ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「請求」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「請求」に関する情報が集まったページです。

KADOKAWA、漏えい情報の“悪質な拡散”を特定 計473件 削除要請・情報開示請求へ
KADOKAWAが、ランサムウェアを含む大規模なサイバー攻撃を受けて従業員や一部取引先の情報などが漏えいした問題で、SNSなどで漏えい情報を拡散する行為のうち、悪質な例が473件あると発表した。「削除要請および情報開示請求を鋭意進めている」(KADOKAWA)といい、悪質性の高いケースには法的措置も取る方針だ。(2024/7/12)

タイ移住芸人、現地の電気料金に驚がく「ずば抜けて高っけ」「同じ国と思えない」 請求額にネットも驚き「た、高すぎます」
なぜ。(2024/7/11)

目指すはARR100億円超 ラクス「楽楽請求」ローンチの勝算
インボイス制度導入を機に、DXが急激に拡大してきている請求書受領サービス市場。SaaS企業の雄であるラクスも参入を発表した。数年でARR100億円超を目指すという、勝算の根拠とは?(2024/7/11)

Xbox Game Pass値上げへ 既存ユーザーは9月から
Microsoftは、オンラインゲームのサブスクサービス「Xbox Game Pass」の料金を値上げすると発表した。新規ユーザーは7月10日から、既存ユーザーは9月12日以降の次回請求分から適用される。(2024/7/10)

スタバ、約10年にわたりコーヒー豆の販売で過剰請求 該当件数は5896件
スターバックスコーヒージャパンは、コーヒー豆商品を販売する際、一部の利用客に対して商品1点あたり1〜65円を過剰に請求していたことを発表した。(2024/7/10)

前沢友作氏の「なりすまし詐欺広告」訴訟 Metaは争う姿勢 第1回口頭弁論
SNSで自身になりすました詐欺広告を掲載され、肖像権などを侵害されたとして、衣料品販売大手ZOZO創業者の前沢友作氏が米IT大手Metaなどに損害賠償と広告の掲載差し止めを求めた訴訟の第1回口頭弁論が7月9日、東京地裁(中島基至裁判長)で開かれた。Meta側は請求棄却を求め、争う姿勢を示した。(2024/7/9)

スタバ、約10年にわたり過剰請求 一部商品で システム設定に不備、返金へ
スターバックス コーヒー ジャパンが、過去10年近くにわたって一部商品を本来の価格より高額で販売していたとして、差額を返金すると発表した。システムの設定不備により、金額計算に誤りが生じていたという。(2024/7/8)

てんちむ、“桃鉄でしか見たことない”賠償請求額明かす 視聴者に呼び掛け「情報提供の協力をしてほしい」
誤解を招くような広告にも問題があると指摘、結果によっては控訴する考えを示しました。(2024/7/8)

6、7月の「ニコニコ」会費、一部誤請求→返金へ ユーザーは「仕方ない」「むしろ復旧に使って」
ドワンゴは6、7月の「ニコニコ」の会費は請求しない方針だが、誤って請求されているケースがあると確認したため、今後返金する発表。(2024/7/4)

NEWS Weekly Top10:
Adobeのサブスク「解約チラつかせると半額」にも批判 不公平な料金体系は続くのか
Adobeのサブスク料金体系について、「年間プランの月々払い」を中途解約しようとすると、莫大な手数料が一括請求される問題が話題になった。一方、もう一つの問題として「解約しようとすると、大幅な割引きがオファーが出る」点にも言及する声がある。(2024/7/1)

人気VTuberのタグに不快画像添付……すとぷり、“タグ荒らし”に法的措置
「すとぷり」運営がハッシュタグ荒らしに法的措置。投稿者個人の特定作業を進め、損害賠償請求や刑事告訴など法的措置を進める。(2024/6/28)

