モバイル市場で着々と前進するAppleのソフト

» 2004年10月05日 19時55分 公開
[IDG Japan]
IDG

 米Apple Computerはモバイル市場に向けた静かな取り組みを続けており、同社のQuickTimeは携帯キャリアのVerizon Wireless、SmarTone Telecommunications Holdingsに採用されている。

 米Verizon WirelessはgetFLIXサービスにおいて、QuickTimeをデスクトッププレーヤーとして利用している。これによりユーザーは、3Gネットワーク経由でビデオを送信し、それをQuickTimeで再生できる。また、ユーザーはQuickTime Proを使ってMacでマルチメディアコンテンツを作成し、それをほかのgetFLIXユーザーと共有することもできる。

 一方、香港の携帯キャリアSmarToneは、マルチメディアサービス「SmarTone IN」で、XserveとQuickTime Streaming Serverをモバイル配信プラットフォームとして使っている。これにより、携帯デバイスに直接ストリーム配信できるさまざまなストリーミングコンテンツが提供される。

 Appleと米キャリアSprintは最近、Sprintが携帯デバイスへのマルチメディア配信にQuickTimeとXserveを採用することを発表した(8月27日の記事参照)

 AppleのQuickTime担当製品マーケティングマネジャー、フランク・カサノバ氏は、今月サンフランシスコで開催されるCellular Telephone and Internet Association(CTIA)のWireless IT and Entertainment 2004で基調講演を行う予定だ。

 同社は7月、Motorolaと新しいモバイル向けiTunesの採用に関する契約を結んだと発表した(7月27日の記事参照)。モバイル向けiTunesは、BluetoothまたはUSBを使って、Motorola製携帯電話に直接楽曲を転送できる。

 同社CEO(最高経営責任者)スティーブ・ジョブズ氏はこのとき、次のように語っていた。「携帯電話市場は――携帯電話加入者は、2004年末には全世界で15億人に達する見込みだ――iTunesを世界中のもっと多くの音楽ファンに届ける素晴らしい機会となる。当社はMotorolaがその皮切りにふさわしい理想的なパートナーだと考えている」

Copyright(C) IDG Japan, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月24日 更新
  1. 「株主はドコモの月額料金を半額にしてほしい」「NTTの社名変更は?」 NTT株主総会の質疑応答まとめ (2024年06月21日)
  2. マイナンバーカードを使った本人確認を手軽に デジタル庁が「デジタル認証アプリ」を公開 無料で利用可能 (2024年06月21日)
  3. ドコモ販売ランキング:実質2万円以下で2年使える「iPhone 14」が1位に【6月10日〜6月16日】 (2024年06月22日)
  4. Huawei待望のカメラフォン「Pura 70 Ultra」に注目 20万円超えでも「欲しい」と思える仕上がり (2024年06月23日)
  5. “ミッドレンジの王者”OPPOを猛追するモトローラ 「OPPO Reno11 A」vs「moto g64 5G」に注目 (2024年06月22日)
  6. 「完全ワイヤレスイヤフォン」ってそんなに良いもの?(そもそも有線の方が良くないですか?) (2024年06月22日)
  7. ダイソーで1100円「完全ワイヤレスイヤホン(ツートンカラー)」は値段相応にそこそこ聞ける 高音はシャリシャリ (2024年06月22日)
  8. 光るスマホ「Nothing Phone(2a)」の背面、実は日本製のポリカーボネート樹脂だった (2024年06月22日)
  9. iPadに待望の「計算機」アプリ登場 そもそもなぜ純正の計算機アプリがなかったのか (2024年06月18日)
  10. 「OPPO Reno11 A」速攻レビュー 4万円台の高コスパ、カメラの進化と急速充電対応がうれしい (2024年06月20日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー