ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「講談社」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「講談社」に関する情報が集まったページです。

【プライムデー】講談社Kindleセール特集 『新世界より』『獣の奏者』『ツイステFAN BOOK』などの小説・実用書が最大70%オフ
(2021/6/4)

「漫画村」元運営者に執行猶予なしの実刑判決 懲役3年、罰金1000万円、追徴金約6257万円
講談社は「当然の結果と考えます」とのコメントを発表。(2021/6/2)

巨人用「進撃の巨人」、ギネス認定 「出版された最大の漫画本」に
講談社は24日、超大型コミック「巨人用 進撃の巨人」が「出版された最大の漫画本」としてギネス世界記録に認定されたと発表した。(2021/5/24)

講談社、集英社、小学館がAI活用した出版流通の新会社設立へ 丸紅と協議開始
年内の設立に向けて進めていきます。(2021/5/14)

AIを活用:
講談社、集英社、小学館が出版流通の改革へ 丸紅と新会社設立に向け協議
講談社、集英社、小学館が出版流通の改革に乗り出す。丸紅と新会社設立に向けて協議を開始した。(2021/5/14)

AIで“出版流通改革” 集英社、講談社、小学館が丸紅と新会社
集英社、講談社、小学館は、出版流通を手掛ける新会社の設立について丸紅と協議を始めた。AIを使った配本の最適化や、RFIDを使った在庫管理などを進める計画。(2021/5/14)

厚労省、新型コロナの注意喚起に「はたらく細胞」起用 YouTubeで無料配信
厚生労働省と講談社が、新型コロナウイルス感染症の注意喚起として漫画「はたらく細胞」の一部をYouTubeで無料公開した。作者描きおろしの2エピソードは期間限定で配信する。(2021/4/28)

【100%OFF】27日の0円漫画 『不滅のあなたへ』『ハコヅメ』『宇宙兄弟』『四月は君の嘘』の試し読み
講談社の人気漫画を試し読み。(2021/4/27)

会社を辞めて田舎暮らしを始めた元編集者が“自信と安心感”を得た理由
講談社の新刊『漫画編集者が会社を辞めて田舎暮らしをしたら異世界だった件』の原作者&担当編集にインタビュー後編。(2021/4/23)

「田舎暮らしは異世界」 限界を迎えたサラリーマンが退職して移住したら人生が変わった話
講談社の新刊『漫画編集者が会社を辞めて田舎暮らしをしたら異世界だった件』の原作者&担当編集にインタビュー。(2021/4/22)

講談社現代新書をポッドキャストで配信 「耳のスキマ時間」で新規顧客狙う
オトバンクは講談社現代新書の一部を音声で楽しめるポッドキャスト「聴く講談社現代新書」の配信を開始。同社が運営する「audiobook.jp」のほか、「iTunes Podcast」「Spotify」などの各音声プラットフォームで配信する。狙いは?(2021/4/14)

トーハンとメディアドゥ、NFTの「デジタル付録」を書店で展開へ
トーハンとメディアドゥは4月12日、NFTを活用した「デジタル付録」のサービスを開始すると発表した。紙の書籍に限定版デジタル付録をNFTとして付与し、書店で販売することを想定する。KADOKAWA、講談社、集英社、小学館と施策を検討中。(2021/4/12)

【Kindleセール】綾辻行人、京極夏彦、西尾維新、奈須きのこ、森博嗣、上橋菜穂子の作品も対象! 講談社文庫50%ポイント還元がアツい
紙で買うと厚いですが、電子版なら場所を取りません。(2021/4/9)

「進撃の巨人」最終回、深夜にアプリ盛況、雑誌は書店から駆逐される
人気漫画「進撃の巨人」が最終回を迎えた。日付が9日に変わると講談社の漫画アプリで公開。深夜にも関わらずネットが揺れた。(2021/4/9)

【199円均一】講談社「春のレシピ本フェア」開催 『志麻さんの自宅レシピ』『「ラ・ベットラ」落合務のパーフェクトレシピ』など
新生活におすすめのレシピ本がセールです。(2021/4/2)

小学生向け「はたらく細胞」のウイルス&細菌図鑑が登場 大人も新型コロナを正しく学べる
講談社はアニメ「はたらく細胞」のイラストをふんだんに使用した小学生向けの図鑑「感染症を正しく学べる! はたらく細胞 ウイルス&細菌図鑑」を21日に発売する。(2021/1/18)

