ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「おにぎり」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「おにぎり」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

社長が参加する会議にも潜入:
コンビニの商品開発ってどうやるの? 担当者が語ったリアルな現場
コンビニでは日々たくさんの新商品が発売されている。商品開発担当者は、日々、どのようなことをしているのか。ナチュラルローソンとローソンで開発してきた担当者に話を聞いた。(2019/6/5)

口下手な夫と“デレ”下手な妻 一見「冷たい」夫婦の漫画が甘酸っぱくてもだえる
家庭内でも甘酸っぱい。(2019/6/3)

現物を手に入れてスキャンするガチっぷり マツダ「RX-7」ロータリーエンジンを型取った小皿セットがヴィレヴァンで販売中
ローターの動きも再現可能!(2019/5/31)

ローソンマチカフェに「トマトラテ」登場 カゴメ「高リコピントマト」と牛乳を合わせたドリンク
体によさそう。(2019/5/29)

「S級国家・中国」“超速アップグレード”の実相【前編】:
ユニクロはいかにして中国で勝ったのか? 「20年の粘り腰」に見る強さの源泉
2002年秋、上海に初出店し、しばらく鳴かず飛ばずだったユニクローー。なぜ中国市場で勝つことができたのだろうか? 気鋭の論者が分析する。(2019/5/20)

解決策はあるのか:
コンビニ悩ます「後ろから取る客」の存在 値引きだけでは限界が
新しい商品を買うために棚の後ろから取るお客がいる。悪気はないのだが、食品ロスを生む原因の1つになっている。ローソンの新しい食品ロス対策は成果を出せるだろうか。(2019/5/17)

全国より高い平均日商:
苦戦していた「沖縄ファミマ」が稼ぎまくるようになった経緯が面白い
沖縄にあるファミマの全店平均日商は全国平均より高い。なぜ沖縄のファミマの稼ぐ力は高いのか。地元に密着した独自の商品開発力やマーケティング施策に迫る。(2019/5/17)

手ざわりはおにぎり、味は豚まん? ローソンストア100の「具のせおにぎり」がまた攻めてる
シュウマイがスポッと埋まったおにぎりも。(2019/5/2)

牛乳ビンでぐいぐい飲む:
1日で3000本! 昭和25年開業のミルクスタンドにお客が絶えない理由
JRの秋葉原駅と御徒町駅に昔ながらのミルクスタンドがある。ビンに入った牛乳を提供するスタイルにこだわり1日で3000本を売り上げる日も。牛乳のファンを獲得するために工夫していることとは?(2019/4/30)

スピン経済の歩き方:
なぜ「プリウス」はボコボコに叩かれるのか 「暴走老人」のアイコンになる日
またしても、「暴走老人」による犠牲者が出てしまった。二度とこのような悲劇が起きないことを願うばかりだが、筆者の窪田氏は違うことに注目している。「プリウスバッシング」だ。どういう意味かというと……。(2019/4/23)

auの「三太郎の日」、5月はローソンの商品をプレゼント au PAYでの特典も
KDDIが、4月22日に「三太郎の日」の特典について発表した。5月はauスマートパスプレミアム会員へ、ローソンの「手巻おにぎり シーチキンマヨネーズ」「Lチキ(旨塩・旨辛)」「鶏から 他カップ惣菜」がもらえる特典を提供する。6月もauスマートパスプレミアム会員へのプレゼントを予定。(2019/4/22)

「サバの切り身を刺しゅうしました」 リアルすぎる再現度に「めっちゃ鯖」「おいしそうな鯖」の声集まる
青魚の美しさが刺しゅうで表現されています。(2019/4/21)

平成最後の「IPPONグランプリ」徹底解説。ホリケンの狂気回答にバカリズムもロバート秋山もクルクルクルクル。松本人志、嘆く
サドンデス勝負のお題は「新元号発表の雰囲気で何かを発表してください」それでなぜ全員クルクルに?(2019/4/21)

月刊乗り鉄話題(2019年4月版):
大井川鐵道「井川線」の秘境駅で駅弁を喰らう幸せ 静寂と孤独がスパイスだぜ
祝復旧! SLだけじゃない、楽しいもう1つの大井川鐵道、旅してみたくなる路線。皆さん、乗りに行きましょう〜〜!(2019/4/18)

東京メトロのスタンダードなのに:
昭和から続く「おむすび型」吊り手が、丸ノ内線新型車両で消えた理由
東京メトロのスタンダードな吊り手に「おむすび型」がある。昭和の時代に人間工学の観点から開発されたもので、つかみやすい。丸ノ内線新型車両2000系に採用されなかった理由とは?(2019/4/13)

「踊る大捜査線」映画シリーズやドラマ「アンフェア」など、Amazon動画見放題でGWに楽しみたい作品配信
「映画クレヨンしんちゃん」の新作公開前に前作「爆盛!カンフーボーイズ〜拉麺大乱〜」が配信されます。(2019/4/12)

