ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「交通事故」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「交通事故」に関する情報が集まったページです。

コース210周 約42キロを滑り続けたポルシェ・タイカン、ドリフト走行の最長記録としてギネス世界記録に
約55分も滑り続けたタイカン。(2020/11/24)

意味がわかると怖い話:「ミサキの悪夢」
謎の女がささやく名前は……。(2020/11/22)

「再現力スゲー」「肩に乗るのかな」 舞台「幽☆遊☆白書」、戸愚呂兄弟のクオリティーの高さに驚きの声
2人の戦い方も、どのようにして表現するのか。(2020/11/21)

「まだ出会っていないのかもしれないですね……?」 松本穂香×瀬戸利樹、“本音”をさらけ出せる存在を語る 映画「君は彼方」インタビュー
和気あいあいと語ってくれた松本さんと瀬戸さん。(2020/11/20)

工藤静香、追突事故をインスタで“当日謝罪” 相手の対応を賛美する報告に「美談に変えないで」の声も
事故の状況について説明した工藤さん。(2020/11/18)

専門家のイロメガネ:
ウーバーイーツでトラブル頻発、配達員を雇っているのは注文した客?
ウーバーイーツは近年始まったばかりのサービスだが、たびたびトラブルが話題になっては悪評を振りまいている。特にトラブルを起こしているのが配達員だが、その契約形態は独特だ。ウーバーイーツと配達員の契約はどのような内容になっているのか。多数の消費者トラブルに対応してきた司法書士として、頻発するウーバーイーツのトラブルについて考えてみたい。(2020/11/18)

気でも狂ったかと思いきや ボルボ、ピカピカの新車を高さ30mから落としまくる衝突テストを実施 レスキューチームの救助訓練に貢献
貴重な経験値が得られました。(2020/11/16)

「世にも奇妙な物語」「ブラック・ミラー」に続く“家族愛×恐怖”のオムニバス 「Welcome to the BLUMHOUSE」を見てほしい
「パラノーマル・アクティビティ」「セッション」「ザ・ハント」のスタジオが贈るオムニバスです。(2020/11/12)

「ボランティアの高齢化」がきっかけ:
交差点の「ヒヤリハット度」をAIがリアルタイム計測 金沢工業大学の中沢実研究室が実証実験
金沢工業大学工学部情報工学科の中沢実研究室は、AIセンサーの社会実証実験を金沢市内で実施する。交差点での車の侵入速度や退出速度、車間距離などの変化を認識し、交差点でのヒヤリハット度を算出する。(2020/11/6)

建設業の人材動向レポート(26):
建設業の労働災害をヒューマンタッチ総研が分析、全産業の“3割が建設業”
本連載では、ヒューマンタッチ総研が独自に調査した建設業における人材動向について、さまざまな観点で毎月レポートしている。今回は、建設業での労働災害の発生状況について分析した。(2020/11/2)

なんてこったい ロールス・ロイス・ゴーストがランボルギーニ・ウルスに衝突 総額6000万円を超える高級車同士の交通事故が話題に
私なら泡吹いて倒れる。(2020/10/31)

橋本愛、「35歳の少女」と「同期のサクラ」の役が“ほぼ同じ”の声に「ほんとその通り」と共感
百合ちゃんを思い出しちゃった人が続出。(2020/10/26)

「おんちゅ♪」秋田県警の交通安全動画がじわると話題に 「編集した人センスの塊」「頭から離れません」
「ちゃっちゃらちゃちゃちゃ〜」。交通ルールをきちんと守りましょう。(2020/10/20)

京都府警、Uber Eats配達員に実技安全講習 全国で初
Uber Japanと京都府警が配達員対象の交通安全講習を実施した。配達中の事故を防止するのが狙いで、同社で実技を伴う講習は全国初。府警交通企画課の警部は「プロ意識を持ち、模範になる安全運転に努めてほしい」と訴えた。(2020/10/16)

意味がわかると怖い話:「笑うテディベア」
深夜の笑い声。(2020/10/11)

「もう7年かー早いのー」 桜塚やっくんさん、命日に元相方・竹内幸輔&芸人らが追悼
2013年10月5日に交通事故で亡くなった桜塚さん。(2020/10/6)

痴漢被害の実態は学生に伝わっていない――「痴漢抑止バッジ」プロジェクトの次に、クラウドファンディングでアニメ制作プロジェクトを始める理由
なぜアニメで伝えるのか?(2020/10/8)

「交通事故多発交差点マップ」最新版公表 同率ワースト2位は大阪・東天満交差点と法円坂交差点、1位は?
皆さん安全運転と注意を心掛けましょう。(2020/9/18)

