ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  W

  • 関連の記事

「Webセミナー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

85%がWebセミナー経験:
21年卒の内定率は35%、例年より早いペース 4月1日時点
就活支援サービスを手掛けるディスコが発表した調査結果によると、2021年卒の大学生の内定率は、4月1日時点で34.7%だった。前年の数値を8.3ポイント上回った。現時点では例年よりも早いペースで就活を進めている学生が多い。(2020/4/6)

SlackがMicrosoft Teamsと連携、SlackからTeamsのビデオ会議を開始可能に
SlackはオンラインセミナーでSlackがMicrosoft Teamsと連携を発表した。(2020/4/2)

AWSのデスクトップ仮想化「WorkSpaces」が3カ月無料、ビデオ会議「Cisco Webex」が90日無料など、今だから無料で使える主要リモートワークツールまとめ
新型コロナウイルスの感染拡大に伴って、多くのITベンダーがリモートワークツールを期間限定で無償化している。今だから無料で使える主要なツールを一覧にまとめた。(2020/4/2)

採用予定は「前年並み」:
21年の新卒採用は「Webセミナー」活用が増加 新型コロナ影響でスケジュールはどうなる?
マイナビが発表した「2021年卒企業新卒採用予定調査」の結果によると、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、面接や内々定を出す時期が後ろ倒しになる傾向があることが分かった。また、Webセミナーなどを活用する企業も増えている。(2020/3/30)

PR:突然テレワーク導入が決まった企業を襲う”セキュリティとネット”の課題 一元管理ツールで不安を解消
(2020/3/23)

Office 365も悲鳴を上げた:
PR:常時SSL化とSSL可視化の正しい運用方法
通信を暗号化するSSL化が不可欠な昨今、見えないというデメリットを悪用してマルウェア感染やWebサイト改ざんによる攻撃を試みる攻撃者が現れている。SSL化された通信を可視化しセキュリティ対策製品による検閲/防御をする手だてはないのか。(2020/3/17)

「20年前のサーバ仮想化と同じくらい重要」:
VMwareがKubernetes製品群「VMware Tanzu」を正式リリース
VMwareは2020年3月10日(米国時間)、経営/技術/製品トップたちがビデオで登場するWebキャストを行い、2019年8月下旬の「VMworld 2019」で戦略レベルの発表をしていたKubernetes製品群「VMware Tanzu」の正式リリースを発表した。(2020/3/11)

「選考期間を延ばしてほしい」「Web面接では熱意を伝えにくい」 新型コロナの影響と就活生の本音
マイナビが2021年卒業予定の大学生や大学院生を対象に、新型コロナが就活に与えた影響を調査。8割の学生が何らかの「影響がある」と答えた。(2020/3/6)

LINE公式アカウントに無料の「学校プラン」 臨時休校受け、全国の学校に提供
LINEが、LINE公式アカウントを無料で利用できる「学校プラン」を提供。新型コロナ感染拡大に伴い、政府が全国の学校に臨時休校を要請したことを受け、各学校に付き1アカウントを無償提供する。(2020/3/6)

3月6日の「モバイルフォーラム2020」はオンラインでの開催に
MVNO市場の可能性について議論する「モバイルフォーラム2020」は、オンラインでの開催に変更された。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため。Facebook Liveで視聴できる。(2020/3/5)

中小では前年踏襲も:
新型コロナで大手企業、新入社員研修を次々取りやめ・検討も データで明らかに
影響が続く新型コロナ。大手企業中心に新入社員研修取りやめの動き。調査から明らかに。(2020/3/5)

半径300メートルのIT:
リモートワークするなら記録しよう ビデオ会議は画面録画でメモになる
国際イベントからほんの数ヶ月前倒しで、真の意味での働き方改革が進み始めました。テレワーク対応の可否が、企業の死活問題になり始めています。(2020/3/3)

新生「auじぶん銀行」始動 2020年の事業戦略や大型キャンペーンを整理する
auじぶん銀行が2月10日、戦略説明会を開催。臼井朋貴社長が、今後の事業戦略や、同日から実施している「auじぶん銀行、はじまる。行名変更キャンペーン」などについて説明した。KDDI、auフィナンシャルグループとの連携を進め、貯蓄から資産形成へのサポートを加速させていく。(2020/2/10)

