ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ボイジャー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

こたつをブラックホールと仮定し反物質であるレポートの推進を生む「コタツスイングバイ」がなるほどわからん
理にはかなっている気がする。(2018/11/7)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
アルファード/ヴェルファイアの深い悩み
トヨタの中でも屈指の「売れるクルマ」であるアルファード/ヴェルファイアがマイナーチェンジした。その中身はどうなっているのか。実際に乗ってみるとさまざまなことが浮き彫りになってきた。(2018/2/13)

NASA、土星の衛星「パン」の接近写真を公開 白い皮に具材が入った餃子のような見た目
宇宙に漂う餃子(パン)。(2017/3/10)

立ちどまるよふりむくよ:
MS、ホログラフやめるってよ 誤用の原因「ホロデッキ」について調べてわかったこと
HoloLensに代表される「ホログラフ」「ホログラム」という言葉の誤用について、その原因を探ってみたら興味深い事実に突き当たった。(2017/3/3)

石井英男の「週刊Gear VR」(第7回):
太陽系を自由に飛び回れる! VRプラネタリウム「星座表」
GALAXYスマートフォンと組み合わせて気軽に本格VRが楽しめる「Gear VR」。本連載では、Gear VRで楽しめるアプリを毎週紹介していく。第7回目は、宇宙の広さを実感できるプラネタリウムアプリ「星座表」を紹介する。(2016/6/28)

豪華キャスト登場! 「ウルトラマンオーブ」東京おもちゃショーで製作発表会
水木一郎アニキも登場したゼェエーーット!(2016/6/9)

視覚障がい者の読書を支援 大日本印刷などが電子図書館システムを開発
大日本印刷(DNP)、日本ユニシスなどの4社は視覚障がい者の読書を支援する電子図書館システムを開発した。(2016/5/17)

そしてまた伝説に 「ウルトラマンの日」に杉並公会堂で50周年記念イベント、ハヤタ隊員やたかみーも
伝説のウルトラマン前夜祭が開かれた場所で再び。(2016/5/12)

宇宙ビジネスの新潮流:
生命の痕跡を探せ! NASAで火星探査ロボット開発をリードする日本人
NASAの中核研究機関で火星探査ロボットの開発に従事する新進気鋭の日本人をご存じだろうか。今回はそんな若者の取り組みを紹介する。(2016/3/25)

仲間&安住、2年連続で「日本レコード大賞」総合司会 各賞受賞者も発表される
いくつ知ってる?(2015/11/20)

国際電子出版EXPOリポート:
読み放題サービスもスタートしたYahoo!ブックストア 今後の戦略は?
国際電子出版EXPOのボイジャーブースで開催された「Yahoo!ブックストア 取り組み事例と今後の戦略」で語られた内容とは。(2015/7/2)

国際電子出版EXPOリポート:
人が集まるのにはわけがある 人気ブースの中身をチェック
今回を最後に東京国際ブックフェアへの統合が決まっている「国際電子出版EXPO」。今回注目を集めているブースをチェック。(2015/7/1)

片岡義男の全作品電子化計画 第1弾として100冊を各250円で
ボイジャーが作家・片岡義男さんの全作品を年代順に電子書籍化する計画を発表。(2015/6/26)

まつもとあつしの電子書籍セカンドインパクト:
台湾の電子書籍事情から見えてくるもの 大手出版社の若手社長はこう考える
変化の最前線を行く人々にその知恵と情熱を聞くこの連載。今回は、日本の作品を既存の商慣習を打ち破って電子化展開し、ビジネスの活路を見出そうとしている青文出版社の黄詠雪総経理に聞いた。(2015/6/16)

クルマから見るデザインの真価(4):
自動車業界にもアップルとフォックスコンのような完全水平分業の時代が来る?
自動車の開発に必要な部品や素材、それらに関する技術開発の動向を見ることができる展示会「人とくるまのテクノジー展」。2015年の同展示会でプロダクトデザイナーの林田浩一氏が感じたのは、メガサプライヤの存在感の大きさだった。今後、メガサプライヤと自動車メーカーの関係はどうなっていくのだろうか。(2015/6/10)

新TVシリーズ「ウルトラマンX」が7月14日から放送開始 テレビ東京系「新ウルトラマン列伝」内で
サイバー感。(2015/4/30)

ボイジャー、Romancerに製作代行などの新サービスを追加
作品の表紙が一覧で見られる「公開作品広場」も設置している。(2015/4/10)

電子書店完全ガイド:
「電子書店パピレス」を徹底解剖する
eBook USERがお届けする国内主要電子書店の徹底レビュー。完全ガイド2015年の第1回目は「電子書店パピレス」を紹介する。(2015/4/1)