華原朋美がYouTubeチャンネル開設 最新動画では息子を抱っこする一幕も「息子と頑張って前を向いていきたいと思います」
久しぶりに元気な姿を公開しています。(2020/9/17)

脊髄損傷で車椅子生活となった夫に妻は… 切なくもキュンとする漫画「おっさんが40年越しに恋をする話」にほろり
お見合い結婚した夫婦の恋物語。(2020/9/17)

「音楽、最高です」「映画みたい」 深夜2時の新宿駅に響いた「すてきすぎる生演奏」、ネットで絶賛の声
音楽の力、ステキ! 演奏者さんに話を聞きました。(2020/9/14)

「あの制服デザイン」で光る! ホンダが手掛けた子ども用交通安全バッグ「まもってトート」発売
みんな交通安全に努めましょう!(2020/9/10)

大きな反響を受けて:
ホンダ、“おまわりさん”に見えるトートバッグを商品化 ドライバーの心理に着目
ホンダは9月21日、子ども用トートバッグ「肩にかけるおまわりさん まもってトート」を発売する。2019年に無料配布したところ、大きな反響があったことから商品化した。(2020/9/9)

メンテナンス・レジリエンス OSAKA 2020:
敷地面積50haのロボット開発拠点「福島ロボットテストフィールド」、2020年3月に開所
福島県南相馬市に、ロボット開発拠点「福島ロボットテストフィールド」が開所した。敷地面積50ヘクタールの広大な土地に、インフラ点検、災害対応エリア、水中/水上ロボットエリアなど、さまざまなロボットの実証実験を行う設備が揃(そろ)っている。(2020/9/9)

イヤフォンしながら会話する人「もっと声張ってもらっていいですか?」イラっとする状況でもグッと耐えるOL「耐え子の日常」-きっかけはスマホ編-
ジョブズも予想していなかった理不尽な未来。(2020/9/7)

凶悪無比な魔界(?)仕様「無敵のプリウス」が降臨 魔改造だけれどちゃんと合法、マジSUGEEEE!
ちゃんと公道走れます。もちろんいつも安全運転、燃費はリッター20キロです。(2020/9/6)

三井住友海上とUber Eatsが連携 配達パートナーの事故防止支援など
三井住友海上は、Uber Eatsと包括的な連携協定を結んだ。自転車や原付バイク、軽自動車を使う配達パートナーの交通事故防止の支援などに取り組む。(2020/9/1)

モビリティサービス:
デジタルディーラーやダイナミックマップがカギ、“ポストコロナ”の勝ち残り
人とモノの移動、MaaS(Mobility-as-a-Service、自動車などの移動手段をサービスとして利用すること)をキーワードに、各国のモビリティエキスパートとともにCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響と見通しを解説した第1回、第2回に続き、今回は「自動車業界編」として、大変革×COVID-19を勝ち残るための取り組みにフォーカスし、ポストCOVID-19時代のトレンド「Beyond CASE」を解説した。(2020/8/31)

モノづくりスタートアップ開発物語(3):
小型GPUで高精度AIを動かすには? 運転支援デバイス開発に挑む気鋭ベンチャー
モノづくり施設「DMM.make AKIBA」を活用したモノづくりスタートアップの開発秘話をお送りする本連載。第3回はAIを使った運転支援デバイスを開発しているPyreneeを紹介する。「見た目はかっこいい」HUD型のデバイス設計や、実用に耐え得る運転支援用のAI開発に取り組む同社だったが、思わぬ苦労が待ち受ける。(2020/8/26)

意外と知られていない:
LEDと白熱灯、台風に強いのはどっち? 北海道と沖縄、ここまで違う信号機事情
1日に何度も目にする信号機。近年、“薄い"LED電球を使った信号機の設置が広がっているものの、普及率は都道府県ごとに事情が違う。意外と知らない信号機事情に迫った。(2020/8/25)

自転車は「車道」と「歩道」のどちらを走る方が安全? 「車道」が事故リスク軽減効果あり
「自転車はドライバーから認知されることが重要」としています。(2020/8/24)

「足りてないのは課長のカルシウムです」ミスを叱責されて逆に上司の怒りっぽさを指摘する同僚 「耐え子の日常」ー自分を曲げない朝美ちゃん編ー
敵にしても味方につけても嵐を呼ぶタイプ(2020/8/24)