やみつきになる辛さ:
「悪魔のおにぎり」がリニューアル 第2フレーバーとなる新商品も登場
累計販売数が2900万個を突破した「悪魔のおにぎり」。第2フレーバーとなる新商品が登場する。派生シリーズとして、お菓子やカップスープも同時発売する。(2019/4/11)

おにぎり・ウインナー・卵焼き 豪快でていねいな「旦那が作ってくれたありがたいお弁当」にほっこり
豪快な絵面の中に、めっちゃ上手な焼き具合が光る。(2019/4/10)

「ケムリクサ」コラボカフェに12.1話への感謝の気持ちを込めて行ってきた なんと水が無料!
360度3姉妹(+ちょっとだけわかばくん)に囲まれる空間。感動の記憶がよみがえってきます。(2019/4/16)

ナチュラルローソンで「台湾フェア」スタート! 「五香粉」香る屋台ごはん&台湾茶がコンビニにやってくる
アジアの香り!(2019/4/8)

半身まひの父が作った木彫りの鳥 片手で作ったとは思えない見事な仕上がりに「勇気付けられた」の声
さえずりが聞こえてきそうです。(2019/4/7)

開発体制もユニーク:
昭和生まれの「ランチパック」が平成になってから“大化け”した理由
山崎製パンのランチパックは昭和に生まれた。当初は単なる菓子パンのラインアップの1つにすぎなかったが、平成になって大化けした理由とは?(2019/4/5)

ハクのおにぎりが食べられる! 「鈴木敏夫とジブリ展」で神田明神とコラボしたスペシャルメニュー&授与品が登場
元気が出るまじないもちゃんとかかっています!(2019/4/3)

スピン経済の歩き方:
なぜ「小僧寿し」は危機に陥ったのか 犯人は“昭和のビジネスモデル”
「小僧寿し」が債務超過に陥った。苦境の背景に「持ち帰り寿司の限界」とか「多角経営が裏目に」といった声が出ているが、本当にそうなのか。筆者の窪田氏は違う見方をしていて……。(2019/4/2)

「これからも姉をよろしく頼みます」 平祐奈、もしツア卒業&トルコ移住の三瓶と“いってらっしゃい”の2ショット
新たな旅立ち!(2019/3/30)

「メルペイ」にクーポン機能 セブン-イレブンのおにぎりが11円 ガストやはま寿司も
「メルペイ」にクーポン機能が追加。第1弾は「セブン-イレブン」「ガスト」「はま寿司」で、対象商品をよりお得に購入できる。今後「すき家」「牛角」「温野菜」「プロント」「ジョナサン」などで利用できるクーポンを配布していく予定だ。(2019/3/29)

きょうは「プレミアム“キャッシュレス”フライデー」 PayPayやOrigamiなど“早帰り還元”実施
経済産業省とキャッシュレス推進協議会が「プレミアム“キャッシュレス”フライデー」を開催。PayPay、Origami、JR東日本、楽天カード、メルぺイなどの事業者が還元策を展開する。例えば、加盟飲食店で午後3時〜6時に「PayPay」で決済したユーザーは、支払額の10〜20%(最大1万円)がキャッシュバックされる。(2019/3/29)

子どもが褒められたら一緒に喜んでほしい 親に呼びかける漫画に「自己肯定感を育てる大切さ」を考えさせられる
全大人必読!(2019/3/27)

使うと得するコンビニアプリ セブン/ファミマ/ローソンの大手3社を比較
日常的に利用するコンビニエンスストアだが、公式アプリの存在をご存じだろうか。コンビニの場所や新商品やお得なクーポンなど、便利な情報をいち早く入手できる。セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートのアプリを紹介する。(2019/3/17)

ブライダル企業「CRAZY」社長が語る:
「睡眠時間が長い社員」に報酬 異例の福利厚生はなぜ生まれ、どんな効果を生んだ?
ブライダル企業のCRAZYは、18年10月から「睡眠時間が長い社員」に報酬を付与する福利厚生制度を始めている。なぜこれを導入したのか。導入から5カ月でどんな変化があったのか。森山和彦社長が会見を開き、報道陣に語った。(2019/3/14)

新領域へのチャレンジ:
食べ合わせで味が変わる? マルコメが“不思議”なカップスープを発売
マルコメが「たまねぎみそクリームスープ」を開発した。ローソンで3月19日から先行発売する。パンとおにぎりでは、違う味わいになるという。(2019/3/13)

徹夜作業が終わって「コンビニで豪遊するぞ!」→気づいたら朝でした あるあるな漫画に共感しまくる声集まる
徹夜明けってなんであんなにテンションが上がるんでしょうね。(2019/3/11)

丸亀製麺で有名:
焼き鳥からうどんへ“華麗”にシフト トリドールが戦略転換できたワケ
セルフうどん店の「丸亀製麺」で急成長したトリドールHD。実はもともと焼き鳥チェーンを経営していた。どうして畑違いともいえる別業態でも成功できたのか。(2019/3/6)

