ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「運用」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「運用」に関する情報が集まったページです。

SQL Server動的管理ビューレファレンス(16):
変更の追跡機能の結果を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、データベースにおけるユーザーテーブルの変更追跡機能について解説します。(2021/6/14)

PayPayアプリのホーム画面がリニューアル Android版で先行提供
PayPayアプリのホーム画面がリニューアル。カード券面が提示しやすくなり、クーポンやボーナス運用などアイコンサイズを拡大。また、画面下に固定されていたボタンやアイコンが画面をスクロールすると消えるようになった。(2021/6/11)

東大医科研とIBMが新型コロナウイルスのゲノム解析システムを共同開発 変異株対策に一手
東京大学医科学研究所付属ヒトゲノム解析センターと日本アイ・ビー・エムは6月8日、新型コロナウイルスの変異状況や流入経路を迅速に解析できるシステムを開発し、運用を始めたと発表した。(2021/6/9)

「責任共有モデル」に沿って戦略を練る
「Microsoft 365」のデータ消失を避ける4つの独自ルールとは?
「Microsoft 365」の運用においては、バックアップの自社ルールを設定することが重要だ。4つの項目に沿って、Microsoft 365の適切なバックアップポリシーを策定しよう。(2021/6/9)

コミュニケーションツールを複数併用する際のチップス【中編】
コミュニケーションツールを1つにしたい人、自由に選びたい人、それぞれの事情
複数のコミュニケーションツールを使い分けるにせよ、統一するにせよ、どちらにも運用管理の限界がある。IT部門と従業員で優先したいニーズが異なる中、ツールの利用方針をどう立てればよいのか。(2021/6/9)

自然エネルギー:
落差120mで360世帯分を発電、運用保守を自動化した小水力発電所
不動産事業を手掛けるヒューリックは2021年5月、群馬県利根郡で建設を進めていた「川場谷小水力発電所」が完成し、発電を開始したと発表した。日常の運用保守(O&M)を自動化しているのが特徴の発電所だという。(2021/6/8)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(15):
Always On 可用性グループの変更データキャプチャーのエラー情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、変更データキャプチャーのエラー情報の出力について解説します。(2021/6/8)

ソニー銀行とマネックス・アセット、投資一任運用サービス提供へ
ソニー銀行とマネックス・アセットマネジメントは6月7日、投資一任運用サービスの提供に向けて協議中であると発表した。ソニー銀行が提携する代理業者の営業員が対面で接客、販売し、顧客の資産運用はマネックス・アセットが投資一任契約に基づいて行う。初秋にサービスの提供を開始する。(2021/6/7)

AI:
検出精度8割以上で目視点検に比べコスト半減、大成建設の画像解析技術にAI検出を追加
大成建設が運用している産業用ドローンと画像の抽出技術を組み合わせたひび割れ点検技術「t.WAVE」に、AIを活用してひび割れを自動検出する機能が追加された。現場での実証実験では、これまで人の目で行っていたひび割れの判別(トレース)作業が自動化されたことで、作業時間の短縮に加え、目視点検に比べてコスト半減の成果も得られたという。(2021/6/7)

Autodesk University 2020:
「作るBIM」から「使うBIM」へ、大林組の“LOD”を共有する管理システムの全容解説
多岐にわたる膨大な情報を内包しているBIMモデル。必要に応じて適切な情報を選び出すことが、BIMモデルを活用するための大前提となる。だが、実際には「どの情報が信じられるか?」を見ただけで判別するのは難しい。しかも、この問題を解決するカギと目される詳細度「LOD」もモデルとの間に大きな断絶がある。そこでLODに基づきながら、BIMモデルを介したコミュニケーション環境を構築しようという新たな取り組みが始まっている。「Autodesk University 2020」で、大林組でデジタル推進室iPDセンターに所属し、全社的なモデリングルール整備などBIM運用の管理業務を行う谷口隆二氏と、応用技術でBIM事業の立ち上げを主導し、親会社のトランスコスモスと共同のシステム開発も含めたBIMトータルサービス「to BIM」をローンチする高木英一氏の発表から、LODを一元的に関係者間で共有する管理システムの全容を紹介する。(2021/6/7)

SAPが世界550万社超が参加するビジネスコミュニティ発足  企業間取引、データ交換の共通化へ
SAPが大規模なユーザー企業コミュニティを発足する。CO2排出量管理などのサステナビリティやトレーサビリティ、運用最適化に関する情報をコミュニティ内で連携させる狙いがありそうだ。(2021/6/7)

Windows Virtual Desktopを導入する際の検討事項【後編】
「Windows Virtual Desktopマネージドサービス」の中身とは? 4社を比較
「Windows Virtual Desktop」(WVD)を利用するときは、運用をマネージドサービスプロバイダー(MSP)に任せるのも手だ。MSP4社が提供するWVDのマネージドサービスの内容を説明する。(2021/6/7)

