ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「落札」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「落札」に関する情報が集まったページです。

スピン経済の歩き方:
なぜ「すしざんまい」は、マグロの初競りを自粛したのか
マグロの初競りで一昨年は3億3360万円――。驚くような落札額で世間をにぎわせてきた「すしざんまい」(運営:喜代村)が、今年のマグロ初競りを自粛した。なぜ自粛したのかというと……。(2021/1/7)

“ドリフトの神様”ケン・ブロックのパフォーマンスカーが競売に 売上金はコロナや災害の支援に
落札価格は約2000万円に……!(2020/11/2)

シェークスピア戯曲全集の初版本、文学作品過去最高額の10億5000万円で落札される
この本がなければマクベスも、黒澤明の蜘蛛巣城もなかったかもしれない。(2020/10/16)

導入事例:
日立ビルシステムがシンガポールで公共住宅向けエレベーターで300台を納入
日立製作所と日立ビルシステムは、シンガポールの公共住宅を対象にした入札で、エレベーター300台の案件を落札した。(2020/9/11)

Verizonが最多、AT&Tは不参加:
米が3.5GHz帯オークションを開催、落札総額は45億ドル
米連邦通信委員会(FCC:Federal Communications Commission)が開催した最新の周波数帯オークション「Auction 105」では、Verizonが最も多くのライセンスを取得した。今回、オークションにかけられたのは、5G(第5世代移動通信)の展開に向けて非常に切望されているミッドバンド(3.5GHz帯)である。落札総額は45億9000万米ドルに上り、そのうち19億米ドルをVerizonが投じた形だ。(2020/9/10)

レバノン出身の元ポルノ女優、愛用メガネがネットオークションで10万ドルに 利益は全額赤十字へ
落札価格はまだ上がるかもしれません。(2020/8/14)

最高時速600キロ以上 世界最速を目指した伝説のマシン「ストリームライナー」がオークションに出品
落札額は17万5000ドル(約1838万円)となりました。(2020/7/31)

未開封「スーパーマリオブラザーズ」が1200万円 ソフト単体ではかつてない高額落札
未開封「スーパーマリオブラザーズ」の落札競争は関係者が予想していた以上に盛り上がったそうです。(2020/7/14)

「ニルヴァーナ」カート・コバーンのギター、約6億4000万円で落札される ギター史上最高額に
とんでもない世界。(2020/6/21)

巣ごもり需要で、時間をかけて楽しめる商品が人気に? 「ヤフオク!」で5月に出品・落札されたもの
「ヤフオク!」で5月に出品・落札が増えたアイテムをヤフーが発表。ホビー、おもちゃ用品の人気が急上昇している。(2020/6/10)

ホルガ村がハリウッド降臨 「ミッドサマー」女王のドレスが700万円超で落札! 話題の映画が映画博物館へ
祝祭がまたはじまる……。(2020/5/20)

米Microsoftが落札した米国防総省のクラウド事業「JEDI」、Amazonの申し立てで一時停止に
米裁判所は、Microsoftが獲得した米国防総省の100億ドルのクラウド事業「JEDI」の進行を一時停止する判決を下した。Amazon.comの申し立てを認めたもの。(2020/2/14)

法制度・規制:
太陽光発電の第5回入札は最低価格10.99円に、バイオマスは落札者ゼロ
太陽光発電の第5回入札の結果が公表された。募集容量約416.2MWに対し、落札件数の合計は27件、39.8MWの落札にとどまった。最低落札価格は10.99円/kWhだった。一方、第2回を迎えたバイオマス発電の入札は、落札者ゼロとなっている。(2020/1/24)

ジャーナリスト数土直志 激動のアニメビジネスを斬る:
アトムにナウシカ……マンガ・アニメ原画が海外で1枚3500万円の落札も――文化資料の流出どう防ぐ
海外で日本マンガ・アニメ原画が高額取引されるように。オークションで手塚治虫が1枚3500万円で落札の例も。日本文化の貴重な資料流出、どう防ぐか?(2019/12/5)

カート・コバーンの未洗濯カーディガン、約3600万円で落札される ファンなら納得のお値段……?
グランジ好きなら1度は探したざっくりカーディガン。(2019/10/28)

米国防総省の100億ドルクラウド事業「JEDI」はMicrosoftが落札
米国防総省のデータをクラウドで一元管理する100億ドル規模の事業「JEDI」をMicrosoftが落札した。最有力候補と目されていたAmazonは「純粋に製品を比較すれば結論が異なることは明らかだ」とコメントした。(2019/10/27)

