ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「タクシー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「タクシー」に関する情報が集まったページです。

感染したのこのクルマじゃないよね? SNSで勤め先探し
日本国内で新型コロナウイルスの感染拡大が広がっているが、職場ではどのようなことが起きているのか。沖縄県のタクシー会社をみると……。(2020/2/18)

マジかぁぁぁ!! 日本初(?)の「こたつタクシー」爆誕 自宅のようにくつろげる
こ、こたつがあるの? ……す、すげぇぇぇ?(2020/2/17)

SUUMOとコラボ:
無料で「こたつ付き」タクシー DiDiモビリティジャパンが東京23区内で PayPayの経験はタクシーでも生きるか
配車アプリ「DiDi」から期間限定で「スーモタクシー」が配車可能に。全3台で、うち1台は「こたつ付き」の車両。東京23区内であれば、無料利用できる。運営するDiDiモビリティジャパンは中国企業とソフトバンクの合弁会社だが、PayPayの経験は配車アプリでも生きるか。(2020/2/14)

新型コロナ、都内のタクシー運転手から感染確認
都内では4例目となります。(2020/2/13)

モビリティサービス:
日本交通とDeNAが配車アプリ事業を統合、MaaS領域の展開を加速
日本交通ホールディングスとディー・エヌ・エーは、タクシー配車アプリの事業統合に合意した。約10万台の車両を配車可能な「国内最大のモビリティサービス」が誕生する。(2020/2/6)

アプリの統合は未定:
タクシー配車サービスに再編の波? 「JapanTaxi」とDeNA「MOV」が事業統合
タクシー大手の日本交通ホールディングスの子会社「JapanTaxi」が、DeNAのタクシー配車アプリ「MOV」の事業を吸収する。吸収後は社名を変更し、DeNAでMOV事業を統括する中島宏氏が新社長に就任する予定だ。(2020/2/4)

日本交通とDeNA、タクシー配車事業を統合 「JapanTaxi」の共同筆頭株主に
日本交通HDとDeNAが、タクシー配車アプリ「JapanTaxi」と「MOV」を統合。統合後、両社はJapanTaxiの共同筆頭株主になる予定。(2020/2/4)

タクシー配車アプリ「JapanTaxi」と「MOV」が事業統合、配車可能台数は10万台に 日本交通とDeNAが新会社
最大手JapanTaxiにMOVが合流。(2020/2/4)

ITmedia エグゼクティブ勉強会リポート:
スタートアップだけが花形産業じゃない!――レガシー産業が起こすイノベーションの奇跡
UberやAirbnbが既存のタクシー業界やホテル業界を席巻するなど、デジタルディスラプションによりレガシー産業は本当に破壊されてしまうのか。このような、レガシー産業の危機に一石を投じたのがクレストホールディングスである。(2020/1/29)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
50日間で出無精をお出かけ好きに変えるには
タクシーじゃだめなんです。時々、道を知らない人や、運転が雑な人に当たるから。(2020/1/22)

神奈川、埼玉、千葉でもタクシー運賃改定 初乗りは500〜620円に値下げも、中長距離の加算運賃は値上げに
2月1日から新運賃へ。(2020/1/21)

豊田社長「空のモビリティ事業にチャレンジ」 トヨタが約430億円を“空飛ぶタクシー”eVTOL開発会社に出資、生産ノウハウも提供
3.94億ドル、ポンとくれたぜ。(2020/1/17)

車両デザイン:
トヨタが空飛ぶタクシーに参入、UberパートナーのJoby Aviationに433億円出資
トヨタ自動車は2020年1月15日、「空飛ぶタクシー」向けに電動垂直離着陸機(eVTOL)の開発に取り組むJoby Aviationと協業することに合意したと発表した。これに合わせて3.94億ドル(約433億円)を出資し、トヨタ自動車 副社長の友山茂樹氏がJoby Aviationの取締役に就任する。トヨタの自動車の生産や技術開発の知見と、Joby AviationのeVTOL開発のノウハウを持ち寄り、未来のモビリティ社会の構築を目指す。(2020/1/17)

JRの都市型MaaSアプリ「Ringo Pass」始動 タクシーやシェアサイクルと連携
JR東日本は1月16日、都市型MaaSアプリ「Ringo Pass」の提供を開始した。まずはiOS向けに配信し、Android向けのアプリを2020年春頃に配信する。タクシーやシェアサイクルサービスと連携する。(2020/1/16)