日本ヒューレット・パッカード合同会社提供ホワイトペーパー
シンクライアント基盤が老朽化、室蘭市が採用した省スペースの解決策とは
北海道の中核都市の1つである室蘭市では、小中学校のPC授業にシンクライアントを導入し、運用の効率化に取り組んできた。しかし、基盤の老朽化により、ログインできない、レスポンスが遅いという問題が顕在化していたという。(2021/6/7)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(14):
Always On 可用性グループにおける待ち受け中のポート情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、Always On 可用性グループにおける待ち受け中のポート情報の出力について解説します。(2021/6/7)

ファミマ、遠隔操作できる商品陳列ロボを10月から実運用へ 全店展開も検討
ファミリーマートが、遠隔操作できる商品陳列ロボを10月から実運用すると発表。まずは経済産業省店で商品の陳列などに活用。精度や作業速度を検証し、全店への展開を検討する。(2021/6/4)

事例で分かる「AIOps」【後編】
エンジニア採用に苦戦した医療関連企業が「AIOps」に着手せざるを得なかった訳
新型コロナウイルス感染症による混乱が続く中、企業がビジネスを継続するにはシステムの安定運用を継続する必要がある。運用負荷を軽減する手段として、ある医療サービス企業が選んだのが「AIOps」だ。その理由は。(2021/6/4)

現場管理:
AIで防塵マスクや手袋の装着を判定する「放射線被ばく管理システム」、大成建設が試験運用
大成建設はIIUは、AIの画像認識を活用して、放射線被ばくの管理が必要な現場で、作業員が立ち止まることなく安全装備の装着を自動で判定する現場管理システムを開発した。福島県の中間貯蔵施設の関連工事で試験運用して、有効性が確認されたため、放射線被ばくを防ぐ新たな方法として除染を含めた同種の工事で現場適用を進めている。(2021/6/3)

ロボアドでアクティブ運用 アルゴリズムで18銘柄を選び出す
伸びるであろう銘柄を見つけて投資するというアクティブ運用の世界にも、新たな動きがでてきた。スマートプラスが提供する、アクティブ運用を行うロボアド「Wealth Wing」だ。(2021/6/3)

ICT:
コンクリート工事の手配業務を効率化する新システム、手配時間を年間150時間削減
清水建設は、コンクリート工事の手配関連業務を効率化する「コンクリート手配システム」を開発した。既に新システムを先行運用している8現場で動作確認を済ませており、今後、新規に着工する東京支店の全新築工事現場に展開する。(2021/6/3)

BIM:
大成建設がBIMと建物の運用データを統合管理するシステムを開発
大成建設は、BIMと建物の運用データを統合管理するシステム「LifeCycleOS」を開発した。今後、顧客が所有する建物を対象に、「LifeCycleOS」の実装と提案を進める他、AIを活用し用途ごとにサービスをパッケージ化する。(2021/6/3)

「IT管理者はテレワークできない」を脱却
IT部門のテレワーク運用負担を低減する、クラウドベースの端末管理とは?
生産性の向上を目指して恒久的にテレワークを採用する企業が増えてきた。こうした企業にとって社外の端末をどのように管理するかは喫緊の課題となっている。クラウドベースのサービスがその解決の糸口になる。(2021/6/3)

ドコモ、マンションやシェアオフィスで無人販売が行えるスマートスタンドを開発
NTTドコモは、マンションやシェアオフィスなどで食料品や日用品の無人販売を実現するスマートスタンドとリモート運営システムを開発。7月以降、実証実験として東京都内の一部施設で運用を開始する。(2021/6/2)

Autodesk University 2020:
「足羽川ダム」設計のCIM適用で業務効率化の実例、200枚超の図面作成を自動化
小規模を除く全公共工事でのBIM/CIM原則適用へ向け、ここ数年、運用対象が拡大している。しかし、土木の設計業務へのCIMの普及・定着は遅れ気味で、その促進には実現場でのBIM/CIM導入効果の実証が必要だ。日本工営では、足羽川ダム建設プロジェクトで設計業務の分析を行い、CIMで効率化可能な部分を抽出。実際にCIMを用いて効率化を進めている。オートデスク主催のオンラインイベント「Autodesk University 2020」で、同社の山田憲治氏が行った発表から、取り組みの内容を紹介する。(2021/6/2)

3D CADとJIS製図(1):
JIS製図って何ですか!? 設計意図を伝える「正面図」の重要性
連載「3D CADとJIS製図の基礎」では、“3D CAD運用が当たり前になりつつある今、どのように設計力を高めていけばよいのか”をテーマに、JIS製図を意識した正しい設計/製図力に基づく3D CAD活用について解説する。第1回は、JIS製図の概要と「正面図」の重要性について取り上げる。(2021/6/2)

