ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「歴史」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「歴史」に関する情報が集まったページです。

BroadcomによるVMware買収 その影響は【前編】
“謎”の半導体企業「ブロードコム」とは? ヴイエムウェア買収合意で脚光
仮想化大手VMwareを買収するBroadcomは、「半導体企業」という説明に引きずられると実態を把握しにくい。大手ベンダーの買収を続けてきた、Broadcomの歴史を簡単に振り返る。(2022/5/27)

小寺信良のIT大作戦:
iPodは「Goodbye, MD」し、世界を変えて、Goodbyeした
iPod miniを売り出したときの日本でのキャッチフレーズは「Goodbye, MD」だった。それ以外にもiPodは多くのものを変えてきた。その歴史を小寺信良さんが振り返る。(2022/5/26)

使える「Microsoft Defenderウイルス対策」の6大機能【前編】
“役立たずのWindows Defender”が「Microsoft Defenderウイルス対策」になって大人気の謎
Microsoftは「Windows」の無料セキュリティツール「Microsoft Defenderウイルス対策」の機能強化に注力し、前身の「Windows Defender」が受けてきた“悪評”を拭い去ってきた。変化の歴史を振り返る。(2022/5/26)

「cakes」8月末サービス終了 10年の歴史に幕
note社は25日、コンテンツ配信サイト「cakes」のサービスを8月末に終了すると発表した。サイトの更新は7月31日まで。(2022/5/25)

Intelが仮想ミュージアムをオープン カリフォルニアの博物館を仮想体験
米Intelは5月18日(現地時間)、世界中どこからでも体験できる「Virtual Intel Museum」を開設した。Intelの歴史や製造技術などについて、3Dインタラクティブツアーで学ぶことができる。(2022/5/23)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
さようならiPod Appleへの20年の貢献度を振り返る
ポータブルミュージック40年の歴史とともに、その偉業を振り返ってみましょう。(2022/5/23)

【バイクトリビア】「ネイキッド」の呼称はゼファーから? 一大ブームとなった1990年代400ccネイキッドの歴史
ついにネイキッドの名車・CB400スーパーフォアの生産終了が決まってしまいました……。そういえば「ネイキッド」という呼称は何から始まったのでしょう? ゼファー説、いやもっと昔からだ説、いくつかあるようです。(2022/5/22)

「ビックロ」が10年の歴史に幕 ユニクロ新宿東口店が撤退でビックカメラのみに
ビックリ。(2022/5/20)

ついに生産終了が決定 CB400スーパーフォア、30年の歴史に幕 さらにVFR系やゴールドウイングまで……
あぁぁついに「決定」してしまいました……。(2022/5/15)

リクルート事例で分かるIaaS→PaaS移行のコツ(1):
リクルートの情報検索組織が検索APIの基盤をIaaSからPaaS中心にした理由
リクルートの情報検索組織において検索APIの基盤をどうやってPaaS中心のシステムに移行したかを紹介する連載。初回は、PaaS中心の世界観に至った歴史的いきさつ、理由について解説する。(2022/5/13)

「玄人志向」のサポート掲示板が終了へ、15年の歴史に幕 閉鎖後は過去の投稿も閲覧不可に
 PCパーツなどを手掛けるCFD販売は5月11日、同社のPCパーツブランド「玄人志向」が提供してきた掲示板「玄人フォーラム(BBS)」を終了すると発表した。(2022/5/11)

iPod touchが在庫なくなり次第販売終了へ 「iPod」約20年の歴史に幕
アップル「The music lives on.」(2022/5/11)

Apple、iPod touchの販売を終了へ 約20年の歴史に幕
米Appleは5月10日(現地時間)、携帯音楽プレーヤー「iPod touch」の販売を、在庫がなくなり次第終了すると発表した。iPodの登場から約20年が経過した今ではiPhone、iPad、Mac、Apple WatchからApple Musicをはじめとするストリーミングプラットフォームにアクセスし、自分の音楽ライブラリをどこへでも持ち出せるようになった。iPodは約20年の歴史を終えることとなる。(2022/5/11)

