ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「睡眠」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「睡眠」に関する情報が集まったページです。

マットレスとIoT家電が連携して眠りをサポート、パナソニックとふとんの西川
寝具メーカーの西川とパナソニックがセンサー内蔵マットレスとネットワーク対応の家電が連携する「快眠環境サポートサービス」を発表した。利用料は月額990円(税込)。(2019/12/10)

「ベッドでスマホ」を辞めるのが、年収1000万プレーヤーへの第一歩? 睡眠と年収に関する調査結果が発表に
マジなのか……?(2019/12/6)

オムロンがウェアラブル血圧計を発売 医療機器認証を取得 歩数や睡眠時間の測定も
オムロン ヘルスケアが腕時計サイズのウェアラブル血圧計「HeartGuide」を発売する。動脈を圧迫するカフ(空気袋)の構造を見直し、場所を問わずに手首で血圧を測定できるようにした。(2019/11/29)

つるの剛士が息子の“顔面キック”で目覚めた衝撃寝起き写真公開 「何事かと」「かわいい足」「うちもよくあります」
眠気も吹き飛ぶ。(2019/11/26)

「みなさん『睡眠』って知ってますか?」 漫画家がオススメする健康法の漫画に実践希望続出
頑張りすぎてる人に教えてあげたい。(2019/11/22)

医療機器ニュース:
眠りの質を高める、睡眠用ウェアラブルヘッドバンドを発売
フィリップス・ジャパンは、睡眠用ウェアラブルヘッドバンド「SmartSleep ディープスリープ ヘッドバンド」を発売する。眠りの質と日中の活力を高めることを目的に開発された。(2019/11/20)

ネコさんお願い、寝ないでほしいの! ネコの昼寝をことごとく邪魔するオウム
寝ようとするなら、イタズラしちゃうぞー。(2019/11/13)

睡眠不足のニッポン:
「経営者はまず1週間、従業員を眠らせるべき」 “睡眠負債”の第一人者が語る睡眠と仕事の関係
日本では睡眠不足によって、年間約15兆6000億円の経済損失があるらしい。(2019/11/1)

CEATEC 2019:
Wi-Fi電波だけで在室確認や睡眠状態検知、Origin WirelessがCEATECで提案
Origin Wireless Japanは、「CEATEC 2019」(2019年10月15〜18日、幕張メッセ)に出展し、Wi-Fiの電波で物体の動きや移動を検出できる独自の空間認知プラットフォーム「WirelessAI」を紹介した。(2019/10/18)

秘密の扉が開きそう……! 上下反対にぴったりはまってお昼寝する猫ちゃん
お守りにしたい(2019/10/17)

医療技術ニュース:
夢はなぜ忘れる? レム睡眠中に記憶が消去される仕組みを発見
名古屋大学は、レム睡眠中に、脳のメラニン凝集ホルモン産生神経(MCH神経)が記憶を消去していることを明らかにした。マウスを使った実験では、MCH神経の活動が活性化すると記憶が消され、抑制すると記憶が定着することが分かった。(2019/10/15)

CEATEC 2019:
“IoTファーストクラスシート”登場 乗客の眠りを検知しCAに報告 機内食で起こされず快適な旅
パラマウントベッドとジャムコが、IoTの技術を活用して、乗客の睡眠状況を計測できる航空機用シートを共同開発していると明らかにした。機内食を提供する場合などに、CAが乗客を誤って起こしてしまうことを防ぐ。パラマウントベッドが6月に発売した“IoTベッド”の技術を応用している。(2019/10/14)

「どこの美男子かと」「ワイルドプリンス!」 りゅうちぇる、寝起きで見せた“無精髭”姿が話題
これはこれであり。(2019/10/14)

「お昼寝させてほしいんだにゃ……!」 邪魔してくるしっぽを見事に両手でキャッチする猫ちゃん
お昼寝したい猫ちゃんvs邪魔したいしっぽ ファイッ!(2019/10/7)

ボーズ、睡眠サポートイヤフォン「sleepbuds」販売を終了 故障相次ぎ解決のめど立たず
米Boseが睡眠サポートイヤフォン「Bose noise-masking sleepbuds」の販売を打ち切ると発表した。電源周りにトラブルが生じ、解決の見通しが立たなかった。(2019/10/4)

トリニティが毎日身につけられるウェアラブル「weara(ウェアラ)」を開発 2020年1月に1万7800円で発売
トリニティが、「SAVE THE WORLD」を旗印とする運動と睡眠に特化したウェアラブルデバイスを発表。直販サイトでの販売予約を受け付け始めた。(2019/10/1)

ネコの遠隔見守りサービス「Catlog」登場 IoT首輪で活動データ取得、クラウド上で分析 「ご飯を食べました」などとアプリで報告
飼いネコの活動データを可視化するサービス「Catlog」が登場。飼い主がネコに首輪型の活動量計を装着すると、収集したデータをクラウド上で分析し、運動量や食事回数、睡眠時間などをスマホアプリ上に表示する。(2019/9/24)

