ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「地域活性」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「地域活性」に関する情報が集まったページです。

秋葉原で使えるコミュニティー通貨「アキコ」登場 「お金では買えない新しい体験を」
東京・秋葉原で利用できるコミュニティー通貨「アキコ」が1月26日から導入される。現金との交換ができない通貨であり、「物やサービスの売買」ではなく「新たな体験の提供」を目指す。サービスには、カヤックが提供する「まちのコイン」を採用する。(2022/1/25)

福島の雪まつりに“お狐様”が降臨!? 祈りを捧げる狐面の書家が神々しい美しさ
中ノ沢温泉雪まつりで書き初めに訪れた狐様。(2022/1/25)

ほっこり湖北旅を楽しめる大阪・京都発着日帰りツアー「特急北びわこ号に乗って ほっこり湖北旅」 2月5、6日催行
「SL北びわこ号」の代わりにいかが?(2022/1/13)

自然エネルギー:
落差65.5メートルで1490世帯分を発電、奥飛騨に水力発電所
シン・エナジーと地元企業が出資する奥飛騨水力発電が計画を進めている「一宝水第一水力発電所」の建設がスタート。有効落差65.50メートルを利用して年間4859MWhの発電量を見込んでいる。(2022/1/12)

メカ設計ニュース:
業務提携により、Smart Cityの実現に向けた取り組みを加速
NTTコミュニケーションズは、ダッソー・システムズと、日本で初めてSmart City分野での業務提携を締結した。3D統合技術と高度なデータプラットフォームを融合し、Smart Cityの具現化に向けた取り組みを加速する。(2022/1/17)

昨年度の1.5倍に:
スノーピークのふるさと納税、品切れ続出 三条市が“アウトドア効果”で10億円突破
新潟県三条市がふるさと納税の返礼品として追加した、スノーピークのアウトドア用品が人気だ。品切れが相次ぎ、同市の寄付額は昨年度の約1.5倍に到達、約10億円を突破した(12月26日時点)。(2021/12/30)

なぜ、「勝利の方程式」は崩れたか:
もはや「大企業誘致」は時代遅れ! 今、地方経済の活性化で「地場スーパー」が大注目なワケ
地方経済の活性化において、これまでは大企業を誘致し、工場の設立などを軸とした雇用創出などが「勝利の方程式」であった。しかし今、大きく時代が変わる中で、もはやそうした方程式は崩れつつある。そこで筆者が注目するのが、地場スーパーだ。(2021/12/28)

「ミジュマル」が三重県の応援ポケモンに
ポケモン社は21日、ラッコポケモンの「ミジュマル」が三重県の応援ポケモンに任命されたと発表した。三重県のプロモーションや地域活性化に取り組む。(2021/12/21)

小寺信良のIT大作戦:
電子・IT産業で存在感が出せない日本 コロナ特需落ち着く2022年に伸びる分野、細る分野
JEITAが発表した電子情報産業の世界生産見通しを基に、日本のポジションがどのように変化したかを分析した。(2021/12/20)

約15秒でモードチェンジ バスが線路を走る世界初のDMVの乗り心地
線路も道路も両方走ることができる夢の乗り物「デュアル・モード・ビークル」が、徳島県と高知県にまたがるエリアで営業運転を始める。DMVの本格的な営業運転は世界で初めて。全国から鉄道ファンや観光客を集めたいと期待を寄せている。(2021/12/20)

シスコが最新の5G戦略を紹介 「5Gショーケース」ではパナソニックやNECとの連携も
シスコシステムズが5Gの開発戦略や、5Gを活用した実証実験ができる「5Gショーケース」の最新状況などについて説明した。5Gショーケースで用意しているデモを拡充し、現在は監視系やセキュリティなど15のソリューションを用意している。既に50社以上の企業が5Gショーケースを利用し、100回以上のデモも実施しているそうだ。(2021/12/16)

トヨタもEV投資に本腰:
猪瀬直樹が日本の自動車産業に警鐘 「テスラとではガラケーとスマホくらい違う」
2050年までのエネルギー革命について「もはや選択の余地はない」と語るのは、作家であり元東京都知事である猪瀬直樹氏だ。「今の日本の自動車と、テスラとではガラケーとスマホくらい違う」と話す同氏に、EV(電気自動車)を巡る日本の自動車産業の構造的課題と、エネルギー政策の展望を聞いた。(2021/12/16)

アニメの聖地142カ所を登録、アニメツーリズム協会 「スーパーカブ」の山梨県北杜市など新規に
アニメツーリズム協会は15日、2022年版「訪れてみたい日本のアニメ聖地88」を発表した。アニメ作品の舞台やモデルになった地域を登録し、観光や地域振興に役立てる。(2021/12/15)

