ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  Z

  • 関連の記事

「Zappos」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Zappos」に関する情報が集まったページです。

AWS、約75ペタバイトのOracle DBを自社DBに移行 ダウンタイムなし Amazon Prime、Kindle、Alexaで使用
(2019/10/18)

コストと性能以外にも利点あり:
Amazon、75ペタバイトの業務データをOracle Databaseから各種のAWSサービスへ移行
Amazonは、7500近くのOracle Databaseに保存していた75PBのデータを、さまざまなAWSデータベースサービスに移行した。レガシーなデータベースの運用管理から技術者を解放し、より優れた顧客エクスペリエンスの提供へと向かうためだ。コスト削減と性能向上にも成功した。(2019/10/18)

なぜCXが重要なのか:
生存戦略としての顧客体験、どこから着手する?  Gartnerのアナリストに聞く
多くの企業が顧客体験を向上させるための取り組みを始めているものの成功している企業はまだ多くない。うまくいくにはどうすればいいのか。エキスパートに聞いた。(2019/3/25)

米大統領選出馬のウォーレン議員、GAFA解体を公約に
次期大統領選への出馬を表明した民主党のエリザベス・ウォーレン上院議員が、GAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)を解体する構想を発表した。プラットフォーマーを解体することが「インターネットの未来を守る」ことになるとしている。(2019/3/11)

ITはみ出しコラム:
米IT大手の企業買収にみる悲喜こもごも Microsoft、Google、Amazon、Twitterの場合
米IT大手の企業買収には、その企業の思想や方針が見え隠れします。Microsoft、Google、Amazon、Twitterが過去に行った買収劇を振り返ってみました。(2018/7/1)

来週話題になるハナシ:
大手スーパー買収のアマゾン、小売の「帝国」になれるのか
ネット通販大手のアマゾンが、スーパーマーケットのホールフーズ・マーケットを買収すると発表した。厳しい業界に参入するアマゾンは、一体どこに向かっているのか。また、アマゾンに勝算はあるのか。買収の背景を分析する。(2017/6/22)

Amazon、自然食小売りのホールフーズを137億ドルで買収
「Amazonフレッシュ」を展開するAmazon.comが、米自然食スーパーマーケットチェーンのWhole Foods Marketを約137億ドル(約1兆5200億円)の現金で買収すると発表した。(2017/6/17)

Dr.本荘のThought & Share:
なぜ、“上司も管理職もいない組織”でイノベーションが起きるのか
“上司も管理職もいない会社”でイノベーションが起こる理由とは。(2017/5/27)

CIOが知っておくべき「コミュニケーション」と「IT部門の不満」
優秀なITアーキテクトがいつも文句を言っている理由
CIOが知るべき、「コミュニケーションに関する3つの助言」「ITアーキテクトの不満」について紹介する。(2015/9/14)

Zapposが実践する「管理職がいない世界」
上司を置かない「ボスレス企業」続出、本当に上手くいくの?
少しずつ数を増やしている、“ボスレス”な組織。上司に監視されず、自己管理する経営の効果と実現するためのポイントとは。(2015/6/9)

Twitter、海外で初の開発者会議「flock」開催へ 東京でも
Twitterは開発者会議「flock 2015」を1月から世界17都市で開催する。昨年サンフランシスコで開いた初の開発者会議「flight」で発表したアプリ開発プラットフォーム「Fabric」の新機能について講演し、各地の開発者と交流する。(2015/1/15)

Amazon、総額9億7000万ドルのTwitch買収を完了
Amazonが8月に発表したゲーム実況のTwitch Interactive買収が9月25日に完了した。Amazonは月間ユニーク訪問者数6000万人のストリーミングサービスを9億7000万ドルで手に入れた。(2014/9/29)

ゲーム実況のTwitch、GoogleではなくAmazonが9億7000万ドルで買収
Googleが買収交渉中と報じられていたゲーム実況のTwitchをAmazon.comが9億7000万ドルの現金で買収すると発表した。Twitchは独立子会社として従来通りサービスを運営していく。(2014/8/26)