Apple、iPodの歴史に幕 シリーズ最後のモデル「iPod touch(第7世代)」在庫限りで販売終了
2001年10月23日から20年にわたって活躍してきたiPodが、在庫限りで終わる。(2022/5/11)

メタバースの可能性はB2Bにあり? マネタイズへの道をソフトウェアの歴史から振り返る
B2C分野での盛り上がりを見せるメタバース市場。一方で、過去のビジネスシーンを踏まえると、今後B2B分野でも同様の盛り上がりが起きる可能性もある。この動向がSaaSビジネスに与える影響を、SaaS企業に特化したアナリストが分析する。(2022/5/10)

歴史ある米私立大学、コロナとランサムウェア攻撃の影響で閉校
イリノイ州のリンカーンカレッジは、5月13日に157年の歴史を閉じる。新型コロナのパンデミックに昨年12月のランサムウェア攻撃が追い打ちをかけた。(2022/5/10)

雑誌付録のRaspberry Pi Picoも
写真で見るRaspberry Pi史:ジャンパー線まみれのプロトタイプ・ラズパイ公開
開発段階のプロトタイプラズパイ、雑誌に添付されたラズパイPico、国際宇宙ステーションで超小型衛星に組み込まれたラズパイなど、ラズパイ10年の歴史を写真で振り返る。(2022/5/6)

「実家に帰ったら黒歴史がアートになってた」 センスありすぎなアート作品に「素敵なご家族」「親御さんの愛を感じる」
タイトルが秀逸です。(2022/5/5)

イオンの“看板あるある”を表現したファンアートに反響 「SATY懐かしすぎて」「地元にあった看板そっくり」「歴史を感じる」
看板から別のスーパーだった頃を思い出す……。(2022/5/5)

駅食文化を牽引:
駅弁の「発祥の地」は? JR姫路駅の歴史を振り返る
かつては鉄道の長旅に欠かせなかった「駅弁」。そんな駅弁の「発祥の地」は、今のJR姫路駅なのだという。姫路駅に育まれた姫路発の駅弁文化は今も進化を続けている。(2022/5/2)

ウィズコロナ時代のテクノロジー:
AIで「パニック買い」を乗り越える 繰り返される“買いだめの歴史”に終止符を 
新型コロナウイルスによるパンデミックは当初、パニックと呼べるほどの反応が人々の間で見られた。その代表的な例に「パニック買い」と呼ばれる、買いだめや買い占めが起きる現象がある。これに対して、AIを使ってを抑制しようとする動きが、世界中で進んでいる。(2022/5/2)

創業から現在、そして未来へ 歴史がぎっしり詰まった「マツダミュージアム」5月23日から一般公開
オンラインマツダミュージアムも開設。ドローンの迫力ある映像などが見どころ。(2022/4/22)

Apple「macOS Server」の販売を終了
macOSにサーバ機能を追加するアプリがその歴史的役割を終えた。(2022/4/22)

マツダ本社内:
マツダミュージアムが5月23日に一般公開を開始 全面リニューアルでブランド発信拠点としての機能を強化
マツダミュージアムが5月23日に一般公開を開始する。施設全体の空間デザインや展示内容を刷新し、ブランド発信拠点としての機能を強化する。歴史とマツダのコンセプトを体感できる、ストーリー性のある展示にした。(2022/4/21)

電動車がエンジン車逆転 半期の販売で初、燃費良好
2021年度下半期の乗用車販売で、電動車がエンジン車を逆転した。半期ベースで電動車がエンジン車を上回るのは初めて。ガソリン価格の歴史的な高値が続く中、エンジン車に比べて燃費がいい電動車の人気が一段と高まっている。(2022/4/14)

