ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「協業」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「協業」に関する情報が集まったページです。

メカ設計ニュース:
2次元資産を3D CADデータ化し、パーツ製造までワンストップで支援するサービス
プロトラブズはテクノブレインと協業し、2次元図面や2D CADデータを基に、3D CADデータ作成からパーツ製造までをワンストップで支援する「ワンストップ設計・製造支援サービス」の提供を開始した。(2019/11/18)

自動運転タクシーの実用化に向け協業、KDDIら5社 20年夏に都内で実証実験
JapanTaxi、KDDIなど5社が、自動運転タクシーの実用化に向けて協業すると発表。タクシー業界のドライバー不足などの課題に取り組む。2020年夏をめどに、都内で自動運転タクシーの実証実験を行う予定。(2019/11/14)

店頭価格を外貨で表示 NTTコム新サービスで 
 NTTコミュニケーションズは12日、シンガポールのフィンテック関連企業と協業し、常に変動する外国為替レートを1日間固定して提供する日本初のサービスを11月下旬から始めると発表した。飲食店や小売店などが導入すれば、訪日外国人観光客の支払いの際に外貨での価格表示が可能になる。為替レートを気にせず、安心して買い物や飲食ができるようにして、店舗での売り上げ拡大につなげたい考えだ。(2019/11/12)

マイコン+セルラーIoT技術:
ルネサスとアルティア、セルラーIoT分野で協業
ルネサス エレクトロニクスは、セルラーIoT(モノのインターネット)ソリューションの開発で、イスラエルAltair Semiconductorと協業をすると発表した。(2019/11/6)

ドコモとタカラトミー、プログラミング教育で協業 段ボールで作るロボット発売へ
NTTドコモとタカラトミーが、プログラミング教育サービスの共同事業を始める。段ボールを使ったロボットキットを発売する。(2019/10/29)

ニーズに応じたサービス開発が重要
コンテナ活用の戦略と協業の仕組み──有識者が語るコンテナの未来
新規サービス開発で無視できない存在になったコンテナ技術。コンテナを導入する企業は、業界業種を問わず急速に増えている印象だが、それ故に新たな課題も生まれている。どのような解決方法があるのか、有識者に話を聞いた。(2019/10/30)

Weekly Memo:
製造業から社会全体のDXへ――創業100年超え老舗企業同士の協業の野望
パナソニックと日本IBMが半導体製造分野で協業すると発表した。限られた分野での協業に見えるが、会見を聞いてみると、両社にはどうやら「DX」をキーワードに大きな野望があるようだ。(2019/10/21)

CEATEC 2019:
大成建設がMSと協業、初手は地震による建物への影響や作業員の現状などを“見える化”
大成建設は、運用・保守事業も行える体制を整備し、これまでの建物の引き渡しだけでなく、建造物のライフサイクル全体を収益元の対象とするストック型ビジネスの展開を検討している。(2019/10/23)

外部とのコラボを加速:
ドンキ運営会社が「マシュマロ構想」を発表 マーケティングで“脱・自前主義”
ドンキの運営会社が「マシュマロ構想」を発表。デジタルマーケティングの推進や外部のスタートアップとの協業を加速させる。“脱・自前主義”で新たな成長ステージへの移行を狙う。(2019/10/17)

Armベースの「Surface Pro X」が2020年1月に発売 実機を見てみよう
Qualcommとの協業で開発されたArmベースの独自プロセッサを搭載する「Surface Pro X」が、日本でも2020年1月に発売されることになった。販売価格は未定で、詳細は後日公開予定だ。(2019/10/17)

スマートファクトリー:
半導体製造中間工程の立ち上げ期間を半分以下に、パナソニックが日本IBMと協業で
パナソニックスマートファクトリーソリューションズと日本IBMは2019年10月15日、半導体製造分野において協業することを発表した。パナソニックの推進する新たな製造プロセス「プラズマダイシング」を、日本IBMがITソリューションでサポートし、立ち上げ作業の負荷を軽減する。(2019/10/16)

大成建設と日本マイクロソフト、AI/IoTを活用した「施設運用・保守」で協業――“Azure×Windows 10 IoT”を活用
大成建設は、日本マイクロソフトと協業し、AI/IoTを活用した施設運用・保守(O&M)事業を展開する。「Microsoft Azure」と「Windows 10 IoT」を活用し、被災建物の即時判定、BIMによる業務効率化、作業状況の見える化の3つのソリューションから事業展開していく。(2019/10/16)

後工程装置の価値を高めるソフトを開発:
パナと日本IBMが半導体製造装置分野で協業
パナソニックと日本IBMが、半導体製造装置分野で協業する。パナソニックが製造、販売するプラズマダイサーなどの半導体後工程製造装置の価値を高めるソフトウェアなどをパナソニックと日本IBMで共同開発し、パナソニックが製造装置ともに提供する。(2019/10/16)

