ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「おにぎり」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「おにぎり」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

フードロス対策にも効果あり:
ファミマが「第2回うまいパン決定戦」を開催 山パンがむき出しにした「全国制覇」の野望
ファミマが「第2回うまいパン決定戦」を開催する。パンはファミマにとって中食カテゴリーで最も売れる商品だ。廃棄ロスが少ないので加盟店利益につながるというメリットもある。(2020/1/17)

ビジネスパーソンを救う「せめてこれだけ」食事術【前編】:
朝食を抜きがちなビジネスパーソンに残された最終手段「だけ朝食」とは?
昼は毎日外食、夜は接待に飲み会、朝は時間がなく何も食べない――。健康は気になるけど、毎日忙しく過ごすビジネスパーソンが「規則正しい、理想に近い食生活」を実行するのは不可能に近い。それでも、できるだけ健康でいるためにはどうしたらよいのか。20年以上活躍する食生活ジャーナリストが「せめてこれだけは実践しよう」という健康情報をお届けする。(2020/1/10)

4匹のハムスターがくっついてお団子状態! モフモフぎゅうぎゅうしている光景がとっても幸せ
見ているだけで幸せ〜!(2020/1/9)

年齢層ごとに異なる好みとは?:
コンビニで「助六寿司」を買っているのは誰なのか ローソンのデータから分析
20〜60代のお客はコンビニでどんな商品を好んで購入しているのか。ローソンがそれぞれの世代における自社オリジナル商品の世代別販売数構成比ベスト3を発表した。助六寿司を購入しているのはどの年代なのか。(2020/1/8)

タイムアウト東京のオススメ:
ラーメンマニアのおすすめを食べる
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2020/1/8)

ローソンストア100で「いちごフェア」! いちごづくしのオムレットやパフェが見た目もキュート
「カレー」「チョコ」のフェアも。(2020/1/6)

「まじでデジャブだ」「去年に引き続き」 仲里依紗&中尾明慶、新年の夫婦ショットに映り込む“背後の人物”に注目集まる
今年も変わらず仲よさそう。(2020/1/2)

2020年1月6日から:
ミニストップが店内のコーヒーを80円に値下げ おにぎり100円に続く戦略
ミニストップが店内で提供するコーヒーを値下げ。一部のコーヒーの本体価格を93円から80円にする。「おにぎり100円」に続く戦略。(2019/12/27)

「カップヌードル味噌」にご飯を入れた“ぶっこみ飯”、この冬限定で登場
冬限定の登場です。(2019/12/25)

水曜インタビュー劇場(リセット公演):
乃村工藝社(お台場)の4階で、人の交流が2倍に増えた理由
商業施設などの空間をプロデュースしている「乃村工藝社」が、面白い試みをしている。本社の4階にリセットスペースを設置したところ、多くの従業員が利用しているのだ。それだけではなく、レイアウトをちょこっと変更するだけで、人の交流が増えることに。どんなことをしたのかというと……。(2019/12/25)

シャキシャキした歯ごたえ:
イオンが「お米のかわりに食べる野菜」の新商品を発表 SNS映えの提案も
イオンが「トップバリュ お米のかわりに食べる6種の彩り野菜」を発売する。「ごはんを野菜に置きかえる」がコンセプト。18年に発売した「お米のかわりに食べるカリフラワー/ブロッコリー」は想定以上に売れた。(2019/12/4)

大阪・梅田に“日本酒が出る蛇口” ホワイティうめだに期間限定で登場
週替わりで4銘柄の新潟地酒を蛇口から提供。(2019/12/3)

司書みさきの同人誌レビューノート:
この組み合わせは新しい 灯台×お味噌汁×異種族交流な同人誌マンガ『灯台守のみそしる専門店』
寒い季節に1冊、いかがですか?(2019/12/1)

ヒモ男からの脱出 ダメ夫から逃げた同僚描いた実話漫画に注目集まる
ハラハラからのホッ。(2019/12/1)

関西地域限定:
ファミマが「大人が食べるお子様ランチ」を発売 地域密着の商品開発
ファミマが「大人が食べるお子様ランチ」を発売する。開発コンセプトは加盟店のアンケートで決めた。ファミマは地域密着の商品開発を進めている。(2019/11/29)

ファミリーマートでdポイント最大20%還元 ファミペイ連携で
NTTドコモは、ファミリーマートで買い物をしたユーザーに総額10億円分のdポイントを還元するキャンペーンを実施。dポイントカードを連携したファミペイを提示して支払うと20%のdポイントを還元する他、おむすび購入でも50ポイントを進呈する。(2019/11/28)

ドコモ、全国のファミマで「dポイント」最大20%還元など実施 総額10億円相当
ドコモが、全国のファミマで「dポイントカード」を提示した顧客などに総額10億円相当の「dポイント」を還元するキャンペーンを始めた。企画は全3種類。全国のファミマが26日からdポイントに対応したことを記念して実施する。(2019/11/28)

