ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「変圧器」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「変圧器」に関する情報が集まったページです。

製造IT導入事例:
変電機器のIoT化で特高変電所をリモート監視する実証実験を開始
明電舎は、変電所を構成する変電機器のIoT化によって、特高変電所全体をリモート監視する実証実験を開始した。IoTやAIなどを導入することで、産業保安の安全性や効率性を高める「スマート保安」への対応を強化する。(2021/9/21)

FAニュース:
省エネ性能と安全性が向上した高圧、特別高圧配電用アモルファス変圧器
日立産機システムは、高圧配電用変圧器「SuperアモルファスZero P」シリーズと、特別高圧配電用変圧器「特高Superアモルファス奏」を発表した。Pシリーズは損失電力量を大幅に低減し、奏はカーボンニュートラルの絶縁油を採用している。(2021/9/17)

Linux Foundationの取り組み:
オープンソースのソフトウェアが次世代の電力網に貢献
Linux Foundationの取り組みが成功すれば、次世代の電力網は、コモディティソフトウェアとコモディティハードウェアを使用したオープンソースツールをベースとしたものになるだろう。このソフトウェア定義のアプローチは、今日の電力網を明らかに閉鎖的で過度の負荷がかかるものにしているブラックボックスをこじ開けるのに役立つとして、共同開発や投資が促進されている。(2021/8/6)

建物の全配電網にインテリジェンス統合を:
Infineon、電気制御のデジタル化に向けAmberと協業
Infineon Technologies(以下、Infineon)とAmber Solutions(以下、Amber)が協業を発表した。Amberが開発した半導体アーキテクチャによって電気のデジタル制御を実現する技術を、共同で製品化していく考えだ。(2021/7/15)

電気自動車:
アウディがラウンジ付きEV充電ステーション、待ち時間もブランド体験に
アウディ(Audi)は2021年後半にドイツでラウンジ付きの急速充電ステーションを開設する。(2021/6/3)

工場ニュース:
三菱電機、パワー半導体の開発製造拠点に開発試作棟を建設
三菱電機は、福岡県福岡市のパワーデバイス製作所に「開発試作棟」を新設する。パワー半導体の開発体制を強化し、電力損失をさらに低減するための新技術、新製品の開発を加速する。(2021/5/12)

新技術や新製品の開発を加速:
三菱電機、パワーデバイス製作所に開発試作棟建設
三菱電機は、パワーデバイス製作所(福岡市)内に「開発試作棟」を建設する。パワー半導体の開発体制を強化するのが狙い。投資総額は約45億円で、2022年9月に稼働の予定。(2021/4/19)

まるで巨人の襲来! 本物そっくりな「電柱のミニチュア」写真に頭がバグる
広告まで凝ってる。(2021/4/15)

宇都宮駅「プレミアムヤシオマス寿司」(1100円)〜栃木のブランドマスと大嘗祭にも供納されたブランド米のプレミアムな駅弁!
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは宇都宮駅「プレミアムヤシオマス寿司」(1100円)です。(2021/4/1)

東京駅「30品目バランス弁当」(950円)〜仕事の帰りが遅くなっても「駅弁」があれば心強い!
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは東京駅「30品目バランス弁当」(950円)です。(2021/3/31)

米沢駅・新杵屋「牛肉どまん中ピザ」(900円)〜もちもち食感! 米沢駅弁「牛肉どまん中」のピザ!
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは米沢駅・新杵屋「牛肉どまん中ピザ」(900円)です。(2021/3/30)

東京駅「幕之内弁当」(1100円)〜東京駅の幕の内がリニューアル!
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは東京駅「幕之内弁当」(1100円)です。(2021/3/29)

姫路駅「あったかおうち駅弁 3種×各2食 6食セット」(5600円)〜3つの「おうち駅弁」を1度に楽しめる!
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは姫路駅「あったかおうち駅弁 3種×各2食 6食セット」(5600円)です。(2021/3/28)

姫路駅「あったかおうち駅弁 但馬牛牛めし弁当6食セット」(6480円)〜冷めても美味しい駅弁から「温めても美味しい」冷凍駅弁を作る!
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは姫路駅「あったかおうち駅弁 但馬牛牛めし弁当(お取り寄せ6食セット)」(6480円)です。(2021/3/26)

