ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

「ユーザーインタフェース」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ユーザーインタフェース」に関する情報が集まったページです。

BIGBOSSに続くブーム到来? 日ハム、魅惑のチアパフォ「きつねダンス」に中毒者が続出する
何回も見ちゃう。(2022/5/24)

フラグシップ徹底比較 「Galaxy S22 Ultra」と「Galaxy Z Fold3 5G」はどちらを選ぶ?
「Galaxy S22 Ultra」と「Galaxy Z Fold3 5G」、どちらもハイスペックな端末で甲乙付けがたい魅力がある。この2機種を実際に使ってみて、比較を行った。(2022/5/25)

「テクノグラフィック」で読み解くMarTechの現在:
「A/Bテスト」ツール 売れ筋TOP10(2022年5月)
今週は、「A/Bテスト」ツールの売れ筋TOP10を紹介します。(2022/5/24)

スギ薬局、AWSで基幹システム構築 店舗のモバイル端末も接続可能に 現場の業務効率化を加速
スギ薬局がAWS上に基幹システムを構築した。在庫管理や発注、売上分析といった業務に関わる処理を40%以上高速化。業務用PCだけでなく、本部や店舗にあるモバイル端末からの接続にも対応した。約1500店舗の現場業務の効率化や、データを活用した売り場作りに活用する。(2022/5/23)

Samsungの「One UI 4.1」とは【後編】
「Galaxy A」が「iPhone SE」よりも魅力的に? Galaxyの「One UI 4.1」とは
SamsungはGalaxyスマートフォンとタブレットで使えるUI「One UI 4.1」を提供している。「Galaxy A」といった低価格帯の機種でも利用可能になったOne UI 4.1には、どのような機能があるのか。詳しく説明する。(2022/5/23)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
タイのキャリアが販売 SA方式対応の激安5Gスマホ「R1 5G SA」
タイでは国内大手のAISが2020年3月から5Gサービスを始めていて、スマホ人気は1番がサムスン電子、そこにXiaomiが迫る。その中でAISは格安5Gスマホを自社販売してユーザー拡大に努めている。(2022/5/22)

FAニュース:
樹脂成型品や金属部品の検査に、160kV高出力X線発生装置搭載の卓上X線CTシステム
島津製作所は、160kVの高出力X線発生装置を搭載した、小型の卓上X線CTシステム「XSeeker 8000」の販売を開始した。肉厚な樹脂成型品からアルミダイカストなどの金属部品まで、多様な材質の対象物を鮮明に撮影できる。(2022/5/20)

PR:月額無料でPDFファイルに認定タイムスタンプを付与できる “改正電子帳簿保存法”対応「みんなのタイムスタンプ」登場 その実力は?
(2022/5/20)

シリコンバレーから見た風景:
Blockの「Cash App」で体験する、日本がまだ知らないP2Pペイメント 根性バーガーから広がった未知の世界
Twitter共同創業者であるジャック・ドーシー氏の会社Block(旧Square)の「Cash App」は日本未導入。このサービスを使ってみた。(2022/5/19)

Xiaomiの「Redmi Note 11 Pro 5G」が日本上陸 4万4800円で5月30日発売
XiaomiがRedmi Note 11シリーズの新モデル「Redmi Note 11 Pro 5G」を5月30日に発売する。メーカー希望小売価格は4万4800円(税込み)。カメラ、ディスプレイ、バッテリーや急速充電機能に注力した、ミッドレンジまたはミッドハイに位置付けられるRedmi Note 11シリーズの最上位モデルに相当する。(2022/5/19)

スマホ版「Apex Legends」配信開始 プレイヤー数1億人超の人気ゲーム 「APEXモバイル」がTwitterトレンド入り
「Apex Legends」のスマートフォン版「Apex Legends Mobile」(iOS/Android)の配信が始まった。基本無料でプレイでき、Twitterでは「APEXモバイル」がトレンド入りしている。(2022/5/17)

MicrosoftがWindows 11「Build 25115/22621」を公開 Dev/Betaチャネルが再び分離
米Microsoftは5月11日(現地時間)、「Windows 11 Insider Preview Build 25115」をDevチャネルで、「Build 22621」をBetaチャネルでそれぞれ公開した。(2022/5/16)

満足度の高い経費精算ツール 「マネーフォワード クラウド経費」を抑えて1位になったのは?【2022年5月版】
ユーザー満足度の経費精算ツールはどれ? IT製品レビューサイト「ITreview」に寄せられたレビューを基に、ランキング形式でまとめた。(2022/5/16)

