタルエンジニアリングエバンジェリストの後藤恵美氏に日本市場での今後の展望を聞いた。(2024/5/31)

「勉強している方がましだ」と思えたらシメタモノですわ:
お悩みその29 仕事で疲れて、勉強のやる気が湧かない(27歳 男性 SE)
アクセルとブレーキを同時にガン踏みするような行為はナーンセーンスですわね。(2024/6/3)

週末の「気になるニュース」一気読み!:
Snapdragon X Elite搭載の「Snapdragon Dev Kit for Windows」登場/Microsoftが「Team Copilot」や「Copilot Studio」の新機能を発表
うっかり見逃していたけれど、ちょっと気になる――そんなニュースを週末に“一気読み”する連載。今回は、5月19日週を中心に公開された主なニュースを一気にチェックしましょう!(2024/5/26)

良い意味で3年後の自分が何をしているのか分からない:
PR:内製化に舵を切ったトヨタコネクティッドが若手エンジニアを引きつける理由
100年に一度の大変革期にあるといわれる自動車業界において、巨大メーカーのモビリティサービスを先端IT技術で支えるトヨタコネクティッド。コア領域における技術力、開発力の底上げ、ビジネスアジリティ向上を目指して、内製力強化のためにエンジニアの中途採用を急ピッチで進めている。直近の1年で入社した若手エンジニアのお二人に、トヨタコネクティッドを選んだ理由や、現在の業務内容、将来のビジョンなどを伺った。(2024/5/1)

色眼鏡を通して見ていこうじゃねぇか:
お悩みその28 プログラマーに戻りたい(45歳 男性 マネジャー)
いいか、世界はプログラミングでできているんだぜ!(2024/5/13)

企業が求める“理想の人材”に起こった変化とは【後編】
IT人材として活躍する「ニューカラー」とは何者なのか
デジタル化の取り組みが広がる一方、従業員の離職が目立つようになる中で、企業は「ニューカラー」と呼ばれる人材に注目し始めている。どのような人材なのか。(2024/5/10)

ワクワクを原動力に! ものづくりなヒト探訪記(14):
倉庫を圧迫する大量の越前漆器 出会いつなぐマーケット開催で表舞台に
本連載では、新しい領域にチャレンジする中小製造業の“いま”を紹介していきます。今回はモノづくり産地の越前鯖江エリアで、漆器業界の抱える課題解決に挑戦する、越前漆器販売店「漆器久太郎」の曽明富代さんと曽明晴奈さんを取材しました。(2024/5/15)

「ITアーキテクト」「ITストラテジスト」よりも不足感が強い役割は:
「要件が定まらないまま開発に着手」が常態化? NRIが情報・デジタル子会社を対象にした調査結果を発表
野村総合研究所は「情報・デジタル子会社を対象とした今後の方向性と課題に関する調査」の結果を発表した。人材不足は前回調査時よりも悪化しており、親会社との関係構築にも課題があることが分かった。(2024/5/8)

製造マネジメント メルマガ 編集後記:
記者が応用情報技術者試験を受けてみた
ITジェネラリストとしての能力を測るものです。(2024/5/7)

創業100年のグループ力と自動車市場での40年の実績を結集:
PR:日本の中堅半導体メーカー日清紡マイクロデバイスが、なぜ欧州車載市場でASIC/ASSP事業を拡大させているのか
アナログ/ミックスドシグナル半導体メーカーの日清紡マイクロデバイスは近年、欧州自動車市場に進出して車載ASIC/ASSP事業を拡大させているという。競争が激しい欧州自動車市場になぜ参入できたのか。日清紡マイクロデバイスの車載ASIC/ASSP事業担当者にインタビューした。(2024/5/9)

「子会社系SIer」で深刻化する“忙し過ぎ問題” 最も不足している意外なIT人材とは?
野村総合研究所が実施した調査によると、国内の情報・デジタル子会社は「人材不足」や「案件過多」といった課題が2021年の前回調査時より悪化している。これらの問題を解決するための親会社との関係構築の在り方について同社が提言した。(2024/5/2)

女性ITエンジニアの7割が「性別問わず働きやすい環境」 課題は?
アクサスは、女性ITエンジニアを対象に「女性ITエンジニアの実態」に関する調査を実施した。その結果、約7割が「性別に関わらず働きやすい環境」と感じていることが分かった。(2024/4/26)

