ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ネット広告」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

関連キーワード

Reddit、NYSEにIPO申請 ティッカーは「RDDT」
オンライン掲示板サービスのRedditがSECに新規株式公開の目論見書を提出した。NYSEにティッカーシンボル「RDDT」で上場する計画だ。(2024/2/23)

AIが漫画を描いて、人間は確定申告に奔走――そうならないための付き合い方を考えてみた
「AIはゲームをするのが仕事で、人間は確定申告といった役割分担になるとディストピアですよね」――深津貴之さんはこう話す。そうならないための付き合い方とは。(2024/2/22)

今日のリサーチ:
2023年の動画広告市場は前年比112%の6253億円 縦型動画広告が高成長――サイバーエージェント調査
サイバーエージェントが10回目となる国内動画広告市場の調査結果を発表しました。(2024/2/22)

ネット広告の“勝利の方程式”をAI予測 サイバーエージェント独自システムの中身を解き明かす
AIを使ってネット広告の効果を高めているサイバーエージェント。同社のAI活用方法に迫る。(2024/2/22)

「Protected Audience API」入門:
Google「プライバシーサンドボックス」は今どうなっている? ポストCookie代替案の現状を整理する
2024年はいよいよGoogleがWebブラウザ「Chrome」におけるサードパーティーCookieのサポートを終了する。その代替案としてGoogleが取り組む「プライバシーサンドボックス」の現況について、あらためて解説する。(2024/2/21)

石野純也のMobile Eye:
楽天モバイルの家族割引で感じた2つの不安要素 「解約抑止」と「黒字化」を両立できるか
家族や複数回線、光回線の契約といった条件付きの割引は提供してこなかった楽天モバイルが、「最強家族プログラム」を提供する。もとの料金が安いため、そこからさらに値下げになるインパクトは大きい。ただし解約抑止効果があるかは未知数だ。(2024/2/17)

運用実績から数値的事実や因果関係を推察:
「GPT-4」で広告運用実績を分析 アイレップ、「iPalette」にAI分析機能を追加
アイレップは、AIの活用推進の一環として、広告配信情報の管理プラットフォームにAI分析機能を搭載した。(2024/2/16)

データ×制作力:
ホットリンクが厳選クリエイターとのタッグで新サービス「HottoLink Creator Marke(ホックリ)」を開始
ホットリンクのデータ分析力とクリエイターの制作力を掛け合わせ、成果につながるインフルエンサーマーケティングを実現する。(2024/2/15)

媒体をまたいだ広告全体のパフォーマンス確認をより効率的に:
Microsoft広告とのデータ連携に対応 WACUL「AIアナリスト」の広告レポートがアップデート
複数のWeb広告プラットフォームでの広告効果を一元管理する機能が、B2Bでニーズの増大しているMicrosoft広告に対応した。(2024/2/14)

今日のリサーチ:
「しみ・しわ」「ダイエット」他 違反表現を含む広告商材の内訳――REGAL CORE調査
法令違反になり得る広告商材について、Webメディアでの配信状況はどうなっているのでしょうか。(2024/2/14)

7割が女性:
社員16人→200人超に “知名度ゼロ”で新潟に進出したネット広告会社「5年間の成果」
ネット広告事業を手掛けるデジタル・アドバタイジング・コンソーシアム(DAC)が新潟市に進出してから5年。新潟オフィスの現在の社員数は200人を超え、うち約7割が女性である。進出の成果を読み解いた。(2024/2/14)

今後の注力分野は?:
YouTubeはサブスク1億人越えで広告収入も引き続き増加 絶好調の今、CEOが考えている4つのこと
Google親会社の好決算を後押ししたYouTubeのCEOが、今後における4つ注力分野を発表した。(2024/2/11)

顧客データ収集から広告配信までワンストップで提供:
Cookie不要のリターゲティング広告サービス インティメート・マージャーとログラフが共同開発
両者の技術を掛け合わせることで、CookieレスでもWebサイト訪問者の囲い込みや興味属性による広告配信を実現し、高品質なPDCAサイクルが実行可能になる。(2024/2/9)