外食産業のネガティブなイメージを変えたい:
就業時間中に昼寝OK 生産性が高まる新オフィスをトリドールHDが公開
丸亀製麺などを運営するトリドールHDが新オフィスを公開。働き方改革につながる「ABW(アクティビティー・ベースド・ワーキング)」の考え方を導入。新しいオフィスの中身とは?(2019/9/24)

職場での仮眠にも美少女の癒やしを 働く紳士向け新グッズ「立体デスクピロー」をブロッコリーが開発
使いやすく寝心地もよさそうなうつ伏せ用枕です。(2019/9/23)

足に挟まれたしっぽがかわいい……! 寝起きの猫ちゃんを好きなだけつまめる(!?)マスコットが話題
つまみたい放題。(2019/9/17)

睡眠時間をささげよ! 漫画『進撃の巨人』、連載10周年で“ほぼ全巻99%OFF”の大型キャンペーンが幕を開ける
あらためて読むぞ。(2019/9/9)

ハンモックでお昼寝をする猫ちゃんとワンちゃん ぴったりくっついて離れない2匹の姿がいとおしい
いつもいっしょ!(2019/9/8)

寝かせてほしいニャ パパ猫の安眠を思いっきり邪魔する猫ちゃんたち
めっちゃ気持ちよく寝てたにゃんよ……?(2019/9/5)

Apple Watchがもう1個ほしくなる? 「おやすみモード」で睡眠トラッキング
Apple Watch Series 5発表に合わせ睡眠トラッキング機能も発表するという情報が入ってきた。(2019/9/3)

園児のお昼寝をセンサーで見守り、体調の変化をAIでチェック 埼玉の保育園で実験
埼玉県が保育ベンチャーのユニファと提携。園児の睡眠を自動で見守るサービスなどを、川口市と戸田市の保育園10カ所に無償で提供する。2019年9月〜20年2月にかけて使用し、効果を検証する。(2019/8/21)

医療技術ニュース:
老化関連分子αクロトーがストレス状態を示すバイオマーカー候補に
大阪大学は、ストレスや睡眠不足が老化関連分子「αクロトー」の血中濃度を変化させることを発見した。この研究成果により、血清αクロトーが、ストレス状態を客観的に示す新しいバイオマーカーとして利用できる可能性が示された。(2019/8/21)

子猫「こっくり、こっくり」サメ「……」 サメに食べられそうな危機的状況の中、睡魔と戦う子猫ちゃん
どうしても眠気には勝てないにゃ。(2019/8/20)

世界を読み解くニュース・サロン:
仕事中の「30分の昼寝」で、パフォーマンスはどれほど変わるのか
「昼寝」の重要性が見直されている。仕事のパフォーマンス向上や、勉強、長時間の運転にも効果的だとされる。睡眠時間がとにかく短い日本でも、企業などで昼寝を取り入れるケースが出てきた。導入を考えてみてはどうだろうか。(2019/8/15)

「左上から歩いてきて力尽きた」 眠気に襲われた猫ちゃんがポテッと寝るまでの“軌跡”がかわいすぎる
かわいい寝姿に癒やされます。(2019/8/13)

うどん型寝具「睡眠用うどん」が出オチで終わらない完成度 麺に包まれて眠る不思議な寝心地!?
奇をてらっているように見えて、実は理にかなっているユニークな寝具。(2019/8/11)

「Google Fit」に睡眠トラッキング機能追加 ダークモードも
GoogleのAndroid向けフィットネスアプリ「Google Fit」に睡眠トラッキング機能が追加される。また、ダークモードも設定できるようになる。いずれも向こう数週間でローリングアウトする。(2019/8/5)

ASUS、健康管理に適したスマートウォッチ「ASUS VivoWatch BP (HC-A04)」発売
ASUS JAPANが新型のスマートウォッチを発売。心拍数・健康データの測定や精神的ストレス状態のチェック、1日のアクティビティ確認をはじめ運動量のリアルタイムデータ、睡眠時間なども把握できる。(2019/8/2)

昼まで二度寝→昼寝して気付いたら夕方 休日を寝て過ごしてしまう社会人を描いた漫画に哀愁を感じる
これが現実という人もいるようです。(2019/7/27)

「ねぇGoogle、ライトを消して」に静かなチャイムで答える小さな改善
Googleのスマスピやスマートディスプレイに音声で消灯を命じると、これまでは声で返事をしていたのが静かなチャイムが鳴るだけになった。大きな声で眠気が覚めてしまうこともなくなる。(2019/7/25)

縦列ニャンコのお昼寝がかわいい ゴロンと転がる猫ちゃんの頭の上にさらにゴロンと転がる猫ちゃん
同じポーズでまったり。(2019/7/16)

「ウトウト……はっ!」 猛烈に眠そうなスコ座り猫ちゃんの眠気との戦いがほほえましい
寝てない……寝てないよ……ぐぅ。(2019/7/4)