「メール」はどうなるのか【前編】
「メール」波乱の歴史 コミュニケーションの主役から“脇役”へ
メールは数十年にわたりビジネスコミュニケーションを支えてきた。しかし今は昔。「Microsoft Teams」「Slack」といったビジネスチャットツールの台頭で、メールは主役でなくなりつつある。今後、どうなるのか。(2022/4/8)

「チョコリエール」がWikipediaすら存在しないほどネットに情報皆無 納得いかないのでブルボンに歴史や特徴を聞いた
人類はもっとチョコリエールを食べるべきである。(2022/4/7)

岡山「桃太郎のかくし祭ずし」(1380円):
「ひかりは西へ」から、もう50年 岡山の冬季限定「かくし祭ずし」とは?
山陽新幹線新大阪〜岡山間は2022年3月で開業50年。その開業時から既に定番だった、昭和38年誕生・岡山の歴史ある駅弁はどんな味なのでしょう。あらためていただきます。(2022/4/2)

スーパーソーダガムが終売 49年の歴史に幕 「子どもの頃大好きでした」「非常に残念」の声
スーパーコーラガム、ライフガードガムも終売。昭和の思い出がまた1つ……。(2022/4/1)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
並行在来線会社名「ハピラインふくい」 未来に“福”はやって来るのか
2022年、日本の鉄道は開業150周年を迎える。長い歴史ゆえに保守的な考え方に支配されやすい。しかし第三セクター鉄道会社は「道南いさりび鉄道」「IGRいわて銀河鉄道」など、保守的な考えを破ってきた。そして22年7月、新たなキラキラネーム会社が誕生する。「株式会社ハピラインふくい」、愛称「ハピライン」だ。(2022/4/2)

群馬県初の「デジタル博物館」が始動 零戦試作機など3Dで
群馬県内初のデジタル博物館となる藤岡市の「藤岡デジタル博物館」が始動した。普段見ることのできない歴史資料などをデジタルデータ化し、インターネットで公開する。(2022/3/31)

橋ができて赤字に:
「故郷の風景が……」沖縄の島で100年続く共同売店がピンチ
沖縄県うるま市伊計島の伊計島共同売店が経営悪化による存続の危機に陥っている。来年には創立100周年を控える歴史ある共同売店なのに……。(2022/3/30)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
デジカメのメモリカード今昔物語 スマートメディアからSD、xD、CFexpressまで
スマートメディアで大変な目にあった編集者マツさん。これをきっかけに、デジカメのメモリカードの歴史を紐解いていく。(2022/3/30)

レトルト大好き! K記者がフカぼった:
レトルト食品界の王様「ボンカレー」 技術革新を重ねても唯一、”変えなかったこと”は?
われわれの生活に欠かせない「レトルト食品」。1968年、大塚食品が世界で初めて市販用レトルト食品「ボンカレー」を開発したことからその歴史は始まった。レトルト食品が”当たり前”になるまで、どのような技術革新があったのか? また、数多のアップデートを重ねても唯一、変わらなかったこととは?(2022/3/29)

10〜24歳に聞いた:
Z世代の「上司にしたい歴史上の人物」 3位「坂本龍馬」、2位と1位は?
キーボードアプリ「Simeji」を提供するバイドゥは、「上司にしたい歴史上の人物」の調査結果を発表した。10〜24歳の考える上司にしたい歴史上の人物とは?(2022/3/28)

「日本は超正統派のICT人材を育成すべき」 登大遊氏が語る「インチキネットワーク」普及の重要性(前編)
優れたICT技術を生み出す「超正統派」ICT人材を育てるために必要なものは何か。「SoftEther」を開発した登大遊さんが、自身の経験やAT&Tといった企業の歴史から紹介する。登さんによれば、重要なのは自由な試行錯誤を許容するネットワークとコンピューティングの環境だという。(2022/3/28)

お台場のヴィーナスフォート、22年の歴史に幕 閉館惜しむ声
最終日に訪れて写真を投稿する人も多数。(2022/3/27)