ゼーレの「モノリスお面」データ公開 講談社「エヴァンゲリオンステッカーブック」販促で
「ゼーレ」を再現した「モノリスお面」の画像データを講談社が公開。「SOUND ONLY」の表示もリアルに再現した。(2021/1/15)

東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:
「世界を肯定してあげてほしいんです」 講談社ラノベ文庫編集長・猪熊泰則<後編>
小説が求める“次の器”とは――。(2020/12/30)

東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:
「バカにされているところから、新しいものは生まれる」 講談社ラノベ文庫編集長・猪熊泰則<前編>
「鏡さん――『とらドラ!』みたいな小説を書きませんか?」(2020/12/20)

書店スタッフの口元が「超大型巨人」に 講談社、マガジン作品のマスクを作成
講談社は、「進撃の巨人」「炎炎ノ消防隊」など週刊少年マガジン掲載作品をモチーフにしたオリジナルマスクを作成、書店に配布した。店内での作品PRに役立てる。(2020/11/17)

『五等分の花嫁』違法Tシャツ製造の男性2人を逮捕 「きわめて悪質」「断固たる姿勢で臨む」と講談社
今後も断固たる姿勢で対応していくとも。(2020/10/21)

【プライムデー】講談社とインプレスグループのKindleセール特集 『ひぐらしのなく頃に』の文庫本全7巻が51%オフ
講談社・インプレスグループのKindleセールまとめ。(2020/10/6)

ユーザーの「オタク性」に最適な広告を 講談社、凸版、CCIがマーケティング新会社
講談社と凸版印刷、サイバー・コミュニケーションズが新会社。「オタク性」というあいまいなセグメントに届ける広告配信最適化ソリューションなどを提供する(2020/9/30)

SF漫画の金字塔『AKIRA』が講談社コミック初の100刷に到達 10月上旬に店頭へ
100刷目からは用紙を変更。(2020/9/24)

講談社、ゲーム開発者に年間1000万円を支給する「講談社ゲームクリエイターズラボ」を立ち上げ 創業111年目の試み
講談社は、ゲーム開発者を支援するプロジェクト「講談社ゲームクリエイターズラボ」を立ち上げた。選考によって選んだメンバーに対して、半年ごとに500万円、最大2年間で2000万円の開発支援金を支給する。(2020/9/20)

講談社、ゲーム開発者に最大2000万円支給 用途は自由、返金不要
講談社は、ゲーム開発をサポートする企画「ゲームクリエイターズラボ」を発表した。金銭的サポートの他、担当編集者を付けるなど、ゲーム作りに集中できる環境を整える。(2020/9/14)

講談社がインディーゲームクリエイターの支援プロジェクト立ち上げ 年間で最大1000万円を支給
創作欲に満ちたインディーゲーム開発者を講談社がバックアップ。(2020/9/14)

【199円均一】講談社秋のレシピ本祭り 伝説の家政婦『志麻さんの自宅レシピ』予約困難店の人気シェフ『落合務のパーフェクトレシピ』など 9月30日まで
90%OFF以上の本も。 (2020/9/1)

【期間限定11円】講談社の人気コミック夏のセール実施中 『転スラ』『図書館の大魔術師』『宝石の国』など 9月10日まで
お財布に優しいお値段。(2020/8/31)

マニアが集う「マニアフェスタ」オンライン開催 Kickstarterと講談社が協力
さまざまなジャンルのマニアや研究者、専門店が参加する展示即売会「マニアフェスタ」が、9月26〜27日にオンラインで開催される。連携するKickstarterのネットワークを生かし、地域や国を超えた交流を促す。(2020/8/4)

「Palcy」で講談社の名作少女漫画が無料公開! 『ようこそ 微笑寮へ!』『のだめカンタービレ』『きみはペット』などドドンと9作品
8月1日〜15日に順次無料公開です。(2020/8/1)

芳文社70周年記念キャンペーンで『ゆるキャン△』『けいおん!』などが77円に 講談社も電子書籍セールを実施中
電子書籍なら積読感ないもん。(2020/7/10)

講談社が「月刊ヤングマガジン」など発売延期 「通常通りの刊行を維持できない」
講談社が「月刊ヤングマガジン」などの漫画雑誌とオリジナル電子雑誌について、発売と配信を延期すると発表した。新型コロナウイルスの感染拡大と政府の緊急事態宣言の影響は出版活動にも及び、「通常通りの刊行を維持できない」という。(2020/4/14)

