ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「座席」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「座席」に関する情報が集まったページです。

月刊乗り鉄話題(2020年7月版):
ロングシートなんて大嫌い? 乗り鉄がこだわる「座席」のお話
ほんとはこだわりたいんです。でもロングシートもいいものです。回転クロスシートも褒め称えたいんです。(2020/7/15)

エコノミーでもフルフラットで寝られる おぉぉ……!? 新世代の旅客機座席「Zephyr Seat」が開発中
カプセルホテルっぽい? いや、寝台車っぽい? でも、快適そうですよ。(2020/7/8)

メトロから東武へ:
東武鉄道の日比谷線乗り入れ列車「THライナー」、その狙いは?
東武鉄道は6月6日、座席指定列車「THライナー」の運行を開始した。運行区間は久喜〜霞ケ関・恵比寿間で、70090型を使用している。THライナーはどんな特徴があるのか、実際に乗車したところ……。(2020/6/13)

PR:「有給の申請方法は?」「座席表が見たい」――社員の質問にAIが回答 悩める人事部門がチャットボットを自社開発するまで
(2020/5/20)

TOHOシネマズ、一部劇場の営業を再開 自粛要請解除の7県10劇場で
TOHOシネマズは、営業自粛要請が解除された地域にある10の劇場で15日から営業を再開する。1席ずつ間隔をあけて座席指定券を販売するなど感染防止策を講じた。(2020/5/12)

飛行機にダンボールが着席 ANA、マスクなどの医療物資輸送に座席を貨物スペースとして活用
貨物はシートベルトでしっかり固定、従来比1.4倍の貨物輸送を可能に。(2020/4/23)

製造マネジメントニュース:
トヨタも後部座席を陰圧にする車両を提供、ドライバーの感染防止で
トヨタ自動車は2020年4月21日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の軽症患者を搬送する車両を千葉県に提供したと発表した。「JPN TAXI(ジャパンタクシー)」をベースに、トヨタ自動車東日本 東富士総合センターでドライバーの感染防止のための開発と架装を行った。東京都内の病院などにも同様の車両を5台提供した。(2020/4/23)

4月17日から順次切り替え:
スタバ、愛知や京都など6府県で「持ち帰り」限定へ 座席利用不可に
スターバックスコーヒージャパンは、新型コロナウイルスの感染者数が増えている6府県の店舗について、テークアウト対応のみで営業する。石川、福井、岐阜、愛知、京都、広島の店舗が対象。(2020/4/16)

製造マネジメントニュース:
ホンダが新型コロナ軽症者の搬送車両を開発、陰圧状態の後部座席で飛沫感染防ぐ
ホンダは2020年4月14日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の感染防止に向けた支援活動を発表した。(2020/4/15)

米映画館チェーン、チケットの販売数を座席数の50%に 観客間の距離をあける新型コロナ対策
座席数500を超える劇場では、チケットの販売数は最大250枚に。(2020/3/14)

シネマサンシャイン、新型コロナによる来場自粛にチケット払い戻し
事前予約した劇場座席指定券の払い戻しを当面の間行います。(2020/2/20)

まるでぬいぐるみのモノレール! ディズニーリゾートライン「ダッフィー&フレンズ・ライナー」が期間限定で運行
座席もつり革もふわふわ生地でもっふもふ。(2019/12/27)

2020年6月6日開始:
北千住での乗り換えが不要に 日比谷線、東武線の直通運転で座席指定制列車「THライナー」
東京メトロ、東武鉄道が座席指定制列車の開始日を発表した。2020年6月6日に開始する。平日は1日につき上り列車2本、下り列車を5本運行する。「THライナー」という愛称も発表した。(2019/12/24)

北千住で下剋上!? 東武線〜メトロ日比谷線を直通する座席指定列車「THライナー」6月6日誕生、鉄道ファン目線で見どころチェック
まさかの「北千住通過」に、北千住ユーザーショック!?(2019/12/20)

運転手は後部座席で犬の世話 テスラ「モデル3」オートパイロット走行中に事故、停車中のパトカー後部に突っ込む
テスラの「オートパイロット」使用中に停車中のパトカーに追突、運転手は後部座席で犬のお世話(2019/12/12)

スチームパンクすぎるベルギーのメリーゴーラウンドにワクワク ペガサスや鳥人間やクワガタが回り続ける
こんなにも座席がバラエティ豊富なメリーゴーラウンド、初めて見た。(2019/12/9)

JapanTaxiの決済機付きタブレット、非接触IC決済サービス3種に対応
JapanTaxiが提供するタクシー後部座席設置型のセルフレジ型マルチ端末「決済機付きタブレット」が、非接触IC決済サービス「Mastercardコンタクトレス」「JCBコンタクトレス」「American Expressコンタクトレス」に対応する。(2019/11/1)