2022年と2023年の利活用動向を比較 どう変化していたのか?:
経験年数、開発分野別に見るローコード/ノーコードツールの利活用動向 SlashData
調査会社のSlashDataは、ノーコード/ローコードツールの利活用動向をまとめたレポートを公開した。開発者の経験年数やソフトウェア開発分野別にノーコード/ローコードツールの利活用動向を明らかにしている。(2024/4/24)

業界でも有数のソートリーダーが解説:
BrightTALKサミットの登壇者が語る「ソフトウェア開発の新時代」
TechTargetは、「BrightTALKサミット」のレポートを公開した。同サミットでは、適切なソフトウェア開発プロセスを選択し、AIとMLを最大限に活用するための戦略について話し合われた。(2024/4/18)

有害な廃棄物を資源に変える窒素循環技術(9):
排ガス中のアンモニアを資源に変える古来の顔料
カーボンニュートラル、マイクロプラスチックに続く環境課題として注目を集めつつある窒素廃棄物排出の管理(窒素管理)、その解決を目指す窒素循環技術の開発を概説しています。今回は筆者がその開発に携わっている気相アンモニア吸着材と、その吸着材を活用したアンモニア資源化技術を紹介します。(2024/4/17)

和田憲一郎の電動化新時代!(51):
CHAdeMO規格、次の一手はどうするのか
2024年に入りハイブリッド車の話題が多くなってきたが、電気自動車も踊り場を経た後で再び市場が拡大するといわれている。そのような中、日本発の急速充電規格CHAdeMOの普及を進めたCHAdeMO協議会は、今後どのような方針で進めていくのだろうか。CHAdeMO協議会にインタビューを行った。(2024/4/10)

煎餅か昼寝かで悩むようなもんじゃ:
お悩みその27 VBAとPython、どちらを勉強した方がいいのでしょうか(40代 女性 SE)
Claude 3とやらが登場したそうじゃのう。どれ、ワシも試してみるかいのう。(2024/4/8)

ITエンジニアは“たけのこ派”が多い──転職サイトが483人に調査 「Crackerはダメです」などの声
世界一“実務の役にたたない”調査レポート──エンジニア向けの転職サービス「Findy」を運営するファインディは、そう題した“エンジニアの嗜好”に関する調査結果を発表した。「きのこ派orたけのこ派」「イヌ派orネコ派」など好みを聞いた。(2024/4/2)

羽ばたけ!ネットワークエンジニア(75):
月額換算750円で5年間パケット使い放題のPC登場 キャリア5Gオフィスの可能性を探る
筆者が以前から提案している「5Gオフィス」。オフィス内で自前の有線LANや無線LANを構築、運用せず、キャリアの費用負担で5G/4G無線設備を設置し、PCやスマートフォンは常時5Gでネットワークに接続するという方式だ。5年間パケット使い放題のPCが登場し、5Gオフィスがさらに実現しやすくなった。(2024/3/25)

歴史で分かる「ランサムウェアの進化」と対策【第7回】
EDR拡張版「XDR」によるランサムウェア対策とは? “部分的保護”はもう終わり
セキュリティベンダーは近年、セキュリティの新たな対策として「XDR」を提供するようになった。「EDR」を進化させたXDRはどのようなツールで、何ができるのか。ランサムウェア保護の観点からXDRの有効性を考える。(2024/3/22)

NECグループの広範な対応力と丁寧な人材育成:
PR:SAPエンジニアにとって理想の環境とは
NECソリューションイノベータはSAPに関連する人材を集約する形で、2020年にSAPソリューション事業部を立ち上げた。SAP事業のキーパーソンに仕事の醍醐味や同社ならではの教育制度などを伺った。(2024/3/21)

ビジネスとITを繋ぐビジネスアナリシスを知ろう!:
なぜDXにおいてビジネスアナリシスが必要なのか
DXが叫ばれ、多くの企業がDXに取り組んでいるが、もう一つうまくいってないように感じるのはなぜだろう。日本にビジネスアナリシスが普及してないことに起因しているのではないだろうか。(2024/3/19)

山浦恒央の“くみこみ”な話(175):
イチから全部作ってみよう(6)要求仕様フェーズにおける開発の標準化やスパイラルモデルの有効性
ECサイトを題材にソフトウェア開発の全工程を学ぶ新シリーズ「イチから全部作ってみよう」がスタート。シリーズ第6回は、開発方法の整備やスパイラルモデルなど、前回に続きさまざまな問題がある要求仕様フェーズの対処法について解説します。(2024/3/18)

覚悟はキマっているかにゃ?:
お悩みその26 スタートアップと大企業、どちらに就職すべきか(21歳 男性 大学生)
サイバーチベットからお答えするにゃ!(2024/3/18)