姫路駅「あったかおうち駅弁 あなごめし6食セット」(5400円)〜駅弁の通信販売を楽しもう! 我が家で旅気分!(vol.13「まねき食品」編)
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは姫路駅「あったかおうち駅弁 あなごめし(お取り寄せ6食セット)」(5400円)です。(2021/3/25)

姫路駅「せとのあなごめし」(1680円)〜駅弁は見た目が10割!「デザイナーズEKIBEN」
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは姫路駅「せとのあなごめし」(1680円)です。(2021/3/24)

松阪駅「元祖特撰牛肉弁当(紀勢貨物と桜)」(1500円)〜日常と非日常が重なることで、一層輝く伝統駅弁!
毎日1品、全国各地の名物駅弁を紹介! きょうは松阪駅「元祖特撰牛肉弁当(紀勢貨物と桜)」(1500円)です。(2021/3/23)

電子スピンの特性を活用:
東北大ら、新手法でインダクタンスを広範囲に制御
日本原子力研究開発機構(原子力機構)は、東北大学と共同で、電子スピンの特性を活用して、「インダクタンス」を広い範囲で制御する方法を発見した。(2021/3/9)

製造マネジメントニュース:
日本製鉄が国内の高炉と製造ラインを休止拡大も、年粗鋼生産1億トンへ3兆円投資
日本製鉄が2025年度をめどとする中長期経営計画を発表。高炉や製造ラインの休止の追加で国内製鉄事業の再構築を進めて早期の収益力回復を図るとともに、海外事業の深化と拡充、「ゼロカーボン・スチール」への挑戦、DX戦略の推進が柱となる。グローバル粗鋼生産能力については年間1億トンを目指し、5年累計の投資総額は3兆円に達する。(2021/3/8)

事例で学ぶスキル向上と再教育の意義【後編】
社員を第一に考えない会社が「DX」を語るな――シュナイダーが考えるDXの進め方
DX推進は競合他社との戦いに必要だ――こうした考え方は間違いではないが、より重要な視点を見落としてはいないか。重電メーカーSchneider Electricが重視するのが「従業員ファースト」の視点だ。(2021/1/7)

5分で知るモバイルデータ通信活用術:
「Galaxy Note20 Ultra 5G」でドコモの「ミリ波5G」の実力を確認/ドコモが「国内完全無制限」の5Gプランを発表
NTTドコモのミリ波対応5Gスマートフォンでソフトウェア更新が相次いで行われ、ミリ波の5G通信を利用できるようになりました。その実力をチェックしてみましょう。(2020/12/29)

月刊乗り鉄話題(2020年8月版):
飛行機、トロッコ、SLも!? 富士山から秘境駅まで「静岡名所」を巡る夢の乗り物コラボツアーが楽しすぎた
「日帰り」なのに超濃厚! FDA、富士山静岡空港、大井川鐵道がコラボすると、こんな楽しすぎる旅になりました。(2020/8/18)

古田雄介のアキバPick UP!:
Ryzen 3000XTシリーズ3モデルが店頭に並ぶ!
第3世代Ryzenの追加モデルとなる「3000XT」シリーズに属する3モデルが店頭に並んだ。直接の反響は薄めの様子だが、Ryzen全体では盤石な状態を維持しているという。(2020/7/27)

エヴァ・ヤシマ作戦の「超高圧通常変圧器」を積んだ鉄道模型発売 1/220のZケージで
部屋中に敷き詰めたい……!(2020/7/23)

ワイヤレス通信の基礎:
アンテナ設計とネットワークとの整合性を理解する
今回は、ワイヤレス電子機器の物理的なレベルでの動作について、筆者の直観的な認識を交えてご紹介する。アンテナ設計や整合回路に関する理解が深まり、経験に基づく知見や成功事例が皆さんの役に立てば幸いである。(2020/7/29)

サービタイゼーション:
PR:ハードウェア売り切りは過去のものに、製造業のサブスクを成功させる鍵は
デジタル変革が加速する中で、製造業はハードウェアの売り切りからサブスクリプションに代表される新たな収益を得るビジネスモデルが注目されている。この新しいビジネスモデルは、ハードウェア以上にソフトウェアの役割が増す。そしてそのソフトウェアには“顧客”の存在を強く意識した4つの要素が求められるという。(2020/7/22)

