ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「売上」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「売上」に関する情報が集まったページです。

ファミリーマート、人気のソックスからレインボーカラー発売 売上はLGBTQを支援するNPO法人へ寄付
ファミリーマートは4月16日から、6色のレインボーカラーデザインの「ショートソックス レインボー」と「今治タオルハンカチ レインボー」を発売する。(2024/4/15)

ワークマン、働く女性向けシリーズ「DAYS」を発表 780〜980円のアイテムで女性需要を獲得へ
ワークマンは4月10日、働く女性や子育てママ世代に向けた女性用低価格ウェア「DAYS」シリーズを発表した。働く女性の仕事着として購入しやすさを重視した商品ラインアップで、売り上げ拡大を狙う。(2024/4/13)

UUUM、24年9月期3Q累計の営業利益が91.7%減の4000万円に 純損益は3億円で赤字転落
YouTuberなどのマネジメント業務を手掛けるUUUMは、2024年9月期第3四半期決算を発表した。同期までの累計(23年6月〜24年2月)売上高は158億1100万円(前年同期比7.8%減)、営業利益は4000万円(同91.7%減)、純損益は3億700万円だった。(2024/4/12)

データセンター需要と民生機器買い替えで:
2024年はDRAM/NAND市場が回復へ 需給バランスも正常化
市場調査会社のYole Groupは、DRAMおよびNAND型フラッシュメモリ(以下、NAND)の市場分析を発表した。2023年のDRAM/NANDの売上高は供給過剰で価格が下落し2016年以来の低水準となったが、2024年にはデータセンター/民生機器などの需要増と各社の戦略的減産によって需給バランスが正常化し、市場が回復に向かう見込みだという。(2024/4/12)

生活防衛意識が高まり、セブンの149円「パン」が好調 背景に経済性を求める声
2024年3月度におけるセブン‐イレブンの売り上げ状況・商品動向が明らかになった。生活防衛意識の高まりが、売れ筋商品にも変化をもたらしている(2024/4/11)

多様な働き方を求める時代の要請を追い風に成長:
2025年度には「就業管理はSaaSで」が常識に? ITRが就業管理市場規模の予測を発表
ITRは、国内の就業管理市場の予測を発表した。2022年度の売上金額は対2021年度比で20.2%増の328億円だった。同社は2022〜2027年度の年間平均成長率を14.0%と予測している。(2024/4/10)

赤船が席巻:
中国テンセントクラウド幹部「日本市場でゲームを柱に売上を倍増させる」
中国テンセントのクラウド、ゲームビジネスなどを担うテンセント・クラウド・インターナショナルのポ−シュ・ヤン(楊寶樹)上席副社長は、日本市場での事業拡大に強い意欲を示した。(2024/4/10)

ドンキ「はしれるパンプス」が大ヒット 目指したのは「パカパカ」「カツカツ」しない靴
ドン・キホーテの「はしれるパンプス」(2739円)が好調だ。2022年10月25日に発売したところ、23年3月までの売り上げが計画比300%増という大ヒットを記録。発売から1年以上経過した現在も人気商品の1つだという。(2024/4/7)

ドン・キホーテの新業態「ドミセ」1号店が閉店 オープンから1年足らずで
想定していた売上に届かない期間が続いたとしています。(2024/4/5)

前月比では3.1%減:
2024年2月の世界半導体売上高、前年から16.3%増の462億米ドルに
米国半導体工業会によると、2024年2月の世界半導体売上高は前年同月比16.3%増と2022年5月以来最大の伸びを見せ、462億米ドルになったという。一方、前月比では3.1%減だった。(2024/4/8)

ファミマ「コンビニエンスウェア」、キャップやトートバッグも発売 昨対比1.5倍の売上目指しアイテム拡充
ファミリーマートは、オリジナルブランド「コンビニエンスウェア」から新商品を発売した。今回はウェアに加え、キャップやハット、モバイルストラップといった服飾雑貨も展開する。(2024/4/4)

電動化:
いすゞ自動車が2030年度に向けた新中計、自動運転や通信に注力
いすゞ自動車は2030年度に向けた中期経営計画を発表した。自動運転、コネクテッドサービス、カーボンニュートラルの3領域を柱とし、将来の収益源として育てる。グループ全体での既存事業の強化も推進し、2030年度に売上高6兆円、営業利益率10%以上を目指す。(2024/4/4)