PR:インテル×日本HPが思い描くビジネスノートPCの近未来像 本田雅一氏が両社に聞く
(2022/5/23)

ゴマキ弟・後藤祐樹、渋さあふれるイメチェン姿を披露 “首のタトゥー除去”の経過に「だいぶ薄くなりましたね」の声
かなり薄くなってる。(2022/5/14)

寺尾社長「BALMUDA Phoneはネバーギブアップで継続改善」 バルミューダ決算
バルミューダ(BALMUDA)は5月13日、2022年12月期第1四半期の決算を発表した。決算説明会に登壇した寺尾玄社長は「BALMUDA Phoneは非常に厳しいスタート」だったと振り返りつつ、スマホ関連事業を継続していく決意を示した。(2022/5/13)

アップデートで変わる「BALMUDA Phone」 スペックで計れない“体験価値向上”を
バルミューダがAndroidスマートフォン「BALMUDA Phone」のソフトウェアアップデートを5月19日から提供する。ソフトウェアアップデート後のバージョンは「1.200」になる。シャッターを切る速度が40%高速になり、画面スクロール時のレスポンスが向上した。新たに「AXIS Balmuda(アクシスバルミューダ)」というフォントが追加される。(2022/5/13)

長谷川秀樹の「IT酒場放浪記」 カインズのDX編:
カインズ土屋会長が「慣れない英語で質問」したワケ “IT小売企業”への一歩
東急ハンズCIO・メルカリCIOなどを務め、独立した長谷川秀樹氏が、IT改革者と語る「IT酒場放浪記」。今回のゲストは、カインズの土屋裕雅会長。デジタル事業への100億円以上の投資を表明し、IT化を進めているカインズ。その背景にあった「出会い」とは?(2022/5/13)

Googleが「Android 13 Beta 2」公開 プライバシー強化やタブレット向けUI改善など
米Googleは5月11日(現地時間)、年次開発者会議「Google I/O」で、「Android 13 Beta 2」を公開した。セキュリティとプライバシーを強化。スマートフォンやタブレット向けUIを改善した。(2022/5/12)

徹底解剖! SaaSのUI/UX:
“不便なSaaSあるある”な「使いにくい表・テーブルUI」の改善点 営業支援ツールを例に専門家が解説
なかなか問題点を直しにくいSaaSのUI/UX。営業支援SaaSのUIを模して作ったサンプルを基に、専門家がSaaSのUIにありがちな問題点とその改善方法を解説する。(2022/5/12)

布川敏和、元妻・つちやかおりや息子&娘が大集合の“ファミリーランチ会” 「楽しかったのでありやしたぁ〜」
離婚しても孫を通して交流している布川さんとつちやさん。(2022/5/11)

PFU、読み取り精度を大幅向上した業務用OCRソフト最新版「DynaEye 11」を発表
PFUは、同社製業務用OCRソフト「DynaEye」の最新版「DynaEye 11」を発表した。(2022/5/11)

SaaS企業になったLayerXが経費精算サービスに参入 競合ひしめく市場に今から参入するワケ
LayerXが経費精算SaaS「バクラク経費精算」の提供を始めた。利用料は年額24万円(税別)から。すでに複数の競合が存在するにもかかわらず、同社が経費精算サービスに踏み込む理由とは。(2022/5/10)

メタバースの可能性はB2Bにあり? マネタイズへの道をソフトウェアの歴史から振り返る
B2C分野での盛り上がりを見せるメタバース市場。一方で、過去のビジネスシーンを踏まえると、今後B2B分野でも同様の盛り上がりが起きる可能性もある。この動向がSaaSビジネスに与える影響を、SaaS企業に特化したアナリストが分析する。(2022/5/10)

ノーコードでアプリを開発するヤプリが明かす:
PR:「成果をたたき出す」企業アプリの共通点
企業の公式アプリは、うまく運用すればブランドのファンとのつながりを深め、購買額や購買回数を上昇させることが可能だ。「成果を出す」企業アプリの共通点はどこにあるのか。また、開発のためのリソースを持たない小売事業者がアプリを制作する手だてはあるのだろうか。(2022/5/16)

Active Directoryの脆弱性対策は万全ですか? Tenableが自社製品の日本語版を発表
Tenableは、同社の脆弱性リスク管理ソリューションを日本語で提供すると発表した。ADの脆弱性管理に特化したTenable.adや自社のIT/OT環境全体を可視化するTenable.otなどが対象となる。(2022/5/9)

