ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「交通事故」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「交通事故」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

デザインの力で子どもたちを守りたい 「肩にかけるおまわりさん」コンセプトのトートバッグがTwitterで話題に
悲しい事故を少しでも減らしたいという願いが詰まってます。(2019/11/8)

SUBARUとソフトバンク、5G&セルラーV2Xを活用した自動運転制御で共同研究
SUBARUとソフトバンクは、5GとセルラーV2X通信システムを活用したユースケースの共同研究を開始。通信環境を構築して基地局と車両、車両と車両間で通信を行い、安全運転支援や自動運転制御に関わるさまざまなユースケースを想定した技術検証を行う予定だ。(2019/11/7)

交通事故で死んだ野生動物を食料に 米カリフォルニア州で「ロードキル」の食肉を合法に
事故に巻き込まれた動物を食べることを申請により許可する法案です。(2019/10/30)

生活不安1位は「高齢者ドライバーによる交通事故」 7割超がニュースで話題の社会問題に強い不安
自分が対策できないものは不安だよね。(2019/10/24)

2020年後半に発売:
スバル、新型「レヴォーグ」プロトタイプを公開 新世代アイサイトで安全性能向上
SUBARUは「東京モーターショー2019」で、新型「レヴォーグ」のプロトタイプを世界初公開。新世代の「アイサイト」や、新開発の水平対向エンジンを搭載。市販モデルは2020年後半に日本で発売する。(2019/10/23)

事故現場へかけつけた消防隊員の爪が紫色に!? その理由にネットで称賛の声
消防隊員の神対応。(2019/10/19)

CEATECに初出展のDeNA:
視線検知とAIでタクシー業界の働き方改革を支援
「CEATEC 2019」(2019年10月15〜18日、幕張メッセ)に初出展しているDeNAは、タクシー向けに、運転手の視線をモニタリングして脇見運転を検知したり、運転するルートに機械学習を応用したりといった技術を展示した。「タクシー業界の“働き改革”に貢献したい」(DeNA)という。(2019/10/16)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
クルマの「つながる」が分からない
「コネクティッドカー」つまりつながるクルマとは何かを、明瞭にスパッと説明できる人はほとんどいない。それはなぜか。音声認識を使って音楽を流せるというようなエンターテインメント要素の話と、車車間通信、車路間通信を使って安全性を向上させようという骨太の話が、混ざって語られるところに混乱の元がある。(2019/10/15)

月刊乗り鉄話題(2019年10月版):
青春18きっぷ、悲しい失敗の記録 肉と鉄道と身延山ロープウェイ「身延線・御殿場線」編
今回は「身延山ロープウェイ」に乗るために身延線・御殿場線を巡るも、失敗に終わった悲しい青春18きっぷ2019夏の記録です……。今後、皆さんが失敗しないための参考になれば。【写真55枚】(2019/10/11)

自動運転に対する取り組みは、メーカーによって二極化:
果たして自動運転レベル3は、ドライバーにとって優しいのか?
人間不要の自動運転はレベル4、レベル5と呼ばれる。しかし、現状は機械とドライバーのハイブリッドであるレベル2とレベル3が射程に入ってきたところだ。しかし、このレベル3はさまざまな問題を抱えている。そのため、実用化についてもメーカーによって方針は大きく異る。(2019/10/2)

イノベーションのレシピ:
ドアtoドアの空飛ぶクルマに挑む、日本人連続起業家を支える3つの力とは
新たなモビリティ「空飛ぶクルマ」の市場で注目を集めているスタートアップ・NFTの創業者兼CEOのカプリンスキー真紀氏が「SNUG Japan 2019」の基調講演に登壇。連続起業家として取り上げられることも多い同氏のこれまでの取り組みを紹介した他、起業家として信念や、NFTの空飛ぶクルマである「ASKA」の狙いなどについて説明した。(2019/9/27)

