ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ネット広告」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

d払い、ポイント還元時期を即時通知へ 利便性改善でPayPayに追随
NTTドコモが、スマートフォン決済サービス「d払い」で、ポイントの獲得時期をd払いの利用直後に通知するよう、システムを見直すことが分かった。これまでは最大手のPayPayに利便性で後れを取っていたが、利便性向上やキャンペーン拡大で巻き返しを図る構えだ。(2021/7/30)

「ウマ娘」でゲーム事業の営業利益約500%増 サイバーエージェント4〜6月決算
サイバーエージェントの2021年ゲーム事業の営業利益が前期比で483.5%増加した。主な要因は「ウマ娘」という。(2021/7/29)

アップルとグーグル、最終利益2兆円超え 4〜6月期、在宅需要が追い風
両社とも在宅勤務や遠隔授業で高まったデジタル需要の追い風で、最終利益が2兆円を上回る好業績だった。(2021/7/29)

21年9月期通期予想:
「ウマ娘」絶好調で2度目の上方修正 サイバー藤田社長「グラフの角度が変わる伸び方」
サイバーエージェントは21年9月期の第3四半期決算報告会を実施した。ゲーム事業の主力タイトル「ウマ娘」が前四半期に続き好調だったことから通期連結業績予想を上方修正した。ウマ娘好調の背景には何があるのだろうか。(2021/7/28)

70歳の働く場:
定年後に「新天地」で挑戦する高齢者 中小企業の支援で新たな生きがい見つける
高齢者雇用安定法が改正されて、企業は4月から70歳までの社員の就業機会を確保するよう努力しなければならなくなった。企業にとっては継続雇用と定年延長・廃止に加え、個人事業主として業務委託契約を結ぶなどの対応を迫られている。企業の「お荷物」にならない「70歳の働く場」を考えてみた。(2021/7/28)

「特に注意すべき層」も判明:
テクニカルサポート詐欺、日本人の3人に1人が遭遇 傾向と対策は――Microsoft調査
Microsoftのテクニカルサポート詐欺に関するグローバル調査によると、過去12カ月の詐欺遭遇率は、日本が29%で世界で最も低いものの、特に注意が必要な層もあることが分かった。(2021/7/27)

気象庁、Web広告を再開 2021年度の収入は800万円の見込み
気象庁は公式ページへのWeb広告の掲載を再開した。2021年度は800万円の広告収入を見込む。収入は、公式ページに導入しているシステムの運用経費に充てる。(2021/7/20)

「とにかく1週間で」という要望にOSS版の知識を活かし開発者体験を損なわずに応える:
PR:コロナ禍で「VPN不足・ゼロトラストの必要性」に直面したサイバーエージェントのサービス開発現場、迅速な認証基盤の強化に「NGINX Plus」を採用した理由
多くのサービスを運営し、膨大な協力会社を抱えるサイバーエージェントもコロナ禍でテレワークを進める上で、セキュリティの課題を抱えることになった。この課題の解決に向けて、サイバーエージェントはどのような対策を行ったのだろうか。(2021/7/26)

ウェザーニューズ、Cookieに頼らない「天気連動型動画広告」 CTRは従来比40%向上
ウェザーニューズ社は、スマホアプリ「ウェザーニューズ」内でCookieに頼らずユーザーの好みに合う広告を配信する「天気連動型動画広告」の提供を始めた。アプリの利用情報とユーザーの位置情報、気象情報を活用する。(2021/7/19)

鎌倉のシェアハウスで「0円IT留学」 テラスハウスやバチェラー参加者含む6人の男女が参加
湘南と鎌倉のシェアハウスに滞在しながら、ITやWebマーケティングのスキルが身につく「0円で学べるIT留学講座」が開催。IT留学を通し鎌倉の街やシェアハウスの様子などを参加者に発信してもらい、鎌倉をPRする狙い。(2021/7/17)

「購買」が起点:
楽天が本気で進める「オムニコマース」 1億超のIDがオンラインとオフラインの体験をつなぐ
楽天グループが広告事業の領域をオンラインからオフラインまで拡大させている。1億を超える楽天IDのデータを集客と顧客エンゲージメントの向上にどう活用できるのか。担当者に聞いた。(2021/7/15)

AIが広告を創る時代 心の動きや感情を見極めるのは人間の右脳?
マーケティングプランナーの鈴木準さんが、AIと広告作りの関係を分析。変化する部分と、逆に変わらない部分について論じる。(2021/7/15)