ローソンストア100で「創味シャンタン」な中華定食ができちゃう! 3月の新商品もお得なものばかり
毎週水曜日が楽しみになりそう。(2019/3/5)

スピン経済の歩き方:
セブンのバイトが、ファミマのおにぎりを売るのはどうか? 24時間営業を続ける方法
コンビニ業界の王者、セブン-イレブンが揺れている。「24時間営業なんていらない」といった声が大きくなったことを受け、一部の直営店で「時短営業」をすることに。この結果、一連の問題は解決するのだろうか。いや……。(2019/3/5)

「渋いチョイス」「愛情が半端ない」 益若つばさ、絶妙な「ドラゴンボール」キャラ弁に息子から意外なツッコミ
ノリでポポを再現するアイデアがすごい。(2019/3/4)

パウチ容器入りの「飲むおにぎり」誕生 忙しい人の栄養補給や非常食にも役立ちそう
おにぎりが飲み物になる時代。(2019/2/28)

サラリーマン、プリキュアを語る:
「オヨ〜」が口癖 宇宙人プリキュア“キュアミルキー”は2本の触覚かわいい 「スター☆トゥインクルプリキュア」2月を振り返る
「HUGっと!プリキュア」の最終回にも少し触れています。(2019/2/21)

日本最小級のコンビニ続々:
駅ナカで売れる“三種の神器”に変化 商機を見いだす“ローソンの野望”
ローソンが駅ナカに積極的に進出している。単に目先の売り上げ増を狙っているだけでなく将来への布石でもあるという。ローソンの狙いとは?(2019/2/20)

スピン経済の歩き方:
なぜファミマの社会貢献は「24時間テレビ」のように見えるのか
ファミリーマートの「ファミマこども食堂」をめぐって、激しいディスり合いが行われた。「売名行為だ」と批判の声もあれば、「悪いことだと思わない」といった意見も。企業の社会貢献で叩かれるケースと、そうでないケースはどのような違いがあるのか。(2019/2/19)

食べちゃいたいくらいかわいい! とってもリアルなシマエナガおにぎりのスマホスタンドが登場
おいしそうだけど食べられません。(2019/2/18)

経済学者が解説:
「ATM」をバカにしてはいけない、知っているようで知らない箱のチカラ
大抵の人は、まとまった現金が手に入ると銀行に預ける。よほど金額が大きくなければATMで入金する。銀行預金とATMは生活に密着しているわけだが、私たちはそのスゴさをどれほど理解しているのだろうか。『暗号通貨vs.国家』を上梓した経済学者、坂井豊貴氏が解説する。(2019/2/14)

「妊婦さんのお腹みたい」「何入れてるの」 高橋真麻、“爆食前後”のおなかが驚きのビフォーアフター
伸縮率すごすぎない?(2019/2/13)

ヒットの理由を解剖:
冬スイーツの“女王” 「雪苺娘」が20年以上愛されるワケ
山崎製パンの「雪苺娘」は冬の定番スイーツだ。なぜ20年以上売れ続けているのだろうか。味や具材のバランス、ネーミングにその秘密があった。(2019/2/11)

おこげが付いた焼きおにぎりみたい パンダのふっくらした後ろ姿がおいしそうだと話題
大きくておいしそうなおにぎりパンダ。(2019/1/29)

あの会社のこの商品:
ちょっとした工夫で“ホクホク”! 家庭用「焼き芋メーカー」の開発秘話
特定の料理づくりに特化した調理家電は便利な半面、汎用性に乏しく、買っても次第に使われなくなる恐れがある。しかし、工夫すれば日常使いできる汎用性を持たせることができ、ヒットにつなげることが可能だ。そのことを示したのがドウシシャの「焼き芋メーカー Bake Free」である。(2019/1/25)

おにぎりさん「食べていいよ…」猫「むりぃぃ」 かわいくてちょっとシュールな4コマ漫画「かっぱ食堂」
考えさせられる場面も多いです。(2019/1/22)

日産、謎のクローラー推し セダン「アルティマ」をクローラー仕様に魔改造したマシン「Altima-te」公開
ジュークに続いてアルティマまで……謎のクローラー推し?(2019/1/21)

86をランボルギーニ・ウルス風ピックアップに大改造 東京オートサロンで見た「なんじゃこりゃぁ!」ってなる魔改造マシンたち
おにぎりを履いた「ジューク」、ギンギラギンすぎる「インパラ」など。(2019/1/14)

おにぎりも改良:
「悪魔のおにぎり」に仲間ができた! パン、焼きうどん、トーストが新登場
2018年に大ブレークした悪魔のおにぎりだが、ローソンはこのシリーズを拡充する。新たに、パン、焼きうどん、トーストが仲間に加わった。(2019/1/10)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。