製造マネジメントニュース:
RRIとドイツ工学アカデミー、人と機械のあるべき姿を提言
ロボット革命イニシアティブ協議会は、ドイツ工学アカデミーとの協業により、デジタル社会における人と機械のあるべき姿を提言する白書「Revitalizing Human-Machine Interaction for the advanced society」を公開した。(2019/10/15)

エアコン室外機と同サイズ 東京ガスが世界最小の家庭用燃料電池
京セラと協業して製品化し、燃料電池ユニットをエアコン室外機と同等の大きさとしたことで、これまでスペースの問題で設置できなかった住宅やマンションなどでも利用できるようにした。(2019/10/11)

組み込み開発ニュース:
開封検知機能付きNFCタグ搭載カプセルの本格提供を開始
凸版印刷とAmcor Capsulesは、ワインや蒸留酒向けの偽造防止NFCタグで協業する。両社が開発した、開封検知機能付きNFCタグ搭載カプセル「InTact」の本格提供を開始する。(2019/10/10)

CAEニュース:
ANSYSとAutodeskが協業、自動車業界向けに設計ソリューションを提供
ANSYSとAutodeskは、協業により自動車メーカーに革新的なソリューションを提供する。自動車メーカーは、高精度な光学シミュレーションを利用した車両デザインと、規制適合の確認作業を一連のワークフローで実行できるようになる。(2019/10/7)

スマートファクトリー:
住友ゴムがタイヤ生産をスマート化、日立「Lumada」とPTC「ThingWorx」を採用
住友ゴム工業、日立製作所、PTCジャパン、AIやIoTを活用したプラットフォームにより、高品質かつ高効率なタイヤ生産を実現するシステムをグローバルに構築するための本格的な協業を開始する。今後は、2025年までに同システムを住友ゴムの国内外12拠点のタイヤ製造工場に導入する計画である。(2019/10/4)

産業制御システムのセキュリティ:
工場セキュリティで成長目指すMoxa、トレンドマイクロとの協業製品は2020年初投入
産業用ネットワーク技術などを展開する台湾のMoxaは、工場セキュリティを切り口とし、日本向けの提案を強化する。トレンドマイクロとの協業などを生かし、より簡単で便利な工場のセキュリティ対策を訴求する方針である。(2019/9/27)

日本におけるファブラボのこれまでとこれから(5):
ファブラボとの掛け算で広がる可能性、他者と協業しながら作り上げるという精神
日本で3番目となる「ファブラボ渋谷」の立ち上げを経験し、現在「ファブラボ神田錦町」の運営を行っている立場から、日本におけるファブラボの在り方、未来の理想形(これからのモノづくり)について、「これまでの歩み」「現在」を踏まえつつ、その方向性を考察する。最終回となる今回は、ファブラボとの掛け算で広がる可能性、そしてファブラボが描く未来像について取り上げる。(2019/9/25)

VeritasとPure Storage、企業向けストレージで協業強化
Veritasのストレージ仮想化ソフトウェアをPure Storageのオールフラッシュストレージに対応させ、データの可用性を向上させる。(2019/9/24)

製造業IoT:
LoRaWANを再定義するIIJ、PoCを安価に立ち上げられるゲートウェイを発売
IIJと台湾のKiwi TechnologyがIoT活用に向けたLoRaWANの事業展開で協業する。Kiwi製のLoRaWANゲートウェイに、IIJが開発したLoRaWANの運用に必要なネットワークサーバ機能を組み込んだ製品や、LoRaWAN対応センサーなどをIIJが国内向けに販売する。(2019/9/20)

ソフトバンクとNVIDIAが協業 クラウドゲーミングサービス「GeForce NOW」日本版をβ提供へ
ソフトバンクと米NVIDIAが協業し、クラウドゲーミングサービス「GeForce NOW」の日本版を今冬にリリースする。利用できるのはクローズドβテスト参加者のみで、正式展開はまだ先の予定。同サービスは、処理能力が非力なマシンやスマートフォンでも快適なプレイができる点などが特徴だ。(2019/9/19)

データマーケティングの自動化へ:
WACULとReproが協業、AIによるデータ分析でWebサイトの導線設計と接客の効果を最大化
AIによる改善提案を速やかに実装。(2019/9/19)

シャープの新規事業は「蓄冷材」 液晶の技術を応用 スポーツ観戦の暑さ対策にも
シャープは、社内ベンチャー「TEKION LAB」が開発した「蓄冷材」を新規事業として展開する。スポーツや医療、美容などさまざまな分野のトップブランドと協業。2025年までに売上50億円規模の事業に育てる。(2019/9/13)