金鳥の「いま、いいよね。一方通行の新聞広告」、続きはWebにあった
「金鳥」ブランドで知られる大日本除虫菊の新聞全面広告がネットで話題になっている。ネット広告へのアンチテーゼと見せながらネットに誘導するユニークな広告だ。(2021/7/6)

製品分解で探るアジアの新トレンド(50):
「ルンバ対中国製」の構図で競争が進むお掃除ロボ
中国Xiaomi系のロボット関連機器を手掛けるRoborockの多機能お掃除ロボットが2020年末に発売された。日本では大型家電量販店の独占販売となっており、ネット広告やTV-CMなどでも見かけることがあるほどにイチオシ製品として扱われている。今回は、Roborockの最上位機である「S6 MaxV」を分解した。(2021/7/6)

KINCHOが新聞広告でネット広告を盛大にディス→一転「インターネット大好き」 ツンデレ過ぎる宣伝が人気
「新聞広告は、(ネットみたいに)あこぎなことしないから安心だよ」とか言っといて……。(2021/7/5)

長谷川秀樹の「IT酒場放浪記」 これからの小売り論:
デジタル時代でも、感動を与えるのは店舗──中川政七商店、ユナイテッドアローズのCDOが語る哲学
元メルカリCIO長谷川秀樹氏が、IT改革者と語る「IT酒場放浪記」。今回のゲストは、中川政七商店 取締役CDOの緒方恵氏と、ユナイテッドアローズ 執行役員CDOの藤原義昭氏。小売り企業のDXを最前線で進めてきた二人が、今あらためて考える店舗の価値、ECの意義とは?(2021/7/1)

国内における事業戦略を発表:
アドビ新社長の神谷知信氏が掲げるビジョンは「心、おどる、デジタル」
新ビジョンに基づき今後、企業のデジタルトランスフォーメーションをどう支援していくのか。(2021/6/30)

Googleが考えるプライバシーの在り方 「広告にはユーザーデータを使わない」
Web検索やマップ、カレンダーなどさまざまなWebサービスを展開するGoogleは、同意を得た上でユーザーの情報を収集、分析し、サービスに活用している。同社はサービス設計の段階でプライバシーに配慮し、世界最高水準のセキュリティを確保することを基本方針としている。Googleがユーザー同士の会話を盗み聞きすることもないという。(2021/6/30)

マイクロアドデジタルサイネージが「OiTr」と連携:
女性個室トイレのデジタルサイネージにプログラマティック広告配信 生理用ナプキンを無料で提供
ジェンダーギャップ解消にデジタルサイネージが貢献。マイクロアドデジタルサイネージは2021年8月、オイテルが運営する女性個室トイレメディア「OiTr ads」に動画広告配信を開始する。(2021/6/30)

ららぽーと富士見で導入:
ナプキン無料化、動画広告でマネタイズ 施設内の広告出稿など見込む
女性個室トイレにデジタルサイネージ機能を持つディスペンサーを設置し、広告費を得ることで、利用者に対して無料で生理用ナプキンを提供する──「生理の貧困」に注目が集まるなか、オイテル(東京都品川区)はそんなサービスを8月に始める。(2021/6/29)

これからどうなる?:
Google、ChromeでのサードパーティーCookie廃止を2023年まで延期 アドテク各社がコメント
GoogleがWebブラウザ「Chrome」におけるサードパーティーCookieのサポート完全廃止を2023年後半まで延期と発表。広告プラットフォーム各社が発信したメッセージをまとめた。(2021/6/28)

「iPhone」の新しいプライバシー設定がもたらす影響【後編】
iOS新プライバシーは「Apple広告優遇のため」とFacebookが懸念 Appleの見解は
「iOS 14.5」の新しいプライバシー保護設定に、Facebookが懸念を示している。それはなぜなのか。その懸念は妥当なのか。Appleの言い分も踏まえて考える。(2021/6/28)

22年2月期第1四半期:
ココイチの壱番屋、純利益5倍 テークアウトで需要増、時短協力金などで増益
壱番屋の2022年2月期第1四半期(21年3月〜5月)連結業績は、純利益が前年同期比約5倍の12億5800万円だった。テークアウトの需要増に加え、補助金や投資有価証券の売却益もあり、増益につながった。(2021/6/25)

