ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「リカバリ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「リカバリ」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

AWS、Amazon RDSのデータベースを任意の時点に戻せる機能 AWS Backupに追加
米AWSが、Amazon RDSのデータベースをいつでも任意の時点の状態に戻せる、継続的バックアップ機能とPoint-in-timeリカバリー機能をAWS Backupサービスでサポートしたことを発表した。(2021/3/17)

Veeam、GCP向けクラウドネイティブなバックアップ/リカバリーを提供開始
Veeam Softwareは、Google Cloud Platform(GCP)向けのクラウドネイティブなバックアップ/リカバリーソリューション「Veeam Backup for Google Cloud Platform」を提供開始した。ハイブリッド/マルチクラウド環境にも対応し、企業のクラウド活用を支援する。(2021/2/5)

Tech TIPS:
【Windows 10】Ctrl+Vと間違えてCtrl+Cを押してクリップボードを消してしまったら
[Ctrl]+[C]キーを押した後に[Ctrl]+[V]キーを押すつもりで、また[Ctrl]+[C]キーを押してしまい、クリップボードの中身を失ってしまった……。そんな操作ミスは誰にでも経験があることだろう。こうした操作ミスをしてしまっても、簡単にリカバリーできる方法を紹介しよう。(2020/12/25)

「バックアップ/リカバリー」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名様にAmazonギフト券3000円分をプレゼント。(2020/12/25)

だからテープはなくならない
最新のテープ技術がもたらす5大メリット
バックアップ、リカバリー、長期的なウォームアーカイブ、コンプライアンス、WORMといった用途やデータを保護する「エアギャップ」など、テープがもたらすメリットを解説する。(2020/11/24)

Microsoft 365(Office 365)のバックアップ&リカバリー入門【前編】
「Microsoft 365」の標準バックアップ機能では何ができ、何ができないのか?
「Microsoft 365」(Office 365)には、削除されてしまったデータを復元する機能がある。ただし常に復元できるわけではない。Microsoft 365標準のバックアップ/リカバリー機能と、その限界を確認しておこう。(2020/11/13)

IT用語解説系マンガ:食べ超(194):
とどめを刺せるカオスエンジニアリング
「リカバリー不能になってこそカオスエンジニアリング」ではありません※皆さんご存じかとは思いますが、本作はフィクションです。(2020/9/9)

「Commvault」と「Veeam」を徹底比較【後編】
「Commvault」と「Veeam」の違いとは? 2大バックアップ製品を比較
Commvault SystemsとVeeam Softwareのバックアップ/リカバリー製品は、何が異なるのだろうか。4つの視点で比較する。(2020/6/11)

「Commvault」と「Veeam」を徹底比較【前編】
「Commvault」と「Veeam」とは? 2大バックアップ製品の長所と短所
データの損失は事業継続性の観点で企業にとっては致命的になる。そこで役立つのがバックアップ/リカバリー製品だ。その主要ベンダーCommvault SystemsとVeeam Softwareの製品の違いを探る。(2020/6/4)

アメリカでニュース速報中に幼児が乱入 アナウンサーにじゃれつくハプニング
アナウンサーのリカバリーっぷりにも注目です。(2019/10/10)

得られるメリットはコストに見合うか
「マルチクラウドバックアップ」は本当に必須なのか?
バックアップ/リカバリー対策のために複数のクラウドにバックアップすることは、これまでとは異なったメリットをもたらす。ただしデータ保護という別の観点からは、それほど有益ではない可能性もある。(2019/5/23)

STマイクロ MDmesh DM6ファミリー:
高速リカバリ対応の600V耐圧パワーMOSFET
STマイクロエレクトロニクスは、高速リカバリボディダイオードを内蔵した、600V耐圧パワーMOSFET「MDmesh DM6」ファミリーを発表した。(2019/2/15)

天才かよっ! アイドルをデッサン中にコーヒーをこぼしたのでヴェノムでごまかす 神リカバリーに絶賛集まる
こんな映画も見てみたい。(2019/1/16)

EMCジャパン株式会社提供ホワイトペーパー
DRと長期保存を容易に実現、クラウド対応データ保護アプライアンスの実力とは?
データ保護で注目されるクラウドへの拡張だが、コストなどの懸念により断念するケースは多い。そこで注目したいのが、高速リカバリーを実現するDR機能と重複排除機能を備えた、クラウドネイティブなデータ保護アプライアンスだ。(2018/11/16)

