ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「運用」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「運用」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

人工知能ニュース:
生成AIが運用保守困難なシステムを解析 リバースエンジニアリングするサービス
東芝デジタルエンジニアリングは、担当者が不在で運用や保守が困難になったシステムを、生成AIを活用してリバースエンジニアリングする新たなサービスの販売を開始する。(2024/4/18)

データベース運用のあらゆる側面を簡素化:
Google Cloud、AIベースのDBアシスタント「Gemini in Databases」を発表 専門知識不要でDB開発、管理が可能に
Google Cloudは、開発支援やパフォーマンス最適化、フリート管理、ガバナンス、移行など、データベース運用のあらゆる側面を簡素化するAIベースのデータベースアシスタント「Gemini in Databases」のプレビュー提供を開始した。(2024/4/18)

リクルート事例で分かるIaaS→PaaS移行のコツ(4):
API量産環境の運用事例から分かる、「AWS CDK」「CloudFormation」による本番リプレース、改善のコツ
リクルートの情報検索組織において検索APIの基盤をどうやってPaaS中心のシステムに移行したかを紹介する連載。今回は、開発システムを運用する中で気付いた良かった点や改善点、今後の展望を紹介する。(2024/4/18)

PayPay証券、PayPay資産運用でiDeCo(個人型確定拠出年金)の受付を開始
PayPay証券は4月16日、「PayPay資産運用」でiDeCo(個人型確定拠出年金)の受付を開始した。みずほ銀行のiDeCoは国民年金被保険者が加入できる、個人が任意で加入する私的年金制度。申し込みはオンラインで行える。(2024/4/17)

大田区、NECに賠償金480万円を請求 10月のシステム障害巡り SSD3台の同時故障想定できず
大田区は、2023年10月に発生したシステム障害の検証結果を発表した。システムの運用・保守を担っていたNECからの情報共有が不十分だったことなどが原因にあるとし、同社に対して損害賠償金486万8437円を請求した。(2024/4/17)

建設キャリアアップシステム:
建設キャリアアップシステム(CCUS)技能者登録が累計140万人超え 2023年度運営状況
建設キャリアアップシステム(CCUS)の技能者登録数は2023年度末時点で26万4081人となり、運用開始からの累計で140万人を超えた。また年間の事業者登録数は4万1359件、新規登録現場数は6万9306件で、一人親方を含む就業履歴数は年間5357万847件だった。(2024/4/17)

AIモデルの運用に不可欠:
LLMスタックのセキュリティを確保するには? Ciscoが解説
LLMスタックの保護は、データの保護、ユーザーの信頼、AIモデルの運用の完全性などを保証するために不可欠だ。本記事では、AIシステムの安全性を確保する方法を学ぶことの重要性について、LLM実装とLLMスタックに焦点を当てながら紹介する。(2024/4/17)

産業動向:
経営/営業/施工情報を統合したプラットフォームを大末建設が開発
大末建設は、案件情報から竣工までのデータを一元管理する独自プラットフォーム「DXS(大末DXシステム)」を開発し、本格運用を開始した。(2024/4/17)

スマートコンストラクション:
山岳トンネル工事の技術力向上へ「実物大模擬トンネル」構築 鉄建建設が施工の遠隔化や自動化目指す
鉄建建設は、千葉県成田市の建設技術総合センター内に、山岳トンネル工事の研究/技術開発を行う実物大模擬トンネルを構築し、運用を開始した。今後、模擬トンネルを利用し、施工の遠隔化や自動化などを始めとした技術開発や実証実験を実物規模で進める。(2024/4/16)

FAニュース:
ロボットを活用したプラント保守を支援する運用ソフトウェア、Spotなど対応
横河電機は、ロボット運用ソリューション「OpreX Robot Management Core」の販売を開始した。ロボットを活用したプラント保守を推進し、石油やガス、化学業界などの現場作業の安全性向上、効率化に貢献する。(2024/4/16)

「コンテナホストOS」4選【後編】
Docker向けOSの“最強”は? 「RancherOS」「Ubuntu Core」「Alpine Linux」「DC/OS」を比較
「Docker」を用いてコンテナをデプロイ、管理する上で、コンテナ実行に特化した軽量なホストOSを採用することにはさまざまな利点がある。コンテナ運用向けの機能を備えた4つの主要なコンテナホストOSを紹介する。(2024/4/16)

第17回「建築材料等判断基準WG」:
建材トップランナー制度の対象が拡大、大型建築物などのサッシ・複層ガラスも対象に
高機能な建材の普及を目的に、省エネ法のもとで運用されている「建材トップランナー制度」。政府では今後、中高層住宅・大中規模建築物用のサッシ・複層ガラスを建材についても、トップランナー制度の対象としていく方針だ。(2024/4/15)