1ミリ秒でも早く〜次世代Web技術が支えるこれからのEコマース(5):
API公開、そしてクラウド化――ECサイトの未来とは
Eコマースサイトをより高速に、快適なものにするためのポイントをエンジニア視点で紹介してきたこの連載も最終回。最後に、これからのEコマースサイトの在り方を見ていきましょう。(2014/8/5)

ホワイトペーパー:
Amazonを震撼させたZappos、DevOpsを実践する同社のアプリケーション管理とは
靴や衣料の販売による年商は10億ドルを超えるZappos.com。10年間で急成長を遂げた同社は、Webサイトのアーキテクチャ再構築に伴ってアプリケーションパフォーマンス管理(APM)を導入。劇的なパフォーマンス改善を実践している。(2014/7/7)

これからの働き方、新時代のリーダー:
「買ってから選べるEC」――ロコンドが華々しい初年度の大失敗から学んだこと
顔が見える、おもてなしのECとしてスタートしたロコンドだが、初年度は大きくつまずいた。何が悪かったのか? 熟考が足りなかったことに気付いた同社は、商売の本質に立ち戻った。(2014/4/1)

これからの働き方、新時代のリーダー:
メガネのネット通販で業界全部をひっくり返してみせる――Oh My Glasses、清川忠康社長
送料無料、返品無料、購入前に5本のフレームを自宅で試着可能というサービスをひっさげ、オンライン通販専業でメガネ業界に新風を巻き起こしつつある「Oh My Glasses」。創業者の目線の先にあるものとは?(2013/10/29)

VOYAGE流・企業文化構築プロジェクトの全貌:
【第1回】なぜ私はCCOになったのか
ネットベンチャー会社から永続的に事業成長する企業へ飛躍する――。「ECナビ」で知られるVOYAGE GROUPが企業文化を変革する一大プロジェクトに取り組んだ。本連載では、その指揮官である青柳取締役がプロジェクト成功の要諦を語り尽くす。(2013/10/22)

SEから世界一に返り咲き 「TED 2013」に唯一出演した日本人・BLACKさんのヨーヨーと“再起”
「世界を変えるプレゼン」が集まるイベント「TED」に今年、日本から唯一出演したのは、ヨーヨー世界チャンピオンのBLACKさん。世界一になった時には「全く変わらなかった」という人生が、TEDを境にガラリと変わったという。(2013/6/7)

CMOインタビュー、Limelight Networks:
デジタルプレゼンスを高める――マーケティング責任者に課せられる新しい責務
米Limelight Networksの最高マーケティング責任者 Kirby Wadsworth氏によると、企業がデジタル上で存在感を示すには3つの重要なポイントがあるという。この3つのポイントを満たしている企業は、デジタル上でのプレゼンスを消費者に示すことにおいて世界レベルの成功を収めていると言える。(2013/6/7)

Amazonアカウントでのログインサービス、まずはZapposで開始
ショッピングサイトなどにAmazonのアカウントでログインすることで、新たなユーザー名とパスワードを作成せずに買い物ができる。(2013/5/30)

“カルトライク”な文化が大企業を打ち破る!?
売り上げを5年間で7倍にした驚異のヨガ・ウェア・メーカー、ルルレモン。“カルトライク”と称される企業文化の強烈な求心力が強さの秘密だ。(2013/3/5)

法然上人から学ぶ未来経営
世の中が混沌としていた平安時代末期に法然が説いた「共生」という概念。筆者はこの言葉は今後の企業経営を考える上でのヒントにもなるという。(2013/2/26)

「会社は終わった」論にひと言、もの申す
「フリー・エージェント」や「ノマド」と、「会社」という組織。「あちらを立てればこちらが立たず……」というものでもない。「個」が活躍できる時代だからこそ、今こそ、組織の存在意義が見直されるべき時。(2013/2/19)

トップ1%の人だけが実践している思考の法則:
サービス業が抱えるマニュアル主義の盲点とは?
例えばあなたがファミリーレストランの店長だったとする。接客マニュアルでは「大人にお子様ランチを売ってはいけない」となっているが、若い夫婦がやってきて、お子様ランチを3つオーダーしてきた。禁じられている行為をしてもよいだろうか?(2013/2/13)