ORACLE MASTER Silver Oracle Database 12cの攻め方(5):
12c Silver試験の「監査」「バックアップ」「リカバリー」に関するポイント
「ORACLE MASTER Silver Oracle Database 12c」資格を取得するための傾向と対策を紹介する連載。今回のテーマは、「監査」「バックアップ」「リカバリー」です。(2018/10/15)

復旧できないバックアップはいらない
バックアップ運用見直しと併せて考えたいリカバリーの信頼性向上とコスト削減
本番系がダウンした時、スタンバイサイトにアクセスできるエンジニアがリカバリーのプロとは限らない。3つの失敗パターンから常にシステムを稼働し続ける方法を探る。(2018/4/26)

HCIのパフォーマンスを落とさないために
HCIの“落とし穴”を回避するバックアップ/リカバリツールの選び方
IT基盤を簡単かつ安価に利用できることで注目を集めるハイパーコンバージドインフラ(HCI)のメリットを生かすには、バックアップツール選びも重要なポイントだ。(2017/9/8)

Tech TIPS:
Windows 10を初期化(リカバリー)する方法
Windows 10を搭載したPCにマルウェアが感染して、駆除が難しいような場合など、Windows 10を初期状態に戻さなければならないことがある。このような場合、Windows 10の[このPCを初期状態に戻す]機能を使うと、簡単に初期状態に戻すことができる。(2017/8/18)

Windows VMとLinux VMで利用可能:
Azure BackupのVMバックアップから「ファイル/フォルダ単位」のインスタントリカバリーが可能に
「Azure Backup」に、Azure仮想マシンのバックアップから“ファイル/フォルダ単位”でインスタントリカバリーする機能が実装された。Windows VMとLinux VMで利用できる。(2017/7/25)

企業のバックアップ/リカバリ環境に関する調査レポート
導入意欲が高いクラウドバックアップサービス、その理由と懸念とは
2017年3月に「企業のバックアップ/リカバリ状況に関する読者調査」を実施した。本レポートでは、特にクラウドバックアップの状況についてその概要をまとめた。(2017/6/1)

備えがあり過ぎても困る
ディザスタリカバリ環境の構築、複数サイト方式とクラウド利用方式を比較する
適切なディザスタリカバリ(DR)の選択には、コスト、目標復旧時間(RTO)、専門知識の有無が重要だ。慎重に分析した結果、クラウドが最適と考える企業もあるだろう。(2017/4/5)

似ているようで違う
AWS、Azure、Googleのクラウドストレージを比較、各社の特徴は?
パブリッククラウドの主要プロバイダー各社が提供するストレージについて調べた。比較したのはバックアップ/リカバリ、アーカイブ、ハイブリッドクラウドストレージ、クラウド分析といった機能だ。(2017/4/3)

Linux VMでも瞬時リカバリーが可能に:
マイクロソフト、Azure Linux VM向け「インスタントファイルリカバリー」機能を公開
Azure Linux VM向けにも、バックアップから瞬時にリカバリーできる「インスタントファイルリカバリー機能」が実装された。(2017/3/21)

TechTargetジャパン 会員アンケート
【お知らせ】バックアップ/リカバリ環境に関するアンケート調査
本調査は、情報システム部などIT製品・サービスの導入に関与する方を対象に「バックアップ/リカバリ環境」についてお伺いします。(2017/3/6)

データベース基盤と管理の「それって本当?」――スペシャリストが真実を暴く(4):
PR:本当にどの時点にもリカバリーできるの? 最適なバックアップ手法は運動会の「写真/ビデオ撮影」で考えよう!
そのシステム、今のバックアップ要件で本当に「思い通りに」戻せますか? 実は、一般的なバックアップ設計では、思い通りには戻せない場合があります。今回は、ふいに発生したアクシデントに対応する方法を、運動会の「ビデオ撮影」と「写真」を題材にじっくり考えてみましょう。[高可用性/災害対策][運用管理効率化][Oracle Database 12c][Zero Data Loss Recovery Appliance](2016/10/11)

