ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「セキュリティ意識」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「セキュリティ意識」に関する情報が集まったページです。

「冷蔵庫が汚いかどうかで、その人のデータ管理能力が分かる」と判明
カスペルスキーの調査によると、個人情報や機密データを含む文書を職場に保管している人はグローバルで72%(日本で59.2%)で、ほぼ同数の71%がアクセス権限を保証する責任は上層部やIT部門、セキュリティチームにあると回答するなど、セキュリティ意識の甘さが露呈した。(2019/5/27)

車載セキュリティ:
自動車業界にセキュリティ意識調査、不十分な対応やリソース不足が目立つ
シノプシス(Synopsys)は2019年2月20日、東京都内で会見を開き、自動車業界のセキュリティの取り組み状況に関する調査結果を発表した。調査はSAE(米国自動車技術会)と共同で、グローバルの自動車メーカーやサプライヤーなどを対象に実施した。(2019/2/21)

週末エンプラこぼれ話:
「セキュリティ意識が高すぎ」とネットで話題――3要素認証の「ATM型貯金箱」はなぜ生まれた? ちゃお編集部に聞く
1977年に創刊した、小学館の女児向け雑誌「ちゃお」。2018年12月に発売された「ちゃお2月号」にネット上がざわついたのをご存じだろうか。その理由は、ふろくの「ATM型貯金箱」。3要素認証を備えた“超強固”な貯金箱は、どのようにして生まれたのだろうか。(2019/2/8)

事例で分かる、中堅・中小企業のセキュリティ対策【第16回】
「野放しのテレワーク」はNG 自然にセキュリティ意識が上がるルール作りのコツ
初めてテレワーク制度に取り組む企業が、セキュリティポリシーを整備する際には、取りあえずPCの利用履歴を取得することから始めてみましょう。利用実態を把握できれば、自社に最適なルールが自然と導かれます。(2019/2/4)

ITmedia エンタープライズ セキュリティセミナーレポート:
文化もITリテラシーも異なる拠点でセキュリティ教育を徹底させるには “重要インフラ”を守る中部電力の取り組み
「電力」という“生活に欠かせない重要インフラ”をサイバー攻撃から守り、安定的に運用するためには、全ての社員が常に高いセキュリティ意識を持っていることが重要になる。その知識レベルを一定に保ち続けるために中部電力のセキュリティ部門が行っている工夫の数々とは。(2019/1/18)

セキュリティ意識が高すぎるよ! 「ちゃお」2月号のふろくは3段ロックの“ATM型貯金箱”
セブン銀行への着せ替えもできちゃう。(2018/12/27)

「危険」を認識していても「対策法」を知らない――ノートン「セキュリティ」意識調査
ノートン(Norton)ブランドで個人向けコンピューターセキュリティ製品を展開するシマンテックが、日本人を対象とするセキュリティ意識調査を実施。セキュリティリスクを認識していても、具体的にそれを低減・排除する“すべ”を知らないユーザーが一定数いることが分かった。(2018/12/7)

@ITセキュリティセミナー2018.6-7:
「Hardening Program」でセキュリティ意識の醸成にチャレンジ――freee
@ITは、2018年6月22日、東京で「@ITセキュリティセミナー」を開催した。本稿では、freeeの講演「脆弱性なおさないと攻撃しちゃうぞ〜CISOからの挑戦状〜」の内容をお伝えする。(2018/9/19)

News
ソフォス 実際の詐欺を再現するフィッシング対策訓練ツール「Sophos Phish Threat」
ソフォスは、フィッシングメール対策訓練ツール「Sophos Phish Threat」を日本で提供開始した。フィッシングメールを模した訓練用メールを従業員に送ることで、一人一人の従業員のセキュリティ意識を啓発、可視化できる。(2018/5/21)

10人に7人が「DDos攻撃が何か知らない」と回答:
「日本の従業員はセキュリティへの関心が薄い」――A10が企業のサイバー攻撃への意識調査公開
A10ネットワークスは、日本を含む10カ国のIT管理者と従業員約2000人を対象にした「企業のサイバー攻撃の実態やセキュリティ意識に関する調査結果」を公開した。同社によれば、日本企業の多くが、サイバー攻撃を受けたにもかかわらず、気付いていない可能性があるという。(2018/3/13)