「長生きしてくれるといいんだけどな」 モト冬樹、“救急車によく乗る妻”に心配募らせる
9月20日にも、貧血が原因で救急車に乗ることに。(2019/9/22)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
台風15号の朝、「振り替え輸送」が実施されなかった理由
台風15号が直撃した9月9日の朝、公共交通が大混乱となった。その理由の一つに「振り替え輸送がなかった」という声がある。振り替え輸送は自動的に行われるわけではない。その仕組みから、実施されなかった理由を解説する。(2019/9/20)

「大蛇に飲まれる」「組織に追われる」 OLがどんな不幸も作り笑顔で耐えるSNS漫画「耐え子の日常」アニメ化
耐え子が深夜の3分アニメに。(2019/9/19)

福田昭のデバイス通信(200) 2019年度版実装技術ロードマップ(11):
通信ネットワークの塊となる未来の自動車(後編)
ロードマップ第2章「注目される市場と電子機器群」から、3番目の大テーマである「モビリティー」の概要を説明している。今回は、前回に引き続き「コネクティッド化」に関する部分について紹介する。(2019/9/12)

タクシーは“センシングカー” 配車アプリ、真の狙いはビッグデータ活用 
スマートフォンアプリを使ってタクシーを呼ぶことができる配車アプリ。IT企業の参入が相次ぎ、全国での普及に向けた割引キャンペーンを繰り広げている。だが、割引サービスや全国展開などの投資が各社の負担になっており、見合う利益はすぐには得られない。それでも手綱を緩めない本当の狙いは、タクシーを“センシング(計測)カー”として集めたビッグデータが、次のビジネスにつながるからだ。(2019/9/9)

広がるコネクテッドカー 先進運転支援技術を可能に、オペレーターと車内で通話
コネクテッドカーの投入が相次いでいる。6年後には世界の新車販売の約6割をコネクテッドカーが占めるという予測もある。(2019/9/4)

舞台「幽☆遊☆白書」動画&写真レポ 崎山つばさ、鈴木拡樹、橋本祥平ら初日へ向け決意「生半可な気持ちではない」
顔合わせのときから、ものすごい緊張感だったようです。(2019/8/28)

アプリで配車、乗り合いバス 次世代移動「MaaS」の“落とし穴” 
ITを活用し、地域の公共交通や移動サービスを使いやすくする次世代移動サービス「MaaS(モビリティー・アズ・ア・サービス)」をめぐっては、国内の自動車メーカーやIT企業の参入が相次ぐなど、導入元年とされる。だが、人口減少・超高齢化社会の日本ならではの課題が普及の“落とし穴”となっている。(2019/8/23)

【ビジネス解読】アプリで配車、乗り合いバス 次世代移動「MaaS」の“落とし穴”
 IT(情報技術)を活用し、地域の公共交通や移動サービスを使いやすくする次世代移動サービス「MaaS(モビリティー・アズ・ア・サービス)」をめぐっては、国内の自動車メーカーやIT企業の参入が相次ぐなど、導入元年とされる。だが、人口減少・超高齢化社会の日本ならではの課題が普及の“落とし穴”となっている。(2019/8/21)

【ビジネス解読】アプリで配車、乗り合いバス 次世代移動「MaaS」の“落とし穴” 
ITを活用し、地域の公共交通や移動サービスを使いやすくする次世代移動サービス「MaaS」をめぐっては、国内の自動車メーカーやIT企業の参入が相次ぐなど、導入元年とされる。(2019/8/21)

「あおり被害」どう防ぐ 刺激しない運転、ドラレコも有効
茨城県守谷市の常磐道で男性があおられ、降りてきた男に殴られる事件が発生した。どうすれば、悪質な「あおり運転」の被害から逃れられるのか。専門家は、車間距離を保つなど、他の車を刺激しない運転を心がけるほか、証拠保全や抑止力にドライブレコーダーの有効性を指摘する。(2019/8/20)

新人教員のころ、理不尽な初任者指導に「いじめかと思った」 現役中学教員に聞く「ブラック職場としての学校」
何も教えてもらえないなか、OJTという名目で教育現場へ。(2019/10/5)

スーパーカーの内装が「大英博物館」風……どういうこと!? 「マクラーレンGT」に豪華なスペシャルモデル
高級車としての所有欲も満たす特別なマクラーレンだそうです。【写真11枚】(2019/8/19)