データベース基盤と管理の「それって本当?」――スペシャリストが真実を暴く(3):
PR:バックアップさえしていれば本当に完璧なリカバリーができるの?──“カンニング”ではダメ! 100点のリカバリーを実現する方法を考えよう!
なぜデータベースのバックアップを取得するのでしょうか? もちろん、万一の障害が発生した際にバックアップを使用してリカバリーするためです。では、そのリカバリー計画は確実なものだと自信を持って言えますか? このような質問をすると、多くの方が「正しいプロセスでバックアップを取得しているから大丈夫」と答えます。しかし、ちょっと待ってください。本当に大切なのは「バックアップを取得すること」ではありません。さて、それはどういうことでしょうか? 詳しく解説していきます。[運用管理効率化][Oracle Database 12c](2016/10/3)

「iOS 10」リリース 一部ユーザーから問題の報告も Appleは修正
インストールしようとするとリカバリモードになってしまうとの報告が一部で見られました。(2016/9/14)

混在環境で複雑なバックアップ運用をシンプル・簡単に
読者調査に見る、複雑化するバックアップ/リカバリーの課題を解決する条件とは?
IT環境が物理/仮想と混在して複雑化する中、日々のバックアップ運用に苦労するIT担当者は少なくない。少人数で対応している現場はなおさらだ。満足できるバックアップ製品に求められる要素とは何だろうか。(2016/6/27)

大量データも超高速バックアップ
Oracle DB運用の最適化と、失敗のないリカバリを両立させる“ここにしかない”方法
日々増え続ける重要なデータのバックアップ運用は、IT担当者の悩みの種だ。複数のデータベースが乱立する環境であっても、バックアップ処理が楽になり、さらにリカバリの確実なテストもできる方法はないだろうか?(2016/5/25)

リストアを待たずに仮想マシンのデータを使える
30分までのダウンタイムが許せるなら「リカバリーインプレース」はいい選択肢か?
新たなデータ保護手法の1つに「リカバリーインプレース」(インスタントリカバリ)という高速リカバリ技術がある。この手法は有用だが、多少の事前計画が必要になる点に留意したい。(2016/5/18)

高井尚之が探るヒットの裏側:
身につけて疲労回復 新たな市場を開拓する「リカバリーウェア」とは?
ジャーナリスト・経営コンサルタントの高井尚之氏が、人気企業・人気商品の裏側を解説する連載。今回は身につけて疲労を回復する「リカバリーウェア」の人気を読み解く。(2016/4/27)

バックアップとアーカイブの共有化
“最後のリカバリー手段”を超えて進化するバックアップの未来とは
バックアップ製品は進化しており、データのリカバリーだけでなく、いろいろな機能が追加されてきた。どのような機能があり、それがどのように使えるのかを紹介する。(2016/3/28)

TechTargetジャパン 会員アンケート
【お知らせ】バックアップ/リカバリ環境に関するアンケート調査
本調査は、情報システム部などIT製品・サービスの導入に関与する方を対象に「バックアップ/リカバリ環境」についてお伺いします。(2016/2/8)

中堅・中小企業向けバックアップ/リカバリ環境に関する読者調査リポート
重視するのは「運用のしやすさ」、中堅・中小企業ならではのバックアップ環境の悩み
TechTargetジャパンは2015年8月、従業員300人未満の中堅・中小企業の会員を対象に「バックアップ/リカバリ環境に関する読者調査」を実施した。調査結果から製品/サービスの導入・検討状況、業務利用の状況などが明らかになった。(2015/10/30)

中堅・中小企業が抱える課題のトップ6を解決できる統合バックアップ
複雑な環境でもバックアップはシンプル、専任者いらずで簡単に運用する秘訣とは
TechTargetジャパンは2015年8月に「中堅・中小企業向けバックアップ/リカバリ環境に関する読者調査」を実施した。調査結果から見えてきた読者が感じているバックアップ/リカバリの問題点とは。(2015/10/30)

ホワイトペーパー:
導入でROI 412%を実現したバックアップ/リカバリ製品とは?
IDCの調査によると、バックアップ/リカバリ製品の導入により、短期の投資回収を実現し、高いROIを示す結果が示された。詳細な調査結果から、データ管理がビジネスに及ぼす影響を見ていこう。(2015/10/22)

クラウドとオンプレミスとの融合策とは?
大切なデータを失わない、AWSへのバックアップ/リカバリ必勝法
普及期に差し掛かっているクラウド。中でもデータの爆発的な増加を背景に利用が急増大しているのがクラウド型ストレージである。果たして、その賢い活用法とは。(2015/10/20)

