ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「リサイクルショップ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「リサイクルショップ」に関する情報が集まったページです。

森田まさのりの肖像【後編】:
『ろくでなしBLUES』作者・森田まさのりが語る「『べしゃり暮らし』は一生描き続ける」宣言の真意
累計発行部数5000万部を超える漫画『ろくでなしBLUES』著者の森田まさのりさんが、『べしゃる漫画家』の出版イベントで、『ろくでなしBLUES』にまつわる秘話などを語った。森田さんはなぜ50歳を過ぎてから漫才コンクールの「M-1グランプリ」に出場したのか? 前後編で余すところなくお届けする。(2019/11/10)

人気のディズニーアイテムのキーワードは「レトロ」 懐かしい「お土産」感あふれる東京ディズニーランドのクリスマスグッズ
色使いもどこかノスタルジック。(2019/10/29)

5分で知るモバイルデータ通信活用術:
UQがWiMAX 2+でも「分離プラン」導入 旧プランと比べて安い? 高い?
WiMAX 2+を提供するMNOとして、10月に施行された改正電気通信事業法と関連法令の規制対象となったUQコミュニケーションズ。その規制に対応した新しい「ギガ放題」プランは、旧プランと比べて“おトク”になったのでしょうか。検証してみましょう。【訂正】(2019/10/24)

パナ元社員が自社製品買い戻し転売 詐欺容疑で逮捕
勤務先の家電製品を販売代理店から買い戻して不正に入手するなどしたとして、大阪府警捜査2課などは1日、詐欺の疑いで、パナソニック元社員、尾崎正典容疑者(45)=大阪市平野区平野上町=を逮捕した。同課によると、「競馬などのギャンブルに使うためにやった」などと容疑を認めているという。(2019/10/2)

消去方法がダメ:
「中古HDDの6割」に個人情報が残存、英Comparitech
comparitech.comは、eBayのようなマーケットプレースで購入した中古HDDの59%に問題があると発表した。HDDの内容が完全に消去されていないため、5台のうち3台では前の持ち主のデータを復元できた。(2019/10/1)

よるドラ「だから私は推しました」ハマったアイドルが解散するまでを追体験できた傑作ドラマ、ありがとうサニサイ! 今夜最終回再放送
あのふたりがまさかの同棲!? 細かいネタに驚く。(2019/9/20)

ライオンが実践するデータとコミュニケーションの良い関係――自分も気付かないの本当の欲求とは
日常生活消費財の世界では、コミュニケーションの在り方が変わろうとしている。ライオンが実践するデータ分析を起点とする新しいコミュニケーション手法とは。(2019/9/10)

ねとらぼの中の人インタビュー:
「感動ポルノ」だけじゃなく、「炎上ポルノ」もあるよね―― ねとらぼ編集部員に聞く「お前の原体験はなんだ」 〜たろちん編〜
編集部の中の人にいろんなことを聞く連載。第1回はゲーム実況のパイオニアである「たろちん」さん。(2019/7/7)

小売・流通アナリストの視点:
メルカリが電子決済の覇権を握る日
メルカリは中古品流通業界を制するといった小さなことを目指していない。彼らが握ろうとしているのは今後キーになる「電子決済の覇権」なのだ――。(2019/6/26)

メルカリ株価が急落 リユースのトレファクとAmazonの連携で競争激化懸念か
リユース市場は広がっていますが……。(2019/6/4)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
新スマホのケースや保護シートが“ぴったり”作れる理由、作れない理由
スマホのアクセサリーメーカーが製造販売しているケースや保護フィルムなどは、どうやって寸法情報を入手しているのか、不思議に思ったことはないだろうか。実物を購入してチェックするのが基本だが、中には当てずっぽうだったり、あるいはユーザーから現物を借用して寸法を測っていたりする場合まである。(2019/5/22)

引っ越しシーズン いらないPCや携帯電話を処分するぞ!
新生活に向けて、引っ越しが盛んになるこの季節。部屋を片付けていたら不要なPCや携帯電話がたくさん出てきた、なんてことがあると思います。その場合、どうやって処分すればいいのでしょうか。簡単にまとめてみました。(2019/3/20)

「ボクのファミコンだ!」 ドラクエのシールに導かれしゲーマー、なくしたファミコンと約30年ぶりに再会
コントローラーに貼られていたシールのはがれ具合から、かつて自宅にあったファミコンのものと確信したそうです。(2019/3/13)

モバイルフォーラム2019:
「分離プラン」への期待と不安要素
MVNO委員会は、3月8日、「モバイルフォーラム2019 〜2030年を見据えた新たな競争ルールとMVNOの果たすべき役割〜」を開催。総務省の担当者や「モバイル研究会」の有識者、ジャーナリストが講演し、分離プラン導入についてそれぞれの意見を述べた。(2019/3/13)