経常黒字=円高は昔の話 巨大ITへの支払い増が新たな円安要因に 2023年の国際収支
財務省が2月8日発表した2023年の国際収支速報で、経常収支は20兆円を超える黒字の高水準だった。「経常黒字は円高要因」が定説だったが、日本は2022年来、歴史的な円安に直面する。その主因は日米の金融政策の方向性の違いからくる金利差拡大にある。(2024/2/8)

Marketing Dive:
Googleが検索広告に生成AIモデル「Gemini」を統合してマーケターが期待できること
Googleが予告通り検索広告の会話機能に生成AIを導入した。Geminiの統合でマーケターが期待できるのはどういうところだろうか。(2024/2/5)

適切なコンテンツ評価を支援:
アドエビスが「Google Search Console」とデータ連携 どんないいことがある?
マーケティングDX支援事業を手掛けるイルグルムは、広告効果測定プラットフォームにGoogle Search Consoleとのデータ連携機能を追加した。(2024/2/2)

エヴァ「MAGIシステム」が生成AIの賢い活用方法? 出力結果の精度を上げるアイデアとは
“生成AI時代”に適したAIの使い方は「エヴァ」の「MAGIシステム」が適している――このアイデアが飛び出した。生成AIの性能を引き出す活用方法を探る。(2024/2/1)

FX詐欺に巻き込まれるシニア増加 SNS投資グループに注意
国民生活センターは、シニア層からのFX取引に関する相談が寄せられいると注意を呼び掛けている。(2024/1/29)

セキュリティニュースアラート:
2024年に流行る犯罪手法は何か? カスペルスキーがダークWebの市場動向から探る
カスペルスキーは2023年のダークWeb市場動向を分析し、2024年の予測を発表した。情報窃取型マルウェアやクリプトドレイナーサービスの需要増加が見込まれる。(2024/1/29)

ポストCookie対応:
ログリー、インテントデータプラットフォーム「LOGLY Sphere」を開発
ログリーがデータプラットフォーム事業を開始。(2024/1/28)

戦略立案からカスタマーサクセスまで:
複雑化するB2Bマーケティングの課題を一気通貫で解決 PLAN-Bが支援サービスを提供
PLAN-Bが「BtoBマーケティング総合支援サービス」の提供を開始した。デマンドジェネレーションだけでなく、営業やカスタマーサクセスの領域までをカバーできるのが特徴だ。(2024/1/26)

Google広告の会話機能にGemini統合(まずは英米から)
Googleは広告サービス「Google広告」の「会話機能」に、生成AIモデル「Gemini」を統合すると発表した。これにより、広告主は検索広告キャンペーンの画像をAIで生成できるようになる。(2024/1/24)

今日のリサーチ:
2022年度のCDP市場は前年度比14.2%増、2027年まで年平均13.6%の高成長を予測――ITR調査
ファーストパーティーデータによる顧客理解とマーケティング強化の重要性がますます高まる中、CDP市場は高い伸びが見込まれています。(2024/1/23)

「裸の王様だった」 サイバーエージェント新卒社長は挫折から何を学んだのか
新卒1年目に「社長」の役割を任せる企業がある。サイバーエージェントだ。新卒で子会社の社長となった若手は、当時を「裸の王様だった」と振り返ったが、何を学んだのか。同社の「任せる文化」に迫る。(2024/1/19)

来店を起点としたテレデジ統合でのメディアプラニングを実現:
テレビおよび主要プラットフォーム横断で広告効果を可視化、博報堂DYMP「Tele-Digi AaaS」に新機能
広告の実店舗への送客効果を比較する際に、複数のプラットフォームを横断した上、テレビCMまで含めて行うことが可能になった。(2024/1/18)

LINEの「アルバム」にも広告配信スタート
「LINE広告」で新たに、「LINE」アプリ内の写真共有機能「アルバム」での広告配信を始めた。(2024/1/15)

今日のリサーチ:
MA市場は2023年度も拡大 成長の背景には生成AI――ITR調査
ITRがMA市場規模の推移と予測を発表しました。成長の背景には生成AIの普及があるようです。(2024/1/12)

