ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「原価」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「原価」に関する情報が集まったページです。

カゴメやキユーピー、食品工場用ロボットを共同開発 労働力不足の解決目指す
カゴメ、キユーピーなどの食品大手5社は7月4日、食品工場でのロボットテクノロジー活用に向けて、「未来型食品工場コンソーシアム」を結成したと発表した。調理、業務ロボットを手掛けるTECHMAGICが開発担当として参加。労働力不足や原価の高騰といった、非競争領域の課題解決につなげたい考えだ。(2024/7/5)

製造マネジメントニュース:
原価改善は「一緒に生産性や競争力を上げていくため」、適正取引を徹底
日本自動車工業会は適正取引に関する自工会方針と今後の取り組みを発表した。(2024/5/24)

産業機器でのコストを抑えた汎用OS移行:
組み込み機器に特化したOSでコストダウンとライフサイクルの長い製品に対応
産業用・医療用機器では専用OSの利用が一般的だったが、アプリケーションのリッチ化や利便性の向上を求めて、サーバに汎用OSを採用する企業が増えている。だが、懸念となるのが原価や提供後のサポートだ。これらの問題は解決できるのか。(2024/5/13)

製造IT導入事例:
雪国まいたけの原価管理システムを5カ月で構築 計算精度も向上
雪国まいたけは、東京証券取引所市場第一部への上場申請を機に、JFEシステムズの原価管理システム「J-CCOREs」を導入した。同システムにより、月次決算を実際原価計算で行えるようになり、決算業務の効率化を実現した。また、原価内訳の可視化により原価計算の精度も向上した。(2024/4/24)

「さくらのレンタルサーバ」値上げ 「昨今の各種原価の高騰により」
さくらインターネットが、レンタルサーバサービス「さくらのレンタルサーバ」を全プラン値上げすると発表した。(2024/2/19)

製造マネジメントニュース:
AGCの2023年通期業績は減収減益、塩ビ販売価格下落や製造原価の悪化が影響
AGCは2023年12月期通期(1〜12月)決算と2024年12月期通期業績の見通しを発表した。2023年通期の売上高は前年同期比0.8%減の2兆193億円で、営業利益は同29.6%減の1288億円となった。塩化ビニールの販売価格の下落やライフサイエンスセグメントの受託売上減少、製造原価の悪化などで減収減益を記録した。(2024/2/9)

原価高騰「取引先との契約を見直した」6割超 2024年問題でも原価上昇の見込み
2023年の原価高騰に伴い、取引先との契約を見直した(検討した)企業は64.0%──こんな調査結果をSansan(東京都渋谷区)が発表した。(2024/1/18)

日本オラクル株式会社提供Webキャスト
IT企業が押さえておきたい原価計算の考え方、ソフトウェアは資産計上できる?
物理的な製品を作らず、在庫を持たないIT企業においては、一般的な企業と原価計算の考え方が大きく異なる。それでは会計・税務処理に当たり、IT企業はどのような点に留意して決算書を作成すればよいのか。ポイントを解説する。(2023/12/21)

メカ設計ニュース:
クラウド加工原価見積もりサービスに売価の自動計算機能などを追加
GENKEIは、クラウド加工原価見積もりサービス「Cost PRO」の機能拡張を発表した。表題一括登録機能の案件詳細画面への統合と売価設定機能の追加により、効率的な見積もり業務を支援する。(2023/10/25)

原価管理:
建設業向け原価管理システム「どっと原価3」に、カスタマイズ対応の新プラン「エキスパート」追加
建設業向け原価管理システムの「どっと原価シリーズ」に、カスタマイズ可能なクラウド型新プラン「どっと原価3 エキスパート」が新たに加わった。(2023/9/5)

日本酒原価酒造、1250円で時間無制限の飲み放題 期間限定で実施
8月2日から31日まで日本酒原価酒造全店で時間無制限の飲み放題を実施します。(2023/8/2)

製造IT導入事例:
原価と収益分析を強化、丸美屋食品工業がアミックの基幹業務システムを稼働開始
アミックは、丸美屋食品工業に導入した基幹業務システム「STRAMMIC」が本稼働を開始したと発表した。販売管理業務、生産管理業務、調達管理を1つのシステムに統合することで、基幹業務プロセス全体の効率化につなげる。(2023/7/13)

製造マネジメントニュース:
原価低減のためデジタル化推進望む企業多数、調達購買業務の調査レポート
キャディは2023年6月7日、製造業で調達購買業務に携わる担当者を対象とした調査レポートを公開した。調達購買業務の担当者の評価に影響する要素や、原価低減のための施策の内容について尋ねた。(2023/6/20)