太陽光:
太陽光のFIT価格はついに“10円台”に突入、第4回入札の結果が明らかに
FITによる事業用太陽光発電の価格を決める第4回入札の結果が公表された。最低落札価格は10.50円/kWhとなり、これまでの入札の中で最も低い価格となった。(2019/9/11)

「ポケモンカード」初期シリーズが約1100万円で落札 激レアの「最高品質103枚セット」
単純に頭割りすると、1枚約11万円。(2019/8/15)

「ホンダ RS1000 レーサー」は963万円で落札 18台の貴重なバイクが集まった「鈴鹿8耐オークション」結果発表
市場には滅多に出回らない貴重なバイクがずらり(2019/7/31)

「サークルK・サンクス」公式サイトの中古ドメイン、約6000万円で落札される
「サークルK・サンクス」の公式サイトで使用されていた中古ドメイン「circleksunkus.jp」が、ネットオークションで約6000万円で落札された。開始価格は6000円だったが、18日間で1250件の入札があり、落札額は約1万倍まで膨れ上がった。悪用される可能性もあるため、動向が注目される。(2019/6/18)

ZOZO前澤社長が出品したウォーホル作品、6億円超で落札 予想を大きく上回る
2作品で8億8000万円超に。(2019/5/17)

セブンでヤフオク発送受付 「ヤフネコ!パック」に対応
「ヤフオク!」で落札された商品を、「宅急便」や「ネコポス」を使って簡単に配送できる「ヤフネコ!パック」が5月8日から、全国のセブン-イレブン店舗で発送できるようになった。(2019/5/8)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」GW特別編:
懐かしい音と匂いを楽しむ「SL」ハシゴ旅 「もおか号」「SL大樹」を巡る1日
真岡鐵道が機関車1台を売却し、東武鉄道が落札したと報じられた。2社は現在、それぞれSLを運行している。真岡鐵道は「もおか号」、東武鉄道鬼怒川線は「SL大樹」だ。2つのSL列車を1日で乗り比べてみよう。(2019/5/3)

ブロックチェーンで美術品の所有権証明 東大発ベンチャーの技術、SBIのオークションで採用
オークションで落札された美術品に「ブロックチェーン証明書」を付け、作品の所有権の証明などを行うプロジェクトを、東大発ベンチャー企業のスタートバーンと、美術品オークションを手掛けるSBIアートオークションがスタートする。(2019/4/9)

世界に1台の超レア車!? 1967年製のマッスルカー「シェルビー GT500 スーパースネーク」が2.3億円で落札
「フォード・マスタング」をベースとした、当時の最速チューニングカー。(2019/1/25)

新車価格の約40倍だと!? 新型「GR スープラ」量産第1号車、オークションにて約2億3000万円で落札される
特別仕様の新型スープラが210万ドルで落札。(2019/1/22)

架空のスポーツカーを完全再現 人気ゲーム「GTA」シリーズの名車「バンシー」が海外オークションに登場、元ネタとなった「ダッジ・ヴァイパー」がベースに
海外オークションで700万円で落札されました。(2018/12/27)

太陽光:
太陽光のFIT価格はついに14円台に、第3回の入札結果を公表
2MW以上の太陽光発対象に、FITの買い取り価格を決める第3回の入札結果が公表された。最低落札価格は14.25円/kWhで、ついに14円台に突入している。(2018/12/21)

フェラーリ絶対許さないマンと化した激おこフォードが作った「GT40」プロトタイプが米オークションに出品
フェラーリとフォード、因縁深い歴史を持つマシン。過去には7億円で落札されたことも。(2018/12/14)

「中古カメラから白黒の家族写真が出てきた」 本人たちのもとに写真を返すため落札者がSNSで情報募集中
出品者の記憶にもない謎の写真。家族のもとに写真を返せるでしょうか。(2018/12/12)

AIが描いた肖像画、約4850万円で落札 作者名は“数式”
署名の代わりに、生成に用いられた数式が記されています。(2018/10/26)

AIが描いた絵画、4900万円で落札 予想額の40倍以上
AIが描いた絵画が著名オークション「クリスティーズ」で43万2500ドル(約4900万円)で落札された。予想額の40倍以上だ。(2018/10/26)

裁断されたバンクシー作品、落札者は所有の意向 作品名は「愛はごみ箱の中に」に
裁断によって「新しい作品が作り出された」とサザビーズ。(2018/10/13)