海外企業に学ぶテスト自動化(2):
Netflix考案のテスト「カオスエンジニアリング」を探る――システムのあらゆる部分を“壊す”、そのメリットとは
海外の先進的企業の事例を基にテスト自動化に使われる手法を解説する本連載。第2回は、Netflixが考案したテスト手法「カオスエンジニアリング」について。(2022/5/9)

Samsungの「One UI 4.1」とは【前編】
格安「Galaxy A」でも高級機の機能が利用可能に――その“深い意味”とは
Samsungはスマートフォン/タブレット「Galaxy」シリーズの高価格帯機種に向けて提供していた「One UI 4.1」を、中低価格帯から低価格帯の機種でも利用可能にする。そのインパクトとは。(2022/5/7)

製造ITニュース:
PTCがアプリケーションライフサイクル管理ソフトウェア開発企業を買収
PTCは、アプリケーションライフサイクル管理ソフトウェア「Codebeamer」の開発、販売を手掛けるIntland Softwareを買収した。単体またはPLMソフトウェア「Windchill」や「Arena PLM」と組み合わせて提供する予定だ。(2022/5/6)

Windowsフロントライン:
Windows 11のシェア停滞とWindows 10のサポート終了期間を考える
AdDuplexによるはWindows 10/11のバージョン別シェア報告によると、Windows 11への移行が足踏み状態になっているのが分かる。この動向から見えることをまとめた。(2022/5/2)

必要なのは“投資”ではなく資産運用 見直されるラップ口座の今
「手数料が高い」とかつて批判を浴びていたラップ口座。それが今、新たな枠組みの中で見直されようとしている。キーワードは、「ゴールベース」と「アドバイス」だ。(2022/5/2)

“同人ハード”が「CES」で賞を取るまで メタバース住人が愛用する「HaritoraX」誕生の軌跡
同人発のハードウェアが大ヒット。商業製品として量産化し、世界的な展示会で受賞して海外展開へ――絵に描いたような夢物語だが、VR用モーショントラッキングデバイス「HaritoraX」が叶えた実話だ。(2022/4/30)

全世界で悪用される脆弱性トップ15は? 各国当局が共同アラートを公開
米国やオーストラリア、カナダ、ニュージーランド、英国のセキュリティ当局らが共同で日常的に悪用されている脆弱性トップ15を発表した。該当の脆弱性が存在しているかどうかを直ちに確認し、更新することが望まれる。(2022/4/29)

「スマホOSの寡占」問題 政府の思惑は「日本独自OS」を作ることではない
日本政府が、スマートフォン用OSの寡占状態を懸念している。そこから、「日本政府が独自OSを欲している」との解釈も広がっている。結論からいうとその解釈は正しくない。(2022/4/28)

「Windows 11」「Windows 365」の新機能はビジネスにどういうメリットをもたらす? 日本マイクロソフトが説明
日本マイクロソフトが法人ユーザーを対象に「Windows 11」「Windows 365」の新機能を紹介するイベントを開催した。Windows 11に搭載される(予定)の新機能は、ビジネスにどのようなメリットをもたらすのだろうか。(2022/4/28)

OSS可視化ツールGrafanaをフルマネージドサービスとして提供:
Microsoft、「Azure Managed Grafana」のプレビュー版をリリース
Microsoftは、OSS分析可視化ツール「Grafana」のフルマネージドサービス「Azure Managed Grafana」のプレビュー版を提供開始した。(2022/4/28)

SaaS導入で従業員の休みが増えた 人不足の地方中小がクラウド活用で変わった話
事業拡大の一方、人不足による業務の属人化と、情報共有の不備に課題を抱えていた中小企業。複数のSaaSを導入し業務改善を図ったところ、従業員の負荷を減らし、休みを増やすこともできたという。成功のカギはSaaSを使わざるを得ない仕組み作りにあった。(2022/4/28)

Innovative Tech:
角膜に写る自分の姿から、スマートフォンの持ち方を特定する技術 慶應大などのチームが開発
慶應義塾大学 lifestyle Computing LabとYahoo! JAPAN研究所、東京工科大学の研究チームは、ユーザーの角膜に写るスマートフォンの像をインカメラで取得し、操作しているスマートフォンの持ち方を識別する技術を開発した。(2022/4/28)

PR:世界中で急速に普及中の「Chromebook」 ソフトバンク×レノボでおトクにデビューしよう!
ソフトバンクがレノボ・ジャパンとタッグを組んで「Lenovo 300e Chromebook Gen 3(Cellularモデル)」の販売を開始した。そもそも、Chromebookとはどのようなものなのか。そして、このモデルのメリットはどこにあるのか、徹底的にチェックしていこう。(提供:レノボ・ジャパン合同会社)(2022/4/28)

