ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  T

  • 関連の記事

「TAD」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「TAD」に関する情報が集まったページです。

将来の自動運転も視野に:
TMR角度センサー、最大角度誤差は±0.05度
TDKは、デジタル出力方式のTMR(Tunnel Magneto Resistance)角度センサーを開発し、サンプル品の出荷を始めた。車載システムや産業機器などの用途において、高い精度を必要とする角度センシングのニーズに応えていく。(2017/6/19)

車載ネットワーク最新技術動向:
PR:世界中で利用される「MOST」と、CANで高度なセキュリティを実現する新技術
本稿では、2つの車載ネットワーク技術に関する最新動向を紹介する。1つは、世界中で利用が広がっている高帯域車載マルチメディアネットワークの業界標準である「MOST」の最新動向だ。もう1つは、自動車の新たな課題であるセキュリティの脅威に対抗するための最新技術動向を紹介する。(2017/4/3)

インフィニオン Power PROFET:
最小1.0mΩオン抵抗を実現したハイサイドスイッチ
インフィニオンテクノロジーズは、超低オン抵抗のハイサイドスイッチ「Power PROFET」ファミリーを発表した。リレーとヒューズを40Aまでの範囲で置き換えることができる。(2016/12/16)

エントリー機です、念のため:
2本で100万円のTAD、小型ブックシェルフ型スピーカー「Micro Evolution One」新発売
TADから小型ブックシェルフ型スピーカー“Micro Evolution One”「TAD-ME1」が登場。名前の通りEvolutionシリーズのデザインコンセプトを継承したコンパクトモデルだ。(2016/9/16)

ペアで4万3000円:
ELAC、「Debut Line」最小のブックシェルフ「B4」を発売
ユキムは、ドイツのスピーカーブランド「ELAC」の新製品として、「Debut Line」シリーズのブックシェルフ型スピーカー「B4」を6月21日に発売する。100mm径ウーファーを採用した同シリーズ最小サイズとなる。(2016/6/15)

マッハ36!? ベリリウムコート振動板を採用した初のヘッドフォン、マクセル「MXH-MD5000」登場
マクセルは、ベリリウムコート振動板を採用した初のヘッドフォン「MXH-MD5000」を6月11日に発売する。ベリリウムの強みは、音の伝播速度が速いこと。「音速の約36倍という速さ」(同社)(2016/6/9)

野村ケンジプロデュース:
は・じ・め・てのアナログレコード♪ ――ハイレゾ音源と比較してみた
最近、アナログレコードが人気だ。ハイレゾ音源や、手軽なストリーミングサービスが簡単に使える現代にあって、なお人の心を引きつけるアナログレコード。その魅力を20代のオーディオファン2人に体験してもらった。(2016/1/27)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
2015年を総括! 恒例「麻倉怜士のデジタルトップ10」(中編)
年末恒例「デジタルトップ10」。今回は第4位から第6位までの中編をお届けしよう。惜しくもランキング選外となったが、麻倉氏の琴線に触れたドイツの技術も合わせて紹介する。(2015/12/28)

著名エンジニア、アンドリュー・ジョーンズ氏が手がけたELACの新作スピーカー「Debut Line」、11月下旬に日本デビュー
ユキムは、ドイツのスピーカーブランド「ELAC」の新ライン「Debut Line」を発表した。TADやKEFのスピーカーを開発してきた著名なエンジニア、アンドリュー・ジョーンズ氏がELACで始めて手がけたホームシアター向けのスピーカーシリーズだ。(2015/11/2)

アートな限定スピーカーも登場:
TADの「Evolution」シリーズが“MK2”に進化――シンプルなシステム構成が可能に
テクニカル オーディオ デバイセズ ラボラトリーズが高級オーディオ「Evolution」シリーズの新製品を発表した。あわせてスピーカーの限定モデル4種も用意。(2015/8/28)

密閉型T/開放型TADシリーズを全面リニューアル!:
オーテク、密閉型ヘッドフォン3機種、開放型ヘッドフォン2機種を発売――「ATH-AVC500」など
オーディオテクニカは、密閉型「ATH-AVC500」など3機種、開放型「ATH-AVA500」など2機種のヘッドフォンを6月19日に発売する。価格はすべてオープン、予想実売価格は2000円前後(税別)から。(2015/6/4)