平野紫耀がイヴ・サンローラン・ボーテ アジア アンバサダーに就任 リップの新CM出演
「ルージュ ピュールクチュール」の新CMに登場。(2024/1/10)

今日のリサーチ:
2024年、世界の広告費は4.6%増 成長をけん引する本当の要因は?――電通グループ予測
電通グループは、世界58市場から収集したデータに基づき取りまとめた「世界の広告費成長率予測(2023〜2026)」を発表しました。(2024/1/5)

今日のリサーチ:
2023年のデジタルサイネージ広告は市場規模801億円 OOH、リテールメディア、タクシー広告の現状は?
市場関係者の間では、デジタルサイネージ広告市場はコロナ禍の落ち込みから脱却して再び成長期に入ったとの共通認識が生まれつつあるようです。(2023/12/29)

Marketing Dive:
炎上しても「パーパスドリブンマーケティング」から逃げてはいけない理由
環境保護や多様性、公平性、包括性などを「パーパス」に掲げ、金儲けを超えた活動に取り組むブランドが増えている。しかし、そうした活動が強い反発を生むこともある。苦悩するマーケターはどうすればいいのか。(2023/12/28)

SEOタイムズ編集部が初心者向けにわかりやすく解説:
顧客との出会いを生むタッチポイントの見つけ方、増やし方
より良いユーザー体験を生み出すためには、さまざまなタッチポイントで適切なコミュニケーションを図る必要があります。それをどう探し、どう活用していくのか、考えてみましょう。(2023/12/28)

「サブスク解約したいけど、手続き分からん」に救世主 「解約.com」が話題 開発経緯を聞いた
「使っていない月額サービスを解約したいけど、手続きが複雑で分かりにくい」──そのような経験をしたことはないだろうか。そんな人にぴったりな、さまざまなサービスの解約情報がまとまったWebサイト「解約.com」がX(旧Twitter)上で話題になっている。(2023/12/27)

「定年まで逃げ切れなかった」デイリーポータルZ独立 林さんに聞く不安と希望「もう一度、インターネットらしく」
あの「デイリーポータルZ」がついに独立。東急グループ傘下から、編集長の林雄司さんの1人会社に譲渡される。今後も赤字の見通しだが、いろいろ大丈夫なのか、赤裸々に聞いてきた。(2023/12/22)

野村総研が「ICT産業における生成AIのインパクト」を分析 AIが人材と業務をマッチングする将来とは?
生成AIをビジネスにどう生かすか、試行錯誤が続いた2023年。2030年に向けて生成AIはビジネスや企業経営にどのようなインパクトをもたらすのか。野村総合研究所がICT産業が取り組むべきだとしている課題と解決策の中から4点紹介する。(2023/12/20)

「今までにない製品」の魅力を正しく伝えるために:
PR:ASUSが超小型ゲーミングPC「ROG Ally」新規展開のプロモーションにAmazon Adsを選んだ理由
ポータブルゲーム機であり超小型PCでもあるという新機軸の製品「ROG Ally」を展開するに当たり、ASUS JAPANがオンラインプロモーションのためのパートナーとしてAmazonが提供する広告ソリューション「Amazon Ads」を選択したのは何故か。担当者に話を聞いた。(2023/12/19)

今日のリサーチ:
Z世代のSNS利用率、首位が逆転――サイバーエージェント調査
サイバーエージェント次世代生活研究所が「2023年Z世代SNS利用率調査」を実施。今回はZ世代が利用しているSNSおよび各世代のSNS利用率や認知率に関する調査結果を紹介します。(2023/12/20)

広告はAIでどう変わるのか【後編】
YouTubeでも開始 SNS広告は「AI」で考えるのがトレンドに?
YouTubeは新しい広告AIサービスの提供を発表した。マーケティング担当者にとってどのようなメリットが期待できるのか。他のSNSの動向と併せて紹介する。(2023/12/19)

Yahoo!カーナビ、月額250円でスピード注意やバナー広告非表示などのオプション機能を提供
LINEヤフーは、カーナビアプリ「Yahoo!カーナビ」で月額250円(税込み)で利用できるオプション機能「Yahoo!カーナビプラス」を提供開始。「スピード注意情報プラス」や「バナー広告非表示」などをまとめて利用できる。(2023/12/13)