サーバの基本と選び方【後編】
「サーバの安定性」を求めるなら確認すべき、サーバ選びのポイントとは?
フォームファクターやハードウェアリソースに加えて、サーバ選定では運用に関する視点も欠かせない。安定運用のために評価すべきサーバの機能とは。(2021/6/2)

追手門学院大学、「VMware on IBM Cloud」で学生や教職員が利用するシステムをクラウド化
追手門学院大学は、学生・教職員8000人が日常的に利用する教育・事務系システムを運用する基幹システムを「VMware on IBM Cloud」のプライベートクラウドソリューションでクラウド化。柔軟かつ信頼性が高く、コストパフォーマンスにも優れたシステム基盤の運用が可能になったという。(2021/6/2)

リクルート5万人のテレワーク/VDI環境大解剖(終):
「ゼロトラストネットワーク」を見据えた抜本的な刷新「VDIとFAT PCのマルチ環境」の取り組み
リクルートにおけるVDIの導入、運用、コロナ対応、そして今後のICT環境を紹介する連載。最終回は、現在取り組んでいるVDIとFAT PCのマルチ環境についてお伝えする。(2021/6/4)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(13):
Always On 可用性グループのクラスタID情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、Always On 可用性グループにおけるクラスタID情報の出力について解説します。(2021/6/1)

「AIOps」を正しく理解する【中編】
IT運用チームもAmazonを見習うべき理由 「AIOps」の効能とは?
「AIOps」の必要性が高まる理由の一つは、顧客ニーズの変化だ。AIOpsを導入することで顧客ニーズにどう対処し、どのような効能を引き出せるのかを考えてみよう。(2021/6/1)

コロナ禍でシステム管理の負担は増大
経営層を「ITインフラの運用改善」にうまく巻き込む手段とは?
コロナ禍での出社制限をはじめとする働き方の変化は、企業にITインフラ運用の根本的な見直しを迫っている。見直しの際に重要なのが、ITインフラ運用の効率化とコスト最適化の両立だ。実現のヒントを説明する。(2021/6/2)

蓄電・発電機器:
テスラの大型蓄電池「Megapack」が日本初上陸、高砂熱学の新施設で運用スタート
テスラの大型蓄電システム「Megapack(メガパック)」が日本初上陸。高砂熱学工業の「高砂熱学イノベーションセンター」(茨城県つくばみらい市)に導入され、太陽光・バイオマス発電と組み合わせて運用するという。(2021/5/31)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(12):
Always On 可用性グループのレプリカのWSFCリソース情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、Always On 可用性グループにおけるレプリカのWSFCリソース情報の出力について解説します。(2021/5/31)

レオス・キャピタルワークス、運用資産残高1兆円突破
投資信託「ひふみ」シリーズを運用するレオス・キャピタルワークス(東京都千代田区)は5月25日、運用資産残高(同シリーズと国内外の年金基金運用等の合計)が1兆円を突破したと発表した。(2021/5/28)

丸亀製麺のDX データ分析基盤「Qlik Sense」を導入したトリドールホールディングスの戦略
トリドールホールディングスは、クリックテックのクラウド型データ分析基盤「Qlik Sense」を導入した。データ分析基盤をSaaSに移行すると同時に、IT運用体制の変革を続ける意図とは。(2021/5/28)

Gartner Insights Pickup(209):
AI運用を成功させるための3つの運用管理スキル
ほとんどの組織は、AIモデルのプロトタイプを本番環境に移行できていない。データの依存関係を管理できていないことが、AIの本番稼働までのプロセスの大きな障壁となっている。(2021/5/28)

オンプレミスとクラウドのいいとこ取り:
PR:ファイルサーバーがここまで進化 中小企業にオススメしたい最新手法とは
企業規模を問わずデータの有効な活用が不可欠になりつつある。だが、予算や人手が限定的な中小企業の場合、自身で新たにデータ共有の仕組みを構築し運用することは容易ではない。実情を基に対策を探った。(2021/5/28)

金融業界での取引円滑化に向けて
ブロックチェーンで企業間連携をデジタル化、金融機関の実務に堪え得る実装方法
ブロックチェーンは企業間取引の在り方を変えるという期待を集めると同時に、周辺システムの作り込みや運用の課題が指摘されている。そのような中、金融業界の要求に応えるブロックチェーン基盤の構築を進める企業がある。適用の可能性を聞いた。(2021/6/11)

VDIアレルギーの処方箋
中堅・中小企業でもVDIを導入できる、常識を覆した方法を専門家が公開
VDIは高い、構築や運用に多大な負荷が掛かる――と導入を諦めていないだろうか。既存のインフラを踏襲して、どのような業種や規模の企業でも「クラウドのように」VDIを利用できる方法がある。(2021/6/7)