TSUKUMO、MSIコラボ仕様のゲーミングPC「G-GEAR Powered By MSI」 法人販路で提供開始
MSIとProject Whiteは、MSI製パーツを採用したゲーミングデスクトップPC「G-GEAR Powered By MSI」の販売で協業を開始する。(2019/9/12)

Siemens Media and Analyst Conference 2019:
デジタルツインで3Dプリンタの性能改善、そしてパーツ製造の完全自動化も実現
Siemens Digital Industries Softwareが開催したプレス・アナリスト向けイベント「Siemens Media and Analyst Conference 2019」では、HPとの協業で進めてきた3Dプリンティングに関する取り組みが紹介された。(2019/9/9)

デニーズ主力7商品、税抜き価格値下げで消費税率変更に対応
 ファミリーレストランチェーン「デニーズ」を展開するセブン&アイ・フードシステムズは6日、10月1日の消費税率引き上げに伴う商品戦略を発表した。人気の高い7品目は税込み価格を据え置くために本体価格(税抜き価格)を2%値下げするほか、新商品やリニューアルで全メニューの6割強を刷新して、値頃感と潜在ニーズの掘り起こしを進める。他社との協業で宅配や持ち帰り対応店舗も拡大し、中食市場への浸透も図る方針だ。(2019/9/6)

製造マネジメントニュース:
日商エレとシーメンスが協業、顧客のデジタル化を支援
日商エレクトロニクスは、シーメンスとデジタルインダストリー事業で協業する。産業用通信、制御、オートメーション分野において連携し、顧客企業のデジタル化とオートメーション化による変革を支援する。(2019/8/30)

キャッシュレス決済とAzureを連携 金融機関のDX支援へ、日本マイクロソフトとインフキュリオンが協業
日本マイクロソフトとインフキュリオン・グループは、金融機関のデジタルトランスフォーメーション(DX)を支援する「次世代金融プラットフォーム」で協業。QRコード決済に対応したウォレットシステムを「Microsoft Azure」上に構築し、信頼性の高い決済システムの運用環境を提供する。(2019/8/29)

協働ロボット:
キヤノンとユニバーサルロボット、人と共に働くロボットの“手”と“目”が協業
キヤノンとデンマークのユニバーサルロボットは2019年8月27日、生産現場の自動化支援で協業することを発表した。ユニバーサルロボットが展開する協働ロボットと組み合わせてプラグ&プレイで使用できるプログラム「Universal Robot +(以下、UR+)」にキヤノンが日本企業で初めて参加し、製品を展開する。(2019/8/28)

KDDIと横浜DeNAベイスターズ、5GやIoTを活用した「スマートスタジアム」で協業
KDDIと横浜DeNAベイスターズは、8月27日に5GやIoTを活用した「スマートスタジアム」の構築に向けたパートナーシップ契約を締結。スマホ決済サービスなどスタジアムでの利便性向上をはじめ、5GとXRや自由視点を組み合わせて新たな野球観戦の提供を目指す。(2019/8/27)

「WISE-PaaS JP」を開発:
アドバンテックとIIJ、産業IoT分野で協業
Advantech(アドバンテック)とインターネットイニシアティブ(IIJ)は、産業IoT(IIoT)分野で協業する。IIoTシステムを容易に導入することが可能な日本市場向け新サービス「WISE-PaaS JP」(仮称)を開発し、2020年1月より提供を始める。(2019/8/23)

製造業IoT:
クラウドとエッジで強力タッグ、アドバンテックとIIJが製造業向けIoTで協業
台湾のAdvantech(アドバンテック)とインターネットイニシアティブ(IIJ)は2019年8月21日、産業IoT領域で協業する。アドバンテックがグローバルで提供する産業分野向けIoTプラットフォーム「WISE-PaaS」の日本でのビジネス展開を共同で進める。(2019/8/22)

FAニュース:
ドローンでプラントの設備を点検、NTTドコモと日揮が協業で
NTTドコモと日揮は2019年8月8日、石油精製や化学などの大規模プラントに対する設備点検や建設管理を対象とし、IoT(モノのインターネット)やドローンを活用した実証と事業創出に向けて協業の検討を行うと発表した。(2019/8/21)

Microsoft純正DaaSを取り巻く動きを整理
Windows 10をクラウドで提供する「Windows Virtual Desktop」はどうなる?
MicrosoftはDaaS「Windows Virtual Desktop」の正式リリースに向けて、同社のアプリケーションを仮想環境での実行に最適化する作業を進めている。Citrix Systemsとの協業も含めて、最近の動きを整理する。(2019/8/11)

太陽光:
丸紅が卒FIT太陽光向けでシャープと協業、蓄電池の導入で最大単価14.6円/kWh
丸紅ソーラートレーディングが卒FIT太陽光向けの買い取りサービスの詳細を発表。シャープエネルギーソリューションと協業し、蓄電池の設置を条件にプレミアム価格を上乗せするプランを展開する。(2019/8/9)