CES2020:
Uberの空飛ぶタクシーはヒュンダイがパートナーに、「自動車の信頼性が生きる」
2023年に商用サービス開始を目指す、Uberによる空の移動「Uber Elevate」。サービスで使用するエアモビリティの開発、生産のパートナーとしてHyundai Motor(現代自動車、ヒュンダイ)が名乗りを上げた。Uber Elevateの責任者であるEric Allison氏は、「エアモビリティでは最初の車体パートナーだ。自動車の大量生産の実績を持つヒュンダイの協力によって、既存の航空産業では難しいスピードでサービスを実現することができる」と語る。(2020/1/15)

タクシー運転手「お釣りはいらないよがなくなって寂しい」 キャッシュレス決済の導入で
ミドルシニアお仕事ナビを運営する大成広告社が「タクシー運転手の働きがい」に関する調査を発表。(2020/1/10)

キャッシュレス決済の導入で「寂しさ感じる」 タクシー運転手の本音は
大成広告社が、タクシー運転手にキャッシュレス決済に関する調査を実施。約4割が「決済が楽になった」と答えたが、約3割は「おつりは要らないよ」と多めに支払ってくれる乗客とのコミュニケーションがなくなったことに寂しさを感じているという。(2020/1/8)

別の客にタダ乗りされる!? タクシー配車アプリの思わぬ“落とし穴”
スマートフォンでタクシーを呼び、決済もできる「配車アプリ」をめぐるトラブルがネット上で話題となっている。自分で呼んだタクシーが別の客を乗せて行ってしまうケースや、客の多重予約や無断キャンセルでタクシーが社が迷惑するケースもあり、注意と配慮が必要だ。(2020/1/7)

“空飛ぶクルマ”の有人飛行試験、日本発ベンチャーらが開始
ベンチャー企業のSkyDriveらが、“空飛ぶクルマ”の有人飛行試験を2019年12月に始めた。都市部のタクシーに代わる移動手段のほか、離島や山間部の移動手段、災害時の救急搬送などでの活用が期待される。(2020/1/6)

“呼んだタクシーに他人が乗車”タクシーアプリのトラブル 運営会社に見解聞いた
タクシー配車アプリDiDiでトラブルが発生しています。(2019/12/25)

タクシー配車アプリ「S.RIDE」がApple Payに対応
キャッシュレスで降車できるタクシー配車アプリ「S.RIDE(エスライド)」がApple Payに対応した。Walletアプリでクレジットカードを登録すると、S.RIDEの支払いにApple Pay(JCBかAmerican Express)を選択できる。(2019/12/17)

合わせて約2万台:
トヨタ、「JPN TAXI」「プリウス」「アルファード」などリコール タクシーはドアロックに不具合
トヨタ自動車は、「JPN TAXI」「プリウス」「アルファード」など計13車種で、約2万台のリコールを国土交通省に届け出た。(2019/12/11)

タクシーが落とし物を検知してお知らせ Japan Taxiが「Tile」を導入
配車アプリを提供するJapanTaxiは12月11日、全国2万台のタクシーにスマートトラッカー(忘れ物防止タグ)の「Tile(タイル)」を導入した。例えば、道端に財布を落とした場合、その近くを通った別のタクシーが、Bluetooth電波を拾ってクラウド経由で落し物があることを持ち主に知らせる。(2019/12/11)

【漫画】人生に疲れたお姉さんが拾ったのは「馬タクシー」 不思議で尊いハッピーエンドに「好き」「優しい世界」
4ページに人生と癒やしと尊さが詰まってる……。(2019/12/11)

DiDi、毎日20〜24時の乗車料金を20%割り引く「忘年会キャンペーン」
DiDiモビリティジャパンは、11月28日〜12月16日に毎日20〜24時のタクシー乗車料金を20%割引する「DiDiで#スマート帰タク 忘年会キャンペーン」を開始。割引は1日2回、上限は2000円/回まで。(2019/11/29)

プラットフォーム化進む?:
PayPay上で「タクシー呼び出し」が可能に 目指すは「スーパーアプリ」
PayPay上でタクシー配車が可能に。DiDiとサービス連携し、配車から決済までをワンストップで行えるようにする。2.6バージョン以降から対応。「決済だけ」ではないプラットフォーム化が進行している。(2019/11/29)