和田憲一郎の電動化新時代!(37):
電気自動車とはいったい何なのか、今もつながるテスラとエジソンの因縁
Stay at Home! まるでこの言葉が世界中の合言葉のようになってきている。そのため、まとまった時間が出来たことを活用して、長年考えていたことを取り纏めてみた。それは、「電気自動車(EV)とはいったい何なのか!」という問いである。(2020/4/17)

電力計の基礎知識(1):
電力計の種類と選定ポイント
電力を測るニーズの拡大にあわせて、さまざまなタイプの電力測定器が登場している。今回の記事では高性能、高機能が要求されるベンチトップ電力計に絞って基礎知識を解説していく。(2020/3/17)

製造業がサービス業となる日:
電圧/電力試験のサービス化を目指す、日立製作所の高電圧大電力試験所
日立製作所は国分工場の敷地内にある高電圧大電力試験所の見学会を開催した。将来的には同試験所の設備を活用した「電圧/電流試験のサービス化」を進めていくという。(2020/2/26)

黎明期のエッジコンピューティング【後編】
「エッジコンピューティング」の成功企業になるためにやるべきこととは?
エッジコンピューティングは現段階では用途が限定的だが、数年でさまざまな業界に取り組みが広がるとみられる。自社がエッジコンピューティングに取り組み、メリットを引き出すにはどうすればよいのか。(2020/2/26)

産業動向:
三菱電機が110億円を投じ、人工衛星の一貫生産工場を建設
三菱電機が神奈川県鎌倉市で、110億円を掛けて建設を進めていた人工衛星の組み立てから試験までを行う「新衛星生産棟」が2020年2月19日に竣工した。(2020/2/19)

黎明期のエッジコンピューティング【前編】
「エッジコンピューティング」が“バズワード”で終わるかどうかを分ける条件
「エッジコンピューティング」は今、最も注目すべき分野の一つであることは間違いない。ただし実際の取り組みが進むかどうかは話が別だ。普及の条件とは。(2020/2/19)

エッジのセキュリティをどう確保するか【後編】
エッジコンピューティングを危険にしないために「ゼロトラスト」が必要な理由
セキュリティに関する懸念から、企業はエッジコンピューティングの導入に足踏みする可能性がある。この懸念に対処するには何が必要なのか。(2020/2/6)

エッジのセキュリティをどう確保するか【前編】
「エッジコンピューティング」はなぜ危険か やるべき対策は
「エッジコンピューティング」が企業にもたらすメリットは少なくない。ただしその可能性を生かすにはエッジのセキュリティに関する懸念を理解し、対処する必要がある。どのような脅威があり、どう対処すべきなのか。(2020/1/30)

FAニュース:
最大リーチ2951mmの中空スポット溶接ロボット、自動車ボディーや部品溶接に活用
安川電機は、スポット溶接用途のロボット「MOTOMAN-SP」シリーズの新製品「MOTOMAN-SP225H-135」を発売した。最大リーチが2951mmとなり、より広範囲の溶接が必要な工程に対応した。(2019/11/13)

イノベーションのレシピ:
ホンダのモノづくりをオーディオにも、開発者にこだわりを聞く
ホンダがオーディオ機器用蓄電機を開発した。なぜ、ホンダが畑違いのオーディオ市場に足を踏み入れたのか。また、オーディオ製品の開発にあたり、ホンダの強みが生きた点や苦労した点はどこにあったのか。開発を担当した本田技術研究所の進正則氏などに聞いた。(2019/11/1)

クラウドとの関係性は
「フォグコンピューティング」と「エッジコンピューティング」の微妙な違い
「フォグコンピューティング」と「エッジコンピューティング」を同じ意味で使用する専門家は少なくない。一方でこの2つの用語に対して、わずかながらも重要な違いを与えている専門家もいる。(2019/10/24)

さよなら「最強機関車&大物車」 もうすぐ完全引退「EF200」「シキ800」が京都鉄博で特別展示 11月16日から
「パワー」と「ヘビー」で名を馳せた2形式が最後の公開です。(2019/10/18)