春のヘッドフォン祭2015:
2人のキーマンが語るフラッグシップ――パイオニア「SE-MASTER1」開発秘話
パイオニアブランドから登場したフラッグシップヘッドフォン「SE-MASTER1」。その担当エンジニアとオーディオ評論家の野村ケンジ氏が開発秘話を披露した。(2015/5/17)

“浪速のノラ・ジョーンズ”も登場:
iFI-Audio、「ヘッドフォン祭」でDSD 11.2MHz試聴イベント「MEETS DSD256」を開催
iFI-Audioは、5月16日(土)と17日(日)に中野サンプラザで開催される「春のヘッドフォン祭 2015」でDSD 11.2MHz試聴イベント「MEETS DSD256!」を実施する。(2015/5/1)

CEATEC JAPAN 2014:
パイオニア、CEATECで新型AR対応ヘッドアップディスプレイユニットなどを展示
パイオニアが「CEATEC JAPAN 2014」の出展概要を発表した。新たに開発したAR HUDなどを展示する。(2014/9/30)

“新しい挑戦”を詰め込んだブックシェルフ型――TAD「CE1」登場
TADからスピーカーのエントリーモデル「CE1」が登場。両側面がアルミパネルという個性的なルックスのブックシェルフ型だ。同社製品では珍しいカラーバリエーションも。(2014/8/29)

製造マネジメントニュース:
再編進む家庭用AV機器業界――パイオニアがオンキヨーらにホームAV子会社売却
パイオニアはホームAV機器子会社の株式を、一部を残してオンキヨ―およびベアリング・プライベート・エクイティ・アジアに売却することで基本合意した。オンキヨ―のホームAV事業と統合を進め、縮退するオーディオ市場での生き残りを目指す。なお「パイオニア」「オンキヨ―」の両ブランドについては継続する。(2014/6/25)

「次世代のハイエンドオーディオファイルに」、TADの“Evolutionシリーズ”にディスクプレーヤーと据え置き型DACが登場
テクニカル オーディオ デバイセズ ラボラトリーズ(TADL)は、“比較的”リーズナブルな価格設定となる「Evolutionシリーズ」の新製品2機種を発表した。USB-DAC機能は、最大384kHz/32bitのPCMデータおよび5.6MHzのDSDデータに対応する。(2013/8/29)

ダンスミュージックに適したアクティブモニター、パイオニアが発売
パイオニアは、DJやダンスミュージック制作者向けのアクティブモニタースピーカー3機種4モデルを発表した。(2013/8/9)

TAD、「Evolution one」にピアノブラックモデルを追加
テクニカル オーディオ デバイセズ ラボラトリーズ(TADL)は、「Evolution one」の新色としてピアノブラックモデルを追加する。(2012/9/3)

振動板を新調したハイエンドスピーカー、「TAD-R1MK2」登場
テクニカル オーディオ デバイセズ ラボラトリーズがハイエンドスピーカー「Reference one」シリーズの新製品を発表した。(2012/8/30)

野村ケンジのぶらんにゅ〜PCオーディオ Review:
名機復活! オーディオファンに人気のPCオーディオ“専用(?)”NAS──QNAP「TS-119 OLIOSPECモデル」
音楽は“いい音”で聞きたい──。それならば、自作に続くオトナのPC遊び「PCオーディオ」に挑戦してはいかがだろう。今回はPCオーディオファンの間で「NASならコレ」と名高い、限定復活版NASをチェックする。(2012/8/24)

ネットワークオーディオを手軽に:
“面倒”を排除したポストミニコンポ、パイオニア「スマートモバイルオーディオ」を聴く
パイオニアの“スマートモバイル オーディオ”は、AirPlay/DLNA 1.5対応のワイヤレススピーカー。ネットワーク接続の煩雑さを極力排除した製品に仕上げたという。(2012/8/3)

野村ケンジのぶらんにゅ〜PCオーディオ Review:
ナチュラルで上質、高級モデルならではのサウンド──ラトックシステム「RAL-24192DM1」
音楽は“いい音”で聞きたい──。それならば、自作に続くオトナのPC遊び「PCオーディオ」に挑戦してはいかがだろう。今回は音質向上の工夫も、そして価格もかなりの本格的なラトックのUSB DACフラグシップモデルをチェックする。(2012/7/6)