「ペイペイ使えます」 30円の釣り堀がある街、【曳舟】に残る“昭和”
「名前しか知らないあの街」に自転車で行ってみる。(2019/3/12)

片付けコンサルタント“こんまり”、アカデミー賞に登場 オスカージョークでレッドカーペットに迎えられる
こんまりさんがレッドカーペットに!!(2019/2/25)

製品分解で探るアジアの新トレンド(35):
見えないところで広がる中国半導体の勢力図
米中貿易摩擦が激しさを増す中、ZTEやHuaweiを対象とした規制などのニュース(多くは、5G(第5世代移動通信)に関しての覇権争いに関するもの)が、毎日のようにメディアを賑わせている。だが、それとは別に、見えないところで中国製半導体の広がりが明確になっている。(2019/1/28)

今日のリサーチ:
メルカリでの平均取引価格から算出した宅内の不要品の価値は推計37兆円――みんなのかくれ資産調査委員会調べ
金融、不動産に続く第3の資産、みなさんのご自宅にも眠っているのではないでしょうか。(2018/11/19)

トラブル回避のための「引越しやることリスト」 業者選び〜引越し後に必要な手続きまで
市役所での手続きなど、まとめてできる作業もあるので、計画的に。(2018/8/28)

石川温のスマホ業界新聞:
総務省が中古スマホのSIMロック解除を要請へ――マルチキャリアMVNOが相次ぐ中、需要はどこまであるのか
総務省が解約済み携帯電話のSIMロック解除を義務付ける方針であるとの報道があった。MVNOサービスと組み合わせることでより安く携帯電話を使えるようにするための施策だと思われるが、本当に国民にとって良いことなのだろうか。(2018/8/24)

引越し費用を安くするには? 相場、おすすめ時期などまとめ
おトクに引越しできる時期、プランなどをご紹介します。(2018/8/22)

スーパーでよく聞く「ポポーポポポポ♪」の機械(呼び込み君)を自宅に導入したら帰宅するのが楽しくなった
投稿主のウキウキっぷりが伝わってきます。(2018/8/14)

“質屋アプリ”ことCASHの運営会社が開発:
今、金欠でもハワイに行ける!? 旅行代金を「ツケで払う」アプリ始動
「質屋では」などと批判されたアプリ「CASH」の運営会社が新サービスを開始。最高で10万円までの旅行商品を買えるアプリで2カ月先まで後払いできる(2018/6/28)

「料金プラン」「ZTE問題」「楽天」「ブロッキング」――KDDI決算説明会 一問一答
KDDIが2017年度の通期決算を公表した。高橋誠社長が就任してから始めて行われた決算説明会における質疑応答の模様を簡単にまとめる。(2018/5/10)

リングロー、“永久保証”で無期限電話サポートも利用できる中古PCを個人向けに発売
リングローは、本体永久保証を付属した中古PC「R∞PC(アールピーシー)」の販売を開始する。(2018/4/12)

石原卓児社長インタビュー:
70周年“ブランドのコメ兵”が直面した「2つの危機」
中古ブランド品リユースでトップを走るコメ兵。今年で70周年を迎えた同社は、「2つの危機」に直面した。危機的状況をどう乗り越えたのか。石原卓児社長にインタビューした。(2018/4/3)

コメ兵、ZOZOTOWN内の中古ショップ「ZOZOUSED」に進出 約2万点を販売
コメ兵はブランド古着セレクトショップ「ZOZOUSED」での販売を開始した。(2018/3/1)

有名楽器店元店長、客のベースを質屋に売って逮捕 利用客には紅白出場アーティストも
店の事情をよく知るアーティストにお話を聞きました。(2018/2/14)

「もったいない」で不用品が捨てられない実家、どうしたらいいの?
物を捨てるのに抵抗感がある親に、片付けしてもらうには?(2017/12/26)

不用品買い取り業者ってどうやって選べばいいの? お得な選び方を教えて!
さまざまな不用品買い取りサービスの違い、選ぶときに押さえておきたいポイントなどをご紹介。(2017/12/18)

持ち物現金化アプリ「CASH」、DMMが買収 70億円で
持ち物現金化アプリ「CASH」を運営するベンチャー企業を、DMM.comが70億円で買収した。(2017/11/21)

PR:不要なPC「無料で回収」なぜ実現? リユース業者の舞台裏をのぞいてみた
(2017/11/7)

司書メイドの同人誌レビューノート:
ノスタルジーあふれてる “黒電話”の入手法からお手入れの仕方までまとめた同人誌『黒電話で遊ぼう!』
著者さんは内線機として使っているようです。(2017/10/15)