仕事が「つまんない」ままでいいの?(84):
「とうふメンタル」なボクがやっている、ヤバい予兆の見分け方、整え方
ハードな仕事に「これ以上いくとヤバい」と感じたことはありますか? しかも、逃げられない状況で。そんな「心と身体が追い詰められたとき」の対処法を伝授します。(2021/12/15)

プロジェクト:
日本GLP、「GLP ALFALINK 流山」街びらきイベントと内覧会を開催
日本GLPは、千葉県 流山市の大規模多機能型物流施設プロジェクトの中核の一つである「GLP ALFALINK流山」の街びらきイベントおよび内覧ツアーを開催した。(2021/12/13)

新潟県の三条市の取り組み:
スノーピークのふるさと納税返礼品、売り切れ 追加出品が決定
新潟県三条市は、スノーピークのふるさと納税返礼品の追加出品を発表した。11月から販売していたものの、人気で完売してしまったことが背景にある。どのような商品が追加されるのだろうか?(2021/12/9)

実証ではなく「ビジネス」として社会実装!:
太陽光で発電する移設可能なガレージを新開発、岐阜県で新たなEVシェアサービスが始動
2022年1月11日、岐阜県多治見市において電気自動車(EV)のシェアリングサービスがスタートする。配備される車両は、トヨタの超小型EV「C+pod」(シーポッド)。この車両が15分あたり220円(税抜)の低価格で利用できるようになる。数社の連携によって実現したこのEVシェアリング事業の詳細をレポートする。(2021/12/6)

導入事例:
新潟地域振興局の河川工事では初、福島潟でICT浚渫工事を実施
小柳建設は、新潟地域振興局の河川工事では初となるICT浚渫(しゅんせつ)工事「福島潟広域連携(河川)浚渫工事」を実施。パイプを通して浚渫土を空気圧送する同社独自の高濃度・薄層浚渫工法「泥土吸引圧送システム」とICT浚渫を組み合わせ、高精度の出来形管理と高効率施工を目指す。(2021/12/6)

PR:湧き水がありすぎて水道代タダ? 移住サポートが手厚すぎ!? 「住みたい田舎」全国1位の愛媛県西条市に行ってきた
移住希望者のライフスタイルに合わせた、オーダーメイドの「移住体験ツアー」が無料で体験できます。(2021/12/3)

「gmail」を「gmai」と誤記 新潟県職員、個人情報入りメール誤送信
新潟県職員がメール誤送信で個人情報流出。送信先ドメインを「gmail.com」にすべきところを「gmai.com」と誤記したため。(2021/11/30)

産業動向:
Wi-Fi・机・ハンモックを設けた空間で渋谷を活性化、来街者の回遊性を高める実験
渋谷未来デザインは、日建設計と協業し、東京都渋谷区の地域活性化と混雑緩和を目的とした実証実験を2021年11月10〜13日に行った。(2021/11/29)

約600人が働く:
淡路島に移転1年 パソナで働く人の声を聞く
人材派遣大手のパソナグループが、主要な本社機能を東京から兵庫県の淡路島に移転し始めて1年が経過した。現在までに東京や大阪などから約230人が移住し、現地採用の従業員らを含めて計約600人が働く。(2021/11/28)

JR新大久保駅ビルに食の催事場:
特産品を都内でPR 新幹線物流を生かしたJR東日本のフードビジネス戦略
JR東日本が手掛ける山手線ブランド「東京感動線」が新大久保に開業したフードラボ「キムチ、ドリアン、カルダモン、、、」。担当者に狙いを聞いた。(2021/11/26)

沿線まるごと株式会社:
フロントは“無人駅”、客室は“空き家”の「沿線まるごとホテル」 JR東が新会社設立で事業本格化
JR東日本と地域活性化やビジネス創出を支援するさとゆめが、共同出資会社「沿線まるごと株式会社」を設立したと発表。(2021/11/24)

スピン経済の歩き方:
「日本を代表するコンテンツ」温泉むすめが炎上! 美少女萌えとタバコ規制の微妙な関係
全国の温泉地を美少女萌えキャラに擬人化して、魅力を発信している「温泉むすめ」が炎上した。「性差別・性搾取」だと批判されたわけだが、この動きは今後、どうなっていくのだろうか。筆者の窪田氏は、タバコ規制と同じような動きをするのではないかと見ていて……。(2021/11/24)

小江戸・川越で観光をオーダーメイドする実証実験 スマホでレコメンド、混雑確認も
埼玉県川越市で、観光客ごとにおすすめの店舗などを紹介するICT(情報通信技術)を活用した実証実験が始まった。特定の観光スポットへの人の集中を緩和することで、新型コロナウイルスの感染拡大防止にもつなげる。(2021/11/19)

