ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「電子化」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「電子化」に関する情報が集まったページです。

今さら聞けない要点整理4:
PR:帳票電子化のメリット、デメリット ツール選びのポイントは?
経理業務を取り巻く法改正に対応するため「帳票の電子化」を検討する企業が増えています。本記事では、帳票の電子化によるメリット、デメリット、そしてツール選びのポイントを解説します。(2024/5/1)

エキスパートが解説
激増する経理業務の負荷を軽減する「請求書電子化」のススメ
各種法令対応で請求書業務を取り巻く環境は大きく変化し、業務負担の増加が課題になっている。その解決策について、エキスパートが解説する。(2024/5/17)

今こそ考えたい請求書業務のデジタル活用
業務負担が軽減されるはずが、かえって“煩雑”に? 帳票の電子化に伴う新課題
帳票の電子化はコスト削減やオペレーションの円滑化といったさまざまなメリットをもたらす。一方で、業務の煩雑化と負荷の拡大という新たな課題も生まれているようだ。どう解決すればいいのだろうか。(2024/5/17)

PR:激増する経理業務の負荷を軽減するには? ウイングアーク1stが解説する請求書電子化のススメ
(2024/2/28)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「ビジネス文書の電子化」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2024/2/28)

紙が残る過渡期:
PR:業務負担が軽減されるはずが、かえって“煩雑”に? 帳票の電子化が注目される今こそ考えたい、請求書業務のデジタル活用
(2024/2/28)

医療機器ニュース:
医療機器の日常点検を電子化し、データ入力や管理を効率化するサービス導入
シーメンスヘルスケアは、Siemens Healthineers製医療機器の日常点検を電子化する無償サービス「Daily Check Sheet」を導入した。日常点検を電子化することで、データの入力や共有、管理を効率化する。(2023/12/7)

電子契約:
新築工事請負契約書の電子化、パナソニック ホームズ13拠点でスタート
パナソニック ホームズは、一部地域の支社での新築工事請負契約で、新築工事請負契約書の電子化を開始する。クラウド上にアップロードされた1冊の契約書に、顧客が電子署名することで、契約が成立となる。(2023/11/29)

イオン、電子レシートをスマホに発行 WAON POINTの進呈も
イオン子会社のイオンスマートテクノロジーは10月23日、スマートフォンアプリに電子レシートを発行する機能を発表した。これまで発行していた紙のレシートを電子化する。買い物の際の利便性を向上させる他、環境への配慮が目的。(2023/10/23)

伝統とデジタル:
「批判もあったが実行した」 比叡山延暦寺、8年間のDXの取り組み
InstagramやYouTubeで国内外に情報発信し、入場チケットは電子化に対応し、組織内ではビジネスチャットを導入――比叡山延暦寺がここまで積極的にDXを取り入れていたのをご存じだろうか。デジタル化に舵を切ったのは8年ほど前。なぜこうした動きを活発化させているのだろうか。理由を探るため比叡山に向かった。(2023/10/10)

CAD:
“確認申請の電子化”で「ARCHITREND ZERO」と確認検査機関のWeb申請が連携
建築確認申請の電子化の流れを受け、Web上の建築確認申請サービス「Houseplus Portal Web Site」と3D建築CAD「ARCHITREND ZERO」が連携した。CADデータから申請図書出力、申請書作成、電子申請までの一連の流れがシームレスに行えるようになる。(2023/9/27)

取引書類の「紙保存」に関する“よくある誤解”
マンガで解説:「電子帳簿保存法」“まだ大丈夫”は危険 要件違反を防ぐには?
「電子帳簿保存法」に2024年からの猶予措置が設けられたが、電子取引データの紙媒体での保存はあくまで「やむを得ない事情がある場合」の例外措置だ。取引データの電子化によって法令順守だけではなく、経理事務を効率化する方法とは。(2023/9/26)

船も「CASE」:
電話対応を半減! アナログな港湾をCyber Portは救えるか
国土交通省は「Cyber Port(サイバーポート)」の活用に向けたWebセミナーを開催した。サイバーポートは、民間事業者間のコンテナ物流手続を電子化して作業の効率化を目指すプラットフォームだ。(2023/9/25)