PayPayアプリからDiDiのタクシー配車が可能に
DiDiモビリティジャパンは、11月28日にスマホ決済アプリ「PayPay」上で「DiDi」のタクシー配車ができるサービスの連携を開始。PayPayが提供する「ミニアプリ」の第1弾となる。(2019/11/28)

PayPay、ローソン&タクシーで最大10%還元のキャンペーン
PayPayは、1月17日から順次「ローソンおトクWeek キャンペーン」「タクシーお得に乗れちゃうキャンペーン」を開催。「ローソン」「ナチュラルローソン」などやPayPay加盟タクシーの利用で最大10%のPayPayボーナスを付与する。(2019/11/27)

配車アプリから利用可能:
乗車前にタクシー運賃が分かるサービス、DeNAも開始 利用者の不安を軽減
(2019/11/27)

自動運転タクシーの実用化に向け協業、KDDIら5社 20年夏に都内で実証実験
JapanTaxi、KDDIなど5社が、自動運転タクシーの実用化に向けて協業すると発表。タクシー業界のドライバー不足などの課題に取り組む。2020年夏をめどに、都内で自動運転タクシーの実証実験を行う予定。(2019/11/14)

タクシーに自動翻訳システム導入、訪日客と運転手の会話をスムーズに KDDIが実験
 KDDIとタクシー配車アプリを提供するみんなのタクシーが、タクシー内での訪日観光客との円滑なコミュニケーションに向けた実証実験を開始。車内に多言語音声翻訳システムを設置し、乗客と運転手の会話を自動で翻訳する。インバウンド需要に対応し、商用化を目指す。(2019/11/12)

ロボットタクシー、平城宮跡周遊 実用化へ実証実験
広大な同公園の周遊性向上を検証するほか、交通弱者の移動手段となる乗り物として、実用化に向けた課題を抽出するのが狙いだ。(2019/11/8)

「DiDiヒートマップ」を東京で先行提供 タクシー需要エリアをリアルタイムに表示
DiDiモビリティジャパンは、タクシー乗務員向けアプリへ「DiDiヒートマップ」機能を提供開始。過去のデータを基に、タクシー需要の見込みエリアとその需要の高さを色の濃淡でリアルタイム表示する。まずは東京エリアで先行し、大阪エリアなどにも順次展開する。(2019/11/6)

半年で配車数が約20倍、ドコモやKDDIとの提携も 「みんなのタクシー」のMaaS戦略
タクシー配車アプリを提供する「みんなのタクシー」が11月5日に事業説明会を開催。配車アプリ「S.RIDE」の配車数は、サービスインから半年で約20倍に伸びた。NTTドコモやKDDIと資本提携し、需要予測サービスをはじめとしたMaaS分野の拡張を目指す。(2019/11/5)

JapanTaxiの決済機付きタブレット、非接触IC決済サービス3種に対応
JapanTaxiが提供するタクシー後部座席設置型のセルフレジ型マルチ端末「決済機付きタブレット」が、非接触IC決済サービス「Mastercardコンタクトレス」「JCBコンタクトレス」「American Expressコンタクトレス」に対応する。(2019/11/1)

事前確定運賃でタクシー業界激変 相乗り普及のきっかけに
10月28日から始まったタクシー運賃が乗車前にアプリで把握できる「事前確定運賃」は、タクシー業界の転換点となる制度といえそうだ。(2019/10/29)

タクシーの運賃が事前に分かる 「JapanTaxi」アプリが新料金「事前確定運賃」に対応
JapanTaxiが、タクシー配車アプリ「JapanTaxi」に、走行ルートを指定することで運賃を事前に提示する機能を導入すると発表した。(2019/10/25)

CEATECに初出展のDeNA:
視線検知とAIでタクシー業界の働き方改革を支援
「CEATEC 2019」(2019年10月15〜18日、幕張メッセ)に初出展しているDeNAは、タクシー向けに、運転手の視線をモニタリングして脇見運転を検知したり、運転するルートに機械学習を応用したりといった技術を展示した。「タクシー業界の“働き改革”に貢献したい」(DeNA)という。(2019/10/16)