「完全なファン目線で、どこまで凝れるか」 別次元のクオリティで『HiGH&LOW』世界を再現した「ハイローランド」誕生の秘密
コンテンツへの深い理解と愛情。(2017/9/3)

質屋アプリ「CASH」、早くも上限1000万円に到達し初日の査定を終了
秒でキャッシュ枠が減っていく……。(2017/8/24)

質屋アプリ「CASH」がサービス再開 キャッシュ化限度額は1日1000万円までに
ブランド物の買い取りに特化して、アイテムを送りやすくなったそう。(2017/8/24)

手持ちの商品現金化「CASH」再開 “質屋”から「中古品買い取り」に
手持ちの品をすぐに現金化できるiOSアプリ「CASH」が再開。当初は“質屋”のようなアプリと報じられたが、新アプリは「中古品買い取りサービス」としてのあり方を鮮明にした。(2017/8/24)

ITりてらしぃのすゝめ:
本当に使って大丈夫? “お金が絡む”Webサービスの安全性を見分ける4つの方法
「VALU」「CASH」など、“お金が絡む”Webサービスが増えてきた。新サービスにすぐ飛びつく前に、安全性をチェックしてみよう。(2017/8/24)

ハードオフで「幽霊が写るカメラ」が販売中ー! “幽霊”の正体を店長に聞いた
リアル“射影機”発見か。(2017/8/18)

中古携帯の動向を追う:
中古でもiPhoneが人気の理由
日本は、いまやスマホユーザーの5割以上がiPhoneという「iPhone全盛時代」の真っただ中。そんなiPhoneは、中古市場でも人気です。その秘密に迫ります。(2017/7/25)

太田智美がなんかやる:
「CASHってアプリどう思う?」――質屋のパパに聞いてみた
最近話題の“質屋アプリ”と呼ばれる「CASH」について、東京・谷中で質屋を営むパパに話を聞いた。(2017/7/4)

スタートから16時間半で:
質屋アプリ「CASH」一時査定停止 初日に3億円超の利用
少額キャッシングアプリの「CASH」が一時査定停止を発表。想定を上回る利用があったため、運営体制が整うまでアイテムの新規登録を制限する。(2017/6/29)

審査手続きなしの少額キャッシング:
“一瞬で現金に変えられる”うたう質屋アプリ「CASH」登場
“デジタル質屋”のアプリ「CASH」がサービス開始。審査・手続きなしで最大2万円を引き出せる少額キャッシングサービス。(2017/6/28)

私物を入力するだけで即現金化 “質屋”のようなアプリ「CASH」スタート
査定金額は銀行かコンビニですぐに引き下ろせる。商品は2カ月以内に送るか、返金して手元に残すか選べる。(2017/6/28)

小売・流通アナリストの視点:
GMS大量スクラップ時代の風に乗るドン・キホーテ
総合スーパー(GMS)の店舗再生に定評があるドン・キホーテに対し、ユニー・ファミリーマートが業務提携の検討を始めた。なぜドン・キホーテは注目されているのか。その強さの源泉に迫った。(2017/6/28)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
あなたが電車内で失った“忘れ物”の運命
梅雨入りを控えて、ということだろうか。阪急電鉄と相模鉄道が、乗客の忘れ物に関するプレスリリースを出した。阪急電鉄は傘の保管期間を短縮するという告知、相模鉄道は2016年度の忘れ物件数が過去最多になったという報告だった。持ち主は忘れていても、忘れ物を預かる側はいろいろ手間がかかる。(2017/6/9)

落書きレコードばかりを集めた「あなたの知らない『汚レコード』の世界展」開催中 第一人者が語る“汚レコード”の魅力とは
買い取りも行い、「面白いレコード」は査定価格がアップ!(2017/6/6)

石川温のスマホ業界新聞:
ガイドラインの抜け穴を絶妙に突いてきた「docomo with」――総務省には「問題がないということは確認をしている」
NTTドコモが繰り出した「docomo with」。この新しい料金プランは、総務省が定めた携帯電話サービスに関するガイドラインをうまく「切り抜けた」感じで作られている。(2017/6/2)

石野純也のMobile Eye:
総務省のガイドラインもクリア 半永続割り引き「docomo with」の狙いを読み解く
ドコモが2017年夏商戦向けモデルを発表した。端末以上に話題を呼んだのが、割り引き込みの料金プラン「docomo with」だ。docomo withにはどのような狙いがあるのだろうか。(2017/5/28)

ITライフch:
中古スマホはSIMロック解除できる? 各社のルールをあらためて確認
中古スマホを利用する際、気を付けておきたいポイントの1つ「SIMロック解除」。SIMロック解除はキャリアごとに対応が異り、解除不可能な場合もある。そこで今回は、中古スマホのSIMロック解除事情について説明します。(2017/5/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。