広告はAIでどう変わるのか【前編】
Googleが始めたYouTube広告は「全マーケターの念願」だった?
YouTubeはAI技術を活用した広告ツールを発表した。これまでマーケティング担当者が抱えていた、広告に関する苦労の解消に役立つという。(2023/12/13)

今日のリサーチ:
「AI規制法案」を日本のマーケターの87%が注視、サードパーティーCookie廃止後もAI活用に期待――Criteo調査
Criteoが発表した「デジタル広告業界における日本のマーケターのAI活用とその影響に関する意識調査」の結果です。(2023/12/8)

トライバルメディアハウスのマーケ戦略塾:
分業体制の罠 「スペシャリストという名の作業マシン」を量産する組織に未来はない
業務が高度化すると、生産性向上を狙って「分業」がよく行われます。しかし、それが従業員の「やりがい」や「働きがい」を減らし、最終的に離職率や競争力を悪化させている課題があります。この問題はどう解消すべきでしょうか?(2023/12/6)

広告に頼らない方法も解説:
ブランディング広告を止めると、1年後にどうなる? シミュレーションから見えてきた
ブランディング広告は、短期的な売り上げだけでなく、将来の売り上げにもつながる中長期的な効果を持つ。そんな特性を持つブランディング広告を止めるたら、1年後そのブランドはどうなっているのか? 実際にシミュレーションしてみたところ……。(2023/12/5)

これから伸びるビジネスは「リテールメディア」「エドテック」「マルチハビテーション」 日経BP調べ
これから伸びると目されるビジネスや、経済的なインパクトが大きなものは何か。日経クロストレンドの調査結果が発表となった。(2023/12/1)

「Yahoo!プレミアム」→「LYPプレミアム」に LINEとアカウント連携で追加特典
「Yahoo!プレミアム」が「LYPプレミアム」に。Yahoo!JAPAN IDとLINEアカウントを連携させることで追加の特典が受けられる。(2023/11/30)

SEOタイムズ編集部が初心者向けにわかりやすく解説:
いまさら聞けないアドフラウドとは? 仕組みと5つの対策について解説
アドフラウドとは、広告の表示回数を水増しして、不当に広告収入を稼ぐ方法です。会社の予算を預かって広告に投資するマーケターにとっては無視できないテーマと言えます基礎知識と具体的な対策について解説します。(2023/11/30)

AWS、従来のAmazon S3より最大10倍高速な「Amazon S3 Express One Zone」発表
米AWSが、従来のAmazon S3 Standardストレージクラスより最大10倍高速な「Amazon S3 Express One Zone」ストレージクラスを発表しました。(2023/11/29)

「AIが卵より安くなる時代」に向けて:
「マルチモーダルなAI」とは? 生成AI活用をレベルアップさせる利用術を紹介
生成AIを業務で活用しようとしているけれども、なかなかうまくいかない――。そんなお悩みを抱える方に、筆者が今週お届けするのは「マルチモーダル」です。テキストだけでなく、画像や音声、動画など複数種類のデータを読み込ませることで、生成AIの活用はどのように「レベルアップ」するのでしょうか。(2023/11/29)

「11月からLINEが使えなくなる」騒動はなぜ起きたのか 同意しないと年内めどに使用不可に
「11月からLINEが使えなくなる」と騒がれたのは、10月末のこと。ただ、11月になってすぐに使えなくなったということはなく、大きな混乱もなく話題も収束していった印象です。今回の「LINEが使えなくなるという話」、10月1日にLINEやヤフーなど5社が合併し、LINEヤフーが誕生したことが影響しています。(2023/11/28)

顧客を「ファン」にして売り上げを増やす:
PR:「勝てるアプリ」の特徴は? 4つの成功事例を紹介
小売業において顧客との関係を深化させるためにアプリの活用は不可欠だ。「勝てるアプリ」は「ただのECアプリ」と何が違うのか。4つの成功事例から浮かび上がる特徴とは。(2023/11/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。