本当の“顧客ロイヤルティ”とは何を意味するのか
顧客ロイヤルティの、「ロイヤルティ」って一体何を意味するのでしょう。世界最大のオーガニック/自然食スーパー、ホール・フーズ・マーケットの逸話に思うこと。(2013/2/5)

バラク・オバマの就任演説と組織論
米国民を結ぶのは、肌の色でも、信仰でも、名前の由来でもない。米国は、「価値観」のもとに建てられた国。オバマの2回目の大統領就任演説を聴いて感じた、「今、日本に求められていること」。(2013/1/25)

アマゾンに勝つための小売店舗ビジネスのあり方とは
新年の祝いのムードもつかの間、米国の小売業界を脅かす過酷な現実。それはネットに押されて、売上が鈍っているということ。小売店舗がその状況を挽回するためにはどうすればいいのだろうか。(2013/1/16)

ホワイトペーパーランキング
2012年、システム運用管理で最も読まれたホワイトペーパーはこれだ
Windows XPから7への移行の本格化、モバイルデバイスの浸透など、企業のIT環境は変わり続けている。2012年に多く読まれたシステム運用管理に関するホワイトペーパー上位10本から“IT部門の今”を俯瞰する。(2013/1/11)

ホワイトペーパー:
2時間でWebパフォーマンスを12倍に向上する方法
新たなテクノロジーの採用やクラウド化といった背景により、Webインフラは極めて複雑なものになっている。本書では、衣料品などのオンライン販売でトップ企業となった米Zappos社の事例に即して、Webパフォーマンス最適化の取り組みについて解説する。(2012/12/20)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
顧客に“ワォ!”という体験を提供――ザッポスに学ぶ企業文化の確立
単に商品を届けるだけでなく、サービスを通じて“ワォ!”という驚きの体験を届けることを目指している。ザッポスのWebサイトには、顧客からの感謝と賞賛があふれており、きわめて高い顧客満足を実現している。(2012/12/17)

Pinterest使ってますか?:
今知っておきたい! Pinterestに関する5つのトピックス
Pinterestの月間ユニークビジター数が今年9月で、2530万人に達しました。アメリカではFacebook、Twitterに次ぐ第三のソーシャルメディアとなったPinterestの最近のトピックスを紹介します。(2012/11/15)

ソーシャル時代のリーダーの条件は“己を知ること”
米国のビジネス界で新たな経営ツールとして注目を浴びる「戦略的企業文化」。戦略的企業文化経営に着手する上での第一歩となるのが、経営者自身が「己を知る」こと。今回はザッポス社CEOトニー・シェイの「パーソナル・コア・バリュー」を紹介します。(2012/11/9)

BE ソーシャル! 第1章「そして世界は透明になった」:
第6回 幸せの創造こそ、ビジネスの使命
会社は何のために存在するのでしょうか。私の考えはシンプルです。人間のすべての営みは、幸せになるためのものです――。2012年11月発売予定の斉藤徹氏の新著「BE ソーシャル!」から、「はじめに」および、第1章「そして世界は透明になった」を6回に分けてお送りする。(2012/11/8)

有名店の味が会社で食べられる:
“中食のザッポス”を狙うお弁当宅配「ごちクル」って何?
「ごちクル」という、とても好調だが、あまり知られていないサービスがある。靴通販のザッポスのようなこだわりの顧客サービスで、「飲食業界に革命を起こしたい」という。(2012/9/6)

いつでも最高の結果を出せる人の10の習慣:
Google、Amazon、PayPal……成功の裏に「プランB」
人生において成功している人、仕事や勉強において常に最高の結果を出せている人は常日ごろ、どのような考えを持っているのでしょうか。全10回に渡り、筆者の周りにいる成功者の事例から、役に立ちそうなものを紹介します。今回は、失敗に関する話です。(2012/8/7)