多様性とセキュリティは水と油?:
忙しい情シスが「セキュアなネットワーク」と「効率的な運用」を両立する方法
働き方の多様化によりゼロトラストセキュリティが求められる中、セキュアなネットワークの運用はIT担当者不足に悩む企業が抱える大きな課題だ。高度なセキュリティを備えたネットワークをシンプルに構築するにはどうすればよいのだろうか。(2024/4/18)

macOS管理者を救う「mSCP」とは【後編】
なぜ「Mac」は“業務用マシン”として扱いにくいのか
企業で「macOS」搭載デバイスを使う際、IT管理者にはクライアントデバイスやOSを適切に管理することが求められる。macOSを導入する場合は、そうした運用面での“ある問題”に向き合わなければならない。(2024/4/13)

ITmedia Mobile読者に聞く:
モバイルSuicaやモバイルPASMOで定期券を購入していますか?
スマホで定期券を購入すれば、駅の窓口に並ぶ必要がなく、便利に運用できます。皆さんはモバイルSuicaやモバイルPASMOで定期券を購入していますか? スマートフォンを使っていて「困った」「失敗した」エピソードについても募集します。(2024/4/12)

宮内庁のインスタ、オランダ王室と相互フォローに
宮内庁が今月1日から運用を開始したInstagram公式アカウントで、オランダ王室の公式アカウントと相互フォローを始めたことが分かった。(2024/4/12)

AIデータガバナンスの課題を解決
オンプレミス「AI/ML」基盤をより手軽に “最初の一歩”を踏み出すには?
企業が独自に構築する「プライベートAI」採用の動きが広がっている。しかし、AIインフラの構築や運用は骨の折れる作業だ。プライベートAIの効率的な実践方法について解説する。(2024/4/15)

CAD:
AutoCADの最新版をリリース 「Autodesk AI」実装でデータ分析や自動化などが実現
米Autodeskは、AutoCADの2025年バージョンをリリースした。最新版は、2024版の2倍の速さで2Dファイルを開けるパフォーマンスアップとともに、Autodesk AIも本格的に実装し、自動化による作業効率の向上とCADデータの運用範囲も拡大した。(2024/4/11)

オンプレミスでも利用可能:
デロイト トーマツが「ファインチューニング付きLLM」の開発サービスを提供開始
デロイト トーマツは、「特化型LLM」の開発サービスを提供開始した。クラウド提供型LLMが利用できない業種、業界に向けてオンプレミス運用可能な特化型LLMを提供することで、企業のLLMの活用を促進するという。(2024/4/11)

PLMシステム:
PR:医療機器開発を取り巻く課題は山積 複雑化する規制に対する最適な環境とは
医療機器開発には、IoTやAIなどのデジタル技術を取り入れるだけでなく多様化/複雑化する規制に対応するために解決すべき課題が山積している。この解決に有効なのが、PLM、ALM、SLMなどを組み合わせて製品の設計や生産、運用、メンテナンスといった各プロセスをデジタルデータでつなぐ「クローズドループ」だ。(2024/4/12)

ITインフラ運用の危機はITのチカラで回避
中小企業が抱える“ITインフラ運用の危機”の現実解
専門人材の不足は、ITインフラ運用の世界でも大きな問題だ。採用や異動など、企業全体の仕組みを見直せればいいが、それが難しい場合は、ITインフラを効率的かつ容易に運用できる製品を導入することも有効な手段だ。(2024/4/12)

マーケティング状況の可視化とスムーズなPDCAをサポート:
D2C R、広告運用分析・レポーティングに特化した「Looker Studio」のダッシュボードを提供開始
広告主は専門知識を必要とするダッシュボードの構築をせずとも、前日までの広告実績をいつでも手元で確認・分析することが可能になった。(2024/4/10)

BIM:
ニコン・トリンブルが3Dモデリングソフト「SketchUp」の販売開始 点群連携や現場でMR投影などが実現
ニコン・トリンブルは、3Dモデリングソフト「SketchUp」の販売を開始した。BIM/CIMの現場実装から、3DモデルのMR運用、ファシリティマネジメントまでトータルに3次元データの活用を支援する。(2024/4/10)

「Gemini for Google Cloud」発表 Google Cloudでの開発から運用、セキュリティなどをAIが支援
Google Cloudは、日本時間4月10日未明から開催中のイベント「Google Cloud Next '24」で、最新のAIによるGoogle Cloudを用いたアプリケーションの開発から運用、セキュリティなどライフサイクル全体をAIが支援する「Gemini for Google Cloud」を発表しました。(2024/4/10)

