ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「スローライフ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「スローライフ」に関する情報が集まったページです。

「ごく普通のシカのゲーム」、ついにSteamで船出 さっぱり普通じゃないシカが自由に暮らす“スローライフ町破壊ゲーム”
販売はアーリーアクセス形式。発売から1年間、適宜アップデートしながら完成されます。(2020/1/7)

「スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました」アニメ化決定 タイトルが長い
長い。(2019/10/19)

Switch「のび太の牧場物語」、「採掘の効率が良すぎてむしろ『鉱山物語』」と話題に→メーカーがバランス調整を告知
「のび太の昼寝スキルで体力を回復しつつ延々採掘が高効率」といった、ハードな攻略法が見出されていました。(2019/6/20)

週末珍ゲー紀行:
老婆は人生の最期に何を見る? 砂漠化した寒村で老後のスローライフを送るゲーム「The Stillness of the Wind」
人生とは喪失の物語。(2019/2/20)

何一つ普通じゃない「ごく普通のシカのゲーム」が狂気のクラウドファンディング開始 目標金額は100万円
この世界に普通はない、あるのはシカだけ……。(2019/1/29)

許容範囲広すぎ! 5体の幽霊に取り憑かれた友人の漫画がクセになるゆるさ
幽霊たちとのスローライフ。(2018/4/13)

かーずSPのインターネット回顧録(番外編):
ブックオフの伝説記事「異世界転生ファンタジー年表」を作った“ラノベ担当ミヤザワさん”とは一体何者なのか
ガチすぎる特集を連発する「ブックオフのミヤザワ」さんとは一体何者?(2018/4/21)

芝生でゴロゴロしながらコーヒーが飲める 1日限定「芝生カフェ」開催費をクラウドファンディングで募集中
芝生でゴロゴロ寝転がりながらカフェタイム、クラウドファンディングの期限は1月12日まで。(2017/12/23)

「なんでボクだけ追い出されるんでしゅ!?」 「ポケ森」の残酷な現実を描いた漫画に「あるある」「つらい」の声
リッキー、なんですぐ追い出されてしまうん?(2017/12/3)

パナソニックCNS社:
「ソリューションでやっていくと決めた」パナソニックCNS社 樋口社長
創業地である大阪を離れ、東京への本社移転を示したパナソニック コネクティッドソリューションズ(CNS)社。樋口社長は顧客ありきの姿勢を鮮明にし、ソリューションビジネスを強める方針である。(2017/6/27)

「真田丸」振り返り4コマ(10月2日放送分『歳月』)
自称プロの真田幸村ファンによるNHK大河ドラマ「真田丸」振り返り4コマをお届けします。(2016/10/4)

新しい働き方のチームが作るモノ:
目指すはNo.1経済メディア――「NewsPicks」はスマホ時代の情報紙アプリ
経済情報に特化したニュースアプリ「NewsPicks」は、業界分析データベース「SPEEDA」で知られるユーザベースが開発するコンシューマ向けアプリだ。業界の著名人がピックアップ、作成したオリジナルコンテンツも読め、有料化も視野に入れたビジネスモデルを掲げている。(2013/12/9)

最高の「スローライフ」が仕事を研ぎすます――UZABASE 梅田優祐氏の“自由な生き方”
豊かな自然に囲まれ、晴れた日には富士山も望める神奈川県葉山町。第一子の誕生を機に、この町に転居したのが、成長著しいスタートアップ「UZABASE」代表の梅田優祐氏だ。同氏が実践する理想の働き方、ライフスタイルから新しい生き方の可能性を探る。(2013/12/3)

Twitterのタイムラインがファミコン風になるアプリ「8bitter」
何もかもが懐かしい……。(2013/2/25)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/2/1)

日々是遊戯:
【おいでよ恐怖の森】「とびだせ どうぶつの森」で“恐怖の部屋”がひそかに流行中らしい
スローライフとは何だったのか。(2012/11/30)

それゆけ! カナモリさん:
“業界標準”のサービス価格、10分1000円のナゾ
マッサージ、美容室、ネイル……。ふと気が付けば、10分1000円という値段が巷にあふれかえっている。年初のコラムは、少し「時間」について考えてみたい。(2012/1/18)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
デジカメ全盛の時代だけど……暗室barで手焼き写真はいかが?
学芸大学駅前にある写真店「monogram」が定期的に行うイベント「暗室bar」。デジカメ全盛の世の中となっている中、フィルムカメラのネガを手焼きでプリントするワークショップを行っているのだ。(2011/12/8)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
なじょして福島のビジネス、再興すっか
東北関東大震災から3週間。宮城県や岩手県などでは被害の底が見えてきたが、原発事故の影響で福島県はまだ見通しがまったくつかない状況だ。福島県を復興するにはどうすればいいのか。中小企業診断士でもある筆者がアイデアを考えてみた。(2011/3/31)

