ボーダフォン、非接触IC「我々も似たようなサービスを提供したい」

» 2004年06月11日 17時57分 公開
[斎藤健二,ITmedia]

 非接触ICを使ったサービスについて、「我々も似たようなサービスを提供したい」。6月11日、日刊工業新聞主催のセミナーで、ボーダフォンのプロダクトマネジメント統括部長のマイカ・今村氏が話した。

 「携帯電話は財布代わりになります」とし、Mobile Suicaやチケット、電子マネー、IDカード代わりに携帯が利用できる例を示した。

 仕組みとしては従来明かされていた通り、ISO 14443準拠の近接通信用アンテナを端末内に内蔵し、SDカード型の非接触ICチップを差し込んで利用する(5月11日の記事参照)。さらに、非接触ICチップのコントロールはJavaを利用し、ボーダフォンライブ!を介して、ICアプリやチケットのダウンロード、Suicaなど電子マネーへのチャージを行う。SDカードを入れ替えることで各種の非接触ICチップを利用できるが、例としてはType BとFeliCaを挙げた。

ドコモがiモードFeliCaとして、506/900iCシリーズで展開を予定しているのと(2003年12月15日の記事参照)、ほぼ同様のサービスイメージが示された
ボーダフォンが公開した図版よりITmedia作成。想定している端末はVGS端末。Javaから操作を行うあたりもドコモとほぼ共通

SDカード利用は、「コストインパクト最小化」のため

 非接触ICチップを内蔵せず、外付けのSDカード型とした理由も明かされた。そして、非接触ICチップ対応の端末がVGS端末になることも示唆した。

 ボーダフォンは2004年の秋から、VodafoneグループとW-CDMA/GSM端末の共同購買を行う。グループのスケールメリットを端末調達に生かすことで、コスト面でのアドバンテージを得るのが目的だ(5月25日の記事参照)。

 そのため、全世界で仕様の共通化を進めているが、「ワールドワイドで見た場合、非接触ICは次の世代にならないと立ち上がらない」(今村氏)。SDカード型の外付けチップとすることで、日本ローカルの商品として販売でき、「コストインパクトを最小化できる」。

 今村氏によると、Vodafoneグループの中でも英国とドイツが非接触IC技術に強い関心を示している。「ICプラットフォームに載るサービスを、日本が主導していくべき。世界的にソリューションを提供したい」。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年07月17日 更新
  1. 「iPhone 15 Plus」と「iPhone 13 mini(整備済製品)」がセール対象に【Amazonプライムデー】 (2024年07月16日)
  2. スマホ本人確認「マイナカード一本化」は本当? 実情とSIMスワップ詐欺問題を知る (2024年07月15日)
  3. 有線イヤフォンをワイヤレス化できる「Bluetoothレシーバー」がダイソーで550円 使ってみたら想像以上に良かった (2024年07月14日)
  4. 古いiPhoneで撮影した写真が“エモい”と評価されるワケ 「iPhone 3GS」で試してみた (2024年07月14日)
  5. スマホの実質負担額、ソフトバンクが最も「分かりにくい」と感じる理由 (2024年07月17日)
  6. Apple、「iOS 18」など一連の次期OSのパブリックβ配信開始 (2024年07月16日)
  7. ソニー、「Xperia 1 VI」のカメラを虫眼鏡として使う技を実演 「肉眼では気づきにくいディティールまで写せる」点をアピール (2024年07月16日)
  8. 危ない! 炎天下の車中に放置してはいけない物は? NITE、YouTube動画で注意喚起 (2024年07月17日)
  9. 「有線イヤフォンは電池切れない」 エレコムの投稿が思わぬ反響 駅すぱあとが「充電不要で安定して使える」とリプライ (2024年07月11日)
  10. ドコモ販売ランキング:初登場の「Xperia 10 VI」と「AQUOS wish4」を抑えて首位に立ったのは……?【7月1日〜7月7日】 (2024年07月13日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー