ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「タクシー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「タクシー」に関する情報が集まったページです。

冨永愛、タクシー乗車中の事故でムチウチに 痛々しい写真公開「もし、シートベルトをしていなかったら…もっとひどい事に」
後ろから追突されたとのこと。(2021/6/12)

政府、6月14日からタクシー内で動画広告 コロナ対策喚起
新型コロナへの注意喚起を目的に、タクシーの車内に設置したモニターで政府の動画広告を放映することが8日、分かった。政府広報でタクシーのモニター画面を利用するのは今回が初という。(2021/6/9)

うどん×粒あん×かまぼこ 老舗が共闘、オンラインツアー
観光タクシーがうどん店をめぐる様子をウェブ中継して、自宅にいながら食事も楽しむという琴平バスの「オンラインうどんタクシー」のツアーに新たな名物が登場した。(2021/6/4)

うどん×粒あん×かまぼこ 老舗が共闘、オンラインツアー
観光タクシーがうどん店をめぐる様子をWeb中継して、自宅にいながら食事も楽しむという「オンラインうどんタクシー」のツアーに新たな名物が登場した。新型コロナウイルスの感染拡大で、長期にわたってダメージを受ける観光産業だが、事業者同士で手を取り合って活路を模索する取り組みにもなっている。(2021/6/3)

タクシーがいまだ「フェンダーミラー」なのはなぜ?
普通車ではとっくの昔に見かけなくなりましたが……。(2021/5/27)

VIP気分……! 車内の快適Web会議を実現する「移動会議室」ハイヤー登場へ
日産、ソフトバンク、DNPらが共同で実証実験を行います。(2021/5/25)

地域内交通にAI活用 宇都宮市が実証実験
宇都宮市は、乗り合いタクシーなど地域内交通の運行にデジタル技術を活用した実証実験を進めている。AI技術などを導入することで利便性を高める狙い。(2021/5/24)

うさぎ号:
国内初! JALの客室乗務員がタクシーに乗って、出雲市をガイド
JALと出雲市は、JALの客室乗務員が出雲周遊観光タクシー「うさぎ号」のガイドとして出雲市内の観光業務に従事する事業を発表した。(2021/5/2)

ちょっと意味分かんないよ…… フェンシング姿の「フェンサータクシー」登場、あの三和交通が開始
「心を突く、最高のサービスをお届け」するそうですが、「映え」は保証できないようです。(2021/4/19)

華原朋美、男から暴行被害 タクシーで移動中に後をつけられ
直接問いただしたところ、暴行を受けたとのことです。(2021/4/16)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
自分の力で行きたいところに行ける自由を、技術で支えられるか
「タクシーがあればいいでしょ」という話ではないのです。(2021/4/14)

船も「CASE」:
CASEは自動車以外にも、陸海空のモビリティで自動運転や電動化の市場拡大
富士経済は2021年3月25日、自動車以外のモビリティでのCASE△△(※)△△対応に関する市場調査の結果を発表した。調査対象はフォークリフトやゴルフカートなど陸のモビリティ、船舶など海のモビリティ、航空機や“空飛ぶタクシー”など空のモビリティだ。(2021/3/26)

タクシーの車窓を“広告枠”に 空車の走行時間を活用、S.RIDEが新サービス
S.RIDEが、タクシーの車窓をデジタルサイネージ化し、走行中に広告を映し出すサービス「Canvas」を6月に始めると発表。まずは東京都で100台のタクシーを使って始める。(2021/3/17)

GM傘下のCruise、同業のVoyageを買収 「自動運転をすべての人に」
ソフトバンクGやホンダ、Microsoftも出資するGM傘下の自動運転システム企業Cruise Automationが、同業の新興企業Voyageを買収し、ロボタクシー事業の開始を目指す。(2021/3/16)

違いは?:
整理解雇と退職勧奨のポイント コロナ禍で事業停止したタクシー会社の事例で学ぶ
売上が大幅に落ち込んだことを理由に、あるタクシー会社が運転手約600人に対し事業の停止を発表。所属運転手約600人に対し、退職合意書を配布し、署名を求めたところ、数人を除く従業員が署名をしました。ところが、その後、大々的に報道され、一部の従業員が労働組合に加入したり、集団で解雇無効の仮処分命令の申し立てを行う事態に発展しています。(2021/2/15)

トヨタ、Auroraとロボタクシー製造で提携 年末にはテスト開始へ
トヨタ自動車、デンソー、自動運転システムの新興企業Aurora Innovationがロボタクシー(自動運転車によるタクシーサービス)向け車両開発・量産で提携した。Auroraのシステムを搭載するトヨタのミニバン「Sienna」をUberなど向けに量産する計画。(2021/2/10)

Uber、都内のタクシー配車サービスを拡大 日本最大のタクシー会社が参加
第一交通産業グループから80台を導入し、計約2100台のタクシーを運行。(2021/2/1)