Meta日本法人は請求棄却求める Facebook偽広告巡る損賠訴訟 
Facebook(FB)などのSNS上で著名人をかたる偽の投資広告による詐欺被害が相次いでいるのに、広告が真実かどうか調査するのを怠ったとして、神戸市などの4人がSNSを運営する米IT大手Meta(旧Facebook)の日本法人に計約2300万円の損害賠償を求めた訴訟の第1回口頭弁論が27日、神戸地裁(冨上智子裁判長)であり、法人側は請求棄却を求めた。(2024/6/28)

「にじさんじ」のANYCOLORが“悪質まとめサイト”に差止請求→閉鎖へ 「朗報だ」「閉鎖に追い込むのはすごい」とファン驚き
ファンの協力により締結に至ったとのこと。(2024/6/13)

「にじさんじ」運営、アンチ記事まとめブログに差止請求→サイト閉鎖 「実効性のある対応」改めて強調
「にじさんじ」を運営するANYCOLORは13日、「悪質な記事」を多数投稿していた、まとめブログ「にじさんじ有ンチスレの真実」運営者に対し、権利侵害行為の差止請求を行ったと公表した。当該ブログはすでに閉鎖している。(2024/6/13)

「漫画村」元運営者、17億円超の賠償金捻出する策を実行へ 開示請求書類の山示し「誹謗中傷してきた奴全員訴える」
誹謗中傷投稿者からの和解金を充てる考え。(2024/6/7)

人気VTuberのタグにグロ画像添付……“荒らし”の個人を特定、賠償請求 ANYCOLOR
ANYCOLORは、人気VTuberに対して、ライブ配信を妨害したり、“タグ荒らし”を行うなどした個人を特定し、民事・刑事で責任を追及していると発表した。(2024/6/4)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「請求書・経費精算業務」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2024/7/1)

ERP導入で発生する「目に見えない費用」【後編】
「ERP」導入プロジェクトでいつの間にか膨らむ“目に見えない費用”9選
ERPの導入に当たって当初想定していたよりも高額な費用を請求されたり、計画していなかった費用が発生したりする場合がある。想定外の「目に見えない費用」にはどのようなものがあるのか。(2024/5/28)

AEON Payで請求書払いが可能に コンビニなどへ出向かずに済む
イオンの決済サービス「AEON Pay」が請求書払いに対応した。請求書に記載のバーコードか二次元コードの読み取りと支払いがアプリで完結する。コンビニなどへ出向かずに公共料金を支払える。(2024/5/23)

UUUM、ANYCOLOR、カバーが「誹謗中傷対策検討分科会」設置 総務省や警視庁刑事部なども後援に
クリエイターエコノミー協会の「誹謗(ひぼう)中傷対策検討会」が「誹謗中傷対策検討分科会」を設置したと発表した。UUUM、ANYCOLOR、カバーの3社で構成し、総務省、警視庁刑事部などが後援する。損害賠償請求や警察との連携などに取り組んでいくという。(2024/5/22)

イオンペイが「請求書払い」対応 自宅でも公共料金の支払いが可能に
イオンのコード決済サービス「AEON Pay」(イオンペイ)が請求書払いに対応。自宅でも公共料金の支払いができる。(2024/5/22)

取引先ごとに“バーチャル口座”を用意──請求書管理「Bill One」が、銀行サービスを始めるワケ
Sansanは5月21日に、請求書管理サービス「Bill One」の大型アップデートを発表した。あわせて銀行代理業のライセンスを取得し、住信SBIネット銀行のBaaSプラットフォーム「NEOBANK」を活用した「Bill One Bank」を法人顧客向けに提供を開始する。Bill One Bankとは何か? なぜSansanが銀行サービスを提供するのだろうか?(2024/5/22)

前澤友作さん、米MetaとFacebook Japanを提訴 損害賠償として“1円”請求 なりすまし詐欺広告を巡って
SNSなどで拡散されている著名人を使った偽広告を巡り、起業家の前澤友作さんは5月15日、米Meta社とFacebook Japanをそれぞれ提訴したと発表した。損害賠償金として1円を請求している。(2024/5/15)

SaaSベンダーのマーケ必見
リード獲得をスキップして「いきなり商談」をする“SaaSマーケ”の賢い方法
SaaS利用がすっかり定着する一方で、ベンダーを取り巻く状況は徐々に厳しさを増している。脱「資料請求サイトでのリード獲得」を図り、販売を活性化させるための方法とは。(2024/5/14)