胸の内には何を秘める? 「シャイニング・ハーツ」3人の女性キャラを紹介
(2010/12/10)

仁義なき対人戦に疲れたら癒しの荘園はいかが?――「英雄島」メディア向けオープンβテストプレイリポート後編
MMORPG「英雄島」のメディア向けオープンβテストのリポート第2弾。今回はPC、NPCが入り乱れる聖地略奪戦と、自分の家や農園を持てる荘園システムをクローズアップする。「英雄島」は対人戦がアツイ!(2010/4/30)

週間ソフト販売ランキング:
英国紳士はナゾがお嫌い?
赤一色になるかと思いました。(2009/12/3)

まだまだ現役
ところ変わればってやつです。(2009/9/3)

LEVEL5 VISION 2009:
レベルファイブ×ブラウニーブラウン×植松伸夫のコラボ――究極のスローライフRPGを発表
レベルファイブは8月25日、東京・恵比寿にあるザ・ガーデンホールにて、LEVEL5 VISION 2009と銘打った制作発表会を行った。そこでは新作以外にも、「レイトン教授」セカンドシーズンや「イナズマイレブン2」などの進捗状況も。(2009/8/26)

もう一人のあなたが送るもうひとつの世界でのライフ――「ファンタジーライフ」
レベルファイブは一風変わった完全新作RPGを発表。2010年、ニンテンドーDSで発売する。そのスローライフな生活を基軸にしたゲーム内容とは?(2009/8/25)

ナゾトキ×出会いの物語――「レイトン教授と魔神の笛」
「レイトン教授」新シリーズ3部作の第1弾は、前作「不思議な町」より3年前が舞台となり、レイトン教授とルーク少年の出会いを描く。(2009/8/25)

So-net「リヴリーアイランド」がDSゲームに
ソネットは、ネット上で提供しているペット育成ゲーム「リヴリーアイランド」をベースにしたニンテンドーDS向けゲームを今冬に発売する。(2009/8/21)

上杉隆×ちきりん「ここまでしゃべっていいですか」:
今だからこそ、総理大臣には「ホリエモン」……その理由は?
ジャーナリスト・上杉隆氏と正体を明らかにしない人気ブロガー・ちきりんさんの対談8回目。8月30日に総選挙が行われるが、2人は総理大臣は誰がいいと思っているのだろうか?(2009/8/7)

週間ソフト販売ランキング:
トモダチいっぱい
とりあえず100人まで大丈夫。(2009/6/25)

カイゼンの現場:
青森県の「道の駅とわだ」で見た、Mac好き駅長の自作メールシステム――7000万円の経済効果
雪解けの青森県で「道の駅とわだ」を取材した。この道の駅、駅長のコンピュータ好きが高じて、メールシステムを自作。7000万円の経済効果を生んだという。(2009/3/23)

頭脳放談:
第104回 ネットブックの裏側に見えるIntelの戦略
不況の中、5万円前後のネットブックが好調。IntelのAtomも順調に数量を伸ばしている。だがAtomが狙う市場はネットブックだけではないようだ。(2009/1/28)

郷好文の“うふふ”マーケティング:
体験時間を刻む時計――100年に1度の変をスローデザインで生き抜こう
100年に1度と言われる金融不安が世の中に暗い影を落としている昨今、新たな生き方が求められている。そんな時代に合うような、ビーズで時を刻む時計を見つけた。(2008/12/25)

靴を投げれば
1位は世界を駆けめぐった時事ネタゲームの話題でした。(2008/12/24)

「ルーンファクトリー フロンティア」レビュー:
スローライフも楽じゃない? Wiiで始まる新たな牧場生活
ファンタジー世界を舞台に、農作業と戦闘のマッチングが新感覚を生み出している「ルーンファクトリー」シリーズ。ニンテンドーDSで2作展開され、最新作がついにWiiに進出! 大きな画面で充実感たっぷりの暮らしが味わえる。(2008/12/19)

「街へいこうよ どうぶつの森」レビュー:
まったりゆったりスローライフ たまには街におでかけしましょ
「どうぶつの森」シリーズ最新作「街へいこうよ どうぶつの森」が、Wiiで登場した。その名の通り、今回は街におでかけすることができる。行動範囲だけでなく、いろいろとチューンアップされている本作ではあるが、基本部分は全くと言っていいほど変わらない。「どうぶつの森」はずっと「どうぶつの森」のままなのだ。(2008/12/17)