JEPAセミナーリポート:
いよいよサービスイン、日本電子図書館サービスのビジネスモデルが示される
2013年の「東京国際ブックフェア」でKADOKAWAの角川歴彦氏が講談社、紀伊國屋書店と共同でその構想を明かした図書館向けの電子書籍貸し出しサービスが、この4月からサービス提供を開始する。そのビジネスモデルなどが紹介された。(2015/3/24)

ボイジャー、ブラウザビューワ「BinB」を台湾出版社運営のプロモサイトに提供
提供を受けた青文出版社のデジタルコミックプロモーションサイト「無限誌」では、中国語版『コロコロコミック』などの配信を開始している。(2015/2/20)

2014年の電子書籍市場、記者が注目したトピックベスト3
気付けばもう年末。新人記者として電子書籍市場を追ってきたが、さまざまなトピックの中から印象深かったものを3つ挙げてみたい。(2014/12/29)

ボイジャー、池澤夏樹のメルマガをまとめた電子書籍を発売
ボイジャーは、メールマガジン「パンドラの時代」と書き下ろしエッセイも収録した電子書籍『新世紀へようこそ+』『続・新世紀へようこそ+』を発売した。(2014/9/17)

BookLive、「Liveコミック」をリリース――登録なしのお手軽利用を可能に
取り扱い作品はコミックを中心に8万冊以上。有料作品の購入にはさまざまなアクションでもたまる「コイン」で行う。(2014/7/14)

国際電子出版EXPOリポート:
今年の電子出版EXPOを振り返る
いよいよ最終日をむかえた国際電子出版EXPO。展示の紹介や、クリエイターEXPOでのインタビューを交えつつ、2014年のEXPOを振り返る。(2014/7/4)

東京国際ブックフェアリポート:
東京国際ブックフェアを360度ビューでグルッと体験
360度のパノラマVRを気軽に楽しめるリコーイメージングの全天球イメージカメラ「RICOH THETA」を手にして、「東京国際ブックフェア」の会場に潜入した。(2014/7/3)

国際電子出版EXPOリポート:
今見ておきたい電子出版ソリューション――気になるブースに行ってみた
東京ビッグサイトで開催中の「第18回国際電子出版EXPO」。電子書籍に関連した85の企業がひしめく会場で、注目のサービスやコンテンツをチェックしていく。(2014/7/2)

ボイジャー、無料電子出版ツール「Romancer」公開 Webブラウザリーダー用に変換、EPUBも発行
テキストデータやWordファイルをWebブラウザに適した形に変換する電子出版ツール「Romancer」をボイジャーが公開した。(2014/7/1)

ボイジャーの電子出版サービス「Romancer」正式リリース、作家の電子書籍制作をサポート
Romancerで作成した作家・池澤夏樹の著書『クジラが見る夢』と『静かな大地』の配信も開始した。(2014/7/1)

Reader Store、ブラウザビューワの提供開始
Reader StoreもWebブラウザ上で電子書籍を読めるブラウザビューワ(β版)の提供を開始。(2014/6/26)

ボイジャー、オーディオブックレーベル「PoETRY」を立ち上げ
「詩人天気予報」で話題の詩人・菅原敏による『朗読:裸でベランダ/ウサギと女たち』が第1弾。(2014/4/1)

5700以上の集英社電子コミック試し読みポータルサイト「Manga Broadcast Channel」オープン
集英社が5700以上の電子コミックを試し読みできるWebサイト「Manga Broadcast Channel」をオープン。大ボリュームの「イッキ読み」企画なども開催される。(2013/12/24)

小学館、米国版「ドラえもん」を現地Kindle Storeで発売
制作はボイジャー、翻訳はアルトジャパンが手掛ける。(2013/11/25)

Webマガジンと自社電子書店を融合した幻冬舎のWebサイト「幻冬舎plus」
幻冬舎創立20周年を記念してオープンした「幻冬舎plus」はWebマガジンと電子書籍が買える自社書店を融合。(2013/11/12)

Teradata PARTNERS 2013 Report:
Hadoopはブラックホール? ビッグデータ分析基盤には「実験室」が欠かせないとTeradata
「Teradata PARTNERS 2013」がダラスで開幕した。Teradata、ディスカバリープラットフォームのAster、そしてHadoopという3種類の並列処理型データベースをシームレスに連携できる「Unified Data Architecture」を採用し、ビッグデータ分析基盤を構築する企業が50社を超える。(2013/10/22)

追悼:富田倫生さん――書籍の「青空」を夢見て走り続けた人
8月に亡くなった「青空文庫」呼びかけ人・富田倫生さんの追悼イベントが行われた。「青空文庫」という名称に込められた富田さんの思いとは何だったのか。この追悼イベントでは富田さんを間近に見てきた人たちによって、その思いが振り返られた。(2013/10/11)