ホラーは「因果応報」よりも「理不尽」の方が怖い? “こわい話”を解剖する
何を怖いと思うかは、時代によって変わってくる。(2019/8/15)

車両から得られるデータを活用して事故処理を自動化 あいおいニッセイ同和損保
あいおいニッセイ同和損保は、「テレマティクス損害サービスシステム」を開発した。車両が受けた衝撃からAIが事故を検知し、保険会社から顧客に能動的に連絡して事故処理を進める。(2019/8/13)

CAE事例:
高額投資なしで大規模解析の計算時間が9分の1に! ケーヒンのクラウドCAE活用
「ANSYSものづくりフォーラム in 東京2019」におけるケーヒンの講演「クラウドを用いたCAE開発工数/環境改善の提案」の内容を紹介する。(2019/8/8)

大量のbotが作った「架空の交通渋滞」 イスラエルで起きたハッキングと人間の「反脆弱性」
2014年にイスラエルで起きたハッキングを例に、AIとサイバーセキュリティの関係について考える。(2019/8/5)

高齢ドライバーが交通事故を防ぐための解説書 『図解「ペダルの踏み間違い」はこれで防ぐ』発売
帰省の機会に真剣に考えてみては。(2019/8/1)

舞台「幽☆遊☆白書」メインキャラのビジュアル解禁 幽助が驚きの再現度
これは期待できそう。(2019/7/22)

マシリトが行く!:
『ジャンプ』伝説の編集長が語る「21世紀のマンガ戦略」【後編】
『ジャンプ』伝説の編集長、マシリトこと鳥嶋和彦氏による特別講義の後編――。コミケの初代代表である原田央男氏がリードする形で、文化学園大学の学生からの質問に直接答えた。(2019/7/22)

よくわかる人工知能の基礎知識:
「リベンジポルノ」にもAI 新技術との正しい距離感は? 各国のAI政策と規制のいま
ビジネスに役立つAIの基礎知識について分かりやすく解説する連載。今回のテーマは各国のAI政策と規制について。(2019/7/18)

YouTuberカジサック、チャンネル登録者数100万人突破で号泣 生配信で声を震わせ感謝伝える
おめでとうございます!(2019/7/12)

総額3.5億円以上!? フェラーリ F50がフェラーリ 488 ピスタに追突、フロントが大破する惨事にヒヤリ
イタリアで開催された恒例イベント「フェラーリ・カヴァルケード」で悲劇が起きました。(2019/7/11)

甘えん坊ワンコの全力突進はもはや“交通事故”!? ワンコの独特な甘え方を描いた漫画に共感の声が集まる
車かな?(2019/7/6)

工場ニュース:
クルマの板金塗装にも認証制度、修理の品質保証へ取得企業増加
中古車販売大手のビッグモーターとテュフ ラインランド ジャパンは2019年6月26日、東京都内で記者会見を開き、ビッグモーターの全国29カ所の板金塗装工場でテュフ ラインランドの板金塗装工場認証(以下BP認証)を取得したと発表した。同認証は板金修理の品質を確認する体制が工場内に整っていることを認める制度。品質が保たれた修理が全国で行えることを強みに、板金塗装事業の売り上げを現状の3倍の300億円に増やす目標だ。(2019/6/27)

レベル5の実用化は2030年以降?:
自動運転車の“誇大広告”は、やめよう
今こそ、自動運転車について率直な議論を行うべき時ではないだろうか。最近の予測では、どのメーカーも2025年まで、自動運転車への投資に対する見返りを得られそうにないとされている。また、完全な自動運転車の実現は、早くても2030年以降になる見込みだという。(2019/6/25)

探検ツアー:
シン・ゴジラにも登場 東京湾アクアライン「裏側」の裏側に潜入
東京湾を横断する全長15.1キロの自動車専用有料道路「東京湾アクアライン」。海底トンネル内で交通事故が発生した場合、どこへ逃げればよいのかと疑問を感じながら運転しているドライバーも少なくないだろう。普段は立ち入ることのできない緊急避難通路など、海底トンネルの裏側を見せてくれる“探検ツアー”があると聞き、参加してみた。(2019/6/24)

