ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「豊臣秀吉」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「豊臣秀吉」に関する情報が集まったページです。

売れないモノを売る:
神戸「焼酎パフェ」ってなに? “地域ブランド”誕生のヒント
 (2019/5/23)

何言ってるか全然わからん! 実はちくわはかまぼこで、かまぼこはちくわだった
おれがあいつであいつがおれで。(2019/4/19)

「利休七哲メンバーと茶会done。」 もし千利休がSNSをやっていたら? なパロディーネタが秀逸
公開裏アカで完全にやらかしてる……!(2019/3/18)

動画あり:
ロボが読経……世界初「アンドロイド観音」高台寺に登場 「仏様を人間に近づけることができないか」石黒浩教授に持ちかけ
豊臣秀吉の正室、ねねゆかりの寺として知られる高台寺が23日、世界初というアンドロイド観音「マインダー」を報道陣に公開した。多くの人に仏教に興味を持ってもらおうと、大阪大と協力し製作した。(2019/2/25)

ヤンデレな軍神が情熱に舞う 舞台「イケメン戦国 THE STAGE 〜上杉謙信編〜」ゲネプロ&囲み取材
ゲネプロと囲み取材の様子を動画とともにお届け。(2019/2/21)

現代は“社会人のヒゲ”もアリな時代? 大阪市営地下鉄「ひげ禁止訴訟」に、ネット上の反応は9割が否定的
大阪市に賠償命令が下された訴訟。(2019/2/8)

元日銀マン・鈴木卓実の「ガンダム経済学」:
「赤い彗星」のシャアはなぜスピード出世できたのか?
ガンダムの世界において、地球連邦軍とジオン軍は、同じ軍隊という組織でありながら、パイロットの評価も昇進の早さもまるで違う。“赤い彗星”の異名を持つジオン軍のエース、シャア・アズナブルはなぜスピード出世できたのだろうか。(2019/2/5)

「大人になる→改名」「出世する→改名」「出家→改名」 昔の人はどうしてコロコロ名前を変えたのか
現代では改名なんて大変なのに。(2019/2/4)

「当初はほとんどが日本人客だったが……」:
訪日客は“ブランド牛”がお好き? 関西高級ホテルが「鉄板焼き」を強化
関西で訪日客をターゲットにした宿泊特化型ホテルの新規出店が続く中、飲食、宴会施設を持つ既存のホテルが相次いで、レストランの強化に乗り出している。宿泊特化型と差別化を図り、朝食のみの利用にとどまりがちな外国人宿泊客が飲食する機会を増やすのが狙いだ。なかでも、訪日客に根強い人気の「鉄板焼き」への注力が目立っている。(田村慶子)(2019/1/16)

危険部位がわかりにくい:
温暖化で危険な「雑種フグ」急増、問われる安全管理
夜明け前の暗闇に包まれた午前3時10分、天井からの投光に照らされた市場の一角にメリハリのある声が響いた。「えか、えか、えか」。黒い筒状の布袋で手を隠した競り人が進み出ると、周囲の人々がひとりひとり袋の中に手を入れ、値決めのやり取りをする。(2018/12/13)

特集「光秀先生の下克上入門」、付録「敦盛早おぼえドリル」――妄想ネタ「戦国時代の学習雑誌」がツッコミどころ満載
下克上するほうとされるほう、両方に役立つ情報が満載で、ある意味公平。(2018/12/1)

“刀剣男士”たちが躍動してるぅぅぅ! 「映画刀剣乱舞」、初の映像がついに解禁される
「ムビチケカード」第二弾のビジュアルも解禁。(2018/11/20)

【マンガ】物騒な名前のスポーツ「デッドボール」の知られざる歴史
かつて日本に実在した。(2018/6/3)

【マンガ】ワニはなぜ「石を食べる」のか? その意外な理由
消化のためだけじゃない?(2018/5/24)

地方発!次世代イノベーション×MONOist転職:
製造業者に新たな事業機会を――ものづくりベンチャーとのマッチング事業(愛知県)
「次世代の地域創生」をテーマに、自治体の取り組みや産学連携事例などを紹介する連載の第14回。愛知県豊田市の産業振興の取り組み「ものづくりベンチャーとのマッチング事業」を紹介する。(2018/3/8)