商品の返礼品は初めて:
スノーピーク、新潟県三条市のふるさと納税に20アイテムを出品 なぜ?
新潟県三条市のふるさと納税にスノーピークの商品が出品される。11月18日に2アイテムを先行販売し、25日以降の18アイテムが追加されるという。どのような狙いがあるのか?(2021/11/16)

その名は「鬼死骸停留所」 伝奇ミステリーに出てきそうな名前の旧バス停が好奇心くすぐる
読みは「おにしがいむら」(2021/11/9)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
北海道のローカル線を盛り上げる位置情報ゲーム「テクテクライフ」、仕掛け人に聞く
JR北海道の釧網本線が全通90周年を迎えた。記念行事の一つとして、地図塗りつぶしゲーム「テクテクライフ」を使ったデジタルスタンプラリーが開催。全国からゲームのファンが来訪するなど、この取り組みが沿線地域の活性化に貢献しているという。ローカル鉄道と最先端デジタル技術のゲームのコラボは、なぜ実現したのか。(2021/11/7)

自治体初:
「自動運転バス」実用化から約1年、茨城県境町の変化は?
2020年11月、自治体初の事例として自動運転バスを3台導入し、定時・定路線での運行を始めた茨城県境町。21年8月より停留所の数を16カ所に増やして、土日の運行も開始した。約1年間の実用化によって、町にどんな変化があったのか。(2021/11/3)

「宇宙版シリコンバレー」作る:
ホリエモンが北海道で仕掛ける「宇宙の民主化」 地方創生のモデルケースとなるか
2040年には約110兆円規模に成長するといわれている宇宙産業市場。宇宙港「北海道スペースポート(HOSPO)」の取り組みとその背景を余すところなくお届けする。(2021/11/2)

ファシリティマネジメント フォーラム 2021:
これからのBCP対策の在り方、竹中工務店が提案する「有事と平時に対応する施設の“再構築”」
近年、国内で相次ぐ自然災害の甚大な被害を鑑みると、建物のBCP対策については現状を見つめ直し、将来の在り方を検討すべき時期に来ている。ファシリティマネジメント フォーラム 2021で講演した竹中工務店で事業リスクマネジメントグループ長を務める杉内章浩氏は、BCP/リスク対策の必要性は認識していても実施がなかなか進まない現況を踏まえ、多数の相談を受けている建設会社の立場から参考になる事例を交えつつ、とくにここ数年の懸案事項となっている感染症対策にもスポットを当て、問題解決の具体的な手法を提言した。(2021/11/1)

未来を共有できるパートナーを
行政DXスペシャリストが語る、中小企業DXに必要なパートナーとは
デジタルトランスフォーメーションの必要性が叫ばれる昨今だが、どうすればよいのか分からず二の足を踏む企業も存在する。DX推進のための第一歩とは何か、行政のデジタル化を推進させるなど数々の経歴を持つ田中淳一氏に話を聞いた。(2021/11/1)

都道府県、市区町村を発表:
長野県が人気の移住地域ランキング1位に 「温泉付きシェアハウス」や「観光事業立ち上げプロジェクト」が支持
カヤックは、同社が運営する地域移住者マッチングサービス「SMOUT」内で自治体や地元企業が発信するプロジェクトへの「ファボ(興味ある)」数が多かった地域のトップ3をランキング化し、公開した。(2021/10/27)

巨大ダムの放流をライブ配信、ドローン空撮も 九州電力の上椎葉ダム
九州電力は11月に実施する上椎葉ダムの観光放流をYouTubeでライブ配信する。ダムの点検などに使用するドローンで空撮も行う。(2021/10/25)

岩手県の「住み続けたい街」ランキング 3位「盛岡市」、2位「滝沢市」、1位は?
大東建託は、岩手県に住む成人男女累計3907人の回答を集計し、各ランキングを作成した。(2021/10/25)

自然エネルギー:
合計落差86メートルで1100世帯分を発電、収益の一部はクニマス復活事業に
秋田県仙北市に2つの水力発電所が完成。地域が主体となって進める発電事業で、収益の一部は地域課題の解決や、田沢湖固有種であったクニマスの復活事業などに充てる計画だ。(2021/10/20)

「夫の作った砂像がかわいい」 砂像彫刻家が作ったサンドアートが「和む」「推せる」と人気
今にも動き出しそう!(2021/10/16)

手段や距離に応じてポイントが蓄積:
ANA、徒歩や電車移動でマイルがたまるスマホアプリ「ANA Pocket」提供へ
ANA Xが、徒歩を含む全ての移動でマイルがたまるサービス「ANA Pocket(エイエヌエーポケット)」の提供を12月に開始する。(2021/10/15)