PR:「柔軟な働き方」の裏で“電話応対”の在宅化が置き去りに? 自宅にいながら会社の電話を取る方法を、そろそろ真剣に考えたい
「ハイブリッドワーク」という新しい働き方が広まろうとしているその裏で、置き去りにされがちなのが「会社の代表電話にどう対応するか」という問題である。社用携帯電話を配るか、交代で電話番を設けるか――選択肢はさまざまだが、果たしてそれらは本当に、“新しい時代”に適した手段なのだろうか?(2022/4/28)

ロボット開発ニュース:
ロボットの“付き添い”を不要化、フルリモートの自動配送サービス実現に前進
パナソニックは2022年4月15日、「Fujisawaサスティナブル・スマートタウン」域内で、保安要員なしでの小型低速ロボットを使った自動配送サービスの道路使用許可を取得したと発表した。(2022/4/28)

2022国際ロボット展レポート:
あの壊れないロボットが4足歩行のヤギに、力強い遠隔操縦ロボも――iREX2022サービスロボットレポート
コロナ禍を経て開催の時期や規模で影響を受けた「2012国際ロボット展(iREX2012)」。本稿では、サービスロボットゾーンの展示を中心にレポートする。4足のヤギ型ロボットで話題をさらった川崎重工業のヒューマノイドロボットや、本田技術研究所と人機一体の遠隔操縦ロボット、社会実装が進みつつある自動配送ロボットなどに注目が集まった。(2022/4/27)

5Gゲーミングスマホ「Black Shark 4 Pro」の日本モデルが発売 約9万円
ブラックシャーク科技ジャパンは、5Gゲーミングスマホ「Black Shark 4 Pro」の日本モデルを発売。価格は8万9980円(税込み)で、ケースや冷却ファンクーラーのセットモデルも先着100台のみで限定販売する。(2022/4/26)

Innovative Tech:
YouTubeの“おすすめ動画”を他人と交換できるプラグイン 見知らぬ誰かのレコメンド動画を視聴可能に
米Virginia Techの研究チームは、YouTubeにおいて、他人にオススメ(レコメンド)される動画の一覧が表示されるプラグインの開発と、そのプラグインを使用した際のユーザーの評価を考察した論文を発表した。(2022/4/26)

人材不足はツールで補う:
PR:Webアプリケーション開発者に寄り添う次世代WAFの実力を探る
Webアプリケーションを狙うサイバー攻撃の高度化は、機械学習機能を組み込んだbotによる同時多発攻撃などとどまるところを知らない。従来のWAFでは防ぎ切れない攻撃にどのように立ち向かうべきなのか。(2022/4/28)

野良アプリの乱立や情報漏えいなどの対策が必要:
「2023年には新規開発の60%がローコード/ノーコードになる」 IDCがローコード/ノーコード開発に関する調査結果を発表
IDC Japanは、国内のローコード/ノーコードプラットフォームの動向に関する調査結果を発表した。2021年9月の調査では、導入率は37.7%。ユーザーが戦略や目的に応じて柔軟に選択できるようになったことが、導入を後押ししている。(2022/4/25)

「iPhone SE(第3世代)」が“実質1円”で販売中 なぜここまでiPhoneが優遇されるのか?
3月18日に発売された最新の「iPhone SE(第3世代)」が、早速「実質1円」で販売されています。実質価格は2年後の返却が前提となっています。これだけiPhoneが手厚く販売されている背景には、日本独自の理由が考えられます。(2022/4/24)

新機能を搭載:
ソニー、“着る”エアコン「REON POCKET 3」を発売 冷却機能の向上で訴求
ソニーグループは4月21日より、ウェアラブルサーモデバイス「REON POCKET 3(レオンポケットスリー)」を発売すると発表した。本体接触部分の体表面を、直接冷やしたり温めたりできるウェアラブルデバイス「REON POCKET」の第三世代モデルとなる。(2022/4/22)

「永遠のリアル不二子ちゃん」「やはり実写版だ」 藤原紀香、ハーレーにまたがる“レザー女子”ショットに反響
今でもスタイル変わらないのスゴい。(2022/4/22)

2023年には企業アプリの60%がローコード/ノーコード開発に 一方でCoE設置の課題も――IDC予測
IDCの調査によると、ローコード/ノーコードプラットフォームを活用している企業は、2021年9月時点で4割弱に上った。ベンダーの支援策なども功を奏し、ローコード/ノーコード開発は急速に標準化していく見通しだ。(2022/4/22)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。