Google、漫画の歴史が学べるWebサイト公開 イラスト作成機能も 4言語で展開
Google Japanが、日本の漫画の歴史が学べるオリジナルコンテンツ「Manga Out Of The Box」を公開した。経済産業省など13のパートナーとともに制作。日本語だけでなく、英語、スペイン語、フランス語で閲覧できる。(2022/3/24)

PR:あの「コンドームバトラーゴロー」がまさかの現代風アニメに コンセプトは「コンドームは2人の問題」
「パートナーのためのコンドーム」について考えさせられる歴史的傑作(?)です。(2022/3/25)

荻窪圭のデジカメレビュープラス:
大胆なマウント変更で躍進 キヤノン、一眼レフの歴史
「EOS SYSTEM」が35周年を迎えたのである。今まで何かきっかけがあると、そのメーカーの歴史的なカメラを振り返ったりしてたので、今回はキヤノンである。(2022/3/21)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
モビリティの主役交代の歴史に思いをはせる
船にとって難所の津軽海峡で、人やモノの移動を支えました。(2022/3/16)

福田昭のデバイス通信(351) imecが語るワイヤレス電力伝送技術(5):
電磁波で電力を伝送するという夢の始まり(後編)
後編では、電磁波の発見によって信号伝送(無線通信)と電力伝送が考案され、試みられていった歴史を簡単に説明する。(2022/3/16)

福田昭のデバイス通信(350) imecが語るワイヤレス電力伝送技術(4):
電磁波で電力を伝送するという夢の始まり(前編)
今回からはワイヤレス電力伝送の歴史を振り返る。(2022/3/11)

築地銀だこ、特典パスポート付き『FAN BOOK』を発売 商品への “こだわり”を訴求
築地銀だこの創業25周年を記念し、『築地銀だこ FAN BOOK』が3月14日に発売。誕生の歴史からメニュー開発の舞台裏、未来への挑戦など築地銀だこの魅力を詰めた一冊となっており、付録として2種の特典パスポートが付けた。(2022/3/9)

2030年までに「存亡の危機」を迎えないために、企業が即取り掛かるべきテクノロジー人材の強化策とは
ガートナーによると、日本企業が今後予測される歴史的な大転換を生き残るためには、要となるテクノロジー人材の獲得と人材投資の強化を急ぐ必要があるという。(2022/3/8)

レンタル掲示板のteacup.が8月1日で終了 25年の歴史に幕
3月1日から新たな掲示板の作成も停止。(2022/3/4)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
原油価格が史上最速ペースの値上がり 「第三次オイルショック勃発」の可能性も
原油価格が歴史上類を見ないスピードで値上がりしている。2020年にはマイナス価格になったこともあるNY原油先物が、22年の初めには75〜80ドル近辺まで値上がりした。そして3月に入ると、年初からさらに4割も暴騰し、一時は1バレル=112ドルを突破したのだ。(2022/3/4)

山市良のうぃんどうず日記(226):
Microsoft Store版「Windows Sysinternals」は自動更新される? されない?
本連載第223回では、長い歴史のある「Windows Sysinternals」がMicrosoft Store経由で簡単にインストール、更新できることを説明しました。しかし、常に最新版を使えるとは限らないようです。(2022/3/2)

Netflixがフランス映画業界に年間最低39億円出資する「歴史的協定」 映画館生き残りに希望
「Netflix問題」で対立していたカンヌ国際映画祭とも和解できるのかも?(2022/2/24)

湯之上隆のナノフォーカス(47):
界面の魅力と日本半導体産業の未来 〜学生諸君、設計者を目指せ!
今回は、「電子デバイス界面テクノロジー研究会」の歴史と、同研究会が行った、半導体を研究している学生48人へのアンケート結果を紹介する。アンケート結果は、非常に興味深いものとなった。(2022/2/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。