ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「座席」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「座席」に関する情報が集まったページです。

スタバでもちょい飲み:
席の予約ができるスタバの新業態店がオープン アルコールメニューも提供
スターバックスが9月4日、新業態「スターバックス リザーブ ストア」を銀座にオープンする。アルコールメニューやイタリア仕込みのパン、スイーツを用意。グループ客向けに座席予約システムも導入する。(2019/9/2)

「座席の座り方」「大声・音漏れ」「過度なリクライニング」……電車や飛行機でイラッ、中でも最も許せない行為は?
よくありますよねー。&自身も気を付けたいですね。(2019/8/23)

「くら寿司」がテクノロジー活用に本腰 店頭受付の省人化、アプリで事前注文・決済など開始
くら寿司が、公式アプリを活用して、顧客の利便性と店員の業務効率を高める施策「スマホ de くら」を始めると発表。その一環として、アプリで予約した顧客が来店した際に、店員を介さずディスプレイで受付する仕組みを導入した。座席からアプリで商品を注文できるサービスや、アプリで事前に注文・決済を終えた顧客に、店頭で商品を手渡すサービスも始めた。(2019/7/16)

チケット不正転売禁止法、きょう施行 “定価超えの転売”禁じる
音楽コンサートやスポーツイベントのチケットの不正転売を禁止する法律が6月14日、施行された。日時や場所、座席が指定され、不正転売の禁止が明記されたチケットを、定価を超える価格で転売することを禁止する。(2019/6/14)

スマホによる肩こりを解消したい スマホ用座席「スマホシート」、沖縄の珈琲店が導入
全国に広まって欲しい。(2019/5/27)

シートベルトにクリップを留めるだけで、座席がチャイルドシートに! 話題の画期的アイテム「スマートキッズベルト」について販売会社に聞いてみた
なんで今までなかったんだ!?(2019/5/21)

うぉぉぉ、いろいろ最強! レクサス版アル・ヴェル「LEXUS LM」マジで登場、後部座席ウルトラゴージャス
これはすごいレクサス顔ぉぉぉ。(2019/4/16)

「レ・ミゼラブル」チケット高額転売、東宝が「座席番号」を挙げて警告
ネット上で高額転売されていた「レ・ミゼラブル」入場券の座席番号を東宝が公開。(2019/4/3)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
箱根駅伝を走ったセンチュリーGRMNは“ワル”なクルマだった
ある意味、後部座席に乗るよりも運転席に乗る方が難しいクルマです。(2019/1/17)

満員電車で特に不評:
電車で腹が立つ「迷惑行為」ランキング、「飲食」「化粧」「スマホいじり」など上位 1位はやっぱり……
日本民営鉄道協会が「駅と電車内の迷惑行為ランキング」を発表。カテゴリー別では「荷物の持ち方・置き方」が37.3%でトップだった。その中では「座席に置かれた荷物」「床や足元に置かれた荷物」などを批判する声が挙がったが、最も多かったのは、最近特に不評の“あの行為”だった。(2018/12/21)

JR西、新快速に有料の“快適”座席サービス「Aシート」導入 「快適シート」「無料Wi-Fi」「全席コンセント」、1回いくら?
2019年春導入、これは楽しみ!(2018/10/25)

乗車券代+500円:
JR西、神戸線・京都線「新快速」に有料席「Aシート」 19年春から
JR西日本が2019年春から、JR神戸線などを運行する「新快速」の一部に有料座席を新設する。電源や無料Wi-Fiなどを完備する。価格は乗車券代+500円。(2018/10/24)

チケット購入前に座席からの眺めをCGで確認 Yahoo!チケットが新サービス
ヤフーと福岡ソフトバンクホークスが「Yahoo!チケット」のチケット販売に新サービスを追加。各座席からの眺めをあらかじめ3DCGで確認してからチケットを購入できるようになる。(2018/9/26)

SpaceXで初の月周回旅行をするのはZOZOTOWNの前澤友作氏
SpaceXが2023年に計画している初の月周回旅行の乗客を発表した。ファッションECサイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイの前澤友作社長だ。同氏はすべての座席を買い占め、世界中のアーティストを招待するという。(2018/9/18)

「ススッー」と後部座席が一瞬で個室に!! ロールス・ロイスの富裕層向け機能「Privacy Suite」が何ともぜいたくの極み
ロールス・ロイス ファントム用のオプションとして選択できます。(2018/9/7)