ロジテック調べ:
原価高騰にあえぐ物流業界 「補填できていない」4割超の現実
ロジテック(東京都港区)は物流業界における「原価高騰の影響と対策のリアル」について調査を実施した。その結果、原価高騰の影響を7割超の企業が受けており、高騰の影響を「補填(ほてん)できていない」企業が4割超いることが分かった。(2023/6/16)

メカ設計ニュース:
クラウド加工原価見積もりサービスの機能を改善
カブクは、クラウド加工原価見積もりサービス「Cost PRO」にて、段取り時間、公差に関連する時間の設定機能を拡充した。ユーザーの利用実態に合わせたパラメーター設定にも対応している。(2023/1/16)

日本酒飲み放題1250円 日本酒原価酒蔵、全店で開催
日本酒原価酒蔵は、「時間無制限飲み放題」(1250円)を全店舗で開催した。期間は1月31日まで。2022年に実施した同企画が好評を博し、顧客からの熱い期待に応える形で開催が決定した。(2023/1/11)

お酒が無料で飲めるキャンペーンを日本酒原価酒蔵が実施 「新成人に飲んでもらいたい日本酒総選挙」上位4銘柄から1本
新成人をお祝いして1月9日から19日まで。(2023/1/9)

NEWS
リコー、製造原価分析にNTTデータの「Qlik Managed Service on A-gate」を導入
複合機世界大手のリコーが、製造原価管理業務においてNTTデータの「Qlik Managed Service on A-gate」を導入。海外の生産拠点で複数の機種を生産する同社が、同製品を導入した理由とは。(2022/12/19)

電脳工場+製造業テンプレート:
PR:経営判断に役立つ「使える原価数値」を可視化する方法
生産管理のデータを原価計算に活用できず、製品別の実際原価が見える化されてない、という課題を抱える企業は多い。シンプルで分かりやすく、現場の負荷を増やさずに、経営判断に役立つ“使える原価数値”を可視化する方法を紹介しよう。(2022/10/24)

クラウド:
個別原価管理システムと勤怠管理ソフトウェアが連携
建設ドットウェブが開発、販売している個別原価管理システム「どっと原価NEO」が、ITCSが提供する業務アプリプラットフォーム「ManageOZO3」の勤怠管理ソフトウェア「OZO3勤怠」および「OZO3工数」との連携を開始する。(2022/9/21)

メカ設計ニュース:
クラウド加工原価見積もりサービスに案件管理に便利な新機能を追加
カブクは、クラウド加工原価見積もりサービス「Cost PRO」に、切削品以外の工法の図面の登録と保管ができる機能を追加した。複数の図面を1つの案件として管理できるようになった。(2022/9/1)

どんどん小さくなるお菓子、10年後には…… 料理動画「2030年のコンビニケーキ」がもはや騙し絵
「見た目はそのままで原価をごりごり削ったケーキ」を開発。(2022/9/1)

ベニックソリューション株式会社提供Webキャスト
個別原価管理の属人化の排除や分析精度の課題を一掃する方法とは
個別受注生産型の製造業やプロジェクト型のIT系企業などにとって重要なタスクとなる個別原価管理だが、Excelなどを使用していることが原因で属人化や分析精度に課題を抱えるケースは多い。これを解消する方法とは?(2022/8/31)

70日限定:
2190円で高級寿司コースを提供 若手の育成が狙い
「日本酒原価酒蔵 上野御徒町店」を運営するクリエイティブプレイス(東京都品川区)は9月1日、若手従業員がカウンターで「本格赤酢寿司コース」を2190円で提供する「鮨カゲロウプロジェクト」を開催する(2022/8/30)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
トヨタのいう「原価低減」とは「値切る話」ではない 部品不足と価格高騰
自動車メーカー各社は相次ぐ工場の稼働停止に苦しんでいる。まず部品がない。そして原材料からエネルギー、水に至るまであらゆるものが高騰している。相当に苦しい状況である。そんな中、トヨタが言う「原価低減」とはどういうことを意味しているのだろうか?(2022/8/1)

生産性向上のもう一つのキモは、設備管理の徹底にあり(5):
製造業の原価低減に必要不可欠な「機械設備のコスト」を分解する
工場の自動化が進む中でより重要性を増している「設備管理」について解説する本連載。第4回は、製造業の原価低減に必要不可欠な「機械設備のコスト」について解説する。(2022/7/25)

「獺祭」など20種類:
「1100円の時間無制限飲み放題」が再び 日本酒原価酒蔵がリピーター獲得を狙う
日本酒原価酒蔵の全店で7月31日までの期間、時間無制限飲み放題を1100円で開催する。(2022/7/5)