現場管理:
工事写真の新規格に対応した「一発!工事写真台帳」の新バージョン
シーサイドソフトは、公共工事の電子納品の工事写真レイヤー化や小黒板情報電子化に対応した「一発!工事写真台帳 Plus Ver.8.1」とiOS、iPadOS、Android、FireOSなどで使えるカメラアプリ「スマホでアルバム Plus Ver.3」を同時にリリースした。(2023/9/11)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「帳票電子化、インボイス制度対応」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2023/7/26)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「帳票電子化、インボイス制度対応」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2023/7/7)

不動産テック:
大和ハウスとNTTデータ、住宅ローン業務のDXに向けた実証実験
大和ハウス工業とNTTデータは、地域金融機関一行と共同で、住宅ローン業務のDXに向けた実証実験を開始する。コミュニケーションのデジタル化や住宅ローン申込情報の電子化などについて検証する。(2023/6/22)

電子政府のクラウド活用【第4回】
シンガポール政府が「ソブリンクラウド」には満足できない納得の訳
シンガポールの公共サービスの電子化を支えるのがクラウドサービスだ。クラウドサービス活用における懸念事項になりがちなセキュリティ対策とデータ保護に対して、シンガポール政府はどのように取り組んでいるのか。(2023/6/14)

カシオ、電卓の包装をプラ→紙に 説明書も電子化
カシオ計算機が、電卓の包装をプラスチックから紙に変更する。6月から順次変更し、年間で約340トンのプラスチック削減につなげるという。(2023/5/31)

現場管理:
現場アナログ業務の課題、報告書の電子化システムを望むもハードルも明らかに
シムトップスは、建設業におけるアナログ業務に関する課題について、2023年2月に建設業の現場監督109人に対してインターネット調査を実施。結果を公開した。(2023/5/25)

ロジスティクス:
年間約692万枚に及ぶ“パレット伝票”を日本パレットレンタルが完全電子化
日本パレットレンタルは、パレット伝票を電子化するシステム「epalDD」の導入によって、レンタルパレットの利用企業間での受け払いに使用する伝票を、複写式伝票から電子伝票へと完全移行した。(2023/5/17)

国産EMSが支えるモノづくり:
PR:電動化で増える電子基板の開発と生産をどうすべきか OKIが提案するEMSの活用法
あらゆる製品で電子化や電動化が進む中、製品内で使用が増える電子基板の開発や生産に苦慮する製造業が増えている。こうした企業の受託開発や受託生産で業績を伸ばしているのがOKIのEMS事業部だ。今後、同事業部が注力する2つの領域について話を聞いた。(2023/3/31)

ピコ太郎ブームの裏にローランドあり?:
和太鼓や管楽器を電子化!? 創業51年目のローランドが挑む音楽市場のゲームチェンジ
2022年に創業50年を迎えたローランドでは、音楽や楽器の「ゲームチェンジ」を掲げ、その一環としてさまざまな楽器を開発している。果たしてどんな楽器として仕上がっているのか?(2023/3/29)

抽選でAmazonギフトカードが当たる
「企業間取引における紙ベース業務の電子化」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2023/2/28)

福田昭のデバイス通信(389) 2022年度版実装技術ロードマップ(13):
嗅覚と味覚の電子化を目指すバイオセンサ
今回は、第2項(2.3.2)「メディカル」の最後の項目、「バイオセンサ」を取り上げる。(2023/2/27)

きょうスタートの「電子処方箋」ってどんなもの? 対応病院はまだ16件
電子処方箋の本格的な運用が始まった。処方箋を電子化するもので、データ共有により過去3年分の投薬履歴を確認でき、重複投薬や危険な飲み合わせを回避できるなどのメリットがある。(2023/1/26)

DXの第一歩
「企業間取引における紙ベース業務の電子化」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフトカード(3000円分)をプレゼント。(2023/1/5)

TechTarget発 世界のITニュース
「Now Platform」に勤務環境と業務効率を改善する“3機能”が追加
ServiceNowが「Now Platform」の3つの新機能を発表。電子化と自動化で従業員の働き方管理や組織の生産性向上を支援する。(2022/12/26)

経産省「コンテンツ緊急電子化事業」偽サイトに注意 事業終了後、第三者が「.jp」ドメイン取得 ウイルス感染のおそれ
経産省「コンテンツ緊急電子化事業」偽サイトに注意。2014年に閉鎖した「.jp」ドメインのサイトだが、事業終了後、第三者がドメインを取得したようだ。(2022/11/21)