「エッジコンピューティング」事例集【前編】
変圧器製造のダイヘンが「エッジコンピューティング」導入 年1800時間を削減
「エッジコンピューティング」は企業にどのようなメリットをもたらすのだろうか。変圧器メーカーのダイヘンが工場にエッジコンピューティングを導入した事例から探る。(2019/9/25)

千葉県停電、成田などの復旧めど立たず 「想定より大きな被害」
東京電力ホールディングスは9月11日、台風15号の影響による千葉県などの停電について、完全復旧のめどが立っていないと、見通しを下方修正した。(2019/9/11)

新たに26件を登録:
「G-SHOCK」「ポータブルCDプレーヤー」「電子オルガン」などが未来技術遺産に
国立科学博物館が「重要科学技術史資料」(愛称:未来技術遺産)を新たに26件登録したと発表。中には腕時計の「G-SHOCK」や世界初の「ポータブルCDプレーヤー」などがある。(2019/9/4)

FAニュース:
高速動作や高密度配置が可能な、高加圧対応スポット溶接ロボット
安川電機は、スポット溶接用途ロボット「MOTOMAN-SP130」を発売した。可搬質量130kgで、新開発の2.5kWサーボモーターにより、高加圧スポット溶接への対応力が向上している。(2019/2/21)

デジタルサイネージ:
渋谷区役所開庁に合わせ、公園通りで配電地上機器専用デジタルサイネージ4基の実証実験を開始
大日本印刷、東京電力パワーグリッドと東電タウンプランニング、パナソニックとパナソニック システムソリューションズ ジャパンは2019年1月15日、渋谷区の協力の下、渋谷公園通りの歩道上に設置されている配電地上機器に、デジタルサイネージ(DS)を取り付け、情報発信サービスの有効性や配信システムを検証する実証実験を開始した。(2019/1/16)

正体不明の「なにかふしぎなもの」がハードオフで販売→Twitterで情報集まり正体が判明
店員も何なのか分からないジャンク品が、識者の情報で正体判明。その後、正体不明のまま売れてしまったそうです。(2019/1/8)

IT活用:
変電設備の異常をAIで検知、巡視時間を50%以上削減
東京電力パワーグリッドが変電設備のメンテナンス業務にNTTデータのAIシステムを導入。画像・映像解析や、異音を検知するシステムを導入し、設備の巡視時間を50%以上削減することを目指す。(2019/1/7)

太陽光:
太陽光の蓄電池活用を低コスト化、富士電機が新型マルチパワコン
富士電機は1台で太陽光発電と蓄電池の両方に対応できるマルチパワーコンディショナーの販売を開始。発電所における蓄電池の活用および導入コストの削減に寄与するという。(2018/8/8)

え!? こんな安いの? 船乗りが説く「フライ&クルーズ」で楽しむ新・船旅のススメ
実は「海外ツアー通販価格くらい」で楽しめちゃいます。「船旅は超高い」は誤解なのですよー。【写真85枚】(2018/7/27)

メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2018:
無電柱化による地上機器をラッピング、全国で250基以上の導入実績
スリーエム ジャパンは、電力会社のトランスなどの地上機器を装飾する「3M地上用機器ラッピングシステム」に再剥離機能を新たに追加した。同システムは既に全国で250基以上の導入実績がある。2018年7月18〜21日に東京ビッグサイトで開催された「メンテナンス・レジリエンスTOKYO 2018 無電柱化推進展2018」で、ラッピングデモを行った。(2018/7/23)

エネルギー×イノベーションのシナリオ(2):
デジタル化が転機に、未来の配電網が生むイノベーションとは?
電力・ガスの自由化が始まった日本で、今後のエネルギーを基軸とした社会イノベーションのシナリオを考察する本連載。今回は送配電領域に起こり得る今後の市場変化、その先にあるイノベーションのシナリオについて解説する。(2018/5/29)

自然エネルギー:
日新電機、大型風力の系統連系ソリューション提案を強化
日新電機は風力発電向け系統連系設備のソリューション提案を強化する。受変電設備と電力品質対策の知見と実績を生かし、風力連系設備の最適なシステム提案に注力する。(2018/5/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。