製造業IoT:
スキンケアをIoT化する資生堂、1週間後の不調を予期した手入れに
資生堂は2019年7月1日、東京都内で会見を開き、IoT(モノのインターネット)スキンケアサービス「Optune(オプチューン)」の提供を同日から開始すると発表した。スマートフォンアプリで収集した肌の状態や睡眠の質を基に、一人一人のその日の肌の状態に合わせたスキンケアを実現する。同サービスのスキンケア用品は使用状況に合わせて使い切る前に注文、発送することができる。利用料金は毎月定額で1万円となる。(2019/7/2)

"腕”を取り合う競争の勝者は? 睡眠の質を測る腕時計がポラールから
各種センサーを備えた腕時計が、ウエアラブルデバイスの本命として盛り上がってきている。10万円を超える高級腕時計市場をめぐる争いがある一方、スポーツなど特定用途向けのGPSウオッチの進化も続く。フィンランドのポラールはスポーツウオッチに睡眠の質を計測する機能を盛り込んだ。(2019/6/26)

Switch「のび太の牧場物語」、「採掘の効率が良すぎてむしろ『鉱山物語』」と話題に→メーカーがバランス調整を告知
「のび太の昼寝スキルで体力を回復しつつ延々採掘が高効率」といった、ハードな攻略法が見出されていました。(2019/6/20)

コップのフチにお昼寝パンダ! プチッとサイズの親子パンダがかわいいカプセルトイ「PUTITTOパンダ」登場
あらゆるフチをキュートに装飾できる親子パンダ。(2019/6/19)

フィットネス機能を強化、ミニマルデザインのスマートウォッチ「MATE2」発売
Glotureは、6月14日にスマートウォッチ「MATE2」を発売。ミニマルデザインに強化したフィットネス機能を搭載し、活動量計やアプリ通知、睡眠記録なども利用できる。レンズ部分は丈夫なサファイアガラス、手入れが簡単なシリコン製ベルトを採用し、約6カ月〜12カ月動作する電池交換式となっている。(2019/6/14)

今日から始める“ダメ会議”脱却術:
その話題、いつまで話すつもり? 会議をダメにする「時間」の落とし穴
議論に集中できない、参加者が内職や居眠りをしている――。そんな“ダメ会議”を解決 する8つの動作を紹介する連載。今回はその3「会議の開始時に『時間配分』を確認する」について解説する。(2019/6/13)

今日から始める“ダメ会議”脱却術:
「まず、お手元の資料を御覧ください」で始まる会議が致命的にダメな理由
議論に集中できない、参加者が内職や居眠りをしている――。そんな“ダメ会議”を解決する8つの動作を紹介する連載。今回はその2「会議の開始時に『会議の終了条件』を確認する」。(2019/6/6)

今日から始める“ダメ会議”脱却術:
「あの会議、何決めたんだっけ?」をなくせ 終了前の30秒でできること
議論に集中できない、参加者が内職や居眠りをしている――。そんな“ダメ会議”からどうすれば脱却できるのか。8つの基本動作のうち、まずは「決まったこと、やるべきことを確認する」を解説する。(2019/5/30)

ポケモン、「歩く」の次は「眠る」へ Pokemon GOと連携する新デバイスも登場
ポケモン社は、「睡眠」をエンターテインメント化する新たな取り組みを発表した。「Pokemon GO」と連携し、歩行や睡眠を計測できる新デバイスや、睡眠をコンセプトにした新しいスマホゲーム「Pokemon Sleep」の開発に取り組む。(2019/5/29)

ポケモンが「睡眠」のエンターテインメント化に着手 新サービス「Pokemon Sleep」やポケGO連動施策など発表
「Pokemon GO Plus」に眠っている時間を計測する機能を追加した新デバイスとは?(2019/5/29)

今日から始める“ダメ会議”脱却術:
なぜこれほど日本の会議はクソなのか? 「脱・ダメ会議」を実現する8つの基本動作
会議に集まったはいいが、“棒読み”な議案に集中できなかったり、参加者が内職や居眠りをしていたりしないだろうか。そんなダメ会議から脱却するために押さえるべき「4つのフェーズ」と「8つの基本動作」を紹介する。(2019/5/23)

「これぞ、寝落ち」「野生が消えてる」 ベッドから落ちてもそのまま寝る柴犬ワンコの強靭な睡眠力
つよい寝!(2019/5/1)

ニコニコ超会議2019:
ニコ超の“寝る”ブース、睡眠を脳波で可視化 隣がテクノ法要でも「意外と寝てる」
ニコニコ超会議2019に「寝るブース」が出現。大音量の中で人々は寝られるのか。(2019/4/27)

年収1000万円プレイヤーの朝は早い……睡眠時間も少なめ、という調査結果
いっぱい稼ぐのも大変なんだなと思いました(凡人の感想です)。(2019/4/19)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。