SSDを上手に使う4つの方法【後編】
SSDが「期待ほど速くない」と感じたら試してみるべき“あれ”とは?
SSDのデータ読み書き速度のパフォーマンスを最大限に引き出し、SSDをできるだけ長く使い続けるには、その特性を理解して運用をしなければならない。具体的な方法とは。(2024/4/10)

AI技術がBPMにもたらす変化【後編】
業務プロセス改善に“とりあえずAI技術”は危険 そのリスクと課題とは
ビジネスプロセスマネジメント(BPM)と人工知能(AI)技術の組み合わせによって得られる価値は幾つもある。しかし運用に際しては注意が必要だ。リスクを正しく理解し、メリットを最大化するヒントを探る。(2024/4/10)

見えないネットワークを制するには:
逼迫するオフィスのネットワークはクラウド管理でどう変わるのか
日々トラブルが発生するオフィスのネットワークの運用は、IT担当者の悩みの種だ。コロナ禍で浸透したハイブリッドワークに適し、運用管理コストも抑えられるネットワークソリューションとはどのようなものなのだろうか。(2024/4/9)

導入しただけでは真の効果を発揮できない
検知だけでなくリアルタイム保護まで実現!「これからのEDR」に必要な要件とは
テレワークの普及をきっかけにエンドポイントセキュリティに関心を持った企業も多いだろう。ただ、EDRはウイルス対策ソフトウェアに比べて高額で運用が大変なイメージがある。無理なく導入し、うまく運用するにはどんな方法があるのか。(2024/4/15)

macOS管理者を救う「mSCP」とは【中編】
企業が「Mac」を扱いたくなかった当然の理由
IT管理者は、運用中デバイスのOSの更新に伴ってセキュリティ設定を見直す必要があり、「macOS」も例外ではない。この作業を支援するプロジェクト「mSCP」が生まれた背景には、どのような問題があったのか。(2024/4/6)

タクシーアプリ「S.RIDE」、タクシー事業者のライドシェア運用を順次開始 アプリ設定にも対応
S.RIDEらは、4月中に自家用車活用事業(ライドシェア)の運行車両への配車を開始。4月4日のアプリアップデートで、車指定画面へ新たに「ライドシェア」の項目を追加した。(2024/4/5)

「iPhone 15」シリーズの価格まとめ【2024年4月最新版】 ソフトバンクのiPhone 15(128GB)が“実質12円”、一括は楽天モバイルが最安
4キャリアが扱っている「iPhone 15」シリーズの価格をまとめた。一括価格はApple Storeが最安で、4キャリアでは楽天モバイルが最安。ソフトバンクの「iPhone 15」(128GB)は、1年後に返却すると、実質12円で運用できる。(2024/4/5)

LLMで変わる開発【後編】
“AIインフラ”でも論争になる「オンプレミス」対「クラウド」 どう選ぶべき?
自社データを用いてカスタマイズした「プライベートLLM」を運用する場合、ユーザー企業はインフラの構築や運用にどのように向き合えばいいのか。そのポイントを解説する。(2024/4/5)

紀文、公式Xの活動再開 「のりふみさんお帰りなさい!」と企業アカウント間で話題に
紀文は4日、Xの公式アカウントの運用を再開すると発表した。(2024/4/4)

SSDを上手に使う4つの方法【前編】
SSDのパフォーマンスを引き出したいならやってはいけない“あれ”
SSDの性能を最大限に生かしつつ、より長く使うには、SSDの特性を理解した運用をしなければならない。SSDの運用における2つのベストプラクティスを紹介する。(2024/4/3)

スマートコンストラクション:
全国の道路異状をLINEアプリから通報 国交省が運用開始
国土交通省は、道路利用者が道路の異状などを発見した場合、道路管理者に直接通報できる道路緊急ダイヤル(#9910)で、LINEアプリによる通報を全国で開始した。(2024/4/2)

変わりゆく教育環境の通信状況を把握できるAIが重要
NEXT GIGAに向けたネットワークアセスメントに必要なものは何か?
文部科学省が推進するGIGAスクール構想を実現するには授業の前提となる通信ネットワーク環境の管理・運用が必要不可欠だ。だが、現場で通信の問題が発生した場合に早急に解決できない場合も多い。どうすればよいのだろうか。(2024/4/10)

928万件顧客情報流出のNTT西日本新社長「ずさんな運用が問題拡大」 信頼回復目指す
子会社を通じて約928万件の顧客情報が流出したNTT西日本の新社長に4月1日付で就任した北村亮太氏が同日、大阪市内で会見し、「信頼回復に全力を尽くしていく」と述べ、社内の情報セキュリティー強化を進める姿勢を強調した。(2024/4/1)