野村ケンジのぶらんにゅ〜PCオーディオ Review:
iPodが“いつもより躍動的な音”になる卓上デジタルアンプ──Trends Audio「TA-10」
音楽は“いい音”で聞きたい──。それならば、自作に続くオトナのPC遊び「PCオーディオ」に挑戦してはいかがだろう。今回はiPodなど小型プレーヤーとの接続にも向く、小型サイズのデジタルパワーアンプ「TA-10」を試聴する。(2012/3/6)

野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:
セットで手に入れたいスタイリッシュなデザイン、オーラデザイン「vivid/vita」
オーラデザイン(Aura Design)のプリメインアンプ「vita」とCDプレーヤー「vivid」を見て、驚いた人も少なからずいるはずだ。そう、この2製品は、多くのオーディオファンを魅了してきたオリジナルシリーズのデザインを踏襲しているのだ。(2012/2/27)

会社帰りにどうぞ:
「パイオニア プラザ銀座」、オープン1周年記念キャンペーンを実施
アーティストを迎えてのライブやトークショー、プレゼント抽選会などを予定している。(2012/1/31)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
時代が新しいデバイスを要求している――CES総括(後編)
スマートテレビを中心に取り上げた前編に続き、後編ではテレビメーカー各社の新戦略に見る“高級志向”という流れ、そして注目の新パネルについて、AV評論家・麻倉怜士氏に聞いていこう。(2012/1/30)

松戸の防犯魔法少女、CDデビュー
松戸市が、犯罪ゼロの日および防犯パトロール旬間を周知するために制作したポスターのキャラクター・松宮アヤがいつのまにかCDデビューしようとしている。(2011/12/27)

TAD「Referenceシリーズ」が完成 プリアンプ「TAD-C600」を発表
テクニカル オーディオ デバイセズ ラボラトリーズは10月25日、プリアンプ「TAD-C600」を発表した。スピーカー「TAD-R1」やモノラルパワーアンプ「TAD-M600」を合わせ、「Referenceシリーズ」が完成したことになる。(2011/10/25)

オーディオ&ホームシアター展 TOKYO:
未発表の製品もチラホラ、秋葉原で「オトテン」開幕
東京・秋葉原で10月21日に開幕した「オーディオ&ホームシアター展 TOKYO」。一般のAVファンを対象としたオーディオとホームシアターの専門展示会だ。ここでは各社の視聴室と参考展示品を紹介していこう。(2011/10/21)

がんばれば手が届く?:
TADから「Reference One」の技術を継承した「Evolution one」が登場
TADがフロア型スピーカーの新製品「TAD Evolution one」を発表した。値段と重量は「Reference One」の3分の1以下。一般のオーディオファンにとって「より現実的な大きさと重さ、価格を目指した」(同社)。(2011/9/28)

野村ケンジのぶらんにゅ〜AV Review:
驚きのコストパフォーマンス! ELACの新エントリー「50LINE」を試す
「50LINE」は、この春に登場したELACのエントリー〜中級向けのスピーカー。お得意の「JETツイーター」などは採用されていないものの、決して手抜かりのない、充実したものだった。……購入決定。(2011/8/10)

14万円超のAtom PC+40万円のUSB-DACで聴く:
脳汁どばどば──音楽“専用”PC「canarino1」をピュアオーディオ目線でチェックする
……はぁぁ。これがPCで聴くサウンドか。本体より大きい外付けの専用高品位電源を採用した音楽専用PC「canarino1」を、オーディオライターが、オーディオ目線でチェックする。(2011/8/4)

どれだけスゴイか:
最強クラスのサウンドカード「SE-300PCIE」をピュアオーディオ目線でチェックする
PCパーツとして最高クラスのスペックを備えたサウンドカード「SE-300PCIE」が登場。その音は“ピュアオーディオ”として聴いても納得できるか。オーディオライターが、オーディオ目線でチェックする。(2011/6/6)

ライブもある:
パイオニア、情報発信基地を銀座にオープン
パイオニアは、情報発信基地「パイオニア プラザ銀座」を東京・銀座のマロニエ通りに2月19日オープンする。(2011/2/16)

麻倉怜士のデジタル閻魔帳:
秋のオーディオ大豊作祭り(後編)
「今年はオーディオ機器が大豊作」というAV評論家・麻倉怜士氏。後編では、手ごろで本格的なスピーカーや新しいオーディオの潮流を紹介してもらおう。(2010/12/3)

「音展」の歩き方、2010年版
今年も「オーディオ&ホームシアター展 in AKIBA2010」(通称:音展)の季節がやってきた。話題の3Dシアターや高級オーティオ機器に触れるチャンスだ。(2010/11/16)