旅をしたくなる電子書籍写真集『Armchair Travel vol.1 Singapore』ボイジャーより発売
ボイジャーが電子書店「BinB store」で、電子書籍写真集『Armchair Travel vol.1 Singapore』を発売。著者は50カ所以上を旅している小西康夫氏。(2013/9/27)

青空文庫の推進役・富田倫生氏の追悼イベント開催――活動を支援する「本の未来基金」創設へ
ボイジャーは、8月18日に逝去した電子図書館「青空文庫」の推進役・富田倫生氏の追悼イベントを開催。また、青空文庫の活動を支援する「本の未来基金」も創設する。(2013/8/30)

富田倫生さんしのぶイベントが9月25日に 青空文庫を支援する「本の未来基金」創設
「青空文庫」の呼び掛け人、富田倫生さんをしのぶイベントが9月25日に開かれる。同イベントと青空文庫の今後の活動を支援するための「本の未来基金」も創設される。(2013/8/29)

東京国際ブックフェアリポート:
ブックフェア/電子出版EXPOでにぎやかだったブースたち
東京ビッグサイトで開催中の「第20回東京国際ブックフェア」。ボイジャーや楽天Koboのブースを紹介する。(2013/7/5)

東京国際ブックフェアリポート:
東京国際ブックフェア、今年は何が新しかったか
東京ビッグサイトで開催中の「第20回東京国際ブックフェア」。さまざまな出展があるが、注目を集めているブースを幾つかピックアップしよう。(2013/7/4)

ボイジャー、音楽・映像と融合した電子書籍「musicbook+」を共同発表
ボイジャーとハイブリンクスによる、電子書籍と音楽・映像情報が融合した「musicbook+」が発表。今秋より定期購読で発売予定だ。(2013/7/1)

Readium Foundation、Javascript版EPUBビューワ「Readium.js」を公開
EPUBビューワのリファレンス実装を開発するReadium FoundationからJavascript版EPUBビューワ「Readium.js」がリリース。(2013/6/4)

新人発掘の無料漫画サイト「画楽ノ杜」オープン
集英社の関連会社が新しいクリエーターを発掘し、世界に発信するための無料マンガサイトを立ち上げた。(2013/5/8)

Readiumプロジェクトが法人化、ACCESSが加盟
EPUB 3ビューワのリファレンス実装を開発することを目的に米IDPFが立ち上げていたReadiumプロジェクトがReadiumファウンデーションとして法人化。ACCESSは加盟を発表しており、SDK技術の機能強化と販売に携わっていくという。(2013/3/27)

ボイジャー「ちょっと太陽系の外に行ってくるわ」→NASA「残念、まだだよ」
太陽系の果てを進むボイジャーのニュースがネットで話題に。「壮大な話だな」「なのに世間は狭い」……。(2012/12/4)

ボイジャー、ブラウザ向け電子書籍ビューワ「BinB」をASPで提供
ボイジャーが、Webブラウザ型電子書籍ビューワ「BinB」を使って手軽に電子書籍配信を始められるASPサービス「BinB ASPサービス」をスタートした。導入第1弾は、講談社の電子書籍キャンペーンだ。(2012/12/3)

「講談社 冬☆電書2013」スタート 電子書店員のオススメ作品紹介なども
33の電子書店が参加する電子書籍キャンペーン「講談社 冬☆電書2013」がスタート。各書店がそれぞれ特集コーナーを展開する。講談社の公式サイトでは各電子書店員が作品をオススメするコーナーなども。(2012/12/3)

セルシスの電子コミックビューワ「BS Reader」を利用したサービスが200件を突破
スマートフォン向け電子コミックビューワ「BS Reader」を利用したサービスが、2012年11月で200件を突破した。(2012/11/28)

米国図書館の電子書籍事情も:
電子書籍「ニューヨークの夜と文学ギャングたち」 BinB storeで発売
ボイジャーは、電子書店「BinB store」にて、ブックジャム・ブックス編集部によるeブックジャム第2弾「NY Nights and Literary Gangs—ニューヨークの夜と文学ギャングたち」を発売。全米公共図書館をとりまく電子書籍の実情を語ったインタビューも収録している。(2012/11/16)

EPUB 3ビューワのリファレンス実装開発プロジェクト「Readium」、クラウド版をβテスト中
EPUB 3ビューワのリファレンス実装を開発するオープンソースプロジェクト「Readium」が非Webkit系ブラウザでも動作するクラウド版のβテストを行っている。(2012/10/29)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。