32歳ですい臓がん“ステージ4”YouTuber、日本一周でキャンピングカー修理も……驚がくレベルの請求額に「祝いも兼ねて」「何もできなかったからと」
本来は数十万円するもようです。(2024/5/7)

「すごい請求がきた」 → “想像を絶する額の架空請求”に「太陽系丸ごと買えそう」「桃鉄終盤」
「垓」なんて単位そうそうお目にかかれない。(2024/5/3)

ビッグモーター承継の新会社「ウィーカーズ」 創業家に「責任を取ってもらう形になっている」
伊藤忠商事は1日、保険金不正請求問題を起こした中古車販売大手ビッグモーター(BM、東京)の主要事業を継承した新会社「WECARS(ウィーカーズ)」を発足させた。(2024/5/1)

車全焼で九死に一生の格闘家「支払いの請求来てるんだけど……」 1700万円超えの負担に「これ俺が悪いの?」
どうなるんだろう……。(2024/4/25)

d払いの「請求書払い」利用で1000万ポイント山分けキャンペーン開催 6月30日まで
NTTドコモは、6月30日まで「自動車税や公共料金はd払いで!d払いの請求書払いで必ずもらえる!キャンペーン」を開催。公共料金や税金など、請求書払いが利用可能な請求書は全て対象となる。(2024/4/19)

原爆ドーム→「核実験場」に Google Mapの機能悪用、悪質口コミだけでなく改竄も
米IT大手Googleが提供するインターネットの地図サービス「Google Map」で、投稿された不当な口コミを放置されたとして、全国の医師らが4月18日、損害賠償請求訴訟を提起した。誰もが自由に利用できるグーグルマップを巡っては口コミ欄のトラブルだけでなく、マップ上の施設名などが改竄される被害も確認されている。(2024/4/19)

大田区、NECに賠償金480万円を請求 10月のシステム障害巡り SSD3台の同時故障想定できず
大田区は、2023年10月に発生したシステム障害の検証結果を発表した。システムの運用・保守を担っていたNECからの情報共有が不十分だったことなどが原因にあるとし、同社に対して損害賠償金486万8437円を請求した。(2024/4/17)

株式会社ラクーンフィナンシャル提供Webキャスト
業務拡大はアナログ業務の改善から、請求業務と受注作業のDXを実現する方法
アナログ業務のデジタル化は事業を拡大していくうえで必須の施策となるが、紙ベースで請求業務や受注作業を行っている企業もいまだ多い。本動画を視聴すれば、そこからの脱却は決して難しくはないことが分かるはずだ。(2024/4/11)

駐禁の反則金も「ペイペイ♪」 警視庁「PayPay請求書払い」で受付開始
警視庁の「放置駐車違反金」の支払いが「PayPay請求書払い」に対応。(2024/4/1)

PayPay請求書払い、警視庁の「放置駐車違反金」支払いに対応 4月1日から
PayPayの「PayPay請求書払い」が、4月1日から警視庁の「放置駐車違反金」の支払いに対応する。コンビニエンスストアや銀行、郵便局などへ窓口に納付書を持参して支払う必要がなくなる。(2024/3/29)

エキスパートが解説
激増する経理業務の負荷を軽減する「請求書電子化」のススメ
各種法令対応で請求書業務を取り巻く環境は大きく変化し、業務負担の増加が課題になっている。その解決策について、エキスパートが解説する。(2024/5/17)

AWSのサーバレスで節約する【後編】
クラウドでまさかの「高額請求」を招く意外な“設定ミス”の正体
サーバレスコンピューティングはアプリケーション開発を効率化する手法として人気を集めている。しかし、設定を間違えると思わぬコストを生み出すことになる。(2024/3/12)

AWSのサーバレスで節約する【前編】
クラウド“高額請求”の謎「サーバレス」が一瞬にして高くなる原因とは
クラウドサービスでは、サーバレスコンピューティングを使うことで開発を効率化できる可能性がある。ただし、サーバレスコンピューティングは思わぬコスト増につながる可能性もある。(2024/3/5)