エンジニア不足のITスタートアップ向け、プロダクトの壁打ちサービス登場 開発支援プランも
ゆめみがスタートアップ・ベンチャー企業向けの開発支援サービスを始めた。事業成長に応じたエンジニア人材の採用が間に合っていない企業などの利用を見込むという。(2024/3/14)

製造マネジメント インタビュー:
若手社員が語る工場DXの道のり、アロンアルファの東亞合成はどのように歩んだのか
アロンアルファで知られる東亞合成は、2017年に立ち上げたIoTプロジェクトを契機に工場DXに向けた取り組みを進めてきた。待望の工場経験者として同プロジェクトに迎えられた若手社員である同社の伊藤彰啓氏に、紆余曲折を経て歩んできたその道のりについて聞いた。(2024/3/8)

小寺信良の「プロフェッショナル×DX」:
「チームで作業」の強い味方? DaVinci Resolveのクラウド機能「Blackmagic Cloud」を研究してみた
DaVinci Resolveにクラウド機能が追加されたのは、2022年のバージョン18の時。発表されてからかなりの期間、日本ではアクセスできなかったことから、あまり利用されてはいないようだ。今回は「Blackmagic Cloud」の可能性を探ってみたい。(2024/3/6)

失敗しないセキュアコーディング【後編】
安全なコードを書いただけでは「セキュアコーディング」にならないのはなぜ?
ソフトウェア開発ライフサイクルにおいて、リスクを削減、管理するために「セキュアコーディング」に取り組むことは重要だが、その方法を誤解してはいけない。コーディング以外にも注意すべきこととは。(2024/3/6)

エンジニアの笑顔があふれる理由:
PR:学びと挑戦の日々で磨かれる職場とは
裁量権のある仕事をしたい。そのために必要なのは、本当の「責任感」だと彼女は実感した――。(2024/3/6)

有害な廃棄物を資源に変える窒素循環技術(8):
排ガス中の窒素酸化物は除去/無害化から資源化へ、アンモニアに生まれ変わる
カーボンニュートラル、マイクロプラスチックに続く環境課題として注目を集めつつある窒素廃棄物排出の管理(窒素管理)、その解決を目指す窒素循環技術の開発について紹介します。今回は排ガスに含まれる窒素酸化物の資源化技術についてご紹介します。(2024/3/15)

武勇伝を聞かせてもらおうじゃないか:
お悩みその25 働かない50代同僚に腹が立つ(31歳 男性 組み込みエンジニア)
なあ、何で世間はお年寄りを大切にするか知ってるか? それはな、歴史ある生き物には利用価値があるからなんだよ!(2024/2/26)

和田憲一郎の電動化新時代!(50):
EVシフトの伸び悩み期間「プラトー現象」を乗り越えるには
2024年に入り、EVシフトに関して、ネガティブなニュースも数多く見られるようになってきた。ニュースに一喜一憂する訳ではないが、これまで急激なEVシフトに対して、やや揺り戻しが起きているのではと感じる。(2024/2/16)

以前はシステムをシステムとしてだけ見ていたが、今は違う:
PR:マイナビ初の内製プロジェクトを進める、2人の若きエンジニア
明確な正解があるわけではない。誰かの指示に従うのではなく、試行錯誤しながら課題に取り組む。だから、大変なときもあるが、すごく楽しい。(2024/2/9)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
ソフトバンク流 数値化仕事術のキ――ビジネスで本当に使える数値化仕事術
数値化仕事術の背景にあるツボとその活用について知って、ビジネスで本当に使える数値化仕事術を理解してほしい。(2024/2/8)

建築設計×コンピュテーショナルの現在地:
落合陽一氏の万博パビリオンを手掛けた「NOIZ」が語る「フィジカルとデジタルの境界に浮かぶ未来の建築設計」
大阪・関西万博で、テーマ事業プロデューサーの落合陽一氏が企画するパビリオン「null2」の設計を手掛ける「NOIZ」は、建築のフィジカル要素とコンピュテーショナルデザインなどのデジタル技術との融合で、新しい建築設計の可能性を模索している。null2で具現化を目指す、未来の建築デザインをNOIZの設計担当者に聞いた。(2024/2/7)

混ぜろ、危険じゃない:
お悩みその24 技術の進歩が速過ぎる(35歳 男性 アプリケーションエンジニア)
最新の技術なんぞ追わんでもええ。じゃがな……。(2024/2/5)