Amazon.com、Podcastホスティング&収益化のART19買収
AmazonがPodcastホスティングと広告サービスを手掛けるART19を買収する。昨年買収したWonderyと共にAmazon MusicのPodcastサービスに統合する計画だ。(2021/6/25)

EU、Googleの広告事業に関する独禁法調査開始
EUの欧州委員会が、Googleを独禁法違反の疑いで正式調査すると発表した。Googleが自ら運営する広告サプライチェーンで自身の広告を優先的に扱うことで、競合する広告主とパブリッシャーに損害を与えた可能性を調査する。(2021/6/23)

『「何者」かになりたい 自分のストーリーを生きる』【後編】:
博報堂出身のクリエイティブディレクター、GO三浦崇宏さんに聞く「広告業界の問題点」 炎上をいかにして回避するか
広告業界を取り巻く環境が大きく変化し、大手をはじめとした広告会社が事業領域の拡大や異業種との協業を模索している。The Breakthrough Company GO三浦崇宏さんに、広告業界の過渡期に創業した理由や、最近の広告会社のビジネスモデル、広告表現と炎上、その回避策を聞いた。(2021/6/25)

製造業IoT:
IoT家電のデータを活用したマーケティングソリューションを提供開始
電通は、IoT化した家電製品のデータを活用して、企業の広告配信および効果検証などに活用できるマーケティングソリューション「domus optima」(β版)の提供を開始する。(2021/6/21)

「iPhone」の新しいプライバシー設定がもたらす影響【前編】
「iOS 14.5」のプライバシー保護設定で広告売り上げ減を懸念する中小企業の本音
Appleが「iOS 14.5」から搭載した新しいプライバシー保護設定は、広告売り上げをビジネスの軸にしている中小企業に大きな影響を与える可能性がある。どのような問題が起こるのか。幾つかの企業の声から探る。(2021/6/21)

Facebook、Oculus端末でのVR広告のテストを開始
Facebookが、VRヘッドセット「Oculus Quest」でのVR広告のテストを開始した。まずはゲーム「Blaston」などに広告を表示する。これによりVR開発者に新たな収益源を提供するとしている。(2021/6/17)

広告コピー生成、効果予測、チャットbot他:
電通の広告・マーケティングノウハウをAIで再現 「CXAI」が目指すもの
電通グループ4社が、CXのためのAI構築サービスを開始した。電通のクリエイターの知見を学習したAI技術をモジュール化し、ニーズに合わせて組み合わせてWebアプリとして提供するものだ。開発の狙いについて聞いた。(2021/6/16)

シャープ製IoT家電の利用状況を分析、広告配信に活用 電通が新サービス
電通は6月7日、シャープ製のIoT家電から得たデータを活用してスマートフォンやPCに広告を配信するサービス「domus optima」(ドムス・オプティマ)のβ版を発表した。ユーザーの家電利用データから潜在的なニーズを予測し、それに合わせて商品やサービスの広告を配信する。(2021/6/9)

巨大IT念頭「デジタル課税」 対象は100社程度の公算
日米欧の先進7カ国(G7)の財務相会合は5日閉幕し、物理的な拠点がない国でもサービスの利用者がいれば企業に適切に課税できる「デジタル課税」の導入が進展した。対象はGAFAを中心に100社程度になる見通し。(2021/6/8)

日本のインターネット広告の礎を作った立役者:
横山隆治氏がCCCマーケティングのエグゼクティブ・アドバイザーに就任
企業のDXに寄与し、マーケティング課題解決から経営戦略の策定を支援。(2021/6/4)

古田拓也「今更聞けないお金とビジネス」:
アイフルの好決算から考える、コロナで二極化する家計のリアル
消費者金融大手のアイフルが、著しい業績改善を見せている。5月に発表した2021年3月期決算によれば、グループの連結営業利益は前期比で約9.4倍となる175億円の黒字となった。(2021/6/4)

KDDIとmenuが資本業務提携 “au経済圏”の拡大目指す
KDDIがフードデリバリーサービス「menu」を手掛けるmenu社(東京都新宿区)と資本業務提携を締結。auの各サービスでmenuと連携したサービスを展開し、“au経済圏”の拡大を目指す。(2021/6/2)

AIで「実在しない男性モデルの画像」を生成 「INAI MODEL」がラインアップ拡充
イメージナビが、AIを活用して実在しないモデルの画像を作成するサービス「INAI MODEL」に、男性モデルを追加した。従来と同じく、Web広告やポスターなどでの利用を見込む。(2021/6/1)