セキュリティツールの導入だけでは守れない時代の運用:
PR:“名ばかりCSIRT”から脱却する「AIと人が共存する運用サイクル」とは?
WannaCryや不正アクセスによる情報漏えいなどサイバー攻撃被害が頻発している近年、企業のセキュリティ意識は着実に高まり、多くの企業がインシデント対応の専門組織「CSIRT(Computer Security Incident Response Team)」に関心を寄せつつある。だが、ノウハウがなく設置すること自体が難しかったり、設置してもインシデント発生時にうまく運用できるか不安があったりと課題を抱えている企業が非常に多いようだ。では、一体どうすれば自社や自社を取り巻くステークスホルダーを守れるCSIRTの構築や運用ができるのだろうか? 20年近く社内CSIRTの運用実績を持つNECに、そのポイントを聞いた。(2018/2/28)

紛失やのぞき見からの情報漏えい対策
「PCの紛失」「ソーシャルエンジニアリング」から企業の情報を守る
社外でPCを利用する場合、従業員のセキュリティ意識がより重要になる。特に注意すべきは、PCの紛失とソーシャルエンジニアリングだ。(2017/12/21)

日本におけるサイバーセキュリティの最大の障害は資金:
日本の中小企業のセキュリティ意識はアジア諸国と比べて低い――ESETが調査を発表
ESETは、アジアの中小企業を対象に実施したサイバーセキュリティに関する認識調査結果「ESET 2017 SMBs」を公開した。日本の中小企業は、サイバーセキュリティに関する認識が他のアジア諸国に比べて低いことが分かった。(2017/11/13)

ハギーのデジタル道しるべ:
新人必見! 知ってる人もあらためておさらい! 情報セキュリティについて知っておきたいこと(その4)
企業や組織に所属するようになった人は、あらためて自分のセキュリティ意識が間違っていないか、確認をしてもらいたい。特にSNSは注意が必要だ。“閉じた世界”ではないと認識しよう。(2017/6/22)

ハギーのデジタル道しるべ:
新人必見! 知ってる人もあらためておさらい! 情報セキュリティについて知っておきたいこと(その3)
企業や組織に所属するようになった人は、あらためて自分のセキュリティ意識が間違っていないか、確認をしてもらいたい。個人レベルでも、ちゃんと備えておかなくてはいけないことがいろいろある。(2017/5/23)

セキュリティの意識や倫理観は低下するばかり――IPA調べ
IPAが毎年実施している情報セキュリティの意識調査によれば、SNS利用やパスワード設定などの項目で利用者の意識が低下している。(2016/12/20)

週刊「調査のチカラ」:
「iPhone 7」発売記念、調査が教える「モバイルファースト」な日本の現在
「iPhone 7」をエンジニアはどう評価した? スマートフォンユーザーのセキュリティ意識は? ゲームアプリの普及に効果があるのはやはりテレビCM? スマートフォンをめぐるさまざまな調査を紹介します。(2016/9/17)

特選プレミアムコンテンツガイド
パスワードを2万円で売却――「セキュリティ意識の崩壊」が認証を揺るがす
従業員はパスワードを使いまわすだけでなく、報復や金銭目的でのパスワード売却もいとわない――。セキュリティの要ともいえる認証の根幹を揺るがすこうした事態に、企業はどう対処すべきなのか。(2015/10/30)

需要と供給のバランスが鍵
今どき給与アップにつながるIT認定資格とは?
ベンダーが主導するIT認定資格の価値はこの7年間下落傾向にあったが、セキュリティ意識の高まりに伴い、再び注目を集めつつある。(2015/9/30)

操られて内部犯行者に変わる
“意識高い系社員”が内部犯行に手を染める意外な理由
企業で発生する内部犯行を防ぐには、従業員のセキュリティ意識向上は十分な効果をもたらさない。その理由とは何か。具体的な4つの対策を交えて紹介する。(2015/5/21)

日本人観光客はWi-Fiのセキュリティ意識が甘い結果に
スマホやタブレットで公衆無線LANを利用する観光客は多いものの、日本人は外国人に比べてセキュリティ対策が甘かった。(2015/3/16)

セキュリティ意識、モラルの低下が顕著に――IPA調べ
インターネット利用者の情報セキュリティに関する意識調査の結果から、スマートデバイス利用者による悪意のある投稿が増加していることが分かった。(2015/2/17)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版 :それでもWindows Server 2003を使うのか
巻頭特集は、パスワード認証の廃止を目指すFIDO Alliance創設者へのインタビュー。便利で安全なインターネットは実現するのか? 他にセキュリティ意識欠如の現状、Googleドライブ活用事例、Office 365担当者インタビュー、Windows Server 2003サポート終了対策などの記事をお届けする。(2014/12/22)