守るべきなのは「境界」か「データ」か:
PR:「常に信用しない」ゼロトラストが昨今のマルウェア対策に有効な理由
昨今のIT環境やサイバー脅威の変化に伴って、「境界」で区切って守る従来のセキュリティ対策には限界が見えてきた。そこで注目されつつある新しいパラダイムが「ゼロトラストネットワーク」だ。(2019/12/26)

期待値が高いだけではない?
「5G」は従来型WANと何が違うのか? 4つのポイントで比較
5Gは企業のWANが抱える課題を解消できる可能性がある。導入時間やコスト、クラウドサービスへの適合といった課題だ。(2019/12/23)

IBM Champion for Cloud 2019が評価:
PR:「Red Hat OpenShift on IBM Cloud」によって、CI/CD(継続的インテグレーション/継続的デリバリー)パイプラインの構築はどれほど簡単になるのか?
IBMのソリューションやソフトウェアに対し、そのテクニカルコミュニティーにおいて高度な貢献をしたエンジニアを表彰する制度「IBM Champions」。今回はIBM Champion for Cloud 2019に選出された平岡大祐氏に、その知見・ノウハウを体感できる記事を執筆していただいた。昨今のDXトレンドなどについて聞いたショートインタビューとともに、3回にわたって「Red Hat OpenShift on IBM Cloud」の実践的な活用方法をお届けする。最終回はOpenShiftを使ったCI/CD(継続的インテグレーション/継続的デリバリー)について。(2019/12/12)

自分の目で見て、耳で聞いて、頭で考えよう――「100%の安全のセキュリティ」という呪縛から脱出するポイントは?
サイバー攻撃にどのように備えればいいか分からない――そんな漠然とした不安は、物事を正しく知り、守りたい物を決めて普段から準備することで「安心」に変えていくことができると辻氏は言う。(2019/12/6)

セミナー:
PR:うちもそろそろやってみる? 0から始めるPLM
(2019/11/15)

デル株式会社提供Webキャスト
人員/予算不足の企業こそ考えたい、働き方改革の足を止めないセキュリティ対策
人員や予算が不足する中小企業などにおいても“働き方改革”は企業成長の鍵となる。だが、働き方の多様化によって、データ侵害などのリスクが高まるのも事実だ。十分な人員や予算を用意できない企業は、この課題にどう取り組むべきか。(2019/10/29)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト
AIは天才的なアイデアを生み出せるか、生物の進化に見つかったアイデアの源泉
天才のように創造的なアイデアを、AIで生み出す方法はないものか。そのヒントとして注目されるのが「進化思考」だ。生物が進化するメカニズムを参考にして、発想の飛躍・昇華を図るアプローチが、AIの進化も促進するという。(2019/10/3)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト
高齢者や障がい者への支援をイノベーションに変える、少し未来の社会の姿
超高齢化社会に伴うさまざまなリスクを回避するには、高齢者が生き生きと活動できるような技術のサポートが欠かせない。AIやIoTをはじめ、高精度ナビゲーション、画像認識など最先端技術を生かした研究の現在地を紹介する。(2019/10/3)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト
糖尿病の重篤化予防を目指す産学連携プロジェクト、AIが果たした効果とは?
世界規模でまん延する糖尿病の重篤患者を減らすことを目的に、3社による産学連携の共同プロジェクトが発足した。その経緯や成果とともに、研究の中でAIなど先端テクノロジーがどのように貢献したのかを動画で分かりやすく解説する。(2019/9/25)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト
量子計算を実演、動画で分かる「量子コンピュータ」の演算能力と今後の活用領域
古典的な2ビット演算の処理能力をはるかに上回るといわれる量子コンピュータ。開発エンジニアによる講演動画から、その優れたパフォーマンスの秘密とコンピュータへの実装方法などを探る。(2019/9/25)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト
北海道の冬を支える灯油配送、不安定な交通状況を乗り越えたクラウド活用法とは
冬の北海道の予測困難な路面状況を、クラウドとデータ活用で乗り越えた企業がある。いちたかガスワンでは、ベテラン配送員のノウハウをシステム化し、基幹システムとのクラウド連携を組み合わせ、大幅な業務改善に成功した。(2019/9/19)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト
業務改善のために取り組みたい業務プロセスの可視化、挫折を招く3つの原因とは
きちんと定義され、組織全体に共有された業務プロセスは、新人教育や顧客体験設計など、さまざまな場面で効果を発揮する。この業務プロセスを組織の“手の内”でコントロールするには、どう取り組めばよいのだろうか。(2019/9/19)