「獺祭」など20種類:
日本酒原価酒蔵、1100円で時間無制限の日本酒飲み放題
飲食業を手掛けるクリエイティブプレイス(東京都品川区)が運営する日本酒原価酒蔵は、「時間無制限飲み放題」(1100円)を全10店舗で開催する。期間は6月30日まで。日本酒のおいしさを知ってもらい、新規顧客に加えてリピーターも獲得する狙い。(2022/6/18)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
周辺機器に付属のケーブルやポーチが低品質になる裏事情 原価はなんとゼロ円?
マウスだと持ち歩き用のポーチ、周辺機器だとケーブルといった具合に、製品を買うとついてくる付属品は、メーカーにとっては原価がゼロ円であることが多い。多少なりともコストがかかっていてもおかしくないはずなのに、なぜそうなるのだろうか。(2022/6/3)

今日のリサーチ:
飲食店の原価率が18年ぶり急騰 主要100社の3割が過去1年に値上げ――帝国データバンク調査
経営努力だけで吸収するのはもはや限界。(2022/5/9)

コストにこだわる米国フードチェーンがD&Iに巨額投資の裏事情
効率と原価を重視したオペレーションを強みとするフードチェーンが相次いでダイバーシティ、イクオリティ、インクルージョンへの投資を発表した。イメージ戦略やマーケティング施策だけでは説明し切れない大規模投資だ。(2022/3/14)

Restaurant Dive:
マクドナルドは“大寒波”をどう乗り切る? コスト削減と「できたて」提供を両立する店舗運営戦略
コロナ禍や原価高騰で外食産業が“大寒波”に見舞われる中、マクドナルドは従来型店舗よりも小ぶりなテスト店舗をオープンした。効率性を重視してきた同社が、ポストコロナ時代を見据えて取り組むテクノロジーを駆使した店舗運営の在り方とは。(2023/1/5)

モノづくり革新のためのPLMと原価企画(5):
原価の見える化と共有が“稼ぐ力”の基礎を作る、部門間情報のつなげ方
本連載では“品質”と“コスト”を両立したモノづくりを実現するDX戦略を解説する。第5回は製造業の“稼ぐ力”を育てる上で重要になる、原価の見える化を、実際の事例を取り上げて紹介していこう。(2021/11/29)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
トヨタは、1800億円の部品代高騰をどうやって乗り切ったのか 原価改善のファインプレー
すでにお聞き及びの通り、上半期決算でトヨタが過去最高益を記録した。ほんの2カ月前には、部品不足による生産調整で40万台規模の追加減産のニュースが飛び交ったにもかかわらずにだ。筆者も「さすがに今回は厳しいだろう」と考えていたのだが、話があまりにも変わって、少々頭の切り替えが追いつかない。一体トヨタはどうなっているのか?(2021/11/15)

瀧澤信秋「ホテルの深層」:
イクラ盛り放題は当たり前? ホテル朝食“激戦区”の北海道で見た驚きの朝食原価
北海道では、リゾートホテルやビジネスホテルでも海鮮朝食が花盛り。その内容たるや「こんなに出してやっていけるのだろうか?」とこちらが心配になるほどだ。今回はそんな北海道のホテル朝食事情を見ていく(2021/11/5)

瀧澤信秋「ホテルの深層」:
ビジネスホテルの“無料朝食”、気になる原価は一体いくら? 激化する“朝食合戦”から見るホテルの今
ホテルが朝食で特色を出そうとしていることは、宿泊者としてひしひしと感じる時がある。新たな施設の建設やリノベーションを施せば特色は強く打ち出せるが、コストはバカにならない。朝食は差別化のアイテムとして取り組みやすい部分なのだろう。(2021/11/4)

瀧澤信秋「ホテルの深層」:
ホテル1室のアメニティー、清掃費用は一体いくら?  ホテルの気になる“原価”あれこれ
コロナ禍で価格が下がっているホテル利用料金。そもそも原価はどのくらいなのだろうか。運営会社に取材を試みた。(2021/9/17)

メカ設計ニュース:
クラウド加工原価見積もりサービス「Cost PRO」が旋削加工をサポート
カブクは、クラウド加工原価見積もりサービス「Cost PRO」の対応工法に“旋削加工”を追加し、丸物の加工原価見積もりの算出が可能になったことを発表した。(2021/8/6)

モノづくり革新のためのPLMと原価企画(4):
“稼ぐ力”の基礎は設計/製造の連携にあり! 共通言語に「原価」を据えよ
本連載では“品質”と“コスト”を両立したモノづくりを実現するDX戦略を解説する。第4回は製造業の“稼ぐ力”を向上させる上で重要な設計/製造部門の連携を取り上げて、その意義や取り組み方を解説する。(2021/7/20)