悪魔な極道が幼女の世話をするハートフル(?)漫画 『組長娘と世話係』2巻発売【試し読み】
小さな子の前では、極悪非道のお兄さんも優しいお兄さんになってしまう。(2019/6/23)

ON Semiconductor:
“事故ゼロ”に向け車載用センサーの展開を強化
ON Semiconductor(オン・セミコンダクター)は、「車載センシングソリューション」に関する記者説明会を開催、LiDAR(ライダー)用センサーなど3製品も同時に発表した。(2019/6/20)

いきなり:
自動運転レベル3はファンタジーに過ぎない
自動運転のレベル3が想定する「緊急時にはシステムがドライバーに介入を要求し、ドライバーはこれに『適切に』応答する」などというのは現実世界では想定すべきではない、たわごとだ。(2019/6/18)

「プリウスの事故が多いが大丈夫?」株主の質問にトヨタ役員の回答は
トヨタ自動車は13日、定時株主総会を愛知県豊田市の本社で開いた。出席株主数は5546人と過去最高。「高齢者が運転する車が暴走している。事故を起こした車に、プリウスが頻繁に登場する。運転ミスだと思うが大丈夫か」という質問も。(2019/6/14)

申し訳ない:
「プリウスの事故が多いが大丈夫?」株主の質問に、トヨタ役員は
トヨタ自動車は13日、定時株主総会を愛知県豊田市の本社で開いた。株主と、豊田章男社長ら役員との質疑では、「CASE」と言われる電動化や自動運転などの次世代技術・サービスや株主還元のあり方、働き方改革などについて幅広い質問が出た。(2019/6/14)

ロードキル現場で目撃されたアナグマの親子のつらい別れに反響 「ただただ悲しい」「運転気をつけよう」
野生動物との交通事故が引き起こした悲しい現実。(2019/6/13)

すごいニッチなところ来た……!? 「ドライブレコーダー」のペーパークラフト登場、無料ダウンロードできるよ
買う前にイメージしやすそう。(2019/6/13)

シーサイドライン逆走は「システム欠陥」 断線未検知、ブレーキ作動せず 同様事故に懸念も
横浜市の新交通システム「シーサイドライン」の新杉田駅で無人自動運転の車両が逆走、車止めに衝突して14人が重軽傷を負った事故は8日で発生から1週間。事故は運行制御の回路断線が原因との見方が強まり、システム欠陥も明らかになった。自動運転の路線は全国にあり、同様のトラブルが懸念される中、国は事故原因や実態調査を急ぐ。(2019/6/10)

医療機器ニュース:
自宅のTVで実施する運転技能向上トレーニング・アプリを開発
東北大学は、自宅のTVで実施できる運転技能向上トレーニング・アプリを開発した。高齢者を対象に効果を検証したところ、自動車運転技能、認知力(処理速度)と抑制能力、ポジティブ気分(活力)が向上した。(2019/6/6)

建設会社がコッペパン販売!? 理由は「クルマの自動運転化」
コッペパン専門店「コッペ亭」が他店と一線を画すのは、運営するのが建設会社という点だ。なぜ、畑違いの新規事業に挑むのか−。その理由は「クルマの自動運転の実現が近づいているから」だ。(2019/6/4)

世界を「数字」で回してみよう(58) 働き方改革(17):
障害者雇用対策に見る、政府の覚悟と“数字の使い方”
今回は、働き方改革のうち「障害者の雇用」に焦点を当てます。障害者雇用にまつわる課題は根が深く、これまで取り上げてきた項目における課題とは、少し異質な気がしています。冷徹にコストのみで考えれば「雇用しない」という結論に至ってしまいがちですが、今回は、それにロジックで反論してみようと思います。(2019/6/3)

事故時に自動通報、自動車各社が相次ぎシステム対応 救命率向上へ 
交通事故を起こした車から自動送信されるデータを分析し、救急車やドクターヘリの早期出動を要請するシステムが、事故による死者を減らす新たな取り組みとして注目されている。(2019/5/31)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。