47都道府県の「ご当地怪獣」大集合! 怪獣で国内外に発信する地域活性化企画が始動 東京の「パンダラー」や大阪の「ヒョウガラヤン」など
ドラマの制作や、大阪万博でのパビリオン展開を目指しています。(2021/10/14)

1回5000円、行き先は国内11ケ所から:
格安航空ピーチ、行き先を選べない“旅ガチャ”自販機を渋谷に設置 支払いはPayPay
コロナ禍で売り上げが減少した観光業界や航空業界を盛り上げようと、Peach Aviationが国内11路線の航空券購入に利用できるポイントなどが入った、カプセルトイ自販機「旅くじ」を渋谷に設置した。航空券の行き先を選べない点が特徴。決済方法はPayPayのみ。(2021/10/13)

プロジェクト:
京都・東山の「新道小学校」と「宮川町歌舞練場」の跡地でICT活用のホテルなど街づくり、隈研吾建築都市設計事務所が設計監修
NTT都市開発は、京都市東山区小松町の新道小学校と宮川町歌舞練場の跡地で、宿泊施設、劇場、地域施設などの再開発計画を2025年夏ごろの開業に向け進めている。街の運営では、NTTグループのICTやデジタル基盤「街づくり DTC」も活用し、VRでの伝統文化の発信や地域コミュニティーの醸成につなげる。(2021/10/11)

イーアス春日井:
大和ハウス、愛知県春日井市に新商業施設 日常の「モノ」から休日の「コト」消費まで対応
大和ハウス工業は10月22日、愛知県春日井市にファミリー層からシニア層まで、幅広いニーズに寄り添うコミュニティ拠点を目指す大型商業施設「iias(イーアス)春日井」を開業する。(2021/10/7)

仕掛け人を直撃:
台頭するハイボールやレモンサワー サントリーは「ビール」をどう売っていくのか
今年4月にサントリーが発売した「パーフェクトサントリービール」。発売から3カ月で年間計画の5割を達成する好調な滑り出しを見せている。一方で、消費者の好みが多様化しているが、同社はビールをどのように売ろうとしているのか。(2021/9/30)

ANAグループ×観光庁対談:
PR:今、日本企業にこそ「ワーケーション」が必要なワケ 導入事例で学ぶ「休む」だけじゃない効果
徐々に導入企業も出てきている「ワーケーション/ブレジャー」。興味はあるが、なかなか導入まで踏み切れず悩んでいる企業も多いのではないだろうか。そこで本記事では、以前からワーケーションに取り組んでいるANAグループと観光庁の対談を通し、「ワーケーションが企業にもたらすメリット」や成功のカギを探る。(2021/9/30)

仕掛け人を直撃:
商品名に「パーフェクト」ってどうなの? 「パーフェクトサントリービール」担当者が社内を説得できた理由
今年4月にサントリーが発売した「パーフェクトサントリービール」。発売から3カ月で年間計画の5割を達成する好調な滑り出しを見せている。同社初の糖質ゼロビールはどのようにして開発されたのか。(2021/9/29)

35歳以上に聞いた:
地方勤務で働きたい都道府県 長野県や北海道を抑えて1位になったのは?
エン・ジャパンの運営する転職サイト「ミドルの転職」上で、地方勤務に関する調査を実施した。地方勤務で働いてみたい都道府県はどこか? どのような条件がそろえば地方で働いてもいいと思っているのか?(2021/9/15)

産業動向:
NTT東日本と清水建設が建物運用のDXで協業、「DX-Core」を「地域エッジ」と連携
NTT東日本と清水建設は、清水建設が開発したソフト「DX-Core」の運用ソリューションをNTT東日のコンピューティング基盤「地域エッジ」と組み合わせて自治体などに提供することで、導入コストとランニングコストの削減につなげる協業をスタートした。(2021/9/13)

九州初の自動運転バス運行順調 福岡県みやま市
福岡県みやま市は、九州で初めてとなる自動運転サービスによるコミュニティーバスの運行を山川地区で始めた。ゴルフカート型の6人乗り電気自動車が、道路に埋設した電磁誘導線からの磁力を感知して自動走行する仕組みで、全国では3番目の導入。7月19日の運行開始以来、これまでのところ大きなトラブルもなく、順調な運行が続いている。(2021/9/2)

500億円市場 急拡大するクラウドファンディングの光と影
新型コロナウイルス禍で苦境にあえぐ中小企業や飲食店が増える中、インターネットで資金を募る「クラウドファンディング」が急拡大している。金融機関の融資よりも資金集めのハードルは低く、従来なら挑戦できなかったようなプロジェクトが実現可能になった。一方で、企画者の説明が不十分だったり、見通しの甘さによって計画が実行できなかったりといったトラブルも後を絶たない。(2021/9/1)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。