実店舗に行かなくても試着や内見が可能に
「VR」「AR」はもはや“おもちゃ”ではない 仕事で使えるこれだけの用途
かつてはゲームでの利用が目立った仮想現実(VR)/拡張現実(AR)技術を、ビジネスの場で利用する動きが広がっている。具体的な用途を紹介する。(2019/9/13)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト
最先端研究者が明かす、ブラックホール撮影&量子コンピュータ研究の原動力
人類初のブラックホール撮影と、量子コンピュータの実用化という2つの最先端研究。異分野ではありながら、成功へのアプローチには共通点もあるという。それぞれに参加する本間教授と福田氏の対談から、ブレークスルーの原動力を探る。(2019/10/7)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト
旅行のVR体験や遠隔操作の案内ロボ、JALの矢継ぎ早なイノベーションの原動力は
2018年に開設した「JALイノベーションラボ」は、旅行をVR技術で疑似体験できるシステムや、熟練案内スタッフの遠隔操作ロボットなど、さまざまなアイデアを形にしてきた。日本航空の取り組みから、イノベーション推進のヒントを探る。(2019/9/13)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト
AI国際会議のイベントで圧勝、状況を先読みして実時間で意思決定する新技術とは
自動運転に用いられるAIには、環境変化に即座に対応するため、リアルタイムかつ“先読み”的な意志決定が求められる。こうした要件は、従来のAI技術では困難だった。そこで注目されるのがAI国際会議のイベントで優勝したチームの新技術だ。(2019/9/6)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト
4つのユースケースで解説、AIを自社業務に適用させるための“学習”の進め方
AIを自社業務に適用するには“学習”が不可欠だが、どんなデータをどれだけ学習させればよいか分からないという声も多い。画像認識や音声認識、照会応答といったユースケースを基に、企業側で行うべき学習の種類や必要なデータを解説する。(2019/9/5)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト
“ナレッジ継承”へのAI活用術――暗黙知/形式知の2つの側面から解説
多くの組織が直面している「ナレッジ継承」の問題を解決する方法として、AIの活用が注目されている。言語化が難しい「暗黙知」、検索が困難な「形式知」という2つの側面から、AIがどのように貢献するのかを解説する。(2019/9/5)

オンデマンドWebセミナー:
PR:IoT実現に必要な生産設備ネットワークとセキュリティ対策
(2019/9/3)

オンデマンドWebセミナー
IoT実現に必要な生産設備ネットワークとセキュリティ対策
(2019/9/3)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト
AI活用のハードルを高く感じる企業に勧めたい、AIツールの短期導入術
多様な業務領域での活躍が期待されるAIだが、その導入ハードルは高いと思われがちだ。ただ、身近なビジネス課題に対して、用途に応じたAIサービスを適用するなら、数週間という短期間で導入することも可能になっている。(2019/8/22)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト
立ち遅れる国内キャッシュレス決済、普及率を高めるための鍵とは?
国内でもようやく普及の兆しを見せ始めたキャッシュレス決済だが、諸外国に比べてまだ立ち遅れが目立つ。この状況から脱却し、普及率を高めていくためにはどうすべきか。大手決済ブランドの取り組みから、その手掛かりを探る。(2019/8/22)

日本アイ・ビー・エム株式会社提供Webキャスト
RPAとAIで人手不足解消、インテリジェントオートメーションを導入すべき業務は
拡大し続ける個々の業務と、不足している人的リソースというミスマッチは、多くの企業にとって解消すべき喫緊の課題だ。RPA、AI、OCRなどさまざまな技術を融合した最新の自動化ソリューションは、その解決策となり得るのか。(2019/8/22)

インフィニオン 技術セミナー:
PR:ピエゾ素子駆動用PWMアンプの応用
(2019/8/9)

デジタル活用で製造業のマーケティングと営業が変わる:
PR:製造業のデジタルマーケティング、リード獲得から育成まで無駄のない打ち手とは
B2B企業のデジタルマーケティング支援で実績豊富なエキスパートが、「Web」「メール」「オンラインセミナー」などを活用した実践的なノウハウを語った。(2019/7/22)