仕様書がなく有識者もいない残されたレガシーシステムをどうするか?:
PR:モダナイズの問題「中身が見えない」システム プロが考える「生成AI」も使った新たなアプローチ
経済産業省は2025年以降、既存ITシステムが残存することによる経済損失が最大で年間12兆円に達する可能性を指摘した。これが「2025年の崖」だ。だが、企業にはシステム刷新を進められない3つの事情がある。どうすればレガシーシステムの刷新を実現できるのだろうか。(2024/1/30)

製造業DXプロセス別解説(7):
「改善」と「イノベーション」の両輪で推進するディスクリート系製造DX
製造業のバリューチェーンを10のプロセスに分け、DXを進める上で起こりがちな課題と解決へのアプローチを紹介する本連載。第7回は、実際にモノづくりを行う「生産」の「ディスクリート系製造」を取り上げる。(2024/1/29)

有害な廃棄物を資源に変える窒素循環技術(7):
省エネで有価物も得られる新たな窒素循環技術の開発
窒素廃棄物排出の管理(窒素管理)、その解決を目指す窒素循環技術の開発について紹介します。今回は筆者がプロジェクトマネージャーとして進めているムーンショット型研究開発事業の概要をご紹介します。(2024/1/24)

愛することは人間が最も輝く生き方ですわ!:
お悩みその23 何のために働いているのか、分からなくなった(38歳 男性 システムエンジニア)
10万ボルトの閃光で、あなたの闇を切り裂いて差し上げますわ♪(2024/1/22)

探査機「SLIM」の挑戦まもなく JAXA公式ゲームで予習しておく?
JAXAの無人探査機「SLIM(スリム)」が、20日午前0時20分ごろに月への着陸に挑戦する。19日午後11時からのYouTubeライブ配信をワクワクしながら待っている人も多いのではないだろうか。(2024/1/19)

山浦恒央の“くみこみ”な話(173):
イチから全部作ってみよう(4)要求仕様フェーズに潜むさまざまな罠
ECサイトを題材にソフトウェア開発の全工程を学ぶ新シリーズ「イチから全部作ってみよう」がスタート。シリーズ第4回は、前回に引き続き、要求仕様フェーズの問題点を解説します。(2024/1/18)

勇気ある試みに期待しているぞ! ウホォオオ!:
お悩みその22 テレワークに戻りたい(33歳 男性 プログラマー)
会社のお偉いさんは何で、テレワークだと生産性が落ちると考えるんだろうな。そこからゴリゴリつぶしていこうじゃねえか。(2024/1/9)

習うより慣れてほしい!:
PR:生成AIサービスも提供する「AWS」を初心者が学ぶには? “中の人”が教えるオススメ学習法
サーバやストレージ、モダンアプリケーション開発、さらには生成AIまでをカバーしているAWS。2023年12月時点で約250もの機能、サービスを提供しているAWSを一から学ぶにはどうすればよいのか。AWSトレーニングサービス本部のマネージャーにオススメの学習方法を聞いた。(2024/1/5)

「15人のはんこリレー」vs.「庵野秀明との対話」 JAXAからカラーに移った、とある新人制作進行の話(前編)
JAXAからアニメの制作進行に転向するという異色の経歴の人物がいる。成田和優氏だ。なぜ職を移ったのか。両者の違いと共通点は。シン・エヴァの制作を通じて感じた、アニメ業界のマネジメントとは。「プロジェクト・シン・エヴァンゲリオン」の著者でもある成田氏に話を聞いた。(2023/12/29)

なぜメンバーが急速に育つのか:
PR:モチベーション、スキル、チャンスを伸ばすSBテクノロジーのチームマネジメントと「ServiceNow」ベースのDXの特徴
「ServiceNow」をビジネス展開しているSBテクノロジー。ServiceNowの存在は、自社のビジネス強化だけでなく、携わるメンバーのキャリアや業務のやりがいなど、多くの価値があるという。同社がServiceNowを扱う中で感じた気付きやメリットとはどのようなものか。(2024/1/12)

有害な廃棄物を資源に変える窒素循環技術(6):
排水中の窒素化合物を除去/回収する技術の現在地
カーボンニュートラル、マイクロプラスチックに続く環境課題として注目を集めつつある窒素廃棄物排出の管理(窒素管理)、その解決を目指す窒素循環技術の開発について紹介します。前回から、現在利用されている窒素廃棄物の処理技術を紹介しています。今回は廃水処理用技術を説明します。(2023/12/20)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。