PCセントリックからデータセントリックへ:
PR:業界ごとに最適な“ソリューション”を提供――インテルが、ニュータニックスと組む理由
半導体大手としての技術力を生かし、IoTや5G時代に向けた新たなチャレンジを進めているインテル。その取り組みのカギとなるのが、「パートナー企業との連携・協業」という“業界ごとのエコシステム形成”だ。これにより、各業界特有の課題解決策や新たな価値の創出を強力に推進している。ではIT業界で、ニュータニックス・ジャパンと連携する理由とは何か。インテル 執行役員 インダストリー事業本部長 張磊氏と、インダストリー事業本部 エンタープライズ事業統括部長 糀原晃紀氏に話を聞いた。(2019/8/9)

ガンホーの上半期、パズドラ堅調で純利益75%増 カプコンと協業で攻勢へ
ガンホーの2019年1〜6月連結業績は、増収増益だった。主力のスマホゲーム「パズドラ」のMAUが堅調に推移。下半期はカプコンと共同開発した「TEPPEN」で、収益基盤を強化する。(2019/8/8)

太陽光:
大和エナジー・インフラがエコスタイルと協業、低圧太陽光市場に参入へ
エコスタイルと大和証券グループの大和エナジー・インフラが国内の低圧太陽光発電向けのビジネスで協業。発電所の総容量100MW(メガワット)を目標に、全国で低圧太陽光発電所の建設を進める方針だ。(2019/8/8)

東京メトロとNTT、五輪期間中の地下鉄混雑回避で協業
大会期間中は会場最寄り駅で一般客に観戦者が加わって大混雑が予想されており、東京メトロは、NTTグループの人工知能技術などを活用することで列車増発や迂回ルート案内などで対策する考え。(2019/7/30)

電通、新規事業コンサルで新会社 フリーランスエンジニアと協業してソフトウェア開発まで支援
電通が、新規事業創出とソフトウェア開発をコンサルティングや人材提供で支援する完全子会社「GNUS」を設立し、営業開始したと発表した。(2019/7/29)

KDDI、スタートアップ支援で5G競争勝ち残り 
KDDI(au)が、スタートアップ企業の支援体制を拡充している。昨年9月に都内で開設したビジネス開発支援拠点「デジタルゲート」を今秋に大阪市と那覇市にも設置するほか、米エヌビディアなどとスタートアップの支援で協業することを決めた。(2019/7/29)

モビリティサービス:
トヨタが滴滴に660億円出資、中国でのMaaS事業強化とEV投入で
トヨタ自動車は2019年7月25日、広汽トヨタ自動車や滴滴出行と合弁会社を設立し、滴滴出行と新会社に6億ドル(約660億円)を出資すると発表した。中国におけるモビリティサービス領域の協業を拡大する。(2019/7/26)

トヨタ、中国DiDiとライドシェア関連サービスで合弁会社 約660億円を出資
トヨタが中国の配車サービス大手Didi Chuxingと協業拡大に合意し、ライドシェアドライバー向けにサービスを展開する合弁会社を設立した。(2019/7/25)

講談社、クラウドファンディングで立命館大と提携 研究者を支援
講談社が、科学研究に特化したクラウドファンディングサイト「ブルーバックス・アウトリーチ」で立命館大学と協業する。ブルーバックス編集部のノウハウを生かし、研究者をサポートするという。(2019/7/25)

CAEニュース:
ANSYSとAVSimulationが協業、シミュレーション技術で自動運転車の開発を支援
ANSYSとAVSimulationは、戦略的パートナーシップを締結した。両社のシミュレーション技術を統合することにより、次世代自動運転車をより早く安全に、低コストで設計できるようになる。(2019/7/25)

FAニュース:
AIエッジソリューションを発売へ、アドバンテックがNVIDIAと協業
アドバンテックは、NVIDIAとの協業を発表した。協業に伴う新製品第1弾として、「Jetson TX2」を製品化したAIエッジソリューション「MIC-720AI」を発売した。(2019/7/22)

IoTセキュリティ:
Azure Sphere用新プロセッサの開発に向けNXPとマイクロソフトが協業
NXP Semiconductorsは、Microsoftと協業し、新しいAzure Sphere認証済みクロスオーバーアプリケーションプロセッサを開発する。i.MX 8アプリケーションプロセッサの拡張版で、高い性能とエッジクラウド間のセキュアな接続を提供する。(2019/7/19)

製造マネジメントニュース:
製造業デジタル変革による競争力強化支援プログラムを提供
横河ソリューションサービスは、三菱総合研究所と進めてきた「ものづくり競争力強化支援事業」の協業範囲を拡大し、新たに「製造業DXトータルサポートプログラム」の提供を開始する。(2019/7/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。