Webセミナー:
PR:DXを実現する設計開発環境とは?
(2019/5/17)

競争力を保つにはどうすればいいか
AIアナウンサーも登場、中国の国家戦略から学ぶべきこと
中国政府は積極的なペースで人工知能に投資している。そんな中、米国をはじめとする各国は投資を強化するという大きな重圧に迫られている。(2019/5/8)

靴擦れなんてない方がいい:
「就活の靴はスニーカーもOK」 ばんそうこう売上減のリスクを負っても、ジョンソン・エンド・ジョンソンが“スニ活”を推進する理由
ジョンソン・エンド・ジョンソンが、就職活動でスニーカーの着用を推奨するキャンペーン「#スニ活」を実施している。履き慣れた靴での就活が広まれば「バンドエイド」や「キズパワーパッド」といったばんそうこうの売り上げが減る可能性もあるが、なぜ靴擦れをなくすような取り組みを始めたのか。(2019/4/23)

仮想デスクトップ最適化のベストプラクティス【前編】
仮想デスクトップを低コストで快適にする「最適化」のすすめ
仮想デスクトップの最適化によって、企業はどのようなメリットが得られるのか。簡潔にまとめた。(2019/4/24)

レノボ・ジャパン株式会社提供Webキャスト
働き方改革のセキュリティリスクを解消、動画で分かる「テレワーク保険」の実力
テレワーク導入の障壁の1つである、情報漏えいなどセキュリティ面でのリスク。PC紛失やウイルス感染などによる事故が減らない現状にあって、ますます必要性が高まっているのが、損害賠償金などを補償する「テレワーク保険」だ。(2019/4/11)

レノボ・ジャパン株式会社提供Webキャスト
レノボが踏み切った無制限テレワーク、9割の従業員から評価されたポイントは
働き方改革の実現に向け、場所を問わず高い生産性を発揮できる環境が求められる昨今。テレワーク環境やコラボレーション基盤の整備、デバイスの活用はどのように進めればよいのか。レノボ・ジャパンの取り組みから、そのヒントを探る。(2019/4/11)

レノボ・ジャパン株式会社提供Webキャスト
ワークプレースづくりの観点で見る働き方改革、オカムラの取り組みと成果とは?
オフィス家具やレイアウトをはじめ、快適な空間を創造するソリューション企業を目指すオカムラ。ここ数年で働き方改革を強力に推進し、多くの成果を上げている。同社の取り組みから、“働く場”の在り方や働き方改革推進のヒントを探る。(2019/4/11)

レノボ・ジャパン株式会社提供Webキャスト
ROI試算で社員2人分の差、マイクロソフトに学ぶ「働き方改革」成功の秘訣
働き方改革への取り組みが加速する中、生産性とセキュリティを兼ね備えた“モダンワークスタイル”を実践している日本マイクロソフト。同社が働き方改革を成功させられた理由とは何か。デモ画面を交えた動画で紹介する。(2019/4/11)

【4月23日開催】オンラインセミナー
真剣に本気で取り組む脱オラクルセミナー──Oracleライセンス問題を仮想化、クラウドで解決します!
(2019/4/8)

【4月18日開催】無料Webセミナー
インターネット利用のためのセキュリティ 「Secure Internet Gateway」とは?
【第2回】4月18日(木)16:00〜16:40 Cisco Umbrellaを試しに使ってみる(トライアルのご紹介と、利用のための設定のご説明)(2019/4/2)

【4月16日開催】無料Webセミナー
インターネット利用のためのセキュリティ 「Secure Internet Gateway」とは?
【第1回】4月16日(火)16:00〜16:40 Secure Internet Gateway 基本のキ(Cisco Umbrellaのご説明)(2019/4/2)

工場IoT:
PR:スマートファクトリー化の土台となる工場ネットワーク、理想の姿をどう実現するか
製造業のIoT活用が本格化する中、避けて通れないのが工場内ネットワークをいかにIoTに適したかたちに構築して運用管理するかである。現在の工場のネットワークはITとOTそれぞれに分割されており、IoTで欠かせない相互接続や全体管理が難しい。そこで、新しいIoTネットワークの正しい形とそれを実現するアプローチについて考えてみたい。(2019/3/25)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。