車検証、電子化するのに「値上げ」の怪 SNSで不満の声 デジタル庁の存在感も希薄
2023年1月、車検証が電子化する。これに伴い、車検の手数料などが値上がりする政令の閣議決定がなされた。一部SNSでは「デジタル化なのに利用コストが上がるのはなぜか」など不満や疑問の声が挙がっている。(2022/11/4)

AI:
建設業の請求書処理を電子化するAIベンチャー「燈」に聞く 独自のSaaSがなぜ中小ゼネコンに多数導入されたのか?
多数の中小ゼネコンでは、紙ベースの請求書で受発注などの処理業務を行っており、確認と承認の作業だけでも、仕分けや郵送、開封、移動の煩雑な手間と時間が生じている。解決策として、AIベンチャー企業の燈は、場所や時間を問わずにインターネットを介して、電子請求書の共有や確認、承認が行える建設業向けの請求書処理業務DXサービス「Digital Billder」を開発し、中小ゼネコンをメインターゲットに提案している。(2022/11/7)

不動産テック:
英国土地登記所が不動産取引きのデジタル化を加速、4年以内に5兆円の経済効果
英国の不動産取引きを所管する政府機関HM Land Registryは、デジタル化の歩みを加速させる。英国内の不動産テックを採り入れることで、不動産手続きの大幅な電子化による効率化を進め、新たな市場のエコシステムを創出し、今後4年以内には5兆円の経済効果を見込む。(2022/10/24)

自社にも取引先にもメリット
マンガで解説:インボイスの電子化でまずチェックすべきシステム要件とは?
インボイス制度は、請求書のやりとりを電子化する好機となり得る。ただしインボイスをPDF化するだけでは業務効率化の効果は期待できない。電子請求書発行・受け取りシステムを検討する際の要件を、マンガを交えて解説する。(2022/10/4)

日産、昭和36年以降の報道資料を電子化 “ハコスカ”発表時のリリースなども
日産自動車は26日、報道関係者向けサイトに掲載しているニュースリリースのアーカイブを大幅に拡充した。1961年(昭和36年)以降のニュースリリースを電子データ化し、誰でも見られるようにした。(2022/9/26)

約4割の企業が「免税事業者のままでも2〜3年間は取引を継続する」:
フリーランサーの死活問題「インボイス制度」開始まで約1年 企業の対応状況は?
ウイングアーク1stは、「インボイス制度に向けた企業間取引の電子化に関する対策調査」の結果を発表した。「Peppol」に対応予定の企業は全体の4分の1、約3割が適格請求書発行事業者の登録申請に向けて動いていることが分かった。(2022/9/12)

「紙」の申請・承認業務を“そのまま”電子化:
PR:コロナ禍で増えた「その場しのぎのワークフロー」を解消 申請・承認・決裁業務のペーパーレス化で今すぐDXへ
DX推進の動きやコロナパンデミックなどをきっかけに、バックオフィス業務の「電子化」への取り組みが加速している。しかし、一部に“紙”による申請・承認・決裁業務が残り続け、それを課題に挙げる企業は多い。そんな企業に導入をすすめたいのが、申請・承認・決裁処理を電子化するインフォテックのワークフローシステム「Create!Webフロー(クリエイトウェブフロー)」だ。ここからは、Create!Webフローの新機能「Liteフォーム」の特長とともに、紙運用からの脱却するポイントについて迫る。(2022/8/29)

2023年1月から「車検証の電子化」始まる 国交省が特設サイト公開
国土交通省が、2023年1月4日から開始予定の「自動車検査証」の電子化に合わせ、特設サイトをオープンした。電子車検証について、イラストなどを交えながら分かりやすく解説することを目的としている。(2022/8/22)

ただのペーパーレスでは終わらない
電帳法対応と帳票電子化の進め方 JFEスチール、フェリシモ、ロジクエスト事例
高額な鋼材代金を請求するため遅れが許されないJFEスチール、多数の取引先に受領証兼請求書を代理発行するフェリシモ、全国のドライバーから大量の請求書を受け取るロジクエスト、それぞれの担当者が帳票電子化のプロセスを語った。(2022/8/18)

DXの第一歩
「企業間取引における紙ベース業務の電子化」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2022/7/20)