ホワイトペーパー:
中小規模システム環境のための、簡単バックアップ&リカバリ手順書
大企業と比較してIT部門に多くの人員を割くことのできない中堅・中小企業が、災害対策、ディザスタリカバリを確実かつ簡単に行うにはどうすればいいか。バックアップ&リカバリ手順書を役立ててほしい。(2015/10/6)

ホワイトペーパー:
21週間で91.53%ストレージ容量を削減 テスト結果に見るバックアップ統合の効果
仮想化の増加によりITインフラのコスト削減は進んでいるが、バックアップやリカバリに関する運用はかえって煩雑化している。この解決策としてバックアップ統合が挙げられるが、果たしてどれほどの効果が見込めるのだろうか。第三社機関による実測効果リポートを見ていこう。(2015/9/30)

【お知らせ】バックアップ/リカバリ環境に関するアンケート調査
本調査は、情報システム部などIT製品・サービスの導入に関与する方を対象に「バックアップ/リカバリ環境」の利用状況についてお伺いします。(2015/8/3)

アスク、“データリカバリサービス”付きHDDを搭載したSynology製NASの販売を開始
アスクは、Seagateが提供する「+Rescueデータ・リカバリ・サービス」付きHDDを搭載したSynology製NASの取り扱いを開始する。(2015/7/24)

簡単バックアップから本格リカバリまでを網羅
中堅・中小企業向け障害復旧対策を松竹梅コースで解説
バックアップ/リカバリの重要性は広く認知されつつも、システム環境の整備はいまだ十分ではない。この状況を打開するために参考にしたいのが、自社の要件に応じた3種のモデルケースだ。具体的な内容を紹介する。(2015/7/6)

NEWS
Linux向け高速バックアップ/リカバリ製品、ストレージクラフトが投入
ストレージクラフトがWindowsシステム向けで定評のあるバックアップ/リカバリ製品のLinux版を発表。同時に日本でのビジネス戦略を発表した。(2015/5/20)

震災から4年、バックアップ環境を見直す
あなたのバックアップ課題を劇的に変える3つの手法、検証結果も公開
バックアップ・リカバリ環境は多くのIT担当者の頭を悩ませている。コストや手間、時間など、さまざまな課題を抱える中、環境の見直しを進めている企業も少なくない。理想のツール像を探る。(2015/5/15)

SMB向けバックアップソフト紹介:デル・ソフトウェア
CDPに近い仕組みで継続的にデータを保護する「Dell AppAssure」
デル・ソフトウェアのバックアップ/リカバリソフトウェア「Dell AppAssure」は、「継続的なデータ保護」「迅速なシステムリストア」「どこにでもリカバリ」の実現を支援する機能を備えている。(2015/5/12)

バックアップ・リカバリに関する読者調査
6割の回答者が重視するバックアップ・リカバリ環境のポイントとは
TechTargetジャパン会員を対象に、「バックアップ・リカバリ環境に関する読者調査」を実施した。本リポートでは、その概要をまとめた。(2015/4/27)

ホワイトペーパー:
IAサーバの災害対策は問題なし? チェックリストで確認しよう
災害対策の必要性は理解しているが、ハードウェアやデータセンター施設の追加投資が必要で、構成や手順が複雑では……とお悩みのITリーダー諸君、ネットワークに接続するだけで対策が可能なクラウド型のリカバリー・サービスを検討してみてはいかがだろうか。(2015/4/24)

「Windows 10」、最高15.6Gバイトのストレージ容量が不要に
Microsoftが、次期OS「Windows 10」ではシステムファイルの圧縮アルゴリズムの改善とリカバリイメージのメディアへの保存機能により、64ビット版では6.6〜15.6Gバイトのストレージ容量が不要になると説明した。(2015/3/17)

vCloud Air入門(2):
vCloud Air Disaster Recoveryとは何か、どう使えるか
vCloud Airの使い方を紹介する本連載。第二回の今回はメニューの一つとして注目を集める「vCloud Air Disaster Recovery」の使用方法や注意点を紹介します。ディザスターリカバリ対策でどのように使えるか、検討する際の指針も併せて紹介します。(2015/2/23)

TechTargetジャパン 会員アンケート
【お知らせ】バックアップ/リカバリ環境に関するアンケート調査
本調査は、情報システム部などIT製品・サービスの導入に関与する方を対象に「バックアップ/リカバリ環境」についてお伺いします。(2015/2/9)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。