自動運転技術:
自動運転はなぜ大変か、必要な技術の幅広さと実証実験の難しさ
マクニカとマクニカネットワークスは2020年7月2〜3日と9〜10日の4日間、シンポジウム「Macnica Networks DAY 2020+macnica.ai」をオンライン形式で開催した。本稿では、マクニカ SIGモビリティソリューション事業部 プロダクトマーケティング1部部長の大竹勉氏による「自動運転の仕組みと活用〜施設内や私有地のモビリティ支える自動運転車はこうして作られる〜」の内容を紹介する。(2020/8/20)

Amazonプライムにあふれる謎のB級映画を見てみるやつ 隠れた良作からZ級モンスターまで一挙レビュー
謎の映画紹介、3回目(2020/8/18)

終電後の小田急線で人身事故の案内が…… 「うそだろ?」「成仏して」とザワつく
テスト入力したものを誤って配信してしまったそうです。(2020/8/16)

少女漫画の「男に片思いする男」が希望を教えてくれた――一条ゆかり『デザイナー』『砂の城』と、恋愛にしっくりこない私
報われないキャラクターに救われた経験を、イラストつきで振り返ります。(2020/8/18)

捨てた食べ物でヒグマが餌付けされてしまう――「ポイ捨てはしないで」知床財団による訴えに反響
「ヒグマによる人身事故はいつ発生してもおかしくない」と警鐘を鳴らしています。(2020/8/16)

トヨタ・プリウスを煽りまくった日産エクステラ、隣を走っていただけのマツダMPVを巻き込んだ大事故を起こし逃走
事故の原因となった日産「エクステラ」は行方不明だそうです。(2020/8/12)

「てめぇフォロワーは何人だ!」街でぶつかった人に斜め上の怒鳴られ方をする「耐え子の日常」ープレッシャー編ー
どうやったら打ち勝てるの?(2020/8/10)

畑健二郎×若木民喜:
『ハヤテ』『神のみ』人気ラブコメ作家が挑戦する「結婚漫画」 少年たちに伝えたい「ハッピーエンドの続き」(前編)
畑健二郎×若木民喜、「結婚漫画」に挑戦する2人のスペシャル対談をお送りします。(2020/8/7)

生産数わずか20台のスーパーカー「マクラーレン・セナ」が事故で大破 オーナーは元F1ドライバー
事故に遭ったのは、限定モデルの「セナ LM」です。(2020/7/30)

「ツッコミ不在」「心のパンとは……」 “パンと人間のハーフ”描く漫画が何一つ分からないけど感動的な気がする
イイハナシダナー。……イイハナシナンダヨナー……?(2020/7/29)

職務質問に「敬語で話せない人には協力できない」と真顔で返す同僚 「耐え子の日常」ーたまにド正論を吐く花田さん編ー
もう引き返せない。「彼女」に出会ってしまったのだから――。(2020/7/27)

生産数はわずか10台のみ ランボルギーニ「アヴェンタドールSVJロードスター」に土星の雲をモチーフにした特別仕様車が登場
六角形のパターンが入ったデザイン。(2020/7/23)

子どもにジュース買おうとしたら「わたしたち無課金勢なので」と断られる 善意が理不尽となって返ってくる「耐え子の日常」ー子ども&動物編ー
もう何が正解なのかわからない(2020/7/13)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
自動運転の夢と現実
自動運転の電子ガジェット的未来感は人々をワクワクさせる効果はあるかもしれないが、社会問題の解決には直結しない。技術というものは多くが、社会が持つ問題を解決するべく開発されるのなので、時価総額を暴騰させる資金集めが目的である場合を別とすれば、まずは社会の側の問題を把握しなくてはならない。(2020/7/6)

福田昭のデバイス通信(254) 2019年度版実装技術ロードマップ(62):
カーナビやエアコンなどの操作が運転への集中を妨げる
今回から、車載用のHMI(Human Machine Interface)デバイスを紹介する。昔の自動車に比べ、現在の自動車には、運転操作とは直接関係のない車載用HMIデバイスの搭載が増えている。(2020/7/6)

「うるせぇクリスマスツリー」「スゴイならず者」 軽妙なツッコミに思わず笑っちゃうロシア人ライダー“ヒヤリハット”ドラレコ動画がおもしろい
ピンチなはずなのに思わず笑っちゃう。(2020/7/1)

フロントにバイクが生えてる!? 火花を散らしながら走るミニバン トンデモすぎるひき逃げ事件が話題に
二度見不可避。(2020/6/30)

ドタキャンした友達がゲームでずっと「オンライン」だけど平気平気! ステイホームな日々に読みたいOLの漫画「耐え子の日常」
7月1日からアニメ新シリーズが放送開始!(2020/6/29)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。