スタバでもちょい飲み:
席の予約ができるスタバの新業態店がオープン アルコールメニューも提供
スターバックスが9月4日、新業態「スターバックス リザーブ ストア」を銀座にオープンする。アルコールメニューやイタリア仕込みのパン、スイーツを用意。グループ客向けに座席予約システムも導入する。(2019/9/2)

「座席の座り方」「大声・音漏れ」「過度なリクライニング」……電車や飛行機でイラッ、中でも最も許せない行為は?
よくありますよねー。&自身も気を付けたいですね。(2019/8/23)

「くら寿司」がテクノロジー活用に本腰 店頭受付の省人化、アプリで事前注文・決済など開始
くら寿司が、公式アプリを活用して、顧客の利便性と店員の業務効率を高める施策「スマホ de くら」を始めると発表。その一環として、アプリで予約した顧客が来店した際に、店員を介さずディスプレイで受付する仕組みを導入した。座席からアプリで商品を注文できるサービスや、アプリで事前に注文・決済を終えた顧客に、店頭で商品を手渡すサービスも始めた。(2019/7/16)

チケット不正転売禁止法、きょう施行 “定価超えの転売”禁じる
音楽コンサートやスポーツイベントのチケットの不正転売を禁止する法律が6月14日、施行された。日時や場所、座席が指定され、不正転売の禁止が明記されたチケットを、定価を超える価格で転売することを禁止する。(2019/6/14)

スマホによる肩こりを解消したい スマホ用座席「スマホシート」、沖縄の珈琲店が導入
全国に広まって欲しい。(2019/5/27)

シートベルトにクリップを留めるだけで、座席がチャイルドシートに! 話題の画期的アイテム「スマートキッズベルト」について販売会社に聞いてみた
なんで今までなかったんだ!?(2019/5/21)

うぉぉぉ、いろいろ最強! レクサス版アル・ヴェル「LEXUS LM」マジで登場、後部座席ウルトラゴージャス
これはすごいレクサス顔ぉぉぉ。(2019/4/16)

「レ・ミゼラブル」チケット高額転売、東宝が「座席番号」を挙げて警告
ネット上で高額転売されていた「レ・ミゼラブル」入場券の座席番号を東宝が公開。(2019/4/3)

モノづくり総合版メルマガ 編集後記:
箱根駅伝を走ったセンチュリーGRMNは“ワル”なクルマだった
ある意味、後部座席に乗るよりも運転席に乗る方が難しいクルマです。(2019/1/17)

満員電車で特に不評:
電車で腹が立つ「迷惑行為」ランキング、「飲食」「化粧」「スマホいじり」など上位 1位はやっぱり……
日本民営鉄道協会が「駅と電車内の迷惑行為ランキング」を発表。カテゴリー別では「荷物の持ち方・置き方」が37.3%でトップだった。その中では「座席に置かれた荷物」「床や足元に置かれた荷物」などを批判する声が挙がったが、最も多かったのは、最近特に不評の“あの行為”だった。(2018/12/21)

JR西、新快速に有料の“快適”座席サービス「Aシート」導入 「快適シート」「無料Wi-Fi」「全席コンセント」、1回いくら?
2019年春導入、これは楽しみ!(2018/10/25)

乗車券代+500円:
JR西、神戸線・京都線「新快速」に有料席「Aシート」 19年春から
JR西日本が2019年春から、JR神戸線などを運行する「新快速」の一部に有料座席を新設する。電源や無料Wi-Fiなどを完備する。価格は乗車券代+500円。(2018/10/24)

チケット購入前に座席からの眺めをCGで確認 Yahoo!チケットが新サービス
ヤフーと福岡ソフトバンクホークスが「Yahoo!チケット」のチケット販売に新サービスを追加。各座席からの眺めをあらかじめ3DCGで確認してからチケットを購入できるようになる。(2018/9/26)

SpaceXで初の月周回旅行をするのはZOZOTOWNの前澤友作氏
SpaceXが2023年に計画している初の月周回旅行の乗客を発表した。ファッションECサイト「ZOZOTOWN」を運営するスタートトゥデイの前澤友作社長だ。同氏はすべての座席を買い占め、世界中のアーティストを招待するという。(2018/9/18)

「ススッー」と後部座席が一瞬で個室に!! ロールス・ロイスの富裕層向け機能「Privacy Suite」が何ともぜいたくの極み
ロールス・ロイス ファントム用のオプションとして選択できます。(2018/9/7)