バンクシーの作品が約1億5000万円で落札された直後に“自壊” 額縁にシュレッダーの仕掛け
会場は大きくどよめきました。(2018/10/7)

太陽光:
太陽光の第2回入札は「落札者ゼロ」、上限価格を下回る応札無く
大規模な太陽光発電のFIT買取価格を決める入札制度の、第2回の結果が公表された。非公表で設定された上限価格を下回る応札がなく、落札者は初のゼロとなった。(2018/9/11)

「ヤフオク!」が全国一律の送料で発送可能なサービスを開始へ 送料を出品者負担で利用可能
反対に送料を「落札者負担」にした場合の料金は値上げされます。(2018/9/8)

ヤフオク!、10月に配送料金改定 出品者負担なら全国一律に、落札者負担なら値上げ
「ヤフオク!」の配送料が10月16日に改定される。配送料金が出品者負担の場合は全国一律料金にする。(2018/9/7)

「ヤフオク!」の匿名配送サービス拡大 ヤマトの宅急便でも利用可能に
ヤフーが「ヤフオク!」の匿名配送サービスを拡充。ヤマト運輸と連携し、割引価格で宅急便などが利用できる「ヤフネコパック!」でも、出品者と落札者が互いの住所を知らせることなく荷物を送れるようにした。(2018/8/27)

約54億円で落札 伝説の希少車「フェラーリ 250 GTO」オークション史上最高額を更新
米サザビーに出品されていました。(2018/8/27)

電力供給サービス:
エナリスがデマンドレスポンスの提供を開始、東電・九電の調整力落札で
新電力のエナリスは、東電・九電が公募した調整力を落札。これを受け、2018年7月からデマンドレスポンスサービスの提供を開始した。(2018/7/10)

『愛と誠』紛失原画落札、オークション運営元・まんだらけが声明 「問題になること自体に違和感」 講談社を批判
『愛と誠』の原画の1枚が「まんだらけオークション」に出品され400万円で落札され、講談社が「購入しないでほしい」と呼び掛けていた件について、まんだらけが声明を発表。講談社を厳しく批判している。(2018/5/21)

漫画『愛と誠』の紛失原画がまんだらけのオークションに流出 講談社「購入しないで」
当該の原画は400万円で落札。紛失分はほかにもあり、オークションや漫画専門店などで見かけたら編集部に連絡してほしいと呼びかけています。(2018/5/11)

名作漫画『愛と誠』紛失原画がオークションに 講談社、買わないよう「お願い」
名作漫画『愛と誠』の原画の1枚がオークションサイトに出品され、400万円で落札されていたことを受け、講談社は5月10日、「原画は紛失したか盗まれたもの」だとし、購入しないよう「お願い」する告知を出した。(2018/5/11)

「買うつもりでみてなかったんだけど」 川崎希、オークションでダリの絵を落札
予算次第ではピカソの絵も。(2018/3/19)

「ヤフオク!」の決済、「かんたん決済」に一本化 受け取り確認後に振り込み
「ヤフオク!」の商品代金の決済方法が「Yahoo!かんたん決済」に一本化。落札代金をヤフーがいったん預かり、落札者が商品を受け取った後に出品者に振り込む組みも必須に。(2018/1/17)

ソニーが「aiboチャリティオークション」結果発表、落札金額の全額を生物多様性保全活動に
ソニーは12月20日、aiboチャリティオークションの結果を発表した。落札金額の全額1094万4551円をWWFジャパンに寄付する。(2017/12/20)

太陽光:
低調に終わった太陽光の第1回入札、背景に3つの理由
2017年秋に第1回が実施された太陽光発電の入札制度。落札容量の合計が募集要量の3割に満たないなど、低調な結果に。そこでJPEAは太陽光発電の開発事業者に、入札に関するアンケート調査を実施した。その結果から見えてきた、多くの事業者が入札に参加しなかった理由とは?(2017/12/18)

ソニーのロボット「aibo」金色モデル 落札金額合計1094万4551円
ソニーのロボット「aibo」のチャリティーオークションが終了した。(2017/12/10)

ソニー、顔が“金色”のアイボ11台をチャリティーオークション 生物多様性保全活動に寄付
ソニーが特別仕様の「aibo」11台を「ヤフオク!」に出品。落札金の全額を寄付する。(2017/12/5)

「ヤフオク!」で匿名配送スタート 住所や名前を知らせず商品を送れる
落札商品に満足できない場合の「商品満足サポート」も開始。(2017/11/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。