これからのAIの話をしよう(クイズ編):
強すぎて「会場がシーンと……」 クイズ王を圧倒した“早押しAI”の衝撃
あまりの強さに人間のクイズ王が「狐につままれたようだ」と漏らすほどの“早押しクイズAI”は、日本人エンジニアが開発した。(2018/2/28)

歴史における「天下統一」とは何を指しているのか?
何をしたら天下統一なの?(2017/12/20)

【マンガ】ふぐが食べられるようになったのは「あの人」のおかげ
教科書で習うあの人。(2017/12/2)

豪華なイラスト陣も人気の『まんが人物伝』に6タイトル追加 カバーイラストにいとうのいぢ、吉崎観音ら
取り上げる人物は豊臣秀吉、伊達政宗、西郷隆盛、ナイチンゲール、アンネ・フランク、ウォルト・ディズニーの6人。(2017/10/29)

本能寺の変、目的は室町幕府の再興だった? 明智光秀直筆の書状から分析
信長に追放されていた第15代将軍・足利義昭の帰還計画が書状から明らかに。(2017/9/12)

復旧中の熊本城もランクイン 「旅好きが選ぶ!日本の城ランキング」発表
「姫路城」が安定の連続1位。(2017/8/27)

市川猿之助「近くて遠い存在」 映画「花戦さ」で能楽師・野村萬斎との共演に喜び
歌舞伎役者と能楽師のコラボレーション。(2017/5/30)

「故人名+死因」で検索すると…… Google先生の秘められた機能が話題に
実は結構前からある機能です。(2017/5/3)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
トランプがゴリ押ししてもアメ車は売れない
「アメ車はダメだ」という声が日本人の多数派を占めるが、アメ車がダメだという点について筆者は部分的にしか同意できない。評価すべき部分もある。ただ一方で、日本などで売れない理由も明白だ。(2017/2/6)

やはり猫侍は実在した? 戦国時代の“ミミズク兜”、「実は猫耳がモチーフ」と美術作家が新説提唱
新説が認められれば歴史的な大発見になるかもしれません。(2017/1/22)

「戦に出たかったな」 豊臣秀頼役の中川大志、早くも“真田丸ロス”に
最終回でついによろいを着ることができた中川さん。我慢できなくて父上様の陣羽織も着てしまう。(2016/12/19)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
ビジネスパーソンは「真田丸」から何を学ぶか
人気の火が付いた2016年の大河ドラマ『真田丸』。そこには勝つための戦略の数々、部隊を率いる武将のリーダーシップなどが描かれていました。その真田丸からビジネスパーソンが学べることは多いのではないでしょうか。(2016/12/17)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
体格があまりにも違すぎ 豊臣秀頼の父親は秀吉ではなかった!?
豊臣秀頼は身長197センチ、体重161キロの大男だったと言われています。一方の父・秀吉は140センチ程度。あまりにも差があるため、実の息子ではないのでは……という説も。(2016/11/26)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
奥さんにしたい真田丸のキャラは……?
大河ドラマ『真田丸』もいよいよ大詰め。今回はドラマに登場したキャラクターの魅力をテーマ別に語ります。(2016/11/19)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
歴史と経営をハイブリッドに活用し現代の経営やビジネスに生かす
名将とは、優れたリーダー。人それぞれの状況の中で、存続や生き残りをかけて全身全霊を尽くしサバイバルしてきた。彼らの生きざまを現代のビジネスにどう生かすか。(2016/11/17)

ブラタモリで「大坂城・真田丸スペシャル」 絵図を手に、出城「真田丸」の姿に迫る
11月12日の放送回で。(2016/11/7)

スマホ向け乙女ゲー「イケメン戦国」のアニメ化が決定 杉田智和、鳥海浩輔、武内駿輔など11人の声優が出演
時をかける恋……!(照)(2016/11/5)

「春画」の語源は「中国の健康本」だった!? 奥深い春画の世界
歴史好きの歴女さんたちに集まっていただき、春画の面白さを再発見。(2016/10/26)