DX時代に留意すべきプロジェクト管理の鬼門と成功のポイント
Excel集計と根性論が生む赤字案件 開発現場に必須のプロジェクト管理とは
システム開発で利益を創出するためには、プロジェクトの進捗を正しく把握し、予実管理や原価管理による収支管理が必須だ。丼勘定では赤字を生みかねない。忙しい現場を助けるプロジェクト管理の手法とは。(2021/7/14)

メカ設計ニュース:
カブク、クラウド加工原価見積もりサービスの対応工法に平面研削を追加
カブクは、製造業向けSaaSソフトウェアサービス群「Kabuku Cloud」で提供するクラウド加工原価見積もりサービス「Cost PRO」の対応工法に平面研削を追加した。これにより、より高精度な加工原価見積もりの算出が可能になるという。(2021/6/8)

製造ITニュース:
水産加工会社の損益管理ノウハウを詰め込んだ、原価管理テンプレートを発売
キヤノンITソリューションズは、マルハニチロの原価管理、損益管理の手法と帳票をテンプレート化した「損益管理テンプレート」を発売した。同社の生産管理パッケージ「mcframe原価管理」のオプションとして提供する。(2021/5/31)

【漫画】食べ物の「原価率」に振り回されるギャルとJK 元を取るには何を食べればいいの?
食べたいもん食べるのが一番。(2021/4/14)

設備業ITフェア ONLINE 2021:
スマホで日報と出来高を入力・閲覧できる原価管理クラウド、マスターの入力は不要
コンピュータシステム研究所は、現場のスタッフがスマートフォンで作業日報や原価情報を入力でき、そのデータをリアルタイムに集計し、クラウド経由で管理者が各現場の出来高進捗と原価状況を把握する事が可能な建設業向け原価管理クラウド「MARS Evo」を開発した。MARS Evoは、運用前に単価や歩掛(ぶがかり)などの膨大なマスター入力が不要で、導入してからスピーディーに使える。(2021/2/26)

設備業ITフェア ONLINE 2021:
物販・工事原価・保守修理の業務を一元管理する設備工事業向け新システム
内田洋行ITソリューションズは、物販や工事原価、保守修理の業務を一元管理する設備工事業向け基幹業務システム「スーパーカクテルCore 設備工事・保守」を開発し、2020年11月にリリースした。(2021/2/17)

勝社長 IIJmio新料金プランは「競争できる」も、キャリアには「公正な原価」を求める
インターネットイニシアティブ(IIJ)が2月8日、2020年度第3四半期の決算について説明した。業績は好調だが、個人向けMVNOサービスは厳しい戦いを強いられている。2月24日にIIJmioの新料金プランを発表予定だが、キャリアには「公正な原価」を求めていく。(2021/2/8)

製造ITニュース:
業務とIT両面で製造現場を支援する見える化ソリューション、原価低減などに貢献
日立産業制御ソリューションズは、業務とITの両面から製造現場の改革を支援する工場業務見える化ソリューション「MONOSOLEIL」を発売した。工場全体の原価低減、生産効率向上、在庫削減などに貢献する。(2021/1/6)

食いしん坊ライター&編集が行く! フードテックの世界:
テイクアウト特化で原価率68%のハンバーガーを提供 “1人焼肉”運営元がDXに見いだす活路
入店から商品受け取りまで完全非接触でテイクアウト専門のハンバーガーショップが東京・中目黒に誕生した。DXの推進によってハンバーガーの原価率はなんと68%。店舗開発の背景や取り組みについて代表取締役に話を聞いた。(2020/11/30)

アフターコロナ 仕事はこう変わる:
なぜ「原価率300%」の料理を出すのか? コロナ後の飲食店に求められる「メニューの会計力」
コロナ後の飲食店に求められるのが、メニューを会計的に見直す力「メニューの会計力」だ。この力を高めてコロナ後を乗り切っていくことが必要になる。メニューに会計的視点を取り入れて、「広告宣伝費的な視点」「接待交際費的な視点」「販売促進費的な視点」によって、話題を作り、再来店を促し、回転率を上げて来客を促し、顧客を開拓するのだ。(2020/7/23)

「UFF」は過去最大の出荷台数:
日本電産、売り上げ減でも営業増益、利益率も8.3%に
日本電産は2020年7月21日、2021年3月期第1四半期(2020年4〜7月)の決算説明会を行った。売上高は前年同期比6.6%減の3368億円だった一方、独自の収益構造改善策「WPR4プロジェクト」による原価改善などによって営業利益は同1.7%増の281億円、営業利益率も同0.6ポイント増の8.3%に向上した。日本電産 代表取締役会長兼CEO、永守重信氏は、「営業利益281億円のうち100億円はWPR4によるものだ。Q2以降もさらに改善が進むと自信を持っている」と語っている。(2020/7/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。