TAD、DクラスのパワーアンプとDAC搭載プリアンプを発表
テクニカル オーディオ デバイセズ ラボラトリーズは、新たなラインアップとしてプリアンプ「TAD-C2000」、パワーアンプ「TAD-M4300/TAD-M2500」の3機種を発売する。(2010/10/21)

TAD、プロ向けスピーカーシステム「TSM-2201-LR」
テクニカル オーディオ デバイセズ ラボラトリーズは、プロフェッショナル用スピーカーシステム「TSM-2201-LR」を11月下旬に発売する。(2010/10/13)

プラズマ3D:
全部入り録画テレビ「TH-P42RT2B」、“らくらく”だけじゃない実力派
パナソニックが今年夏に投入したBlu-ray DiscドライブとHDD内蔵の「RT2Bシリーズ」。オールインワンモデルとしての使い勝手にくわえ、2D/3Dの映像クオリティもチェックしていこう。(2010/9/22)

3Dと「シネマDSP」のいい関係、ヤマハ「RX-V567」
映像の臨場感を増す3Dテレビだが、音がテレビ内蔵のスピーカーでは少し寂しい。そこで、6月下旬に発売されるヤマハの“3D対応”AVアンプ「RX-V567」を確保。パナソニック“3Dビエラ”と組み合わせてみた。(2010/6/18)

耳がぜいたくになりました:
「オトテン」で見つけた独創性あふれるスピーカーたち
陶器製、天然木卵形、フィルム状……オトテンの会場には、珍しいスピーカーが盛りだくさん。AV評論家、麻倉怜士氏が海外で見つけてきたという期待のニューフェースも。(2009/11/15)

TADのフラグシッププレーヤー「TAD-D600」、262万5000円で登場
テクニカル オーディオ デバイセズ ラボラトリーズは、ディスクプレーヤーのフラグシップモデル「TAD-D600」を発表した。来年1月下旬に発売する。(2009/11/13)

パワーアンプも登場:
パイオニア、ブックシェルフ型の「TAD Compact Reference」発表
パイオニアは、「TAD」ブランドの新製品として、民生用ハイエンドモニタースピーカー「TAD Compact Reference」(TAD-CR1)とモノラルパワーアンプ「TAD-M600」を発表した。(2009/7/7)

AVアンプ特集:
もっとも安い「フルバンド・フェイズコントロール」対応機、パイオニア「SC-LX71」
今回はパイオニアの上級ミドルクラス「SC-LX71」を紹介しよう。最上位モデル「SC-LX90」直系のデジタルパワーアンプが与えられ、またスピーカーの悪癖まで吸収する自動音場設定機能「フルバンド・フェイズコントロール」を搭載したもっとも安価な機種だ。(2009/4/24)

お勧めタイトルも紹介:
新たな高音質CD、「Blu-spec CD」を聴き比べる
高音質再生を実現する新しいCD「Blu-spec CD」の技術説明会を兼ねた試聴会が、都内のSME乃木坂スタジオで催された。同時にサンプル盤も入手することができたので、Blu-spec CDの実体とそのサウンドについて迫ってみよう。(2008/11/20)

+D Style News:
良い音を聴くための本格音響――パイオニア、目黒本社に試聴スタジオを開設
プロのアーティストも使用した最高のコンディションで、高級オーディオの音色を味わえる本格試聴スタジオが、パイオニアの目黒本社に開設された。「TAD」の音も、本格音響で味わえる。(2008/11/13)

CEATEC JAPAN 2008:
まもなく開幕、「CEATEC JAPAN 2008」の見どころ紹介
9月30日から千葉・幕張メッセで日本最大のIT・エレクトロニクス総合展示会「CEATEC JAPAN 2008」が開催される。前日に行われた記者会見と各社の情報から、今年の見どころを探ってみよう。(2008/9/29)

パイオニア、「EXシリーズ」に新ブックシェルフ2製品を追加
パイオニアが高級スピーカー「EXシリーズ」の新製品、「S-4EX」「S-8EX」を発表。(2008/9/25)

パイオニア、セパレート&薄型化したプラズマテレビ“KURO”発表
パイオニアは、“KURO”シリーズの新製品として、50V型と60V型のプラズマテレビ「KRP-500A/600A」および50V型プラズマモニター「KRP-500M」を発売する。テレビタイプはチューナーを別体化。(2008/9/11)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。