グラドルが戦国武将の甲冑を着たり脱いだりするだけの写真集(DVD付き)が発売決定 勉強にもなるらしい
ってなんだそれ。(2016/10/19)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
辛い営業マンさながらの板挟みにあった片桐且元の真意は……
豊臣家の事務方として秀吉や秀頼に尽くした片桐且元ですが、最後は徳川方へ奔走してしまいました。且元の真意はいかなるものだったのでしょうか……?(2016/10/15)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
大酒飲みの福島正則、酒の失態で天下三名槍を失う
加藤清正とともに幼少のころから豊臣秀吉に仕えた福島正則。その豪傑ぶりは時として大きな失敗も引き起こしました。(2016/9/3)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
徳川家臣団に嫌われながらも家康に尽くした本多正信の素顔
徳川家康の幼なじみであり、参謀として知られる本多正信ですが、一度は家康と敵対し、徳川家を離れました。それが正信のその後の人生において大きなターニングポイントとなったのです。(2016/8/27)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
島流しもへっちゃら!? 健康食品を食べて南の島で長生きした宇喜多秀家
関ヶ原の戦いで西軍の主力部隊として奮闘した宇喜多秀家は、後に八丈島へ流されました。そこでの暮らしぶりはどうだったのでしょうか?(2016/8/20)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
4度も姿を変えた伏見城、最後はバラバラに……
「幻の城」と呼ばれてきた伏見城。豊臣秀吉の隠居用屋敷として建てられて以来、何度も場所や作りを変えた珍しい城です。そして最後はバラバラに解体されるという運命に……。(2016/8/6)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
これぞ武士! 知将・大谷吉継と家臣との感動秘話
豊臣家きっての知将だった大谷吉継。関ヶ原の戦いで命を落としてしまうのですが、吉継には感動的な逸話がたくさんあります。(2016/7/30)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
人気うなぎ登り! 石田三成は豊臣家の学級委員長キャラ
滋賀県とのコラボCMや三成タクシーなど、今ブームが巻き起こっている戦国武将が石田三成です。これまで長らく虐げられていた三成でしたが、実に優秀な人物でした。(2016/7/23)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
汚名返上を願う! 豊臣秀次は地元に愛される名君だった
豊臣秀吉の怒りを買い、28歳の若さで亡くなった豊臣秀次。“殺生関白”というあだ名が付けられるなど、これまで悪名高いイメージがありましたが、実は地元・近江の人々からは今なお慕われている名君なのです。(2016/7/16)

千鳥がかわいい超巨弾戦記ギャグアニメ「信長の忍び」、10月放送開始が決定
第0話先行公開中、監督は大地丙太郎。少女忍者・千鳥役は水瀬いのりさん。(2016/7/12)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
鶴松の死を嘆く豊臣秀吉だが、実は3人目の子どもだった!?
豊臣秀吉と茶々(淀殿)の間に生まれた鶴松。この鶴松が秀吉の最初の子で、それまで秀吉は子宝に恵まれなかったと言われていますが、実は30代のころに子どもを2人もうけたという説もあるのです。(2016/7/9)

ITエンジニア U&Iターンの理想と現実(5):
岡山編:立ち乗客3人で「すげー満員じゃあ」――岡山の交通、住宅、生活事情
都会から地方にU/IターンしたIT関係者が地方での実情を伝える本連載。岡山編第2回は、交通事情や住宅情報など、移住検討者が気になる情報をセキララにレポートする。(2016/7/6)

武士の魂を食卓に 刀の鍔を模したコースターが信長・秀吉・家康・幸村の4モデルで登場
戦国武将の愛刀や家紋をデザイン。(2016/6/19)

「千葉」って由緒ある名だと知ってますか? 6月15日は「千葉県民の日」
他都道府県民の日はどうなの?(2016/6/15)

「真田丸」を100倍楽しむ小話:
大名たちが争いを止めなかった「沼田問題」って?
上杉、北条、武田など戦国時代の諸大名がこぞって領土を争った沼田。最終的には真田の手に渡るわけですが、なぜ皆、そうまでして沼田を欲しがったのでしょうか。(2016/6/11)

川西 カラクリ屋敷の春本さん
世の中には、作らずにはいられない人たちがいる。役に立つとか評判になるとかを超越して、“自作”せずにはいられない人たちが。新連載「孤高のD.I.Y.」第1回。(2016/6/2)

荒木飛呂彦のマッカーサーも公開 集英社の人気漫画家が表紙描く「日本の歴史」、椎名軽穂や藤崎竜も参加
2016年秋に刊行される集英社「学習まんが 日本の歴史」シリーズ、表紙の担当漫画家の一部が発表。(2016/5/30)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。