DXの第一歩
「企業間取引における紙ベース業務の電子化」に関するアンケート
簡単なアンケートにご回答いただいた方の中から抽選で10名にAmazonギフト券(3000円分)をプレゼント。(2022/6/20)

不動産テック:
小田急不動産が不動産オーナー向け収支電子化ツール「WealthPark ビジネス」を導入
小田急不動産は、資産管理/運用アプリケーション「WealthPark ビジネス」を導入し、賃貸不動産オーナー向けに、収支の電子化対応やチャットでのコミュニケーション円滑化につなげる。(2022/5/22)

書類電子化に加え押印も不要:
宅建業法が改正 賃貸借契約の完全オンライン化が可能に
宅地建物取引業法の改正法が、5月18日に施行された。賃貸や売買などの不動産取引に必要な重要事項説明書などを電子化できるほか、書類に宅地建物取引士の押印も不要となる。(2022/5/18)

漫画村問題を語る:
漫画家・赤松健に聞く海賊版ビジネスの課題 電子化がもたらす若手作家への功罪とは
「漫画村」閉鎖以後も、海賊版サイトが完全になくなったわけではない。「漫画村」以後の漫画海賊版ビジネスの現状や、電子化に代表される漫画業界の課題を、日本漫画家協会で常務理事を務める漫画家の赤松健さん聞いた(2022/5/3)

メールチェックを怠ったばかりに学校の重要連絡をスルー…… 教育現場の電子化についていけない保護者の漫画に共感
いくら便利な手段でも、結局マメに使わないことには……。(2022/4/25)

日本企業の電子化を阻む障壁と回避法
元国税庁の専門官が語る、改正電帳法対応の勘所と障壁の乗り越え方
2022年1月に改正電子帳簿保存法が施行されたが、一部の規定は宥恕(ゆうじょ)措置が設けられた。この期間にDXを見据えて紙業務の電子化を進めるコツを、国税庁で電子帳簿保存法の専門官を務めた人物が解説した。(2022/3/28)

不動産テック:
スマホとマイナンバーカードだけで不動産取引、東急リバブルとGMOグローバルサイン・HDが2022年春に実用化
東急リバブルと、GMOグローバルサイン・ホールディングスは、不動産売買契約の電子化に向けた研究開発に乗り出した。2022年春にも電子署名システムを実用化し、不動産取引のデジタル化時代にいち早く対応する。(2022/3/9)

法改正の“そもそもの目的”から探る
電帳法改正は業務の「自動化」「効率化」絶好の機会 何から始めればよい?
電子帳簿保存法の改正を受け、「最小限のコストで法改正に対処しよう」と考えるのは得策ではない。ITに投資するなら、将来のビジネストレンドを見据えて抜本的な電子化に着手すべきだ。そのために今から取り組みたい施策は。(2022/3/4)

タケダ機械「プレミアム優待倶楽部」を導入 5月末適用
 タケダ機械は2月21日、IR支援カンパニーのウィルズが提供するポイント制株主優待と株主情報の電子化サービスを融合させた「タケダ機械・プレミアム優待倶楽部」を導入すると発表した。(2022/2/24)

どうする? 電子帳簿保存法Q&A:
電子化は「コストかかる」から意味がない? 紙ベースのままが安心? 電子帳簿保存法Q&A
電子帳簿保存法の改正を機会に、紙でやりとりしてきた請求書や領収書(エビデンス)も、電子保存にすることを検討しています。しかし、コストを考えると、紙ベースのままでもいいのでしょうか?(2022/2/17)

A-Styleフォーラム Vol.8:
指定検査機関が解説“Web建築確認申請”はなぜ必要?「目からウロコ!これからのクラウド活用術」〈中編〉
住宅用3DCADメーカー福井コンピュータアーキテクトは2021年10月1日、Webセミナーイベント「A-Styleフォーラム Vol.8」を開催した。建築分野におけるクラウド活用をメインテーマに、日本マイクロソフトによる基調講演をはじめ、指定確認検査機関の建築確認申請電子化の解説、実力派設計コンサルによる設計効率化テクニックの紹介など、多彩かつ充実した3時間となった。第2回目のレポとなる中編では、民間の指定確認検査機関のJ建築検査センター 佐々木彰氏によるテクニカルセミナーを振り返る。(2022/1/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。