「もうIT部門だけの課題でないと知るべき」PwCが提言:
日本企業のセキュリティ意識は「水準以下」──経営層が、IT部門が、今すぐすべきこと
日本企業は「役員クラスの情報セキュリティリーダーを置くべきだ」。サイバーセキュリティに関する世界規模のオンライン調査で、日本企業、特に経営層のセキュリティ意識が水準以下であることが分かった。経営層とIT部門は今後、何を考えるべきか、PwCが提言した。(2014/11/5)

映画「ブラック・ハッカー」、警視庁生活安全部サイバー犯罪対策課とのコラボ決定
防犯意識が大切です。(2014/10/30)

セキュリティ教育の好機との見方も
iCloudプライベート写真流出で議論 悪いのはApple? それともセレブ?
著名人の写真や動画が「iCloud」から流出した事件で、iCloudおよびAppleのセキュリティ確保の姿勢が問われている。一方、企業の間では、この事件をセキュリティ意識浸透の好機と捉える動きもある。(2014/9/25)

「うちの子の情報も漏れていた」 ベネッセ事件で被害に遭った親のキモチ
セキュリティ業界の傍らで働いています。5歳の子どもを持つ親でもあり、ベネッセでの情報漏えい事件から今の企業のセキュリティ意識について、一言申し上げずにはいられないのです。(2014/9/11)

ペナルティばかりでは逆効果
「セキュリティ意識は褒めて伸ばせ」が正解の理由
米Gartnerのアナリストが、心理学に基づいたセキュリティ専門家向けのヒントを幾つか提示している。これらのヒントは、ユーザーの考え方を理解して、セキュリティの観点から好ましくない行動を防止するのに役立つ。(2014/9/2)

越前リョーマ「君の防犯意識、まだまだだね」 テニプリと千葉県警がコラボ 特製ポスター公開!
警官姿カコイイ!(2014/8/20)

萩原栄幸の情報セキュリティ相談室:
「Windows XPをまだ使う」 金融機関にみる残念な言い訳
2014年4月でサポートが終了したWindows XPを使い続けることは、重大なセキュリティリスクを伴う。特にセキュリティ意識が高い(と思われがちな)金融機関では移行対応が進んでいるようにみられるが、その内情は恐るべき実態がある。(2014/7/25)

個人のセキュリティ意識「まだまだ低い」 MSやヤフーらが意識向上キャンペーン
MSやヤフーなどがPCセキュリティ意識強化プロジェクト「LOVE PC 2013」を展開。ソフトウェアの脆弱性を放置しがちな一般ユーザーに対し、アップデートの重要性を訴えていく。(2013/2/13)

ホワイトペーパー:
情シスと一般社員の「セキュリティ意識の差」が招く情報漏えい事故
PC操作やUSBデバイスの利用。IT部門と一般社員のセキュリティ意識の差は、重大な情報漏えい事故を招く可能性を内包している。情報漏えいにつながり得る操作をしている社員に注意を促す、システム的な施策が求められている。(2013/1/29)

モバイルショッピングの利用とセキュリティ意識の傾向は?
マカフィーは、モバイルやオンラインでの買い物とその際のセキュリティ意識について調査を行った。(2012/12/19)

Maker's Voice:
ビジネス部門のセキュリティ意識を変えるには「文脈」が重要――TripwireのCEO
トリップワイヤが不正検知・IT統制ソリューションの最新製品を発表。同社のジョンソンCEOは「ビジネスユーザーのセキュリティ意識が高まる情報やコンテキストが重要」と指摘する。新製品などの特徴や活用のポイントを聞く。(2012/10/12)

多要素認証の利用やポリシー教育の徹底を
FacebookやTwitterを危険にする「パスワード使い回し」
マーケティングなどでの企業利用が進むソーシャルメディア。ただし、セキュリティ意識が希薄なままでのソーシャルメディア利用は大きなリスクを招く。現状の課題と対策を追った。(2012/9/27)

制御システムのセキュリティ対策に不安な管理者、4割が「具体策が不明」と回答
トレンドマイクロが工場などの制御システムの管理者を対象にセキュリティ意識調査を実施している。(2012/8/23)