サンワサプライ、ダッシュボード/ヘッドレストに設置可能な車載ホルダー2種を発売
サンワサプライは、ゲル素材の真空吸盤でダッシュボードに取り付けできる車載ホルダーと、座席のヘッドレストに設置可能な後部座席向け車載ホルダーを発売。4インチ〜10.5インチまでのiPhone、iPad、各種スマートフォン、タブレットに対応する。(2018/6/18)

ロングシートは意外な使い道も 「新幹線の座席は盾になる」シートが取り外せる理由を鉄道会社に聞いてみた
ネット上で「座席を盾に」が話題に。(2018/6/12)

フリースペースも採用:
JR西、新長距離列車の内装デザイン公開 個室や「ノビノビ座席」など導入
JRが2020年春に運行開始予定の長距離列車の内装を発表。「多様性」などをテーマに、1両ごとに異なるタイプの座席する予定。個室や寝転がれる「ノビノビ座席」などを設ける。(2018/5/23)

ぶら下げて使う足用ハンモック 新幹線や飛行機の座席用フットレスト「フットぶらり旅」がリラックスできそう
前のテーブルなどに引っかけてぶら下げるだけ。(2018/4/30)

列車の座席に紙置き席取り 仙台市老人クラブ連合会が謝罪
「敬老者が乗車します」と紙を置いて席取りする行為に批判が集まっていました。(2018/4/10)

東急電鉄、待望の有料座席指定列車を2018年冬に運行開始 平日夜に大井町発、長津田方面へ
大井町線から田園都市線方面へゆったり座って帰れます。(2018/3/28)

平日夜に5本程度を運行:
東急大井町線に平日夜の有料座席指定サービス 2018年冬予定
東急大井町線が有料座席指定サービスを開始する。平日夜に大井町駅から田園都市線方面に向かう急行電車で、2018年冬を予定する。(2018/3/26)

大井町線、平日夜の有料座席指定サービス開始 18年冬から
東京急行電鉄は、平日夜の有料座席指定サービスを大井町線で開始すると発表した。(2018/3/26)

座席指定列車 S-TRAINに「子連れファミリー専用」車両、期間限定で指定券を無料配布
「帰りはゆったり座って」子どもとのお出かけに便利。(2018/2/22)

後部座席でタブレットを楽しみたい人に USB&シガソケ付き車載ホルダー
サンコーは、ヘッドレストに取り付けられる車載用ホルダーを発売。約200cmのケーブルが付いたシガーソケットと、2口のUSBポートを搭載している。ホルダー部分は可変式で角度も調整可能だ。(2018/2/21)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
京王電鉄「京王ライナー」増発に“ちょっと心配”
京王電鉄が2月22日にダイヤ改正を実施する。注目は同社初の座席指定列車「京王ライナー」の誕生だ。平日、土休日ともに夜間時間帯を中心に運行する。京王電鉄沿線の価値向上に貢献するけれども、ダイヤを見て少し心配になった。どうか杞憂であってほしい。(2018/2/2)

“座って帰りたい”に応える「拝島ライナー」 西武が3月運行開始
西武鉄道が有料座席指定列車「拝島ライナー」を3月10日から運行。座席指定料金は大人が300円(税込)。(2018/1/25)

平日・土休日の午後6〜10時に運行:
西武の有料座席指定列車「拝島ライナー」、3月10日に運行開始 高田馬場と小平〜拝島に停車
西武鉄道が有料座席指定列車「拝島ライナー」を3月10日から運行。西武新宿駅から拝島駅に向かう下り列車で、停車駅は西武新宿線の西武新宿駅、高田馬場駅と、西武拝島線の小平駅〜拝島駅の各駅。(2018/1/25)

座って帰れる「京王ライナー」2月22日にデビュー 京王線初の有料座席指定列車
料金はプラス400円。最初の停車駅以降、席が空いていれば追加料金なしで乗れる。(2018/1/24)

京王初の座席指定列車「京王ライナー」、2月に運行スタート
京王電鉄初の有料座席指定列車「京王ライナー」が2月22日から運行する。(2018/1/24)

2月末から夜間に運行:
京王線の座席指定列車、愛称は「京王ライナー」 新宿の次は「府中」「永山」
京王電鉄が、有料座席指定列車の愛称を「京王ライナー」に決定したと発表した。「京王プライムライナー」などの候補から一般投票で選ばれた。シンプルさが評価されたとしている。(2018/1/24)

運転席・助手席はほぼ100%:
自動車の後部座席、シートベルトしてますか? 着用率は……
自動車後部座席のシートベルト着用率は?――JAF調べ。(2017/12/22)

京王線の新型車両「5000系」の期待が盛り上がり ふかふかシートでWi-Fi無料「座って帰れる座席指定列車」2018年春導入
京王線ユーザーいいなぁ。会社が「通勤代申請OK」にしてくれるともっとうれしい。(2017/12/4)