ナビタイムやJapan Taxi、2020年1月に東京臨海副都心エリアでMaaS実証実験を開始
ナビタイムジャパンらは、2020年1月から東京臨海副都心エリアでMaaS実証実験を開始。交通渋滞の解消や交通不便地域での快適な移動、観光スポットへのスムーズな輸送や回遊率の向上に対する機能を搭載した多言語対応の専用MaaSアプリを提供する。(2019/10/11)

台風19号、タクシーの利用も注意 需要過多のため予約受付を制限・中止するタクシー会社も
タクシー利用前提の移動計画は控えるのがよさそうです。(2019/10/11)

d払いの「ミニアプリ」が11月28日に提供開始 “10%還元”キャンペーンも
NTTドコモが、d払い上で加盟店のサービスが使えるようになる「d払い ミニアプリ」を提供する。まずはJapan Taxiのミニアプリを11月28日から利用できる。12月10日からは吉野家やローソンのミニアプリも提供される。(2019/10/11)

小田急電鉄、MaaSアプリを10月末に提供 タクシー、シェアサイクル含む経路検索が可能 電子チケットにも対応
小田急電鉄がMaaSアプリ「EMot」を10月末にリリースする。鉄道、バス、タクシー、シェアサイクルなどを組み合わせた経路検索機能や、企画乗車券などの電子チケットをアプリ上で発行する機能などを持つ。正式サービスではなく実証実験としての提供で、利用期間は2020年3月までの予定。(2019/10/7)

対応都市数は上方修正:
タクシー配車サービス「DiDi」が国内サービス開始から1周年 「PayPayでタクシー代半額キャンペーン」を実施
9月27日で、タクシー配車サービス「DiDi(ディディ)」のサービス開始から1年を迎える。それを記念した、PayPayとコラボレーションしたキャンペーンが同日から10月31日まで開催される。早期終了の可能性もあるので要注意だ。(2019/9/25)

タクシー配車「DiDi」がゼンリンと業務提携 乗務員向けナビアプリにゼンリン製地図を採用
DiDiモビリティジャパンは9月25日、ゼンリンと業務提携し、DiDiの乗務員向けナビアプリで、ゼンリンの地図やナビ機能を使えるようにしたと発表した。(2019/9/25)

バスも電車もタクシーも 沼津を走る「ラブライブ!サンシャイン!! ラッピングバス」に新デザインの第4弾、9月25日から運行
巡礼歓迎ムード。沼津には実は、レンタカーもある。(2019/9/25)

タクシーの経費精算が楽に クレカで決済、クラウド上で管理
 経費精算システムを手がける米コンカーの日本法人は9日、ソフトバンクなどが出資するタクシー配車サービス大手「DiDi(ディディ)モビリティジャパン」など3社と、経費精算の自動化を推進するサービスを今年冬から令和2年春ごろにかけて始めると発表した。(2019/9/9)

タクシーは“センシングカー” 配車アプリ、真の狙いはビッグデータ活用 
スマートフォンアプリを使ってタクシーを呼ぶことができる配車アプリ。IT企業の参入が相次ぎ、全国での普及に向けた割引キャンペーンを繰り広げている。だが、割引サービスや全国展開などの投資が各社の負担になっており、見合う利益はすぐには得られない。それでも手綱を緩めない本当の狙いは、タクシーを“センシング(計測)カー”として集めたビッグデータが、次のビジネスにつながるからだ。(2019/9/9)

中国DiDi(滴滴)、上海でレベル4自動運転車によるロボタクシーのテストを開始へ
中国配車サービス大手のDiDi Chuxingが、上海当局の認可を得て上海嘉定区での完全自動運転車によるタクシーサービスのテストを開始すると発表した。30台の自動運転車を投入する。(2019/9/2)

タクシー業界、自動運転を積極導入 ガイドの「おもてなし」で逆境に対抗
自動運転やライドシェアなど新テクノロジーの脅威にさらされる日本のタクシー業界が、“逆攻勢”で生き残りを図っている。(2019/8/27)

タクシー業界、自動運転を積極導入 ガイドの「おもてなし」で逆境に対抗
自動運転やライドシェア(相乗り)など新テクノロジーの脅威にさらされる日本のタクシー業界が、“逆攻勢”で生き残りを図っている。来年の東京五輪・パラリンピック開催を控え、国内外の観光客らの移動ニーズに合うよう、無人輸送と運転手によるガイドなど、「おもてなし」を重視した有人輸送が共存する日本型サービスを目指す。(2019/8/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。