脆弱性対応やOSサポートに不備
Macマルウェア「Flashback」まん延で露呈した米Appleの過失
Macintoshを標的として感染を広げたマルウェア「Flashback」。まん延の背景には、ユーザーのセキュリティ意識の欠如だけでなく、米Appleの脆弱性対応の遅さやOSサポートの不十分さがあった。(2012/8/9)

ホワイトペーパー:
インターネットユーザのインターネットセキュリティに関する意識調査
日本ベリサイン株式会社はインターネットユーザを対象としたセキュリティ意識調査を実施した。同調査結果からは、多くのユーザがインターネットサービスの利用を考えていながらも、個人情報漏洩を不安に感じていることから、利用を控えるケースがあることが窺える。(2012/3/26)

「PCにセキュリティという名の愛を!」――個人ユーザーの意識向上へMS、IBMらが共同プロジェクト
MSやIBM、ヤフーなどがセキュリティ意識強化プロジェクト「LOVE PC 2012」を展開している。脆弱性を放置しがちな一般ユーザーに対し、「PCにセキュリティという名の愛を」と呼びかけている。(2012/2/16)

ホワイトペーパー:
調査レポート:SMB企業のメール&Webセキュリティ対策・クラウド化の実態
本レポートは、1000名以下のSMB企業に限定して実施した「メール&Webセキュリティ対策の意識調査」である。また、クラウド型のセキュリティ対策の検討状況についても調査している。(2012/2/1)

スマートフォン利用に対する不安が増加――IPAのセキュリティ意識調査で明らかに
IPAが毎年実施しているインターネット利用者のセキュリティ意識調査から、スマートフォン利用においても不安を抱く傾向が強まっていることが分かった。(2011/12/20)

アジア企業のセキュリティ課題、モバイル化や無線ネットワークでの傾向は?
フィーティネットは、日本を含むアジアの7つの国・地域で企業のIT管理者にセキュリティ意識をアンケートした結果を発表した。(2011/10/11)

AKB48カスペルスキー研究所調査:
Androidのセキュリティ意識が高い男性は、浮気の心配が少ない?
カスペルスキーが4万人のインターネットユーザーを対象に実施したAndroid端末に関する意識調査によれば、セキュリティ意識の高い男性は「草食系」で「異性の友だちが少ない」らしい……。(2011/8/12)

クラウドと仮想化へのセキュリティ意識は? トレンドマイクロが世界で調査
企業のIT担当者1200人を対象に行った調査では、「インフラとデータ」が課題となる傾向がみられた。(2011/7/29)

AndroidとiPhoneのセキュリティ意識は? トレンドマイクロが調査
トレンドマイクロは、12歳以上のインターネットユーザーを対象に携帯電話・スマートフォンに関する意識調査を実施した。(2011/7/6)

HPの「TouchPad」はiPadに勝てるか?
「セキュリティ意識がないiPad」打倒を目指すTouchPad/webOS
iPadにはセキュリティ意識がなく、iPadユーザーはiTunesの支配にうんざりしていると話す米Hewlett-Packardは、同社のTouchPad/webOSに勝機があると分析している。果たして本当か?(2011/4/15)

【IFRS】140字で解説! 会計人のためのIT用語集【7】
会計人のためのセキュリティ用語解説
セキュリティ事故を未然に防ぐにはセキュリティについての知識が不可欠だ。特に財務データなどを扱う会計人は高いセキュリティ意識が求められる。そんな会計人が最低限知っておきたいセキュリティ用語を紹介する。(2010/12/16)

クラウド利用に伴うセキュリティ意識の変化についてのアンケート調査リポート
調査から見えたクラウドの不安要素とセキュリティ強化への意欲
パブリッククラウド、プライベートクラウドそれぞれについて利用状況とそれに伴うセキュリティ意識の変化、導入予定の製品についてTechTargetジャパン会員に聞いた。(2010/11/26)

TechTargetジャパン 会員アンケート
【お知らせ】企業クラウド利用に伴うセキュリティ意識の変化に関するアンケート調査
調査結果から、会員の企業のクラウド活用状況、およびそれに伴い導入を検討しているセキュリティ製品、製品選定の際に重視するポイント、などが明らかになりました。(2010/11/26)

TechTargetジャパン 会員アンケート
【お知らせ】企業のクラウド活用に伴うセキュリティ意識の変化についてのアンケート調査
(2010/10/12)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。