2029年3月期に売上高5000億円を目指す:
菱洋エレクとリョーサンの経営統合が完了、完全親会社「リョーサン菱洋HD」始動
菱洋エレクトロとリョーサンは2024年4月1日、両社の完全親会社となる「リョーサン菱洋ホールディングス(HD)」を設立した。グループ全体で、2029年3月期に売上高5000億円、営業利益300億円を目指している。(2024/4/3)

材料技術:
東邦チタニウムが成長戦略を発表、2030年度に2022年度比で売上高と利益を倍増へ
東邦チタニウムが2024年度以降の成長戦略や今後の展望などについて説明。足元で需要旺盛な航空機向けの高純度のスポンジチタンを軸に事業拡大を進め、2030年度の業績として2022年度実績の倍増以上となる売上高1700億円、経常利益250億円という目標を掲げた。(2024/4/2)

製造マネジメントニュース:
ロームが資本提携も視野に東芝の半導体事業との協業へ、売上高合計は1兆円規模
ロームは、日本産業パートナーズ(JIP)に対して、ロームと東芝の半導体事業との業務提携強化に向けた協議を開始する旨の提案を行ったと発表した。(2024/4/1)

ビジネスフレームワークの教科書:
ソニー「PlayStation」と「Zoom」の収益構造を見る、違いは?
収益モデルとは、事業活動の売り上げの獲得方法とコストの構造事業活動の売り上げの獲得方法とコストの構造です。言い換えると……。(2024/3/31)

ビジネスフレームワークの教科書:
広島東洋カープは9年間で売り上げが急上昇、理由は?
広島東洋カープは、従来のスポーツファン以外の顧客を取り込む戦略で、2010年〜19年までの9年間で売り上げを急上昇させました。(2024/3/30)

小売・流通アナリストの視点:
ウエルシア・ツルハが統合しても「業界の覇者」になれない理由 今後のカギを握る2社
業界トップのウエルシアと2位のツルハの経営統合で、ドラッグストア業界は騒然となった。実現すれば売り上げは2兆円超、次位となるマツキヨココカラをダブルスコアで引き離す圧倒的な規模を誇るグループが誕生することになる。(2024/3/29)

営業利益は約3倍:
急成長のハワイアンカフェ「コナズ珈琲」 なぜコロナ禍でも売り上げを伸ばせたのか
「いちばん近いハワイ」をコンセプトに、食の「感動体験」を追求しているハワイアン カフェ・レストラン「コナズ珈琲」。店舗数や売り上げ、営業利益ともに右肩上がりで成長しているが、その理由は……。(2024/3/29)

障害者雇用も「ちゃんと稼ぐ」 DMMの専門組織「BC部」が黒字を実現できたワケ
DMM.comでは専門部署「ビジネスクリエーション部」立ち上げ、障害者雇用に力を入れている。22年度には初めて部署で黒字化(人件費と販管費を上回る売り上げを上げた状態)を達成。この黒字化を達成するまでには、障害者雇用において解消すべきさまざまな課題があったと、BC部の梶進一部長は話す。(2024/3/29)

「ワイヤードカフェ原宿」からスタート:
カフェのバランスシートはどうなっているの? 小さな店が売り上げを確保する方法
カフェを運営するうえで、バランスシートは欠かせない。飲食業界ではよく「FL値」というものが使われていて……。(2024/3/28)

欧州委員会、Alphabet、Apple、Metaを対象に初のDMA(デジタル市場法)違反調査開始
欧州委員会は、Googleの親会社Alphabet、Apple、Metaの米企業3社を対象に、DMA(デジタル市場法)に基づく調査を開始したと発表した。DMAに基づく調査はこれが初。違反と判断された場合の罰金は、世界での売上高の10%だ。(2024/3/26)

産業用ロボット:
ロボットのさらなる高精度化に対応、日本精工が低発じん性軸受を開発
日本精工(NSK)は新開発のグリスとゴムシールを使った低発塵(じん)性の軸受を開発した。2026年度に売上高15億円を目指す。(2024/3/21)

「熱量スコア分析システム」も開発:
トレンダーズと横山隆治事務所(シックス・サイト)が共同プロジェクト SNSの数値と売り上げの相関を分析
熱量スコアを含めたSNSの各指標と売り上げにどのような相関があるかを分析する。(2024/3/20)