講談社が漫画雑誌10誌の1号分刊行延期を発表 緊急事態宣言などにより出版活動に影響が及んでいるため
自社プラットフォームで配信している作品についても一部更新を順延。(2020/4/14)

よみがーえーれー 『シャーマンキング』講談社からリニューアル刊行 “完結版”をベースに新仕様で
タイトルは『SHAMAN KING』と英語表記に。(2020/3/16)

手塚治虫AIついに筆を執る 2030年の東京が舞台の新作『ぱいどん』が講談社『モーニング』に掲載決定
どんな話になるのでしょうか。(2020/2/7)

YouTubeに漫画アップロードした30代男性を摘発 「進撃の巨人」「ONE PIECE」被害で講談社&集英社がW告訴
アップロードもダウンロードもダメ、ゼッタイ。(2019/12/3)

講談社が「はるか夢の址」に勝訴 大阪地裁、運営者に約1億6000万円の支払い命じる
講談社が、海賊版リーチサイト「はるか夢の址」の運営者ら3人に対する損害賠償請求について、勝訴したと発表。大阪地裁が同社の主張を全面的に認め、3人に約1億6000万円の支払いを命じた。(2019/11/18)

講談社、海賊版リーチサイト「はるか夢の址」への訴訟で勝訴 運営者に約1億6000万円の支払命令
「はるか夢の址」運営者が漫画を無断でアップロードしていたとして講談社が訴訟を起こしていました。(2019/11/18)

講談社、池袋にLIVEエンターテインメントビルの開設へ 本格的なライブ事業に参入
さまざまなライブコンテンツを展開する施設が池袋に。(2019/10/27)

「アフタヌーン」などコミック誌の電子書籍1年分が「ほぼ無料」 講談社の狙いは
講談社のコミック誌バックナンバー1年分が「ほぼ無料」のセール中。狙いを聞いた。(2019/8/14)

講談社の漫画雑誌バックナンバー2017〜2018年分が“98%オフ”セール中 狙いときっかけを聞いた
2週間限定販売です。(2019/8/14)

「自動改札機」が講談社の児童誌『げんき』付録に カードを当てるとピピッとオープン
どんどん進歩する児童誌の付録。(2019/7/31)

講談社、クラウドファンディングで立命館大と提携 研究者を支援
講談社が、科学研究に特化したクラウドファンディングサイト「ブルーバックス・アウトリーチ」で立命館大学と協業する。ブルーバックス編集部のノウハウを生かし、研究者をサポートするという。(2019/7/25)

講談社、子ども向け乗り物図鑑「はたらくくるま」増刷中止 戦車など自衛隊特集が「不適切」と読者から指摘を受けて
兵器は不適切という指摘。(2019/7/25)

講談社の「野菜の本」回収・交換へ 厚労省が危険とする野菜「コンフリー」が掲載されていた
『からだにやさしい旬の食材 野菜の本』と、その元となった『旬の食材 春・夏の野菜』が回収の対象に。(2019/7/19)

講談社、海賊版リーチサイト「はるか夢の址」運営者に損害賠償請求 
講談社が海賊版リーチサイト「はるか夢の址」に損害賠償を求める民事訴訟を提起。大阪地裁が7月9日に受理した。(2019/7/9)

講談社、海賊版リーチサイト「はるか夢の址」運営者に1億6000万円を損害賠償請求
運営3人は1月に実刑判決を受けていました。(2019/7/9)

「研究者を応援」講談社ブルーバックスが新クラウドファンディングサイト
研究者の応援を目的にしたクラウドファンディングサイト「ブルーバックス・アウトリーチ」を講談社が公開。同社と研究者が「学んで楽しむ科学コンテンツ」を開発し、クラウドファンディング形式で一般ユーザーに購入してもらうサイト。商品やサービスの販売元を講談社が担うことにより、研究者の負担を減らせるとしている。(2019/7/3)

講談社がKickstarterと協業 「出版の枠を超え世界のクリエイターを支援」
講談社がKickstarterとパートナーシップを結んだ。日本のクリエイターを世界に発信するとともに、世界のクリエイターの日本展開を支援する。(2019/4/18)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。