東京メトロのアプリが「東京メトロmy!アプリ」へ一本化 タクシーアプリ「GO」との連携も開始
東京メトロは、1月28日に「東京メトロアプリ」をバージョンアップ。「東京メトロmy!アプリ」の名称・機能・デザインが継承され、タクシーアプリ「GO」との連携も開始する。(2021/1/26)

P.I.C.S.企画/原作オリジナルアニメ「オッドタクシー」4月放送 声優は花江夏樹、脚本『セトウツミ』の此元和津也
劇伴音楽にPUNPEEやVaVa、OMSB。(2021/1/15)

NVIDIAのハードを採用:
Amazon傘下のZooxがロボタクシーを発表
2020年12月は自動運転車関連のニュースの多い月だった。中でも特筆すべきは、Amazon傘下のZooxがロボタクシーを発表したことだ。(2020/12/22)

タクシー「マスク非着用者の乗車拒否」運送約款 北海道運輸局が認可、12月18日から「正当な理由ない」場合に運転手が乗車を断れるように
タクシー事業の安定継続が狙い。(2020/12/19)

みんなのタクシー、「S.RIDE」に社名変更 「移動全般を扱う会社に」
みんなのタクシーが社名を「S.RIDE」に変更する。「タクシーを起点とした移動全般を扱う会社であることを体現する」としている。(2020/12/16)

「Uber Taxi」、都内の提供エリア拡大 文京・台東など4区
(2020/12/16)

タクシーに2回乗ると、次回の乗車がタダになる! タクシーアプリ「GO」が「100%OFFクーポン」を配布
対象エリアは京都府、大阪府、兵庫県。(2020/12/3)

自動運転タクシーの実証実験、東京都庁周辺で実施 5G活用
東京都がKDDIなどと共同で5Gを活用した自動運転タクシーの実証実験を行う。東京都庁周辺を走行して実用性を検証する。(2020/11/13)

MaaS基盤としてのAWSをどう活用? 採用企業が語ったサービスのこれから
MaaSサービスの開発に向けた動きが活発だ。電車やバス、タクシーがAPIを公開したら暮らしはどう変わるか。コロナ禍を経てMaaSへの国内のニーズはどう変わったかを、国内MaaSサービスで先行する4社が語った。(2020/11/12)

「Uber Taxi」、都内の提供エリアを2倍に拡大 「Go To トラベル」での利用見込む
Uber Japanが、タクシー配車サービス「Uber Taxi」の提供エリアを拡大。目黒区、品川区などでもサービスを展開する。「Go To トラベル」による旅行者や通勤シーンでの利用を見込む。(2020/11/9)

かわいいけど存在感やばい 巨大オオサンショウウオが同乗する「ぬめぬめタクシー」京都を走る
ぬめぬめトロッコ列車も! それぞれ11月8日まで運行。(2020/10/29)

船も「CASE」:
小さなヨットで取り組む自律“帆走”、漁業や海上タクシーへの貢献目指す
自律“帆走”技術の開発に挑むスタートアップ企業がある。野間恒毅氏がCEOを務めるエバーブルーテクノロジーズだ。現在、ラジコンヨットをベースにした全長1mのプロトタイプと、船型からオリジナルで開発した2m級のトリマラン「Type-A」を用いて、自律帆走の実証実験を重ねている。(2020/10/22)

KDDIなど5社:
自動運転タクシーの走行実験、西新宿の公道で 5G活用
KDDIや日本交通傘下のMobility Technologiesなどの5社は10月9日、自動運転タクシーの走行実験を西新宿エリアの公道で行うと発表した。(2020/10/9)

自動運転タクシーが西新宿で公道走行 KDDIなど5社が実験
KDDIなど5社が、自動運転タクシーを公道で走行させる実験を都内で行う。ドライバーが乗車する自動運転車の他、ドライバー不在の遠隔操作車両も走らせるという。(2020/10/9)

“いま”が分かるビジネス塾:
タクシーの飲食品デリバリーが配送業界を根底から変える訳
タクシーの飲食品配送が事実上の恒久化に。コロナ禍への一時的対応だけでないと筆者は指摘。配送業界を根底から変えるイノベーションに。(2020/10/2)

MOVとJapanTaxiの統合アプリ:
タクシーアプリ「GO」、岐阜県、愛知県、群馬県、茨城県で配車サービスを開始 9月14日から順次
Mobility Technologiesのタクシーアプリ「GO」が、新たに4県でサービスを開始する。9月14日から岐阜県と愛知県、24日から群馬県、30日から茨城県の一部事業者で利用できるようになる。(2020/9/14)

新型コロナで需要増:
タクシーで飲食物をデリバリー、10月以降も継続 国交省
国土交通省が、タクシー事業者による飲食品のデリバリーを、10月以降も継続できるようにした。(2020/9/11)