続々進む「無人」と「省人」 気になるお店の狙いを探る:
「無人レジだけ」「カメラがたくさん」 ミニストップの省人化実験店舗に行ってみた
ミニストップが省人化実験店舗を運営している。店内には無人レジしかない。実際に行ってみたら無人レジ以外でも実験的な試みをしていた。(2019/11/28)

スピン経済の歩き方:
「コンビニの書店強化」が大コケすると思う、これだけの理由
コンビニが客と本を結びつける場になるのではないか、と注目を集めている。店内の書店棚を充実させたり、書店との一体型店舗を始めたり、大手3社はさまざまな取り組みを始めているが、本当にうまくいくのか。筆者の窪田氏は否定的な見方をしていて……。(2019/11/26)

「滝沢カレンの唐揚げレシピと比べると何て自分は文章のセンスがないのだろうと落ち込む」 シェフが滝沢の文章力の前に膝を折る
鶏肉の気持ちになって揚げる鬼才。(2019/11/25)

お母さんお手製「おにぎりリュック」がかわいさ満点! 海苔・梅干しポケットから内側の柄までおにぎり尽くし
娘さんへの愛情が伝わってくるステキな作品です。(2019/11/24)

「年収5000万で一生塩おにぎり」か「年収500万で何でも食べ放題」 武井壮さんの「究極の選択」に「金銭感覚ズレ過ぎ」とツッコミ相次ぐ
武井さん本人はどっちを選ぶのかと思ったら……。(2019/11/21)

もつ鍋・ラーメン・梅ヶ枝餅 福岡名物がてんこ盛りの特殊切手「おいしいにっぽんシリーズ」登場
福岡行きたくなってきた。(2019/11/21)

ミニチュアのお弁当が小さくてびっくり 親指の爪サイズのお弁当箱にパンダのおにぎりとおかず8種がギッシリ
めっちゃかわいい。(2019/11/21)

利益率の高い商品と低い商品:
コンビニのたばこ、利益率はどのくらい? ローソンの資料から読み解く
コンビニで売られているたばこ。他の商品と比べ、利益率が低いという特徴がある。どのくらいの利益率なのか。(2019/11/14)

新聞や雑誌が細る一方で、新たな売れ筋は? 変貌する「駅ナカ」事情
駅の中をよく見ると、さまざまな店がある。売店や駅そば店だけでなく、コンビニや薬局など便利な店がたくさんある。その一方で、消えていった商品もたくさんあって……。(2019/11/14)

水嶋ヒロ、育児のため肌荒れと白髪が増加 「永遠に若いLewisが羨ましい……」ともう1人の自分をうらやむ
絢香さんとそろって寝不足とのことです。(2019/11/13)

続々進む「無人」と「省人」 気になるお店の狙いを探る:
2週間で開業した「ロボットコンビニ」 無人店舗の“その先”をつくれるか
ロボットがいる無人コンビニ「ロボットマート」(東京・日本橋)。セルフレジや接客ロボットが設置されている店舗は、どのような空間なのだろうか。わずか2週間で開業にこぎ着けたという運営会社に、開業の狙いと展望を聞いた。(2019/11/13)

今日のリサーチ:
消費者が秋らしさを感じるもの 「さんま」以外に何がある?――クロス・マーケティング調べ
クロス・マーケティングは、全国の20〜69歳の男女1000人を対象に「秋の味覚に関する調査」を実施しました。(2019/11/12)

店舗や物流の現場を効率化できる:
PR:「カン」に頼った小売オペレーションからは卒業! SASが提唱する“Analytics経営”の全貌に迫る
近年、AIやIoTをはじめとした次世代技術の進化により、精度の高い「需要予測」が可能になってきた。これまでは「品切れ防止」や「過剰な在庫防止」を目的とした発注業務での活用が主流だったが、予測精度の向上によって「物流費高騰」「労働力不足」「フードロス削減」といった、流通業界を取り巻くさまざまな課題解決に向けて「需要予測」を幅広く活用しようとする企業が増えてきている。(2019/11/11)

「コタツちょっと怖いにゃ…… でも飼い主さんのお膝に乗りたいにゃ」 とってもシャイな猫ちゃん コタツを出した時のモジモジ反応がかわいい
モジモジそわそわな猫ちゃんがかわいい(2019/11/10)

新語・流行語大賞候補の「おむすびころりんクレーター」って何?
語感がかわいい。(2019/11/6)

「○○ペイ」「タピる」「ドラクエウォーク」 新語・流行語大賞にノミネート
今年話題になった言葉を選ぶ「ユーキャン新語・流行語大賞」のノミネート語が11月6日に発表された。2019年は「○○ペイ」「タピる」「ドラクエウォーク」などがノミネート。(2019/11/6)