MicrosoftとOpenAI、1000億ドル規模のデータセンター計画か
米Microsoftと米OpenAIは、事業規模が最大で1000億ドルとなるデータセンターの建設を計画している。AI用スーパーコンピュータ「スターゲート」が含まれ、2028年の運用開始を目指す。ハイテク系ニュースサイト「The Infomation」が報じた。(2024/4/1)

宮内庁がInstagram公式アカウント開設 午後2時時点で16万人超のフォロワー
宮内庁が4月1日から運用を始めたInstagram公式アカウントのフォロワーが、同日午後2時現在で16万人を超えた。(2024/4/1)

保守困難なシステムを、生成AIで解析→リバースエンジニアリング 東芝デジタルが新サービス
運用や保守が困難になったシステムのプログラムを生成AIで解析し、設計図や構成を導き出す「生成AI活用リバースエンジニアリングサービス」を東芝デジタルエンジニアリングがリリース。(2024/4/1)

製品動向:
不整地運搬車で土砂運搬可視化システムを運用、加藤製作所
加藤製作所はカナモトと共同で、不整地運搬車を対象に、土砂運搬可視化システムの運用を開始する。積載位置や積載トン数などを自動計測し、現場での効率化や省人化を図る。(2024/4/1)

IoTセキュリティ:
ロボットやドローン導入による事業リスクをAI解析で低減する実証実験を開始
GMOグローバルサイン・ホールディングスは、ロボティクスとドローン分野において、AIを活用した動作ログ解析の実証実験を開始する。故障やセキュリティリスクを管理し、運用効率向上と事業リスクの低減を目指す。(2024/4/1)

macOS管理者を救う「mSCP」とは【前編】
Macセキュリティ管理「mSCP」で“あの危ない機能”の無効化も その方法とは?
「macOS」の運用は、OSのアップデートや自社のセキュリティ要件を考慮したセキュリティ対策に手間が掛かりやすい。この問題を解決するプロジェクト「mSCP」は、IT管理者をどう支援するのか。(2024/3/30)

セキュリティソリューション:
XDRの運用をDellのエキスパートが支援 CrowdstrikeがDellとの協業を強化
CrowdstrikeはDell Technologiesとの戦略的パートナーシップを拡大し、Falcon XDRプラットフォームでDellのマネージドセキュリティサービスを提供する。(2024/3/29)

特選プレミアムコンテンツガイド
“危ないコンテナ”の条件は? VMとどう使い分ける? コンテナ丸分かりガイド
アプリケーションを稼働させる手段として普及した「コンテナ」。仮想マシンとは何が違い、どのように使い分ければよいのか。コンテナを安全に運用するために注意すべきこととは。コンテナ活用のヒントを紹介する。(2024/3/29)

クラウドもオンプレミスも一長一短で選べない?:
VDI第三の選択肢は「高い、設計が難しい、コストがかさむ」を解消できるか
セキュアなリモートワークを考える上でVDIは魅力的だが、基盤構築や設計、運用の煩雑さ、導入コストと拡張性の課題などがあり、手を出しにくかった。この問題を解消する「第三の選択肢」があるという。詳細を聞いた。(2024/3/28)

現場管理:
施工シミュレーターの機能を拡充し東名リニューアル工事で運用、施工時間を削減
大林組は、東名リニューアル工事で活用する施工シミュレーターに、最適な施工サイクルの提案機能と、リスクを可視化する機能を追加し、運用を開始した。現場の作業効率向上や労働災害の防止につなげる。(2024/3/28)

セキュリティソリューション:
NTTテクノクロス、SBOM導入・運用支援のコンサルティングサービスを発表
NTTテクノクロスはソフトウェアの脆弱性管理に役立つSBOMの導入と運用を支援するコンサルティングサービスを開始する。このサービスはSBOMの作成支援や脆弱性情報の管理支援が含まれている。(2024/3/28)

「データセキュリティ」は誰の問題か【第6回】
「全データをバックアップ」は無駄なだけ? 優先順位は“3つの質問”で決まる
セキュリティやバックアップの対策を強化するに越したことはない。だが強化するほど運用負荷やコストは増えるため、対策の強度とのバランスをどう取るかが悩みどころになる。適切に判断するためのポイントは何か。(2024/3/28)

コミュニケーションの質とコスト削減を両立
テレワークで浮上した「固定電話どうするか」問題 スマホによる置き換え術とは
オフィスの固定電話や内線の運用は、ハイブリッドワークを進める上での代表的な課題だ。「今、誰がどこで働いているか分からない」中で、コミュニケーションの質を保ちながら電話の取り次ぎをスムーズに進めるための方策とは。(2024/3/26)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。