2-3.住まいの選択、完全理解!:
マンションVS.一戸建てはどちらが便利?――暮らしの便利度で比べてみる
現在の住宅事情では、交通や買い物の便の良さを考えるなら「マンション」、快適な住空間を求めるなら「一戸建て」といった傾向にあるようです。どちらを重視するかは、自分のライフスタイルを考えてみましょう。(2008/12/2)

東京ゲームショウ2008 マーベラスエンターテインメントブース:
ニンテンドーDSでモモと触れ合う――PostPet DS発表会
マーベラスエンターテイメントは、東京ゲームショウ 2008 マーベラスエンターテインメントブース内のステージにおいてプレスカンファレンスを開催し、ニンテンドーDS向けの新作タイトルとなる「PostPet DS(仮称)」を発表した。(2008/10/11)

個人クリエイターに収益を――「面白いもの、広めたい」とスパイシーソフト
「3年は収益ゼロでいい」――個人が漫画を配信できる「マンガ★ゲット」は、収入を100%クリエイターに還元している。「面白いものを広めたいから」と、スパイシーソフト社長は言う。(2008/9/22)

部曲のプライベートな空間とは?――「三國志 Online」
(2008/9/11)

【新連載】感じるヴァナ・ディール:
2度の挫折を乗り超えた独身ガルカが見た「FFXI」の素晴らしき世界
先月終了した「FFXI」の連載企画「ヴァナ・ディールをもう一度」を愛読してくれた皆様、どうも1カ月ぶりです。約束どおり、ガルカのアイツが帰ってまいりました。(2008/5/30)

「PostPet」5年ぶりの新バージョン――So-net初のオリジナルオンラインゲームも公開
So-netが提供するメールサービス「PostPet」の新サービス発表。5年ぶりとなる最新バージョンやゲームポットが運営するオンラインゲーム、ケータイ向けゲームなど、ゲストに佐々木希さんを迎えて披露された。(2008/5/8)

PostPetが「ソーシャルメッセージング」に 3D仮想世界的ゲームにも展開
So-netが「PostPet」の新サービスを発表。5年ぶりの新バージョンはSNS的な「ソーシャルメッセージングサービス」に進化。PostPetの世界を3D化したオンラインゲームも始める。(2008/5/8)

トマトを育ててゆる〜くコミュニケーション
(2007/12/12)

ORF2007 Report:
日本が必要とする組織設計の在り方
組織をどのように設計するかは、そこに属する人を常に悩ませる。「日本に求められる組織設計のイノベーション」と題したトークセッションで、イー・モバイルの千本倖生氏と慶應義塾大学の上山信一氏それぞれが、組織に対する考えを示した。(2007/11/30)

2007年PC秋冬モデル:
「自分色」から「あこがれのスタイル」に進化した、カラフルノート──ソニー「VAIO type C VGN-CR60B/R」
VAIOの2007年秋モデルで、最も大きな変身を遂げたのが、新しい筐体とカラーバリエーションを採用したVAIO type Cだ。ここでは、その“素顔”に迫ってみよう。(2007/9/3)

W-ZERO3シリーズ向け“海洋シム”アプリ──「海の上」
(2007/8/28)

読者から見たBiz.ID:
「LifeHack検索」に“利く”キーワードとは
今週人気を集めたのは、検索キーワードに「つの方法」や「つの理由」を入力する記事。役に立つ方法を列挙した、いわゆる“LifeHack記事”を検索エンジンで探し出す方法だ。読者の反響も集めた。(2007/8/3)

犬とともに生きるスローライフ&冒険を提案――「Soundness」発表会
ビジュアル・ファーストは6月27日、犬とともに生活するオンラインゲーム「Soundness」の発表会を催した。そのタイトルどおり、ゲーム内で健全性は保つことができるか? 一般へのサービス開始は7月27日を予定している。(2007/6/27)

タイトルは同じでも中身はまったく異なります――WiiとDSで展開「ぼくとシムのまち」プレゼンテーション
エレクトロニック・アーツでは本日、プロデューサー上野正博氏の解説の元、Wii版&DS版「ぼくとシムのまち」のプレゼンテーションが行われ、開発の現状報告とゲーム内容について明らかにした。(2007/5/28)

“さもない”日々こそニュース 地域の日常つづるブログ新聞「ぶらっと」
北海道から沖縄まで、全国に住む「地域ライター」が日常を伝える。「田植えの準備をしました」「“新茶マラソン”が始まりました」――地域の日常に散らばる“さもないこと”が、温かい文章で伝わってくる。(2007/5/2)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。