楽天モバイル解除料の請求対象、「利用意思のない回線」→「利用実態のない回線」に変更
楽天モバイルは契約解除料(解約事務手数料)の請求対象を「利用意思がないと認められる回線」から「利用実態のない回線」に変更。同社が2月24日、文言の変更を案内。初期契約解除や譲渡・承継などの「やむを得ない事情」がある場合は、請求の対象にはならないとのこと。(2024/2/29)

PR:激増する経理業務の負荷を軽減するには? ウイングアーク1stが解説する請求書電子化のススメ
(2024/2/28)

紙が残る過渡期:
PR:業務負担が軽減されるはずが、かえって“煩雑”に? 帳票の電子化が注目される今こそ考えたい、請求書業務のデジタル活用
(2024/2/28)

「33歳のVTuber」、掲示板のコメントに発信者情報開示請求→東京地裁が棄却 裁判例がWebで公開
東京地方裁判所は、あるVTuberが発信者情報開示請求に失敗した裁判例を公式Webサイトで公開した。「5ちゃんねる」の書き込みに対して、プライバシーや名誉感情、著作権などが侵害されたと主張したが、原告側の主張は全て棄却となった。(2024/2/9)

インボイス制度「登録番号は確認しないとダメなの?」 経理が見過ごしがちな“登録取り消し”のワナ
登録番号を持っている企業は、適格請求書発行事業者――つまり課税事業者ということになる。インボイス制度の導入に伴い、免税事業者から課税事業者になって番号を取得した個人事業主も少なくないがここには落とし穴も――。(2024/2/9)

ARR50億円超のBill One 「インボイス特需」後、次の一手は
Sansanが提供する請求書受領サービス「Bill One」の勢いがすさまじい。「インボイス特需」は一服したように見えるが、実態はどうなのだろうか。事業責任者に聞いた。(2024/2/5)

セキュリティニュースアラート:
Sansan、脅威検知の拡大に向けてSIEM「Splunk Enterprise Security」を導入
SansanはSIEMソリューション「Splunk Enterprise Security」を導入した。個人情報や請求書情報へのサイバー攻撃対策と脅威検知の高度化を目指したとしている。(2024/2/2)

楽天モバイル、「利用意思がないと認められる回線」への契約解除料を請求へ
「利用意思がないにもかかわらず契約を申し込んだ」かどうかは楽天モバイルが客観的合理的に判断するとしています。(2024/1/29)

楽天モバイル、利用意思がない回線に契約解除料を請求 2月21日から
楽天モバイルは、2月21日から利用意思がないと認められる回線への契約解除料(解約事務手数料)の請求を開始。金額は1078円(税込み)で、通常の利用方法であれば発生しないとしている。(2024/1/29)

楽天モバイル、利用する意志がないのに契約した人に“契約解除料”請求へ 「当社が客観的合理的に判断」
楽天モバイルは29日、利用する意志がなかったと認められるユーザーが1年以内に解約する場合、「契約解除料」(解約事務手数料)を請求すると発表した。2月21日から。(2024/1/29)

まふまふが結婚・離婚していたことを明かす 元妻からの誹謗中傷も発覚し訴訟に
匿名掲示板上の誹謗中傷に情報開示請求をしたところ、ほとんどの書き込みが元妻によるものだったとしています。(2024/1/27)

CODE BLUE 2023レポート:
ある朝、Azure使用料で数十万ドルの請求書が…… クラウドリソース不正利用の最新手口
ある日突然、Azureから数百万円単位の覚えのない請求書が届く……。攻撃者の目的は何か。クラウドコンピューティングを悪用する洗練された手口についてセキュリティリサーチャーが解説した。(2024/1/26)

アレクサンダー、米国で6歳息子が救急搬送&点滴検査→余裕で“100万円超の請求”に驚がくの声「日本でよかった」「やばすぎです」
とんでもない額に。(2024/1/25)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。