「楽曲制作意欲を阻害する現場」はBIツールでどう変わるか バンナムグループ音楽制作会社の挑戦
楽曲リリース直後の売り上げしか把握できず、従業員のモチベーションが阻害されていた制作現場。BIツールはどう貢献できるのか。(2024/3/20)

スーツ需要が回復中 上場企業の売り上げは拡大も、店舗数は減少
帝国データバンクによると、2023年度におけるスーツ関連7社の売り上げは、22年度から約4%増の3000億円、営業利益は5年ぶりに100億円超となりそうだ。(2024/3/18)

競合の業績は堅調なのに…… スノーピークがアウトドア市場で大きく落ち込んでしまった理由
スノーピークが苦境に立っている。コロナ禍以前からアウトドアニーズの増大を背景に成長してきたが、23年度は売り上げは前年比で減少。最終利益にいたっては99.9%減となっている。アウトドア市場は堅調なのに、なぜなのか。(2024/3/18)

一筋縄ではいかない「SAPの方針転換」【前編】
大規模再編のSAP、AI強化の前に「クラウドERP」は売れているのか?
SAPの2023年通期決算は、全体の売上高が前年比6%増と好調だった。一方、同社はAI技術を成長分野に位置付け、再編を実施すると明言した。クラウドサービス型ERPを含めて、同社の事業はどのような状況にあるのか。(2024/3/18)

迷惑系から犯罪系へ 動画配信、稼ぐ犯罪ツールに変貌 ガーシー元参議院議員に執行猶予付き有罪判決
「暴露系YouTuber」として100万人以上の登録者数を誇ったガーシー(本名・東谷義和)被告に3月14日、有罪判決が言い渡された。動画配信サイトで芸能人の情報を流し、売り上げた収入は1億円超という。(2024/3/14)

ANYCOLOR、増収増益のプラス成長 しかし「にじさんじEN」は売上高4割減 「VTuber支援体制強化する」
VTuberグループ「にじさんじ」、その海外グループ「NIJISANJI EN」を運営するANYCOLOR(東京都港区)は3月14日、2024年4月期第3四半期決算を発表した。増収増益のプラス成長だった一方、海外グループ「NIJISANJI EN」は売上が約4割減収となった。(2024/3/14)

“あん”多すぎ天津飯と、超山盛り肉丼はなぜヒットしたのか ドンキ「偏愛めし」の月間売上が1億円を達成した背景
ドン・キホーテは、2023年11月1日に弁当・総菜の新ブランド「偏愛めし」シリーズを発売した。その後、利用客からはどういった声が寄せられているのか。(2024/3/14)

PR:「1桁上の売り上げ目指す」 大塚商会社長が語る“AIの可能性” そこから見える中堅・中小の戦い方
(2024/3/22)

製造ITニュース:
ローカル5G市場は2030年度に558億円まで成長 矢野経済研究所が予測
矢野経済研究所は、2030年度のローカル5Gソリューション市場ついて、事業者売上高ベースでに558億円に達するとの予測を発表した。(2024/3/12)

「斑尾高原スキー場」2月の売上高が好調、要因は?
斑尾ホスピリタリティは、運営する斑尾高原スキー場の2月の売上高が過去10年間で最高を更新したと発表した。(2024/3/11)

パナソニックHD 2027年にアジア・オセアニア地域の水事業売上高235億円へ 製品・サービス強化
パナソニックホールディングス(HD)は6日、ポンプや浄水器などを展開する水事業について、アジア・オセアニア地域の売上高を2027年に22年比で約1.9倍の235億円に拡大するとの目標を発表した。(2024/3/7)

22年5月以来最大の伸び:
2024年1月の世界半導体売上高、15.2%増の476億米ドルに
米国半導体工業会によると、2024年1月の世界半導体売上高は前年同月比15.2%増の476億米ドルになったという。前月比では2.1%減となっている。(2024/3/7)

ファミマの「服」に新アイテム トータルコーディネート提案で昨対比1.5倍の売上目指す
ファミリーマートは3月5日、オリジナルブランド「コンビニエンスウェア」から新商品を販売した。アイテムの拡充で、全身トータルコーディネートのバリエーションを拡大する狙いだ。(2024/3/6)