顧客の心をつかむ7つの方法【第3回】
「MAツール」「共感マップ」とは? 顧客との関係改善に効く2大ツール
企業が顧客との関係改善に利用できる手段はさまざまだ。その中から「MAツール」「共感マップ」という2つのツールを紹介する。(2021/5/31)

本田雅一の時事想々:
“追跡広告”やりすぎ? アップルが擬人化CMで問うたこと
アップルが公開した、広告の擬人化CM。どこか居心地の悪さを感じるこのCMだが、どんな意図があるのだろうか。(2021/5/29)

元SAP幹部「Data Cloudが不可欠」に見るGoogle Cloudの本気
企業がビジネスを推進する上で「Data Cloud」が不可欠。Googleのサービスであればそれを実現できる――。元SAPのVPのGerrit Kazmaier氏がGoogle Cloudの優位性を説明した。(2021/5/25)

ダイレクトな人々 第7回:
体重100kg超でも品の良い着こなしを 大柄な男性向けファッションブランド「carorie」がこだわったこと
話題のD2Cブランドとそこで生まれるコミュニケーション、ブランドの仕掛け人の思想について考察するこの連載。第7回は異色のメンズアパレルブランド「carorie」のオーナーである小林稜さんに取材しました。(2021/5/25)

20年物のCMS、バラバラだった会員システムの統合……:
PR:「こんなに長くいるつもりはなかった」エンジニアがアイティメディアを支え続ける理由
複雑なシステムを整理し、謎解きをするように最適解を見つけていく。社内の利用者のために、その先の読者やクライアントのために。アイティメディアのエンジニアは、泥臭く、だからこそかっこいい。(2021/5/24)

ほぼ週刊インフォグラフィックス:
YouTubeは動画広告収入だけでNetflixの総売上高に匹敵し、Googleの成長を支えている
成長が衰えないYouTube動画広告。新しいターゲティング手法にも要注目です。(2021/5/21)

Chromium開発チーム、User-Agent情報削減に向けた活動を再開
広告配信事業者のトラッキングに対策するため、Chromium開発チームはWebブラウザが提供するUser-Agent情報の削減を本格化させる。他のWebブラウザベンダーも賛同する動きを見せている。(2021/5/21)

新機能「SPACES」も活用可能に:
Twitterのビジネス活用2021 有料フォロー、音声チャット、Z世代向け動画広告配信など
2021年も進化し続けるTwitter。新たな広告商品と効果的なビジネス活用についてプロダクト担当者が語った。(2021/5/19)

コロナの影響も:
4月のテレビCM放送回数ランキング 3位「綾鷹」、2位「スーパー自動車保険」、1位は?
インターネット広告などを手掛けるSMNがテレビCM放送回数ランキングを発表。全国地上波25局とBS放送6局が対象。1位になったのは?(2021/5/15)

PayPay、花王商品の購入で最大30%還元 6月1日〜6月30日
PayPayとヤフーは、花王商品の購入金額から最大30%をPayPayボーナスで付与するキャンペーンを開催。対象店舗は全国のウエルシア、スギ薬局、サンドラッグ、ツルハドラッグ、マツモトキヨシなどで、期間は6月1日〜6月30日。(2021/5/10)

Tech Basics/Keyword:
「サードパーティークッキー(3rd Party Cookie)」って何?
多くのWebブラウザが「サードパーティークッキー」を段階的に廃止するという。この「サードパーティークッキー」とは何なのか、エンドユーザーにとって何が問題なのかについて解説していく。(2021/5/10)

PR業界の“旬な事例ランキング” 「SDGs」や「錯視」を抑えて1位になったのは?
国内外のPR事例メディア「PR EDGE」より、前月注目を集めたPR事例をランキング形式で紹介。(2021/5/1)

ファーストパーティーデータの活用で顧客体験強化:
「Adobe Real-Time CDP」がCookieレス時代のマーケターにもたらすもの
Adobeがファーストパーティデータ指向型の次世代型CDPを発表。あるべき脱Cookie戦略についてAdobeの考え方をまとめた。(2021/4/28)

「ウマ娘は初速好調」サイバーエージェント藤田社長が手応え 今後は“ロングラン”目指す
サイバーエージェントの藤田晋社長が「ウマ娘」に言及。「初速は好調。自社IPであるこの作品のヒットは当社にとって大きな出来事」とコメントした。今後は“ロングランヒット”を目指し、機能開発や海外展開を進める。(2021/4/28)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。