タクシー配車アプリ「GO」、きょうからスタート 日本交通とDeNAが配車事業を統合
タクシー配車のスマートフォンアプリ「GO」(iOS/Android)が登場。JapanTaxiのアプリ「JapanTaxi」とDeNAのアプリ「MOV」を統合したアプリで、首都圏や京阪神など全国11エリアが対象。(2020/9/1)

東京メトロ、経路検索からタクシーとシェアサイクルを予約できる新アプリ
東京メトロがタクシー配車やシェアサイクルなど複数の交通手段を組み合わせた経路検索に対応するスマホアプリの提供を始めた。鉄道・バスの経路検索やメトロの列車・駅の混雑度を表示する機能を備える。(2020/8/27)

新しいタクシー配車アプリ「GO」が9月に登場 「JapanTaxi」と「MOV」を統合
Mobility Technologiesが、新しいタクシー配車アプリ「GO」を9月にリリースする。同社が提供する「MOV」がベースで、「JapanTaxi」対応事業者の一部を含む全国17エリアから対応を開始する。(2020/7/29)

3輪タクシー「トゥクトゥク」で120キロ以上を走破 スリランカで行われた長距離レースが胸熱
砂利道や山道といった荒れた道に、トゥクトゥクが挑む……。(2020/7/13)

新たな新型コロナ対策:
KDDI、タクシーでの相乗り通勤実験を開始――満員電車などの「3密」回避
KDDIがタクシーでの相乗り通勤実験を開始。配車アプリを活用する。通退勤時の満員電車などでの「3密」回避。(2020/7/9)

タクシーで相乗り通勤、自宅と事業所を送迎 KDDIら3社が都内で実験、“3密”防ぐ
KDDIなど3社が、タクシーを相乗りして通勤する実証実験を都内で行う。(2020/7/9)

ひぃぃぃぃ……マジかこれ ニコ生で「三和交通のタクシー心霊ツアー」放送、7月10日から もうやだ怖いよ…… 
これからお迎えにあがります。(2020/7/6)

「Uber Taxi」東京でもスタート 通勤需要見込む
タクシー配車サービス「Uber Taxi」が東京でスタート。タクシー会社3社と提携し、緊急事態宣言の解除によって増え始めた通勤での利用を見込む。(2020/7/3)

DiDi、一部地域で配車サービス中止 新型コロナでタクシー稼働減
DiDiモビリティジャパンが、北海道や兵庫、広島、沖縄の一部地域と青森、長崎などの全域で、タクシー配車サービスの提供を中止した。(2020/7/1)

タクシー×女性アナで物件探し ど、どういうこと? 三和交通が「タクシーでいく、住宅内覧ツアー with 女子アナ」開始
家探ししている人のために、タクシーで内覧希望の物件を回れますというものですよ。(2020/6/24)

タクシーでお弁当を配送 三和交通、地元飲食店と連携したテイクアウトメニュー配送サービス便を運行
同社のドライバーが地元飲食店の味を自宅までお届け。(2020/5/11)

出前館とMobility Technologiesが業務提携 全国3エリアでタクシーを使った出前サービスを提供
出前館とMobility Technologiesが、飲食物のデリバリー(配達)とタクシーを“マッチング”する取り組みを開始した。東京、神奈川、大阪の一部エリアにおいて、出前館で注文された飲食物を「JapanTaxi」「MOV」対応のタクシーで運ぶサービスを5月13日まで試行する。(2020/5/1)

三和交通、荷物の配送サービス「タクシー便」開始 24時間対応可能、物流需要を支援【更新】
ドライバーが荷物を受け取り、タクシーで指定の場所まで届けます。【2020年5月1日 更新】監督官庁との事業内容調整のためサービス開始を延期。(2020/4/28)

ワインのテークアウトも行う:
高級ステーキ店のウルフギャングが配送料3300円の「タクシーデリバリーサービス」を開始
高級ステーキ店「ウルフギャング・ステーキハウス」がタクシーデリバリーを開始する。日本交通と協力して実施。ワインのテークアウトも行う。(2020/4/27)

製造マネジメントニュース:
トヨタも後部座席を陰圧にする車両を提供、ドライバーの感染防止で
トヨタ自動車は2020年4月21日、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の軽症患者を搬送する車両を千葉県に提供したと発表した。「JPN TAXI(ジャパンタクシー)」をベースに、トヨタ自動車東日本 東富士総合センターでドライバーの感染防止のための開発と架装を行った。東京都内の病院などにも同様の車両を5台提供した。(2020/4/23)

雇用保険手当の「不正受給」となる可能性も:
ロイヤルリムジン「乗務員600人全員解雇」で広がる波紋 単なるブラック企業か、それとも経営者の「英断」か
新型コロナで各産業が打撃を受けている。そんな中で、話題となったタクシー会社の「乗務員全員解雇」。物議をかもすなかで、業績の見通しが立たない状況における経営者の「英断」とする声も挙がっている。本当に従業員の利益に資する決断なのか? ブラック企業に詳しい新田龍氏が解説する。(2020/4/23)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。