「新語・流行語大賞」ノミネート30語を発表 「上級国民」「タピる」「KuToo」なども候補に
「令和」に勝てるワードはあるのか……?(2019/11/6)

幼なじみが巨大化! こんな状況でも変わらない2人の距離感がステキな漫画 「2人ともかわいい!!!」の声
かわいくて、やさしくて、ほっこりな世界。(2019/11/6)

寒い山で食べるシチューが心底うまそうっ 狩猟者がソロキャンプにハマり飯テロ動画で人気者になるまで
アウトドア趣味に目覚めたきっかけや、一番おいしかったキャンプ飯など、いろいろと話を聞きました。(2019/11/2)

玄米の存在感よ! 篠田麻里子、ハワイ挙式中の夫婦ショットに高橋みなみ「おちゃめー」
幸せいっぱい。(2019/10/24)

新連載・食の流行をたどる:
「さば」はなぜ「ツナ」を超えたのか? 熱血“さば”社長と外食産業の“必然”が生んだブーム
「さば」の大ブームが起きている。食のブームを分析してみると、いくつかの共通項目がある。さばブームをけん引した熱血社長の取材から見えてきた流行の条件とは?(2019/10/24)

ドラクエの「しあわせのくつ」をベビーシューズとして再現 ステキな出産祝いで赤ちゃんがすくすく育ちそう
ハイハイでも経験値増えるよねっ。(2019/10/22)

上げるか下げるか「値決め」最前線:
その価格、妥当ですか? ユーザーが事後的に値段を付ける「あと値決め」はプライシングをどう変えるか
利用や使用後にユーザーが価格を決める「あと値決め」。決済サービスを手掛けるネットプロテクションズが8月にサービスを開始した。誕生の背景には、多くの企業が「何となく」価格を決めている現状がある。客観性の乏しい商品やサービスの価格を、あと値決めはどう変えていくのか(2019/10/21)

月刊乗り鉄話題(2019年10月版):
日本一貧乏な観光列車「ながまれ海峡号」の1回しか出ないメシで満腹になってやったぜ
はるばる来たヨ函館ェ〜 おいおいおいおい……! 1回だけれど「4時間食べ続ける」旨すぎる列車でした。【写真40枚】(2019/10/18)

宇宙ではコショウが使えるのに、ごま塩が使えない理由 宇宙食マンガ「宇宙めし!」作者インタビュー
というか、コショウ使えたんだ。(2019/12/9)

タイムアウト東京のオススメ:
おにぎり職人の行きつけを知る
東京の街の“ローカルエキスパート”が、仕事の合間に一息つけるスポットやイベントを紹介します。(2019/10/16)

スピン経済の歩き方:
セブン「1000店閉店、移転」はドミナント戦略の限界か
セブン-イレブンが2019年下期以降、1000店舗を閉店・移転すると発表した。街中にコンビニがあふれているので、「そりゃあそうだろう。ちょっと減らしたほうがいいよ」と思われたもしれないが、筆者の窪田氏は違う見方をしている。それは……。(2019/10/16)

台風19号で避難して分かったこと
さいたま市の自宅で警報を受け、家族で避難所に向かった筆者の体験記。(2019/10/15)

上げるか下げるか「値決め」最前線:
ミニストップ「おにぎり100円」がもたらした“意外な変化”
ミニストップが7月に始めた「おにぎり100円」施策。主力商品のおにぎりを最大30円値下げした。開始から3カ月がたち、効果はどれほど出ているのか。また、“100円”という値決めは成功なのか。狙いや現状について聞くと、意外な変化も見えてきた。(2019/10/15)

「悪魔のおにぎり」シリーズに“甘いおにぎり” あんこ入り「悪魔のおはぎり」発売
シリーズ発売から1周年。(2019/10/11)

スマート農業:
70代がドローンで田んぼをチェック ファミマも参加する岡山県のドローン実験が目指す未来とは?
岡山県の和気町で実施するドローン実験にファミリーマートが参加。同実験では商品の配送以外にも、林業・農業へのドローン活用を目指す。主催者の行うドローンスクールには70代の受講生もいるという。(2019/9/30)

うんこのリーディングカンパニーに:
なぜ、人々はうんこにひき付けられるのか うんこミュージアムの魅力に迫る
お台場にある「うんこミュージアムTOKYO」に行ってみた。場内はウンスタジェニックエリア、ウンタラクティブエリアなどに分かれる。一定時間ごとに「うんこ・ボルケーノ」が噴火すると、場内はうんこのシュプレヒコールであふれた。なお、場内にトイレはなく、うんこはできない。うんこにとことんこだわったミュージアムの裏側には「うんこのリーディングカンパニーになる」という熱い思いがあった。(2019/9/28)

なかなかお顔を見せてくれないシャイなパンダ「タンタン」の写真を大募集 来日20周年を祝う企画が始動
1000枚以上集まったら写真集が出版されます。(2019/9/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。