サンワサプライ、ダッシュボード/ヘッドレストに設置可能な車載ホルダー2種を発売
サンワサプライは、ゲル素材の真空吸盤でダッシュボードに取り付けできる車載ホルダーと、座席のヘッドレストに設置可能な後部座席向け車載ホルダーを発売。4インチ〜10.5インチまでのiPhone、iPad、各種スマートフォン、タブレットに対応する。(2018/6/18)

ロングシートは意外な使い道も 「新幹線の座席は盾になる」シートが取り外せる理由を鉄道会社に聞いてみた
ネット上で「座席を盾に」が話題に。(2018/6/12)

フリースペースも採用:
JR西、新長距離列車の内装デザイン公開 個室や「ノビノビ座席」など導入
JRが2020年春に運行開始予定の長距離列車の内装を発表。「多様性」などをテーマに、1両ごとに異なるタイプの座席する予定。個室や寝転がれる「ノビノビ座席」などを設ける。(2018/5/23)

ぶら下げて使う足用ハンモック 新幹線や飛行機の座席用フットレスト「フットぶらり旅」がリラックスできそう
前のテーブルなどに引っかけてぶら下げるだけ。(2018/4/30)

列車の座席に紙置き席取り 仙台市老人クラブ連合会が謝罪
「敬老者が乗車します」と紙を置いて席取りする行為に批判が集まっていました。(2018/4/10)

東急電鉄、待望の有料座席指定列車を2018年冬に運行開始 平日夜に大井町発、長津田方面へ
大井町線から田園都市線方面へゆったり座って帰れます。(2018/3/28)

平日夜に5本程度を運行:
東急大井町線に平日夜の有料座席指定サービス 2018年冬予定
東急大井町線が有料座席指定サービスを開始する。平日夜に大井町駅から田園都市線方面に向かう急行電車で、2018年冬を予定する。(2018/3/26)

大井町線、平日夜の有料座席指定サービス開始 18年冬から
東京急行電鉄は、平日夜の有料座席指定サービスを大井町線で開始すると発表した。(2018/3/26)

座席指定列車 S-TRAINに「子連れファミリー専用」車両、期間限定で指定券を無料配布
「帰りはゆったり座って」子どもとのお出かけに便利。(2018/2/22)

後部座席でタブレットを楽しみたい人に USB&シガソケ付き車載ホルダー
サンコーは、ヘッドレストに取り付けられる車載用ホルダーを発売。約200cmのケーブルが付いたシガーソケットと、2口のUSBポートを搭載している。ホルダー部分は可変式で角度も調整可能だ。(2018/2/21)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
京王電鉄「京王ライナー」増発に“ちょっと心配”
京王電鉄が2月22日にダイヤ改正を実施する。注目は同社初の座席指定列車「京王ライナー」の誕生だ。平日、土休日ともに夜間時間帯を中心に運行する。京王電鉄沿線の価値向上に貢献するけれども、ダイヤを見て少し心配になった。どうか杞憂であってほしい。(2018/2/2)

“座って帰りたい”に応える「拝島ライナー」 西武が3月運行開始
西武鉄道が有料座席指定列車「拝島ライナー」を3月10日から運行。座席指定料金は大人が300円(税込)。(2018/1/25)

平日・土休日の午後6〜10時に運行:
西武の有料座席指定列車「拝島ライナー」、3月10日に運行開始 高田馬場と小平〜拝島に停車
西武鉄道が有料座席指定列車「拝島ライナー」を3月10日から運行。西武新宿駅から拝島駅に向かう下り列車で、停車駅は西武新宿線の西武新宿駅、高田馬場駅と、西武拝島線の小平駅〜拝島駅の各駅。(2018/1/25)

座って帰れる「京王ライナー」2月22日にデビュー 京王線初の有料座席指定列車
料金はプラス400円。最初の停車駅以降、席が空いていれば追加料金なしで乗れる。(2018/1/24)

京王初の座席指定列車「京王ライナー」、2月に運行スタート
京王電鉄初の有料座席指定列車「京王ライナー」が2月22日から運行する。(2018/1/24)

2月末から夜間に運行:
京王線の座席指定列車、愛称は「京王ライナー」 新宿の次は「府中」「永山」
京王電鉄が、有料座席指定列車の愛称を「京王ライナー」に決定したと発表した。「京王プライムライナー」などの候補から一般投票で選ばれた。シンプルさが評価されたとしている。(2018/1/24)

運転席・助手席はほぼ100%:
自動車の後部座席、シートベルトしてますか? 着用率は……
自動車後部座席のシートベルト着用率は?――JAF調べ。(2017/12/22)

京王線の新型車両「5000系」の期待が盛り上がり ふかふかシートでWi-Fi無料「座って帰れる座席指定列車」2018年春導入
京王線ユーザーいいなぁ。会社が「通勤代申請OK」にしてくれるともっとうれしい。(2017/12/4)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。