それゆけ! カナモリさん:
キャリア女性によるキャリア女性のためのワンピース――「kay me」のスピード感
コンサルタント出身、毛見純子さんのブランド「kay me」が、静かに話題を呼んでいる。kay meの商品は、働く女性のためのワンピースが中心。Facebookなどのクチコミで顧客を広げ急成長、わずか1年で銀座の中心に常設店を構えた毛見さんにインタビューを行った。(2012/8/2)

海外ベストセラーに学ぶ、もう1つのビジネス視点:
オレンジ革命
1つの優れたチームはいかにして組織全体を変えることができるか。(2012/7/18)

「上司不在の職場」について考える
米国では「ボスなんかいらない!」という職場が増えており、「中間管理職の絶滅」なんてことも言われ始めている。米ウォール・ストリート・ジャーナル紙の記事に触発され、その意図するところを考察する。(2012/6/22)

世界最大のオーガニック・スーパーが実践する“チーム”の極意
企業は人の集合体。米ホール・フーズ・マーケットでは、チーム単位のマネジメントを行うことで、個々の従業員の帰属意識や責任感、オーナーシップの向上を実現しているという。(2012/6/8)

企業文化の出発点は存在意義に求めるべき――ドラッカーが教えてくれたこと
先週、ボストン近郊で行われた企業文化のカンファレンスで、ドラッカーの「先見の明」を改めて実感したという筆者。これからの企業戦略はパーパス(存在意義)の追求から始まるのだという。(2012/6/1)

米小売店舗が目指す「アマゾンのショウルーム」からの脱却
店舗がネットショップの「ショウルーム」と化す現象に悩まされる米店舗小売業。突破口をスマホ・アプリの開発などに見出そうという動きもあるが、果たしてそこに解決策はあるのだろうか?(2012/5/25)

海外ベストセラーに学ぶ、もう1つのビジネス視点:
ネットにつながった危険な顧客
最近の顧客の変化がどのようにして始まり、今後どのように変化するのか? あらゆるものが時間の経過とともに変化していく。それを忘れて過去にしがみついていることこそが危険な顧客よりも更に危険なのかもしれない。(2012/4/18)

「社員の声を聞きまくれ!」がもたらした企業変革
「社員第一、顧客第二」を唱え、目覚しい変革を遂げたインドのITアウトソーシング・サービス会社、HCLテクノロジー。ピラミッド型の組織をひっくり返すべく、CEOヴィニート・ナイアー氏がとった数々の方策は、多くの企業経営者が見落としがちな「企業変革のスイッチ」を指摘するものだ。(2012/3/30)

Amazon、ロボットメーカーのKiva Systemsを7億7500万ドルで買収
Amazonが、物流センター向け自律運搬ロボットのKiva Systemsを買収する(動画あり)。(2012/3/21)

ポイントサービスは衰退する百貨店を救えるか?
史上最大の窮地に立たされる米国の老舗百貨店シアーズ。打開策は顧客データマイニングとモバイル・テクノロジーを駆使したポイント・プログラムだというが……。(2012/3/21)

アップルVS. グーグル、“ハード+ソフト”の戦いの行方
グーグルのホーム・エンターテインメント市場進出で、いよいよアップルとの一騎打ちなるか? アマゾンやFacebookも控え、戦々恐々とする米デジタル・エンターテインメント市場の行方やいかに?(2012/2/14)

上場申請書から見えるFacebookの企業文化
とうとうFacebookが待望の上場申請。申請書の「マーク・ザッカーバーグからの手紙」の中で語られる社会変革への熱い想いと、彼らの企業文化である「ザ・ハッカー・ウェイ」の重要性に注目しました。(2012/2/3)

Apple Store生みの親は老舗デパートを再建できるか?
Apple Storeの生みの親として、「ジーニアス・バー」など画期的なサービス・モデルを世に打ち出した米国リテール業の導師ロン・ジョンソンが老舗デパートの再建に乗り出した。果たして起死回生はあり得るのか?(2012/1/27)

Google、Fortuneの「働きたい企業」で1位に返り咲き
Fortuneが毎年発表する米国の「働きがいのある企業100社」で、Googleが3年ぶりで1位に返り咲いた。(2012/1/20)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。