山岳トンネル工事:
大林組がシールド機の進む方向をAIで自動制御するシステムを開発
大林組は、開発を進めるシールド自動化システム「大林インテリジェントシールド(Obayashi Intelligent Shield、OGEN)」の要素技術として、シールドAI自動方向制御システムを開発した。シールドAI自動方向制御システムは、シールド自動測量システム「OGENTS/SURVEY」や「シールド三次元線形管理システム」と連携することで、測量結果をもとにした修正計画の立案、指示、シールド機の運転操作といった一連の作業を自動化したシールド自動運転「OGENTS/DRIVE」として運用することができる。今後、シールド工事に関わるその他の自動化システムを実現および統合し、OGENの早期完成を目指す。(2021/5/25)

「AIOps」を正しく理解する【前編】
「AIOps」の本当の意味 “人間の代替”はよくある誤解
「AIOps」は、従来のシステム運用とは考え方が根本的に異なる。AIOpsは企業に何をもたらす仕組みなのか、その本当の意味を考える。(2021/5/25)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(11):
Always On 可用性グループのデータベースの詳細情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、Always On 可用性グループにおけるデータベースの詳細情報の出力について解説します。(2021/5/25)

ポイント運用サービス、「実際にやってみて予想以上に興味深い」が74%
株価連動型ポイント運用システム「StockPoint」のサービスを提供するSTOCK POINTは、「ポイント運用サービスに関する意識変化」の調査を実施した。使用前のサービスへの期待と、実際使用してみた感想を聞いたところ、「実際にやってみて予想以上に興味深い」と回答した人が74%で最多となった。(2021/5/24)

Windows Virtual Desktopを導入する際の検討事項【前編】
「Windows Virtual Desktop」を自前で運用、管理者に必要なスキルとは?
「Windows Virtual Desktop」(WVD)を導入すると決めたら、次は自社で運用するか、マネージドサービスプロバイダー(MSP)を利用するかを決める必要がある。WVDを自社で運用するときに必要なスキルを説明する。(2021/5/24)

リクルート5万人のテレワーク/VDI環境大解剖(4):
VDI導入、コロナ禍におけるビデオ会議の課題と改善、そして中長期のPC環境の構想へ
リクルートにおけるVDIの導入、運用、コロナ対応、そして今後のICT環境を紹介する連載。今回は、VDI導入を振り返り、中長期のPC環境の構想をお伝えする。(2021/5/24)

メールセキュリティサービスの選び方【前編】
運用やアーカイブまで考慮したメールセキュリティの選定
メールセキュリティサービス選びで妥協してはならない。フィッシングメールの検知率はもとより、大量のユーザーの移行やアーカイブなども考慮されたサービスであれば運用も効率化する。(2021/5/24)

SQL Server動的管理ビューレファレンス(10):
Always On 可用性グループのデータベースの正常性に関する情報を出力する
「Microsoft SQL Server」が稼働するデータベースシステムを運用する管理者に向け、「動的管理ビュー」の活用を軸にしたトラブル対策のためのノウハウを紹介していきます。今回は、Always On 可用性グループにおけるデータベースの正常性に関する情報の出力について解説します。(2021/5/24)

事例で分かる「AIOps」【前編】
地方銀行が「AIOps」でシステム運用のアラート数を“98%以上”削減できた理由
IT運用の人材やスキルの不足が課題として挙がる中、システム運用にAI技術を使う「AIOps」はどう役立つのだろうか。地方銀行のKeyBankはAIOpsをどう活用しているのか。(2021/5/21)

「au PAY ポイント運用」100万人突破 6月30日まで記念キャンペーン
KDDIが提供する、Pontaポイントを活用して資産運用の疑似体験ができる「au PAY ポイント運用」の利用者数が5月20日に100万人を突破した。突破を記念して、「au PAY ポイント運用」で初めて運用ポイントを追加した人に100Pontaポイントを還元するキャンペーンを、6月30日まで実施する。(2021/5/20)

クラウドネイティブ時代のデータベース(2):
データ永続化と構築運用の自動化を実現する「PostgreSQL on Kubernetes」の仕組み
クラウドネイティブ時代のデータベース設計で考慮すべきポイントを検討する本連載。第2回はKubernetesでPostgreSQLを扱う「PostgreSQL on Kubernetes」の仕組みを解説する。(2021/5/20)

ニコニコ動画の効果を測定 ドワンゴがClouderaのデータ分析基盤を採用
ドワンゴは、Clouderaのエンタープライズ向けデータプラットフォームを運用していると発表した。ニコニコ動画やニコニコ生放送などのサービスの効果測定などに活用する。(2021/5/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。