寒さで座席の下に入った猫ちゃんを発見! 商業車の「猫バンバン」時は座席もバンバンして確認を
猫バンバンの時期です。(2017/11/24)

東京ゲームショウ2017:
360度スピンするVRマシン「GYRO VR」登場(動画あり)
360度回転する座席でVR映像を楽しむアトラクション「GYRO VR」が、東京ゲームショウ2017に登場。(2017/9/21)

後部座席からの充電もOKな延長ポート付き車載USB充電器
ドスパラは、車内で利用可能なシガーソケット給電タイプのUSB充電器「DN-915056」の取り扱いを開始した。(2017/9/14)

アライグマが車の後部座席で出産 ドアを開けたら小さな赤ちゃんアライグマが
まだちっちゃな赤ちゃんアライグマさん。(2017/7/16)

後席の着用促す:
助手席・後席シートベルト警報が義務化 20年から
保安基準が改正され、車の助手席と後部座席のシートベルト警報の導入が2020年9月1日以降の新型車から義務付けられた。(2017/6/22)

「存在しない座席番号がチケットに印刷された」 ジャニーズJr.コンサートでのデジチケ不備を運営会社が謝罪
ジャニーズ公式サイトにお詫びが掲載されています。(2017/4/11)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「通勤ライナー」の価格はもったいない
西武鉄道、東京メトロ、東急電鉄、横浜高速鉄道が直通の有料座席指定列車を走らせる。新型車両まで用意した。そこて再び鉄道会社の「通勤ライナー」という施策が注目されている。良いアイデアだけど、惜しい。もう一工夫ほしい。(2017/2/24)

「ゲーセン市場再生のきっかけに」――コーエーテクモ、20年ぶりのアーケードゲーム機は“VR対応”
コーエーテクモが、アミューズメント施設向けにVRゲーム筐体「VR SENSE」を今夏発売。映像と連動して座席が動くほか、香りや風を感じさせるギミックを搭載する。(2017/2/6)

西武、東急、東京メトロによる有料座席指定列車「S-TRAIN」運行開始へ 3月25日から
平日・土休日運行、快適なロング・クロスシート、直通運転が特徴となっています。(2017/1/10)

西武鉄道、東京メトロなど4社が提携:
有料の“座れる通勤列車”、3月末から運行開始
今年3月25日から、有料座席指定列車「S-TRAIN」の運行が始まる。西武鉄道、東京メトロ、東急電鉄、横浜高速鉄道の提携によって実現し、平日は所沢〜豊洲間、休日は西武秩父〜元町・中華街間を運行する。(2017/1/10)

サンコー、車のドリンクホルダーに設置できるタブレットホルダーを発売
サンコーは車のドリンクホルダーにセットし、タブレットを固定できるタブレットホルダーを発売した。取り外しも簡単に行えるため、別の車や後部座席などにも自在に移動できる。(2016/12/28)

BIM/CAD:
席ごとに「見えやすさ」を数値化、劇場などの座席設計に役立つ解析手法
劇場や音楽ホールに行った時、座席ごとの「見え方」が気になったことはないだろうか。大成建設はBIMデータを活用し、こうした座席ごとの見え方を数値指標として可視化するシミュレーション手法を開発した。最適な座席計画に役立つ手法として、自社案件での活用を進める計画だ。(2016/11/9)

ニコ生で「新放送(β)」の提供が開始 従来より高画質や高音質での配信、座席数上限が解放されるなど
放送可能枠は現在100枠ですが、随時拡大していくとのこと。(2016/11/1)

内山信二が行く!オフィス訪問記:
5時間毎に座席が変わる! 内山信二がカルビー流”3つ”の働き方を体験
「かっぱえびせん」や「ポテトチップス」でお馴染みのカルビーに訪問。5時間毎に自ら働く場所を決めるカルビー流の働き方を体験!当然お菓子は食べ放題!?(2016/9/17)

京阪電車の新車両 座席指定特急車両「プレミアムカー」のデザインが決定! 2017年に運行予定
シックな内装のリッチ感がすごい(2016/9/1)

気配りができるあなたに:
後部座席用ポート付き――「2.4A×4ポート(合計9.6A)シガーソケット充電器」
上海問屋が、後部座席用に1.8mのコードを備えた4ポートシガーソケット充電器を発売した。価格は1999円。(2016/7/8)

思わず二度見! パトカーで連行されるワンコが哀愁漂いすぎ 「お前は一体何をしたんだ」
愛知県警「後部座席に犬を乗せるのは普通です」(2016/7/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。