バンクーバーに出店:
「丸亀製麺」カナダ1号店がオープン 全店で売り上げトップは?
トリドールHDは、讃岐うどん専門店「丸亀製麺」のカナダ1号店をバンクーバーにオープンする。(2024/3/2)

省施工:
パナソニック、電気工事の省施工製品「ハヤワザリニューアル」の販売を強化
パナソニック エレクトリックワークス社は、電気工事の施工時間短縮や作業負担軽減につながる省施工製品群「ハヤワザリニューアル」の販売を強化する。2024年度にはハヤワザリニューアルの照明商材の売上台数について、2023年度比115%を目指す。(2024/3/1)

CIO Dive:
AWSが設備投資を加速、クラウド関連売上は900億ドルを突破 その背景は?
Amazonはデータセンターへの設備投資を増やし、2023年のクラウド部門における売上高は900億ドル以上に達した。その背景には何があるのか。(2024/3/1)

ワークマン、都内初の「Workman Kids店」誕生 1号店の売り上げは?
ワークマンは3月5日、東京都内初となる「Workman Kids店」を#ワークマン女子池袋サンシャインシティアルパ店内に出店する。(2024/2/29)

そごう・西武が月次売上高の公表を取りやめ 米ファンドに売却の余波
百貨店のそごう・西武は26日、毎月行っていた月次売上高の公表を当面、取りやめると発表した。3月に予定していた2月分から非公表とし、再開時期は未定としている。(2024/2/26)

結局、商談は「対面」「リモート」どちらが良いのか? 売り手と買い手で異なる意見も
企業の売上を支える営業組織は「好ましい営業手法」について、どう考えているのか。CRM(顧客関係管理)プラットフォームを提供するHubSpot Japan(東京都千代田区)が調査を実施した。(2024/2/26)

NVIDIA、AI関連好調で売上高が初の200億ドル突破
半導体大手NVIDIAの2023年11月〜2024年1月の決算は、売上高は前年同期比265%増の221億300万ドル、純利益は769%増の122億8500万ドルだった。(2024/2/22)

ワタミ「ラスベガス進出」構想 マカオの「饗和民」1日300万円の売り上げ
今月上旬に米国ラスベガスに出張してきた。先月にマカオの統合型リゾート施設(IR)に出店した、高級和食店「饗和民」が、1日300万円を売り上げる好調ぶりで、2号店の出店も決まった。(2024/2/21)

湯之上隆のナノフォーカス(70):
驚異的な成長で装置メーカートップに躍り出たASML 背景にEUVと中国の「爆買い」
現在、EUV(極端紫外線)露光装置の唯一のサプライヤーであるオランダASMLの売上高が「絶好調」だ。本稿では、ASMLの過去3年間の売上高を分析し、ASMLの成長の変曲点を特定する。さらに、今後のASMLの成長を展望する。(2024/2/20)

ネットワーク機器の売り上げ減
4000人以上を解雇 Ciscoが苦境に陥った2つの要因
Cisco Systemsが、従業員の5%に相当する4000人以上の人員を削減する。2024年度第2四半期決算の売上高は、前年同期比6%減と苦戦している。なぜ、売り上げが予想を下回ったのか。(2024/2/21)

小学生が発明した“天才すぎる絆創膏” 予想を上回る売上と要望に「改良版」を検討
マツキヨココカラ&カンパニーのプライベートブランド「matsukiyo」から2023年8月に発売された「matsukiyo 指にまきやすい絆創膏」の話を聞きました。(2024/2/20)

製造マネジメントニュース:
レゾナックの2023年通期業績は減収減益、HDメディア事業の業績不振が影響
レゾナック・ホールディングスは、オンラインで記者会見を開き、2023年通期決算と2024年12月期通期業績の見通しを発表した。2023年通期の売上高は前年比7.4%減の1兆2889億円で、営業利益は同106%減の38億円と減収減益となった。減益の大部分は、市況悪化の影響を強く受けた半導体/電子材料セグメントの減益が占めた。(2024/2/19)

株式会社ラクーンフィナンシャル提供Webキャスト
B2B取引をEC化して売り上げ150%アップ、老舗洗車用品メーカーの取り組み
老舗洗車用品メーカーのシュアラスターは、B2B取引をEC化したことで、10年間で150%もの売り上げアップを達成したという。しかしその道のりは、決して平たんではなかった。同社社長を招き、直面した課題とその向き合い方を聞いた。(2024/2/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。